G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

高雄駅

ここは 台湾鉄道 ( 新幹線ではない ) の 高雄駅

付近は 高雄市の交通の要所 バスターミナルも集中している

駅前は 人口150万人を越える都市としては 整然としている


高雄では わずか 4泊しただけだが 作ったブログは 一か月分

小琉球も含め 隅々まで 楽しむことが 出来た


お世話になりました



29高雄駅前01
29高雄駅前0229高雄駅前03
29高雄駅前0429高雄駅前05
29高雄駅前0629高雄駅前07


高雄駅のすぐそばに 旧高雄駅が保存されている

今は 博物館になっているようだ

さすが 日本統治時代の建物 威厳がある

犬 猫 とともに しばし 見学



29高雄駅前08
29高雄駅前0929高雄駅前10
29高雄駅前1129高雄駅前12


それにしても 40年前 訪れた時は 本当にのんびりした 南国の街だった と思ったが ・

この バイクの多さは どうだ !  それに 騒音 !  都会だから しょうがないが

私みたいな 放浪の観光客には テンポが 早すぎる  でも 絶対 また 来よう ・・



29高雄駅前1329高雄駅前14
29高雄駅前1529高雄駅前16
29高雄駅前1729高雄駅前18


お世話になった ゲストハウス 看板もなく 鍵が掛かっているので 電話で呼び出して 開けてもらう

K大OB の若い 佐々木君が経営していて 日本人旅行者に 大人気

地元の おいしい情報も教えてもらったし 旅行者同士の団欒も 楽しかった

お礼に 宣伝しよう



あひるや  高雄市六合一路154-4 MRT美麗島から徒歩 3分

      Tel 07-236-6757  日本からは (会社番号) -010- 886- (0を取った台湾の番号)

      料金 ドミトリー(二段ベッド集合部屋) 500元/泊  シングル部屋 800元/泊

      食事なし 共同トイレ シャワー インターネット使用可 洗濯機 台所 談話室
      


29高雄駅前19
29高雄駅前20










再び花瓶岩

小琉球を 歩いて 一周しようか とも 思ったが

気まぐれスケジュール のため ・ それと 疲れたので ・

美人洞から 同じ道を 白沙尾港に 引き返すことにした
  


28また花瓶01
28また花瓶0228また花瓶03


従って また 花瓶岩に やってきた

さっき見たが 改めて見ると いいね

また 撮りたくなる



28また花瓶04
28また花瓶11


♪ 名も しらぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実 ひとつ

  ふるさとの 岸を 離れて 汝は そも 波に 幾月 

  
  もとの木は 生いや 茂れる 枝は なお 陰を やなせる

  われも また なぎさを 枕 ひとりみの 浮き寝の 旅ぞ



28また花瓶0528また花瓶06
28また花瓶0728また花瓶08
28また花瓶0928また花瓶10


♪ 実を とりて 胸に あつれば あらたなり 流離の 憂い

  海の日の 沈むを 見れば たぎり落つ 異郷の なみだ


  思いやる 八重の汐々 いずれの日か くにに 帰らん



28また花瓶12
28また花瓶13


静かな 花瓶岩を 楽しんでる 二人連れ も 見かける

一人でも 二人でも 旅情気分は 満点

楽しませてくれた 小琉球を

いま 去る


ありがとう !  また来る日まで ・・



28また花瓶1428また花瓶15
28また花瓶16










しばし休憩

美人洞のある 海岸奇岩道を 歩いてきて

海の眺めがいい リゾート雰囲気の場所に 出てきた

ベンチもあるし・ 少々 疲れてきたし・  休憩しよう !



26休憩01
26休憩0226休憩03


気温は 23℃くらいに なったか?  それにしても 風が強い  小琉球は 南の島のイメージだったが ・

岩に砕ける波の音を まじめに数えていると 頭の中が からっぽに なれるかな ?



26休憩0426休憩05
26休憩0626休憩07
26休憩08


帰りの船便は 夜中まであるし 民宿も多いので いつまでここに休んでてもいい

浜辺に 寝そべって マンゴージュース  そして Mail  こんなところから 日本にも 普通に 届く

水着持ってきたので 泳げないことも ないが 誰もいないし・ ちょっと泳ぐには 寒いし・



26休憩09
26休憩1026休憩11


波の音を 聞きながら 徒然なる思いを めぐらす


休んでしまった合奏練習 演奏会に 間に合うかな ・

ほったらかしの たかねの里の別宅は ・


いま 私が こうして 生きているのは ・・

人間とは いったい 何だ ・・・



26休憩12
26休憩1326休憩14
26休憩1526休憩16


一人の いきあたりばっ旅 は  常に 非日常

時には 現実と 空想の 世界を 行き来する



これは ・

やめられない ね ・・・











美人洞

花瓶岩から 海岸沿いに 遊歩道が 続いている

この先 珊瑚礁が侵食されて出来た奇岩が続いている ようだ

ほどなく 美人洞 の看板が・

昔 船が難破して 無人の小琉球に流れ着いた 蘇州の女性が 洞窟で一生を終えた という伝説



27美人洞01
27美人洞0227美人洞03
27美人洞04


全部 歩くと 2 、3 時間 は かかるようだ  階段や アップダウンも多そう

こんなところは 効率よく観光しようとする うるさい団体は いない  そこが 私の ねらい目

ハマユウの咲く 気持ちよく整備された 遊歩道を 歩き出す

鍾乳洞ほどではないが 結構 脚に来る 

今日は 日本で言えば 五月の連休時の薫風を受ける気分  汗も引っ込み 丁度いい 気温

それと 海の眺めが 開放的 なのが いい

そのむかし 洞窟に暮らしていた 人魚姫 に 想いを馳せながら ・

ご一緒に さろきんぐ  お楽しみ下さい ・・



27美人洞0527美人洞06
27美人洞0727美人洞0827美人洞09
27美人洞1027美人洞1127美人洞12
27美人洞1327美人洞1427美人洞15
27美人洞1627美人洞1727美人洞18
27美人洞1927美人洞20
27美人洞2127美人洞22
27美人洞23










花瓶岩

小琉球の 白沙尾港を さろいている

着いてすぐ 美味しい 海鮮料理も 食べたし トイレも 済ませたし

さー 元気いっぱい ! ・・  これから 撮るぞー

ここの名物 といえば ダイビングと 花瓶岩

ダイビングには ちょっと寒い  店も閉まっている



25花瓶岩0125花瓶岩02
25花瓶岩0325花瓶岩04


では 近くの 花瓶岩の方に 歩いていこう ・・

港から 5分も歩けば 霊山寺という 立派なお寺さん

ここの 目の前に 花瓶岩 があった



25花瓶岩0525花瓶岩06
25花瓶岩0725花瓶岩08


ここは 珊瑚礁の島

波に 侵食されて こういった奇岩が 作られた

小琉球のシンボル 花瓶岩 を じっくり ご覧下さい



25花瓶岩0925花瓶岩10
25花瓶岩11
25花瓶岩1225花瓶岩13
25花瓶岩1425花瓶岩15













小琉球 港町

♪ 背伸びしている 海峡の~ 今日も 汽笛が 遠ざかる ・・

口ずさみながら 小琉球の 白沙尾港を ひとめぐり  なかなか 賑やかな 港だ


24小琉球港町01
24小琉球港町0224小琉球港町03


港を見下ろす丘の上に 百海餐庁 という看板  あれこそ ガイドブックに載っていた おいしいレストラン

頼んだのは 当然 港で上がった 新鮮な海鮮料理 名産のマグロ刺身 それにチャーハン

わざわざ遠く日本から来てくれた客人に喜んで 店から 付き出しとデザートをサービスしてくれた

マグロ刺身は 日本と全く同じ味で 満足 付き出しの ウバ貝の冷たい昆布だし醤油漬け も なかなかいける



24小琉球港町0424小琉球港町05
24小琉球港町06
24小琉球港町0724小琉球港町08
24小琉球港町0924小琉球港町10


港の向こうの建物から "望春風" の歌声が聞こえる 小学校か? 声があまり若くないが・・

行ってみたら 公民館らしい お年寄りの集団が 中や外で 趣味や 遊びに 興じている

ここで お手洗いを利用させてもらったが  前に立ってる 観音様? なぜか 妖艶におわす・



24小琉球港町1124小琉球港町12
24小琉球港町1324小琉球港町14
24小琉球港町1524小琉球港町16


この島での 家の 建設風景 鉄骨にレンガ という組み合わせ が 多い

これは めずらしい ! ホンダの ベンリー号 きっと 何十年も 働いているのだろう


しかし 日本が誇る もっと素晴らしいものを 発見した !

こんな 辺境の島でも 人々のために 活躍している セブンイレブン と 宅急便 ・・
 


24小琉球港町1724小琉球港町18
24小琉球港町1924小琉球港町20









小琉球へ

小琉球 (しょうりゅうきゅう) とは 台湾の南にある 小さな島

当初 西のかなたの 膨湖諸島 に行く予定だったが 交通事情が 不安定 のため

高雄から 日帰り可能な この島に ドタ変更した 気ままな一人旅の利点



23小琉球へ00


高雄から バス 2時間 着いたところは 東港 という港町  漁業が盛んな町のようだ

波止場へ歩いていたら 道を聞いた 魚加工のおばさんが バイクで追っかけて わざわざ送ってくれた

乗船口で 苦労して 往復切符を買う 待時間が30分ほどあったので 変なお茶?を飲みながら しばし待つ



23小琉球へ0123小琉球へ02
23小琉球へ0323小琉球へ05
23小琉球へ0623小琉球へ04


小琉球への定期船は 立派な 高速艇  平日だが 客は 7割程度

30元のトウモロコシと 変なお茶で しばし 船の旅

気温は 12℃ ぐらいか この時期(3月3日) 異常な寒さ だという

私は 半そで だが みんな キルティングヤッケに 縮こまって・・  浮いてる



23小琉球へ07
23小琉球へ0823小琉球へ09
23小琉球へ1023小琉球へ11
23小琉球へ1223小琉球へ13


高速船の波しぶき のせいか どんより曇った海霧 のせいか 窓の外は 荒天模様

一時間の船旅は ずいぶん短く感じられた やがて 白沙尾観光港 に 到着



23小琉球へ1423小琉球へ1523小琉球へ16
23小琉球へ1723小琉球へ1823小琉球へ19
23小琉球へ20


小さな島にもかかわらず 漁業と観光で ここは なかなか 活気がある

特に 着いた時の 客引き が すごい

残念ながら 私は 民宿も レンタルバイクも 使わないので すべて 丁寧に お断り

静かになった 港町を そぞろ 歩き出す



23小琉球へ2123小琉球へ22
23小琉球へ2323小琉球へ24
23小琉球へ25


口ずさむ 歌は・ 

ちょっと 合わないが ・・

森進一の 港町ブルース 

だな








大学と領事館

高雄地下鉄(MRT)東西線 の 終点 西子湾駅

今日は ここから さろき廻る



22大学と公使館00


中山大学は 台湾でも 1 2を争う名門大学 威厳ある門はないが トンネルを抜けると 広大な敷地

立派な校舎そばを 歩いていると 利発そうな キャピキャピガールが 闊歩  留学生も 多いようだ

旧日本家屋などの史跡  蒋介石が使っていた車 の展示もある

私は 歩きつかれたので 足踏み石 がある 庭園で ひと休み  久しぶりの 脚 !



22大学と公使館0122大学と公使館02
22大学と公使館0322大学と公使館04
22大学と公使館0522大学と公使館06


半島全体が ほとんど大学敷地なので 海が すぐそば 門に接して 西子浜海水浴場が

丘の上に これも 高雄市の名所 旧英国領事館があるというので 歩き歩き 足は自然と そちらへ向かう

40度はありそうな 急な坂を登ると 高雄市街 高雄港の眺めが良い ここが 打狗(ターカオ)英国領事館官邸



22大学と公使館0722大学と公使館08
22大学と公使館0922大学と公使館10
22大学と公使館1122大学と公使館12


ここは 1879年 イギリスの手で 設計監理した 赤レンガ造りの 建物

テラスから 高雄市街や 西子湾の夕陽 など 絶景を 満喫できる

イギリスらしく 庭も きれいに手入れされ 雰囲気は 映画 "慕情" の世界

中に 売店 レストランほか 当時の 歴史的展示室 もある



22大学と公使館13
22大学と公使館14
22大学と公使館15
22大学と公使館1622大学と公使館24
22大学と公使館1822大学と公使館19


北からの団体観光客で ごった返していたが 辛抱強く 退去するのを 待つ

静かになった 古い洋館 これこそ 私が望む 観光地

今は 映画 "慕情" の主人公になって

淋しくも ここち良い 一人旅の気分を 味わおう


♪  Love ・・ is a many  splendid things ・・


22大学と公使館20
22大学と公使館2122大学と公使館22
22大学と公使館23
22大学と公使館2522大学と公使館17











二・二八和平公園

高雄市立歴史博物館 の脇には 愛河 が 静かに流れ

建物と 道を隔てて 二・二八和平公園 が ある

二・二八事件の ショッキングな資料を 見たあとには

花と緑と鎮魂碑 すなわち 心のケアが 必要

しばし 佇んで  当時 亡くなられた人の 冥福を祈る



21公園01
21公園02
21公園03
21公園04
21公園0521公園06
21公園0721公園08
21公園09
21公園10
21公園12
21公園11















歴史博物館

高雄市立歴史博物館 を 訪れた

この建物は 日本統治時代の 高雄市役所

帝冠様式という 純日本的建築

市定古跡に 指定されている


20博物館01
20博物館0220博物館03


私は 旅に出る前に その国 その地域の歴史を調べるようにしている

なぜ そこが そんな風土なのか なぜ 人々が そんな考え方なのか

実際 行ってみると なるほど! と合点することが 度々ある これは面白い



20博物館04


ここは 建物保存が 主な目的なので 内部は よく手入れされ 整備が 行き届いている

展示物自体は レプリカ 模型などが多く 貴重な歴史品は 少ないように 思えた

その中で 二・二八事件の展示が やたら立派なのが 目立っている
 


20博物館0520博物館06
20博物館0720博物館08


二・二八事件とは 日本敗戦で 本土の国民党支配に変わった時 腐敗統治に耐えかねて 台湾民衆が蜂起した事件

昨年 台湾を訪れた時 台北の 二・二八記念館 を見学したが ここでの展示の方が はるかに 力が 入っている

台北での記念館の 詳細は 小生のブログ参照   http://gedano.blog92.fc2.com/blog-category-26.html

地元の騒乱の様子をつぶさに展示してあるが (映像も) いかに 当時の為政者が 非道であったか 心に焼き付く



20博物館0920博物館10
20博物館1120博物館12
20博物館1320博物館1420博物館1520博物館16
20博物館1720博物館18


二・二八事件については 日本人の私としては かなりの知見を持っているのでは? と思う

外国人が 日本人でも知らない 日本の歴史を 良く知っていることが多々ある 様に

以前 来台した時は 特に 孫文について調べたが  http://gedano.blog92.fc2.com/blog-category-17.html 

今後も 霧社事件や 南京虐殺事件など 正しい歴史イベントの知識を 得ていこう と思っている



20博物館19


二・二八事件で 悪者であった 国民党の 現政権下では

この博物館に限らず 高雄市全体としても

政府の手厚い支援 というものが 全く 見えてこない

民間の 熱意に 支えられているようだ



台湾の歴史を ほんの少し 勉強すれば

さも ありなん ・・









高雄ブルース

よるの 高雄を ひとり あるけば ・

19夜の高雄0119夜の高雄02

美麗島の あかりが よぎりに むせぶ ・

19夜の高雄0319夜の高雄04

原宿 すぎて 五福三路の とおりも ・

19夜の高雄0519夜の高雄06

ネオンが まぶしく こころに しみる ・

19夜の高雄07

そぞろ 歩けば いつのまにか 漢神まえ ・

19夜の高雄08

どこから 聞こえる ライブの うたごえ ・

19夜の高雄0919夜の高雄10

きょうの わたしは ピアノバーか か カラオケか ・

19夜の高雄11

高雄のよるは ふけゆく ・・


                                 < 注 > こんな歌は ありません









表示

相変らず 高雄の街中を 歩いている  漢字圏の国なので 看板表示が理解できるのは 嬉しい

中には 面白いもの 台湾ならでは なるほど?  の表記もある  一部を披露する


18表示01

ミズノの宣伝と陸上競技場から 高雄国際マラソン と読める   日本の風雅な名称は モーテルに多い

18表示0218表示03

地下鉄(MRT)にて 女性専用車は 込んでる時ではなく 夜間空いてる時   ホームとの隙間は わが国通り

18表示0418表示05

同じ 地下鉄にて これは 絵で分かる 台湾の人は 博愛精神に充ちているよう   ゴミの分別も 徹底している

18表示0618表示07

トイレにて 一歩前に進めるため どこも腐心している  掃除で滑りやすいのも 万国共通

18表示0818表示09

台湾の公園では バイクが入りこむことが多いので 子供はちゃんと手を繋いで !   自転車も 専用道路を !

18表示1018表示11

医学用語もほとんど理解できる 歯を抜くのは 牙を抜く という    ここにもある 右翼の街宣車

18表示1218表示13

これは ちょっと難しい表示  馬の鞍みたいな台に 座って10分間マッサージを行うサービス ・・?

18表示14

繰り返し文字は かわいいイメージ なのは パンダの例で よく分かる  以下の固有名詞 皆さん 分かりますか ・?

18表示1518表示16


答え  ワコール しまむら    私は 店の中を見たので すぐ分かりました










ノラ公

高雄市に限らず 台湾の街中では ノラワン公が多い 特に有名な観光地などには 大挙して たむろしている

街の人は ノラワン公をそんなに嫌がってはいない エサなど不自由することもなく のびのびと闊歩している

私も 好きなので 写真撮ったり からかったり・ 日本語で話しかけても その意味を理解できてるよう ・



17ノラ0117ノラ02
17ノラ0317ノラ04


首輪のあるのは 飼い犬 比較的おとなしい ていうか 品がある 食堂や高級店にも 堂々と入りこむ

路上で昼寝しているのも 大抵 飼い犬 退屈しのぎに通る人に 時々 愛想を振り撒く



17ノラ0517ノラ06
17ノラ0717ノラ08


地方の町では ノラか 飼い犬か見分けがつかないのも・

どちらも 何不自由なく 家の周りを駆け巡り 自由に育っている



17ノラ0917ノラ10


台湾での 由緒ある 血統犬 台湾犬は 黒毛で 耳が大きく 主人に対して とても従順なのが 特徴


17ノラ11



ところで 数は少ないが ニャン公も あちこちに 居る

ノラニャンか 飼いニャンかは 身体つきと動作を見れば 一目で 分かる

ペット屋には 癒し系のニャン公も 最近 多くなったそうだ



17ノラ1217ノラ13
17ノラ1417ノラ15
17ノラ1617ノラ17











高雄で食べる

旅の楽しみは なんといっても 食べること

美味しいものも そうでないのもあるが それはそれで楽しい

私の特技は すぐに その地方の食事に 慣れてしまうこと

どこの国へ 旅しても 日本食が 恋しくなる ことはない

しかし ここ台湾でも 日式食事が 増えてきた

外国での 日本食は 日本での和食と 全然違っていて これはこれで また 興味深い



16食べ物0116食べ物02
16食べ物0316食べ物04
16食べ物0516食べ物06
16食べ物0716食べ物08
16食べ物0916食べ物10


高雄で食べた 美味しかったものを 紹介

16食べ物11
16食べ物1216食べ物13

港園牛肉麺館 の 牛肉排麺  この味は 絶対 日本人好み


16食べ物14
16食べ物1516食べ物16

龍胞湯包 の シャオロンポー  台北のケンタイドー より ずっと安くて美味い 本当に美味い!


16食べ物17
16食べ物1816食べ物19

順徳 の マグロ鮨  期待してなかったが カジキマグロとしては 合格


16食べ物20


いちばん 世話になった セブンイレブンでの 飲み物   朝のカフェオレ と 夜の 台湾ビール

関東煮という おでん味 を 宣伝していたが  残念ながら これは 台湾地元の味  人工的ダシ汁過多









若者は

ここは 高雄市 原宿  日本の 原宿を模して ここも 若者ファッションの街

この手のコメントは やや不得意であるが 今回は
G3の ファッションレポート !


15ファッション01


台湾の 女の人は なんといっても セクシーで スタイルが 良い

腰が キュッと締まり ヒップアップ スラリと伸びた 細い脚 ・・

ミニスカートが ホントに良く似合う



15ファッション0215ファッション03
15ファッション0415ファッション05


ぴっちりした Gパン姿も 多いが・

スカートをはいてるか タオルを 巻いてるか 分からないくらいの 超ミニの 下に

スパッツか ストッキングか 分からないくらいのを はいてる組み合わせが 今の流行り か ?



15ファッション06
15ファッション0715ファッション08


制服の学生 学童たちも 身体の線が 浮き出ていて なんとなく ・・  オジさん ドキドキ

日本の女性よ 嘆きたまえ!   畳での 正座の歴史 を 大罪として あらためて 感じている



15ファッション0915ファッション10


ファンデーションの 宣伝は ちょっと 生々しくて 下手ですね

若者らしく コケテッシュで 上品な セクシーさ を さりげなく 表現して・・
 


15ファッション11


あれ!この娘 スカートはいてない?

ジョゼットみたいな薄物で 覆っては いるけど パンツ丸見え !

いわゆる "見せパン" てのは こちらでは こーいうの?

それにしても 前の男がうらやましい・ 運転 気をつけてね !



15ファッション12


お口直しに 台南の友達 ベッキー君 のファッション を ・

三越勤務の 彼女は スタイルも 抜群 笑顔と 動作のしなやかさが 服に マッチして ・

バイクに 乗っている時  Mandolinを 弾いている時

とても 素敵です






マッサージ

台湾のマッサージは 24時間営業 夜中動き回る私には 便利

高雄市の下町 鄭老師養生館 にて 足裏マッサージ  90分 800元

思いっきり 強くやってくれぃ・ と言ったら

痛いの 痛くないのって ・・ ヒーヒー!!


14マッサージ01
14マッサージ0214マッサージ03
14マッサージ0414マッサージ05
14マッサージ0614マッサージ07
14マッサージ0814マッサージ09
14マッサージ10







歩道と車道

13歩道と車道01


高雄市に限らず 台湾の都市では ビルの一階の道路側は 室内でなく 外と一体に なっている

建築基準で そうなっているのか ?

日本の雪国では 雁木(がんぎ)というひさしで 雪除け効果を狙っているが ここでは 日差し除け?  

隣りと繋がったところは アーケードみたいに 歩けないこともないが



13歩道と車道0213歩道と車道03


いろいろ 物が置いてあって ここを 歩道みたいに スルーして歩くのは 大変

ゴミ箱や バイク駐輪場は なんとかすり抜けられるが・

家ごとに 舗装の程度が違うので 段もあり 下を向いて注意してないと 転ぶ

それでも 無理に歩いていくと 食堂(歩道テラス)の中に 入り込んだりして・



13歩道と車道04
13歩道と車道0513歩道と車道06
13歩道と車道0713歩道と車道08


車の運転マナーは 日本に比べて かなり荒っぽい(危険!)  朝夕は ぶつかり事故現場も しょっちゅう

指導する警察側も 優しくない !  駐車違反の取締りも かなり厳しくなった と聞く

交差点の歩道には 生々しい 血痕が !  (ご安心なれ! これはビンロウを捨てた跡)

でも この場所で 事故で死んだ ことは ありあり と ・



13歩道と車道0913歩道と車道10
13歩道と車道1113歩道と車道12
13歩道と車道1413歩道と車道15


脚踏車(たぶん自転車のこと) レーンもあるし 交差点の停止ラインなど 一般的には よく整備されている

日本統治時代に 都市計画された 高雄市は 道路も広く 人やバイクが多くても 雑然とした雰囲気はない

高度成長している活気ある街を 安全で 秩序ある街に しよう とする努力が 見られ ・


この街は 居心地が いい街  と 感じる ・



13歩道と車道13
13歩道と車道16








高雄の街中で

高雄の街中を 歩いていて 目立ったもの そして 珍しいもの


12建物01

薄ピンクの建物は 郵局 すなわち 郵便局


12建物0212建物03

豪華な建物は たいてい 学校 教育を重視した 日本統治時代を 受け継いでいる


12建物0412建物05

地震が来たら 一発で倒壊しそうな 民間のビル 対照的に 堂々としている 教会


12建物06

夜になると 教会は とりわけ美しい


12建物0712建物08

大小の お寺さんも多い 濱榔(ビンロウ)売りの店も やたら目立つ


12建物0912建物10

繁華街のビル裏は ほとんど 路上市場になっている 食べ歩きが 楽しい


12建物12

市場の真ん中に 不似合いの貴金属店 店員が多く 繁盛している なんとなく 裏社会の香り・


12建物11

これは 珍しい ! 無人の図書貸出し機  自動図書館と言うべきか 日本でも 見習いたい


12建物1312建物14
12建物16

動画の信号機 青の時間が迫ると 早足になるのが なんとも面白い 渡るのも忘れて 見ている


12建物15


消火栓の点検だね  

こういう風景を見ると ここは ちゃんとした国だな・  と感じる
















二胡

高雄市を さろいている

目的は 濱椰(ビンロウ)の店 でなく その先の 楽器店

ここは 中国の 古典楽器が 揃う



11二胡01


板胡 高胡 を はじめ 中国琵琶 ヤン琴など 見てるだけでも 楽しいが・

いちおー 二胡プレーヤーを 自負する私 としては 片っ端から 弾いてみる



11二胡02


いろんな二胡を弾いていると やはり 高い楽器は 音がいい

急に上手くなったような・・ どうしても 欲しくなった

値段は 今回の旅行予算の 3倍以上するが・

カードでもOK と言うことで・

完全な 衝動買い



11二胡0311二胡04


中国古典楽器 に関する 書籍や 楽譜も 多く並べられている

この本は 私の二胡の 先生の先生の先生 劉天華 大師 について
 


11二胡0511二胡06


もちろん 二胡の 譜面集も ゲット これは 私の二胡の 先生の先生 の監修

私の二胡の 先生 は 放射線が恐くて 現在 中国へ 帰ってしまったので

当分 この本の 伝統的 運指方法で 名曲 "良宵" を また練習しよう



11二胡0711二胡08


二胡を 日本に持ち込むため 手続き申請に 一週間かかるので 旅行の最終日に 再び 店を 訪れる

湿度計付きの 立派な ケース(重い!)と 松脂 も おまけに 付属してくれた



11二胡0911二胡10
11二胡1111二胡12
11二胡1311二胡14


苦労して 持ち帰った 二胡を 満足げに 眺めている

時には 弾く

さすが 紫檀の 音には 深みがある


いや! これは 私の腕が上達したのだ ・・!!












六合夜市

正しくは 六合国際観光夜市 (ろくごうこくさいかんこうよいち)と言う

高雄市というより 台湾でも チョー有名な夜市 

泊まったゲストハウスの近くだったので 夕食の足しにでも と さろいてみる



10夜市01
10夜市02
10夜市0310夜市04


夜も 10時を過ぎていると言うのに・

どこから こんなに 人が 集ってくるのか

とにかく この熱気 !!

臭気も !



10夜市0510夜市06
10夜市0710夜市08
10夜市0910夜市10


港が 近いので 海鮮粥 が有名 と聞いていたが・

屋台の裏で こそこそ食べるのも 切ないし・

いろいろ 美味しそうで 目移りするし・

腹も減っているし・

テイクアウトするか



10夜市1110夜市12
10夜市1310夜市14
10夜市15


ひときわ 賑やかな 集団が 近づいてきた

ノボリから 判断すると テレビで見たような オバさんが 中心に・

野党の 次期総裁候補 らしい



10夜市16
10夜市1710夜市18


結局 二度 往復して

買ったのは 行列が出来ていた屋台の 特大モモ肉 および 台湾バーガー と いちごミルクジュース

それに 帰りの セブンイレブンで 台湾ビール と カップ麺

ゲストハウスの集会室で 一人 豪華な 宴会


<
a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/g/e/d/gedano/20110425024325cc2.jpg" target="_blank">10夜市19
10夜市2010夜市21


泊まった ところは  " あひるや " さん という 高雄では 有名な ゲストハウス










愛河

愛河 (あいが) は 高雄市を ゆったり流れ 港にそそぐ 川


名前が ロマンチックで いい

昼 河畔を 散歩するのも いい

夜 ふたり 寄り添って 散歩するのは もっと いい




08愛河01
08愛河02
08愛河03
08愛河04
08愛河05
08愛河06
08愛河07
08愛河08











港にて

みなとが見える公園で 高雄港を 行き交う船を ながめる

大型の貨物船 ・ さっき乗ったフェリー ・ 漁帰りの漁船 ・   港は にぎやか

いくら 見てても 飽きないところを みると

私は よほど 乗り物が好きだ ってことだね



09港にて0109港にて02
09港にて0309港にて04
09港にて0609港にて05
09港にて0709港にて08
09港にて0909港にて10
09港にて1109港にて12
09港にて13


日本の歌も この景色には 似合う

  そらも みなとも よは はれて

  つきに かずます ふねの かげ

  はしけの かよい にぎやか に

  よせくる なみも こがね なり











星のトンネル

恋人たちでいっぱいの 砲台跡から降りてくると 西子湾の浜辺

誰もいない海 私には こんなところが お似合い



07星のトンネル01
07星のトンネル02


戦時中は 機関銃が置かれていたと思われるトーチカ

その傍に 小さなトンネルがある これこそ 噂に聞いていた 星のトンネル 入ってみよう!

中は 星空を模した簡素な照明 出口の海と夕陽に マッチして なかなか ロマンチック

狭くて暗い 行く手に 希望の光が見える ここも 恋人たちの世界だね・



07星のトンネル0307星のトンネル04
07星のトンネル05
07星のトンネル06


トンネルを抜けると 南シナ海の荒海 そして 真っ赤に沈む夕日

予想どうり カップルばかり  どうみても 私は 不審なG3

風が強く 誰かと寄り添って ぴったり くっつかないと 寒くてしょうがない



07星のトンネル07
07星のトンネル0807星のトンネル09
07星のトンネル10
07星のトンネル11


一人の 淋しさも ・・    振り返れば  旅の 魅力






砲台跡

台湾 高雄市を観光中

フェリーで 旗津半島に渡っても 相変らず 雑然とした繁華街

ここの名物は カキ氷 と 輪タク  寒いし 歩けるので どちらも 利用せず 

台湾では どこでも 漂っている 臭豆腐の臭い が 旅情を誘う?? といえば そうだが ・



06砲台01
06砲台0206砲台03


庭に 日の丸の 飛行機模型を 飾っている おっさんに 出会う

堪能な日本語で しばし 立ち話  高雄では 周りは 全て 親日家のよう・



06砲台04


小高い丘になっている砲台跡へ・ この坂 40年前と同じ道  昔は ここに石灯籠があった

ハイビスカスと 防空壕(弾薬庫?)  軍港だった高雄は 戦争のにおいがする



06砲台05
06砲台0606砲台07


登るにつれて 西子湾が見渡せる 海水浴場だが 潮の流れが早そう

砲台は 清朝の時代に建設されたが その後 日本統治時代も強化され 港の警護にあたっていた

トイレは 周りとマッチしていて なかなか優れもの

北の 高雄港入り口や 寿山公園方面も 眺めがいい



06砲台08
06砲台0906砲台10
06砲台1106砲台12
06砲台13


夕陽を浴びて 暮れなずむ 高雄の市街地は ロマンチック 

もちろん 一人でも・・   二人なら なおさら・・



06砲台1406砲台15
06砲台16


ここは 恋人たちの 世界 









旗津フェリー

高雄の観光スポット と言えば なんといっても 高雄港 旗津半島 のある海辺

飛行機 列車 地下鉄 と乗り継いできたので  さて 今度は 船に乗ってみようか・



05西子湾フェリー0105西子湾フェリー02
05西子湾フェリー03
05西子湾フェリー0405西子湾フェリー05


MRTの終点 西子駅から フェリー乗り場 (鼓山輪渡駅) まで 雑然とした 繁華街を 歩く

乗客は 人とバイクが 半々 乗客が 次々に 来るが フェリーも 次々に 出ているようだ



05西子湾フェリー06
05西子湾フェリー0705西子湾フェリー08
05西子湾フェリー1105西子湾フェリー17
05西子湾フェリー0905西子湾フェリー10


わずか10分の船旅だが 高雄のシンボル85階建ての東帝士ビルをバックに 高雄港の景色は Good !

今日は 寒いくらいだが それでも 船内は 冷房が ガンガン効いている 風を避けて 甲板の陰から 撮る


今 映画 上海バンスキン の世界  佇むのは バガボンドか ・ シークレットエージェントマンか ・・



05西子湾フェリー13
05西子湾フェリー14
05西子湾フェリー15
05西子湾フェリー1205西子湾フェリー16


おいら 風来坊  だね・





高雄の地下鉄

高雄の地下鉄は MRT (Mass Rapid Transit) と呼ばれる 2008年に 開通した

新幹線 高雄駅から 高雄空港を結ぶ 南北線と 港のある西子湾から 東の新市街を結ぶ 東西線がある


交わったところが 泊まったところの近くの 美麗島駅 美麗島 とは 「麗しの島 Formosa」 台湾そのものである

地上口は パビリオンみたいに豪華 川の下を通るので 線路は深ーい そこへ下るのは わが社のエスカレータ



04地下鉄01
04地下鉄0204地下鉄03


降りたコンコースは 派手なデザイン 台湾の人が 好きそうな色使いだが デザインは 日本人とのこと

それにしても 誰も居ない ! まるで 美術館みたいに 静かだね~ 

改札口近くの 一等地には 原住民の お店が 優先的に 配置されているようだ



04地下鉄04
04地下鉄0504地下鉄06
04地下鉄0704地下鉄08


さて 切符を買う さすが 出来たばかりなので すべて磁気式

日本と同じ プリペイドカードも あるが 今回は 台湾式に 挑戦

行先ボタンを押すと 運賃が表示されるので お金を入れると トークンという磁気コインが 出てくる

乗るときは トークンを かざせば 改札は 開く

降りるときは トークンを かざし OK表示後 トークンを 穴に 返却すれば 改札が 開く



04地下鉄09
04地下鉄1004地下鉄11


ほとんどの駅は ホームと線路の間が 仕切られ 扉がある 安全方式  これは さすが! 脱帽

当初 六両編成だったが 乗客が少ないので 現在 三両編成で運転されている ホームの半分は 使われていない 

シーメンス社製の車両も 不人気の原因では なかろうか? 硬いプラスチックのイス 無機質な車内デザイン



04地下鉄1204地下鉄14
04地下鉄1304地下鉄15
04地下鉄16


長い 登りの エスカレータ 日本では 急ぐ人のために 一列で 脇を 空けるが 台湾では ?

歩いて登る人は 少ないが それでも ほとんどの人は 左を 空けているようだ 大阪風だね

しかし デンと 真ん中に居座っている オバさんもいれば 横に並んだ 学生もいる この辺 日本も 同じか ・・



04地下鉄17
04地下鉄1804地下鉄19











台北から高雄

2011年 3月 1日 寝不足の 台北駅

今回は 一人ぶらり旅 なんで 乗るのは 高速鉄道(新幹線) でなく 従来の 台湾鉄道

いろんな列車に 乗るのも 今回の 楽しみ


自強号 というのは 日本で言う特急  そのほか 呂光号(急行) 復興号(準急) および平快(快速) 普通がある

切符を買うときは 行先と出発時間を 英語で言えば 分かる メモに 漢字で書くと なお確実 

ちなみに "自強号" を いくら現地発音に 似せても すんなり理解してくれない ガックリ !



03台北高雄0103台北高雄02
03台北高雄0303台北高雄04


自強号の車体は ムーミンスタイル 素朴な 前の顔が いいね

車内は 日本の電車と 雰囲気は 同じ

もともと この鉄道は 日本製 何となく落ち着く



03台北高雄0503台北高雄06
03台北高雄0703台北高雄08


桃園駅は 40年前降りて さろいた所 そのころ空港もなく 静かな田舎町だった 駅は 当時と 変わっていない

車掌さん(でなく列車長という) の検札が来た 特急券なしで乗る人も多く 逃げ出す人・・ 追加払いする人・・

今日の台北の気温 最高で11℃ この時期にしては 異常な寒さ だそうだ 周りは セーター・オーバー姿



03台北高雄0903台北高雄10
03台北高雄1303台北高雄14
03台北高雄1103台北高雄12


台北から30分 苗栗という町 付近から 鉄路は 海線と山線に分かれる 我々は 台中のある 山線を走る

長いトンネルを いくつか抜けると 周りの景色が 急に明るくなってくる 季節が 春から夏へ変わる

ナツメヤシと水田の続く南国の景色 新幹線の高架と 何度か交わりながら 一路 南へ 南へ ・



03台北高雄1503台北高雄16
03台北高雄1703台北高雄18
03台北高雄1903台北高雄20


いつの間にか 上着を着ては いられない 真夏の ギラギラした光を 感じだした

広い川 海も近いようだ 


台北から 4時間 列車は 高雄駅に着く  ♪ チャララ チャン チャ-ン ・・(世界の車窓から)



03台北高雄2103台北高雄22
03台北高雄2303台北高雄24









飛行機は

2011年2月28日 成田空港は 真冬のような 冷たい雨

これから 出かける ワクワクとした気持ちに やや 水を差されたよう

出国検査は 手馴れたもの 前回みたいな 新型インフルエンザ問題も ないし ・



02空港で0102空港で02
02空港で0302空港で04


成田を発って三時間以上経ったが なかなか着陸しそうもない とっくに台湾上空だと思うが ・

しばらくたって


 " 桃園国際空港は 濃霧のため 着陸不能の状況 当機は 一旦 高雄空港に向かいま-す "

ま どうせ明日は 高雄に行く予定 向こうで降ろされてもいいや と 余裕


02空港で05
02空港で0602空港で07


30分のフライトで 高雄空港 到着

しかし そのまま 機内で待機 外は雨 時間は もう 3月に 突入している



02空港で08
02空港で0902空港で09a


二時間くらい経過して いいかげん イライラ しだした頃

" 空港の天気が回復して 着陸可能となりましたので ただいまから 桃園空港へ出発いたしま-す "


02空港で10


桃園国際空港に着いたのは 夜中の三時半 日本時間で言えば 明け方四時半  少々疲れてきた

この時間 台北行きの交通手段は リムジンも鉄道も動いてなく タクシーのみ 待つこと一時間半



02空港で1102空港で12
02空港で13


同じ列に並んでいた 日本の大学生グループと 相乗りで やっと タクシー確保

偶然にも 彼らとは 次の日 高雄で 同じゲストハウスに泊まり 友好を暖めた


結局 台北のホテルに到着したのは 朝五時半 二時間ほど仮眠して 十時に 出発

せっかくの一流ホテルが あーもったいない



この旅 最初から 波乱の幕開け   この先 なんとなく 不安の予感 ・・・・












さて 台湾へ

2011年2月28日から 20日間 台湾を 旅行した記録を 当分 掲載する

今回の目的は 先ず一人で 台湾南部を さろきんぐ  後半は Mandolinの先輩と合流して 演奏&親睦活動


まずは 成田へ行くまで   恒例の 電車の絵で 始まりー 始まりー・・・

成田へ行く人は リムジンバスや スカイライナーで 行く人が多いが 私の場合は 京王線ーJR-京成特急

理由は なんてったって安い! 1500円 かからない   時間も早い! 家から 2時間弱で 到着する 

荷物の持ち運びが やや大変だが 今回 楽器もない(現地で借用)  フォーマルな場も 少ないので 持ち物も簡素



京王ーJR を経て 京成日暮里駅で 普通電車 および スカイライナーを 見過ごし 午後の閑散とした特急に乗る

なぜか この特急が 一番旧式の型の 電車 安くて早い特急には 旅なれた 外国人旅人 が 結構 居る

一眠りで 空港に 到~着 !   さて これから 気を 引き締めて ・・



01空港まで01
01空港まで02
01空港まで03
01空港まで04
01空港まで05
01空港まで06
01空港まで07
01空港まで08










FC2Ad