G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

補足説明 また続き

昨日の 話 で 原発の 経済性 すなわち 原発は 安いのか という 質問 ( 抗議? ) に 対し 議論 して ませんでした

「 廃炉 や 廃棄物処分 更に 事故後 の 対策 なども 含めると  原発 は 絶対 高い ! 」


確かに おっしゃる 通り  経済性 とは どこまで 含める か ワク組み に よって なんとでも 言えそう です

単純 には 1 kWH 発電 するのに 必要 な 設備費 燃料費 運転費 の 割合 でしょう

ここだけに 注目すれば  原発 推進者 の 頭 の いい 人 に とっては   シメ シメ ・

" 原発 が 一番 安い " と いうのは 簡単 に スジ書き できます


原発推進 は トイレットペーパーで 混乱した あの オイルショック 時代  化石燃料 偏重 の 反省から 始められました

その後 の 不断の努力 で 国内の 全 発電設備 容量 のうち 原発 の 設備容量 が 1/3 まで 増え  

  発電のための 石油消費量 を 減少させる と共に 毎年の 夏場の 電力不足 を 余裕で 乗り切れました 

  何回 か あった 中東騒乱 による 石油危機 の時 でも 電気代 の 上昇 を 抑える ことが できました

  我が国の 経済力の 弱みである 石油 購入費 に 伴う 高い 流通費 も 改善する ことが できました 

  ロシア など との 資源外交 でも 強気 に 対処できました

すなわち

原発 が どういう 成果 をもたらして その効果を どう 経済的に 評価する か それも 大切な 要素です


石炭を 掘る ために これまで 何万の人 の 命が 奪われました か

水力発電の ダムが 地震で 破壊 されたら どうなりますか

地熱発電所 が 出来たら 地元の温泉街 には どんな 補償が 払われますか

太陽光発電パネル は 廃棄物 問題 は 起きない でしょうか


国家の セキュリティー  国民の 生命や 財産を 守る ・ ・ 

ここまで 見方を 含める と 成果や 効果 を 簡単に 判定する ことは 難しい と 思います

しかし 経済的 優位性 の 内容 金額 など を 詳しく 議論 しなくても 

原発 は価値ある もの で 今の 日本には 必要  と いうことは  分かって 頂けるのでは と 思います


もちろん  自然エネルギー による 発電 も 軽視している わけでは ありません

ただ 自然エネルギー発電 は 発電密度が 低い 出力が 不安定で 需要に 対応させにくい などの 欠点が あります

自然エネルギー源 について 問題点 を 解決し 改良すべき 開発 を 進めていく のは 大賛成 です

しかし 時間が かかります 原発 だって 基幹エネルギー になる まで 50 年を 要しました

少なくとも 自然エネルギーが 我が国の 基幹エネルギー に 成長するまで は 

我が国 の 危機管理 として " 現在 の所 原発 を 活用 するべき ・ " と 思います



「 結局 原発 を 正当化する ため に 他の アラ を 探している だけだ 金の亡者 は 何でも 言える 詭弁 だらけだ 」

そうですね では 他 と 比べるのではなくて 原発 そのもの に 目を 向けて 話す ことに しましょう


原発 が 高いか 安い か 別に して 費用 の 中身 について 検討 してみましょう

廃炉 が 高い と 言われてます が 実 は 安く できます !  ( きっぱり ! )

事故 の 原子炉 の 廃炉 は 遠隔操作 機器 を 開発する 必要が あるので 少々 高く つきますが

正常 に 寿命が 来た 原子炉 は 放射能 に 気をつけて 淡々と 壊して 廃棄物 として 運び出せば OK


実は 廃炉の シナリオ は 廃棄物を 搬出した 後に 新規の 原子炉 を 作る ということに しています

これにより 新規の 原発を 作る 時の 費用  立地のための 莫大な費用 を  節約 できる ことに なります

となれば 廃炉の 費用 なんか 安い 安い ・


ただ  経済的 に 影響する のは この 廃棄物処分場 立地に いくら かかるか ですが

前回 も 説明 した ように 設備 は 簡単に ( 安く ) できます が 地元承認 が どうなるか

説得 や 説明 は ともかく サイゴ は カネメ で しょう !

これまでの 実例 から 膨大な 金が 投下される ことは 間違いありません


原発立地 地方 には 立派な 道路が 通り 豪華な ハコ物が 建つのは 常識

当然 こういった 金 も 電源特会   電気代 が 財源

六ヶ所村 核燃施設 のため に 青森県 全部の 市町村に 交付金 ( = 納得金 ) が 支払われています

地方交付税 も 必要ない とは 言いません が   施設 から 遠く 離れた 山間 の 村 まで ・


前回 も 言いました が 

ゴミ処理場 など みんな 嫌がる 施設 を 民主的 に うまく 立地させる のは 国家 の 成熟度 で あり 品格です


現在の 推進者の 常套 は  札ビラ で ほっぺた を 叩く ような 立地 促進  

一方 逆の 立場から は  原発は 金づる だ ! なんか 分からん けど 反対 して ショバ代 を ブン取ろう

 

原発は 経済的 優位性 は ない と 言う の も 結局 は 品格 の 不足 が 要因

偏狭な 対立でなく  冷静 に なって 地道な 取り組み を ・ ・


この ブログで やさしく 説明 している " 原子力と放射線 " ( カテゴリーにまとめています ) も 

ぜひ  参考 に して 下さい

 








 

補足説明 続き

「 危険な 原発から 話を そらす ために 天災 と 比較する なんて 詭弁だ ケシカラン ! ! 」 

「 廃棄物 の 問題 は 解決 してない し 発電の 経済的 優位性 も ない 原発 は 早いとこ 廃絶 すべき だ ! 」

と さら に 憤慨 されている 方の ために ・


皆さんが カッカしないよう 落ち着いた 調子で 話しましょう !


原発の 廃棄物の 処理 処分方法 に ついては すでに シナリオ は 決まっています

もちろん 今回の 事故に 伴う 除染土 などの 廃棄物処理 も その方策 は 決まっています

ただ 高レベル放射性廃棄物 の 最終処分場や 除染物 の 中間貯蔵場 など 具体的 立地 は決まって いません

   最終処分場

   最終処分場


この 理由 は 地元住人 の 了解 が 得られない のが 主な 原因 ですが  なんとも 難しい 問題 ですね

誰 だって 自分の 住んでる ところに 廃棄物処分場 が 出来る のは イヤです

ましてや 放射線 を 発する 核のゴミ なんて ・   絶対 反対 ! 反対 ! ・


しかし もう 50 年以上 我が国 は 原発 を 稼働 して きました   廃炉 予定 の 原子炉 も あります

もし 廃棄物処分場 が 出来ないと 危険な 放射性物質 が 皆さんの 周辺に あふれる ことに なります

原発反対派 の人 が 望 む 廃炉 も 全然 進みません


ここは 政治家 国民 みんなで 知恵を 出し合って 廃棄物処分場 を 早期に 建設して欲しい と 思います

私 も 知恵 を 出しましょう    エイヤ ! と 指定する だけ ですが ・

処分地に 適当な 場所は 広い 人家のない 陸地 火山 温泉 が ない 地下水 が 少ない 所 が 適地

北海道 音威子府 町 北 の 天北峠 あたり は どうでしょうか  

この付近 Google 地図で 見ても 人の気配 が ありません し 近くの 幌延では 深地下 の 研究も やってる し

   処分場の安全性

   最終処分場



私の 提案 くらいで 素直に 廃棄物処分場 が 決まって くれれば ほんとに スッと するんですが ・

日本は 民主主義 国家  何事 も 国民 の 意見を 聞いて・  決める のに 膨大な 労力が 必要

みんなの 知恵を 集める のも いいですが 結果 として 良い知恵 も 悪い知恵 も 集まってきます


しかし 民主主義 の 基本 は ある人 が 悪い知恵 だと 思うことでも 決めるに あたっては 尊重しなければ ならない

みんなが 満足する のが 理想だが 全ての 知恵の エキスが 膨大な 労力 の 結果に 繁栄されなければ ならない

この辺 が 上手く やれるか どうか で 国の 成熟度 というか 品格 が 問われます

どっかの 隣の国 のように お上が 決めたら 絶対  地元の反対 など 無視  権力 による 強制 排除

また 昔の 過激グループ のように 最初から 相手の 話を 聞く 気はない 怒号と 罵声の 大衆団交 で ブチ壊す


私の ブログは 上に あげた 決めるための 膨大な努力 の 一助 になれば と 思って 発信しています

正しい 知識 及び 現実 を 確認 して  これからも 賛成 反対 の 議論 を やって 欲しい と 思います 


ところで こういう 話 は 絵 も なくて 面白くない  

読んでる だけで 疲れます ね


続き は  また あした !










補足説明

「 原発の 再稼働反対 を 真面目に 訴えている のに 好き 嫌い で 処理する なんて ケシカラン ・ ! 」

と 憤慨 されてる 方の ため に ・


川内原発 では 事故時 の 避難 経路 及び その方法 が 十分でない と言う 指摘 が ある そうだが

そんな リスク を 検討する なら その前 に もっと 優先度 を 上げて 検討する こと が あるだろう !  と 言いたい


飛行機 から ずっと 日本の 海岸を 眺めて きて 頭 から 離れない もの

それは 一昨年 三陸 の 被災地 を 訪れた 時 買った  空撮 写真集 

< 東日本大震災の記憶 3.11 その前・その後 (三陸河北新報社) >



  ai09IMGa.jpg

       ai07IMG_0002b.jpg aii08IMG_0003b.jpg    ai05IMGb.jpg ai06IMG_0001b.jpg



私 は 原発や 放射能 は 全く 怖い とは 思わない が  

これを 見て 津波 は 本当に 怖い と 感じる


津波 が 来れば さっき 見えた 鎌倉 も 逗子 も 小田原 も 絶対 この写真 のように なる ! ! 

東京 も 名古屋 も 大阪 も ・ 日本全国 例外では ない

しかも 津波 が 来る 確率は 少なからず ! !  原発事故 の 確率 より はるかに はるかに 高い

何はなくとも 人の命 を 救う 方策を まず 考えて おかなくては ・


以前 ブログで 東京は 特に 地下鉄 地下街 の 水没 が 危ない ! と 警告した が

津波 来襲 時 人命 を 救う 対策 は その人が 住む町 その時 居る場所 によって 多彩の 手段が ある


   迷い道で


少なく とも 自分が そうなったら どう 対処 するか ふだん から 個人で 備えて おく べき

自治体 や 国 は 住人に 対する 危険 度合い の 情報 を 常に 提供 しなくては ならない


津波 に 似た 高潮 は 台風 時 にも 発生する  

同時に 豪雨と なれば 土砂崩れ 土石流 川の氾濫 なども ・


原発 事故 は人災 である  

逆に 考えれば 人智 を 駆使すれば 事故 の 可能性 を 限りなく 低く 出来る  と 言える !

原発事故 時 の 避難 対策 は もちろん おろそかに すべき では ないが 

確実 に 起きる 自然災害 に 対して 人の命 を 救う 方策の 検討 が まず 先であろう と 提案する


国や 自治体 は 今 早急に やる 仕事 は 山 ほど ある

災害 シミュレーション に よる 避難対策 の 優先度 を 挙げて 即 実施 し  

我々の 命を 守って 欲しい ・










原発 上空

飛行機 は そろそろ 九州を 離れて いくが その前に 

見たような 景色   


薩摩川内 ( さつま せんだい ) 市  

近く には

川内 原発 ( せんだい げんぱつ )



ai01IMG_2989.jpg
ai02IMG_2991.jpg
ai03IMG_2990.jpg


つい最近 川内原発の再稼働 について 地元自治体 ( 薩摩川内市議会 及び 鹿児島県知事 ) の 了解が 得られた

私 としては 一刻 も 早く 全国の 原発を 再稼働して もらいたい と 思っているが

そう 言うと 全国の ブログ愛好者 から " オマエ は 悪の 権化だ ! "   と 叩かれそう


しかし 私 は 現役時代 原発 放射線 に 深く 携わった 専門家

こういった 話題 には 積極的 に 口を 出すべき と 思っている 

事故後 も 日本の セキュリティ上 化石燃料に 匹敵する 基幹エネルギー を 確保する ためには 

今の 時点 では 原発 は必要な物 と 訴えてきた



確かに 原発事故 では 放射能が 周囲に 飛散して しまった 

マスコミ では 取り返し の つかない ことになった 日本は 汚染され 滅亡する と 恐怖を 煽る

2 万人も 亡くなった 津波より も もっと もっと 怖い と ・


しかし 事故から 3 年半たった 今 事故の 被害を 考えてみよう  

少なくとも 被ばく による 健康被害 は 発見されて いない

地域が 汚染された ことによる 直接の 放射能による 被害も 聞いていない


あるの は 被ばく の 健康被害の 恐れ が あるための 避難 指示

それと 汚染 による 健康被害の 恐れが あるための 生産調整 指示

これは 為政者 の 責任逃れ の 感 が する ちゃんとした リスク管理 では ない 

さら に 原子力 特有 の 風評 被害  



いずれにしろ 原発事故 で 放射能の 飛散 による 直接的 被害 は 発生して いない   もちろん

入所 していた 介護施設 を 移動して 亡くなった とか 夫婦 が 分かれて 暮らしたため おかしくなった など

被害 を 避ける ための 措置 で かえって 被害 を 受けた 例 は たくさん ある


だから 原発の事故 なんて 大したことは ない と 言う 気 は さらさらない

例え 想定外の 津波 が あった としても これまでの 原発に対する 安全の信頼 を 裏切った ことは

長年 原発に 携わった 私も 言い訳 の しようが ない


しかし 今回 一部の 初期 ( 40年前 ) の 原発 が 初めて 事故を 起こしたから といって

今回の 地震 や 津波 にも 耐えた 原発 や  全国の 最新型の 原発 も 含め すべて を 廃止せよ

と 言うのは ちょっと 短絡 過ぎる のでは ないかい

やはり 事故が 起きた 要因 それと 他の原発で 事故が 起きなかった 状況 を つぶさに 調べ  

今後の 対応の 糧 と すべき と考える 

  事故の検証
 


原発の是非 に ついては これまで マイブログ で 数十回 に わたって 懇切丁寧に 私の 意見を 紹介している

かいつまんで まとめる と 

  放射能 は 身近に あるもの で そんなに 怖いもの ではない

  世界の中で 日本の 置かれている 立場を エネルギーセキュリティ の 面から 考えて みよう

  全てに リスク は 存在する リスク を 享受できる レベル と 優先度 を 冷静に 検討して 判断しよう 

  反対 や 批判 からは 何 も 生まれない 現在の 我々 及び 将来の 人々 に 対して 何 が できるか 考えよう

  各々の 役割を 自覚して 行動しよう  技術者 は 知識 と 英知 を もって リスク を 克服 すべき



最近 は 口角泡立てて 原発 論議 を することも 少なく なった

気が付いたが 原発 反対派 の 人に 一生懸命 スジ 立てて 上記の 意見を 説明しても ムダな ようだ

おそらく   「 何 言っても うさんくさい アンタ の いうこと は とにかく 信用 でけん よ ・ 」


それは 娘 に お見合い を 勧める 親 みたいな ・

" ホラ 収入 は 多い し 学歴 も あるし いちおう カッコいい し ・・ "

「 デモネー なんとなく 生理的 に 合わない の ネ ・ 」


よーする に  ふぃーりんぐ の 問題

原発 を 嫌いな人 に

具体的 な 話 言っても ダメ なんだ ・ ・










早期帰還

原発事故で 避難している人が 故郷へ帰れない または 帰らない 理由は なんだろうか

環境庁 により 帰宅規制区域に 設定されている       これは 当然だが


帰っても 家が壊れて 住めない

帰っても 施設がなくて 居る所がない

帰っても 仕事がない 農地が使えない

帰っても 友人もいない


要するに 放射能の 危険は なくても 

いったん 避難して 何年も 無人地帯に なった地域の インフラが 回復していない

と いうのが 最大の 理由では なかろうか


これを 解決するのは 難しい

みんなで 一斉に 帰れば インフラ整備も 促進されるが 最初に 帰る人の 苦労は 大きい

災害直後の 緊急支援 では なく じっくりと 足が地に着いた 支援を 官民 挙げて 行いたい


ああ それなのに それなのに

環境庁の 除染で 農地の 表面を 削り その上に 山砂を 被せる という 愚行 が ・

環境庁は 放射能レベルを 下げ 早期に 住民を 帰還させるため  と 言ってるが

バカタレ !  臭いものにフタ 式に  田んぼに 砂を 撒いて どーする


このブログで 口を 酸っぱくして 言ってるが   " 現状の レベルでは もう 除染など することはない "

たとえ 一時的に 放射線の レベルが変化しても  雨が降って 風が吹けば すぐ 混ぜっ返されて しまう

それに 削り取った土を その付近に 一時保管 している ので  航空測定 では 一向に 線量は 変化しない

最大の 除染方法は 何にもしないで ほっておくこと 自然拡散で 放射線の 線量は下がっていく


この話は これ以上しないが   なんといっても 許せないのは 農地を ダメにした こと !

住民に もう ふるさとには 帰るな !  と いっている ような もの


国は 責任もって 今後 農地の 回復に 努めろ - ・・・・・ !














 




早期帰還

岩手県田村市 の一部 など すでに 原発事故による 避難指示地域 から 解除される 地域が 出てきた

先のブログで   地域の 放射線レベルの 時間的変化の 状況から

原発事故で 避難している 飯館村の 人たちが 帰宅 できるのは 早くとも 18ヶ月後 と 予想した

もちろん 他の地域は もっと 早く 帰れる はず であるが 田村市が 初めてで やっと という 感


避難指示地域 解除の 根拠 として 使った のが 環境庁が 決めた 以下の表の 放射線 被ばくの 基準


    n12aIMG_0001.jpg


この基準は  IAEAで決めた 20 mSv ~ 100 mSv から 安全を見て 最も低い 20 mSv に 決めた という

IAEAの 基本は 被ばくは 少ないに 越したことはない という考え だが あまり 低いと その地の 自然放射能と 変わらなくなってくる

実際 ブラジルや インドの 一部の 地域では 自然放射能 が 20mSv/y を 超えている 場所が ある

日本の 地面付近の 自然放射能 は 平均 1mSv/y 位 であるが 食べ物 から 及び 宇宙線を 含めると 3mSv/y

ただし これは平均の値 なので 場所 によっては 10mSv/y になる 場所も ある    そんなのより 更に

病院で CTスキャン を 一回 受けると 10mSv は被ばくする

言いたいことは 帰還に 際して 放射能を 怖がる ことはない !  と いうこと


ああ それなのに それなのに ・ ・

放射能の 危険性 を 相変わらず これでもか と 説く アホな 政治家 が いる

政治家の 使命は 事故を 防ぐために これから 何をすべき か を 考えること

危ないから 反対 は 分かる  でも そのために どうする が ないと ただの 騒ぎ屋

永久に 責任ある 為政者に なれない  え ? もう 責任 取るのは こりごり ?  分かる 分かる

でも せめて 避難している人たち が 安心して ふるさとへ 帰れる ような 応援を して ! !


直接 言っても おそらく 聞いてくれない ので 完全に 無視した 態度 で 目の前を 通り過ぎました



d01IMG_9314.jpg












避難解除

原発の 再稼働なんて もってのほか !

被災者の 心を 察したことがあるのか !    

今だに どれだけの人々が 避難生活を強いられているか 知っているのか !


確かに 避難している人が 故郷に帰っていない 状態では 原発事故が 終息した とは 言えない 

一刻も 早い 帰還を 望む と共に 協力できることは このブログ からも 発信したい

一昨年 11月の 帰宅 居住 に掛る 規制区域は 以下の通り



 n11aIMG.jpg
   n12aIMG_0001.jpg



当該範囲は 当初 原発より20km 圏内を 警戒区域として 避難を 求めたが 

その後 被ばくが 年間 20mSv を 超える恐れが あるかどうかで 帰宅困難地域 居住困難地域 を 決めている

20km 圏内でも 被ばくが 20mSv を 下回る予測がある所は グリーンの 避難指示解除準備区域 となっている



こうして見ると 帰宅にあたって 深刻なのは  大熊町 双葉町 浪江町 飯館村 南相馬市の山間部 あたり

なんとか 早く 帰宅できない ものか

規制区域は 放射能の状態により 漸次 見直されているが 

以下に  平成24年11月30日 と 平成25年8月8日の 規制区域図 を 示す
 
警戒区域 や 計画的避難準備区域 の表示 が 消え 三つの 規制区域 に 整理されている

なんだか 8ヶ月経っても 変わり映え が しないね  

これまでの 避難準備区域 (放射能のレベルを測ってない所) を やっと測って 規制区域を 増やした という感じ

私が 期待しているのは 放射能は だんだん 少なくなるんだから 帰宅困難地域 も 小さく 変化していくこと

なんだが ・・



   n15aIMG.jpg    n14aIMG_0002a.jpg


実際の 放射能の 状況は 一体 どうなっているんだ !  ネットで調べてみる

各地の 放射線モニタリング状況 は リアルタイムも 含めて 数多く 掲載されている

しかし 各地点の データ羅列 では その地域が どういう状況 なのか 分かりにくい

いろいろ探して 航空機による 放射線測定した 文献を 見つけた 

  避難指示区域における航空機モニタリングの測定結果について

  http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/8000/7480/24/362_0513_11.pdf

これに よれば 各地点の 放射線レベル が 一目で 見渡せる


n16anIMG.jpg



もう一つ 有用なデータは これまで 何回か実施した 航空機による測定値 を 比較したもの

これによれば 避難区域各地 の 放射線量の 平均値 として 16ヶ月で 約40% 減少している ことが 分かる

大まかに 推定すると 避難区域の 放射能は 約20ヶ月の 半減期で 減衰してる と言える

もちろん 放射性物質の 物理的半減期も 寄与しているが 寄与が大きいのは 雨などによる 拡散 移動 が要因
 


   n17anIMG_0001a.jpg



事故で ふり撒かれた 放射能が 減衰している ということは いつかは 避難解除レベル になり

帰宅できる ということ

では これから 飯館村が いつごろ 避難解除区域のレベル になるか 予想してみよう

現在の 放射線レベルは 上図より 薄緑と黄色 すなわち 1.9 μSv/h ~ 9.5 μSv/h

避難解除になる 放射線レベルは 年間 20 mSv  これを μSv/h になおすと 3.8 μSv/h

  その計算仮定  

  16 時間 は屋外に居る 8時間は40%の遮蔽効果がある屋内に居ると想定

  ( 3.8 × 16 時間 + 3.8 × 8 時間 × 0.4 ) × 365 日 =  年間 20 mSv



半減期 20ヶ月として 単純に 9.5 μSv/h が 3.8 μSv/h に 減衰する 時間(ヶ月) を 求めよう

 9.5 × EXP [ - (ln2/20) t ] = 3.8  より 

 t = だいたいの所 28 くらい

計算は 途中で 対数グラフを 見たので 誤差は あると思うが  結論 を 言えば

あと 28ヶ月 経てば 飯館村の 9.5 μSv/h の地 も 避難解除レベル の 3.8 μSv/h に 減衰する



データは 平成25年3月だから   んー 帰れるのは あと 18ヶ月も かかるのか  

村人の ため息が 聞こえて きそう

現在の 帰宅困難区域は 少なくとも 5年は 継続される ようで 

帰還のための 状況把握は 政府も 私も ほぼ同じ といえる



しかし 私は なんとか 少しでも早く 帰宅できないか と思っている 

ここまで書いてる事実に もちろん 疑問点 問題点も あるので それらを 検討しながら いろいろ提案したい

これについては 長くなるので 次回以降 に ・









 



事故の検証

原発に 関して 再稼働する かどうか 脱原発に どういう方法で 臨むか が 話題 だが

原発事故の 原因が 完全に 解明されてないのに 原発を動かす 算段を しているのは けしからん という声が ある

確かに 三年も経つのに 原子炉内の状況は よく分かってない 具体的な 破損の場所も 特定されていない

事故により 環境へ放出された 放射性物質の影響も 未だ 残っており 収束・集束は しているものの 終息には 程遠い



しかし 破損状況を 詳細に 把握するには 丁寧に 状況保存しながら 放射能に汚染された物質を 取り出し 

更に 被ばくに注意しながら 調査しなくては ならぬ

単純に 撤去する廃炉作業 よりも はるかに 困難 ひょっとしたら 100年も 時間が かかるかもしれない



原発反対派の 人は 理由は なんでもよい とにかく 再稼働を 阻止するための 手段が あれば ・ と 思ってる ?

そんなことは ない ! 被害状況が 分かれば 新たな 事故原因が 判明する かもしれぬ 

状況を 正確に 見分しておかなければ 我々の 不安は 消えることはない ・ と 言う ?



しかし 100年後に 「 ここの部分が 13 mm 破損してました 事故時に無理な力が集中したようです 」 と 聞いて

不安が 払拭しますか ?  その間は ずっと 不安中ですか ?  その時 不安を感じなかったら 再稼働OK ですか ?

事故が 完全に 解明するまで 再稼働するな ! という 意見は 結局 単純な 原発反対! としか 聞こえない



現実的な 対応として 原発反対の人も 賛成の人も 今の時点の 検証レベルで その対応を しなくてはならない

今回の 原発事故については これまで 4つの 事故調査委員会が 設立され それなりの報告が すでに 成されている


  国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会

  政府 東京電力福島原子力発電所における事故・調査検証委員会

  民間 福島原発事故独立検証委員会

  東電 福島原子力事故調査委員会


原発事故の様子を 詳細に 知りたい人は これらの報告書を 参照すればよい  のであるが ・・

そもそも 委員会の 報告書なるものは 読むのに とてつもなく エネルギーが 要る 

誰からも 突っ込まれないよう バカ正確な 用語を 使用してるし 文章も 淡々として 文学的表現 には 程遠い 

私の ブログ みたいに 時に ボケ ツッコミ が あったり !! の 感嘆文が あれば 読む気も 起きるが ・

おまけに それぞれの 委員会は 調査する主体により 調査方針が 違う 

少なくとも 自分の方には 火種が 来ないよう 今後の 立場が 有利に なるよう

  国会は 原子力政策を どうにかしたい  政府は 組織体制や 避難指示に 役立てたい

  民間は 政府 東電の 責任を 追究したい  東電は 事故防止の 施策を 推進したい



4つの 事故調査委員会の報告書 について 要点を まとめ 比較 評価している 文献が ある

 福島第一原発事故と4つの事故調査委員会

 ( 
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3526040_po_0756.pdf?contentNo=1 )


筆者は 経済産業省の 調査室 なので やや 政府寄りかな と 思ったが 

歪曲や 批判せずに 淡々と 内容を 述べているのは 信頼感が 持てる

特に 事故時の 組織の対応 事象の 移り変わり など 事実は どうだったか についての 記載が 

4つの 調査委員会を 比較して 述べてあるので 非常に 分かりやすい

原発賛成の 人も 反対の 人も ぜひ 参照して 欲しい



4つの 調査報告書は 今後の提言を それぞれ まとめているが どれも 再稼働賛成 とか 反対とか は 言ってない

これから

原発反対派の 人は 報告書に示す 対策や 提言は 手に負えない ! と 具体的事例を 述べれば 

説得力が 増す かも しれない

一方 原発推進派の 人は 報告書に示す 対策や 提言を 即刻 現在の体制や 設備に 反映するよう 努力し 

その 説明責任 を 果たさなくては ならない



私の 感想では 

原子力の安全規制のための 独立した機関の 設立  津波の設定高さの見直し 

非常時 原子炉容器内の 圧力を抜く場合の フィルタベントの 追加など 

ある程度は これまでに 対応が 終了している と思う













なんとなく 小市民

原発は 日本に必要かどうか 分からないけど なんとなく不安だ

台風が来て 裏山が崩れるのも 不安だが その不安は なんとなく ユルせる ね ー

原発事故が 起きて みんな 避難しているが 自分も 被害に 巻き込まれそうな 気がして 不安だ

津波や 大雨に 被災して 何万人も亡くなったが 自分だったら たぶん 死なないと 安心している

オスプレイは そんなに ボコボコ墜落する ものではない と思うが みんなが 危ない というので 反対する

立候補者は いろいろ 公約を 言っているが そんなのカンケーない! なんとなく 顔を見て フィーリング投票する

朝 起きて 食事して 同居人と いざこざ  うっとうしいけど 家族が 居れば なんとなく 安心する 

夜 寝る時 今日も 楽しい おしゃべりが 出来たし 健康で 暖かい布団に 入れるのは なんとなく 幸せ ~



なんとなく なんとなく  

なんとなく 生きれば 気分は 楽~

いいじゃないの いまが 良ければ ・・











未来志向で

KO線で分倍河原へ そして JR線で登戸へ さらに ODAQ線で 相模大野へ

l01IMG_6572.jpgl02IMG_6573.jpgl03IMG_6574.jpg


さらに さらに 乗り換えて 中央林間  このあと DENTOSI線に 乗ろうか と思ったが 近いので ここまで


l04IMG_6579.jpgl05IMG_6580.jpgl06IMG_6582.jpg


駅近くは 繁華街だが 歩き出すと 畑が広がる  きりっと寒い空気を かき分けながら 着いたのは 町内の自治会館


l07IMG_6583.jpgl08IMG_6585.jpgl09IMG_6586.jpg


この辺 最近 なぜか よく来ている 

私のブログの 普通のシナリオ だったら ここで 演奏会をやる だろう だが 今日は 違う 



私が 会社に入った時の 上司だった方が 亡くなられた その お通夜に 参列

当然 その頃 一緒に 仕事をしていた仲間とも 会う なかには 45年ぶりに 会う 後輩も

そういえば あの頃は 恐いもの知らず みんな 希望に 満ち満ちて 仕事していた な ・

トランジスタの バイアス設定 も できない若造(私) が 福島三号機の 原子炉の 出力を測る回路を 設計してた し

GEの お手本どうり 作ったが さっぱり 動かない さて どうしたものか と 明るく 議論していた し

優秀な 技術者の集団とは とても言えなかったが 生産企画や 製造 試験部門も 協力し合って 問題を解決していた

そんな状況で 仕事をまとめ上げた 亡くなられた上司の 苦労は 大変だった のでは と 今になって 思ってる

私は どっちかというと 問題を 起こして みんなの足を 引っ張る方 だった 気がする 

人づきあいが 苦手で 会社の中で 孤立していた時も いろいろ 助け舟を 出してくれた

政府関係の団体で 高レベル放射性廃棄物 に掛る 研究をしたり 国際規格委員会 に 出席したり

その頃 違う世界で 働いた経験 広い 原子力技術の 習得は 今の 私に 大きな糧 となっている



それにしても 原子力を 取り巻く 世界は 全然 変わってきた

それは 日本で 原発事故が 起きた という事実から ある程度 仕方がないが

思うに ちょっと 真っ当な 方向ではない 気がする

自分は 何もしないで 批判ばかりする 無責任な ヤカラが あまりにも 多すぎる !

昔だって 小さな事故や 失敗は よくあった  しかし 誰も 失敗しようとして 失敗する人は いない

周りが 寄ってたかって 原因究明と 再発防止対策に 協力し 改善の 努力を した

人智と技術を 駆使すれば 事故や失敗は 必ず乗り越えられる と 皆 思っていた



人智と技術を 駆使すれば もちろん 脱原発も 必ず 出来る  そして

人智と技術を 駆使すれば より安全に 原発を 稼働することも できる



脱原発のために これまで どれだけ努力してきたか 再生可能エネルギーの 失敗例も 経験していない

原発事故 対応で より安全な 原発に 改善することは 今 やっている

少なくとも 脱原発に 時間が より多く かかる ことは 明らか

私は 科学技術の 将来に 対して 明るい 展望と 期待を 持っているので

より安全な原発を 今すぐ稼働させた上で 再生可能エネルギーの実用化 も どんどん チャレンジして欲しい

と 思っている



長々と続く お経と お焼香の列 元上司の遺影を 眺めながら 寒い イスに 座っている

あらためて 亡くなられた 先輩に 感謝 !  

そして 

発展を 願っておられた 原子力の 技術分野に これから 私は エールを 送る ・・














脱原発

昨年 元総理の 脱原発 発言を このブログで 批判したが 

最近 また この言葉が 世間を 飛び回って いるので ひとこと

そもそも 脱原発 というのを 政争の具 とするの が 間違い  

脱原発 とは 原発を やめること そのために 何をする そうなったら どうする とは 言っていない 

先の 元総理は 政治家を 辞めてるので 無責任なことを 言っても 許されるが 

これから 政治を 司ろう とする人は 否定的なことを 言ってはならない 

いきなり 結論を言うが 政治家の公約は 〇〇しません ! でなく △△を します ! でなくてはならない 



元総理が 言いたかったのは 「 総理が決断すればできる 」 ということ   そして そのために 

原発の廃棄物処理の やり方 各国の自然エネルギーの 活用状況を 調べ 脱原発のための 施策も 確認している

そういうことは 総理の時代にも 出来たことで 今さら の感 は するが ま 内容としては スジの通った 意見

ただ ひとつ 私が 批判したのは 今すぐ 原発ゼロ にすべき と 言ったこと 

今の 大部分の 政治勢力は 原発事故の 反省から みんな 脱原発という方向では 同じ 

しかし 政治家として 責任を持つためには そのために 今どうする それによる不具合に どう対処する 答えが 必要

有無を言わせず 原発ゼロ なんて 決断したら どんな事態に なるか !   分からないヤツは 政治家の資格は ない 

時間をかけて 自分が目指す方向 のための 施策を 行ない 世論の支持を 受ける努力を しなくてはならない



国民世論は 7割 が 原発反対 だよ と言う 声がある

いまだに 何万人も避難されているし 除染も続けられている現在 賛成か 反対か アンケート取れば

たぶん それは 当然の 数値だ と思う

しかし 原発 というのは 好き嫌い の 人気投票では ない 

日本の エネルギー政策を どうするのか に 絡んで 必要 不必要 が 議論されなくては ならない

原発を すぐ 止めて その結果 電気の 不自由が 発生したら それは 絶対困る という人も いるし

とりあえず 原発を 動かして その間 脱原発のための 施策を 推進しよう という人 もいる

単純に 原発反対 の世論が あるから 原発を止めよ ということには ならない



原発のリスクは どうなのか エネルギーとして 不可欠のものなのか 

詳しく理解するのは 一般人にとって 難しい

このブログで 一生懸命 やさしく説明しているが それでも納得してくれてる人は 少ないんじゃないかと思う

なんだか難しい 言葉で 時に 甘い言葉で 民衆を 欺く  業界の まわし者じゃないのー  

私を 信用してくれない 時点で 全ての 意思疎通 が ストップする

真面目に ブログを 参考にしてくれる人に 対して 私は 技術者として ウソは 言えない ので 例えば

原発は 絶対安全です とか 事故は 起こりません とは 言えない 

こういう事故の リスクがあります その確率は 裏山が崩れて 死亡する リスクより ずっと少ない と予想されます 

従って どんなに 努力しても 原発に対する なんとなく不安 な 感情 を 払拭することは 永久に 出来ない



都知事選で 脱原発 と言う言葉が 出てきたのも 

なんとなく不安 と思っている人の 共感を 集めて 票に 結び付けよう という 魂胆が 見え見え

しかし 先の 参議院選挙でも 分かる通り 反原発 の声が 一番 高かった時期でも 原発反対 議員は 全滅した

一部 東京で 間違って 当選した 青少年が居たが 彼は その後 アホさ加減が 露呈し 今や 議員としての 生命はない

税金のムダ だから 早いとこ 議員を 辞職して欲しい  ま そんなことは どーでもいいが

とにかく 批判ばかりしている人は 何にもしない人だ と 有権者は 見抜いている  また 繰り返すが

真面目に 当選を 目指すなら ○○ を やります !  という 公約を !



私が 都知事に やって 欲しいこと 

 その① 財政運営として 自治体の 模範となること

国の 借金体質の財政運営には 辟易している 自治体が 国に対して リードできること 

それは 健全な 財政の 見本を 示すこと

地方交付税を もらう必要がない 恵まれた 収入状態の 東京なら それが出来る くれぐれもムダな公共事業を無くすよう

しかし 頭の緩んだ 首長だったら 自分の 人気取り のために バラマキ行政 を やる 

「 私は 公約で 〇〇をやります と言った そのために 金を使うのは 当然だ 」 という かもしれない 

これでは 借金ばかり 増えて 子供の世代での 行政が 行き詰る  

金を 使う前に 頭を 使って 行政側の資源を 総動員して 選択と集中の 施政を 望む


 その② 来る 東京オリンピックを 成功させること  

オリンピックは ただ 選手を集めて 競技を行えばいい という ものではない  国を 変革する 一大イベント

インフラを 整備し 都市機能を 高める  政治経済に 活力を 与え 日本全体を 成長させる 

そして 人々に 感動を与え 日本人 みんなの心を 豊かにして 元気の元を 作り出す

自分の 任期中に 開催されるかどうか・ と 軽んじてはならない 

当然 公約に 入れて 2020年に 向かって 着実に 準備しなくては ならない

脱原発を 公約している方に  ぜひ 聞きたい

オリンピック 開催時 電力のピーク量は どのくらい と 予想してますか

原発を 動かさないで いろいろ施策をした として その時 電力を カバー出来る 自信が ありますかか

ピーク電力量が 供給可能な 電力量を 一瞬でも 上回ったら どういう 事態になるか 想像できますか 



え ?  それは 電力会社が考えること  だって ?    

アホ !  じゃ 脱原発 なんて 言うな !










崩壊熱

昨年末 は 忘年会 を 何回 も やった 

しかし 年が 明けたから と言って 原発事故 のことは 絶対 忘れては ならない !

あらためて あの 事故が どういうものだったのか 思い起こしてほしい

今年の 原発記事の 書き初め は 事故の 直接的原因 を 中心に 説明する



原子炉の中では ウランの核分裂が 連鎖的に 行なわれ その時 発生する 熱エネルギーを 発電などに 利用する

その結果 運転しているうちに 燃料棒の中に 核分裂に よって 生成した 不安定な 物質が 増加してくる

これらの 物質 (核分裂生成物) は 放射線 と 熱 (崩壊熱) を 発生しながら

物質特有の 時間 (半減期) を かけて 安定な物質に 変換していく

従って 原子炉が停止しても 炉内では 崩壊熱による 熱出力が 発生しており その分 冷却する 必要が ある



     o06a20110319005917.jpg


上図に 見るように その量は 福島第一原発では 5 メガワット程度であり 冷却するのは 容易

冷却ループが 正常に働いていれば また 少なくとも 冷却水に 満たされている 状態 であれば 問題はない


今回の 福島第一原発の 事故では 地震を 感知して 全ての 原子炉は 非常停止した 

しかし その後 全停電により 冷却水の 供給が ストップした ため 

崩壊熱により 冷却水が 蒸発 さらに 炉内が 数千度に 上昇し  燃料棒が メ ルトダウン 

外からの注水もうまくいかず そのため 原子炉内の圧力が高まり 原子炉容器が 破壊される 恐れが でてきた

仕方なく 手動で ベントを 開け 原子炉内の ガスを 原子炉建屋内に 放出した

その時 含まれていた 水素ガスが 原子炉建屋の中に 溜まり  建屋の 爆発に 至った


私は 今回の 原発事故の 原因を " 非常用 発電設備 が 破壊され 全停電に なったから " と 言ったが

一歩 進めた 言い方だと " 崩壊熱を 除去 できなかったから "  とも 言える

そして 汚染が 拡散された 原因は 原子炉本体の 破壊を 防ぐため 内部ガスを 建屋内に 移動させたが

水素爆発 を 予想できず 放射性物質を含む 内部ガスの 閉じ込め を 担保できなかったこと である


チェルノブイリ の 原子炉事故は 操作員の 原子炉運転ミスが 原因 

安全装置を 外す などして 非常識な 運転を したため 原子炉 が 異常に上昇し(暴走) 

その後の 対応も 不適切で 燃料棒の メルトダウン そして 原子炉本体 の 爆発 という事態に 陥ったもの

この点 原子炉停止後の 崩壊熱 により メルトダウン 内部ガスが 建屋に 移動して 建屋の爆発 に 至った

という 福島原発とは 全く 異なっている 



これまで 原発の 安全性の研究は 主として 原子炉の暴走による メルトダウン防止 に 重点が置かれてきた

原子炉の出力状況  冷却水の状況  プロセスラインの放射線レベル  温度 圧力  それに 地震計

全てを 監視し 少しでも 異常が あれば 原子炉の停止 さらに 非常用炉心冷却装置 の作動 など

何重にも 対策が 施されている  そして その各々の 機器は 多重系統で 構成され 故障に 備えている 

当然 安全装置を 人為的に 外して 運転することなど できない システムとなっている


さらに 特に 福島タイプの 原子炉は 無理に 出力を 上げようとしても 冷却水の 泡などの 影響で

出力が 押さえられる ( 反応度が低下する ) 構造上の 安全性を 有している

この他  教育された 運転員  公開されている 運転計画  定期点検の 義務 など


日本では チェルノブイリ みたいな 事故は 絶対 起こらない という 安全神話が 生まれた 所以




しかし 現実に 事故は 起きてしまった 

これまで 何十年も 安全性の 研究を してきたのに 崩壊熱による メルトダウン の シナリオが 抜けていた

これは 原子力関係 技術者は 真摯に 反省しなくてはならない

現在ある 原子炉に 対しては 例えば 非常時に原子炉の圧力を下げる際 フィルタ付きの ベントを 介する など 

今回の シナリオも 含めて 十分な 対策が 取られる と思うが

今後 予期せぬ トラブルシナリオが 発生しない という 保証は ない

最終的には 確率の少ない リスク と 考えて リスク 対応を 考慮してもらう しかないが

原子力を 司る 為政者 技術者としては リスクを 減らす あくなき 努力を し続ければ ならない



言い方が 他人事 みたいに なったので 元に 戻すが

高レベル放射性廃棄物 も 崩壊熱を もっている  

そのまま 地中に 処分すると 崩壊熱で 廃棄物を 封じ込めている ガラスや キャニスタ容器が 融けてしまう

従って 処分の前に 30年くらい 人工の施設で 冷却 貯蔵 することに なっているが 

その間 くれぐれも メルトダウン事故 が 起きないよう ・

< このための 具体的 提案も いろいろあるが 長くなるので 今のところ >


国民 みんなで " 高レベル放射性廃棄物 の処分 " にも 注目して おこう !












今年の総括 被災地と原子力

今年 一番 印象に残ったことは なんといっても 3/7 ~ 3/11 に 訪れた 東北の 被災地

南相馬市の 一面の 荒れ地に 立つ 一本松に まず ショック 

南三陸町 陸前高田市 大槌町を 回る頃は もう 言葉も 出ない  茫然自失  二年も 経って いるのに ・

山田町で 被災者の方々と お話しが 出来 一緒に 演奏できた ことが ほんの わずかの 心安め 

たとえ 微力でも ずっと 被災者の方の 支援を しなければ・と 8月の 山登りの 時に 再度 山田町を 訪問 

遅々とした 復興に 落胆するも 音楽の 絆 で 地元の人々と 交流を 深めることがで きた

そして 川俣村の 除染作業 飯館村の 放射線レベル 確認など 原発事故による 現場の 汚染状況を チェック

津波の 生々しい現場に 比べて 何という 静かな風景だろうか 恐い 恐い と みんな 逃げてしまった

全然 恐くないから みんな 帰っておいでよー と 叫びたい


原子力と放射線 に ついては 事故以来 ずっと この ブログで 叫び続けてきた

ことしの 話題は 特に 除染と 汚染水 問題 

私は  除染はする必要はない ! 汚染水は 薄めて 早く捨てろ !  と言ってきた

原発反対勢力が 選挙で 一掃され 安定政権が できた というのに 

依然として 原発 に対する 腫れ物 扱い は 改善されていない

マスコミは 上から目線の 非難ばかり 我こそは 正義の味方 気取り 

政治の方も 肝っ玉を 据えて 日本の 資源エネルギーを ちゃんとやろう! と言う 坂本竜馬は 出てこない

ずっと 言ってることは  〇〇反対 ! でなく △△をやろう !  ということ

みんなで 寄ってたかって 出る杭を 打つ のでは なく 前向きな 意見を言って 企画 推進しよう

原発 反対意見は 良し ! でも そのために 何をするの ?  目の前の問題は いつ対処するの ? 今でしょ !

来年こそ 日本の エネルギー政策 および 廃棄物などのバックエンド政策 が 軌道に乗ること を 期待して

相変わらず 少々過激で ユーモアも あって 主婦の方にも 分かりやすい  ブログの 叫び を

更新 し続けて 行くぞー ・・  エイ エイ オー ・ ! 



u01IMG_0002bb.jpg

IMG_0136.jpg
ze07IMG_0139.jpg
j28IMG_0379.jpg
ze09IMG_0214.jpgze10aIMG_0208.jpg
j12IMG_0385.jpgze03aIMG_0133.jpg
ze04IMG_0276.jpgze06IMG_0304.jpg
g15IMG_0109.jpgze05IMG_0103.jpg
ze01IMG_0324.jpgf14IMG_3088.jpg













廃棄物処分場の

前回の 高レベル放射性廃棄物の 処分場の 件

地元住人に 説明する時の 資料に " 処分場は こういう形になります " と 

以下の絵が 使われる と思う



o04a201210160029114af.jpg


しかし この絵には 前提がある

原発の 使用済み燃料は 再処理 という工程で 中の 有用な物質(プルトニウムなど) を まず 取り出す

最終的な 廃棄物は 減容化した 後 ガラスで 固め ステンレスの 容器(キャニスタ) に 封入する

すなわち この " 再処理 という工程を 経たキャニスタ " という形に 加工されたものが

最終的に 処分場に 運び込まれ 廃棄される ということになる




o03zz2012101516162407a.jpg


再処理を 行なう 施設は 現在 青森県六ケ所村に ほぼ 完成しているが まだ 稼働状態 まで 至ってない

稼働が 遅れているので 全国の 原発の 使用済み燃料は 各々の 原子炉の 脇の プールに 保管されている

この プールが 満杯になる前に なんとか 再処理を 始めなくては いけないが 

キャニスタ形状の 高レベル放射性廃棄物 も 稼働するまでは 発生しない ということになる



o05aIMG.jpg


この 再処理施設を 建設する に あたっての 研究開発 の 意味も あって 

これまで 日本の 使用済み燃料 を 英 仏 に 送り 再処理 を 依頼している 

この結果 処理された後の プルトニウムや キャニスタ に詰められた 廃棄物が 日本に 返還されており

これらは 同じ 六ケ所村の 施設に 一時保管 されている



o02IMG_0007.jpg


今回の 福島事故では おそらく 燃料の メルトダウンが 見られる これらを 取り出し 輸送する のも 大変だが

はたして こういったものを 再処理して キャニスタ形状の 廃棄物に 出来る かどうか

最悪の 場合は そのままの 形で オーバーパックし 処分する ことも 考えられる

そして 再処理施設が 永久に 稼働しなかった場合は 使用済み燃料は そのままの 形で 処分する しかない

その場合 処分場の 形は 最初に 示したものと 全く違う 絵に なるかもしれない



o01IMG_5764.jpg


高レベル放射性廃棄物 の 処分に 関しては これまで 安全性など について 研究が 行われてきた

多くは 地層の安定性 地下水の移行 など 処分後 百万年間 安全 が担保されるか の 研究である

しかし 再処理された後 の キャニスタ という条件が 変われば

また 安全性について 確認する 必要がある

事故対応と 廃炉 については 大量の 低レベル放射性廃棄物 の発生も あり 

処分についても 新たな 検討が 必要だが

とにかく 現在の 想定シナリオ すなわち 

核燃料は 原子炉で使用した後 再処理を行い 発生する 高レベル放射性廃棄物は 最終的に 地中処分 する

に 基づいた 処分場を 早期に 建設する 必要がある



d3幌延17d3幌延18d3幌延16


では 処分場は いつまで 建設すれば いいの ?   今でしょ !

いや 実は そうでも ない

少なくとも 再処理工場が 稼働しなければ キャニスタに 入れた 廃棄物は 発生しない

再処理工場が 稼働しても 使用済み燃料から 取り出した 廃棄物は かなりの 熱を 持っており

キャニスタは 約30年くらい 管理された場所で 空冷貯蔵 されなければ ならない

現在 英 仏に 再処理を 依頼して 帰って来た キャニスタ(返還固化体) が 1400本 くらい 貯蔵されているが

冷却完了まで 早いものでも あと 15年くらい かかる  従って  時間的 メド としては

そのころまでに 処分場が 完成し 搬入できれば いい   ということに なる


まだ まだ 15年も 先 ?   いや いや 一生懸命 やらないと ・  

光陰 矢の ごとし
 












廃棄物処分場

「 高レベル放射性廃棄物 の 処分 」 に ついては これまで 詳しく 説明してきた

ブログ読者の 皆さんは 以下の記事に もう一度 サラッと 目を通して 頂きたい

5分で 原子力専門家に 対しても 堂々と モノを 言える 廃棄物の 知識が 付く はず



 2012 10 16  トイレなき

 2012 10 17  最終処分場

 2012 11 17  処分場の安全性



今回 政府の 方でも 自治体の 誘致を 待つ のではなく 

政府が 処分場の適地 を 探しだし 地元を 説得して 早急に 建設を 始めるべき

という 方針が 示された


このブログで 早くやれ ! と 政治家の 尻を 叩いてきたが やっと動いてくれて 

G3 フナッシー !!  じゃなくて ・   G3 ウレシー

あとは いかに 手際よく 地元の了解を得て 処分場の建設を 進めていくか   だが ・

これが 私も 含めて みんな 頭が 痛い


必要性や 安全性 について ほとんどの 国民が 納得していた あの 成田空港 建設 だって 大変だった

今回は 環境とか 安全とか みんなが 口を出す要件が いっぱい 含まれている

地元の 議員も 道路を造ったり 文化センターを 作るなら 票になるけど あれはねー

しかし " 日本のためには 必要だが オレんとこの 近くはイヤ " というものを 作るのが 政治の仕事

ここは ゴミ処理場や 産業廃棄物処分場 を 作った 経験を 生かし 政治家の 皆さんに 頑張って 欲しい




いつもながら 言いっぱなし には しない のが 私の信条   私なりの 提案を する


処分場立地を 決定して 地元の納得を 得る 手段として これまでのような 地元説明会は 止める

限られた時間で 説明や 意見聴取しても 強引な運営と 怒号の中の 不毛な会議 になるだけ


そこで 提案するのは  

地元住民 全員に 対して 住民投票に 匹敵する 文書による 意見交流を 行う

まず 当局から 地元住人(選挙人名簿)全員に 処分場建設に 関する 説明書を 送る 

もちろん 説明内容は 一般の 住民が 分かりやすいよう アンケートなども 含めて 誰でも 返事しやすいよう・

それらの 質問意見などは 郵送で 送り返して もらうようにする

そして 質問意見に対しては 丁寧に 文書で 回答する 当然 質問意見が 10万件 あれば 各々 全部 回答する

そんな 大変なことが 出来るかって ?  やるんです !

そのくらいの 意気込みが ないと 住民は 相手にしてくれない 処理場なんて 絶対 出来っこない !




10万人の 回答書を 作成する 方法として 

回答の ヒナ形を あらかじめ 100件ほど 作成し  それらを 組み合わせたり 加筆 修正 すれば

それほど 膨大な 手間は かからない


では 回答の ヒナ形の 例を 


「 そんな 危ないものを 持ち込んで もし なんか あったら どーすんだ 処分場は とにかく 反対 」

当初 お送りした 説明書に 示すように 処分場の 安全性について 将来人間や 環境に 及ぼす 影響は 現段階の 評価でも きわめて 低い リスクです 万一 100年後に リスクが 増大する ようになっても その時の 対処も 容易だと 予想されます  私たちは 日本国にある 危ないもの(すなわち 放射性廃棄物)を 不安定な 貯蔵状態から 一刻も早く 安心できる処分場に 移すべく 努力しています ぜひ ご協力を お願いします


「 処分場が 出来ても 地元には 何の メリットもない 風評被害 だけだ 反対 」

確かに 原発みたいに 建設 雇用など 地元の 産業の 活性化には 結びつかない と思います しかし 地下施設ですので その地域の 風致保全には 寄与すると 思われます 処分場の外観は 広い 公園の 真ん中に 小さな 搬入・管理棟が ぽつんと あるだけ ですので 他の 原子力施設に比べても 風評が 発生する確率は 低い と予想されます 今の日本に 絶対必要な 処分場を 受け入れてくれる 自治体には 当然 財政的な 支援の 増加が あると 思います 


「 原発が あるかぎり 廃棄物は 発生 し続ける 今ある分は しょうがないが 原発は 廃絶せよ 」

国民が 豊かに 生活できるよう 私たちも 努力しています 安くて 安定している 電気は そのために 必須です が 今の日本では 石油 天然ガスに 依存していて 資源枯渇 国際セキュリティ の面からも 不安定な 状況です
これらの 不安を 解消するために 自然エネルギーによる 発電を 推進していますが まだ 十分ではありません 私たちは 現状の不安に 対処しながら 最終的には 原発に 頼らない エネルギー政策を 目指しています


「 処分場って よく 分かりませんが 放射能は もう こりごり そばに 来ないで 欲しい 」

お送りした 説明資料にも ありますが 放射能や 放射線は 身のまわりに すでに 普通に 存在します 食べ物や 土の中 あなたの 体の中にも 存在します もちろん 弱い放射線は 身体に 悪影響は ありません ラドン温泉など 適度な 放射線は 良い影響がある とも 言われています 強い放射線でも X線検査や CT検査などで 私たちは うまく 使っています 放射線と いうのは そんなに 怖いものでは ありません ほんの 少しでも 理解すれば 安心できる と思います   


「 地球上から 核を廃絶せよ ! 電気が足りなければ それなりに 暮らせば 良いではないか 」

日本は 原子力の利用は 平和目的に 限定しています 核兵器は 廃絶すべきですが 私たちに 利益をもたらす 原子力の利用は 推進すべきだ と 国民の皆様の 了解を得た上で これまで 50年以上も 努力を 続けてきました 人は 何人も より良い暮らしを する 権利があり 政府により 勝手に 制限することは できません みなさんの 望みが 叶うよう 最大限 努力することが 私たちの 使命 と考えます


「 原発事故で いまだに 何万人も避難している 少なくとも 避難が解除され 除染や 地元復興が 完了するまで  原子力は 封印せよ ! 」

広島長崎は 原爆で大被害を受けましたが その後については 短時間のうちに 町が復興した 実績があります 今では 汚染による被ばく 農水産物の含有放射能 は 風評にすら なっていません 現在の避難は 可能な限り被ばく量を減らす という 安全を充分考慮した考えで 行なわれています 近いうちに 必ず避難は 解除されると思います 政治は 目前の問題に 確実に対処する および 将来の目標の実現に努力する いずれにも 目を逸らすことなく 同時に 進めて いかなくては なりません 避難されている人が 一刻も早く帰れるよう あらゆる分野で 不断の努力をしたい と思っています 



回答例は いくらでも 書ける 

よく見ると 内容は これまで 私が ブログで 叫んでいることと ほとんど 同じ

私だって 一人で もう 2500件以上の ブログ記事を 書いてきた

10万人への 丁寧な 説明 なんて 官僚の 何十人かで 頑張れば 絶対 できる !


説明を 受ける方も 紙で 書けば バカヤロー なんて 罵詈雑言は 書けない

冷静に 意見交換が 出来る  

もちろん 意見の違いは ある それは あたり前

誠意を持って 論理的に相手と 話し合うことが 一番大事

意思疎通 が はかれる

たとえ 最終的に 100% の 納得が 得られなくても

その努力こそ 民主国家    そして 

処分場 の 実現 に 必要





とにかく !  

まず 処分場の 候補地を 決めて !   丁寧な 地元説明 から !   

すぐ 始めよう !












スパイと原子力

スパイ というと なんとなく 古臭い そして 悪人の イメージ

この際 秘密諜報員 と 呼ぼう そう 007の ジェームスボンド か ルパン三世 みたいな ・

カッコ よくて  女に もてて  不正を 暴き  悪い 奴を 懲らしめる




さて これから 話すことは 特定秘密保護法 に 触れる かもしれない

逮捕者 第一号 と なったら 不名誉な 有名人に なり得る ので 

あくまでも ・

以下は スパイ映画 の ストーリーを 立案している 途中の 原稿 でーす




むかし むかしの こと じゃった ・ When I was young

たしか 福島三号機(そう アノ原発じゃ) の 建設に 向け 機器開発 に 邁進して おった ころ

私が 担当したのは 原子炉の 中性子レベルを 測定し 出力を 監視する 装置

検出器と プリアンプ 測定回路 を 組み合わせて いろいろ 実験を 行った

ところが 実験が 終わった後 いつのまにか 使用した 検出器が 行方不明に なった

検出器は 原子炉内部の 測定用で 内部には ウラン が コーティング されている

簡単に 廃棄も できない はずだが ・




それと 今は むかし ・ In the year 1973   

福島三号機の 機器の 出荷が ほぼ 完了したころ

取扱説明書を やっと 書き終えた 段階で  そのコピーが 一式 すべて 行方不明に なって しまった

取扱説明書 の 内容は お手本である GE社マニュアル の 翻訳 みたいな ものだが 

回路図 や パーツリストも 含まれている   設備の 調整方法 管理の仕方 なども

見つからないので 仕方なく 再度 コピーを 作成したが

その後 どこかの 反原発の人 だったか 

" 取説を 見たが まったく GEの コピー翻訳で 技術が 感じられない ! " と 言ってた ような

でも なんとか 自力で 原子炉を 運転しよう と 思っている人 ( 又は国 ) だったら 

原発の 心臓部  原子炉の 監視と 制御  を 学習するには 最適の 資料

今も どこかで 案外 役に 立ってる かも




これも いずれの 御時にか ・  Long long ago

私も 担当して 納入した 臨界警報装置 が 某事業所で 夜中 アラームを 発したことが あった

事業所側は " 臨界なんか 起きてないので 装置の誤動作だ " というが 調べても その原因が 分からない

結局 無理やり 外来ノイズによる 誤動作  という理由を 付けて 泣く泣く 決着 

しかし 私は 今でも 装置に 異常は なかった と思っている

あの装置は 3本の 検出器群のうち 2本以上が 同時に 作動しないと アラームは 出ない

各々の 検出器は 落雷に 匹敵する ノイズ試験 を やっても 誤動作しない ほど 耐ノイズ性が ある

従って あのアラームは 誰か 放射性物質を 持って 検出器群の前を 横切ったのが 原因 !  

すなわち 正常な動作  絶対 間違いない !  

アラームが 出た時は 総員退避 だから 事業所外に 物質を 持ち出すのも フリーパス だし

ただ 内部に その道に 通じていた人が いたかどうか  証拠も ないし  

真相は いまも 謎




原発反対 と 大声を 出している 団体 には 昔 原子力に 関わっていた人も 多い 

先日 TVで 垣間 見たが

プルトニウム が 含まれる MOX燃料 の 輸送経路 や 搬入期日を 一生懸命 調べている

その理由は  一般道路を 通るので 皆に 危険が 及ぶ 恐れが ある ということ だが

少し 知識の ある人 だったら 燃料輸送が それほど リスクが あるとは 思わない

しかし 輸送の 詳細工程が 公になれば その過程で 燃料が紛失する リスクは 大いにある とも 思う

いったい 何を 考えているのか

反原発団体 は " 政府は 都合の悪い 情報は 隠す ! "  と 特定秘密保護法 には 反対   しかし

彼らが 集めた 情報も 自分たちの 都合の悪い ことは 隠す  当然 といえば 当然  同じ穴の ムジナ




これは それほど 昔の話 では ない  

このブログで 私が 結果的に テロリストに 教えた JCO式 核爆弾

原理・構造は 簡単 低濃度ウラン溶液を 容器 に入れ ステンレスの バケツで 水を加えれば 爆発する

キノコ雲も 出ないし 熱線の 威力も 小さい が  なんといっても 核爆発 

瞬時であるが 強力な 放射線が 出て 周りは 被ばくする そして 核分裂に伴う 放射能汚染物質も 発生する

日枝神社の裏に 安アパートを 借りて 爆発させれば 国会議員全部を 含めて 何十万人が 被ばくする

お台場沖の 船の上で 爆発させれば 海が 汚染され 東京湾は 封鎖される

これが マスコミに 乗って 世界中に 配信されれば  日本の 損失は 計り知れない  

すなわち テロ効果 満点

 


で 低濃度の ウラン溶液を どうやって 手に入れるか? だって ?

それを 言ったら もー 明日にでも 誰か テロを やりかねないので 言わな~い

ただ 日本に 山ほどいる スパイ すなわち 秘密諜報員 に とっては 

それほど 困難な ことでは ない




ここまで 書いて 

どうも スパイ映画の ストーリーとしては あまり さえない コンテンツ だと 気付いた

美人で セクシーな 女の子 も 登場しないし ね

かくなる上は 企画変更   

秘密諜報員 でなく 秘密のアッコちゃん の スジ に

テクマクマヤコン テクマクマヤコン 私は スパイ バスター に へ ん し ー ん ・・

特定秘密保護法 でも 守りきれない 核開発に 結びつく日本の 技術を 漏えいさせる 悪人の 大将 を

天に代わって おしおき よー   と 言って 退治する のでした   



   











秘密保護と原子力

特定秘密保護法案が すったもんだの末 成立した 

政府としては 反対の声は あるものの " 国民の大部分は その必要性を感じている " と みなした と思われる

だいたい 全体主義の 国は もちろん 民主国家も 含めて  政府機関に 情報を 管理する 部署が ない 

という国は ほとんどない  日本は この点 おかしい

外交や 経済政策など 世界に 向かって 話しを する時は 国家の 情報を 管理しておくことが 絶対 必要 

なんでも ペラペラ 人に 喋る ヤツは 世界中 誰も 友達に なってくれない



問題は その運用法  

国の情報は 基本的に 公開  報道の 自由  思想 信条の 自由  は あるものの 

国益に反する言動は 制限したい また プライバシーの 保護  不当な 差別  公序良俗を害する 事態も 

要するに 何を 秘密にするか は その 具体例に 対して 各々に 対処する しかない

これは その時点の 政府方針 周りの 状況 世論の動向など により 変わり得る

具体事例を 予想する ことは 非常に 難しい  

結論を 言えば この法が あっても なくても あまり 関係ない とも いえる




反対の 理由に 原発や 放射能に関する 情報が 隠される という声が ある

 原発事故 直後の 状況を アメリカには 伝達しているが 国内では 公表していない

 その時 国民に 知らしておけば すぐ避難できて 無駄な 被ばくは 避けられた 


確かに 事実は そうであるが 

あの時は 事故後の 非常時対応  現状 どうなってるか  何が 正しいかも 判断が 難しい 状況  

安全第一だが 国民を パニックに 陥らせないことも 考えた のかも しれない  

秘密保護などの 考えは 毛頭 なかったはず  




こういった 文句は 原発反対派 に 多い 

原発は 廃絶せよ と言いながら 廃炉に 必要な 放射性廃棄物の 処分場建設 にも 反対する 

すなわち 政府のやること なんでも反対する 過失責任が あるから 補償金 上乗せせよ としか 聞こえない

実際は どうだったかというと 一週間くらい遅れて 被ばくの恐れがある という情報が 発せられた 

そして 被ばく防止のため 避難指示が 出たが 環境の 変化などの 影響で 数百人の お年寄りが 亡くなった  

避難せず 留まっていたら 被ばくしても おそらく 何の影響もなく 生きられたのに



原子力 について 言えば もう50年前から 官民挙げて 開発研究して きているので 

国民が 何か知ろう と 思えば 出来ないことは あまり 無い 

むしろ このブログでも そうだが 一生懸命 説明しているのに 分かってくれない ことの方が 多い

 そんな 難しいことを 言われてもねー  

 絶対安全と 言われないと 不安だがにゃ  

 ま なんとなく 恐いね





原発の 構造や 技術 放射線の基礎 などは ちょっと 勉強すれば 普通の人は すぐ 理解できる

原発の 運転予定 身のまわりの 放射線の量なども ネットで 調べれば 大方 公開されている

国民の 知りたいこと は " それで 安全が 担保できるだろうか " という疑問の 答え だと 思うが

知る権利を! と 叫んでいる人に それが 分かるような人は まず いない 分かろう と 努力も していない !

自分が 分からないこと を " 隠してるー " と 叫ぶ  すなわち なんでも叫びたい人 なんだ



原子力に 長年 携わってきた 私から 言わせると 法律は 別にして 秘密に したいことは ある

それは テロ対策 と スパイ対策

テロ対策 としては 現在 原発の 警備体制 などが 秘密に なってる らしいが 

もう少し 現実的に テロを やる側に 立って??  防止策を 考えて 欲しい

 オーソドックスには 爆弾テロ だが 直接 原子炉を 破壊するのは 難しいし 効果も 薄い 

 武装して 制御室へ侵入し 人質を取って 原子炉を 暴走させる のが一番だが これも ちょっと 大変だな

 そうだ 今回 いい方法を 思いついた   地震と 津波が 破壊したところを 狙えば いいんだから ・

 原発用送電塔 と 敷地端にある 非常用電源棟 の 二ヶ所に 爆弾を 仕掛けよう


(今回の事故で 全停電の際も 原子炉が暴走しない施策が 取られるので テロリストの方 お諦め下さい)



スパイ対策 としては 私も 懸念することが たくさんある

特に 核兵器への転用 に係る 技術や 原材料 など

直接 原爆の 材料になる プルトニウムは 今 日本の 何カ所かに 保管されている

IAEA も 含めて 厳重な 保管管理が 行われているが それでも 入荷 出荷 など 移動や 量の変動が ありうる

それらを 保管したり 輸送や 取扱い  係わる 業者の 幹部に スパイ が 居れば ・

プルトニウムを ひそかに 隣国へ 横流しする こと など いとも 簡単

以前 放射線 監視装置を 納入した 研究所や 事業団にも 研究生として 外国人も たくさん 見かけたし 

幹部の 中にも この人は ひょっとして ?  と 思われる人も 何人か



申しわけありません !  ほとんどの人は 真面目です  でも 疑いだしたら キリがない  

スパイ対策 については 国家安全保障委員会で 慎重に 考えて 欲しいね


今回の 特定秘密保護法 は 

秘密を 知る立場の人 ( 特に公務員 ) が 秘密を 洩らした場合の 罰則を 定めたもの

スパイ防止 に対しては あまり 効力はない


これから


日本の 原子力技術が 第三国の 核開発に 転用されない か どうか   そして

特定秘密保護法 が 国民の 知る権利 を 制限していない か どうか   


みんなで 注意深く 監視しておく 必要が ある












人生はいろいろ

先日 亡くなった 歌手の S倉千代子さん の 歌 では ない

最近 なにかと 物議を 醸している アノ 元首相   今日は 彼に もの申す


「 廃棄物処分場の メドがたたないから 原発は すぐに ゼロに すべき 」


エネルギー事情に 真面目に 取り組んでいる 私から したら 耳を 疑う

いったい わが国の 現在の エネルギー関連のリスク に対して どう考えている のだろう ・




原発分を 補てんするため 貿易収支が 赤字になるほど 支払っている 火力発電の 燃料費

自然エネルギー 買い取りなどで 電気代が 上昇する ことによる 景気低迷

中東などの 国家間紛争や 政権不安定で 輸入する 石油 天然ガスの 高騰

日本の エネルギー事情の 弱みに 付け込んだ ジャパンプレミアム そして ロシアなどの 外交攻勢


CO2 削減で 日本が ほぼ独占している LNGの輸入を 国連決議で 制限される リスク なんて 考えない?




「 将来は 原発ゼロの社会を 目指す 」 と言う 彼の 目標は 私も 賛成できる

ただ 責任ある 政府としては 現在の 問題を 一瞬であっても 無視しては いけない

解決の手段を 講じないまま 諸々のリスクが 最悪になったら それこそ 日本は 滅亡する

このリスクは 原発事故により 日本が滅亡する リスクより はるかに 高い確率




原発ゼロ と言うからには  そのための 具体的な 手段を 示さなくてはならない

彼が 言わないので 私が 言うが 


まずは 自然エネルギーに頼る 発電体制を 早急に 構築する 

そのためには 太陽光 地熱 バイオマスなど 発電機器の 性能向上と 実用化の拡大

さらに 送電網の 充実 と 真夏など 最大負荷に 対応する システムの 整備

広く考えれば 電気を 使う側での ピーク低減 省電力化 日本全体の 産業構造の 変化


しかしどれをとっても そう 一朝一夕に できる ものでは ない




個々の 自然エネルギー発電技術は 現在でも 存在する しかし 今は 発電元の 自給自足にも 達していない 状態

大規模化  すなわち 基幹エネルギーに 持っていく 技術は これから

発電された電気を 効率的に集める方法 効率的に送る方法 効率的に配分する方法 効率的に畜電する方法

安定した電圧・周波数を保つ方法 負荷変動に耐えられる機器設備 自然の条件に対処できる機器設備 など 

もちろん 既存の 変電所 周波数変換所 送電塔 電柱 トランス コンデンサ 遮断機 も 変わる必要が・




これらの 技術開発は ほとんど 民間の会社 頼み そのためには 規制緩和など 法的整備も 必要

民間で 開発する となったら 当然 政府の 考えていること 以上のことを 考える


どのくらいの 性能を 目指すか  生産量  価格  売上げ量  注入資本に対して 得られる利益は ・

品質レベルの設定 安全性の確保 そして 原材料の 調達性 製造工場の 立地 機器の 保守 メンテナンス体制

訴訟リスクは ないか 有害物質 日照権侵害 温泉枯渇 騒音 自然破壊 廃棄物処理 および 知的財産権


いくら 政府が やれー と 言ったって すぐには 出来ないのは あたりまえでしょ ! 
   



原発事故 後 自然エネルギーの 発電設備が 日本で どれだけ 増えただろうか ?

規制緩和により 発電事業が 自由化された として   参入業者 としては 

発電機器や 送電設備の 投資費用など 金がかかる分は 当然 電気料金に 上乗せする 

勝手に高くするな! と圧力が かかるだろうが それで 会社の 赤字が 続けば 事業を 撤退する しかない 


そう ならないように 努力は するが  絶対 無理 なのは 最大負荷 対策 

停電 に 対しては 停電しない 保証停電した時の 補償も できませんよ ! 

真夏の ピーク時でも 設備容量の 範囲内 しかも 天候などの条件による 能力範囲内 でしか 供給 できません

え ? 東京オリンピックの時 大丈夫か って ?   んー 猛暑日で 日本人の 金メダルが 取れそうだったら 

たぶん 全国の 電力消費が 瞬間的に 2割は 増えるので その時は 大停電に なる でしょうね・




私のブログでは 単なる 文句の 言いっぱなしと いうことはない  目標達成の ための 建設的 提案を


自然エネルギー開発 を 推進するために トップが 明確な 目標を 掲げること は よし !

そうすれば 先に掲げた 具体策の実現に 向かって 国民が 一体となって 努力する

しかし 技術開発など ほとんどは 困難で 時間が かかるもの ばかり

大事なことは 政府の責任 として その期間 深刻な 問題を 放置しては いけない ということ !  

結果 最善策は 現在の原発を 再稼働した上で 自然エネルギーの 実用化増大を はかる ということになる

え?  原発事故 の リスク ?

自然エネルギーが 見通しが着いたら その後 原発ゼロ にすれば リスク 少ない でしょ !

短い期間の 確率が低い リスクだがら 容認してね !  横浜市金沢区の人々は 理解してくれる と思うけど・




もうひとつ 提案  高レベル放射性廃棄物の 処分場は すぐに 作れ ー ! 

メドが たたない理由は 住民の 反対 ?

そういうのこそ 政治の力 本気で 取り組めば 郵政民政化 よりも はるかに 簡単

技術的には 廃棄物は 数百万年 人間の世界から 隔離される ことが 実証されている  

もちろん リスクを探せば いくらでもあるので 危険だ 安全だ と どちらでも 叫ぶことは 出来る

日本における 候補地も 「 見返りを あげるから どこかの町 立候補して ! 」 なんて 言ってるようでは

いつまでたっても 出来っこない   もう 「 ここがいい! 」 と 政府が さっさと 決める 時期 !

私が 提案するのは ・・

北海道の ある自衛隊演習地 近辺  周囲は 中国系会社の 土地取得が 増えているところ

ただ 建設にあたって 地方自治体の 原子力施設に対する タカりの構造 は 改めなければならない


原発ゼロ と 決めても  現在 高レベル放射性廃棄物は かなりの量 存在するし

医療用 工業用 それと 除染による汚染土など 低レベル放射性廃棄物 は 山ほど 存在している

放射性廃棄物は 原発が あろうが なかろうが 産業ゴミ として 将来も ずっと 発生し 続ける

この際 日本の バックエンド設備を 整備し 世界の見本に なろうよ !



  
私の 提案を 要約すると

原発ゼロを 目指すには 時間が かかり その間の 悪い影響を 放置しては いけない !

すぐに 原発を 稼働し 現在の 問題に 対処し より深刻な リスク に 備えよ ! 

その上で 原発ゼロ の施策を 推進せよ ! 

そして 現在ある 放射性廃棄物 も含めて 処分場を 早期 建設せよ !


正直な所 自然エネルギーが 原子力の 代わりになるには 膨大な 時間と 困難がある と 予想している

原子力だって 1972年の 石油ショック 対策として 「 原発を エネルギーの柱に しよう 」 と

目標を掲げてから 50年以上の 期間を 要した

原発は とりあえず 稼働するとして ・  

代替エネルギーが 整ったら 原発ゼロにする ・  なんてことは

たぶん 永久に できない ・・ かも ・・ イヤ !  予測不可能 ・・・




「 なんだ やはり お前は 原発推進派か 」 と 言われそうだが 別に 言われても 結構 !

代替が うまく いかなかったら リスクを 負ってでも 原発を 使うのが 最善の策 !

理想の 目標を 立てることは 大事  けれど 現実の 身のまわりの 問題も ほっておいては いけない

もし ・

即 原発ゼロ にして 問題が 深刻に なったら 責任のない 元首相は  どう 発言する でしょうね


  まあ 人生いろいろ 人間の考え というのは 変わるものだ

  過ちを 改むるに はばかること なかれ ・・













怖い? 放射能

放射能なんて 身のまわりに たくさんある そんなに 怖がる必要はない !

と 言ってる アンタ ! (すなわち 私のこと)

偉そうなことを 言ってるが アンタ自身は 放射能の 怖さを どー考えているんだ

きたな !  そういう 質問を 待っていた


私は 会社時代 放射線検出器を 作っていたので 放射能は 身のまわりに たくさんあった

放射線検出器の 性能検査に 使う 密封された線源 (チェッキングソース)


n99img.jpg

この 放射能の量は 代表的な Cs137 100μCi (マイクロキューリー) を 例にとると

旧単位の キューリーを 最近の ベクレルに 換算すると  100μCi は 0.0037 GBq (ギガベクレル)となる

言い方を変えると 3700000 ベクレル すなわち 370万ベクレル

これは 気軽に 手に持っていた くらいだから 怖くは なかった




怖いと 思ったのは 照射室にある 遠隔で 開閉を操作する 容器に 入った 線源

これは 1 Ci はあったので 換算すると 37GBq すなわち 370億ベクレル



今 思うと 放射能の 怖いのと 怖くないの 境目は 1億ベクレル くらい だったかな -・・

前回 言ったように 8億ベクレル あっても 放射性廃棄物と 呼ばないような 例もあるが

この位 あると ちょっと 近づきがたい  


どっちにしても リスクを 感じるのは 億単位


  タンクから 漏れた汚染水が 710 ベクレル/ℓ 

  海で Cs137 が 検出された 1.5 ベクレル/ℓ

  タンクの堰に 溜まっている 放射能は 50万 ベクレル


残念ながら このくらいでは あまり インパクトを 感じないね ー













放射性廃棄物

除染や 廃炉に からんで " 放射性廃棄物の 処理・処分 という バックエンドを 整備せよ " と 提案したが

今回 放射能の レベルが 低い廃棄物 (低レベル放射性廃棄物) に ついて 具体的に 説明する


現在 原発関連施設から 排出される 低レベル放射性廃棄物 は 以下の通り 分類され 

それぞれ 減容・固化処理 されて 地下処分 されている



n01IMG_0003.jpg


処分場は 青森県の 六ヶ所村に 1992年から Ⅰ区 Ⅱ区と 稼働している

概要を 以下に 示す



n02IMG_0006.jpg


" 除染した 土や 事故で 発生した 放射性廃棄物 も みんな ここへ 持って 行け ー !  "

と いう声が 聞こえそう だが その前 に ・


以前から 言ってるように 自然放射線など 世の中 物質の全てが 放射能の 世界

放射線を 出すものは みんな 危険な ゴミだ となったら 

あなたも 私も ゴミに なってしまう   ( もちろん そんな状態も なきにしもあらずだが ・)


2009年に国の原子力安全委員会が Cs137については 1000 Bq/kg を クリアランスレベルと 定め 

それ以下は 一般の 産業廃棄物とした

福島の事故後 環境庁では Cs137 について 100Bq/kg と 8000Bq/kgをクリアランスレベルと決めた

2種類あるのは 100Bq/kg 以下は再利用可能 8000Bq/kg 以下は 一般の 産廃施設に 廃棄可能


従って もし 産業廃棄物処分場に " ぎりぎり放射性廃棄物 "  が 100トン あったとしたら 最悪

8000×100×1000 = 8 億ベクレル の 放射能が 存在する ことになる

調べれば 日本全国ホットスポット と いうのは こういうこと !


昔は 基準が 設定されてなかったので 民間では かなり いい加減に 放射性廃棄物が 捨てられていた ようだ

病院で 使う造影剤などは 短半減期なので 捨てても すぐ無くなるが 殺菌用 とか ガスクロ用 とか ・

他にも 非破壊検査装置 とか 厚み計 水分計 とか  火災報知機や 煙突の廃棄フィルタ など 身近な ものも 



私が 昔 使っていた 放射線検出器の 試験用線源は 購入した ラジオアイソトープ協会が 引き取ってくれたが

この廃棄物 最終的に どうなったんだろう ・ ?

たしか 東海村に 埋める 処分場が あった 気がするが 今調べても よく わからない 

全国の 産業廃棄物処分場と おなじよう なるべく 目立たぬように 身を潜めている のか ・



事故後 廃棄に関する 新基準が いろいろ 示されたが どうも 国民の ウケ狙いで ヒステリック

放射性廃棄物を むやみに どこにでも 拡散させることは 望まないが 

昨今の 汚染水漏れ により もう 福島の 陸と海 全部が 汚染された と 嘆くほど のことはない


Cs137  8 億ベクレル の 放射能が あったとしても そこは 放射性廃棄物 が ある のではなく

一般の 産業廃棄物 である ということが あり得るのだ



とにかく 放射性廃棄物は ゴミだ 汚染だ と言わずに

科学的見地に 立って 現状の 放射能のレベル を 勘案して ・

クリアランス以下の 放射性廃棄物は すみやかに 一般の 産廃廃棄場に 捨てる

減容化処理などで 残った クリアランスを 超える 放射性廃棄物は 低レベル放射性廃棄物処分場に 捨てる

環境省は 今回の事故に伴う 低レベル放射性廃棄物の 処分場を 早急に 作らなければならない



家庭ごみや 産業廃棄物など バックエンドが 整備されている のが 一流の 国の 印

少なくとも ゴミ処理場や 原子力施設が 肩身の狭い 思いを しないように ・・












汚染水 の後は・

先の記事で 汚染水処理 について 提案した


汚染水処理の 基本は

ただ 溜めこむだけでなく 入ったものを 処理して その分は 出す スルーシステム としなければ ならない

そのためには 廃棄の基準を 決めて 基準に 合致したものは ただちに 廃棄することが 大事

スローガン的に 言えば

  「 汚染程度が 低いもの は そのまま 廃棄せよ 高いものは 薄めて 廃棄せよ 」



責任感のある 政治家が しゃしゃり出て 指導すれば 今の 汚染水問題は ほとんど 形が付く

キリのない タンク建設など 膨大な 金と手間を かけ続ける ことも なくなる

東電は 実効ある 復旧対策に 力を 割くことが できるようになる



あえて うがった見方を しよう

先日 タンクの 周りに 雨による 汚染水?が 溜まったので タンクに 移し入れて いたら

タンクから あふれだして 貯蔵していた 高濃度の 汚染水が 大量に 漏れ出してしまった


これ なんか おかしいよ ね

タンクに 注入している 時に どんどん あふれているのに ホントに 誰も 気が付かない ?

しかも 注入した分より はるかに 多くの もとあった 汚染水が 外に 出てしまった ? ?

あふれたにしても それが タンクの 周囲で 全く 回収されずに 全部 地下に 消えてしまった ? ? ?




結果的に タンクの 高濃度汚染水を 何万立方メートルも 地下に 捨ててしまった ことになるが


ひょっとして 確信犯 ?

 ッタク !  こんな きれいな 雨水まで 捨てちゃダメ だと?

 これじゃ いくら タンク 作ったって どーしょーも ないねー

 やっちゃ いられないよ  台風でも 来たら どーする

 指示する ヤツは 現場の 状況が わかってる のかね 

 取扱いミス ということで 捨てちゃえ!  ついでに これまで のも・

 怒られるのは 社長だが 別に クビになる わけでもなし 

 周りすべてに 謝り慣れしてるんで どーてことは ない

 

私は ( もし確信犯だったとしたら ) この 現場責任者に 拍手を 送りたい  

除染 の時も いわゆる 手抜き除染 と呼ばれて 除染物を 川に捨てたりした 奇特な 現場監督が 居たが・

作業の 効果を 体感的に覚える 現場作業員にとって 全く無意味と 思われる作業は 本当に 辛い


今 ここで 犯罪者と 呼ばれるべきは 汚染水対策に ダメだし ばかりで 効果的な 指導を しない 政治家

こういった 政治家には 少々 荒っぽくても 現場から 危機を 発信する に 限る

とにかく このまま 指示される通り やっていたら 汚染水対策は どうしようもなくなる 

現場で なんとか 時間を 稼いでいるうちに 恒久策を 自分で考えて 早く 対応に 動きなさい !!



ところで どこの 馬の骨か 分からない 爺さんに これだけ 言われると 

政治家 役人の方 少しは 反論する気に ならない かね ?

私は それを 待っている  実際 私の 言い分の中に 反論される 余地を いっぱい 残している

そこを 突っ込んで欲しい そう !  やることは いっぱい あるはず



汚染水対策 は 事故時の 対応 として 少々 荒っぽいやり方でも 躊躇せず 進めて いかなくては ならない

しかし 放射性廃棄物は 事故でなくても 日常的に 発生する そして 全てが 水に流せる ものでもない

結論を 先に 言うと   これからは 汚染水対策 という 狭い 了見 でなく

放射性廃棄物の処理処分 という 全部の 体系を きちんと 整備する ことが 最も 重要になってくる



今 除染するために 膨大な 予算を 組んでいるが 作業が ほとんど 進行してない

汚染処理土の 仮置き場が ない 最後に 持っていく 処分施設が ない  作ろうにも 反対 反対 !

原発は 廃絶 今ある 原子炉は 全て 廃炉にしろ !

言われなくても 福島第一原発は 廃炉の 予定  でも 中の 燃料棒は どこに 持っていくの・



「 高レベル放射性廃棄物の 処分場が 日本に ないから 原発は ゼロに すべき ・ 」  

と 言った アホな 昔 政治家が 居たが  まさに 本末転倒 !  

原発を 廃炉に するためには 高レベル放射性廃棄物の 処分場 を 作らなくては ならない

汚染地域の 除染の ためにも 低レベル放射性廃棄物の 処理 処分場 は たくさん 必要 なのだ

とにかく 原発に賛成 反対 に かかわらず バックエンドの整備 は 大事なこと !!


政治家や 役人の 皆さん !   活躍の場が でてきた でしょ ・  











汚染水

最近 話題の 福島の 汚染水問題

相変わらず マスコミは 東電は けしからん たるんどる と 批判 ばっかし

規制庁の お役人も 社長を 呼びつけて 汚染水漏れ について 資源を もっと つぎ込んでも なんとかしろ と



マスコミは 我こそ 正義の味方 国民の声を 代弁しているのだ と 威勢は いい
 
しかし 批判するばかりで 解決の 方向性は 示さない  では 具体的に どう 対応すれば いいの ?

そんなことは 当事者が 考えることだ !  我々は 結果が 上手く いってないから 騒いで いるんじゃー



東電だって 故意に 汚染水を 漏らしている わけではない

事故の 原子炉の 汚染拡散防止 汚染水の 浄化装置の 製作  その為の 人 モノ 金の 準備など 精いっぱい

特に 国 官庁への 報告 や 賠償金訴訟 などの 裁判対応は 後回しに 出来るように なっていない



一生懸命 頑張っているのに ダメだダメだ! と言ってるのは まさに いじめ に 他ならない

いじめ対策 では 周りの人たちが 相談に 乗るのが 解決策

寄って たかって いじめる のではなく 

我々 日本国の危機 として みんなで その解決に 知恵を 出し合ったら どうだろうか



当事者は 目の前の 対応で 大変だから 介入した 国や 官庁役人に もう少し がんばって もらいたい!

ただ イスに座って 事故の作業状況は 詳細なことでも すみやかに 報告しなさい と言ってるだけでは ダメ

最低 現場を 見なさい! タイベックスを着て 作業を 経験しなさい!  作業員の苦労が 少しは 理解できる

私は 身体を 動かすのは 不得意だ という人は 避難解除準備区域の 除染作業に 立ち会ってみなさい!

この除染作業が ホントに 役立つのか なぜ 手抜き作業を 行いたくなるのか  容易に 感じることができる 



そのうえで 頭を使って いろいろ 考えなさい !

汚染水漏れを 根本的に なくす 道筋は ? そのために 自分たちが 出来ることは ?  

え? 具体策は 専門家でないと 分からない?   そんな 保身の 言い訳 でなく !

じゃ 専門家に 聞いて すぐ 自分の意見を 言いなさい !



モー 面倒だから 私から 言う  

汚染水対策の 最大の 問題点は ただ溜めこんでいるだけ ということ !

雨水や 地下から 入ってくる 水 そして 汚染除物去済みの 水 まで 

すべて 溜めこんでいて は いずれ 破たんすることは あきらか  

今の 現場の 雰囲気は " そんなこと やっちゃいられないよー "   では なかろうか ・  

入ってくる分は 出ていく スルーシステム としなくては ならない

タンクなどは 一時的に 保管する ためのもの しかも 中身は 常に 減容化 しなければ ならない



このブログで 前から言ってる 解決策  「 低レベルの 汚染水は 水で薄めて 海に捨てなさい 」  

放射線障害防止法 による 施設からの 放射能 放出基準以下の 濃度に すれば 

世界で 最も厳しい 我が国の 法規にも 抵触しない  文句 言ってる 周囲の国が アホに 見える

実際 山に 降り積もった 汚染物質は 雨で どんどん 地下や 川に 流れ 除染され 続けている

広島 長崎の 例で 見るように 最も 効果的な 除染方法は 雨水で 洗い流される ことなのだ



私は 真面目に 提案してる つもりだが " そんな暴言を吐くと ブログ炎上するよ " と よく言われる

それなら もっと 別の 言い方で ・  

アノ 何にも 考えない お役人 アンタでも 仕事で この位は 言えるよね・!

  あの タンクの周りに 溜まった水 37ベクレル/ℓ だってね  こりゃ 飲料水レベル

  そんなのは 汚染水と呼ばない  タンクに 入れずに 雨水溝に 捨てなさい

  以前から 溜めこんでいる 地下の 貯留漕の 水も 放射能は 充分低いから 順次 海に捨てなさい

  今後 溜めこむ水は 地下の 貯水槽とし タンクの 新規建設を する必要は ありません



そうは いっても 国民世論が・  汚染を まき散らすのか !  と 怒りますし ね  

マスコミから 叩かれると 私の 立場も ・

風評防止 の 上からも 今は 誰からも 文句を 言われないような 確実な対応を 望みたい のですが・

え 風評防止 ?  

そんな 対応を するから かえって 放射能は怖い という 風評が 増幅するんじゃ ないのかね !

そもそも 風評を 撲滅するのは お役人の 仕事  

魚を 輸入禁止している どっかの アホな国に 「 科学的根拠 を もって 判断して ほしい 」  

そう !  風評を 狂信している 我が (一部の) 国民に 対しても 同じことを 言って !!



環境省は 科学的根拠を もとに 放射能(線) に かかる 正しい教宣を 実施し 関連法規を 整備して欲しい

環境放射線は どのくらい あるの?  ラドン カリなど 身のまわりの 放射線は?  野菜 土壌の 放射線は?

放射性物質の 排出基準も 現在の 施設からの放出基準 すなわち 経済産業省 所管の 法令でなく 

環境省として あるべき姿 の 基準を 定めて欲しい  ダイオキシンや 火山性亜硫酸ガス みたいに

法令が 難しいなら 政府指針 みたいなもの でもよい  

なにか 決まったものが あれば  賢明な 我が国民は 風評に 踊らされる ことはない

  放射能 というのは 案外 身のまわりに 存在するね  

  絶対 あってはならない! ような ものでは なさそうだ



誰とは 言わないが  アホな 新人議員が 言ってた  

  みなさん !  野菜の 許容 残留放射能レベルは 100ベクレル/kg です

  この値は 放射性廃棄物 と 同じです こんな ことが 許せますか



私は もちろん 許せます !  

最近 放射能に 汚染されたものは やたら きれいですから ・ 









 






ヒマな時に・

たかねの 別宅に 子供たちが 遊びに来て ・ 最近 子ども について いろいろ 考えさせられる


そもそも 先の 選挙の時に 私は 頭に来ていた  

「 子どもたちを 守るために 原発を 無くしましょう ! 」

子どもを ダシにして 自分たちの 主張を するな!  

つまり 子どもと 原発の 関係とは こういうことか  

原発があると 事故が起きる → 人々が 被ばくする → 子どもは 放射能に弱いので 被害を受ける

そう いきなり 短絡するな!  子ども に 行く前に 議論すべきことは たくさんある! 

原発以外のエネルギー確保は? 事故を防ぐ努力は認められないか 事故が起きても被害を少なくする方策は?



ところで 相変わらず 大人は大丈夫だが 子どもが 放射線に 当ると 危ない と 信じている人が 多い

今でも 福島には 親だけ残り 子どもは 別の所に 避難している という 憂うべき事態が 続いている

今回の 原発事故で 少しは 正しく 理解されるか と 思ったが

もう このブログで 何度も 言ってることを  再度 声を 大きくして 言う ・・ !!!  


大人でも 子供でも 数十mSv/y くらいの 放射線レベルは 全く問題ない 

みんな すぐに故郷へ帰りなさい !



確かに 人体に 大量の 放射線が 当たると 細胞が壊れ 障害となる確率が 増大する 

特に 成長の元 すなわち 細胞分裂の核となる細胞 が 破壊された時には その障害が 顕在化する 

毛根の細胞が 破壊されて 毛が抜ける 生殖細胞が 破壊されて 不妊となる などが その代表例

ここまでは 誰も疑わない  実際 がん治療などで 放射線を 大量に受けると その症状が 現れる


そして 子どもの場合 

成長の元となる 細胞の割合が 全体に比べて 多い  外からの 病原菌や ストレス に対して 対抗性が 弱い

よって 放射線の影響を 受けやすい  

というのが定説 



しかし これこそ 頭の中で 考えただけの推論で 実証された ものではない

突然変異や 奇形発生の 動植物実験は 確実に 障害が起きるレベルの 放射線を当てて 行なうもので

数十mSv 程度では 変異が 起きること自体 確認されていない 

この程度では 人間に備わっている 細胞破壊の 修復機能が 働くはずだが その効果の程度も 解明されていない

私の予想では 少量の放射線は 身体に有益と 考える  ホルミシス効果 ラドン温泉の効用 など 

あるいは ワクチンみたいに 少しは ストレスを 経験した方が 身体に 良い影響を残す のでは と 思っている


そんなことはない ! チェルノブイリで 多くの 子どもたちが 甲状腺がんに なっている 話を 聞いた・・ 

確かに ・ 私も 手術で 甲状腺を 摘出された 痛々しい 子供の 写真を 見たことがある 


しかし この事実には 多くの疑問が 提議されているのも 事実 

チェルノブイリでは 事故による 直接の 被害状況は ある程度 はっきりしているが

低レベル放射線による 健康に対する影響 は まったく調査されていない

IAEA に おいても 

事故後 放射線による 障害者の 有意な増加に 関して 有用な 疫学的調査は なされていない

と 言っている

確かに 近くに核実験場もあるのに 事故以前の被ばく状況や 障害発生の調査も行われていない

事故後 障害のありそうな患者を探しだし 百万人の人口で10人患者を見つけた と言っても

放射線被ばくと 障害発生の 因果関係 が 実証された ことには ならない



では あの かわいそうな チェルノブイリ少年の 真相は・ ( ここから私の推測だが ) 

どっかの 医学チームの 売名行為

とにかく 子どもたちの 咽頭に 放射線検出器を 当て レベルが 高かったら

将来 必ず がんになる と みなし すぐに 手術して 甲状腺を 摘出する

10人くらい 手術して マスコミに 発表する 

住民を 支援している 姿勢を 見せる


甲状腺を摘出すると 成長障害を 起こす

放射線による がん発生には 4、5年の 期間が ある 

その間に 薬による 放射性ヨウ素の 排出治療 を 行う

この位の 知識は 医学チームには あったはずだが ・  被害者は 別の 国の 話 だし・



では 低レベル放射線で 子供が危ない という 実証例は 本当に 世界中 どこにも ないの ?


我々の 子供時代は ビキニ核実験により 全国民が 数十mSv 位 被ばくした はずだが

その時代は 影響調査 どころか 多くの人の 被ばく量を 測定する方法も なかった

ま 我々 団塊の世代に 現在 特に 放射線障害者が 見られない ということは

子どもが 特に弱い ということは ない  という 実証に なるかな・  と 私は 思っているが


実証データとしては 世界中で たくさん発表されているが いずれも 確証が得られない のが 現実

もちろん リタイアしてる私は 最新情報を 確実に 掴んでいるか 自信は ないが ・ 


恐らく 今でも 以下の程度か ・


100mSv以下の 線量を 浴びた場合 障害が 発生する恐れ は あるかもしれないし ないかもしれない

自然放射線の下で 医療用 放射線被ばく 食品による 被ばくなど 被ばく量の 正確な 把握は 非常に 困難




これを 受けて 日本政府の立場  避難や 復興を 指示する 行政としては


障害が 発生する かもしれない ということは それを理由に 国家への 訴訟が 発生する ということだ

裁判所は 例え グレーであっても 訴訟者 寄り  可能性が あれば 放射線障害者 として 認定する

全国民に賠償することを 避けるためにも 我々は 極力 低いレベルで 避難解除を 指示しなくてはならない



一方 母親の立場としては  実証データなんか 関係ない !  

アタシゃ 子どもは 放射線が危ない という噂(うわさ)が 少しでも あれば 

たとえ 徒労に終わる かもしれなくても 念のため 自分の子どもを 守る 方法を 取るね !



そーいうことに 話が なると 私が これまで言ったことが 全て ムダになってしまう ・・( 泣き )


まぁ 政府に対しては これからも 言いたいことを 言って いきますがね ー

母親の皆さんは 最後に これだけは 聞いて くださいね ー


子どもに 対する 放射線の 危険性は あるかもしれないし ないかもしれない 程度です

これに対して 過度に 反応すること が 風評の原因 にも なっています

可愛いい子供のために 可能な限り リスクを 回避しよう とする気持ちも 分かりますが 

ほったらかしている 子供に対する 他の リスク回避も バランス良く 努力して下さい !



例えば 

子どもが アレルギー体質になるのは 親の責任も あるのでは? ( 実証データが欲しい )

好き嫌いや 過度な偏食 食品添加物 排気ガス ダイオキシン ・・ 常に 意識して !

情操教育と 社会との 接触は 子どもの 自主性を 信じて 金 かけなくても 手間 かけよう  

昔は 自閉症 いじめ など 子どもの 社会で うまく 解決してたように 思う


放射線を気にする くらいなら 子供に対して もっと 気にして欲しい ことは 次から次に 出てきます





だが ・  ここで ホンネ
 
エラそうなことを 言ってる この私も 子供を 育てた 経験が ない 

実は 子どもの ことが よく 分からないんです  ( 子供と女の 心は 永久に 不可解 ! )


子どものために 湯水のように 金を使い 一生懸命 手をかけても

必ずしも 立派な 大人に 育つ とは 限らない し

まったく逆に 私の場合 のような ・・????   例も あるし ・・


   

ッタク ! 長々と ・  この ブログは 一体 何を 言いたいんだ !


全て ヒマな 爺さんの 自慢と タワごと と 受け取って 下さーい ・・


















お久しぶりですにゃ

p51IMG_2470.jpg


せっかく 久しぶりに 出てきたんだから 時事問題でも 評論されたら どげんですか にゃ ?

そうだ にゃ では 3階のご主人が ずっと 声高に 叫んでおられる 原発の 汚染水問題


事故を 起こした 原発から 地下水を通して 海に 漏れているそうだが うまく止められないらしい

地下の 汚染水には トリチウムが 多い ということですが これ なんか 害が あるんですか にゃ?

トリチウムは 水素の 同位体なので 身近には 水 の形で 存在する もちろん 自然界にも 一定量 存在する

放射能としては 弱いベータ線が 出るが 触っても 飲んでも 天文学的に 濃いのでなければ 身体に 影響はない


そもそも 地下水の流れを 制御しよう とするのが 間違いなんだにゃ どーしようも にゃーネ

汚染レベルが そう高くなければ そのまま ほっとくのが 一番の 汚染処理じゃ にゃ


でも 最近 原子炉を 冷却した 汚染水を 溜めていた タンクから 何百トンも 漏れた というんじゃにゃーですか

確かに ! この汚染は 近くで測って 500mSv/h 位の 放射能レベルだそうじゃ  高い と言えば 高いネ

でも 地下に浸み込んで 海の方へ流れたんじゃ もうしょーが ないにゃ 

事故対応の 途中だし  覆水盆に返らず ということだ

汚染のタレ流し ということで みんな 心配していますよー マスコミも 攻撃しているし

マスコミは ただ 騒いでいるだけじゃ もっと国が本腰になって対応しろ ! など 具体策は ない


もともと 汚染物質の 廃棄処理の 基本方針が ないから ダメなんじゃ ご主人が いつも 言うとおり ・

廃棄物処理の基本は 濃度を薄めて自然界に放出するか 地下 海洋など人間界から離れた所に 移動させること

以前 東電は タンクに溜めている基準濃度以下の汚染水を 海に廃棄しようとして 漁協の了解を 得ようとしていた

漁協の反対で実現していないが このまま タンクを 造り続けるんでは すぐ 破たんするのは 明らか

今回の タンクからの 汚染水漏れ は じゃ どーすればいいんだ と 東電が ケツまくった 感じだにゃー


とにかく 国が介入してでも 汚染水の 貯留減容 を 進めなければ ならない   やり方は 簡単

基準値以下の 汚染水は そのまま捨てる 濃いものは 水で薄めて 自然界に 放出する

今 東北は 毎日 雨が多い 地下水や 川の水も 豊富 

山林や田畑は 降雨で 自然に 除染され続けている

汚染物質は 地下に どんどん 浸透させよう・

除染作業で 袋に詰めた 表土や草木も この際 川に流そう・


でもネー 漁業関係者 環境保護団体 周りの国など いろいろ 軋轢が 迫って きやせんか にゃ?

基準以下でも捨てられない というのは 風評心配 じゃな 

でも 今は事故対応 とにかく捨てて そのあと 冷静に リスクの度合いを じっくり 説明するしかない

アノ国が 文句 言いそう?  アンタね 自分の国では 放射性廃棄物の 管理は どーしてるの !

障害防止法などの 法律は ある? 軍の 放射性廃棄物の 処理基準は? ダマって すっこんでなさい !


とにかく 自然放射能以下の レベルで 汚染したとか 健康被害の恐れがある とか ・・

国民の無知を ベースにした 学者バカ的基準  批判するしか 能がない マスコミ 責任逃れしたい 政治家


廃棄物処理に もう一刻も 余裕はない 例え 様々な抵抗が あっても 

やるのは・  今でしょ !
 


p52IMG_2469.jpg










福島復興

この記事は ヒロシマの 原爆の日に 書いている

核兵器を 廃絶し 平和を望む 気持ちは もちろん あるが

ここで あらためて あの 原発事故を 見直す


結論から 先に 言おう

広島は あれだけの 放射能汚染を 受けながら すぐに 人が戻り 今は こんなに 繁栄している

原発事故で 避難している 皆さんも すぐに 帰れるはずだ そして 街や 田畑は 元通りになる


これが 出来ないのは 放射能に対する 誤った知識による 過度の恐怖感 政府の 無責任体制 (訴訟逃れ)

唯一の 被爆国である 我が国は この体験を ぜひ 原発事故対策に 生かしたい


あの時 原爆の 怖さは もう 十分 伝えられている 

しかし 放射能汚染の その後に ついては どうだったんだろう

投下の日 以降 いつ どれだけの 人が 街に戻り 暮らしていたんだろう 一週間後 一ヶ月後 一年後 ・・

戻ってきた人の 被ばく量は どのくらいだったんだろう 被ばくによる 障害は あったんだろうか

その時の 汚染物質(Cs Sr など) どう 移行した のだろう 除染は? 現在の 放射性物質の 量は?


できれば 皆さんで 直接 調べて欲しい 具体的事実が あれば 皆さんの 訴え力も 力強いものとなる

私も これまでの 仕事の中で 放射能汚染や 放射線障害について いろいろ 学んできた


これも 結論から 先に 言うと 

100mSv/h の 一時照射 および それ以下の 長時間被ばく では 確実な 健康障害は 見られない

これは

この被ばく量では 健康障害があるかどうか わからない ということで 健康障害がない ということではない

理論上は 放射線を受けると ダメージを受けるのは 自明なので 健康障害の 可能性は もちろん 考えられる


ここで 皆さんに 望むことは 数々の 事実を 見つけたとしても

リスクの 程度と確率 として 捉えて欲しい ということ

あれも危ない これも危ない では 全て無くなればいい ・・  これでは ダメ

世の中 すべからく 白か黒か はっきりは できないのだ


人間 すべて リスクの 中で 暮らしている

  事故の心配は あっても 飛行機には 乗る 

  100mm 雨が降れば 裏山が 崩れる かもしれない 

  道を歩くと 暴走車が 突っ込んでくる かもしれない

普通の 人間は 少々の リスクは 気にしない


さらに 言いたいことを 凝縮していうと

10 μSv/h 程度の 放射線雰囲気では 大人子供に係らず 身体に 障害を起こす リスクは 限りなく小さい

土壌や 海が 少々汚染されても その放射能が 最終的に 口に入り 障害を起こす リスクは 限りなく小さい

放射能で 汚染された土地は 降水により 自然に除染され 短時間で 放射能レベルは 下がる


ここまで 言うと もう 最初に言った 結論 に達する  すなわち 原発被災地には すぐでも 戻れる


政府関係者に 言いたい 訴訟を恐れず すぐに 被災地への 居住許可を 出して欲しい

いかに アホな 裁判官でも 可能性があるだけで 障害認定は しない 事例がないと ・


原発反対議員は 先の選挙で ほとんど 落ちたが まだ 即時廃炉だ! と言ってる 化石人間も居る

  食べ物の 放射能含有基準が 100ベクレル/kg は 放射性廃棄物と 同じで ケシカラン

いったい 彼は 100ベクレル/kg という数字が どんなものか 分かっているのだろうか・

多分 自然放射能のことも 全然 知らないんじゃないの 温泉に入って 放射線 どれだけ 浴びてんのかも・

路上デモで ワーワー言ってるうちは いいが 議員バッジで 皆を導こうと思うなら 少しは勉強しろ と言いたい

まさか 国民の放射線被ばくは 年間1mSv以下とする  食品の放射能含有は 10ベクレル/kg 以下とする

なんて 法律を 作るんじゃ ないだろうね  アホらしくて ホント お笑い なんだけど ・































環境省頑張れ!

除染なんか止めろ! の続き

言いたいこと第2項  放射能にかかる 環境基準を 決めなさい  について 展開する


要するに 環境中の どのくらいの 放射線レベルまで 許されるのか 

原発事故の時 苦し紛れに 言った 年間被ばく量が 1mSv 以下  と いうのは

原発などの施設から 放出される放射能レベルの 管理基準 であって 環境中の基準 では ない

環境中の 放射線レベルを 決めるのは

原発を 所掌する 経済産業省 でなく 東海村などの 研究用原子炉を 所掌する 文部科学省 でもなく 

食品中の 放射能を 規制する 厚生労働省 でもなく・   明らかに 環境省の 所管 である




石原環境大臣! 何とか して下さーい ・

そんなことを 突然 言われてもねー ・  ( 顔マネはできるが 声マネは難しいね ) 

施設から 排出される物質の量は 人間の手で管理できるから いくらでも 規制値を 決められるけど 

今ある 環境レベルを いくら以下なんて 決めてもねー 違反してたら どこを 処罰したら いいの?

もともと 原発が  事故とは言え  " 法律違反をして まき散らした 放射能 "  じゃないの !

経済産業省の方で 少しは オトシマエ策を 考えてほしいね 

環境省だって 余計な仕事が 増えて 被害者みたいな もんだよ



たとえば 大気汚染要因の 代表的物質の ダイオキシン 

個々の 煙突から 排出される ダイオキシン濃度の 規制値は 決めて あっても

地域全体の ダイオキシンの濃度が いくら以下などは 決めようがない 

光化学スモッグが 発生しても 注意して下さ~い と 叫ぶしかない 

もちろん 国民の生命を 守るのは 政府の 使命 だから

例えば 三宅島の 亜硫酸ガス については 避難勧告や 指示を 出す

表に 出るのは 政府だが 各省庁だって ちゃんと 働いているんだ !



ま カッカしないで! 日本の官僚は 優秀で よく働くというのは 誰でも 認めていますよ

しかし 省庁間の 縦割り行政 の感は しますね  特に 放射能に 関しては

どうせ 縦割り行政なら お互いに 競争して 積極的に 目立つ施策を 遂行してほしい

特に 大物実力者大臣を 有する 環境省は 環境放射線の 対応で 今は 名を上げる チャンス



私が 環境省に 望むのは 放射線の規制値 を決める とか でなく 

現状の 環境放射線は どういうものか? 原発事故による 環境汚染は? 

恒久的な 影響は? 永続的に住む にあたって 長期的な 環境の 放射線レベルは?

環境省 としての あるべき姿を どんどん 発信してほしい



このブログで  何度も  何度も  何度も   言ってることだが

環境放射線は 平均して 数mSv/y は どこでも ある

放射線の種類は いろいろ あって 人体は ラドン カリなど 自然放射能に まみれている

核実験による フォールアウトや 産業用放射性物質の廃棄場など

人工放射能の ホットスポットも 全国に たくさんある

我々 団塊の世代は 子供のころ 核実験により 数千ベクレルの セシウムを 体内に 有していた

原発事故による 放射線も 環境中の放射線も エネルギーが 異なる位で 基本的に 同じ放射線

放射線は 原子レベルの 単位だから 放出基準の 1万倍の放射線が あっても 環境レベルに 比べたら 微々たるもの

恣意的な 数値に 惑わされないよう すなはち ヒステリックに 放射線を 怖がらないよう



現状の 除染を 見ていると お役人の方も まだ分かってない人が 多いのでは?  と 感じる

除染に 使った水は 回収しろ だって?   アホ! そんなことが できるか!

屋根を洗った水は 樋を通して なんとか 回収できる かもしれない 

しかし ベランダや 土間を 洗った水を 回収するのは 大変 まして 山の木々を 洗う時は・ 

自然の雨で 森は かなり除染が 進んでいる と思われるが・

川の水を みんな せき止めて 回収する必要は ないんで しょうかねー

ま 効果がなくても なんか やれば 金は出る おいしい仕事なんで あまり大声で 文句は 言いませんけどね・


お役人の 方でも 不毛な作業とは 分かっているけれど  ・

放射能を そのまま捨てるというのは 地元の人の 猛反対があるし マスコミからも 叩かれるので・

まー 日本中が 放射能は怖い という呪縛が 満延しているので しょうがない でやんすね

コラ! お前たちは それでも 日本が誇る 官僚の 一人か!  少しは 誇りを 持て!


日本国民は そんな バカばかり ではない  ちゃんと 聞く耳を 持っている  話せば 通じる

圧倒的に 声が大きかった原発廃絶は 先の選挙で 全く支持されず 原発存続は 支持を得た ではないか

環境省としては 自信を持って 環境中の放射線に関する あるべき姿を 指導的立場で 推し進めて 欲しい



優秀な 官僚の 施策に 期待するが 私からも いくらかの 提案 を


除染作業は 水洗いだけ にする  その水は 速やかに 排水路に 流す

除染効果確認の 放射線測定は 行わない 通常の 環境放射線レベルを 継続的に 測定する

立入り区域 居住区域の 環境放射線レベルを 全国の 一般地域を 勘案して 推奨値として 決める

私の案だと 立ち入り制限 年間 100 mSv   居住制限 年間 50 mSv かな?

そうすると 温泉地とか 都心の地下室などで 居住禁止区域が 出てくる  身近な 放射線を 知る いい機会 

これまで 溜め込んだ 除染土や 汚染水の 廃棄基準を 決め 廃棄を 粛々と 実施する

すでに 放射能レベルの 基準がある 焼却灰(1kg当り8000Bq以下) についても ため込まず どんどん廃棄する

やり方は 簡単 1kg当り 8000Bqを 超えたら 別の きれいな灰を 混ぜれば 基準以下 に なる

放射性廃棄物は 産業用など 常に 発生している この機会に 県に一つは 放射性廃棄物の 処分場を 作ろう



役所が こういった施策を 積極的に 進めると 必ず 反対運動が 起こる マスコミからも おそらく 叩かれる

しかし 注目が集まる中で 放射線の正しい知識が 広まることは 良いことだ 

生活ゴミ や産業廃棄物など バックエンド分野に みんな もう少し 関心を 持とう !

この分野が きちんと検証され 国民の了解の もとで 政策として 遂行される  これぞ 文化国家の 尺度

廃棄物は 人間に多大な利益を与えた 結果 である 

当然 金をかけて 処理の リスクも 考えて ・・



「 ゴミはいらない ! 廃棄物処理場 建設 ハンターイ ! 」  と 叫んでいる人 !


私だって もう仕事も リタイヤして 今は 社会の 廃棄物 みたいな ものだ

役に立たないから といって そんなに そんなに 忌み嫌わないで ほしいね




この話 まだ続くよ






















 

除染

アルジェリアの 人質事件や 景気浮揚策で 円高になった とか ニュースが 流れると

つい この間まで 大騒ぎしていた 原発や エネルギー問題は どこかへ 掻き消えてしまった

まったく この国の人間は 移り気 というか 飽きっぽい というか ・・


かく言う この 私も 

この春は 我が 済々黄の 甲子園選抜 を 応援に 行かねば ならないし

桜の咲くころ 蔡さんが 九州に 遊びに 来たいと 言ってるし  

いろいろ 忙しくなりそうで 立案に あわただしい


しかし " 世の中に向かって 責任ある ブログ記事を 発信しよう! " と 信念を持っている 私としては

せめて この間 言いかけた記事の 後始末ぐらいは ちゃんと しておこう  先日 言ったのは


  1  今 行っている 除染作業は 金の無駄 すべて 止めなさい

  2  合理的な 放射線被ばくに 関する 規格 基準を 早急に 決めなさい

  3  住民の 不安を 除くため 放射線に ついて 正しい 教育宣伝を 実施しなさい



1 については 前回 ほぼ 言い尽くしている すなわち 

今 やってる除染は 基準も 決まってないし 非常に 低いレベルの 放射能だか なんだか 分からないものを

一生懸命 混ぜっ返して いるだけ 

そして ほっとけば 自然に 人間界から 離れて行くものを 無理に押し留め 放射性廃棄物を わざわざ 金を使って生産している


大体 これまで 環境に対しての除染 なんか 行われたことは 世界中 どこを 探しても 無い 

もちろん あの チェルノブイリ でさえも ・

せっかく 予算も 付いてるし・ 地元で 仕事が 生まれるし・ 

それも分かるけど 血税を使うからには 不毛な仕事でなく もう少し 建設的な 仕事を して欲しいね



「 何も しなかったら 一生 故郷に帰れない ではないか ふざけるな! 」  という声 が聞こえてきそう

それは ご安心あれ 日本は 雨が多い ほっといても 放射能は 下がってくる

「 雨で流されるのでは 環境汚染が 広がってしまう 正しい処理を すべきでは? 」

それも お気持ちは分かります でも 正しい処理とは なんでしょう ?



そもそも ゴミ処理でも 分かる通り

廃棄物処理というのは 廃棄物を無くす のではなく 減容や 埋め立てなどで 人間界から 離せばよいのだ 

環境中には 放射線が 沢山あるし その中で 雨風などにより 自然の摂理で 放射能は 拡散し 移動する

そこで 広がったレベルは 人間界に ほとんど影響は しないし 移動した先は 地下深くとか はるか海のかなた・


そういう処理は 地球を汚す ことになり けしからん  環境に 負荷を 与えては ならない !  

その 方向性や 良し!

ただ 環境負荷を ゼロにするのは 理想であって 人間 生きてる限り 環境を 汚染し続ける

大事なことは 今生きる 私たちの 世代が どのレベルで 折り合い をつけるか ということ



太古の時代から 存在している 放射能 に ついては

現在の 環境レベルより 十分低く 希釈して 人間界から 離れたところに 廃棄する ことで 十分 と 私は 思う
  
放射能は 崩壊して いずれは 自然に 帰っていく 

中には 百万年 かかるのも あるが プラスチックだって 何百年たっても 土には 戻らないし ・

日和ると すぐ 環境保護団体から 突っ込みが来そうだが 折り合いを付ける とは そういうこと !



地球を汚すな! と 声高に 叫んでる人!  

あなたが 正義の味方で あることは 認めて あげる

でも まったく 地球を汚さない では 誰も 生きていけない

冷静に 周りを見て ほとんどの人が 満足できる あるべき姿 (すなはち = 折り合い ) を 提案してほしい



さて 先日 言った 第2項 に ついては ・・

また 長くなったので 続きは 次回 










除染

今年初めての 原子力と放射線の 話


最近の 新聞から ・


 福島では 手抜き除染が 行われている

 環境大臣も その扱いに 困っている

 せっかく 除染したのに また放射線レベルが 高くなった



福島再生は 除染して 一刻も早く 住民が地元に戻り 以前の生活を 始めることだ

選挙の結果に かかわらず すべての 政治家の 方針は これだった


このブログで ずっと言ってきたが あらためて 結論から 先に 言う


いま やってる 除染は 金の無駄 すべて 止めなさい !

合理的な 放射線被曝の 基準 法令を 早急に 決めなさい !

住民の不安を 除くため 放射線について 正しい教育宣伝を 実施しなさい !



地元民や 遠くに 避難している人から 見れば  何を けしからん事を !  と 思われそうだが

ここでは そういった人 のためにも 除染に関わる 建設的な意見を 今から 言おう と思う



そもそも 今の 除染は どうやっているか


 屋根や 側溝を 水で 洗い流す  

 地表を 削って 別の場所に 移す

 草刈りや 木の枝を 伐採する



 除染作業の 前後で 空間放射線レベルを 測定する

 発生した 廃棄物は とりあえず 付近に 一時保管する




問題 その1  どの位の レベルまで 除染するのか はっきり 決まってない


法令では 放射線障害防止法 により 原子力施設の 放射性物質の 放出管理が 行われており

核種ごとの 排気 排水 周辺エリアの 放射性物質濃度が 規制値として 決められている

この値は 技術的に 低くすることが できるので 規制値を オーバーしたときの 影響など 勘案せず

極力 低い値に なっている

例えば 放出物質による 周辺放射線レベルの 上昇は セシウム換算で 年間 1mSv以下 とする

日本各地の 自然放射線レベルが 2 ~ 3 mSv/y だから 産業活動が 環境に 影響を 与えない (と考えた?)


不幸だったのは 原発事故の 際 放射能汚染がない ! と言うのは どのくらいの レベルか? と 問われたとき

苦し紛れに 1mSv/y が目標レベルです と 政府の 誰かが 答えたこと

もちろん 法令基準が そこしか ないので・ 

それと 政府の 責任回避のためには できるだけ 低いほうが よいので・

官僚としては そう言うしか なかった だろうが  問題は それが 一人歩き してしまったこと


一生懸命 除染して 1mSv/y 以下に 空間線量率が 下がったと しても 

もともと 普段が 数mSv/y あるんだから 雨風などで 元に戻るのは 当然 

また 除染で 原発フォールアウトのみを 取り除いている わけでは ないので

はっきり言って 何をやってるか わからない 不毛の状態 !!

除染やってる人は ま 仕事があって 働けるのは イイけど 正直 川に 捨てたくなるねー



問題その2   廃棄物が どんどん 溜まる


原発事故で 放出された 放射性物質 のうち 

ヨウ素(I129 I131) クリプトン(Kr85) などの 気体物質は すでに大気で薄まって 身近から 離れてしまった

これは どうしようもない  

液体状の 物質は 一部 事故後の炉に 溜まっているが いずれ 基準以下に 薄めて 海洋放出 すれば

あまり 問題には ならない と思う

問題になるのは セシウムセトロンチウム など 半減期の長い 核種が エアゾルとして 降下し

地表や 植物表面に 溜まったもの


これに対し 水で洗ったり 土を剥ぎ取ったり 草木を伐採したり して 除染努力を しているが

先にも 述べたように 自然放射能の中では まったく 効果が 確認できない のは 当然 !

作業に 伴う 廃棄物が 増えるばかり である


そもそも 地面の放射能は 原発のばかり 含まれている のでは ない 

原発事故に 対して 正しく 基準に 沿って 1mSv/y 以下 に 除染する には 

セシウム ストロンチウムなど 原発から放出された核種のみを 取り除き その影響を 評価しなければ ならない 

これは 食品中の 放射能レベルを 図るのと 同じ作業(核種分析)を しなければならず 到底 無理


復興資金を 注ぎ込んで 強引に 実施したとしても はたして それが 本当に 事故原発のものか ・・

1950年代の ビキニ島や 中国の 核実験の 影響で 日本の国土には

山ほど セシウム ストロンチウムが 降り積もっている

1945年8月には 広島 長崎で 大量の セシウム ストロンチウム汚染が 発生した

また 医療用や 産業用の 放射性廃棄物は 規制以前には ゴミ捨て場や 埋め立て地に 捨てられていた


これまで 除染した という話は 聞かないので 

こういった汚染は 雨風で流れて 少なくとも 大部分は 人間の世界から 離れていった と思われる

一部は 地層の下に もぐり また 一部は 川砂 で濾過され 堆積した

いわゆる ホットスポット と呼ばれる 放射能が 蓄積している地域は 全国どこでも 存在する


今 やってる 除染作業は

せっかく 雨風で 人間界から 遠ざかろうとする 放射能 を無理やり 集め

袋に 入れて 人間界の 近くに 留めている 

すなはち 金と労力を 使って ホットスポットを 一生懸命 作っている ようなものだ



さて 問題点を 力説していたら では どうする と言う 時間が 無くなった

そういうことも あろうか と 最初に 結論だけは 言っておいた

ただ その結論に至る 道筋を 説明しないと いけないので  

続きは また 次の機会に ・・























処分場の安全性

さて 原発の稼働によって生じる 高レベル放射性廃棄物は どうしても処分しなければいけないが

これまでの 長い 検討の結果 地下300m の安定した地盤に 埋設する 方法が 最適とされている


誰もが 予想する 最大の ネックは 地元の 了解 反対する 理由には ことかかない

 100万年も 放射線を 出し続けるゴミなんか 人間の手に 負える はずがない

 ロケットで 宇宙の かなたに 捨てるなら ともかく 近くの地殻に置く (シャレです!) なんて 絶対 あぶない

 そもそも 原発を 運転 し続けてきた ヤツ が悪い 安全なら そちらで 責任を 持て


対する推進派の言い分はこの通りである

 国を担う責任として 廃棄物処理場は 国内に 粛々と 整備しなくては ならない

 安全性の担保を 最優先と するが その目標は 住民が受け入れ可能と 思う リスクの レベル である

 直接の 閉じ込め機能 すなわち ガラス固化してステンレス容器に納める だけでも 10万年は 大丈夫

 これに加え 周囲の充填土 地下水の移動が少ない 安定地層の選定 数百メートルの地下埋設 という条件で

 放射性廃棄物が 地上に 移行する期間は 100万年以上を 担保できる 

 すなわち人 類の手が 及ばないような時間が 経っても 安全を 確保できる


これに対する反論

 100万年単位で 考えると 日本に安定な地層など 存在しない 日本列島自体 存在しているか どうか・

 今の 科学知識のレベルで 事故シナリオを 描くのが おかしい 100年後の 世界は 全然 違うはずだ

 いくら 安全議論を したとしても 条件や 仮定の違い 解釈の 多様性など さっぱり 理解できない 

 元から 政治家と 科学者は 信用できない すなわち こういった議論は まったく 無意味である

 当面の 反対理由は 処分場は 放射能が高い 作物は放射能まみれになる なんての 風評被害だ

 
さらに これに対して

 赤字国債を 発行しまくって 将来の子供に ツケを廻している人が

 一万年後の人類を 守るために なんて 話す資格は ないね 

 反対のための 反対にしか 聞こえない

 この時代に 生きてる人は 「 近い将来のことを 考える 」 くらいで いいんじゃないの  

 もちろん 処分方法として 将来の技術に 期待する という考え もある

 あと数年経ったら 人為的処理で 簡単に 放射能を 消滅させることがで きるかもしれない

 また 高レベル放射性廃棄物には 白金 バナジウムなど 貴重な鉱物が 含まれている 

 将来は パソコン携帯みたいに 資源ゴミにも なり得る  

 そのためには 再び 取り出しやすいように 処分あるいは 保管 という形も 考えられる

 いずれにしても ダイナミックな原発 と違って スタティックな廃棄物は 

 現在の技術で 近い将来の人々も含めて  十分安全を 担保できる
 


技術的 安全性の議論は キリがないように 思う  これに キリを付ける ためには  

風評 すなわち 心で 感じる不安 という 問題 を 粘り強く 改善する

このブログで ずっとずっと 言っていることだが 

 放射能 は 身の回りに 常にあるもので 恐いもの ではない

 放射能による 健康被害の 現実 他の要因による 健康被害など 正しいリスク程度を 知ろう


最終的には 技術論を バックに 政治力(カネとコネ)で 処分場を 建設しなければならない

 少なくとも 地元エゴの ため 交付金に タカる ような行動は 止めたい

 選挙では 批判屋でなく 責任感を持った 政治家を 選ぼう




選挙が 近いので 政党や 候補者の いろんな マニフェストが 乱れ飛んで いるが ・

〇〇反対 や 〇〇改革など  お題目は 聞き飽きた 

エラそうに ただ ケシカランと 叫ぶ のは 二流の マスコミに まかせておいて  

あなたは 今の現状を 改善するのに どう具体的に 取り組みますか

いろんな立場で 生きている 我々を そして 世界の中で 頑張っている 日本を これから どうして いきますか



本当に 目の前の 問題を 解決してくれる 前向きで 実行力の ある政治家を 選ぼう ・・













最終処分場

原発ゼロを目指す とか 言っても これまで 50年も 原発を 動かしてきた

それに 3・11 地震による 原発事故の 膨大な 放射性廃棄物

たとえ 原発が 無かったとしても 病院 工場 研究所など 放射性廃棄物は 身の回りで 発生する

何は ともあれ 放射性廃棄物を 処理 処分する 場所は 必要なのだ


しかし ただの ゴミ処理場建設でも 反対タラタラ なのに  原発ゴミ 放射能 死の灰 ・・・

すんなりと 出来そうにもない ナ  と思うのは 誰の 目にも 明らか

当初 再処理が 軌道に乗って 40年後くらいまでに 処分場が 出来ればいい という はずだったが

建設が 困難 ゆえに そろそろ 処分場の 候補地を 決めるべき 時期に なってきた



キャニスター深層処分キャニスタ周囲


高レベル放射性廃棄物の 放射能の 大部分は セシウム ストロンチウム による もの であり

約300年 経過して 500分の 1 に 減少する 

残りは アメリシウムなど 寿命の 長い 放射性物質で 約2000年後に 5000分の 1 に なるが

微量の 超長寿命の 放射性物質の 影響で その後の 放射能の 減衰は きわめて 遅く

100万年後 までも 放射能は 残る



深層処分概念図



高レベル放射性廃棄物の 処分場の 概念は 上図の通り である

地下水の 動き が ほとんどない 安定な 地層 を 選んで 地下 数百メートル に 埋設する


さて こんなんで 処分場を 作る 地元の 理解が 得られる だろうか

そのための 安全性の 検証試験を 行っているのが この 幌延深地層研究センター



みなさん ここに来て ゆめ地創館 を 見学してもらえば 一番 話が 早いが


具体的説明 は また 次回











FC2Ad