G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

台北の街中

さらに 台北の 街中を さろきんぐ中

なにかと 目印 になる 新光 三越 デパート



tvs03IMG_2420.jpg


台北の家 は 旧アメリカ大使館 を レストラン ショッピング プレース に 改装 した ところ

しゃれた 雰囲気 と 緑の中で 癒される ということで 人気の 観光地 だが 私は 中に 入った ことはない



tvs05IMG_2427.jpg
tvs06IMG_2428.jpgtvs07IMG_2426.jpg


パン屋さん も 洗練されている  本屋さん の 旅行コーナー は 日本各地 が

日本で 私も お世話になっている 1000 円カット の QB ハウス も 台北 に 侵出してきたか ・



tvs08IMG_2406.jpgtvs09IMG_2421.jpg
tvs10IMG_2418.jpgtvs11IMG_2419.jpg


地元企業 で 元気なのは 靴 の ネット販売  台湾 各地で かなり 浸透 している

すし店 は 回転寿司店 や テイクアウトすし店 が 増えて 今 変わり どころ



tvs12IMG_2408.jpgtvs13IMG_2429.jpg


日本 ほどでは ないが 自動販売機 も 増えて きた

スマホ で 買う らしい んー 進んでるね ・



tvs14IMG_2441.jpgtvs15IMG_2440.jpg


1971 年 に 初めて 台湾に 来た時 大ショック を 受けた

最近 は もう 何回 も 来ている が 相変 わらず ショック を 受け続けている

" 台湾の 女性 は 老若 に かかわらず なんと 脚 線 が きれい なんだー ! "

街を 歩いてて 看板なんか 眺めていても すぐ 目の前の 脚線 に 目が 移ってしまう

みんな 男を 誘う ように 脚線美 を 強調 している ( と感じる ) ので 見ないと 失礼 この際 おとなしく 従う ことに する

きれいなもの を きれいに 撮ってる ので 犯罪 には ならない と ( 勝手に ) 思ってる が ・  少々 ビクビク

脚 は みんな きれい だが 顔 は 日本の どこにでも いる 普通の お姉さん たち

この なんとなく ウキウキする 気持ち 

台湾の 旅の 最大の 魅力 ではないかい ・



tvs16IMG_2414.jpgtvs17IMG_2417.jpgtvs18IMG_2415.jpg
tvs19IMG_2409.jpgtvs20IMG_2424.jpgtvs21IMG_2425.jpg
tvs22IMG_2423.jpg


一生懸命 周囲 ? を 見ながら さろいた ので 少々 疲れた

街中で 飲む フレッシュ ジュース は ホント おいしいー

歩き 疲れた 足 の マッサージ は また 天国 天国 なんだ なー ・



tvs23IMG_2411.jpgtvs24IMG_2412.jpg
tvs25IMG_0909.jpgtvs26IMG_0906.jpgtvs27IMG_0908.jpg


心身 とも MAX に 楽しん で 

台湾 最後の 泊まり は MRT 中山駅 近く の 緑峯 大飯店

ただ まだ 宵の口 の ずっと 手前    

この先 夜 は 長い ・



tvs01IMG_2430.jpg
tvs02IMG_2431.jpg











台北の街

今日 昼に 哺里から 台北へ 帰って 来たが 日本に 帰るのは 明後日の 昼の便

いつも ながら 何かのために 余裕を 持った 行程 と している

この 一日半 は 遠出せず 台北市内 を 歩き回ろう


MRT 中山駅 ふきん  通勤時間 で 相変わらず バイク が 多い

ただ 5 年前 に 比べると 運転態度 は 少ーし おとなしく なったよう



tvo51IMG_0837.jpg
tvo52IMG_0841.jpgtvo53IMG_2320.jpg
tvo54IMG_0842.jpg


タクシーの 車種は トヨタ の ウィッシュ が 多い  

ワゴン タイプ なので バッグや 楽器など 大物荷物 も 簡単に 積める  

この辺 日本の タクシー も 現在の セダン タイプ から 変えたら どうかね -

いつも 「 後ろの トランクを 開けて 」 と 言う のは もう 時代遅れ


右翼の 街宣車 は お祭り風  なんか 楽しい

あと 映画や TV番組の 宣伝なども 看板トレーラ みたいのが 走っている



tvo55IMG_2318.jpgtvo56IMG_2350.jpg


台湾の 歩道は 軒先が 伸びた 雁木式 が 多い 

ほとんど 私有化 している ので 実 に 歩きにくい 

ただ 最近 ビル が 増えて 普通の (段差のない) 歩道 も 増えてきた 



tvo57IMG_2317.jpgtvo58IMG_0851.jpg


通り に 面して 大きな 鏡が ある フリースペース が

誰 でも ストリートダンス の 練習 が できるって いいね !



tvo59IMG_2249.jpg


いくら 見ても わけのわからない 広告 ?

あまり ぼーっと 見てても なんだか はずかしい



tvo61IMG_2243.jpg


これはよくわかる  占い屋さん マッサージ屋さん 寝具の専門店

それと 道 の 落書き  大陸風 か

過去の 歴史を 説くものが 強者  将来の 歴史を 唱える者は 弱者  とある



tvo62IMG_2319.jpgtvo63IMG_2250.jpg
tvo64IMG_0849.jpgtvo65IMG_2378.jpg


日本 の 食べ物チェーン店 の 侵出 が 盛ん

台湾の 人は 外食 が 多い し 日本の 味も すんなり 受け入れられる ようで 人気は 高い

ただ " 仕事帰り に ちょっと 一杯 " という 我が国の 居酒屋文化 は あまり 無いように 思う

素晴らしい 日本の 居酒屋文化 を 台湾に 根付かせて ほしい !



tvo66IMG_0835.jpg
tvo67IMG_0847.jpg
tvo68IMG_0839.jpg
tvo69IMG_0834.jpg
tvo70IMG_0547.jpg
tvo71IMG_0845.jpg


昔からの 台湾の 飲食店 も 張り合って いろいろ 工夫する

台湾の 食事は 美味しい という 評判 が ますます アップ する



tvo72IMG_2246.jpgtvo73IMG_2193.jpg












台北駅から

またすぐ 台湾には 来る だろう と 思って いる が 

ひょっとして もう 永久に 来ない かも しれない 

という 別の 声も 頭の中で 聞 こえる


初めて 台湾に 来た時 は 衝撃的 だった この 台北の 中心街

もう 一度 ゆっくり さろきんぐ して みよう !



見慣れた 台北駅 は お化粧直し の 工事中
tvo01IMG_2233.jpg
tvo02IMG_2247.jpg
tvo03IMG_2248.jpg


2 件のホテルで お世話になった 五鐵秋葉原ビル そして 地下の昼食が 美味い 新光デパート
tvo04IMG_2242.jpg
tvo05IMG_2245.jpg


駅前の 大通り 歩道橋 は 絶好の 展望スポット  101 ビル も ここから が 一番 美しい
tvo06IMG_2351.jpg
tvo07IMG_2352.jpg
tvo08IMG_2353.jpg


すぐ そばの オンボロ ビル 以前から いつ 崩壊するか と 心配 していた が  いまだ 健在
tvo09IMG_2354.jpg
tvo10IMG_2355.jpg


赤煉瓦 の 瀟洒な 建物 は おそらく 日本の 大正時代 の 建築 今は 政府 の 公安部 が あるらしい
tvo13IMG_2359.jpg
tvo14IMG_2358.jpg
tvo15IMG_2356.jpg
tvo16IMG_2357.jpg


その となり は 立法院   国会議事堂 みたいな ところ
tvo17IMG_2361.jpg
tvo18IMG_2360.jpg


日本でいう 文部科学省  赤煉瓦 を 残し リニューアル している
tvo20IMG_2363.jpg


これは 教会  官庁街の 一等地 に ある  由緒ある に 違いない
tvo19IMG_2362.jpg


台北駅 の 地下から MRT 沿い に 中山駅 まで 歩く  大陸 とは 今でも 戦時状態  この 地下道 は ?
tvo11IMG_2251.jpg
tvo12IMG_2252.jpg











哺里を去る

旅の達人 は 移動手段 に バス を 使う 

台湾 の バス は 庶民の 足の 中心的 役割  

どんな 田舎でも バス路線 が あり 大都市 を 結ぶ 長距離バス も 豊富

以前 は 65 才以上 新幹線 は 半額 だった が 2 年くらい 前から 外国人 には 適用外 となった

よって 哺里 - 台北 の 移動 は バス を 利用する


バス センター で 待っていたら  

" あれ ? みすずクン が どうして ここに いるの ? "

" いる はず ない よ ね ~ "  

台湾 でも どこでも 世界中  

誰か が 誰か に 似ている もんだ



tunn01IMG_2189.jpg
tunn02IMG_1752.jpgtunn03IMG_2188.jpg
tunn04IMG_2190.jpgtunn05IMG_2191.jpg



バス は あの Y 内君 が 作った 国道 6 号線 を 通って 台中 方面 へ

この 景色 もう 何回 眺めた ことだろう

国 の 変遷 は 数々 あれど 故郷 の 山河 は 変わらず

今 故郷 を 去る 気分



tunn06IMG_2196.jpgtunn07IMG_2197.jpg
tunn08IMG_2201.jpg
tunn09IMG_2199.jpg
tunn10IMG_2202.jpg
tunn11IMG_2203.jpgtunn12IMG_2204.jpg
tunn13IMG_2205.jpg
tunn14aaIMG_2206.jpg
tunn15aIMG_2207.jpg
tunn16IMG_2208.jpg
tunn17IMG_2212.jpg
tunn18IMG_2213.jpg
tunn19IMG_2211.jpgtunn20IMG_2210.jpg
tunn21IMG_2214.jpg



快適な 国道 6 号線 は  台中 の 手前で 台湾を 南北に 走る 国道 1 号線 に 合流する

この付近 から 新幹線 と 並行する ので 走る 列車 を 眺めながら ・

写真 撮ろう とするが ちょうどよい タイミング が なかなか 得られない

やっと 撮れた のが ほとんど 台北 手前  ほんのわずか だけ !



tunn23IMG_2219.jpg
tunn22IMG_2216.jpg
tunn24IMG_2217.jpg
tunn25IMG_2218.jpg
tunn26IMG_2221.jpg



バスの 中では 電光表示 を 見ながら 台湾語 の 勉強

" バスが 停車する までは 席を 立たないでください "  

" インフルエンザの 予防注射 に 補助 が 出ます "

このくらいは わかる   あと 時々 理解 不明


やがて 淡水河 を 渡る  

もう 台北 の 街 だ



tunn27IMG_2222.jpgtunn29IMG_2225.jpgtunn28IMG_2226.jpg
tunn30IMG_2230.jpg
tunn31IMG_2231.jpg



台北駅 の すぐ 隣 が 台北 の バスセンター

" こんど また 台湾に 来て 哺里 に 行く 時 は ここから バスで 行こう "

と 乗り場 や 運賃 を 確認する
 


tunn32IMG_2235.jpgtunn33IMG_2241.jpg
tunn34IMG_2244.jpg
tunn35IMG_2236.jpgtunn36IMG_2237.jpg
tunn37IMG_2239.jpgtunn38IMG_2238.jpg











TV ショッピング

台湾の マッサージ店 では こういうのが 必ず あって 初め に 薬草 による 足の 温浴 を やる

日本 だったら 温泉成分 を 入れて  " いつでも できる 「 家庭用 足湯器 」 " として 売り出したら



tuwmh01IMG_2257.jpgtuwmh02IMG_2256.jpg
tuwmh03IMG_2255.jpgtuwmh04IMG_2258.jpgtuwmh05IMG_2254.jpg



ガスレンジ の 火元に 置 く 蓄熱器 でっか  

熱く なった 時 簡単に 取り扱い できる かな ?



tuwmh06IMG_2310.jpgtuwmh07IMG_2311.jpg
tuwmh08IMG_2315.jpgtuwmh09IMG_2314.jpgtuwmh10IMG_2316.jpg



なぜか 日本語で TV に 出てくる 

ダブルの 歯の カッター だから 大物を 切る 時は 楽 だろう ね 

車の 屋根 に 穴 開けて いるが ・  使う 機会 あるかな ?



tuwmh11IMG_2300.jpgtuwmh12IMG_2299.jpg
tuwmh13IMG_2308.jpgtuwmh14IMG_2307.jpgtuwmh15IMG_2301.jpg
tuwmh16IMG_2306.jpgtuwmh17IMG_2302.jpgtuwmh18IMG_2303.jpg











TV 地元振興

日本でも 地方に 旅行した 時など 地元の TV は 面白い  

さて 南投県 の TV は ・


才色兼備 の 美人キャスター は どこでも 共通 !


tuwp01IMG_1712.jpgtuwp02IMG_2144.jpgtuwp03IMG_1733.jpg


必ず 知事さん が 出てくる  みなさーん 南投県 は いいところ ぜひ 観光に いらっしゃーい !

tuwp04aIMG_1963.jpgtuwp05aIMG_1736.jpgtuwp06aIMG_1737.jpg
tuwp08bIMG_2160.jpgtuwp09bIMG_2161.jpgtuwp07IMG_1735.jpg


水害で 壊滅的 被害 を 被った 廬山温泉 も 完全 復興 して 皆さん を お待ちして いまーす   ろざん温泉

tuwp10bIMG_1704.jpgtuwp11bIMG_1702.jpgtuwp12cIMG_2167.jpg
tuwp13bIMG_1705.jpgtuwp14bIMG_1706.jpgtuwp15bIMG_1701.jpg


近くの 仁愛郷 では 新鮮な 地元野菜の 特売 や 原住民の お祭り 文化祭 も 行われて いますよー 

tuwp16bIMG_2173.jpgtuwp17bIMG_2175.jpgtuwp18bIMG_2174.jpg
tuwp19cIMG_1711.jpgtuwp20cIMG_1709.jpgtuwp21cIMG_1707.jpg
tuwp22cIMG_1699.jpgtuwp23cIMG_1708.jpgtuwp24cIMG_1710.jpg


なんてったって 食べ物 は 安全 が 一番 !  最近 危ない物質 が 入ってる 食品 は 国を 挙げて 追放 しています

tuwp25dIMG_2154.jpgtuwp26dIMG_2149.jpgtuwp27dIMG_2313.jpg
tuwp28dIMG_2289.jpgtuwp29dIMG_2312.jpgtuwp30dIMG_2288.jpg











TY 選挙戦

今 台湾 は 四年に一度 の 総統 選挙 

国会議員 選挙 も 同時に 行われる ので 町中 選挙ポスター や イベント が あふれている

台湾 の 二大政党 は 現 総統 馬英九 が 率いる 国民党 そして さい英文 が 率いる 民進党

4 年前 は わずかの 差 で 馬英九 が さい英文 を 破った が 今回 マスコミ では さい英文 の方が 優位な 予想

TV では 地元選出の 議員の 選挙活動を 数多く 報じている が 私が 見る 限り

TV 局 自体 露骨に 国民党 を 応援 している ように 感じる



tuwka01IMG_2407.jpgtuwka02IMG_1715.jpg
tuwka03IMG_2163.jpgtuwka04IMG_1977.jpg



南投県の 南の方 水里 が ある 集集線 沿線地域 から 立候補している 国民党 の 許淑華

なかなか 利発そうな 現代的 美人 で 人気抜群 だそう  

中央から は 副総統 が  地元 では 南投県 の 鎮長 (知事) や 財界幹部 が そろって 応援



tuwkb01IMG_1956.jpgtuwkb02IMG_2151.jpgtuwkb03IMG_1719.jpg
tuwkb04IMG_1718.jpgtuwkb05IMG_1720.jpgtuwkb06IMG_1717.jpg
tuwkb07IMG_1722.jpgtuwkb08IMG_1955.jpgtuwkb09IMG_1965.jpg
tuwkb10IMG_1716.jpgtuwkb11IMG_1966.jpgtuwkb12IMG_2172.jpg



南投県 の 北部 哺里市 地域 から 立候補 している のは 国民党 の 馬文君

8 年前 ドルチェ で 台湾演奏旅行 に 来た 時 お世話してくれた ので 少々 思い入れ が ・

あの時 は 妖艶な 女 の 魅力 を 振りまいて いた が  馬市長

今 は 少し ぽっちゃり して 親しみやすい オバちゃん の 雰囲気 に なった ような

中央からの 応援も 強力 だが 彼女は 哺里市長 時代 からの 実績 も あり 当選 は 固い と 見られている

でも がんばってねー



tuwkc01IMG_1985.jpgtuwkc02IMG_1957.jpgtuwkc03IMG_1960.jpg
tuwkc04IMG_1983.jpgtuwkc05IMG_1961.jpgtuwkc06IMG_1984.jpg
tuwkc07IMG_1968.jpgtuwkc08IMG_1958.jpgtuwkc09IMG_1970.jpg


リアルタイム 記事

2016 年 1 月 16 日 の 総選挙 の 結果  民進党の さい英文 が 圧倒的 に勝利 し 台湾総統 に なった

立法議員 の 選挙 は 南投県 の 馬文君 許淑華 は 当選 した が 

これまで 過半数 を 維持していた 国民党 の 議員数 は 半減 し 議会 では 第 2 党 と なった


大陸より の 政策を 進めた 国民党 に 代わり 台湾 独立志向 が 強い 民進党 が 政権を 握る こと になった

台湾の 人々は 民衆の 意向が 反映される 議会制 民主主義 に もう 十分 慣れている

いかに 大陸が 「 一つの中国だ 」 と 言って 様々な 圧力を かけても 

台湾の人々は みんな そして 永久に " 一党独裁 の 国 には 絶対 戻れない ! と 思ってる


香港から 台湾に 逃げ出している 難民 ? も 多い らしい   今後

アメリカ の トランプ政権 樹立  中国の 南シナ海 侵出  も からみ 

東アジアで  安全保障上 の 緊張 は ますます 高まってくる 予想











私の中国楽器

二胡を 習うため 行った 劉先生宅 で 弾いた 月琴  

実 は この楽器は 月琴 では ない !  月琴 は 竿 が 短く フレット も オクターブ分 しか ない

竿 を 長くして 音域 を 広げた 月琴 は 阮咸 ( げんかん ) と 呼ばれる

昔 阮咸 という 人 が 竿の長い 月琴 を 上手く 弾いていた ことから 楽器 に その名前 が 付いた という

新しい ( 変わった ) 楽器 を 作れば 自分の 名前 が 付けられる のだ !



tuwj67tujjxxxIMG_2023aaa.jpgtuwj68ruan-875x875阮咸
tuwj69sim月琴tuwj70wchina阮咸



琵琶 ( びわ ) は 楽器名 としては ピパ と 呼ぶ のが 正しい

日本にも 古代から 筑前 琵琶 や 平家 琵琶 など 多くの 種類 が あって おなじみ 

TV のバンド では 中国 琵琶 を 使用している  大きさ は マンドラ サイズ   


「 リリー先生 の 理論 」 に よれば 

元祖の マンドラ から 進化 して 小さい マンドリン が できた ように

中国 琵琶 から 進化 した 小さい 琵琶 が ある はず   

それが 柳琴 ( りゅうきん ) 


以前 柳琴 と マンドリン 両方の 達人で ある ヤフイ君 の お宅 で 触らせて もらった が 

フレット や 弦 の 感触 が 違う ので いかに マンドリンが 弾ける と 言っても

我々は そう 易々とは 入れない ね ・


中国 琵琶 は 爪に 付けた ピック で はじいて 弾く が 

手前 (アップ) に 弾く のを 琵 ( ピ )  向こう (ダウン) に弾く のを 琶 ( パ )  という

トレモロ を 弾くとき は  ピ パ ピ パ ピ パ ピ パ ・  かな ?

日本 だったら  び わ び わ び わ び わ ・  か



tuwj71w3334276c枇杷tuwj72wt柳琴
tuwj73wIMG_3775.jpgtuwj74wIMG_3782.jpg



日本では 雅楽で 使われる  ( しょう ) も  歌謡曲の 伴奏 として 使われている


調べた ところ  の 音 が 出る 仕組み は 

竹の筒 の 根元 に ハーモニカ の リード みたいなのが 付いていて  

息 を 吹き込んで 竹筒 を 共鳴させる という

独特 なのは 吸っても 吐いても 音 が 出る ので 連続的 に 和音を 奏でられる という こと


なかなか 面白そう !

割 と 誰でも 簡単 に 上達できる ということで 首 を 突っ込みたい が  

ま 止めとこう ・



tuwj75a898991t-E299001_03笙bbbtuwj75w20120209093629782笙aaa
tuwj76wshounozu笙     tuwj77wsyo2箏     tuwj78wsyo-danmen笙



おなじみの 楊琴 

中国以外 では あまり お目に かからない が  音色 が 合奏に よく合う

木琴 が シロホン や ビブラホーン に 変化して ジャズなど 広く 使われる ように

改良すれば いろいろ 可能性 を 秘めた 楽器 と思う  

世界中に 似た 楽器 は 多く ある  

ダルシマー  ハックブレッド  サンツール ・


古箏 は 日本の 十三弦 の ( お琴 )  に比べて やや 小型

弦 も ガット や 金属製 など 多 彩



tuwj79wyan1楊琴tuwj80w514f5d94古箏aaa










TV 中国楽器

歌番組 「 台湾望春風 」 の バックバンド には 

中国楽器 が 使われていて 興味 深く 拝見


バイオリン に 当たる 二胡 ( にこ )   やはり 主導的  

私も 十年来 弾いている ので 細かな 動き まで じっくり


ほかに ビオラ 二胡 ( 二泉二胡 にせんにこ ) や 

チェロ 二胡 ( 革胡 かくこ ) も 見られる


ギター に 当たる のは 琵琶 ( びわ ) かな  

月琴 ( げっきん ) や 日本の 箏 ( そう ) に 当たる 古箏 も 


ピアノ 相当は 楊琴 ( やんきん )   

ここでは PA が 大きく よく 目立つ


管楽器 は 尺八 みたいな 洞簫 ( どうしょう )  

チャルメラ みたいな 管子 ( ぐあんず )

そして 日本でも 見られる  ( しょう ) 



tuwj51IMG_2260.jpgtuwj52IMG_2268.jpg
tuwj53IMG_2269.jpgtuwj54IMG_2284.jpg
tuwj55IMG_2266.jpgtuwj56IMG_2267.jpg
tuwj57IMG_2272.jpgtuwj58IMG_2273.jpg
tuwj59IMG_2263.jpgtuwj60IMG_2264.jpg
tuwj61IMG_2270.jpgtuwj62IMG_2274.jpg
tuwj63IMG_2292.jpgtuwj64IMG_2275.jpg
tuwj65IMG_2278.jpgtuwj66IMG_2277.jpg










【“TV 中国楽器”の続きを読む】

TV 歌番組

夜 ホテル に 居る 時間 が 長い ので ひたすら TV を見る

「 台湾 望春風 」 という 番組名 だけで 台湾の 歌番組 だな ということが 分かる

この 番組 は しっとり とした 抒情的 な 曲 日本で 言えば 演歌 歌謡曲 の ジャンル みたい

若い 娘 でも テレサテン 並み の 歌唱力 で レベル は 高い

演出 など どこか 昔の 日本の 歌謡ショー の 雰囲気 が ある ね

司会 は 玉置ひろし ( 一週間の ご無沙汰 でした ) か みのもんた か

歌い方 は F施 明 か  I 川 さゆり か ・



tuwj01IMG_0898.jpgtuwj02IMG_2261.jpg
tuwj03IMG_2280.jpgtuwj04IMG_2281.jpg
tuwj05IMG_2282.jpgtuwj06IMG_2283.jpg
tuwj07IMG_2279.jpgtuwj08IMG_2276.jpg
tuwj09IMG_2262.jpgtuwj10IMG_2265.jpg
tuwj11IMG_2291.jpgtuwj12IMG_2290.jpg
tuwj13IMG_2286.jpgtuwj13IMG_2293.jpgtuwj14IMG_2287.jpg



もちろん 素人向け というか カラオケ自慢 の 番組 も たくさん

台湾 の 人は 本当 に  カラオケ 大好き !  歌う のが 大好き !

つくづく そう思う ・



tuwj15IMG_2296.jpgtuwj16IMG_2297.jpg
tuwj17IMG_2294.jpgtuwj18IMG_2298.jpg











鹿谷を去る

あ ! あそこ は 演奏 した 鹿谷小学校 ・

通りは お茶 を 扱う お店 が 並んで いたね ・

見える 山々 は 凍頂山 だろう か ・


夕焼け の 色 が やけに 赤い ・

おセンチ に なる 夕間暮れ ・

また 鹿谷 に 来る ことが ある か な ー ・



tumm01IMG_2141.jpg
tumm02IMG_2140.jpg
tumm03IMG_2139.jpg
tumm04IMG_2135.jpg
tumm05IMG_2133.jpg
tumm06IMG_2134.jpg
tumm07IMG_2137.jpg
tumm08IMG_2138.jpg
tumm09IMG_2136.jpg
tumm10IMG_2142.jpg
tumm11IMG_2143.jpg



夜も 更けて 哺里に 帰って 来た

あの ネオンは ・ 

10 年前 初めて 哺里 に 来た 時も あった


夕食 は 日本式 の 回転すし店 

いちおう 日本的 を 一生懸命 真似ている が 詳細 は イマイチ

ビール が 出ない ので 隣の スーパーで 買って 持ち込み


蔡さん の お友達 の 喫茶店に 寄って 

これで 一連の 哺里 での 行事 は 終了

いろいろ お世話に なりました


また すぐ 台湾 を 訪れる と 思います よ

蔡さん 桜の 時期 には 来年も 日本を 旅行されます よね

Face book は 常に フォローしてます ので お気軽に 連絡 ください ・


永久の 別れ ではない ので 

あっさり

とにかく お元気で ・  では また ~



tumm12IMG_0810.jpgtumm13IMG_0811.jpg
tumm14IMG_0816.jpg
tumm15IMG_0817.jpg
tumm16IMG_0818.jpgtumm17IMG_0819.jpg
tumm18IMG_0820.jpgtumm19IMG_0821.jpg










やはり こうなる

三日前 に 蔡さん の 親戚 を 集めて 夕食 しながら カラオケ を 4, 5 時間

一年前 は ここで 初めて 林さん と 会って カラオケ を 5, 6 時間     

  これも得意  止まらない

今回 も 当然 カラオケ三昧 で   大いに 楽しみ ましょう !



tull51IMG_0802.jpg
tull52IMG_2079.jpg


薦められる までも なく 私 は カラオケ は 率先して 歌う ことに している

今回 「 月売代表我的心 」 を テレサテン の 発音 そっくり に まねて 練習 してきた

はれて 披露 したら びっくり したよう !  

のちに F B に 動画 を 載せられて しまった ちょっと 恥ずかしい



tull53IMG_2077.jpgtull54IMG_2078.jpg
tull55IMG_2090.jpgtull56IMG_2091.jpg


私が 口を 切る と 林さん も 堰を 切った ように 歌いだす 

林さん 前回 より も 進歩が 見える よー

私は 持ち歌 数千曲   当然 これまで ここで 歌ってなかった 歌 を 披露

もう 止まらない !  張さん や 蔡さん も しゃしゃり 出てくる

劉先生 は 二胡に 徹していた が やはり 歌う のが 楽しい


ひとり チェリスト の 蘇さん は 頼まれてた 撮影 に 専念

普通 なら 歌ったら?  と 誰か 言う はず だが 

盛り上がってる し 人のことは かまって いられない 

これで いーのだ !



tull57IMG_2081.jpgtull58IMG_2082.jpgtull59IMG_2083.jpg
tull60IMG_2084.jpgtull61IMG_2085.jpgtull62IMG_2087.jpg
tull63IMG_2088.jpgtull64IMG_2092.jpgtull65IMG_2093.jpg
tull66IMG_2094.jpgtull67IMG_2095.jpgtull68IMG_2096.jpg
tull69IMG_2097.jpgtull70IMG_2098.jpgtull71IMG_2101.jpg
tull72IMG_2100.jpgtull73IMG_2102.jpgtull74IMG_2103.jpg
tull75IMG_2104.jpgtull76IMG_2106.jpgtull77IMG_2107.jpg
tull78IMG_2108.jpgtull79IMG_2109.jpgtull80IMG_2110.jpg
tull81IMG_2111.jpgtull82IMG_2112.jpgtull83IMG_2113.jpg
tull84IMG_2114.jpgtull85IMG_2115.jpgtull86IMG_2080.jpg
tull87IMG_2116.jpgtull88IMG_2117.jpgtull89IMG_2118.jpg
tull90IMG_2120.jpgtull91IMG_2121.jpgtull92IMG_2127.jpg


突然 劉先生 が  「 あっ ! 帰らなくては ・  レッスンの 予約が あった ! 」

あわてて 車で 退散

場 が 盛り上がって 楽しい と 時間 が 経つ のが 早すぎる ようだ


キリが ないので この辺で 皆さん お開き に しましよう !

今日 は 本当に 楽しかった ー

お別れの写真  林さん も 張さん も 笑顔 が 素敵

今度 いつ 会えるか 分からない けれど 

F B では いつも フォロー してますよ ー



tull93IMG_2124.jpgtull94IMG_2125.jpg
tull95IMG_2131.jpgtull96IMG_2130.jpg
tull97IMG_2128.jpg











林さんとこは

tull01IMG_2054.jpg
tull02IMG_2055.jpgtull03IMG_2056.jpg


久しぶり に また来た 林さん宅

古来 の 台湾 建築様式 屋根の カーブ が 素晴らしい !

丁寧に 手入れされた 庭

借景 の ナツメ椰子 凍頂 茶畑 

鹿谷 の 霧 に むせぶ 山々 

すべて 合わせる と

台湾 を 代表する 文化財的 景色 !

  近くの お友達  2014 年 10 月 23 日 訪問



tull04IMG_2059.jpg
tull05IMG_2064.jpg
tull06IMG_2062.jpgtull07IMG_2129.jpg
tull08IMG_2070.jpg
tull09IMG_2126.jpgtull10IMG_2071.jpg
tull11IMG_2072.jpg
tull12IMG_2061.jpg
tull13IMG_2073.jpg
tull14IMG_2063.jpgtull15IMG_2069.jpg
tull16IMG_2065.jpg
tull17IMG_2068.jpg


林さん が おもてなし 準備 している 間   

庭 を 見学 そして 撮影会

張さん は 日本的美人 なので 数多く 撮れば 

絶対 いい ショット が 生れる ・



tull18IMG_2060.jpg
tull19IMG_2074.jpgtull20IMG_2066.jpg
tull21IMG_2067.jpg


もう 何度も 受けた おもてなし の お茶

文句 なし に  いいね ~ !


午前中から ずっと 会ってて もう お話 も たくさん した し

とにかく  早く やりたい の は ・ 



tull22IMG_2075.jpgtull23IMG_2076.jpg
tull24IMG_2089.jpg
tull25IMG_2122.jpgtull26IMG_2086.jpg












竹林の中で

以前 劉先生宅 に 来た ときは ここで 二胡を 弾いて 

その後 林さん宅 を 訪問 した  今回 は

その前に ちょうど 昼時 だし みんなで 食事 でも


鹿谷 は もともと 山の中 

ちょっと 通り の 裏へ 行く と もう 林 ( はやし ) の 中を 進む



tukk01IMG_2034.jpgtukk02IMG_2035.jpg
tukk03IMG_2036.jpgtukk04IMG_2037.jpg


着いた ところは 郊外 レストラン

竹林 を 眺めながら 自然の 中で 食べる のが 売り みたい

なかなか センス は いい !

細かい ところ に スキ が ある けれど ・



tukk05IMG_2048.jpg
tukk06IMG_2047.jpg
tukk07IMG_2038.jpgtukk08IMG_2039.jpg


食べ物は 相変わらず 脂っこい 台湾料理 だが 植物性もの を 選んで くれた ので 食べやすい

蔡さん も だが この歳に なると 食べ物 は ヘルシー に 限る ! 

日本語が できる のは 蔡さん だけ だから 話が 飛び交う ことは ないが

林さん や 張さん とは 見つめ合う だけで お互い 満足 ー

隣 の チェリスト の 蘇さん は 英語が 堪能 なので 込み入った 話 が できた

「 この 食べ物 は 何ですかね ー ・ 」 の 話題 で ずっと



tukk09IMG_2043.jpgtukk10IMG_2040.jpg
tukk11IMG_2042.jpgtukk12IMG_2044.jpg
tukk13IMG_2045.jpgtukk14IMG_2046.jpg


鹿谷 の メインストリート は 結構な 都会  

たぶん お茶 で 潤ってる と 思われる

不動産 の 広告  

こちらでは 価格は 表示しない みたい



tukk15IMG_2052.jpg
tukk16IMG_2051.jpgtukk17IMG_2049.jpg
tukk18IMG_2050.jpg


林さん宅 の 近く で お葬式 に 遭遇

台湾の お葬式 は 天寿を 全う した お祝い の 儀式

歌手 や 楽団 が 巨大PA を 持ち込んで 

野外ライブ の 雰囲気

みんな 楽しそう ・



tukk19IMG_2057.jpg
tukk20IMG_2132.jpgtukk21IMG_2058.jpg










劉先生の所へ

2015 年 12 月 21 日 

再び 蔡さんの 案内で つい 4 日前 に Q大OB 銀髪曼陀林倶楽部 で 演奏した 鹿谷 に 向かう

途中 鹿谷郷 の 山々  昨日 3,000 m 級 の 中央山脈 を 見た 後で  低山 も なかなか 味があるね

よく 目立つ 傾いた 送電塔  地震の 記憶は いつまでも 残しておくべき だな ・ 
 


tujj01IMG_2007.jpg
tujj02IMG_2006.jpgtujj03IMG_2005.jpg
tujj04IMG_2008.jpgtujj05IMG_2010.jpg


劉 先生 は もと 校長先生 この 地域の 教育長的 立場の 人  

今回の 鹿谷小学校 における 演奏会 歓迎会 でも お世話 になった


  大歓迎

  鹿谷演奏会 続き

  鹿谷演奏会 我々は


tujj06IMG_2011.jpgtujj07IMG_2053.jpg
tujj08IMG_2031.jpgtujj09IMG_2032.jpg


劉 先生 と 初めて 会ったのは 2014 年 10 月 玉山 に 登山した時 帰り 哺里に 寄った 折

地元の 音楽活動 の 指導 のほか 二胡の 教室を 開いている ことで 一緒に 二胡を 弾いたり など 大いに 盛り上がった

その時 二胡の 生徒さん だった 張さん 日本の カラオケ 大好き の 林さん とも お友達に なった
 

  得意の


tujj10aIMG_2012.jpgtujj11IMG_2033.jpg
tujj12IMG_2026.jpgtujj13IMG_2028.jpg


今回 は 音楽 に ついて 突っ込んだ 話

まず 二胡 について " 塞馬 " の タンギング奏法 の 指導を 受ける

やってみたが そう 一朝一夕に 出来る ものでは ない 次回 までの 宿題

次に 月琴 を 初めて 触ってみる  かなり 重い が その割に 音量は 小さい

私 は 左手 は Guitar 右手は Liuto の 指遣い が そのまま 使える ので 弾くのは 割と 優しい



tujj14IMG_2017.jpgtujj15IMG_2018.jpg
tujj16IMG_2013.jpgtujj17IMG_2016.jpg
tujj18IMG_2015.jpgtujj19IMG_2023.jpg


「 もう 何年も 弾いてる よう だね 」  「 イエイエ まったく 初めて 触ったんですよ 」

「 それにしては 連音 (トレモロ) も 上手い 」  「 ま リュート と 同じ ですから ね 」

林さん 張さん そばで 聴きながら ニコニコ ・



tujj20IMG_2019.jpgtujj21IMG_2020.jpg
tujj22IMG_2030.jpgtujj23IMG_2025.jpg











お世話になりました

今日は 朝早く から  ( イヤ そう 早くない ! 10 時 頃 から ) 

哺里 から 霧社 そして 合歓山 遊区 まで  

私の わがままな 希望 に 沿って  車で 案内 して くれた

そこでの 山岳 展望   合歓山 、 奇莱山 、 南湖大山 、 中央尖山  よかったね~

さらに 石門山 登山 まで 付き合って もらって 帰り 美人の お友達 まで 紹介 いただいた

Y 内 君 には 本当に 感謝 感謝 !  お世話に なりました


哺里 に 帰って 彼の 家の 近くの 居酒屋で 今日の 打ち上げ

この 居酒屋 ほぼ 日本風 で なかなか 居心地 が 良い

日本酒 や 焼き鳥 も なんとなく 日本に 帰って きた 気分

さすが Y内 君 の 行きつけ


Y内君 とは 10 年前 ドルチェで 初めて 台湾 演奏旅行 に 来た時 蔡さんら と 一緒 に 会ってた はず

その後 台湾に 来るたび 会っていた が 初めて 話した のは 2012 年 12 月 の 旧婚旅行 の 時 

話 して 驚いた 彼 は 熊本出身 で  実家は 私の家 の 近く そして 中学 黌校 も 同じ 歳 は 2 年 後輩

こんな 台湾の 田舎で よく 巡り合った ものだ !      

  危機脱出  2012 年 12 月 3 日


生い立ち に ついては あまり 突っ込んで 聞いてないので 断片的に 分かった ことだが

彼 は 大手建設会社 に 勤めていて 哺里の 国道 6 号線 を 建設する 時 担当 となって 台湾に 来たという

その後 6 号線 が 完成して 彼が 建設会社 を 退社 しても  ずっと 台湾 に 居 続けて いる  

こちらでは アパートを 借りて 日本語教室 の 先生 など を やって  悠々自適 の 生活

熊本 に 残している 奥さん や 家族 とも 円満 で  時々 熊本に 帰る らしい


なんとも うらやましい !

私 は 基本的 に 夫婦 は 定年過ぎたら お互い 勝手に 好きなこと を やって 自由に 一人で 生きるべき と 思っている

あと ほんの 一つ 二つ しがらみ が なかったら 私 も 絶対 台湾 に 一人で 住んで いたーい

暖かい し 食べ物 も なんとか 美味い し 女性 は きれい だし 花粉症 も ない し  

ハイキング できる 山々 も ある し 昔の 日本的 人情 も ある し  とにかく 暮らしやすい


ひょっとして 現実に なるかも しれない ので 具体的に 考える と

当初 放射線の技術者 として 病院や 工場で 働こう とも 思った が そう 本格的 でなく  趣味的 でも

音楽指導 ( mandolin 二胡 楽団指揮など)  マイナーな 地域の 観光ガイド  玉山 登山ツァー 添乗員  

くらいで 十分 か ・


彼 を 含め Face book で は 多くの 台湾の 人と 友達に なった

これから 台湾と どう 付き合っていくか  

いろいろ 計画する と 楽しい ・



tuhh01IMG_1950.jpg
tuhh02IMG_1942.jpg
tuhh03IMG_1943.jpg
tuhh04IMG_1945.jpg
tuhh05IMG_1944.jpgtuhh06IMG_1946.jpg
tuhh07IMG_1948.jpgtuhh08IMG_1947.jpg
tuhh09IMG_1949.jpg
tuhh10IMG_1952.jpgtuhh11IMG_1951.jpg










彼女も画家

台湾の 山々を 堪能 した 帰り 

昨日 黄老師 から 高い 絵を 買った から には 

Y内君 の お友達 を 紹介したい という  お友達 は 絵 の 仲間 らしい



絵 の お教室 と 彼女の 名前 は 以下の 通り
 tugg22IMG楓0003bb  tugg20IMG楓0003aa


会って びっくり !  いすみ の 別荘の 元オーナー I 瀬 クン に そっくり

同じ ゲージュツ 趣味 だから 顔 も 似てくる のかな ?  

ま そんなことは どうでも いいが ・

また 友達 の 友達 と 友達 に なれて  友達 の 輪 が 広がった



tugg01IMG_1929.jpg
tugg13IMG_1932.jpg
tugg02IMG_1934a.jpg
tugg03IMG_1937.jpg
tugg04IMG_1935.jpgtugg05IMG_1928.jpg


私の ために 新年の 縁起物 を 書いてくれる という

台湾の 家では どこでも 飾ってある あの 赤い お札 みたい の ・


お礼 に あなたの 水彩画 を 購入 しましょう !

もちろん ちゃんと お金 を 払って

黄老師 並み とは いかない が ・

小さいのを なんとか ○○元 くらいで ・



tugg06IMG_1936.jpg
tugg07IMG_1930.jpgtugg08IMG_1933.jpg
tugg09IMG_1931.jpg
tugg10IMG_1938.jpgtugg11IMG_1939.jpg
tugg12IMG_1940.jpg
tugg14IMG_1941.jpg


もちろん 帰国 後 額 に 表装 しました よ

黄老師 のも ね

我が 別宅 の 美術 所蔵 と なりました


Face book に 載せたら 早速 お友達 依頼 が 来て ・

台湾の 水彩画 界 いろんな 人と 交流中



tugg15IMG_3101.jpg
tugg16IMG_3104.jpgtugg17IMG_3115.jpg
tugg18IMG_3116.jpg
tugg19IMG_3133.jpg











石門山から

文字色tufff51bfabIMG台湾地図03aaa


石門山 3,237 m 頂上 から いろんな 山々 が 望める

地図 持ってきていれば よかったが 頂上の 案内板 から


tufff52acIMG_1861.jpg


紹介して あるのが 南湖大山 3,740 m と 中央尖山 3,705 m

特徴 ある 山容 なので  すぐ わかる ・ !


tufff53bacIMG_1859.jpg


しかし 自分の目で 直接 見える というのは 感動 !

tufff54bfadIMG_1831.jpg
tufff55fIMG_1831.jpg
tufff56bfadIMG_1827.jpg
tufff57bfadIMG_1832.jpg
tufff58fIMG_1832.jpg
tufff59fIMG_1841.jpg
tufff60fIMG_1840.jpg


カタログ に 見る 南湖大山 および 中央尖山

tufff61南湖大山 tufff62中央尖峰


南湖大山 の さらに 左の方  たぶん 雪山 3,886 m が 見えてる と思うが どれか 不明

tufff65bfadIMG_1826.jpg


あとで 地図を 見て 予測 したが たぶん 合歓山 群 で 一番 高い 合歓山 北峰 3,422 m

tufff63acIMG_1860.jpg


その左 虹 を 伴った 雨雲 が 迫っている  もう 14 時 を 過ぎている ので 帰ら なければ ・

tufff67bfcaIMG_1873.jpg


中央尖山 の 右側 だから  この辺から 続いている 東海岸 の 宜覧 付近 か

tufff64bfadIMG_1839.jpg


中央山脈 と 奇莱山 北峰 との間  向こうは 太魯閣渓谷 山は 地図で 見れば 屏風山 3,250 m ?

tufff66bfbIMG_1843.jpg
tufff68bfbIMG_1842.jpgtufff69bfbIMG_1844.jpg


帰り 下りながら やはり 見ごたえは 奇莱山   記念写真 も ここで

tufff70bfcaIMG_1896.jpg
tufff71bfcaIMG_1882.jpg
tufff72acIMG_1864.jpgtufff73acIMG_1865.jpg
tufff74afabIMG_6219山内03

tufff51bfabIMG台湾地図03ttt










石門山へ

せっかく 台湾の 中央山脈 の 真中 合歓山 遊区 に 来ている

どこかの 山に 登りたいが 運転してくれている Y内君 を ほったらかして 勝手に 登る のも ね ~

彼でも 散歩気分で 登れる なだらかな 山を 探して みる

あった あった ! 道路から ほとんど 傾斜 が ない  石門山



tufff01fccIMG_1890bbb.jpg
tufff02fcbIMG_1874.jpg


石門山 駐車場 に 車を 置いて さて ひとっ走り 往復 してくる か ・

Y内君 は わざわざ 私のために 防寒着 と 帽子 を 用意 して くれた

距離 は 750 m 標高差 は 100 m 足らず 時間 は 30 分 かかる  との 表示

ただ 頂上 は すぐそこに 見えて いる

手前の 丘を 越えて あの 右の ピーク だな ・



tufff03acIMG_1869.jpg
tufff04acIMG_1846.jpg
tufff05acIMG_1848.jpg


飛ぶように 登っていくと 中央山脈の 山々 が 広がってくる

登山道 を 振り返ると Y内君 を 置き去り に した よう

風も なく 動く と 汗 が 出る ほど

行く手 に  が 見える !  と いうことは 雨 が 降っている ?

ま 降ってきたら 走って 逃げ 帰れば 遭難する ことは あるまい



tufff06acIMG_1849.jpg
tufff08acIMG_1851.jpg
tufff09acIMG_1852.jpg
tufff10acIMG_1853.jpg


30 分 も 経たない うちに ひょいと 石門山 頂上 に 到達  

いちおう 日付 は 2014 年 12 月 20 日 14 時 ちょうど

何と いっても ここは 標高 3205 m ! 北岳 3172 m より 高い のだ  しかも 冬季 登山

駆け上がって 火照った 身体 に 冷たい そよ風 が 心地よい が

Y内君 は もう 台湾の 気候に どっぷり 染まって いる のか 耳が 痛い そう



tufff11acIMG_1855.jpg
tufff12acIMG_1858.jpgtufff13acIMG_1856.jpg
tufff14acIMG_1857.jpg


登ってきた 道を 振り返る と

さっきまで 居た 武嶺のSA そして 

合歓山 東峰 が 目の前  登山道 も よく 見える

向こうに 登ったら 往復で 約 一時間 だな

いつか この 合歓山 すべて 登り 尽くそう !



tufff16acIMG_1863.jpg
tufff17acIMG_1862.jpg


合歓山 東峰 が 目の前に ある が やはり 奇莱山 の 眺め が イ チ バ ン !

特 に 奇莱山 北峰  さすが 台湾を 代表する 一怪



tufff15acIMG_1854.jpg
tufff07acIMG_1850.jpg
tufff18bfcaIMG_1884.jpg
tufff19bfcaIMG_1885.jpgtufff20bfcaIMG_1886.jpg
tufff21afabIMG_62187山内02










合歓山 東峰

標高 3,275 m の 武嶺 SA は 合歓山 の いくつかの ピーク の 狭間 に あるが

目の前の 合歓山東峰 3,421 m の 眺め が 素晴らしい !

次回 台湾に 来たら 絶対 登るぞ ー



tuea01bfacIMG_1812.jpg
tuea02bfccIMG_1890aaa.jpg
tuea03faaIMG_1809.jpg
tuea04faaIMG_1813.jpg
tuea05faaIMG_1816.jpg
tuea06faaIMG_1818.jpg
tuea07faaIMG_1819.jpg
tuea08faaIMG_1820.jpg
tuea09faaIMG_1821.jpg
tuea10faaIMG_1822.jpg
tuea11faaIMG_1828.jpg










次のページ