G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

たかね 電気は

qqh01DSCN2567a.jpgqqh02DSCN2566.jpg
qqh03a太陽光発電4月IMG


2018 年 4 月 の 太陽光発電 実績 は

発電量 732 kWh   売電量 685 kWh 25,330 円

4 月は 春の長雨 も なく 滞在日数 も 少なかった ので 

4 月の 売電量 として 過去最大の 好調さ を 示した  メデタシ メデタシ




エネルギー評論


エネルギーを 論じると 結局 は 

" エネルギー政策 は どう あるべきか " という 政治的な 話に なってくる

そこで 政策 として 冷静に 議論 できれば いいが 

大人の 品格が 未熟な 我が国では どうしても 権力争い の場 となる


原発政策 など その 典型

与党 が 原発 推進 すれば 対抗 勢力 は 原発 反対する 

とにかく 相手を 潰せば いい ! という どっかの アメフト監督 方針

そのため には 徹底的に 不安 を 煽り 国民を 精神的に 追い詰める

原発は 必ず 事故を 起こす  放射能 は 身体を 蝕む  日本には 永久に 住めなくなる


このような 政治屋 の アジ演説 に 対して まともに 反論しても キリがない

最終的な 意思表示 は 選挙で 示す として そういう 勢力は ひとまず 無視 しよう !


私が 提案する のは カッカする 文化系 思考 でなく 冷静な 理科系 思考 で いこう ! ということ

別に 文科系の人を 嫌いな わけでは ない !  特に   

人を 動かす には 心に 響く 言葉が 必要 だし 直感に 基づく 将来を 見通す 洞察力 も

理科系 の 人より 勝ってる と 思う


しかし 往々に して 文科系 の 人は 感情的に 攻めてくる

その 言動 に 対して その事実が 正確に (数値的に) 対応 してない ので  

言葉は 悪い が " いい加減 " の 感じ が する

( 日本語 の いい加減 とは 二つの 意味が ある  一つ は 加減が おざなり もう一つ は 加減が 適正 ということ )

これ すなわち 文科系の 人は 理科系にとって 何を 言いたいのか 非常に 分かりにくい 

もちろん 真逆の 意味の 言葉が 混在 して どうなるか わからない と 分かったような 気分に なることも ある が ・ 
 

理科系的に 見れば 逆に 確実な 事実を 積み上げて 方針や 政策に 反映する 方が うまく 行くような 気がする

例えば トランプ君 が 日本の 輸入車に 25% の 関税を 課す と 言っても 涼しい顔 を して いられる

なぜなら 圧倒的に 性能が良い 日本車は 少々 高くても 売れない ということはないから

現実に 可能としている 実態が あれば それに関する 言動は 廻りに対して 説得力がある ( 実力があると みなされる )


科学技術 の 進歩 は 人類の 要求  誰にも 止められない !

ただ 科学技術の進歩 により 人間は 裕福 に なり 貧困 に なった

一方 科学技術の進歩 により 人間の格差が広がり 戦争では 多くの人が 亡くなった

ノーベルが 発明した ダイナマイト は 鉱山や 工事で 大活躍 した が 大砲の弾 となって 多くの 人を 殺した

原子力の 利用では 放射線医療機器 により 多くの 命が 救われたが 原子爆弾 で 多くの 人が 亡くなった


考えてみれば 文明の利器 と 呼ばれるものは すべて 両刃の剣 である

これは 人間の 中に 役に立てよう という人と 悪用しよう という ヤカラ が 必ず 居る ので しょうがない

ここは 剣は ケガするので 捨てる では なく 身を守る ために 活用 しよう


原発で 言えば " 原発を 廃絶せよ " では ない ! 原発 の 技術開発 は 継続すべき

事故が 起きるから 止める でなく さらに 事故を 起こさないよう 技術を 研鑽すべき

それが 科学技術の 進歩の 歴史  不断の 努力 により 信頼を 勝ち取れる


現在 商用原発に 関する 研究開発を 積極的に やっているのは 仏と 我が国 のみ

他の国は 皆 軍事用 ( 核爆弾 製造用 )  

これからも 世界中 原子炉は 増えることは あっても 無くなる ことは ない

事故を 経験した 我が国 は 安全性の 技術など 世界の中で 

原子力 安全技術 の トップランナー に なるべき !



散漫な 文章で 失礼 しました

最後に たかね から の 帰り の 絵を

扇山 って 本当に 素敵な 山容 !



qqh03IMG_0749.jpg
qqh04IMG_0751.jpgqqh05IMG_0750.jpg










たかね やるのは

qqg01IMG_0727.jpg



薫風 かおる 爽やかな 季節 なのに のんびり 自然に 浸る ことが できない 

貧乏性 の 私 が 今回 やり始めたのは ・ 

ベッド の クッション性 改良


最近 眠れなくて ベッド で 朝まで 七転八倒 して いるが

昼頃 起きた 時 決まって 腰 が 痛い

ジャパネットたかた の 宣伝に 乗せられて 

" 肩 腰の 負担を 軽減する 西川 の 高反発 マットレス "  を 購入


送られてきた 小さな 段ボール  箱から 取り出す と

ひとりでに ムクムクと 大きくなり マットレス に なった のは ビックリ !

ベッドに 追加 して 試 しに 寝て みたが お尻 の 沈み具合 が なかなか 気持ち 良い


いちおう 寝る 時の 気分は 良くなった が 

夜 寝れない 真の 原因 は たぶん 酒 ? ネットの 無料ビデオ ?  まだ 他にも ありそう


昼間は ソファー 代わりに 使う ので 洒落た ベッドカバー が 欲 しい ・  

ナダ ちゃ~ん !  仕入れて きて ~



qqg02IMG_0650.jpgqqg03IMG_0652.jpg
qqg04IMG_0651.jpgqqg05IMG_0653.jpg
qqg06IMG_0654.jpgqqg07IMG_0655.jpg
qqg08IMG_0689.jpgqqg09IMG_0690.jpg



別宅 が 完成 した 時 真っ先に D I Y した 掘りごたつ 上の メインテーブル

テーブル板 は SPF板に 柿渋 塗料 手作り感 を わざと 出した 趣のある 造り で 気に入っていた

ところが 相方が この テーブル板 が 気に食わない と 勝手に 業者に 頼んで 作り直して しまった

ン十万 出して 作ったのが 集成材の テーブル か と 思った が 相方は これが 良い という


とにかく きちんと 平らに なって 揃って いない と ダメ ! 手作り感 とか 無垢材の 味わい など 頭にない らしい

そういえば 雑草は 根絶 しなければ ダメ ! 落ち葉 は 絶対 片付け なければ ダメ ! と 無駄な 努力 を している

ったく ! インテリアセンス は 諦めている が せめて 別荘に 居る 時は " 自然に 浸る 心 " を 持って 欲しい ね


これまで の 経験 から しばらく すると また いろいろ 文句 が 出てくる その時は 元 の テーブルに 戻す ために

旧テーブル は 私の 部屋に 置いて 使っている


昔 持ってた テーブルクロス を 置いた が 似合わない ! 

やはり そのまま か  置く とすれば テーブルランナー かな ?  

これも ナダちゃ~ん !



qqg10bDSCN2559.jpg
qqg11aIMG_9450.jpgqqg12aIMG_9449.jpg
qqg13IMG_0691.jpgqqg14IMG_0692.jpg










たかね 花を

qqj01IMG_0669.jpg



雑草は 雑草どうしで 戦わせて いる ので その 強い 弱い は よく わかっている

これまでの たかね の 経験 から 一番 繁殖力 旺盛な 植物 を 剪定 イヤ! 選定 しよう ! 

みなさんの 予想 では ポピュラーな  スギナ あるいは クローバー か ?

結果は ・  ♪ ジャジャジャジャーン ・ 

予想に 反して 雑草 でなく 自ら 植えた ミント ! 

すでに 南花壇 は ほとんど 侵略 されつくして いる

一応 ハーブ なので いろいろ 役に立つ し 見栄え も 良く 蚊など 撃退する ので 

あえて 執拗 な ヒト の 反撃 が ない のも 強い 理由か ・



c12IMG_2315.jpgc13IMG_2343.jpg
c10IMG_2282.jpgc11IMG_2283.jpg



ミント が 侵略 している 南花壇 に さらに 割り込んでいる 植物 が ある

それは ユキヤナギ

元は 入口前で 大事に 育てている 昔の 住人から 頂いた 2 本 の 木

種が 風に 乗って 南花壇に ぶつかり 次々に 根付いて いる


引っこ抜く のも もったいない ので ひとまず 大鉢に 移植 しておき 

いずれ 生垣 か 人にあげる とかに ・



qqj02IMG_0696.jpgqqj03IMG_0703.jpg
qqj04IMG_0698.jpgqqj05IMG_0694.jpg
qqj06IMG_0704.jpgqqj07IMG_0695.jpg
qqj08IMG_0706.jpgqqj09IMG_0705.jpg
qqj10IMG_0707.jpgqqj11IMG_0710.jpg



石垣の 横の ユキヤナギ を 移植する のに 石を どけて やると 簡単

近くに ユキヤナギ に 似た 木も ・  

実は 隣の こぼれ種から 生えてきた サルスベリ ( 百日紅 )

この 根が まっすぐ 下に 伸びていて しつこい ! 


結局 石垣を かなり 壊して しまった ので 石垣補修 という 予定外 の 仕事 が

弟に 手伝って もらったから 出来た ものの 一人では 無理だった ね


今日は 季節外れ の 熱中症 日和

でも 以前から やろうやろう と 思っていた ことが ひとつ 片付いた



qqj12IMG_0709.jpgqqj13IMG_0711.jpg
qqj14IMG_0720.jpgqqj15IMG_0719.jpg
qqj16IMG_0718.jpgqqj17IMG_0722.jpg
qqj18IMG_0723.jpgqqj19IMG_0724.jpg
qqj20IMG_0725.jpgqqj21IMG_2791.jpg
qqj22IMG_0717.jpgqqj23IMG_2794.jpgqqj24IMG_0734.jpg
qqj25IMG_0739.jpg










たかね 隣も

私の 別宅の 周り 4 軒 の 住人 とは 非常に 良好な 関係に ある

みんな 都会から たかね の 美しい 自然 を 求めて 移住 して きた

各々 永住 も 居れば 別荘に 居る 期間 も いろいろ 異なる が

畑の作り方 樹木の伐採 また 地元の 人々との 付き合い方 など 共通の 悩み も 多い

ヒマ が あれば お互い 相手の 別荘を 訪れ 意見 交換 している

井戸端 会議 でなく 畑端 会議


昨日 カッコウ が 鳴いて いる のを 見ましたよ

夜中 シカみたいのが 来て イモを みんな 食べられちゃいました

木の 根元を 丸く 食い荒らす カミキリムシ 今年は 今のところ 大丈夫 みたい



qqe01IMG_0676.jpg
qqe02IMG_0674.jpg
qqe03IMG_0672.jpgqqe04IMG_0673.jpg
qqe05IMG_0675.jpg
qqe06IMG_0671.jpgqqe07IMG_0677.jpgqqe08IMG_0702.jpg
qqe09IMG_2790.jpg



いろんな 情報 を 聞く と ウチも ちゃんと やらなくちゃ ! と 思う

屋上ロフト の 鉢植え この 夏分 を 整備

玄関 の 松の鉢 葉 が すべて 食べられて いたので 木陰 に 移動 

これら の 情報 は 4 軒 に 発信

交流 により お互い が 向上する のは いい ことだ



qqe10IMG_2788.jpg
qqe11IMG_0688.jpg
qqe12IMG_0708.jpgqqe13IMG_0715.jpg
qqe14IMG_0686.jpgqqe15IMG_0712.jpg



メイン の 畑仕事

丈夫で よく育つ  虫が つかない  使いで がある

と いう 理由 で  

トウガラシ ( タカノツメ ) を 大量に 栽培 している

こぼれ種 から の ひまわり は 大切に 残す

我が 畑 の 小さな こだわり 



qqe16IMG_0681.jpgqqe17IMG_0726.jpg
qqe18IMG_0687.jpg











たかね 食事は

qqf01IMG_0732.jpgqqf02IMG_0733.jpg



たかね の 食事 は 相方 と そのグループ が 居るか 居ないか で 大きく 変わる

今回 は 最初 の 一日 だけ 私一人  次の日から 家族 4 人 友達 も 遊びに 来たり とか で

豪華 な 食事 と なりに けり



qqf03DSCN2569.jpgqqf04DSCN2568.jpg
qqf05DSCN2572.jpgqqf06DSCN2573.jpgqqf07DSCN2574.jpg
qqf08IMG_0713.jpgqqf09IMG_0714.jpgqqf10IMG_2792.jpg
qqf11DSCN2575.jpgqqf12IMG_2793.jpgqqf13IMG_0700.jpg










たかね 花は

qqd01IMG_0748.jpg


雑草 と 隔離 して 立派な パーゴラ仕立て に なっている モッコウ バラ

今年は 珍しく 満開 を 楽しませて くれた


 qqd00aIMG_9683.jpg ⇒ qqd00bIMG_0663.jpg
qqd02IMG_0649.jpgqqd03IMG_2789.jpg


隣んち の 黄色モッコウバラ  

それと 確かに 植えた覚えは あるが 花の 名前は 思い出せない


qqd04IMG_0665.jpgqqd05IMG_0745.jpg


この花 知ってる ? シラン !   

この ギャグ もう 古い ね  雑草 を 押し分けて 悠々


qqd06IMG_0631.jpgqqd07IMG_0661.jpg
qqd08IMG_0662.jpgqqd09IMG_0735.jpg


故郷 は 千葉 の いすみ の お寺さん の 庭 

一時 府中 の 玄関脇 で 大繁盛 したが 今 は 別宅 で 静かに ・ シャガ


qqd10IMG_0682.jpgqqd11IMG_0683.jpg


隣 の 庭 の 白スイセン  

それと 球根 だが 空から 降って来たみたいに 突然 生えてくる 正体不明 の


qqd12IMG_0678.jpgqqd13IMG_0680.jpg


府中 の ベランダ に 長く 居た ツルニチソウ ワイヤープランツ  

たかね の 雑草の 中で 負けていない


qqd14IMG_0742.jpgqqd15IMG_0743.jpg


雑草 が あろうと なかろうと マイペースで 毎年 出てくる アイリス 

この後 少し遅れて ジャーマンアイリス が


qqd16IMG_0729.jpgqqd17IMG_0740.jpg
qqd18IMG_0670.jpgqqd19IMG_0730.jpg


アイリス に 似ている が それほど 強くない クレマチス 

テッセン とも 言われている が 違うらしい ・  テッセンとクレマチスの違い


qqd20IMG_0738.jpgqqd21IMG_0721.jpg










たかね 雑草の庭

「 別荘暮し を やりたい けど 雑草の 手入れ が 大変でね ~ 」

と いう人は 本当の ナチュラリスト では ない !


自然の 中に 入れば  植物は 生え放題 動物 は 歩き放題 

毛虫 だって オケラ だって 鳥 も ヘビ も カエル も 

♪ みんな みんな 生きているんだ 友達 な~んだ 
 


qqb01IMG_0667.jpg
qqb02IMG_0731.jpgqqb03IMG_0741.jpg



私 が 別宅 を 持ったら 絶対 作りたかった もの 

" 芝生の庭 " では ない !

それ は " 雑草 いっぱい の 原っぱ "


3 月 冬枯れ の 蒼い 地面 が あっという 間に 変わる  タンポポ スギナ クローバー

春雨が 続くと どこから 舞い降りて 来た のか  ヒメジョオン オオアレチノギク アザミ 

以前 ここに 花壇 として 植え 絶滅した と 思っていたが 突然  矢車草 千鳥草 チューリップ ムスカリ

夏の 日差し が 始まる と 筋金入り の 実力派 が  ヤブカラシ ノミノツヅリ カラスノエンドウ イヌタデ


それに しても 図鑑 で 雑草の 名前を 調べて ゆくと みんな 軽蔑 された ひどい 名前 !

ブタクサ ヘクソカズラ ハキダメギク オオイヌノフグリ ジゴクノカマノフタ ママコノシリヌグイ ・ 


津波 で 流された 瓦礫 の 横 で 初めて 可憐な 花を 咲かせた のも 雑草 ・   

衣食 足りて 心 の 余裕 を 持ったら 虐げられた 人にも 物にも 花にも 愛 を 与えよう ね ! 
 


qqb04IMG_0747.jpgqqb05IMG_0736.jpg
qqb06IMG_0657.jpgqqb07IMG_0668.jpg
qqb08IMG_0659.jpgqqb09IMG_0746.jpg
qqb10IMG_0697.jpgqqb11IMG_0693.jpg



「そんな 雑草 を ほって おいたら 大変 でしょう ・」 と ご心配 の 方へ  私 の 「 雑草 管理法 」

基本的 には " 雑草は 雑草で 駆逐する " すなわち 強い ものが 生き残る


雑草の 中には 背が 高くなって 周りの 日照 を 無くし 勢力を 張る もの も 居る

戦いの 公平を 期す ために 30cm 以上 伸びてきた 雑草 は 刈払機 で 私が 上を チョン切る


何回 か 繰り返すと オオバコ クローバー イワダレソウ など グランドカバー的 な 雑草 が 生き残り

アルプスの少女 ハイジ が 走り回る のに ふさわしい " 雑草の 原っぱ " に なる

現実 には ハイジ で なくて ハイジィ ( 徘徊 Gさん ) だが ・



qqb12IMG_0658.jpgqqb13IMG_0744.jpg
qqb14IMG_0660.jpgqqb15IMG_0656.jpg
qqb16IMG_0679.jpgqqb17IMG_0716.jpg



自分で 植えた 庭木 も ほとんど ほったらかし  

ギボウシ  ヤツデ  独活 (ウド) 

「 お前たち 雑草に 負けず 生きて 行け ― ! 」



qqb18IMG_0684.jpgqqb19IMG_0685.jpg
qqb20IMG_0699.jpg










たかね 皐月

先月 ( 5 月) は ラピスラズリ の 演奏会 が 迫って いた ので

毎 土日 は ほとんど 練習日

平日に 予定 が 入ってない 週 を 作って その時に たかね に 行く ように した


2018 年 5 月 13 日 

日曜日 で あるが 中央高速 の 午後の 下り は 空いて いるので しゅっぱーつ !

相方 ほか は 一日 遅れて たかね で 一緒になる 予定  
 


qqa01IMG_0632.jpg
qqa02IMG_0633.jpg
qqa03IMG_0634.jpg



天気予報 でも 言ってたが

今日 は 被害が 出るほどの 大雨 が 降る という


確かに !  

八王子 を 過ぎる と バケツを ひっくり返した ような 土砂降り



qqa04IMG_0635.jpg
qqa05IMG_0636.jpg
qqa06IMG_0637.jpg
qqa07IMG_0638.jpg
qqa08IMG_0639.jpg
qqa09IMG_0640.jpg
qqa10IMG_0641.jpg



笹子トンネル に 掛かる ころは

土砂 降り を 超えて ほとんど 前が 見えない ほど の 土石流 降り ?


ブログでは いつも 同じ 景色 なので  たまには 

こんな 絵 も インスタ 映え で  いいっか !



qqa11IMG_0642.jpg
qqa12IMG_0643.jpg
qqa13IMG_0644.jpg
qqa14IMG_0645.jpg
qqa15IMG_0646.jpg
qqa16IMG_0647.jpg



たかね に 着いたら 普通 の しとしと雨

4 週間ぶり に 来た 別宅 は 緑 の ヴェール に 覆い被さられて いるよう

雨に 濡れた 草原の 輝き ・



qqa17IMG_0648.jpg
qqa18IMG_0664.jpgqqa19IMG_0666.jpg











たかね 保管楽器

狭い 府中の 自宅には 演奏会 本番 で 使う 

シマダ リュートモデルノ、 ラミレス ギター、 紫檀 二胡、 の 高級 楽器 ! のみ を 置いて いるが

他 の 所有 楽器 は 場所を とる ので たかね の 別宅 に 保管 している



cccka03IMG_0281.jpg
cccka04DSCN2556.jpgcccka05IMG_0275.jpg
cccka07IMG_0279.jpgcccka08IMG_0280.jpg


楽器類 は 高級でも 普通でも 弾かないで ほったらかして いると どんどん 劣化 して しまう

それで 特に 弦楽器 は 定期的に 音程を ちゃんと 合わせて ひと通り 弾いてみる ことに している


マンドリン、 マンドラ、 ギター、 エレアコベース、 エレキギター、 エレキベース

それに 二胡、 ウクレレ

弦の数 だけでも 50 本 以上  アンプマイク イフェクター、イコライザー 接続 も 大変 !



cccka06IMG_0276.jpg


あと 弦の 調整 は 要らない が 管楽器 類

フルート、 トランペット、 オカリナ、 篠笛、 リコーダー

皆 なかなか いい音 が 出ない !  指使い も 完全に 忘れている !




苦労は するが いろいろ やってると 結構 楽しい !

誰か 別宅に 遊びに来たら 五重奏 でも セッション でも できるのに ね ー










たかね やるのは

「 上手く やれるかな ? 」 と ずっと 懸案だった " 蔡さんの 山陰案内 " も つつがなく 終了して

ホッと 一息 ひとり 別宅で くつろいでいる


しかし 根っからの 貧乏性  なんか やらずには いられない !   ただ ・

" 別荘暮らし " なんて のは 私みたいな マメ な人で ないと うまく いかないな

と つくづく 思っている 



cccka02DSCN2559.jpgcccka01IMG_0313.jpg



得意の 別宅メンテナンス工事

先週 蔡さんを 案内した 舞子公園 の " 孫文記念館 " で もらった 正月用飾り ( 門扉の張り紙 )

派手過ぎる ので ロフト 押し入れ の 扉の 内側に 張り付け

ここの ロフト 他にも 中華風 グッズ が いっぱい !



cccka09IMG_0252.jpgcccka10IMG_0253.jpgcccka11IMG_0254.jpg



次に 自作としては 秀逸 の " 歯磨き用品 収納棚 " の 改造

これまで ブラウンの 回転式電動歯ブラシ だけ だったが

フィリップスの 超音波振動電動歯ブラシ を 追加 した

単に 配線を 二回路に しただけ だが 配線カバー など インテリアセンス が 光る



cccka12IMG_0307.jpgcccka13IMG_0306.jpg



磨き シリーズ で もう 一件

昔 景品 か なんかで 頂いた " メガネ洗浄器 "

一度も 使った ことがない ので  物 は 試 し ・

洗剤 が 無かった ので 食洗器用 洗剤 で 代用

結果 は ?  ガラス部分は きれいに なったが

枠 の ネジの 緑青 ? は 取れず  残念ー !



cccka14IMG_0301.jpgcccka15IMG_0298.jpgcccka16IMG_0299.jpg
cccka17IMG_0300.jpgcccka18IMG_0303.jpgcccka19IMG_0304.jpg



あと 梅雨どき 前 恒例 の ペンキ塗り

室内鉢の 台座部分、 プロパンガスの 見栄えカバー、 庭に置いてる イス ベンチ

ここまで やって ペンキ が 無くなった

また 来月の ココロ だ ~ 



cccka20IMG_0292.jpgcccka21IMG_0296.jpg
cccka22IMG_0294.jpgcccka23IMG_0293.jpg











たかね 山は

たかね は  も きれい だが 真骨頂 は 山 !

一日中 ソファ に 座って 眺めて 居られる 幸せ ・




cccj01IMG_0266.jpg
cccj02IMG_0267.jpg
cccj03IMG_0264.jpg
cccj04IMG_0265.jpg
cccj05IMG_0310.jpg
cccj06IMG_0308.jpg
cccj07IMG_0314.jpg
cccj08IMG_0309.jpg
cccj09IMG_0315.jpg
cccj10IMG_0318.jpg
cccj11IMG_9679.jpg
cccj12IMG_0320.jpg
cccj13IMG_0316.jpg
cccj14IMG_9686.jpg
cccj15IMG_9687.jpg
cccj16IMG_9688.jpg
cccj17IMG_9690.jpg
cccj18IMG_9691.jpg
cccj19IMG_9692.jpg
cccj20IMG_9693.jpg
cccj21IMG_9694.jpg
cccj22IMG_9689.jpg
cccj23IMG_0270.jpg
cccj24IMG_0269.jpg
cccj25aIMG_0268.jpg









たかね 畑は

今年の 気候の 特徴

寒い日と 暑い日の 気温の 変動 が やたら 大きい !


ただ 桜が 終わる と そろそろ 畑の 植え付け を 考え なくては ならない 時期 !

遅霜 の 恐れ が あるので 種まき だったら いいかな ・

ひとまず 人参オクラ


苗 だったら 丈夫 な タカノツメ

これは 虫 や 獣害 にも 強い し 使い道 も いっぱい


ひまわり の こぼれ 種 から 芽が 出ている

耕す 際 これは 大事に 残して ・ 



ccce00IMG_0332.jpg
ccce01IMG_0331.jpgccce02IMG_0258.jpg
ccce03IMG_0257.jpgccce04IMG_0283.jpg
ccce05IMG_0285.jpgccce06IMG_0286.jpg
ccce08IMG_0256.jpgccce07IMG_0282.jpg
ccce09IMG_0284.jpgccce10IMG_0288.jpg



久しぶりに 畑仕事 する と 土の 量が 減っている ことに 気づく

斜面 だから 雨で 流れだす のは ある程度 しょうがない か ・

急遽 土留め の ブロック を 設置



ccce11IMG_0287.jpgccce12IMG_0289.jpg
ccce13IMG_0290.jpgccce14IMG_0291.jpg












たかね 花は咲く

昨日と 同じ 絵に 見える が 実 は 2018 年 4 月 14 日

ここを 経由して 山陰まで 行って 蔡さん を 案内 し やっと 帰って きた


一週間 たって しだれ桜 は まだ 半分散り ?

ゆっくり 時間は あるので 周囲 を 見る と

また いろんな 花 が ・

楽 し い ね




cccbb01IMG_0259.jpg
cccbb02IMG_0251.jpgcccbb03IMG_0321.jpg
cccbb04IMG_0260.jpg
cccbb05IMG_0319.jpg
cccbb06IMG_0322.jpgcccbb07IMG_9680.jpg
cccbb08IMG_0324.jpgcccbb09IMG_0333.jpg
cccbb10IMG_0261.jpgcccbb11IMG_0263.jpg
cccbb12DSCN2553.jpgcccbb13DSCN2555.jpg
cccbb14IMG_0262.jpgcccbb15IMG_0271.jpg
cccbb16IMG_0329.jpgcccbb17IMG_0330.jpg
cccbb18IMG_0327.jpgcccbb19IMG_0326.jpg
cccbb20IMG_0311.jpgcccbb21IMG_0312.jpg
cccbb22IMG_0328.jpgcccbb23IMG_9671.jpg
cccbb24IMG_9668.jpgcccbb25IMG_9669.jpg
cccbb26IMG_0323.jpgcccbb27IMG_0334.jpg









たかね お花見

2018 年 4 月 8 日

東京では 桜 も 終わって いるが ここ たかね は 百花 繚乱 !


しだれ桜 の ピンク  レンギョウ の   ユキヤナギ の

芝生の に 映える !

何と いっても たかね の い空 ・


いい俳句が 生まれそう だが  考え始める と 頭が 痛くなる

ここは 素直に  いい~ね ! の 連発 だけ ・



cccba01IMG_2654.jpg
cccba02IMG_9664.jpgcccba03IMG_9663.jpg
cccba04IMG_9666.jpgcccba05IMG_9676.jpg
cccba06IMG_9677.jpgcccba07IMG_9678.jpg
cccba08IMG_9682.jpgcccba09IMG_9681.jpg
cccba11IMG_9684.jpg
cccba12IMG_9665.jpgcccba13IMG_9675.jpg
cccba14IMG_9683.jpgcccba15IMG_9667.jpg
cccba16IMG_9673.jpgcccba17IMG_9672.jpgcccba18IMG_9674.jpg
cccba19IMG_9700.jpgcccba20IMG_9699.jpgcccba21IMG_9698.jpg
cccba22IMG_9696.jpg
cccba23IMG_9697.jpg
cccba24IMG_9695.jpg










卯月 たかね へ

2017 年 9 月 の " 熊本 大旅行 " は 萩市の 見学を 終えたところ だが またまた 割込み

毎月 の " たかね行き " は この時期 タイムリー に 公開 しないと 季節感 が ずれる !

4 月は 台湾の 蔡さん が 山陰地方 観光 で 来日される ということで 

その 案内の ため 行き と 帰り に たかね を 経由した



2018 年 4 月 8 日 

東京の 花見も 一段落 し 演奏会 練習も なんとか こなした ので 

一週間の 旅行準備 も あわただしく   しゅっぱーつ !



cccaa01IMG_9643.jpg
cccaa02IMG_9644.jpg



たかね三山 は 春の 芽吹き

俳句で 紅葉は " 山燃ゆ " だが 

春の 芽吹き は 何というのかな ? 

私だったら " 山匂う " か ・



cccaa03IMG_9645.jpg
cccaa04IMG_9646.jpg
cccaa05IMG_9647.jpg
cccaa06IMG_9651.jpg
cccaa07IMG_9656.jpg
cccaa08IMG_9658.jpg



なみだ目トラック に 代わって 最近 話題 ? の 倶利伽羅紋々バス 発見 !

かなりの 危険運転 で 撮りまくる  

煽っては いないョ !



cccaa09IMG_9655.jpgcccaa10IMG_9649.jpg
cccaa11IMG_9653.jpgcccaa12IMG_9657.jpg
cccaa13IMG_9654.jpgcccaa14IMG_9648.jpg



日本一の桃の里 は 今が 花の 見頃

は ここでも 早く 咲いたが  は ほとんど 例年通り みたい



cccaa15IMG_9659.jpgcccaa16IMG_9660.jpg



久しぶり の 八ヶ岳 展望ロード

それにしても 無粋な ガードレール !  ったく !

田園風景 に マッチする 色 とか 形状 など あるだろうに !

道路 建設業界 の センス は こんな もんか ・



cccaa17IMG_9661.jpg
cccaa18IMG_9662.jpg



この " 八ヶ岳 展望ロード "  帰り は " 富士山 展望ロード " と なる

雲が かかった 富士 も なかなかの 趣き


私は この 展望ロード 日本の 観光地 として 世界的に 大人気に なる 場所 と 思っている

景色 を 楽しみながら 運転 も しやすい し 正真正銘 の " 美しい国 ニッポン ! "

ぜひ 景観の 保護 と 周辺整備 を ! ・ 



cccaa19IMG_0343.jpg
cccaa20IMG_0340.jpgcccaa21IMG_0341.jpg
cccaa22IMG_0339.jpgcccaa23IMG_0342.jpg
cccaa24aIMG_0344.jpg



ついでに 帰り の 絵  扇山 と 我が家 付近

帰り は 行き から 10日後 の  2018 年 4 月 18 日



cccaa25IMG_0345.jpgcccaa26IMG_0346.jpg
cccaa27IMG_0347.jpgcccaa28IMG_0349.jpg











たかね 電気は

  sqt01aIMG_9323.jpg  sqt02aIMG_9409.jpg
    sqt03aIMG_9322.jpg

 sqt04a太陽光IMG

  
2018 年 2月 の 太陽光発電 の 状況 は

発電量  576 kW  売電量  496 kW  18,348 円 


2 月は たかね 滞在 が 私 一人 5 日間 だったので 電気使用量 が 少なかった こと 及び

天気 も 日照時間 が まあまあ 確保され  平年並み の 売電量 と なった




 エネルギー評論


先月の エネルギー評論 で 我が 別宅の 太陽光発電設備 に ついて  3 年間 の 稼働実績 を 評価した  

  太陽光発電   その 結果


太陽光発電で 自家消費量の 半分 程度を まかなっている が 残りの 半分 は 相変わらず 東電より 購入している

夜間 や 日照が ない時は 買う しか ない ので しょうがない といえば そう だが

せっかく 昼間 大量の 電気量を 生産 している のに 我が家 単位 で 自給が 完結 していない


電気会社 から 見れば 太陽光発電 が 止まった 時の 電力供給 を 準備 して おかなくては ならない

国全体 で 見ると いくら 太陽光発電 が 増えても 他方式 の 電力 供給設備 を 減らす ことは できない

すなわち お天気任せの 太陽光発電 は 原発 や 火力発電 の 代替に なりえない ということ !



私の 信条 は 批判 や 欠点 指摘 だけで 終わらせない こと ! 

では 「 太陽光発電 を これから 隆盛に するには どんな 技術 を 開発する か 」 に ついて 提案する


要は 太陽光発電 で 発電した 電気を 溜めておいて 使いたい ときに 使えるように すればよい


方法 その1  蓄電池 を 使用する

これは すでに 実用化 されている 

夜間など 太陽光 が 発電 しない 時は 蓄電池 の 電力を 使用する

ただ 大容量の 蓄電池を 備える のは 大変 価格 も 10kWh 容量で 200 万円 程度

蓄電池 については 車載用として リチウムイオン電池 など 技術 開発 が 著しい

大量生産 により 価格低下 も 期待できる

ハイブリッドエンジン システム を 併用すれば 高性能 の 自家発電 装置

低容量 蓄電池 でも 家 単位 の 電力自給 が 可能になる



方法その2  揚水発電 を 利用する

揚水発電 は 電力に 余裕が ある時 ポンプで 水を くみ上げ 貯水 し 使いたいときに 貯水池 からの 水で 発電する

ポンプで くみ上げる 電力 を 太陽光発電 で 賄えば 水の 位置エネルギー として 電力 を 蓄える ことが 出来る

高い所に 貯水池 が 必要 なので 家庭用 としては 困難  

現在ある 揚水発電所 を 改良する形 で 適用すれば わりと 容易に " 揚水式 太陽光発電所 " が 可能では



方法その3  燃料電池 を 利用する

燃料電池 は 水素ガス と 空気中の 酸素 を 反応させて 熱 と 電気を 得るもの

水素ガス は メタンガス から 作られる ことが 多い が 水 の 電気分解 からも 製造可能

水素ガス を 作るための 電気を 太陽光 発電 で 賄えば 水素ガス として 電力 を 蓄える ことが 出来る

すべて 一体化 すれば 家庭用 の 小型発電 システム も 可能に なる

また 水素ガス は そのまま 車の 燃料になる など 様々な 分野 で 有用な 物質

太陽光 発電 で 水素ガス を 作る 工場 だけでも 充分 実用的



他にも いろいろ アイデア は あるが いずれも

世間で 開発中 の 技術 を 聞き かじった 私 の 提案 で ある ので いろいろ 問題は ある と思う

ただ 現在の 知識レベル で " あれは ダメだ " " これは 無理だ " と 批判 して 諦める のは 止めたい !

科学技術 の 進歩は 無限 ! 

政府は 人材育成 ( 大学に エネルギー学部 創設 ) や 研究拠点 ( 国立エネルギー研究所 ) の 設立 など

これまで 原発 を 開発 してきた のと 同様  国 を 挙げて 技術 開発 に 取り組む べき

そして 我々 技術者 としては 飽くなき 探求 で 画期的 な 発明・改良 を 目指 して いきたい











【“たかね 電気は”の続きを読む】

たかね うららか

今回の たかね は 陰気な 天気に 始まって 突然 の 大雪

そして 劇的に 晴れて 急激な 季節の 移り変わり


こうなると 嬉しくなって やたら 写真 を 撮る

これが 多すぎて いちいち 説明するのも 飽きてきた


すなわち  2018 年 3 月 下旬

感動 に 満ち溢れた 景色 に 揺られ ながら

淡々と 別宅 生活 を 楽 しんでいる ・



sqoa01DSCN2436.jpg
sqoa02DSCN2440.jpgsqoa03DSCN2445.jpg
sqoa04IMG_9429.jpg
sqoa05IMG_9434.jpgsqoa06IMG_9424.jpg
sqoa07IMG_9436.jpg
sqoa08IMG_9428.jpg
sqoa09DSCN2395.jpgsqoa10DSCN2396.jpg
sqoa11DSCN2437.jpg
sqoa12DSCN2404.jpg
sqoa13DSCN2393.jpgsqoa14DSCN2462.jpg
sqoa15DSCN2457.jpgsqoa16DSCN2458.jpg
sqoa17DSCN2453.jpgsqoa18IMG_9412.jpg
sqoa19IMG_9402.jpgsqoa20IMG_9404.jpgsqoa21IMG_9407.jpg
sqoa22DSCN2460.jpg
sqoa23DSCN2463.jpg











たかね 草木萌ゆ

大雪 で 出鼻 を くじかれた が

いい天気 に なって さー これから

たかね の 春 を 楽 しもう !


木の 花々 も これから 一斉に 咲く

地面 からは どんな 花が 出てくる だろうか


鉢 の 花 の 世話 も バッチリ !

畑 も 植え付け 完了 ー



sqob01DSCN2435.jpg
sqob03IMG_9432.jpgsqob02IMG_9431.jpg
sqob04DSCN2438.jpgsqob05DSCN2439.jpg
sqob06IMG_9405.jpg
sqob07DSCN2455.jpg
sqob08DSCN2456.jpgsqob09DSCN2461.jpg
sqob10IMG_9408.jpgsqob11IMG_9411.jpg
sqob12DSCN2448.jpgsqob13DSCN2366.jpg
sqob14DSCN2442.jpgsqob15DSCN2441.jpg
sqob16IMG_9416.jpgsqob17DSCN2446.jpg
sqob18DSCN2412.jpgsqob19IMG_9420.jpgsqob20IMG_9435.jpg
sqob21DSCN2443.jpgsqob22DSCN2394.jpgsqob23IMG_9433.jpg
sqob24pIMG_9423.jpgsqob25IMG_9430.jpg
sqob26IMG_9330.jpgsqob27IMG_9328.jpg
sqob28IMG_9413.jpgsqob29IMG_9415.jpg










たかね 隣の庭から

日頃 我が別宅 からの 眺め を お送り している が

たまには 隣 の コバヤシさんち の 庭から の 絵 を ・

普段は 畑 の 状況 を 参考に させて もらって いる


ここから の 眺め も 秀逸 !  

春 が いっぱい



sqkc01DSCN2406.jpgsqkc02DSCN2413.jpg
sqkc03DSCN2417.jpg
sqkc04DSCN2415.jpg
sqkc05DSCN2416.jpg
sqkc06DSCN2414.jpg
sqkc07DSCN2408.jpgsqkc08DSCN2407.jpg
sqkc09DSCN2409.jpgsqkc10DSCN2410.jpg
sqkc11DSCN2419.jpg
sqkc12DSCN2422.jpgsqkc13DSCN2420.jpg
sqkc14DSCN2426.jpg
sqkc15aDSCN2425.jpg
sqkc16DSCN2424.jpg
sqkc17DSCN2429.jpgsqkc18DSCN2430.jpgsqkc19aDSCN2431.jpg
sqkc20DSCN2432.jpg











たかね 山も 野も

遠く の 山々 が くっきり 見えて

近く の 物陰 の 雪 も 融けて

紅梅 の 花 が 満開 に なると

春 が 来たー !



sqkbb01DSCN2375.jpg
sqkbb02DSCN2376.jpg
sqkbb03DSCN2379.jpg
sqkbb04DSCN2392.jpg
sqkbb05DSCN2378.jpgsqkbb06DSCN2449.jpg
sqkbb07DSCN2377.jpgsqkbb08DSCN2450.jpg
sqkbb09DSCN2451.jpgsqkbb10DSCN2452.jpg
sqkbb11DSCN2369.jpg
sqkbb12DSCN2374.jpgsqkbb13DSCN2370.jpg
sqkbb14aDSCN2390.jpg
sqkbb16DSCN2367.jpg










たかね この山も

大雪 一過 と なれば

この 山 も ・



sqj01DSCN2356.jpg
sqj02DSCN2355.jpg
sqj03DSCN2349.jpg
sqj04DSCN2357.jpg
sqj05DSCN2350.jpg
sqj06DSCN2354.jpg
sqj07DSCN2352.jpg
sqj08DSCN2353.jpgsqj09DSCN2351.jpg
sqj10DSCN2361.jpgsqj11DSCN2360.jpg
sqj12DSCN2363.jpgsqj13DSCN2358.jpg
sqj14DSCN2362.jpgsqj15DSCN2364.jpg
sqj16IMG_9403.jpg
sqj17DSCN2368.jpg
sqj18DSCN2387.jpgsqj19DSCN2388.jpg
sqj20DSCN2389.jpg











たかね 大雪一過

2018 年 3 月 22 日


天気予報 通り 本日は 気温 17 ℃

昨日の 雪が あっという 間に 融けて


空が 洗われて 甲斐駒 が くっきり

畑 の 土の 色 も ネギの 色 も ・



sqka07DSCN2400.jpg
sqka08DSCN2398.jpg
sqka09DSCN2380.jpgsqka10DSCN2381.jpg
sqka11DSCN2382.jpgsqka12DSCN2383.jpg
sqka13DSCN2391.jpg
sqka15DSCN2373.jpg
sqka16DSCN2385.jpgsqka17DSCN2386.jpg
sqka18DSCN2371.jpgsqka19DSCN2384.jpg
sqka20DSCN2372.jpg
sqka01DSCN2397.jpg
sqka02DSCN2399.jpg
sqka03DSCN2405.jpg
sqka04DSCN2401.jpg
sqka05DSCN2402.jpg
sqka06DSCN2403.jpg










たかね 突然 続き3

2018 年 3 月 21 日

大雪 の 日 に


部屋 の 中 から 

猫 みたい に 炬燵 で 丸く なって


雪中花 を 愛でる ・



sqf92h83DSCN2346.jpgsqf93h84DSCN2347.jpg
sqf91ag06DSCN2343.jpgsqf94ae20IMG_9345.jpg
sqf95e07DSCN2344.jpg
sqf96e19IMG_9344.jpgsqf97e24IMG_9349.jpg
sqf98e47IMG_9371.jpgsqf99e74IMG_9393.jpg
sqf100e80IMG_9398.jpg
sqf101e78IMG_9396.jpgsqf102e81IMG_9399.jpg
sqf103e66IMG_9385.jpg
sqf104e69IMG_9388.jpgsqf105e68IMG_9387.jpg
sqf106e67IMG_9386.jpg
sqf107f70IMG_9389.jpgsqf108f73IMG_9392.jpg
sqf109f72IMG_9391.jpg
sqf110f40IMG_9365.jpg
sqf111f41IMG_9366.jpg
sqf112d54IMG_9378.jpg










たかね 突然 続き2

2018 年 3 月 21 日


は 雪 の 華  満開 の 風情

いずれ 本物 が 楽しめそう だが


ゴジラクレスト は 手が かかる バカ息子

雪 を 落として あげないと 満身創痍 になる


この作業 けっこう 重労働

でも おかげで 

本人 も 本木 ? も サッパリ いい 気分 !
 


sqf61d34IMG_9359.jpg
sqf62b62IMG_9381.jpgsqf63c48IMG_9372.jpg
sqf64c50IMG_9374.jpg
sqf65c38IMG_9363.jpg
sqf66c53IMG_9377.jpgsqf67c63IMG_9382.jpg
sqf68c33IMG_9358.jpg
sqf69c64IMG_9383.jpgsqf70c65IMG_9384.jpg
sqf71d36IMG_9361.jpgsqf72d08DSCN2345.jpgsqf73d12IMG_9337.jpgsqf74d15IMG_9340.jpg
sqf75d11IMG_9336.jpgsqf76d28IMG_9353.jpg
sqf77d39IMG_9364.jpgsqf78d43IMG_9368.jpg
sqf79d60IMG_9379.jpg
sqf80d61IMG_9380.jpgsqf81a80IMG_9400.jpg











たかね 突然 続き1

2018 年 3 月 21 日

突然 の 雪 に 

犬 みたい に 喜び 庭 駆け回って 

撮って いる 




sqf31b35IMG_9360.jpg
sqf32b51IMG_9375.jpgsqf33b52IMG_9376.jpg
sqf34b32IMG_9357.jpg
sqf35b37IMG_9362.jpgsqf36b31IMG_9356.jpg
sqf37g13IMG_9338.jpg
sqf38g18IMG_9343.jpg
sqf39g25IMG_9350.jpg
sqf40g14IMG_9339.jpg
sqf41g26IMG_9351.jpg
sqf42b42IMG_9367.jpg
sqf43d16IMG_9341.jpg










たかね 突然の

2018 年 3 月 21 日

朝 起きたら 突然 の 銀世界 で ビックリ !


天気予報 では いちおう 雪が降る とは 言って いたが ・

都内 でも 横浜 でも 数cm の 積雪 が あった もよう


そういえば 先々月 来た時 ( 1 月 22 日 ) も 大雪 で このくらい 積もった

  雪が積もった  雪が積もったので


あの時 は 気温が -10 ℃ にも なって なかなか 融けなくて 不安だったが

明日の 気温の 予報 は なんと 17 ℃ ! !  

初夏の 気温 だから すぐ 消える だろうね


でも せっかく の インスタ 映え の 景色

さー 撮ろう !



sqf01a10IMG_9335.jpg
sqf02a03IMG_2633.jpgsqf03a04IMG_2634.jpg
sqf04a01IMG_9332.jpg
sqf05a02IMG_9333.jpg
sqf07a22IMG_9347.jpgsqf08a23IMG_9348.jpg
sqf09a45IMG_9369.jpg
sqf10a27IMG_9352.jpgsqf11a55IMG_2636.jpg
sqf12a46IMG_9370.jpg
sqf13a76IMG_9394.jpg
sqf14a77IMG_9395.jpg
sqf15a79IMG_9397.jpg
sqf16b49IMG_9373.jpgsqf17b30IMG_9355.jpg
sqf18b29IMG_9354.jpg
sqf06a05IMG_9334.jpg











たかね 弥生3月に

世の中 とっくに 新年度 ( 2018 年の 4 月 ) に なっている のに ・

ブログ記事 は まだ 3 月の 行動分 が たくさん 残っている

この 在庫を 一掃させる のが また 大変

この状態 自転車操業 という のかな ・ ??



とにかく 弥生 3 月の19 日  たかね へ 出発

お彼岸 に 入って 寒さ も やっと 春モード に


春の 天気 は いつも 荒れ模様 

うららか とは 言い難い



sqa01IMG_9308.jpg
sqa02IMG_9309.jpg
sqa03IMG_9438.jpg
sqa04IMG_9310.jpgsqa05IMG_9311.jpg
sqa06IMG_9312.jpgsqa07IMG_9313.jpg
sqa08IMG_9315.jpg



我が 別宅 は 一見 冬の眠り から 覚めて いない よう

でも よーく 見る と 

桜の 蕾 は 大きく 膨らんで

スイセン も 今年も 顔 を 出し

赤 白 の 梅の花 は ちゃんと 並んで 咲いている



sqa09IMG_9316.jpg
sqa10IMG_9317.jpg
sqa11IMG_9325.jpg
sqa12IMG_9324.jpgsqa13IMG_9326.jpg



私も 春 行動

買ってきた オダマキ ペチュニア ビオラ などを

植える



sqa14IMG_9327.jpgsqa15IMG_2632.jpg
sqa16IMG_9329.jpgsqa17IMG_9331.jpg



今回 は 珍しく 初日から 相方 と 二人

私の 料理 の 腕 を 磨く 機会 が ない  ことに なる が  

ま 楽 で いいね ・
 


sqa18DSCN2341.jpgsqa19DSCN2342.jpg
sqa20IMG_9320.jpgsqa21IMG_9321.jpg
sqa22IMG_9319.jpgsqa23IMG_9318.jpg












たかね 味噌つくり

ttj01IMG_9265.jpgttj02IMG_9231.jpg



この時期 相方や 弟の 楽しみ は 味噌づくり

私の 楽しみ は それを 撮っての ブログ記事 作り


そばで 見てて も 作り方 は 案外 簡単

皆さんも お試し あれ !



ttj03IMG_9249.jpg
ttj04DSCN2314.jpgttj05DSCN2315.jpgttj06DSCN2316.jpgttj07IMG_9220.jpg
ttj08IMG_9236.jpgttj09IMG_9241.jpgttj10IMG_9235.jpgttj11IMG_9244.jpg
ttj12IMG_9238.jpgttj13IMG_9243.jpgttj14IMG_9240.jpgttj15IMG_9239.jpg
ttj16IMG_9246.jpgttj17IMG_9248.jpgttj18IMG_9250.jpgttj19IMG_9251.jpg
ttj20IMG_9252.jpgttj21IMG_9259.jpgttj22IMG_9255.jpgttj23IMG_9253.jpg



二年前 仕込んだ 味噌 を 床下収納庫 より 取り出す

" 手前みそ " と 言うが ごとく 

この 美味しさ は 絶対 どこにも 負けないね !



ttj24IMG_9256.jpgttj25IMG_9258.jpg
ttj26IMG_9261.jpgttj27IMG_9263.jpg










たかね いつもの

最近の たかね での 暮らし方

前半 三日くらい 私一人 で 過ごす

後半 は 我が相方 と 弟 が お母さん を 連れて 三人で やって 来る

しばらく 一緒に 居て 先に 私一人 帰る 

すなわち ひとり 気ままな 別荘生活 と 

みんなで ワイワイガヤガヤ の にぎやか 別荘生活

両方 楽しんでいる



tte01IMG_9228.jpg



みんな 一緒 の 時は 当然 豪勢な 食事

お酒など お土産 も たくさん ある し ・

ヨーグルト 甘酒  燻製 料理 など チャレンジ も



tte02DSCN2307.jpgtte03DSCN2312.jpg
tte04DSCN2306.jpgtte05DSCN2308.jpg
tte06DSCN2313.jpgtte07DSCN2326.jpg
tte08DSCN2311.jpgtte09DSCN2309.jpg



夕食は 一緒 だが 他の 生活パターン は バラバラ

夜中 ひとり TV を 見ながら ・


今日 誤って ヨーグルトを 凍らせた が 食べてみる と 食感 が クリーミー で 中々 よかった

TV では 短時間 加熱 すると ヨーグルト の 食感が 改善する と 言ってる

食べ物って いうのは なんかの 間違い から とんでもない 美味しい ものが 生まれる もの かも ・



tte10DSCN2333.jpg
tte11DSCN2310.jpgtte12DSCN2334.jpg
tte13DSCN2335.jpgtte14DSCN2336.jpg
tte15aDSCN2337a.jpgtte16aDSCN2338a.jpg
tte17DSCN2339.jpgtte18DSCN2340.jpg









たかね 今は

2 月 後半 の たかね

この 時期 は 朝の 最低気温 が -5 ℃ くらい


畑 は ほぼ 休耕 だし 雑草 も ない

梅 と 桜 の 蕾 が やや 膨らんで いる

空 は 澄んでいる ので 山 の 景色 は 良い


ひとり やること と 言えば

楽器 ( リュートモデルノ ) の 練習  なかなか 持続 しない ・

窓の 餌場に やってくる バード ウォッチング  これも 短時間 ・


一生懸命 自分で 食べる 新メニュー に 挑戦 している 

薪ストーブ 焚きながら ・

TV 見ながら ・  



ttb01IMG_9205.jpg
ttb02IMG_9208.jpg
ttb03IMG_2621.jpg
ttb04IMG_9207.jpg
ttb05IMG_9218.jpg
ttb06aIMG_9232.jpgttb07aIMG_9233.jpg
ttb08aIMG_9206.jpg
ttb09aIMG_9219.jpg
ttb10DSCN2317.jpgttb11DSCN2318a.jpgttb12DSCN2320a.jpg
ttb13DSCN2321a.jpgttb14DSCN2322a.jpgttb15DSCN2323a.jpg
ttb16DSCN2327.jpgttb17DSCN2332.jpgttb18DSCN2328.jpg
ttb19DSCN2330a.jpgttb20DSCN2331.jpgttb21DSCN2329.jpg











たかね 如月は

年末年始 は たかね で 過ごした し 

1 月 22 日 の 大雪の 時 も ゴジラクレスト が 心配で たかね に 急行  

一週間 居た


今年に なって 三回目 の たかね だが

ま " 月一回の 定例 たかね 行き " という ことで 

今回 あまり 何をやる ! という ことも ない が


とにかく 2018 年 2 月 22 日 

小雨 の中 たかね に 出発 ー
 

府中スマート I C から 中央フリーウェイ に 乗って

毎度 お馴染み の 景色



tta01IMG_9182.jpg
tta02IMG_9183.jpg
tta03IMG_9184.jpg
tta04IMG_9185.jpg
tta05IMG_9186.jpg
tta06IMG_9187.jpg



たかね 三山 は まるで 水墨画

ガス が 掛かる 山々は 登ってる 時 は イヤな もの だが

下から ながめると 風情 だね ・



tta07IMG_9189.jpg
tta08IMG_9188.jpgtta09IMG_9190.jpg
tta10IMG_9193.jpg
tta11IMG_9191.jpgtta12IMG_9192.jpg
tta13IMG_9194.jpg
tta14IMG_9195.jpg



お ! 久しぶり の なみだ目トラック !

最近 ちょっと インパクト も 無くなった ので 別 の オモシロ車 を 探す


昔は トラック野郎 の 派手な アートデコ が 流行って いたが 最近 は

真面目な ? バス も 全身アート を やってる らしい


こちらの 方が 倶利伽羅 紋紋 という 感じ だが ・

今後 追っかけて みよう !



tta15IMG_9196.jpgtta16IMG_9199.jpg
tta17IMG_9200.jpg
tta18IMG_9198.jpgtta19IMG_9202.jpg
tta20IMG_9197.jpgtta21IMG_9201.jpg



甲府盆地 に 入る と 雨 が 上がる

たかね 地方 は 晴れ が 多い ので 

うれしい ね ~  



tta22IMG_9204.jpg
tta23IMG_9203.jpg












雪道を帰れるか

5 日前 雪が 積もる 直前に たかね に 来て 

無事 ご神木の 積雪被害 を 防ぐ ことが 出来た

めでたし めでたし ・


そのまま 時は 過ぎて

さて 明日は もう 帰らなくては いけない


天気は 抜けるような 青空 である が

気温 は 記録的に 低い !

いちおう 玄関前の 積雪は 取り除いてて

車は 出せそう だが 

その先 どうだろうか



eem01IMG_8657.jpg
eem02IMG_8604.jpgeem03IMG_8605.jpg
eem04IMG_8606.jpgeem05IMG_8607.jpg
eem06IMG_8611.jpgeem07IMG_8614.jpg
eem08IMG_8610.jpgeem09IMG_8613.jpg
eem10lIMG_8638.jpg
eem11IMG_8600.jpg
eem12DSCN2278.jpgeem13DSCN2279.jpg
eem14IMG_8609.jpgeem15IMG_8654.jpg
eem16IMG_8653.jpgeem17IMG_8559.jpg



エイヤ ! と 出発 して みると

高速 は 雪も なく スイスイ


陰の 部分には まだ 雪が 残って いるが

車が 往来する ところは スッキリ


笹子山塊 や 秩父連山 を 眺め ながら

安全運転 で 帰途 へ



eem18IMG_8663.jpg
eem19IMG_8668.jpg
eem20IMG_8667.jpgeem21IMG_8666.jpg
eem22IMG_8670.jpg










雪を 除去したい

いくら 寒くても この日差し なら 太陽光発電 は 3 kW くらいは 発電 している はず

しかし 0.7 kW !   

たぶん パネル に 雪が 積もってる な ・


eeh01IMG_8608.jpg


ということで 屋根に上って 調査  

別宅の 設計段階 から 太陽光発電パネル の メンテナンスが 容易に できるよう 配慮 していたのだ !


eeh02IMG_8643.jpgeeh03IMG_8640.jpg


案の定 3分の1 くらいしか 日に当たってない

お湯 でも かければ 全部 除去できる だろう が 

とりあえず 2 m の 菜園用の 棒で 手動 除去 

半分くらい 落とせば あとは 自然に 溶ける だろう


eeh05aIMG_8628.jpgeeh06aIMG_8629.jpgeeh07aIMG_8630.jpg
eeh04IMG_8622.jpgeeh08aIMG_8631.jpg


しばらく 梯子に 捕まったまま 雪落とし を していたが 

やはり 棒を 先に届かすには 完全に 屋根の 上に 上らざるを 得ない

これが 怖い ! 斜面の 屋根に 雪が 積もっている これでは 立っては いられない


しかし 屋根 に 上ると ホント いい景色 

座り込んで しばし 山の眺め を 楽しむ


eeh10IMG_8634.jpg
eeh09IMG_8632.jpg


座り ながら へっぴり腰 で パネル上 の 雪 除去作業

カッコ 悪くても 安全 第一 なのだ

なんとか 半分くらいは 露出して きたかな ?


eeh11IMG_8636.jpgeeh12IMG_8633.jpg
eeh13IMG_8635.jpgeeh14IMG_8641.jpg
eeh15IMG_8642.jpgeeh16IMG_8656.jpg
eeh18DSCN2299.jpgeeh19DSCN2298.jpg


寒さ と 緊張 の 作業後 

発電量 を 確認 してみると それなりに 増えている ヨシヨシ !

あとは 自然に 雪が 溶けて 正常 発電 に 戻る だろう


eeh20IMG_8652.jpg


" 屋根の上の 雪かき男 "  " セロ弾き の Gさん "

この景色 も プラス すれば ミュージカル でも できる のでは ・

♪ サンライ~ズ サンセ~ット ・ ・  どー どど ど ~ ・ ・


eeh17IMG_2554.jpg
eeh21DSCN2300.jpg











雪の夕富士

もう 飽きるほど 何回も 出てくるが

" 夕の富士 "

なんとか 赤富士 が 撮れてる が

あっ ! と 驚く 出来 には 今一歩 ・



eejl51DSCN2281.jpg
eejl52DSCN2287.jpg
eejl53DSCN2288.jpg
eejl54DSCN2293.jpg
eejl55DSCN2294.jpg
eejl56DSCN2284.jpg
eejl57DSCN2285.jpg
eejl58DSCN2295.jpgeejl59DSCN2296.jpg
eejl60DSCN2286.jpgeejl61DSCN2297.jpg
eejl62DSCN2301.jpg










雪の昼富士

甲斐駒 の 次は 当然 富士山

年末年始 に 撮った 時は 

" 朝の富士 " " 昼の富士 " " 夕の富士 "  の 三連発


今回 やはり 早起き は 出来なかったので

朝 は 撮れず

まず 昼の富士  ( 2018 年 1 月 25 日 )



eejl01IMG_8623.jpg
eejl02IMG_8655.jpg
eejl03IMG_8644.jpg
eejl04IMG_8639.jpg
eejl05IMG_8619.jpg
eejl06IMG_8626.jpg
eejl07IMG_8618.jpgeejl08IMG_8627.jpg










雪の向こうに

たかね で 雪に 閉じ込められて いろいろ ジタバタ しているが

きりっとした 真冬の 天気は  の 眺め を 引き立てる

つい このあいだ 年末年始 も  の 写真 を 大量に 撮った が

今回 も ・  

まずは 雪景色の 向こう の 甲斐駒



eejk01IMG_8615.jpg
eejk02IMG_8637.jpg
eejk03IMG_8624.jpg
eejk04IMG_8616.jpg
eejk05IMG_8620.jpg
eejk06IMG_8625.jpg
eejk07IMG_8659.jpg
eejk08IMG_8658.jpg
eejk09DSCN2290.jpg
eejk10DSCN2291.jpg
eejk11DSCN2292.jpg
eejk12DSCN2289.jpg











雪が積もっても

あの 雪の日 以来 天気は ピーカンで 日差し も 強い が

昼間 も 気温 が 上がらない ので まったく 雪 が 溶けない !

3 日も 経つと 雪 見て ぼーっと という のも 飽きて きた


eef01IMG_8587.jpg


屋上テラス の 雪かき を しようか ? あっても 別に 困らないので そのまま !

裏の 通路 黒い 灰を 撒いて おけば 早めに 溶ける かな ?  

昔の 積雪では マルチ が 効果的 だったが

これだけ 気温が 低い と  焼け石に 水 ? = 白い雪に 灰 ?


eef02IMG_8597.jpgeef03IMG_8621.jpg


ぬくぬく 掘りごたつ に 入って TV を 見る のが 一番 楽 だが

ここは 民放 が 2 チャンネル しか 入らない ので 興味 湧く 番組 も あまり ない 


eef04IMG_8596.jpg


せめて 窓の 外に 飛んでくる 野鳥 の 写真 でも 撮ろう と

エサ場 を 設営


eef05IMG_8592.jpgeef06IMG_8593.jpgeef07IMG_8594.jpg
eef08IMG_8595.jpg


冷静に なって 今 一番 気を付けなければ いけない のは 風邪 を ひかないこと ! 

よって 加湿器 は フル稼働

そして 今 一番 やらねば ならない ことは リュート の 練習  

" フィガロの結婚 " の 早いとこ 全然 できてない !


eef09IMG_8599.jpgeef10IMG_8601.jpg


いろいろ やっても あまり 長続き しない 

基本 別宅 では ゆっくり ・

ちょっと 一服 でなく ちょっと 一杯 に 落ち着く


eef11IMG_2551.jpg


そして あっという間に 夕方になる

気分は 温泉 で ゆっくり 自宅 風呂 

こんなに 寒くても 梅の蕾は 確実に 膨らんでいる


eef12IMG_8660.jpgeef13IMG_8661.jpg


このところの 冷え込み は ホント 異常 ! 

連日 最低気温が 氷点下10 ℃ を 下回る

頼り に なるのが 薪ストーブ  

寝る時でも 太い 丸太を 一本 入れて おけば 朝 部屋が 10 ℃くらい に 保たれて いる


eef14IMG_8598.jpg
eef15IMG_8603.jpgeef16IMG_8602.jpg


夜 ベッドで 異常事態 ! 

余りの 寒さ で カーテンの 下から 冷気 が 噴き出して くる !

そこで 急遽 D I Y  

カーテンの 裾を 止める バー を 取り付け 

そして すき間テープ を 施工

寝る時 は カーテンを まくって 止めれば 冷気の 漏れ は なくなった
 

eef17IMG_8649.jpgeef18IMG_8645.jpg
eef19IMG_8646.jpgeef20IMG_8648.jpg
eef21IMG_8650.jpgeef22IMG_8647.jpg











雪が積もったので

昨日 雪の 降りしきる 中 一生懸命 枝の 雪払い を した おかげで

ゴジラクレスト は 雪景色 の 中で 青々

もし 雪払い を しなかったら 枝に 雪を 溜め込み だらしなく 広がる か 折れる ところ

無理して 昨日 来て よかったー !


eedd01IMG_8575.jpg
eedd02IMG_8576.jpgeedd03IMG_8577.jpg
eedd04IMG_8584.jpg


今回 たかね に 来た 目的 は ゴジラクレスト の 保護 だけ なので

この 雪の中 あと 何を するか ・

ゆっくり なんにも しないで ぼーっと してる のも いいっか


eedd07IMG_2552.jpg
eedd05IMG_8573.jpgeedd06IMG_8581.jpg


じっと してると 寒いだけ なんで あまり ぼーっと してる のも 

運動 のため  家の 前だけ くらい 雪かき する か

柔らかい ( 雪が軽い ) うちに かいて おくと 作業 が 楽

長靴で 土色 を 出して おくと 溶ける のも 早いだろう し ・


 作業前
eedd08IMG_8574.jpgeedd09IMG_8578.jpg
 作業後
eedd10IMG_8586.jpgeedd11IMG_8585.jpg


夕方 に なると 氷点下 7 ℃ 以下 には なるので 汗 かいたら すぐ 室内に 避難

見てる 間に 屋根 から ツララ が 降りてくる


eedd12IMG_2553.jpg


ここだけでなく 関東一円 大雪  東京も 横浜も 20 cm  

数年ぶり の 大雪 みたい

相変わらず スリップ事故 交通難民


eedd13IMG_8554.jpgeedd14IMG_8561.jpgeedd15IMG_8556.jpgeedd16IMG_8557.jpg
eedd17IMG_8558.jpgeedd18IMG_8555.jpgeedd19IMG_8562.jpgeedd20IMG_8560.jpg











雪が積もった

昨日の 雪は 夜じゅう 降り続いて いた

はたして どれだけ 積もった ことやら


朝 起きて ( といっても 昼頃 ) 確認  30 cm くらいか

4 年前の 60 cm だったら 大変だが このくらいなら いずれ 溶ける だろう



eed01IMG_8563.jpg
eed02IMG_8564.jpg
eed03IMG_8567.jpgeed04IMG_8565.jpg
eed05IMG_8568.jpgeed06IMG_8566.jpg
eed07IMG_8570.jpg
eed08IMG_8569.jpgeed09IMG_8572.jpg
eed10IMG_8571.jpg
eed11IMG_8579.jpgeed12IMG_8588.jpg
eed13IMG_8582.jpg
eed14IMG_2550.jpg
eed15IMG_8580.jpg
eed16IMG_8590.jpgeed17IMG_8589.jpg
eed18IMG_8583.jpg











雪が降り始めたら

2018 年 1 月 22 日  

午前中 たかね に 移動して おいて よかった

着いたとたん 土砂降り ? ( 雪の 場合 この表現で OK ? )


気温も 低い ので 地面に落ちた 雪が 溶けない !

あれよあれよ と いう 間に ( 2 時間くらいで ) 銀世界


もちろん 今回 来た 大目的

ゴジラクレスト に 積もった 雪 を 2 m の 菜園用 棒で 叩き(はたき) 落とす


そこで 一句
  


叩き 落とし ても  叩き 落とし ても  枝 の 雪


種田山頭火  " 分け入っても 分け入っても 青い山 " に 因んだ 自由句

どーでしょ ?  夏井センセ ~ ・


eeb01IMG_8536.jpg
eeb02IMG_8535.jpgeeb03IMG_8537.jpg
eeb04IMG_8534.jpg
eeb05IMG_8538.jpg
eeb06IMG_8541.jpg
eeb07IMG_8542.jpg
eeb08IMG_2549.jpg
eeb09IMG_8543.jpg
eeb10IMG_8545.jpg
eeb11IMG_8544.jpg
eeb12IMG_2548.jpg
eeb13IMG_8546.jpg
eeb14IMG_8547.jpg
eeb15IMG_8548.jpg
eeb16IMG_8549.jpg
eeb17IMG_8550.jpg
eeb18IMG_8553.jpg











雪が心配

全ての 天気予報 が 「 今週は 何年ぶりかの 大雪 に なる」 と 言っている

大雪 といえば 4 年前 山梨で 70 cm 積もって 別宅の 雪かきに 緊急出動 した ことがある

  たかね消雪方法  たかね立往生

  
その時 玄関前 は なんとか 除雪 できたが ゴジラクレスト の 枝が 雪で 折れて 被害が ひどかった

今回 は なんとか 先に たかね に 行って 雪 が 枝に 積もる までに 払い落としたい


日曜日から 出かけ たかった が どうしても 所用が 外せず 

午後には 雪が 降り始める という  2018 年 1 月 22 日 月曜日 

たかね へ しゅっぱーつ


水墨画 の たかね への 道

八王子付近 で もう 雪が ちらちら

笹子トンネルを 抜け 山梨盆地に 入ったら 少し 晴れて きたが

たかね に 到着 したとたん 雪の 本降り



eea01IMG_8517.jpg
eea02IMG_8518.jpg
eea03IMG_8519.jpg
eea04IMG_8520.jpg
eea05IMG_8521.jpg
eea06IMG_8522.jpg
eea07IMG_8523.jpg
eea08IMG_8525.jpg
eea09IMG_8524.jpg
eea10IMG_8526.jpg
eea11IMG_8527.jpg
eea12IMG_8528.jpg
eea13IMG_8529.jpg
eea14IMG_8530.jpg
eea15IMG_8531.jpg
eea16IMG_8532.jpg
eea17IMG_8533.jpg











震災 記憶

5 年前の 2013 年 3 月 8 日  

東日本大震災 から 2 年 経って 福島県 南相馬市 を 訪れた

見渡す限り 津波の痕跡

しかし 一本の 松 が 強烈に 印象に 残っていた
 


asp01IMG_0136.jpg
asp02IMG_0139.jpg
asp03IMG_0135.jpg



そして 一昨年 2016 年 3 月 8 日

東日本大震災 5 周年 ということで 南相馬市 の 同じ 場所 を 再び 訪れた

" かしまの一本松 " として 案内旗 が あったが

海霧が 発生していた ため 松の木 本体 は 確認 できなかった



asp05IMG_3736.jpg
asp04IMG_3734.jpg
asp06IMG_3761.jpgasp07IMG_3733.jpg



つい 一週間前 の 2017 年 12 月 27 日

TV で " 一本松 が 枯れたので 撤去される " という ニュース

陸前高田 の 一本松 は 樹脂で 固めても 残している のに ・


でも しょうがない か

跡地 に 風力発電 の プロペラ が 建つ そうだが 

人々の 心を 照らし続ける ために

出来れば  松の 苗も 植えて 欲しい



asp08DSCN2164.jpg
asp09bDSCN2168.jpgasp10bDSCN2165.jpgasp11bDSCN2166.jpg
asp11DSCN2167.jpg
asp12DSCN2171.jpgasp13DSCN2170.jpg
asp14DSCN2172.jpgasp15DSCN2173.jpg
asp16DSCN2174.jpgasp17DSCN2175.jpg











TV よりも

TV の 横  窓の 外の 梅の木 に 鳥の餌 が 置いてある

TV に 飽きたら 寄って来る 鳥たち を 撮る


鳥を 撮る 写真家 ってのは ふつう 望遠レンズ や 三脚など 重い 機材を 担いで

公園の 林の 中や 山奥の 森の 中など 大準備して 出かけている が 


私の場合 薪ストーブ の 暖かい部屋で ソファーに ふんぞり返り 酒でも 飲みながら

手元の カメラ で シャッターチャンス を 待つ


なんの 苦労 も ない しかも よく 撮れる

別宅 様々



aso01DSCN2243.jpg
aso02IMG_8363.jpgaso03DSCN2244.jpg
aso04DSCN2217.jpgaso05DSCN2215.jpgaso06DSCN2213.jpg
aso07DSCN2218.jpgaso08aDSCN2214.jpgaso09DSCN2222.jpg
aso10DSCN2219.jpgaso11DSCN2220.jpgaso12DSCN2223.jpg
aso13DSCN2225.jpgaso14DSCN2224.jpgaso15DSCN2226.jpg
aso16DSCN2227.jpgaso17DSCN2229.jpgaso18DSCN2228.jpg
aso19DSCN2232.jpgaso21DSCN2236.jpgaso22DSCN2237.jpg
aso23DSCN2238.jpgaso24DSCN2242.jpg
aso25DSCN2240.jpgaso26DSCN2241.jpg











年始のTVは

年末の NHK 紅白歌合戦 は 一生懸命 見て 

ブログでは つい先日 すでに 評論を 終了した が   紅白寸評


年が 明けて 見る TV は ウィーンフィル ニューイヤーコンサート

これも 毎年 一生懸命 見てて ブログに 詳細まで 紹介している が   

 たかね新春恒例 2017 年   NewYearコンサート  2016 年


今年は TV の 見疲れ ! それに 追っかけの NHKアナ 渡邊佐和子さん も 出てない し

簡単に ・



asn01IMG_8382.jpgasn02IMG_8383.jpg
asn03IMG_8381.jpgasn04IMG_8386.jpg
asn05IMG_8380.jpgasn06IMG_8385.jpg
asn07IMG_8384.jpgasn08IMG_8391.jpgasn09IMG_8389.jpg



もう一つの 正月TV は 箱根駅伝

これも 2日に わたって 10 時間 以上 見ている わけには いかない し

青学 が 優勝する のは 予想されていたので 

見どころの 山登り、 シード権争い、 タスキが繋がるか、 そして ゴール地点 のみ

D I Y とか 散歩 なんか やりながら 時々 TV 前 に もどって来て 見ている

 

asn10DSCN2255.jpg
asn11DSCN2256.jpgasn12DSCN2245.jpgasn13DSCN2252.jpg
asn14DSCN2247.jpgasn15DSCN2250.jpgasn16DSCN2258.jpg
asn17DSCN2249.jpgasn18DSCN2268.jpg











おせち料理

27 日 たかね に やって来て 30 日 までは 

山を 眺めながら ちびちび 酒 など 一人 静か


31 日に なって 相方ほか 2 人 が やってくると

とたんに ワイワイ ガヤガヤ も ~


みんな お正月用 の 料理つくり に 一生懸命

と いうことで 


12 月 31 日 から 1 月 4 日 まで

ごちゃまん と ごちそう が 並びました




asfa02DSCN2265.jpgasfa01IMG_8359.jpgasfa03IMG_8369.jpg
asfa04IMG_8159.jpgasfa05IMG_8371.jpg
asfa06IMG_8158.jpgasfa07IMG_8162.jpg
asfa08IMG_8364.jpgasfa09IMG_8365.jpg
asfa10IMG_8366.jpgasfa11IMG_8367.jpg
asfa12IMG_8368.jpgasfa13IMG_8377.jpg
asfa14DSCN2264.jpgasfa15IMG_8442.jpg
asfa16IMG_8372.jpgasfa17DSCN2263.jpg
asfa18IMG_8379.jpgasfa19IMG_8164.jpgasfa20IMG_8161.jpg
asfa21IMG_8190.jpgasfa22IMG_8376.jpg
asfa23IMG_8444.jpgasfa24IMG_8443.jpg










料理 準備

近くの K林さんから 「 小型の 燻製炉 余っているから あげるよ ! 」

と いうことで 突然  " 燻製つくり " の 始まり ~


ウインナー 各種チーズ シシャモ そして

燻製を作る 煙チップ棒 を 買ってきて 着火 ー !

6 時間 後 完成  


おせち で 食べたが ま 燻製の においは ちゃんと 付いてるね

美味しかった か ? と 言えば  

それほど でも ・



asfj01IMG_8432.jpgasfj02IMG_8421.jpg
asfj03IMG_8422.jpgasfj05IMG_8424.jpg
asfj06IMG_8425.jpg
asfj07IMG_8426.jpgasfj08IMG_8427.jpg
asfj09IMG_8431.jpgasfj10IMG_8430.jpg
asfj11DSCN2266.jpgasfj12DSCN2263.jpg



これも 隣の A馬さん が 持っている ということで 買った (買わされた) ヨーグルト メーカー

一回 炊く? と 一週間 ぐらい 毎日 ヨーグルト を 食べられる  自宅 で いいね

ブルーベリージャム や ハチミツ を お好みで 加えれば 美味しくて 健康的


たかね での チャレンジ は これを使って " 米麹 (こめこうじ) による 甘酒 作り "

酒粕 も 砂糖 も 一切 使ってないのに 出来立て は 凄~く 甘い !

お湯で 薄めて 丁度よい甘さ   美味しい !
  



asfj13IMG_8361.jpgasfj14IMG_8358.jpg
asfj15IMG_8186.jpgasfj16IMG_8360.jpg
asfj17IMG_8392.jpgasfj18IMG_8393.jpg











冬の山

南の 正面は 富士山 だが 西の すぐ近く は 甲斐駒 鳳凰三山

屋上テラス から カメラ の 望遠レンズ を 通して 眺めると

陽だまり ぬくぬく のまま 即 !

冬山 登山 が 出来る


asej01DSCN2185.jpg
asej02DSCN2275.jpg
asej03IMG_8436.jpg
asej04IMG_8434.jpg
asej05IMG_8435.jpg
asej06DSCN2261.jpg
asej07DSCN2262.jpg


何かと お付き合い がある K林さん の 別荘

たかね に 来た 歴史 は 私と あまり 変わらないが

建物 も 豪華 だし 田んぼ も 畑 も ある 私の 別宅 を 超える !

あそこから 甲斐駒 は 正面 

ただ 富士 が 家からは 見えないらしい


asej08IMG_8454.jpg
asej09IMG_8407.jpgasej10IMG_8453.jpg


歩き回る と 近くの いろんな 山が ・

これは 金峰山 ( きんぷざん ) 特徴ある 五丈岩 が はっきり 見える


asej11IMG_8408.jpg


一番 近くにある 山 だが あまり パッとしない 茅ヶ岳 ( かやがだけ )

さすが 百名山の 深田久弥 が 称した " 不遇の山 "

深田久弥 は この山に 登った時 脳溢血 で 亡くなっている

百名山コレクター の 私 も いずれ 弔いに 登らなくては ・


asej12IMG_8409.jpg


この 丘は 我が 別宅 の 背面に 位置する 丘 

以前は 赤松が 48本 茂っていたが 半分くらいに 減ってしまった

眺めが いい所 なので いずれ 別荘が できる だろうね


asej13IMG_8411.jpg


それとも こんな風に 太陽光発電パネル で 埋まってしまう か ・

asej14IMG_8412.jpg


八ヶ岳は 別宅から 直接 眺められない が 

散歩コース の 途中に 八ヶ岳 ビュースポット は たくさんある


asej15IMG_8415.jpg
asej16IMG_8410.jpgasej17IMG_8416.jpg
asej18IMG_8414.jpg


最後 に アンコール に 応えて  

たかね からの 帰り 韮崎市役所 付近 からの 富士山


asej19IMG_8455.jpg












夕の富士

朝の 富士 は 神々しい !

昼の 富士 は 飽きずに 何度でも 見ていられる !

夕の 富士 は 日没 の 頃 一瞬 赤く 染まる のを 見て 感動する !


赤富士 が 現われる のは 日没時 の 約10分間 くらい 

西の 水平線 に 雲が ない時 のみ

赤が 濃い のは 年に 一度か 二度 

写真に 残すのは 本当に 至難の業



asec01IMG_8138.jpg
asec02DSCN2202.jpg
asec03DSCN2193.jpg
asec04DSCN2196.jpg
asec05DSCN2197.jpg
asec06DSCN2203.jpg
asec07DSCN2204.jpg
asec08DSCN2205.jpg
asec09DSCN2207.jpgasec10DSCN2206.jpg
asec11DSCN2198.jpgasec12DSCN2199.jpg
asec13DSCN2208.jpg
asec14IMG_8135.jpg
asec15IMG_8136.jpg
asec16DSCN2195.jpg
asec17DSCN2194.jpg
asec18DSCN2192.jpg
asec19DSCN2201.jpg











昼の富士

この時期 季節風 が 雲 を 吹き飛ばす ので

貧乏性 による D I Y の 合間 

振り返れば

いつも 富士


句に するのは むずかしい ね



aseb01IMG_8405.jpg
aseb02IMG_8406.jpg
aseb03DSCN2184.jpg
aseb04DSCN2209.jpg
aseb05DSCN2182.jpg
aseb06DSCN2183.jpg
aseb07DSCN2210.jpg
aseb08DSCN2211.jpg
aseb09IMG_8433.jpg
aseb10DSCN2260.jpg
aseb11DSCN2187.jpg
aseb12DSCN2189.jpg
aseb13DSCN2190.jpg
aseb14DSCN2186.jpg
aseb15aDSCN2188.jpg
aseb16IMG_8137.jpg
aseb17DSCN2191.jpg











朝の富士

たかね に 別宅を 建てて 8 年 近く なるが 

これまで 朝の 富士 を 一回も 見たことが なかった

だいたい いつも 起きるのが 10時過ぎ なんでね


2018 年 1 月 2 日

この日は なぜか 全然 眠れなかった

朝方 明るくなって 外を 眺めて ビックリ !


夜明け前 の 富士は 神々しい

この 富士は ずいぶん前 だったが

塩見岳に 登った時 見た 富士

 塩見岳から  2008 年 7 月 30 日



日が 昇ってきて 

では おやすみなさい~



asea01IMG_8394.jpg
asea02IMG_8397.jpg
asea03IMG_8396.jpg
asea04IMG_8395.jpg
asea05IMG_8398.jpg
asea06IMG_8401.jpg
asea07IMG_8400.jpg
asea08IMG_8403.jpg
asea09IMG_8399.jpg
asea10IMG_8404.jpg
asea11IMG_8402.jpg











次のページ

FC2Ad