G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

たかね いつもの電気

uuh01IMG_2223.jpguuh02IMG_1923.jpg
uuh03aIMG太陽光


3 月の 太陽光発電 売電量は  667 kW  24,661 円  例年なみ


 エネルギー評論

この ところの 北朝鮮情勢 の 記事 で 口酸っぱく 言ったつもり で あるが

北 は 日本 の 原発を 攻撃したり テロを 仕掛ける ような ことは しない !

それなのに ああ それなのに 

バカ マスコミ ども は 「 ミサイル を 発射したら 地下鉄を 止める 前に 原発 を 止めよ ! 」

なんて ぬかす やつ が いる !

まさに 不安に 駆られて あたふた している ヤカラ   キムたん の 思う ツボ

キムたん は 日本を 脅す には " 原発を 攻撃する " と 言えば 絶大な 効果 が ある と 分かった


危機 が 発生した 時 は 冷静に その リスク の 可能性 を 考え プライオリティ を 決める のが 大事

地震 の 時 は まず 自分の 身を 守る 行動 を とる のが 一番

山火事 の 時 は 火元との距離 風の向き を 知ること が まず やること

軽井沢 の ビルゲイツ の 別荘 には 核シェルター が ある そうだが 浅間山 火砕流 の方が リスク高 と 思う


原発 は 動いていよう が 止まっていよう が リスク の 程度は 同じ 

福島の 事故の時 は みな 止まっていた

現在の 原発リスク で プライオリティ が 高い のは 事故後 の 対策の 持続性

廃炉 や 補償 の 金額が 膨らみ 電気代 高騰 や 税金 注入 が 避けられない 事態 に なっている こと


これに 対して マスコミ は " 東電 は 身を切って でも 事態 収拾 に 努力せよ ! " との イジメ に 似た 批判 だけ

政府 としては 事故 以来 積極的な 経営 監視 の下 具体的 な 資金投入 回収案 を 示している (以下)

マスコミ は これに 対して もう 少し 建設的 な 意見 を 述べよ ! 


いつも 批判で アジる だけ で 建設的 意見 が 不得意な マスコミ に 代わって 私が 分析する と ・

全体 として かなり 甘い数字  机上の 空論 絵にかいたモチ と までは 言わない が 

官僚 として 希望する 筋書き を 描いた 程度 

他電力の 協力は 期待薄  送配電分離は 収支に それほど 寄与しない 新電力は 東電の 収支には マイナス


書いてない が どうして も やらなければ ならない こと それは ・

・ 停止している 原発 の 再稼働

・ 放射性 廃棄物 処分施設 の 建設


にっくき 東電 と いえども 

原発は 動かすな ! 廃炉を 進めろ ! 避難者の賠償は もっと手厚く ! 電気代は 上げるな !

なんて 好き勝手 言ってたら 原発事故 の 後始末 自体 が 破綻する ! 

現在 各電力会社は 原発停止 補填 の ため 数兆円 の 燃料代支出 が ある

東電にしても 政府注入金を 返す ためには 今後 毎年 5000億円 の 利益確保 が必要

そのためには 原発 再稼働 は 必須 !  ( これがダメなら 他に どんな 案が あるんだ ! と 開き直りたい ! )


そして 廃棄物 処分施設 が できないと 廃炉 は もちろん 除染廃棄物の処分 も 進まない

中間保管施設 など 余計な 金が 永遠に 費やされる

" 原子力は 金づる " という 悪習を 取り払う ためにも 電力業界での 処分場建設 は ムリ 政府主導 で !

  最終処分場


なんだ ! 結局は 原発 推進派 の タワ事か !   と 言う なかれ !


我が国の エネルギー事情 を 鑑みる と  現在 リスク対応 の プライオリティ は

第一 に 原発事故の収拾 を 悲惨な 結末 に 終わらせない こと

そして 安定した 安価な 電力の供給 を 持続させる 体制 を 確立する こと

さらに 国際情勢 が 緊張 しても エネルギーに 不安が 発生 しない こと



火力・水力 原子力 再生可能エネルギー を バランスよく 推進させるのが エネルギーミックス

現在は  原発の 再稼働 および 再生可能エネルギーを 増加させて エネルギーミックス を 完遂 するのが 努力目標

原発廃絶 を 願う人 は " そのあと " 大きく 声を 上げて その方向に 向かって 欲しい ・

  エネルギーミックス


ついでに ・  

東京オリンピック の リスク トップ は テロ でなく 私は " 東京大停電 " と 思っている

猛暑日 と メダル期待種目 が 重なった 時 必ず 電力の 消費量 が 瞬時的に 供給可能量 を 上回る !

TV の 消費電力 は 少なくなった ものの エアコン の 台数は 飛躍的に 増えている  

原発 事故後 みたいに 計画停電 が できれば いいが 最悪 変電所に 負荷が 集中 し ニューヨーク 大停電 と同じ に なる !


そのためにも " 原発 再稼働 "  " 再生可能エネルギー設備 の 増加 " など 

電力供給設備 を 増やして 置き ( すなわち エネルギーミックス を 進展させ ) 

電力 の 余裕度 を 十分 確保して おかねば ならない !




uuh05東電01
uuh06東電補償02











たかね メダカとポトス

我が 別宅の 入り口 にある 池 

といっても 洗い桶 を 埋めた だけ 

といっても 二方から 雨水を 導き 新鮮な 水により 常に 池は 浄化されている

水草 も 豊富 蛙 も 遊ぶ 水生動物 も いっぱい

5 年も 続く ビオトープ


uuga01IMG_2200.jpg


一方 南屋根 の 軒下 大量の 雨だれ が 落ちる ところに 火鉢 が

実は ここも ビオトープ

夏 は 照らされて 水温が 30℃ にも なり 冬 は -8 ℃ で 完全 結氷する

なんとか 植物は 生育する が 

驚いたことに

2 年前 の 5 月 に 飼い始めた 赤メダカ が まだ 元気に 泳ぎ回っている

よく 頑張った !


uuga02IMG_2201.jpg
uuga03IMG_2231.jpg


実は この 火鉢 移動の際 ヒビが 入り 水 が 三分の一 にまで 漏れている

頑張ってる メダカ の ために 入口 の ビオトープ に 移して あげたい

しかし ひょっとして この狭い 火鉢の方が 住みやすい のかも

入口の ビオトープ にも 以前 何回 か メダカ を 放った が ことごとく 全滅

水 が 合わなかった の か 蛙 など に 食べられた か

そうだ ! 火鉢ごと 移動して みよう ! 穴が 開いてる から 水 の 流通は ある し

火鉢を ビオトープ に 置いて 溜めてある 雨水を 流してみる 

今のところ 元気に 泳いでる  ここで 頑張って くれ ~ ・


uuga04IMG_2203.jpg
uuga05IMG_2202.jpguuga06IMG_2219.jpg
uuga07IMG_2220.jpg
uuga08IMG_2226.jpg
uuga09IMG_2225.jpg



さて 家の 中の ポトス

3 年も 室内で 生きている ということは 自作の 自動水やり装置 は うまく 働いている !

しかし このところ 元気が ない 黄色い 葉も 目立つ

おそらく 原因は 寒さ の せい ! 

ここ たかね は 冬場 -8℃ くらい まで 下がる

何週間 か 家に いないと 室内でも -3、4 ℃ くらい に なる

府中でも ベランダ の ポトス は あまり 元気では ない


かくなる 上は 府中 の 室内 ポトス を 持ってきて 植え替えよう !

こちら の 辛うじて 元気な ポトス は 府中に 持って帰り 療養させる

玄関で 広げて 一日作業 の 結果

なかなか いーんでは ないかい


uuga10DSCN1889.jpg
uuga11IMG_2212.jpg
uuga12IMG_2213.jpg
uuga13IMG_2221.jpg
uuga14IMG_2222.jpg











たかね 花もダンゴも

uuf01IMG_2227.jpg


花より 団子 と 言うが  

花 は 見て 楽しむ 団子 は 食べて 楽しむ

庭 には 二羽 ニワトリ が いる  じゃなくてー ! 

庭 には 食材 が いっぱい !
 

uuf02i-phone image 1659uuf03DSCN1922.jpg
uuf04IMG_2187.jpg


今の 旬 は 独活 (うど) 土筆 (つくし) 筍 (タケノコ)  

いずれも 読みにくい 漢字

天ぷら 、 煮物 、 和え物 あるいは 薬味 に

ちょっぴり 苦い 5 月の 香り


uuf05IMG_2140.jpg
uuf06IMG_2141.jpguuf07IMG_2142.jpg


相方 が 先に 帰ってしまう と ひとりで 食事 を 作る ことに  

そう 時間 を 掛けられない ので 必要 最小限  でも 作る のは 苦に ならない

サンショ バジル など 出来るだけ 庭 の 食材 を 使おう と している が

なにしろ まだ 料理 レパートリー が 少ない ! 

TV から 情報 仕入れ


uuf10DSCN1892.jpg
uuf08DSCN1946.jpguuf09i-phone image 1666
uuf11DSCN1893.jpguuf12DSCN1935.jpg


ウチ の 庭 だけでなく トナリ の 庭 も ミンナ の 庭

花 いっぱい  食材 いっぱい

なんだか 豊かな 気分 ・


uuf13IMG_2205.jpg
uuf14IMG_2169.jpg
uuf15IMG_2204.jpg
uuf16IMG_2229.jpg
uuf17IMG_2206.jpg
uuf18IMG_2207.jpg











たかね ついに

百花繚乱 の 中 ひとり 白骨を 晒しているのは シャラの木

この 3 年 全然 葉が 出ない ! 枝 も 乾いて ポキンと 折れる 状態 に なった !

いずれ 倒木する ので ついに 掘り出し を 決断 !



uueb01IMG_2165.jpg



隣の 家 を 隠す ために 植えた

移植時 も 7 m 近く あって しばらくは 葉 を 茂らして いた

根が 深かったら 手掘り 除去 は 無理 かな
?


uueb02IMG_2188.jpg



ダメなら 幹を カット の 覚悟 で 掘り始めたら 案外 早く 傾 く

しかし それからが 大変 根 が 地面に しがみついている

少しずつ 根 を カット しながら ・



uueb03IMG_2189.jpg
uueb06IMG_2192.jpg
uueb04IMG_2190.jpguueb05IMG_2191.jpg
uueb07IMG_2193.jpguueb08IMG_2194.jpg



根 を 一本 切って グラグラさせる が 抜ける 気配 は ない

一回 やると " モーツアルト40番 を Guitar で弾いた " くらい 疲れる ので 一休み

天気も いい 景色も いい ので 根を 切っては 休み 桜を 眺めては 休み  

すぐ 一時間 経過



uueb09IMG_2195.jpg
uueb10IMG_2196.jpg



チンタラ やっていたら 突然 抜けたー

木の 高さ の 割には ほとんど 根が 張って なかった よう

造園業者 の 隣家から 購入した 際 根切り して もらって 一年後 に 移植 した が

ひげ根 が 育って なく ちょっと 移植 が 早かった か ・
 


uueb11IMG_2199.jpg
uueb12IMG_2197.jpguueb13i-phone image 1667



きれいに 抜けた ので 跡地 に シラカバ を 植える

雨水 を 導く 灌漑用 ホース(青色) も そのまま 使える

シラカバ は 成長 が 早い と 聞く 

また 第二の ゴジラ となる かも ・



uueb14IMG_2198.jpg
uueb15IMG_2210.jpg











たかね 玄関前


2017 年 4 月 19 日   百花繚乱の 中で 庭 仕事

uuea01i-phone image 1668


玄関わき の 大型 鉢群

頂いて 置き場所 に 困っていた 耐火煉瓦 を まず 置く

府中から 持ってきた 金の成る木 、 以前から ある 赤松 、 パンジー 、 夾竹桃 など を 体裁よく


uuea02IMG_2143.jpg
uuea03IMG_2144.jpguuea04IMG_2145.jpg
uuea05IMG_2146.jpguuea06IMG_2214.jpg
uuea07DSCN1891.jpg


その 手前 芝 張り

uuea08IMG_2172.jpg
uuea09IMG_2173.jpg


南の 雨だれが 落ちる ところは 弱った 鉢 の 療養所 だが

移植 したて の ヤマブキ ユキヤナギ  もとから ある ミツバ の コンポート


uuea10IMG_2211.jpguuea11IMG_2217.jpg


南 花壇 は 矢車草 の こぼれ種 が ごっそり 出て いる が

合間 に ラベンダー 松葉菊 を たくさん

この 夏 は 楽 しみ


uuea12IMG_2185.jpg
uuea13IMG_2216.jpguuea14IMG_2215.jpg


ユキヤナギ の 鉢 を 門松風 に 玄関 前

uuea15IMG_2218.jpg


ついでに アプローチ の 手直し

uuea16IMG_2208.jpguuea17IMG_2209.jpg


あー しんど ・










たかね 日本一

何 枚 撮って も 何万 枚 撮って も 富士山 は 絵 に なる

それで こそ 日本一 いや ! 世界一 の 山



uudb01DSCN1918.jpg
uudb02DSCN1926.jpg
uudb03DSCN1934.jpg
uudb04IMG_2171.jpg
uudb05DSCN1917.jpg
uudb06DSCN1927.jpg
uudb07DSCN1928.jpg
uudb08DSCN1916.jpg
uudb09DSCN1932.jpg
uudb10DSCN1933.jpg
uudb11DSCN1936.jpg
uudb12DSCN1937.jpg
uudb13DSCN1938.jpg
uudb14DSCN1939.jpg
uudb15DSCN1940.jpg
uudb16DSCN1944.jpg
uudb17DSCN1943.jpg
uudb18DSCN1945.jpg
uudb19DSCN1941.jpg
uudb20IMG_2183.jpg
uudb21IMG_2184.jpg
uudb22DSCN1948.jpg
uudb23DSCN1942.jpg











たかね 甲斐駒 輝く

uuda01DSCN1907.jpg
uuda02DSCN1901.jpg
uuda03DSCN1898.jpg
uuda04DSCN1914.jpg
uuda05DSCN1900.jpg
uuda06DSCN1908.jpg
uuda07DSCN1899.jpg
uuda08DSCN1909.jpg
uuda09DSCN1913.jpg
uuda10DSCN1910.jpg
uuda11DSCN1930.jpg
uuda12DSCN1912.jpg
uuda13DSCN1911.jpg
uuda14DSCN1931.jpg
uuda15DSCN1915.jpg
uuda16DSCN1929.jpg
uuda17IMG_2170.jpg











たかね まず畑

uuc01IMG_2228.jpg


冬の間 十分 休養した 畑

uuc02IMG_2152.jpg


今年の 作付け の ための 土づくり

uuc03IMG_2162.jpg


保存 していた ネギ を 隅に 移動 して

uuc04IMG_2174.jpg


耕して 施肥   石灰 鶏糞 ようリン 化成肥料

uuc05IMG_2175.jpg


そして 畝作り  しかし ここまでやって 腰が 痛く Give up !  あとは 明日の こころだー

uuc06IMG_2176.jpg


用意した 苗  鷹の爪 16 本  オクラ  ピーマン  ジャガイモ (男爵) が 1 kg

uuc07IMG_2179.jpg


ジャガイモ は 面倒 だから カットしたり 灰で覆う ようなことは しない  まるごと ・

uuc08IMG_2180.jpg


鷹の爪 は 虫にも 食われず ほったらかし でも よく 育つ  作付け も 年々 増やす

uuc09IMG_2181.jpg


シシトウ ピーマン は 出来たら 儲けもの という 気持ち で

uuc10IMG_2182.jpg


昨年から の ニンニク は この 6 月 に 収穫 する  楽しみ ・

uuc11IMG_2153.jpg


懸案 だった 畑仕事 が 終わって 一息  吹き渡る 風 が 気持ち 良い ・

uuc12DSCN1923.jpg











たかね 晴れたら

私の 旅行スタイル は " 効率よく 名所を 短時間で 観光 しまくる " のでは なく

名所 と 呼ばれてない ふつー の 場所を ゆっくり さろく  そして

スケジュール なんか 構わず 気に入った 所 には いつまでも 居る 


同じ 景色 でも  

混雑がない 静かな世界 、  雨が降る時の 風情 、  夕間暮れの 心もとなさ  

シチュエーション が 変わって  いとおかし !


ということで 

私は 同じような 写真を 何回 も やたら 撮る


前回 も 撮った 花々たち

晴れたら また 一段と 素晴らしい !



uubb01DSCN1897.jpg
uubb02DSCN1905.jpg
uubb03DSCN1902.jpg
uubb04DSCN1895.jpg
uubb05DSCN1894.jpg
uubb06DSCN1919.jpg
uubb07DSCN1896.jpg
uubb08IMG_2177.jpg
uubb09IMG_2178.jpg
uubb10DSCN1903.jpg
uubb11DSCN1904.jpg
uubb12DSCN1925.jpg
uubb13DSCN1906.jpg
uubb14DSCN1921.jpg
uubb15i-phone image 1665
uubb16i-phone image 1661
uubb17i-phone image 1663
uubb18i-phone image 1664
uubb19i-phone image 1662
uubb20DSCN1924.jpg












たかね 萌える

来て よかった !

植えて 初めて 見る 満開 の しだれ桜

いつも 見るが  ユキヤナギ  レンギョウ

目を 落とす と  タンポポ  スイセン  チューリップ



uuba01IMG_2159.jpg
uuba02IMG_2160.jpg
uuba03IMG_2154.jpg
uuba04IMG_2148.jpg
uuba05IMG_2147.jpg
uuba06IMG_2150.jpg
uuba07DSCN1890.jpg
uuba08IMG_2155.jpg
uuba09IMG_2149.jpg
uuba10IMG_2151.jpguuba11IMG_2168.jpg
uuba13aIMG_2167.jpg
uuba12aIMG_2166.jpguuba14IMG_2161.jpg
uuba15IMG_2156.jpguuba16IMG_2157.jpg
uuba17i-phone image 1658
uuba18i-phone image 1656uuba19i-phone image 1660
uuba20i-phone image 1657uuba21IMG_2230.jpg
uuba22IMG_2164.jpg











たかね 花の世界へ

2017 年 4 月 16 日  

十分 堪能 した 東京の 桜 は 終わった

" また あそこで 見られる だろう " との 期待 を 胸 に 山梨 路


日曜の 午後 上り は いつもの 渋滞 こちら 下り は スイスイ

うす曇り の 春と 夏の 境目  寒い というか 暑い というか ・ 


気分 は アンニュイ  

景色 は 朧 (おぼろ) 


でも たかね は  期待 を 裏切 らない !



uua01IMG_2126.jpg
uua02IMG_2127.jpg
uua03IMG_2128.jpg
uua04IMG_2129.jpg
uua05IMG_2130.jpg
uua06IMG_2131.jpg
uua07IMG_2133.jpg
uua08IMG_2132.jpg
uua09IMG_2134.jpg
uua10IMG_2135.jpg
uua11IMG_2137.jpg
uua12IMG_2138.jpg
uua13IMG_2139.jpg
uua14IMG_2232.jpg
uua15IMG_2233.jpg
uua16DSCN1920.jpg












たかね いつもの電気

tkkh01IMG_1746.jpgtkkh02IMG_1745.jpg
tkkh03IMG太陽光発電2月


2月の 太陽光発電  売電額 は  540 kW  19969 円

2 万円 を 少し 下回った が 昨年 同月 の 売電量 537 kW と ほぼ 同じ

ただ 昨年は 11月~1 月 の 落ち込み が ひどかった のに 今年は それほど でも ない

なぜ ?  天気のせい ?  それとも ?



 エネルギー評論


このところ 国際情勢 が 緊張 気味

ヨーロッパ では 難民問題 に 端を 発した EU 分裂危機

アメリカ は トランプ政権 で アメリカ ファースト そして シリア 爆撃  対 IS で 新型爆弾 投下

隣の 韓国 は 国家 存続 の 危機的 状態  中国 ロシア も ピリピリ


特に 連日 ワイドショー も 含めて TV を にぎやかしている のは 北朝鮮 情勢

マレーシア での 国家関与 暗殺事件 に 続いて このところ ミサイル 発射 画像  

俺は 核 を 持ってるぞ ! と " 窮鼠 猫を 噛む " みたいな ツッパリ 状態

これに 対して アメリカ も 乗せられて 空母派遣 など まじめな 応対


わが国では 

ひょっとして 不測の衝突 に より 核戦争 に 発展 しない か

日本が 戦場に なる のでは ? 

と まじめに 不安がって いる 人も いる

どー しよう ・ ・



ここで 私は エラそうに 上から目線 で まず 結論 から 言う !

・ 北の 脅し は 駄々っ子 の たわごと で 気にする 必要 は ない !

・ 現在の 緊張 は 大国 どおし の 対立 では ない !

   アメリカ は 危ない おもちゃを 持たせない ように

   中国 は 隣 が 言うことを 聞かない 国に ならない ように

   ロシアは どうなろうと どーって ことは ない 

・ 最悪 紛争が 起きた としても 我が国に 影響が 及ぶ ことは ない !



「 なぜ そんな ことが 言える のだ ! 」 と フンガイ されてる 御仁 へ  その 理由

  北の 核兵器 の 能力は 実戦 レベル に 至って いない

  北の 通常戦力 は 圧倒的に 非力 なので 全面戦争 になる ことは ない


また 「 なぜ そんな ことが 言える のだ ! 」 と 言われそう だ が

核兵器 に ついては 原子力 が 専門の 私が 説明する と シリアル になる ので 別の 機会 で 説明する

そして 戦争が 起きるか 起きないか は これまでの 歴史 を 冷静に 調べて みると ほぼ 予測 が できる


一番 最近の 戦争 " 湾岸戦争 " では 

フセイン 政権 に 対 し 国連 の 安保理 が 制裁 を 決めた ため 連合軍 と 戦争 に なった

今回 この パターン の 可能性 は ほとんど ない


その他 の 戦争 というか 紛争 は ほとんど 内戦  

内戦 で それぞれ 大国 が 両陣営 を 後押し するので 長引いた 戦争 も 多い

朝鮮半島 も 北と南 内戦 が 38度線で 休戦中 なの で また 再発する 可能性 が ある ?

これは アメリカ、ロシア、中国 が からむ " 朝鮮戦争 " の 歴史を 見ると 大いに 説明 し甲斐 が ある ところ だが  

  内戦 の 結果 統一 されて 親中国 政権 が できる 可能性 は ない

  また 統一 されて 親米国 政権 が できる 可能性 も ない


結局 落としどころ の 予想 は 

  アメ あげるから お母さん ( 中国 ) の 言うこと を 聞きなさい !

  聞かないと お父さん ( 米国 ) が 直接 おしおき を しますよ !



ところで 「 どこが エネルギー評論 なんだ ! 」 と また 文句が ・

戦争を 考える 時 大事な ことは 歴史 を 知る こと

  " 湾岸戦争 " は 石油 の 利権争い が 発展 して 発生した

  " 太平洋戦争 " の 開戦 最大の要因は 米国が 対日 石油禁輸 を 行なった ことによる

  今回も 中国の 石炭 輸入 禁止  原油 などの 輸出 規制 による 経済 制裁 強化 等々 ・


戦争 と 資源・エネルギー   は 常に 切り離せない











 

たかね 美術館


立ち寄り湯 の 目の前 に 大村美術館

こちらの ほう は 閑散

入館料 は 立ち寄り湯 と 同じ 600 円


「 風呂上り の ラフな 気分で 美術館 見学 なんて 申し訳ない ですね ・ 」

「イエイエ どうぞ お気軽に ご覧 くださーい ・ 」

若い 女性 の 学芸員 ?


大村先生は 女子美大 の 理事 だった ことも あって 女子美 関連 の 作品 も 多い

でも 近代 の 名画家 の 作品 も ・  

充実 した 美術館


館内 は 撮影禁止 だが こっそり 撮る

でも 監視カメラ で バレてる だろう ね

うるさく 注意されない のも いいね !


帰り 大村先生の 像 と 一緒に 写真 撮ろう と したら 

「 撮り ましょうかー ? 」 

「イエイエ 自撮り は 得意 ですからー 」
 


tkkha51IMG_1954.jpg
tkkha52IMG_1955.jpg
tkkha53IMG_1966.jpg
tkkha54aIMG_1968.jpg
tkkha55IMG_美術館01
tkkha56IMG美術館02
tkkha57IMG_1957.jpg
tkkha58IMG_1958.jpg
tkkha59IMG_1960.jpg
tkkha60IMG_1959.jpg
tkkha61IMG_1964.jpg
tkkha62IMG_1962.jpg
tkkha63IMG_1961.jpg
tkkha64IMG_1965.jpg
tkkha65IMG_1956.jpg tkkha66IMG_1969.jpg











たかね 立ち寄り湯

ノーベル賞 を 受けた 大村 智 先生 が 韮崎 に 美術館 と 立ち寄り湯 を 作っている ( 経営している )

と いうことは 以前から 知っていた

絵画 も お風呂 も 大好きな 私 は いつか訪れてみたい と 思っていた が  やっと !


R20 号線 韮崎 市役所 の 前で 釜無川 を 渡り 

そのまま まっすぐ 行く と  目の前 は 甘利山 ( その後ろ 鳳凰三山 )


tkkha01aIMG_1945.jpg


丁寧 な 案内板 に 従って 1 km 程 行く と 道が 狭くなった ところに  

目的 の 武田の郷 白山温泉


tkkha02IMG_1953.jpg
tkkha03IMG_1946.jpg
tkkha04MG_1947.jpg


平日の 16 時 頃 なのに かなり 混んでる  地元の お年寄り に 大人気 の 感

なんと ! 玄関前 に 大村先生 が 居る ! 

周り から かまわれて いた が お忙しそう だった ので 私 は 遠く で 見守る


tkkha05aIMG_0001.jpg
tkkha06aIMG.jpg


お風呂 は 清潔で  湯船から 茅ケ岳 の 眺め も 良い ( 晴れてれば ) 

立ち寄り湯 として なかなか Good !

男湯 の 客 は 20 人 くらい  快適 なのは このくらいまで だな

( 風呂の 写真 は チラシから 抜粋 )


tkkha09IMG大村湯01
tkkha08IMG大村湯02


休憩室 は こじんまり と している が 清潔 で 眺め も 良く 心地よい

絵画 や お花 を 飾ったり など 細やかな おもてなし心 が ヨイ ね


tkkha07IMG_1951.jpg
tkkha10IMG_1952.jpg
tkkha11IMG_1949.jpgtkkha12IMG_1950.jpg
tkkha13IMG_1963.jpg











たかね 収納棚の

収納 の 極意 は 

空き スペース を 利用する  特 に 床面 より 壁面 を

頻繁に 使用する ものは 取りやすく あまり 手にしないもの は 遠く に

見える 収納 を 目指す 隠したい もの は 簡単に 確認 できる ように


ここは 勝手口 の 前室  食品の 貯蔵庫 を 兼ねている

施工前                               D I T 後

tkkgb01IMG_1781.jpgtkkgb02IMG_1784.jpg
tkkgb03IMG_1720.jpgtkkgb04IMG_1783.jpg
tkkgb05IMG_1782.jpgtkkgb06IMG_1786.jpg


ずっと 置き場 不足 だった 梅干し 梅酒 の 置き場 確保 !

tkkgb07aIMG_1922.jpg



洗面・脱衣室 は いくら スペース が あっても 収納 が 追い付かない

これまで 洗面用具 棚 、 タオル・床マット用 棚 、 及び 3 m の 一般 収納 棚 を 作って いる が

最後 の 空き スペース 風呂 入口 の 上部 に 収納 棚 を 追加



tkkgb07IMG_1715.jpgtkkgb08IMG_1716.jpg
tkkgb09IMG_1714.jpgtkkgb10IMG_1788.jpg
tkkgb11IMG_1789.jpgtkkgb12IMG_1790.jpg
tkkgb13IMG_1791.jpgtkkgb14IMG_1792.jpg










たかね 収納棚

tkkga01IMG_1744.jpg


私の 本領 は 庭作業 と いうより 室内 インテリア の D I Y


別宅生活 も 長く なる と 色々 所帯道具 が 増えてくる

家具 は これ 以上 家が 狭く ならないよう もう 増やさない ように している が

水回り には

トイレットペーパー 、 石鹸 、 洗剤 、 柔軟剤 、 漂白剤 、 住宅用洗剤 、 洗面化粧用品

タオル 床マット 〇〇カバー  防虫用スプレー 常備薬 など

様々な  紙 、 布 、 瓶 、 プラボトル 、 箱 、 缶 、 チューブ  が あふれている 


私の 子供の ころは 洗面所 あたり には 洗面器 と 石鹸 それに 手ぬぐい くらいしか 置いてなかった が

今の 時代 簡単便利 と いう ことで やたら ナントカ剤 の オンパレード

本来 別荘暮らし は スローライフ と 言うが ごとく 簡単便利 を 求めては いけない のだ が

ま こだわって 無理 に 原始生活 を する ことも あるまい  

虫よけ器 など ないと 耐えられない ものも ある し ・


長々 と プライバシー を 公開 している ようだが  要するに 言いたいことは ・

最低限 別荘の 雰囲気を 壊さない よう  これらの 所帯じみた 物々を 隠すべく

収納棚 を 作ろう !    

と いう こと ・ !



tkkga02IMG_1709.jpgtkkga03IMG_1747.jpg
tkkga04IMG_1748.jpgtkkga05IMG_1749.jpg
tkkga06IMG_1751.jpgtkkga07IMG_1752.jpg
tkkga08IMG_1753.jpgtkkga09IMG_1754.jpg
tkkga10IMG_1777.jpg
tkkga11IMG_1785.jpgtkkga12IMG_1787.jpg
tkkga13IMG_1778.jpgtkkga14IMG_1779.jpg
tkkga15IMG_1780.jpg











たかね 春仕事

いまや 御神木 と 化した 我が家 の ジャイアント でなく ! " ゴジラ クレスト "

これまで 内部 は 建築足場 に 使う 8 cm 鋼管 で 支え しっかり 倒壊防止 している

他に ロープで 枝を 支える いわゆる 雪吊り も 施工して いたが

ご成長 に 伴い 鋼管 足場 も 雪吊り ロープ も 全て 持ち上がって いる よう 

なんとか 対策 を 取りたい が ここまで 大きく なられる と ね ~

もう 御神木 さま の 御意向 に 逆らう のは 無理な 状況


tkkc51aIMG_1943.jpg
tkkc52aIMG_1936.jpg
tkkc53aIMG_1774.jpg


せめて 玄関アプローチ 踏み石 の 移動 を 行おう

移動 は もう 3 回 いや 4 回目に なる かな

ポカポカ 春の 日を 浴び ながら のたり のたり チンタラ 作業


tkkc54aIMG_1728.jpg
tkkc55aIMG_1727.jpg
tkkc56aIMG_1731.jpgtkkc57aIMG_1732.jpg
tkkc58aIMG_1737.jpg


私の 悪い癖 で 何事 も とっかかり が 遅 い !  しかし ・ 

日が 傾いて くると あれも やらなきゃ と 急に やる気 が でてくる


先月 施工 した 南花壇の 灌漑設備 が あまり 機能 していない !

埋設している 多孔ホース に 追加 穴あけ さらに

ホース を 曲げて 埋設 し直す 等 の 改善作業


tkkc59aIMG_1738.jpgtkkc60aIMG_1739.jpg
tkkc61aIMG_1740.jpgtkkc62aIMG_灌漑設備改良0001


部屋の 鉢 灌漑設備 は 良好  

シュンラン の 花 が 咲いた


tkkc63aIMG_1925.jpgtkkc64aIMG_1924.jpg











たかね 野も畑も

tkkc01aIMG_1926.jpg
tkkc02aIMG_1944.jpgtkkc03aDSCN1831.jpg


春 の 肌 寒

家の 中に 閉じこもりたい が

なぜか ウキウキ して 外に 出たく なってくる

その 原因 は ・ 

チンチョウゲ の 香り


tkkc04aIMG_1743.jpg
tkkc05aIMG_1724.jpgtkkc06aIMG_1725.jpg


香り の 中で 花 仕事

府中 の ベランダ で 増殖 した アマリリス

今年 は 新天地 で 咲 け ー


南花壇 の 主役 に なる と 期待 している ラベンダー

頑張って くれ よ ー


tkkc07aIMG_1757.jpgtkkc08aIMG_1758.jpg
tkkc09aIMG_1773.jpgtkkc10aIMG_1938.jpg


ホントに 元気 な ニンニク 畑  

収穫 が 楽しみ


tkkc13aIMG_1726.jpgtkkc14aIMG_1729.jpg
tkkc15aIMG_1934.jpg


ニンニク の 傍  畑の 空いた ところ

昨年の 成功に うぬぼれて 今年も サトイモ を 植える

時期的 に 早い ので 当分 は マルチ 掛け


tkkc11aIMG_1722.jpgtkkc12aIMG_1723.jpg
tkkc16aIMG_1755.jpgtkkc17aIMG_1756.jpg
tkkc18aIMG_1759.jpg
tkkc19aIMG_1763.jpg













たかね 雪崩も

♪ わか く あかるい うたごえ に なだれ も きえる はな も さく ~

♪ 娘さん ! 山男に 惚れるな よー 山で 吹かれりゃ 若後家さん だよ~

♪ 娘さん ! 山男に 惚れたら よー 息子たち だけは 山に やるな よ~ 

♪ いつか ある日 山で 死んだ ら 古い 山の 友よ 伝えて くれ ~ ・ ・
 


雪崩で 犠牲になった 大田原高校 の 山男たち に 謹んで お悔やみ を 申し上げます


ただ 私は 絶対 山登り は やめない !  

脚 が 動 く 限 り ・

山 が ある 限 り ・



tkke01IMG_1769.jpg
tkke02IMG_1766.jpg
tkke03IMG_1767.jpg
tkke04IMG_1768.jpg
tkke05IMG_1765.jpg
tkke06IMG_1762.jpg
tkke07IMG_1794.jpg
tkke11aDSCN1836.jpg
tkke08IMG_1761.jpg
tkke12aDSCN1837.jpg
tkke13aDSCN1838.jpg
tkke14aDSCN1844.jpg
tkke15aDSCN1839.jpg
tkke16aDSCN1840.jpg
tkke17aDSCN1841.jpg
tkke18aDSCN1842.jpg
tkke19aDSCN1843.jpg











たかね 春の陽に

たかね の 一番 美しい 季節

♪ はる の ひ の はな と かがやく ~

♪ しらかば せせらぎ みなみかぜ ~


水仙 も レンギョウ も 蕾 は 固い けれど

もう 周り から 春 が どっと 押し寄せている 状況 



tkkb01IMG_1770.jpg
tkkb02IMG_1764.jpg
tkkb03IMG_1734.jpg
tkkb04IMG_1736.jpgtkkb05IMG_1735.jpg
tkkb06IMG_1760.jpg
tkkb07IMG_1771.jpg
tkkb08IMG_1776.jpg
tkkb16IMG_1772.jpg



春に なって 押し寄せるのは 花粉

外は 日が陰る と 少々 肌寒い ので

部屋の 中から 窓越し に 見る 紅梅 が 最高 !



tkkb10aDSCN1845.jpg
tkkb11aDSCN1846 (2)tkkb12aDSCN1835.jpg
tkkb13aDSCN1832.jpgtkkb14aDSCN1833.jpg
tkkb15aDSCN1847.jpg



隣 の さくらんぼ の 花 は ほとんど 満開 に なっている が

我が家 入口 の シンボルツリー しだれ桜 の 蕾 は もう 少し

残念ながら 今年 も また 見ごろ には ここに いない だろうね



tkkb16aIMG_1940.jpgtkkb17aIMG_1932.jpg
tkkb18ac02IMG_1733.jpgtkkb19ac03IMG_1793.jpg










たかね 春霞

2017 年 3 月 20 日  桜は まだ 咲いて いない ころ

気温は 平年より 低い が 空模様 は 春 霞 ( はるがすみ )

風雅な ことば だが 一句 は 出ない


恒例 の たかね へ 出発

高井戸 ー 八王子 間 の 高速料金 が 別 料金 で なく 中央高速 の 距離に 含まれる ように なった ので

最も 近い 調布 I C から 乗る


霞 (かすみ) か 雲 (くも) か それとも 花粉 (かふん) か 塵埃 (じんあい) か

霧 (きり) とも 靄 (もや) とも つかず アンニュイ とした いつもの 景色

絶対 書けない 漢字 が 続く が 

これは これで 風情が あって いいね ~  ( 相変わらず 一句は 出ない )


三連休 最終日 の 午後

上り は 大渋滞 だが 下り は スイスイ

眠く ならない ように ・



♪ かすみ か くも か におい ぞ いずる ~

♪ はる は なのみ の かぜ の さむさ や ~

♪ なのはな ばたけ に いりひ うすれ ~



tkka01IMG_1687.jpgtkka02IMG_1688.jpg
tkka03IMG_1689.jpg
tkka04IMG_1690.jpg
tkka05IMG_1691.jpg
tkka06IMG_1692.jpg
tkka07IMG_1693.jpg
tkka08IMG_1694.jpg
tkka09IMG_1697.jpg
tkka10IMG_1698.jpg
tkka11IMG_1699.jpg
tkka12IMG_1701.jpg
tkka13IMG_1703.jpg
tkka14IMG_1704.jpg
tkka15IMG_1706.jpg
tkka16IMG_1705.jpg
tkka17IMG_1707.jpg
tkka18IMG_1708.jpg











たかね 電気は

nnh01IMG_1477.jpg nnh02IMG_1420.jpg
nnh03IMG_1421.jpg
nnh04IMG発電2017年1月


1 月 の 太陽光発電 売電量 は  503 kW  18,626 円

1 月 は 好天 続き で 発電量 は 増えた が 

滞在日が 多かった 事 凍結防止 ヒーター が 働いた ことで 電力 使用量 も 増えた ので

こんな ところ か ・



エネルギー 評論

アラブの 王様たち が 1000 人 の 親族を 従えて 日本に 遊びに 来る という ( 3 月 12 日 に 来た )

もちろん 首脳会談 等 も 行い 研修旅行的 意味 も ある だろうが  とにかく 超 豪遊  

ホテル は 四つ星 以上 移動 は すべて 高級ハイヤー 

飛行機 の タラップ用 エスカレータ まで 持ち込む という


石油 で 潤ってる国 だから しょーがない か とも 思う が よく 考える と

大手 メジャー 経由 で 石油 を 大量に 買ってる のは 我が国

我々 が 汗水 たらして 稼いだ お金 で 彼ら は 遊び 放題 ~ なのだ

やっかみ 半分 うらやましさ 半分 とにかく 資源の ある 国 は い~ね~


ま いくら 嘆いて みた とて 日本 に 石油 が 噴出する はずは ない 

エネルギー関連 で いえば 我が国 は せっかく 稼いだ お金 を どんどん 気前よく 外国へ 供出 している

先月 の ブログ でも 言った が 原発 が 停止 して それを 補完 するのに

これまで 20 兆円 以上 の 燃料費 が 海外へ 流出 している


さて ・   では どうする ?  を 提案する のが 私 の 評論 !

なんだ ! また 原発 再稼働 に 話を もっていく つもり だな と 勘ぐられそう だが  そう では ない !


いろんな 国が ある 中で 石油が 出る のは その国 の 国力 が 強い と いうこと で ある

" 我が国 は 天然資源 に 乏しい という 弱点 を 持っている " という こと を まず 自覚 しなければ ならない

その上 で では 我が国 の 強い ところ は 何 か ? を 考えよう 


誰も が 考える のは 科学技術力 、 芸術文化における 先進性 、 勤勉な 国民性 、 近代的 政治体制  ・

要 は 人的 資源   

江戸の 昔から 人々の 教育に 力を 注ぎ 国民 全部が 努力してきた 結果 である

では この 人的資源 を 武器に 世界に対して どう向かっていくか 日本の 繁栄に どう 結び付けていくか 

具体的に 考えて みよう


ひとまず 我が国 の 第一次産業 で 考えてみる 

エネルギー と 同様 資源 の 奪い合い となっているのが 水産業

これに対して 方向は ひとつ !  我が国は 養殖技術 を 駆使して 資源保護 水産業 に 徹する !

少なくとも マグロ、 うなぎ、 エビ、 カニ、 くらいは 完全養殖 で 賄える ように したい

貝類 海藻類 なども 狭い 日本で 大量の 養殖が 可能  

瀬戸内海、 富山湾、 若狭湾、 むつ湾 ・ みんな 日本の 食料蔵 になり得る


規模と 値段で 海外に対して 競争力 のない 農業

いつも 外国へ 行くと 思う が リンゴ イチゴ ブドウ などは 日本産 が 絶対 美味い

高級品種 を 作る 技術 は 持っている これを 大規模化 すれば 武器 になる

ビニールハウス を 発展させて 施肥 温度管理 など 育成の ノウハウ を 自動化した 農工場 を 推進 したら どうか

省力化 大規模化 による 価格競争力 が 増大する と 思われる


花き の 分野 でも 技術の 発揮どころ は たくさん  交配による 新種 品種改良 など

胡蝶蘭 の鉢 など 今でも 魅力的 なものは ある が 

わが国で植える チューリップ の 球根 くらい オランダ に 負けないもの を 作って 欲しいね


加工技術 で いえば 醸造業   発泡酒 第三のビール など 諸外国 では 絶対 見かけない 

この際 世界中の 人が もろ手を 挙げて 喜ぶ お酒 の 開発 を ! ( 個人的にも 望む )

味噌 醤油 乳酸飲料 など バイオ食品 の 開発も 期待 したい

特保製品 など 身体に いい 食べ物 も   突き詰めれば 薬品 !

世界に 蔓延する 病気 を 撲滅する 薬 を 開発して 欲しい


ここまで 言う と ひ弱 な 日本の 第一次産業 も 頑張れば 大丈夫では ないか と 思えてくる

ただ " すんなりとは いかないかな " とも 思われる

何事 も やり始めは 失敗が つきもの 失敗は成功の基 で 改善しながら より良いものに 近づける 努力 が 大事

そして 周囲 は 失敗したから 止めろ ! 撤退せよ !  と 足を 引っ張る のでは なく 

温かい目で 見守る すなわち 新規技術に 対する チャレンジ に 対して 寛容 で あって 欲しい


例えば 

遺伝子 を 組み替えてまで 品種改良 する のは けしからん !

放射線 を 照射して 発芽抑制 したり 突然変異 を 促す のは けしからん !

もちろん 新技術 に 伴う 副次的な 危険性 の 可能性が ある場合 は 極力 排除 しなくては ならないが

多くの 場合 理解 不能 な もの は 不安 だ ! だから やめろ !  と 自己中心

感情に 結び付ける のでなく 技術 と して 冷静に 受け止めて 欲しい


肥料の 三要素 である カリ肥料  実は 放射能 を 含んでいる 

だから 日本 とは言わず 世界中の 化学肥料を 使っている 畑 は 放射能 だらけ と いえる

ただ 自然にある 放射能に 比べて 少ない ので その 影響は ほとんど 感知 できない

冷えても 美味しい アルファ米は 放射線を 照射して 品種改良した 結果 出来たものである


水産業 農業だけで 長くなったので ひとまず 話を切り上げるが  言いたいことは


頭 を 使って 技術的な 改良、 開発 に チャレンジ する ことが 我が国の 生きる 道 !

周囲 は 応援してくれ とは 言わないが せめて 寛容 で あって 欲しい !














  

たかね 灌漑設備

nnga01IMG_1526.jpg


外仕事 の 続き は お花 の ための 自動 灌漑 設備

目的 は 居間 南 の 花壇 のうち ひさし の 下の 乾燥地域 に 雨水 を 導 く それと

私の 部屋 に 置く 植木鉢 に 雨水 を 導く  ため

方法 は 屋根 に 雨樋 を 置き そこから 細い チューブ で 

南斜面の 乾燥地域 および 室内の 植木鉢 に 雨水を 導く


分かりにくい ので 概略図 を 示す


  nnga00IMG_0001.jpg



作業 は まず テラス で
nnga02IMG_1469.jpg

屋根 に 雨樋 の 取り付け
nnga03IMG_1470.jpgnnga04IMG_1473.jpg

細い 透明チューブ を 接続する
nnga05IMG_1474.jpgnnga06IMG_1475.jpg

ポカポカ 陽気 で 甲斐駒 を 眺めながら
nnga07IMG_1476.jpg

ここが 花壇 の 軒下 水不足 地域
nnga08IMG_1511.jpg

雨樋 の 水 は チューブで 下の タメ桝 へ ここから 穴あき ホース で 地中 給水
nnga09IMG_1513.jpgnnga10IMG_1512.jpg

室内 植木鉢 の 台 つくり  ついでに パーゴラ 補強用 の 支柱 の 塗装
nnga11IMG_1478.jpg
nnga12IMG_1509.jpgnnga13IMG_1510.jpg

植木鉢 に 給水  受け皿 に 溜まった 水 は ポリタン に 排水される
nnga14IMG_1523.jpg











たかね 補修など

nngb01IMG_1525.jpg


天気が 良いと 外仕事

屋上テラス の 床材 が 腐って 一部 ベコベコ してきた ので 交換 修理

角状パネル板 を 2 枚 交換する だけ だが

その前に 端材 で 強度 追加 そして 塗装 で 耐 腐食 強化

交換 後 安心して 飛び乗れる テラス が 心地 よい



nngb02IMG_1422.jpg
nngb03IMG_1435.jpg
nngb04IMG_1423.jpgnngb05IMG_1424.jpg
nngb06IMG_1433.jpgnngb07IMG_1434.jpg
nngb08IMG_1425.jpg
nngb09IMG_1436.jpg
nngb10IMG_1437.jpg



なかなか 仕事を 始める のが 遅い 私 だが 

一旦 やりだしたら あれも これも やりたくなって 止まらない

冬は スペースが 空いて 目立つ ところ に ヤマブキを 移植

掘る 穴が 異常に 大きい のは 底の 部分に これまで 溜まっている 草木灰 を 捨てる ため

やがて レンギョウ ユキヤナギ と ともに この付近 白と 黄色で 覆われる



nngb11IMG_1441.jpg
nngb12IMG_1442.jpgnngb13IMG_1444.jpg
nngb14IMG_1443.jpg












たかね 味噌作り

ゴールドクレスト は ゴジラクレスト に なるまで 7 年の 年月 が かかった

我が家で 作る 味噌 も 3 年 寝かせる 必要が ある  

私は 製作 に 一切 かかわってない が ( すなわち 撮影だけ ) 

今回 の 仕込み に 際 し

皆さん に 味噌 の 作り方 を 伝授する



nnfb00aIMG_1524.jpgnnfb00bIMG_1514.jpg


良質な 大豆 (2 kg) を 一晩 水に 漬け その後 柔らかくなるまで 約 2 時間 40 分 煮る

nnfb01IMG_1448.jpgnnfb02IMG_1447.jpg


煮上がった 豆を 取り出し 水を 切る

nnfb03IMG_1452.jpgnnfb04IMG_1451.jpgnnfb05IMG_1482.jpg


米麹 1 kg  麦麴 1 kg  精製されてない塩 1 kg  を 用意  

nnfb06IMG_1479.jpgnnfb07IMG_1480.jpgnnfb08IMG_1481.jpg


3 種類 を よーく かき混ぜる

nnfb09IMG_1485.jpgnnfb10IMG_1488.jpgnnfb11IMG_1489.jpg
nnfb12IMG_1487.jpgnnfb13IMG_1486.jpgnnfb14IMG_1491.jpg


水を 切った 大豆 は 少しずつ ミキサー で 砕く  食感を 残すため あまり 細かく やらない !

nnfb15IMG_1496.jpgnnfb16IMG_1497.jpgnnfb17IMG_1498.jpg
nnfb18IMG_1484.jpgnnfb19IMG_1483.jpgnnfb20IMG_1490.jpg


ペースト状の 大豆 に さっき 混ぜた 米麹、麦麴 と 塩 を ふりかけ よーく こねながら 味噌ダンゴ を 作る

nnfb21IMG_1492.jpgnnfb22IMG_1493.jpgnnfb23IMG_1494.jpg
nnfb24IMG_1495.jpgnnfb25IMG_1500.jpgnnfb26IMG_1501.jpg


漬けダル に 味噌ダンゴ を 並べ 積み重ねて いく  この時 さらに 米麹、麦麹 と 塩 を ふりかける

nnfb27IMG_1502.jpgnnfb28IMG_1503.jpgnnfb29IMG_1504.jpg


全体を 混ぜながら 極力 空気が 含まれないよう 味噌 を 漬けダル に 満たす

nnfb30IMG_1505.jpgnnfb31IMG_1506.jpgnnfb31IMG_1507.jpg


漬けダル の 内側 を 焼酎 で 消毒する  表面を 平らに ならし ラップ で 密封する

nnfb32IMG_1508.jpgnnfb33DSCN1807.jpgnnfb34DSCN1808.jpg


1 kg の重しを載せ 蓋をしたら ほぼ かんせーい  製造日など の ラベルを 張る のを 忘れない ように 

nnfb35DSCN1809.jpgnnfb37DSCN1811.jpgnnfb38DSCN1812.jpg


3 年 も 貯蔵する ので 保管場所 は 床下 が 適当

nnfb39DSCN1814.jpgnnfb40DSCN1815.jpgnnfb41DSCN1816.jpg


忘れていた いろんな ものが 出てくる  3 年 経った 自作味噌 の 味は もちろん 絶品 !

nnfb42DSCN1817.jpgnnfb43DSCN1818.jpgnnfb44IMG_1499.jpg












たかね 食事は

たかね での 食事

豪華に 見える が たまに 人を 呼んだ時 だけ

普段 は 普通 の 食事



nnfa01IMG_1459.jpg
nnfa02IMG_1432.jpg
nnfa03IMG_1446.jpg
nnfa04IMG_1515.jpg
nnfa05IMG_1517.jpg
nnfa06IMG_1516.jpgnnfa07IMG_1518.jpg
nnfa08IMG_1519.jpg
nnfa09IMG_1520.jpg
nnfa10IMG_1521.jpg
nnfa11IMG_1522.jpg
nnfa12IMG_1445.jpg
nnfa13IMG_0998.jpgnnfa14IMG_0999.jpg











たかね 鳥を

梅の木に 刺した リンゴ の 餌を 食べている のは キビタキ の 仲間 か ?

こちらは 居間 で 座って 見学 している

見られて いるので 心配 だが 餌 の 誘惑 には 負ける

こちらを 見ながら 周りを 見ながら

あわてて 食べてる 様子 は おもしろい

飽きずに 日長 撮る



nnda01DSCN1778.jpgnnda02DSCN1775.jpg
nnda03DSCN1779.jpgnnda04DSCN1780.jpg
nnda05DSCN1781.jpgnnda06DSCN1782.jpg
nnda07DSCN1785.jpgnnda08DSCN1787.jpg
nnda09DSCN1788.jpgnnda10DSCN1789.jpg
nnda11DSCN1793.jpgnnda12DSCN1792.jpg
nnda13DSCN1790.jpgnnda14DSCN1795.jpg
nnda15DSCN1794.jpgnnda16DSCN1796.jpg
nnda17DSCN1797.jpgnnda18DSCN1798.jpg
nnda19DSCN1799.jpgnnda20DSCN1801.jpg
nnda21DSCN1802.jpgnnda22DSCN1803.jpg
nnda23DSCN1804.jpgnnda24DSCN1805.jpg
nnda25DSCN1806.jpgnnda26DSCN1819.jpg
nnda27DSCN1821.jpgnnda28DSCN1824.jpg
nnda29DSCN1825.jpgnnda30DSCN1827.jpg












たかね 梅に

どんなに 寒くても 紅梅 が 咲けば 春の 訪れ を 感じる

" 梅 に ウグイス " と いうが 餌 を 置くと 弱肉 強食

図体 (ずうたい) の 大きい なんかの 鳥 が 場所 を 占領する



nnd01IMG_1464.jpg
nnd02IMG_1463.jpg
nnd03DSCN1755.jpg
nnd04DSCN1758.jpg
nnd05DSCN1756.jpg
nnd06DSCN1757.jpg
nnd07DSCN1776.jpg
nnd08DSCN1771.jpg
nnd09DSCN1820.jpg
nnd10DSCN1828.jpg











たかね この山も

心優しい 私 は あまり 目立たない 山々も 紹介する のだ


五丈岩 を いただく 金峰山 ( きんぷ ざん )
nncg01IMG_1528.jpg
nncg02IMG_1543.jpg

ゴツゴツ岩 の 瑞牆山( みずがき やま ) かな ?
nncg03IMG_1529.jpg

不遇な 山 茅ガ岳 ( かやがだけ )
nncg04IMG_1527.jpg
nncg05IMG_1557.jpgnncg06IMG_1558.jpg

甘利山 ( あまり さん ) と 櫛形山 ( くしがた やま ) の 裾野 部分
nncg07IMG_1555.jpg











たかね 富士は

富士 は 甲斐駒 と 並んで いつも 別宅 から 見えている

たまには

別宅 から で ない ( 途中の道から 等 ) 富士 を お送りする



nnce01IMG_1548.jpg
nnce02IMG_1549.jpg
nnce03IMG_1550.jpg
nnce04IMG_1551.jpg
nnce05IMG_1552.jpg
nnce06IMG_1553.jpg
nnce07IMG_1554.jpg
nnce08IMG_1556.jpg
nnce09IMG_1560.jpg











たかね 八ヶ岳は

周囲の 山で 八ヶ岳 は 最も 近い 位置 に あるが

別宅 は 八ヶ岳 に 背を向けて 建っている ので 少し 家を 離れないと 望めない

今日 は 買い物 ついで   この 名峰 を たっぷり

編笠山  権現岳  阿弥陀岳  赤岳 ・

あ ! 赤岳小屋 も 見える !



nncd01IMG_1530.jpg
nncd02IMG_1532.jpg
nncd03IMG_1531.jpg
nncd04IMG_1533.jpg
nncd05IMG_1534.jpg
nncd06IMG_1535.jpg
nncd07IMG_1536.jpg
nncd08IMG_1537.jpg
nncd09IMG_1538.jpg
nncd10IMG_1539.jpg
nncd11IMG_1540.jpg
nncd12IMG_1541.jpg
nncd13IMG_1546.jpg
nncd14IMG_1544.jpg
nncd15IMG_1542.jpg
nncd16IMG_1545.jpg











たかね 甲斐駒は

たかね の 別宅の そばで いつも 当たり前 の ように そびえている 甲斐駒

この 時期 カメラ を 通して 見る と あらためて 素晴らしい !



nnc01DSCN1760.jpg
nnc02DSCN1763.jpg

これは 甲斐駒 の 引き立て役  左に 連なる 鳳凰三山
nnc03DSCN1761.jpg
nnc04DSCN1762.jpg
nnc05DSCN1764.jpg
nnc06DSCN1765.jpg
nnc07DSCN1767.jpg
nnc08DSCN1768.jpg
nnc09DSCN1766.jpg
nnc10IMG_1471.jpg
nnc11IMG_1472.jpg
nnc12IMG_1430.jpg
nnc13IMG_1431.jpg
nnc14IMG_1453.jpg
nnc15IMG_1454.jpg
nnc16IMG_1455.jpg
nnc17IMG_1457.jpg
nnc18IMG_1456.jpg
nnc19IMG_1458.jpg
nnc20IMG_1547.jpg











たかね 冬の庭

二月の 後半 で 日射 の力 は 強くなった と 感じる けれど

今朝の 気温 は - 7 ℃  霜柱 が いっぱい

まだ 庭仕事 を する 時期 では ない


雑草のない さっぱりとした 我が庭 の 見 回り

今 や 名前 も " ゴジラ クレスト " と なった 巨大 御神木 は 眺め がい が ある ね

畑 には 寒くて も ほっておいて も 育つ ニンニク が 順調 に 生育



nnb01IMG_1440.jpg
nnb02IMG_1460.jpg
nnb03IMG_1461.jpg
nnb04IMG_1462.jpg
nnb05IMG_1419.jpg
nnb06IMG_1450.jpg
nnb07IMG_1449.jpg
nnb08IMG_1429.jpg
nnb09IMG_1426.jpg
nnb10IMG_1427.jpg
nnb11IMG_1468.jpg
nnb12IMG_1438.jpg
nnb13IMG_1428.jpg













たかね 冬なのに

2017 年 2 月 21 日  たかねに出発

この 時期 空気 が 澄んで 山 の 眺め が よい

いつもの 行きがけ の 道  やはり 撮る



ビール工場 と 競馬場
nna01IMG_1384.jpg
nna02IMG_1385.jpg

今日は 奥多摩の 大岳山 が 特に 目立つ
nna03IMG_1386.jpg
nna04IMG_1388.jpg

ヤクルト丸ビル の 向こう 強風による 土埃り が 舞う
nna05IMG_1387.jpg

この時期 だから こそ 日野橋 付近 から 富士 が 正面 に
nna06IMG_1389.jpg

珍しく 高速で モノレール に 遭遇
nna07IMG_1391.jpg

富士 と モノレール セットで 撮りたかった が 邪魔が 多く うまく 撮れない
nna08IMG_1390.jpg

石川 SA 手前で 大岳山 とは お別れ
nna09IMG_1392.jpg

扇山は 高速から 見ると 二重に 重なっている
nna10IMG_1393.jpg

正式な 頂上 は 向こう の 方
nna11IMG_1394.jpg

談合坂 SA 手前で 前衛の 山に 隠れてしまう
nna12IMG_1395.jpg

これまで ここを 扇山 と 何度も 紹介して 失礼 しました
nna13IMG_1396.jpg

そこを 過ぎて 一瞬 扇山 が 真横に 見える 所が ある これを 撮る のは 至難の業
nna14IMG_1398.jpg

百蔵山 は 落ち着いて 撮れる ホッと するね
nna15IMG_1397.jpg

岩殿山 あたり は 高速の 分岐点 周囲の 車に 気を 配りながら 撮る
nna16IMG_1399.jpg

大月トンネル を 抜けた ところで 一瞬 ( 2秒くらい ) 見える 富士山  撮れる 確率は10 回 に1 回 か
nna17IMG_1400.jpg

笹子トンネル を 抜けて 真横に 秩父連山  今日は 妙義山 まで 見える
nna18IMG_1405.jpg



甲府盆地 に 入ったら 甘利山 櫛形山 を 前衛 に 南アルプス が 見 放題

甲斐駒 北岳 間の岳 を 堪能 したら 次は 八ヶ岳
 

nna19IMG_1404.jpg
nna20IMG_1408.jpg
nna21IMG_1409.jpg
nna22IMG_1412.jpg
nna23IMG_1411.jpg
nna24IMG_1413.jpg
nna25IMG_1416.jpg
nna26IMG_1415.jpg
nna27IMG_1417.jpg
nna28MG_1410.jpg
nna29IMG_1414.jpg


時間 は かかってる と思う が あっという 間 に 別宅 へ 着 く

nna30bDSCN1769.jpg











たかね アンコール

アンコール に お応え して 再 び 富士山

年 が 明けて 初めて の 赤富士



daa51cid_989388F3-25D0-47F9-BC56-E04A14F9EB0D.jpg
daa52xDSCN1732.jpg
daa53DSCN1741.jpg
daa54DSCN1751.jpg
daa55DSCN1742.jpg
daa56DSCN1743.jpg
daa57DSCN1744.jpg
daa58DSCN1745.jpg
daa59DSCN1746.jpg


たかね からの 帰り 

20 号線 から 中央高速 から 富士 が 見送って くれる

どこまでも 富士 は やさしくて 美しい ・



daa60cccIMG_0852.jpg
daa61cccIMG_0853.jpg
daa62cccIMG_0854.jpg
daa63cccIMG_0855.jpg












たかね 電気エネルギー

jjjDSCN1737.jpg

jjjIMG_0440a.jpg jjjIMG_0660.jpg
jjjIMG太陽光発電1 月


今回 年末年始 に たかね に 行った ので 11 月 と 12 月 の 積算量 が 示されている

  11 月 の 売電量 は  401 kW  14,844 円

  12 月 の 売電量 は  464 kW  17,161 円

昨年 は 11 月 12 月 の 半分くらい 家族 が 滞在 していた

それと 冬場 は 凍結防止ヒーター の 電力 が かさむ

それにも かかわらず 売電量 が 大幅に 増えた のは 

12 月 の 日照時間 が 長かった のが 原因 か

ヒーター電力 も それほど 増えてない のは 昨年は 暖かかった ?




エネルギー 評論

昨年は 英国の ユーロ離脱 I S によるテロ 米大統領に トランプ氏 当選 など 国際的 には 激動の 時

今後 国際情勢は 大国の国益が しのぎを削り 緊張が増す方向に 進むのは 必至 と考える

好むと 好まざる にかかわらず 我が国も 少なくとも 国益が 侵されないよう 気を配っておく 必要がある


エネルギー分野 に 限って 話を 進める と  

資源の ほとんどを 輸入している 我が国 は 常に 膨大な 額の 国益が 海外へ 流出 している

それに 石油 天然ガス については 産地が 偏在し 安全保障の 問題が からんでいる 

憲法で 制限のある 我が国 は 安全保障の 面に おいては グローバルには 弱者の 立場

そもそも 国益と 安全保障 は 表裏一体  中東で 石油を 得られる のも 米国の 安全保障 の おかげ


敗戦国の日本 としては 安全保障については 今のところ 米国に頼るしかない

そして 資源で言えば 我が国に 石油や 天然ガスが出ない のを 嘆いても しょうがない 

この条件の中で  国益の 流失対策 を なんとか 考えなくてはならない

一番 いいのは 自前の 資源 で まかなうこと だが  ここで 電力エネルギーに 話を 絞る と

以下 は 昔から よく見る 発電量 の 火力 水力 原子力 等 の 割合
 

jjjkk02ajapan-electricity-proportion.jpg


1971 年 の 石油ショック の 反省から その後 原子力 の 台頭 天然ガス への 転換 で 石油の 割合 は 大きく 減った

そして 2011 年 の 原発事故 で 原子力 の 割合が いきなり ゼロ に なる 

ずっと 昔から 努力している 太陽光 などの 新エネルギー は 原発事故後 も 含めて 有効な 割合に 達していない


これから 言える ことは

当初の 目標 通り 発電における 石油の 割合は 大幅に 減少している 

しかし 石油 は 車の燃料 や 化学産業 にも 使う ので 全体としては ガソリン や ナフサ の 価格安定 に 寄与した 程度

原発事故 後 は LNG 石炭 石油等 の 化石燃料 が 90 % 近くを 占めている

化石燃料 は ほぼ100% 輸入で あり 国同士の エゴが ぶつかる セキュリティ の 影響を モロに 受ける地域でもある

すなわち  不安定な セキュリティの中で 膨大な 国富の 流失 が いまだに 続いている ! 

これは ほんとに由々しき事  

トランプ の つぶやき で 日本の 電力生産 が 壊滅する 可能性 は 余るほど ある !!


石油代替 の 天然ガス は これまで インドネシア マレーシア オーストラリア など

比較的 セキュリティ に 問題がない ところから 輸 入しており 優等生 と 言える が  

原発事故 以来 中東 や アフリカ ロシア など 難しい国 との 付き合い も 増えてきた

スポット買い のため 当然 価格 は 高い  

ただ 今後 アメリカ の シェールガス に 取って代わる という 予想 も ある これが はたして 吉 と でるか ・
   


jjjkk02bLNG-import-by-country.jpgjjjkk03shalegas.jpg


先月の ブログで 言った通り

原発が 止まった分 買い増した 天然ガス 等 は これまで 20 兆円 を 超えている

また 世界で 突出した 天然ガス消費国 になった 日本に 対して 今後 様々な 圧力が かかってくる

CO2 削減 からも なんらかの が 世界中 に 出来てくる と思われる

メキシコ にも が できる ようだが  今年 の 流行語 は 間違いなく   

隣の国 も 万里の長城 を 延伸 し 世界中 を 囲み 始めて いる


ここで 我が国が とる立場 は  電気エネルギー に 限って 言えば

現在 国が 目標 と している エネルギー ミックス を 遂行する !  分かりやすく 言えば

 1 原発を 再稼働し 三分の一 を 賄う

 2 再生可能エネルギー 水力 新エネルギーを 促進 し 三分の一 を 補う

 3 化石燃料による 火力発電 を 三分の一 までに 落とす

すなわち 世界情勢が 不安定に なっても いかように 対処する 準備を しておくこと が 国の 危機管理


ここで 話の方向を変え  守る立場 でなく 我が国が 積極的に 攻勢に 転じる ことは できないか

我が国 には 資源 は ない が 強みは 人的 資源   科学技術力 マネジメント力 文化力 など 

隣の 偏屈な 国 が レアメタル 輸出禁止 と 脅しても 技術力で 代替など 対応 し 何の 影響も ない

思えば 80 年前 アメリカ の 石油禁輸 で 太平洋戦争 が 始まった  あの時 我が国の 技術力 が 圧倒 して いれば ・


私 は 原発については 技術大国の 日本が 世界の リーダー になって デファク トスタンダート を 作っていくべき と思う

事故を 起こした 日本は 世界に 率先して 脱原発を 進めるべき と 日本では 言われるが 世界では 着々と 原発建設 は 進んでいる

最近は 過剰安全の日本製でなく 中国 韓国が やたら 世界中で 原発を作っている らしい

グローバルな 視点で 見れば 我が国の 原発に対する 扱いは 異様に見える

世界中に 何百も 原発があるが こんなに 安全だ 安全だ と 騒いでいる 国 が あろうか


人材を 積極的に 投入する 意味では 現在 停止している 原発 再稼働 に まず 注力しなければ ならない

再稼働 に 関しても 我が国 では 我が国の 得意分野 である 科学技術 が まったく 信頼されていない !

もちろん まず 先の 事故を 織り込んだ 世界一 厳しい 安全基準 を クリア しなければ ならないが

ただ いくら 技術的 に クリアしていても さらに 地元の了解を 得なければならない 因習 ? が ある

ここでは 政争の具 と なったり 金づるの奪い合い と なったり  非常識な エゴ意識 が あったり ・・

冷静な 論理 でなく 感情の ぶつかり合い なので 決着する にしても 異様な形 に なる  

「 結局 カネメ でしょう 」 は 名言 !  


この ブログ では これまで 放射線 を 正しく 理解 しましょう ! とか 

ゴミ処理場 みたいな 迷惑施設 を 地元の合意 で 建設する のは 国民の 品位だ ! なんて

一生懸命 原発 を 応援 してきた が  

国益 と 安全保障 そして グローバル な 観点から 考えてみる と

我が国 の 原発政策 は 案外 すんなり 進む かも しれないね

全原発 が 再稼働 すれば 少なく とも 国家予算 規模の 国益の流失 は 防げる !

安全保障的 に 面倒な 国からの 燃料購入 も 減らせる

原発を 政争の具 と したり たかり の 対象 とする ことも ない


本当 に そうなる ?  できるかなー ?

たぶん 国益優先と 緊張拡大の 世界情勢 により そうせざる を 得なく なる

日本は もともと 黒船でも 来ないと 変わらない 国 だから












たかね 美術品

我が 別宅 も 当初の 基本コンセプト 通り 美術館 の 様相 に なってきた

今ある 絵画 工芸品 を 紹介 しよう

お宝鑑定団 に 出せば ひょっとして 大化け値段 が 出るのも あるかも しれないが

それは 私が 死んだあと 誰かに やってもらおう

それまでは 自分で 鑑賞して 楽しんでいる



hh11oojIMG_9730.jpg
hh12IMG_0845.jpg
hh13IMG_0663.jpg
hh14IMG_0664.jpg
hh15IMG_0836.jpg
hh16IMG_0839.jpg
hh17IMG_0844.jpg
hh18IMG_0840.jpg
hh19IMG_0842.jpg
hh20IMG_0841.jpg
hh21IMG_0843.jpg
hh22IMG_0838.jpg
hh23IMG_0837.jpg
hh24IMG_0846.jpg
hh25IMG_0847.jpg
hh26IMG_0848.jpg
hh27IMG_0849.jpghh28oojIMG_9731.jpg











たかね 表装

たかね は 今日も いい 天気

gg01abdIMG_0671.jpg


NADAちゃん の Web shop で 買った インドネシアン・テーブルランナー

和服生地 に 似た 立派な 絹織物  汚れてる テーブルなんかに 置く 気に ならない


gg02ppeIMG_9693.jpg


ちょうど このあいだ 足立美術館 で 買った 大観 の スカーフ ( 風呂敷 ? ) が ある 

二つ とも タペストリー が お似合い だ ね ・


gg03ppeIMG_9695.jpg


タペストリー用 ポール は 定尺 が 90 cm  

二つ の 横幅 が 30 cm 60 cm なので カットすれば ちょうど 使える


gg04ppeDSCN15.jpggg05ppeDSCN1552.jpg


ポールの スリットに 布 を 挟む だけだが きれいに 表装する のは 意外に 難しい

何回か トライ して なんとか  シワは 残ってるが 飾っているうちに 伸びる だろう


gg06ppe02!cid_B2A.jpggg07ppe01!cid_47D.jpg


それにしても これ ホントに テーブル用 かいな ?

三枚くらい つなげれば サリー として 着れそう  あれは インド か ・


gg08ppeIMG_9697.jpg


どこに 飾ろうか と 迷った 末 玄関ホール の 高い 位置に 決定

そばには 5 m の 染色作品 も あるし 互いに 競って 雰囲気を 高める ね


gg09ppeIMG_9813.jpg


中二階の 私の部屋 から は ちょうど 正面 に 見える

ナカナカ よい ね ~


gg10ppeIMG_9805.jpg












たかね 紅白寸評

aaa00aaIMG_0817.jpgaaa00bbIMG_0457.jpgaaa00ccIMG_0575.jpg


昨年の NHK紅白 日本全国 みんな 「 面白くない ! 」 と 言いながらも 結構 見ている   視聴率 は 40%
「 面白くない ! 」 と 思うのも 当然 NHK は 日本全国の 老若男女、趣味の異なる国民 すべて を 視聴者 対象 に している
逆から 言えば 「 面白くない ! 」 と 思う人は 狭い 自分の嗜好 以外 のことは 世の中に ついていけなくなった と いうこと !
ただ 国民の 税金 ( じゃなくて 受信料 ? ) を 惜しみなく つぎこみ 一流のスタッフ と 紅白命 と 意気込む 出演者 で 創る この番組   絶対 見なきゃ 損 !   自分の 嗜好だけで 十分 という 人は 紅白 の その部分 だけ を 楽しめば 結構 役に立つ



私が 毎年 興味を 持っている のは  舞台芸術  演出 など  
出演者 で 言えば 作曲 などの 音楽傾向 そして 衣装
歌 は もともと 好きだから どんな 歌でも 「 面白くない 」 ということは ない

では 紅白寸評 の はじまり はじまりー




まず 驚いたのは 二階席の 前に 張り出して 仮設舞台 ? を 作り出した こと こんなの 世界初 では ?  リアルタイムで 舞台を 次から次に 準備しなくては いけないので 二つ 舞台が あると セッティング は 楽に なる でも トリの I 川さゆり だって 二階舞台 一階の 観客は 無視 だね 審査員席 を 正面横 に 置いたから ま いーけど  二階舞台 は 工事場の グレーチング床 で 出演者 特に 踊るグループ にとっては 怖い と 思うが セリ が ある 舞台に 比べれば より 安全か  でも 二つ 舞台を 作るなら 次から 隣の 代々木体育館 を 第二会場 としたら どーだろうね NHK 得意の マスゲーム的 演技 も たっぷり できる し ・


aaa01aaIMG_0651a.jpgaaa02aaIMG_0530a.jpgaaa03aaIMG_0589a.jpgaaa04aaIMG_0459a.jpg
aaa05IMG_0458.jpgaaa06IMG_0490a.jpgaaa07IMG_0489.jpgaaa08IMG_0617a.jpg



舞台背景 も 毎年 進化している この 何年かは 背景に CG を いかに マッチさせるか だったが 最近の ビルマッピング を 応用した 投影技術 を 駆使 したり レーザー や LED照明 を 組み合わせたり して 完成度の 高い 背景 が 次々に 見事に 切り替わっている これは 楽しい ! 昔の K林サッチー の 大仕掛け も 単独 だから やや 無理が あった 今回の M森かおり のは バックの CG と 上手く 溶け合って 自然 でも あの高さ 怖い だろうね  全体が 自然に 感じるのは 床 も 含めて 背景に している ことも その理由  まさか 液晶画面の床 では ない だろう が 檜 の舞台 では ない ! 床 が 変化する と なると 踊り の 下手な グループ には 助け船 に なるし Pフューム みたいな CG に のめりこむ 世界 には より 効果的 


bbb01IMG_0470.jpgbbb02IMG_0569.jpgbbb03IMG_0475.jpgbbb04IMG_0548.jpg
bbb05IMG_0572a.jpgbbb06IMG_0511.jpgbbb07IMG_0623a.jpgbbb08IMG_0493a.jpg
bbb09IMG_0494a.jpgbbb10IMG_0496a.jpgbbb11ccIMG_0474a.jpgbbb12IMG_0539a.jpg



中継 物 は いつもの F山雅治 熊本城の H川きよし それに 東京都庁 の トキオ S名林檎 あと ロンドンの スタジオから U多田ヒカル   F山クンは 結婚もしたし 次の紅白は 誰かの ライブに 席を 譲ってね  熊本城 は あの 本丸前で よく 準備できたね と感心 水明かり の 演出は 私も 希望していたので 大満足 H川クン でなく S津亜矢クン に 歌って 欲しかった けど それと MIWAちゃん 熊本支援 ありがとう !  都庁前 の中継は 司会の I 葉クン の チョンボ から 始まって ミスが ミスを 呼ぶ 事故寸前 こちらは ハラハラ TOKIO かわいそう  S名クン は 独特の 日本的 雰囲気 を 持つ ので 私は 大好き 専用の舞台を 用意して あげたかったね 東京オリンピック の 開会式 演出 は ぜひ よろしくー  ロンドン の U多田クン は 私は 大々ファン だった お母さん に 似てきたな- と かぶりつきで 見てた けど みんな 楽しめた かなー ?  大物歌手 は 紅白で 3 分 しか 歌えないので 嫌う人が 多い ようだが 中継にして 紅白だけ 切り取れ ば みんな 満足では ないか 場所 も 以前の N島みゆきの 洞窟 とか M-シャ の アフリカ沙漠 みたいに 多彩にすれば 面白い と思う  アムロちゃん ! サザン !  また出てー
 

ccc01IMG_0505a.jpgccc02IMG_0592a.jpgccc03IMG_0585a.jpgccc04IMG_0591a.jpg
ccc05IMG_0594a.jpgccc06IMG_0507.jpgccc07IMG_0472.jpgccc08IMG_0469.jpg
ccc09IMG_0481a.jpgccc10IMG_0483a.jpgccc11IMG_0554a.jpgccc12IMG_0640a.jpg
ccc13IMG_0610a.jpgccc14IMG_0606.jpgccc15IMG_0608.jpgccc16IMG_0607.jpg
  


さて 出演者 ここからは 私の 趣味で 毒断と変見 の意見 なんで 悪しからず  いつも 楽しみ の 女性グループもの AKB から派生した グループ も 進化して 多様な 女の魅力 を 振りまく  Eガール、乃木坂、 欅坂 ・  オジさん としては 目を ハートマークにして 見てる だけ  この分野 競争も 厳しい ので 生き残る のも 大変か 太ももクローバー は どこへ 行った ! 祖先の AKB は " 万年 センターわき " の K木由紀クン が なんとか 人気 9 位 に なって ホッ 一度は センターに したい と 見果てぬ 夢   男 の 方は ジャニーズ系 5 組 も 出ているのに なんだか インパクト 小  俳優や 司会にしたい 人は いっぱい 居るのに 本業の 歌と踊り が ね~ Sマップ が 出なくて 少々 ホッ  アイドルは もう いい から 歌か 踊り を 見せれる グループ 出てこーい !  あー ダークダックス や デュークエイセス が なつかしい


ddd01IMG_0504a.jpgddd02IMG_0503a.jpgddd03IMG_0468a.jpgddd04IMG_0465a.jpg
ddd05IMG_0525a.jpgddd06IMG_0524a.jpgddd07IMG_0526a.jpgddd08IMG_0636a.jpg
ddd09IMG_0476a.jpgddd10IMG_0630.jpgddd11IMG_0619a.jpgddd12IMG_0624a.jpg



歌や踊り でなく 芸風 というか 雰囲気を アピールする 歌手 も  先に 言った S 林檎 も そうだが ピーターラビットたちが 演奏するような " セカイのオワリ " これは癒される !  テクノポップス界 は Pフューム が もう 独壇場  この辺 しょこたん や ぱみゅぱみゅクン がいたら なー と 勝手な 希望   K谷健太クン や A香クン は いい歌を歌ってると思うが 全体としては 心にしみる いいメロディ が 少ないね ベテラン歌手 も 大昔の ヒット曲を 何度も 歌ってる し ・ 作曲家 として は ユーミン、N島みゆき など たくさん 居るのに 若いのが あまり シンガーソングライター に こだわる のも ね  " A I " の " みんながみんな英雄 " は あれ? オクラホマ ミキサー では ? ♪ さあ 大変だ さあ 大変だ 七面鳥が 逃げ出した ・ でも みんな を 励ます 雰囲気 としては 最高 !  


eee01IMG_0479a.jpgeee02IMG_0478a.jpgeee03IMG_0543a.jpgeee04IMG_0540a.jpg
eee05IMG_0520a.jpgeee06IMG_0486a.jpgeee07IMG_0522a.jpgeee08IMG_0521a.jpg



話題性 で NHKが 流され 出演することになった " Pコ太郎 "   あれだけの 実績を 上げた ので まー しょうがない 我々の 世代 は トニー谷 を 思い起こす が 世界中の人の 心 を 動かした のは 凄い ! トランプ家族 も ファン というし アベさん ! 今度の 首脳会談に 同席させたら ?  2 m の 身長 と グローバルな ギャグ感覚 を 持つ 彼は 今の 日本に 必要な 人材   あと 話題性 と 言えば 20年ぶり の " PAフィ " 相変わらず カワユイ ! 美人は 得だねー 苦節 ン十年の " I 川由紀乃 " は 皆さん 同情してくれる かどうか " H 野 源 " の 恋ダンス も 審査員に " A垣結衣 " を 起用する など ドラマ 「 逃げ恥 」 の 人気を ちゃっかり 拝借 私は 恋ダンス 風潮 に 乗ってなかったし 二胡 も 聞こえなかった ので たいして 興味は なかった が 視聴率には 貢献した 模様 H 野クン は マルチ才能 なので 今後 大物芸人 に 成長するだろうね 
 

fff01bbIMG_0502a.jpgfff02bbIMG_0500a.jpgfff03bbIMG_0565a.jpgfff04bbIMG_0510a.jpg
fff05IMG_0648a.jpgfff06IMG_0544a.jpgfff07IMG_0545a.jpgfff08aaIMG_0547a.jpg



歌を 充分 楽しめる " いきものがかり " " ゆず " は 前半の トリ として 納得  " いきものがかり " は このあと 休養 (放牧) する そうだが 思い入れのあった グループだけに 残念 ! すぐ 戻ってきて !   歌が 十分聞ける と いう人 に 対して バックに 派手な 踊り を 入れたり 凝った 背景を 入れる のは 歌手が かわいそう " I ひろし " は 嵐 に 代わって トリ をとる のが ふさわしい " M山ひろし " も けん玉 など させずに じっくり 歌わせた 方が 良い  じっくり 歌った " T橋真梨子 " は マイク位置が 合ってなくて 放送事故 寸前 痩せてるのも 気になる  " O竹しのぶ " の 愛の賛歌 上手い けど あの 丸山明宏 が 歌った イメージ が 残ってる から ね~ せめて 同じ 歌 でなく 星に祈りを とか オーバーザレインボー などの ミュージカルもの だったら良かった  楽しみにしていた 和服三人組 も " S本冬美 " だけ とは 残念 彼女 モデル体形 だから 和服 も 映える が 顔 も 細面 なので 髪型が やや 未来的で 私は 好きでない やはり 和服 は オーソドックス の " I 川さゆり " が 歌を超える 主張 を してないので落ち着いてる さゆりクンは 今後 国民的歌手 に なって 東京オリンピック で 活躍して 欲しい ・  最後に 今年の 最優秀歌唱賞 は N野カナクン に あげよう 


ggg01IMG_0495a.jpgggg02IMG_0498a.jpgggg03IMG_0527a.jpgggg04IMG_0528.jpg
ggg05IMG_0477a.jpgggg06IMG_0627a.jpgggg07IMG_0576a.jpgggg08IMG_0579a.jpg
ggg09IMG_0549a.jpgggg10IMG_0639a.jpgggg11IMG_0553a.jpgggg12IMG_0550.jpg
ggg13IMG_0551a.jpgggg14IMG_0615a.jpgggg15IMG_0616a.jpgggg16IMG_0514.jpg



司会の " T田真一 "  " A村架純 "  " I 葉雅紀 " は まずまず 合格点  T田アナは I 葉クンが 困った時など もう少し フォローが 欲しかった が 熊本出身 だし 全国ニュースの顔 だから NHKらしく 手堅く まとめて ヨシ !  以前の はるかクン の 司会で 懲りたのか 架純クン の セリフが いつもより 少なかったような でも 彼女は 黙って 立ってるだけでも 絵になる 潤んだ 眼で じっと 待ってる 姿 は オジさんに とって 「 もー 守って あげたい ! 」 と 叫ぶ しかない のだー  間を 盛り上げる お笑い も やや 企画倒れ ゴジラも 期待してた けどねー  裏放送 で 勝手なことを 言えるので 本放送では こんな ところか タモリとマツコが NHKらしくない ギャグで なぐり込み  NHKとしては 新鮮な試み で 前向き と 評価する  あと 紅白勝敗の決定に疑問がある という人が いるが 国の 運命を 決める 選挙 でも ない ので ま どー でも いい のでは ないか そもそも TVから 投票する のは ジャニーズファン等 若い娘 が 多い 歌 については 絶対 女性陣 の 方が 上手い と 明らか なのに オジさん たちは 投票 しない 昔から 視聴者投票 は 常に 男性群が 圧倒的に 多い というのは NHKスタッフ の 悩みのタネ のはず  この際 姑息な手を 使わず 勝敗を 決める ことを 止めたら どうか 「 ナンバーワン より も オンリーワン 」   男と女 どっちが 強い なんて 意味が ない !  芸術 は どれも 素晴らしい !


hhh01aaIMG_0586a.jpghhh02aaIMG_0587.jpghhh04aaIMG_0535a.jpghhh05aaIMG_0533a.jpg
hhh03aaIMG_0563a.jpghhh06aaIMG_0646a.jpghhh07bbIMG_0537a.jpghhh08bbIMG_0574a.jpg
hhh09bbIMG_0582a.jpghhh10IMG_0638a.jpghhh12IMG_0633a.jpghhh11bbIMG_0652a.jpg
hhh13abIMG_0626a.jpghhh14abIMG_0645a.jpghhh15aaIMG_0650a.jpg





 
   




 

たかね 近所の

たかね の 別宅の 近く に 我々と 同じように 田舎暮らし を 楽しんでいる 人が いる

私より 少し 先輩 で すでに ここに 永住して 長い らしい

「 うちに 来ないか 」 という お誘い で ヒマな正月 快く 出かける

ヨソの 別荘を 訪れる のは 別宅生活 に おいて とても 興味 が わく



ff01cid_0C73360C-4988-42A3-87C3-EF6A29EE79FE.jpg
ff02cid_2C026D7F-35BE-4959-8D91-125A87BC9DB3.jpg


まるで 「別荘カタログ」 の 表紙 みたいな 室内

自作の 家具 趣味の 水彩画 木彫刻 織物 など 工芸品 も たくさん

なんといっても 目の前に 広がる 田んぼ で 稲作 ! 

畑 で 野菜作り 庭には ミツバチ を 飼っている そう

八ヶ岳 田舎暮らし の達人 ですな



ff03cid_405CA704-78FE-4082-B1C4-D4217EE7C6CB.jpg
ff04cid_1C4B02F3-03BD-45D3-83E7-A475AFC9064A.jpgff05cid_B924C145-47D8-44D2-9106-0EEAD559A7C9.jpg
ff07cid_CB99527D-5489-4985-BE21-F9C655FD3548.jpgff06cid_6E3E0AA5-86A1-4135-99EE-83B9112816B1.jpg
ff08cid_C0769CC3-FA92-47F6-A7DA-F23A1347351E.jpg


いろいろ 見せてもらった ので 

「私の家にも いらっしゃって お茶でも いかが 」

田舎暮らし どうし が お互い 家を 訪問する からには 少しは 対抗意識 ? も ある

イヤ ! 自慢 でなく ヨソの いいところは 取り入れたい  と みんな思う はず

基本的な 田舎暮らしスケール は 向こうの 方が 上 なので 当方 としては 相手の 手薄な ところ を

四層の住宅構造  富士見 風呂  展望 テラス など 

それと 手作り料理  私の 弾き語り おもてなし も ・



ff09ebbIMG_0828.jpg
ff10ebbIMG_0829.jpgff12ebbIMG_0831.jpgff13ebbIMG_0830.jpg



他に ヒマな 正月に 何を したか  と いうと

NHK 紅白 から 続いて  ウィーンフィル の ニューイヤーコンサート  箱根駅伝  笑点 ・ ・

だいたい は TV ざんまい 


相方は 正月料理 おもてなし料理 に 忙しい が お菓子作り にも 励んでいる

私 は もちろん 演奏会 のため Guitar の 個人練習 

ただ 飲みながら なんで ポジション確認 程度
 


ff14ebbIMG_0826.jpgff15ebbIMG_0825.jpg
ff16ebaIMG_0661.jpgff17ebcDSCN1754.jpg
ff18abdIMG_0685.jpg











たかね 新春恒例

ppp02IMG_0684.jpgppp01IMG_0683.jpg
ppp03abdIMG_0685.jpg


1 月 1 日の 夜は 恒例 の 「 ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート 」

Eテレで 7 時から 10 時まで たっぷり

今年は 裏番組に 興味あるものが なかった ので 相方と 争う ことなく 一人で 居間 を 占領 できた


毎年 いろいろ 嗜好を 変えながらも 番組の造り が 丁寧 なので 音楽ファン に とっては 紅白 以上に 期待できる

今年 は 司会 が ずっと 追っかけている 渡邊佐和子アナ でなくて 黒崎めぐみアナ だった のが 私にとっては 残念 ! 

渡邊アナ は 最近 FM 特番 に よく 出てる から いーケド  ゲスト の トリンドル玲奈クン も いいね


指揮者 が 昨年の 大御所 マリス・ヤンソンス に 対して 若い グスター・ヴォドゥダメル 

この レベル になると 若い といっても 特 に 不安 は なかったね

劇場 は もともと 素晴らしい ところ 客層 も ドレスアップ しているので

全体の 舞台美術 は 完璧 !


シュトラウス作品 が ほとんど だが 彼ら の 曲 は 軽快で 楽しい 

今回 は 金管楽器 が 充実 していた ような ・

そして 期待 していた " おとぼけ演技 " は やや地味 というか 上品

ラフマニノフ みたいに ドロドロ していない ので 新春に 清新な気分 に なるのに 最適


水戸黄門 みたいに アンコール に " 美しく 青き ドナウ " が 必ず 出てくるの が いい

もっとも この曲 は ウィーンっ子 にとっては 歴史的 に 重み の ある 曲

最後の " ラデッキー行進曲 " なんて ウィーンフィル 定番中の 定番  指揮者 は 客席に むかって 指揮する

途中の バレエ も 秀逸  客席で 踊っている のも あるし リアルタイム な のは 驚く



会場 で 雰囲気 を 味わいたい が 

ウィーン の この時期 は クリスマス イベントから 続いて シルベスターコンサート 舞踏会 など 地元の 人が 楽しむ

これだけ TV で上手 く 放映して くれる なら 日本人は 日本にいて 楽しむべき


以下 に 示す 

正月特集 " ウィーン・フィル TV 画面 99 連発 " 

お楽しみ ください




IMG_0676.jpgIMG_0688.jpgIMG_0692.jpg
IMG_0696.jpgIMG_0697.jpgIMG_0694.jpg
IMG_0680.jpgIMG_0681.jpgIMG_0682.jpg
IMG_0678.jpgIMG_0679.jpgIMG_0699.jpg
IMG_0702.jpgIMG_0700.jpgIMG_0701.jpg
IMG_0703.jpgIMG_0704.jpgIMG_0705.jpg
IMG_0706.jpgIMG_0707.jpgIMG_0708.jpg
IMG_0710.jpgIMG_0711.jpgIMG_0713.jpg
IMG_0715.jpgIMG_0716.jpgIMG_0714.jpg
IMG_0719.jpgIMG_0717.jpgIMG_0718.jpg
IMG_0721.jpgIMG_0723.jpgIMG_0724.jpg
IMG_0725.jpgIMG_0726.jpgIMG_0727.jpg
IMG_0728.jpgIMG_0735.jpgIMG_0736.jpg
IMG_0737.jpgIMG_0733.jpgIMG_0738.jpg
IMG_0740.jpgIMG_0742.jpgIMG_0739.jpg
IMG_0743.jpgIMG_0745.jpgIMG_0746.jpg
IMG_0747.jpgIMG_0748.jpgIMG_0749.jpg
IMG_0751.jpgIMG_0752.jpgIMG_0750.jpg
IMG_0753.jpgIMG_0754.jpgIMG_0755.jpg
IMG_0756.jpgIMG_0757.jpgIMG_0758.jpg
IMG_0762.jpgIMG_0763.jpgIMG_0764.jpg
IMG_0765.jpgIMG_0766.jpgIMG_0771.jpg
IMG_0772.jpgIMG_0773.jpgIMG_0776.jpg
IMG_0777.jpgIMG_0778.jpgIMG_0779.jpg
IMG_0780.jpgIMG_0782.jpgIMG_0783.jpg
IMG_0784.jpgIMG_0785.jpgIMG_0786.jpg
IMG_0787.jpgIMG_0788aa.jpgIMG_0790aa.jpg
IMG_0792.jpgIMG_0793.jpgIMG_0794.jpg
IMG_0795.jpgIMG_0796.jpgIMG_0797.jpg
IMG_0815.jpgIMG_0798.jpgIMG_0807.jpg
IMG_0799.jpgIMG_0803.jpgIMG_0804.jpg
IMG_0805.jpgIMG_0816.jpgIMG_0806.jpg
IMG_0808.jpgIMG_0809.jpgIMG_0810.jpg











たかね 年が明けて

2017 年 の 年 が 明けた


起きた のは 10 時過ぎ なの で 日の出 は 拝めず 

燦々と 日が 降り注ぐ 山に 向かって 

今年 も よろしくー


まずは お酒 の 飲み始め

我が家 なりの おせち料理

この時期 ならでは の 高級 食材


正月 ざんまい



ea01abdIMG_0670.jpg
ea02ebaIMG_0662.jpg
ea03ebaIMG_0653.jpgea04ebaIMG_0654.jpg
ea05ebaIMG_0657.jpgea06ebaIMG_0659.jpg
ea07ebaIMG_0656.jpgea08ebaIMG_0658.jpg
ea09ebbIMG_0822.jpg
ea10ebaIMG_0655.jpgea11ebbIMG_0818.jpg
ea12ebbIMG_0820.jpgea13ebbIMG_0819.jpgea14ebbIMG_0821.jpg
ea15ebaIMG_0441.jpgea16ebbIMG_0823.jpgea17ebbIMG_0824.jpg
ea18ebbIMG_0850.jpgea19ebbIMG_0827.jpg
ea20abdIMG_0672.jpg










たかね 甲斐駒特番

富士山 の 特番 を やった からには 

同時に 見えている 甲斐駒 も ・


甲斐駒 は 我が家から は 日が沈む 位置 に ある 

従って バックが 夕焼けに なっても 赤富士 みたいに 輝く ことは ない

夕暮れ の 山の端 は シルエット となって いつもながら " いと おかし ! " 


「 日の出 の時 山の 頂上が 茜色に 輝く のが 素晴らしい ! 」 と 相方 は 言う が

そんな 早い時間  まだ 起きた ことがない


日がな 一日 景色の 変化を 眺めてる

いーもんだな ~  たかね の 里 は


2016 年 12 月 30 日




dab01DSCN1711.jpg
dab02DSCN1712.jpg
dab03DSCN1713.jpg
dab04DSCN1715.jpg
dab05DSCN1716.jpgdab06DSCN1717.jpg
dab07DSCN1714.jpg
dab08DSCN1719.jpg
dab09DSCN1718.jpg
dab10DSCN1720.jpg
dab11DSCN1724.jpg
dab12DSCN1727.jpgdab13DSCN1726.jpg
dab14DSCN1728.jpg
dab15DSCN1729.jpg
dab16DSCN1730.jpg
dab17DSCN1731.jpg
dab18DSCN1749.jpg
dab19aDSCN1748.jpg
dab20aDSCN1750.jpg
dab21DSCN1747.jpg











たかね 富士特番

2016 年 12 月 29 日 は 穏やかな 天気  

富士山 眺め 日和


日が 傾く と 頂上の 雪が 輝き はじめる  

そして 黒い 絨毯 が 麓 から 迫ってくる

やがて 白い頂上が 一瞬 紅 ( くれない ) に 輝 き

舞台は 暗転 する

わずか 20 分 の 壮大な 演劇


ぬくぬくと 別宅から 味わえる 幸せ



daa01DSCN1690.jpg
daa02DSCN1696.jpg
daa03DSCN1691.jpg
daa04DSCN1692.jpg
daa05DSCN1695.jpg
daa06DSCN1693.jpg
daa07DSCN1694.jpg
daa08DSCN1698.jpg
daa12DSCN1705.jpg
daa11DSCN1704.jpg
daa09DSCN1697.jpg
daa10DSCN1699.jpg
daa17DSCN1710.jpg
daa18DSCN1706.jpg
daa19DSCN1707.jpg
daa20DSCN1709.jpg
daa13DSCN1701.jpg
daa14DSCN1700.jpg
daa15DSCN1702.jpg
daa16DSCN1703.jpg
daa21DSCN1708.jpg











たかね またか 我が家

お年寄り の 傾向 として 

" 同じ 話を 何度も 繰り返す " " 同じ ことを 飽きずに 何度も やる "

このブログ も 「 また この 絵か 」 と お年寄り 扱い している 若い方も 多い と 思う

ただ お年寄り の 読者は 「 また この 絵だ 」 と ホッとされてる 方も 多い のでは ないか


自然の情景 みたいな ものは 毎日 毎時刻 同じ場所 でも 必ず 変化がある

天気の具合 植物の成長の様子 など  どれ一つ 同じ 写真 は ない


年末 は 穏やかな 天気 冬は 空気も澄んで 景色も さわやか

とりあえず 家の周り を 散歩でも する か ・


高齢者に やさしい 画像 を  どうぞ お楽しみ ください



abb01DSCN1723.jpg
abb02DSCN1733.jpgabb03DSCN1736.jpg
abb04IMG_0438.jpg
abb05IMG_0667.jpgabb06IMG_0673.jpg
abb07IMG_0669.jpg
abb08IMG_0666.jpgabb09IMG_0674.jpg
abb10IMG_0832.jpg
abb11cbcDSCN1734.jpg
abb12cbcDSCN1735.jpgabb13cbcDSCN1721.jpg
abb14cbcIMG_0675.jpg
abb15cbcIMG_0834.jpgabb16cbcIMG_0835.jpg
abb17DSCN1738.jpg
abb18IMG_0439.jpgabb19DSCN1739.jpg
abb20DSCN1740.jpgabb21IMG_0833.jpg
abb22IMG_0668.jpg










たかね 年末

年開けて 久しい が ブログ は まだ 昨年の 記事

この 何年か 年末年始 は たかね で 過ごす ことに している

年賀状作成 など 押し詰まって から しか やらない ので

いつも 焦る が ・

2016 年 12 月 29 日 やっと たかね に 出発 ~


( 命を 懸けて ) 運転 しながら 撮った 車窓 の 景色 を お楽しみくださーい

いつもの 景色 ですが  興味を 持って 見ると 飽きない でしょ ・ 



右には 競馬場 左は ビール工場 の 中央フリーウェイ
aba01IMG_0413.jpg
aba02IMG_0414.jpg

まるで 滑走路 の 正面 は 三角峰が 目立つ 奥多摩 の 大岳山 (おおたけさん)
aba03IMG_0415.jpg

やー この間 乗った 多摩モノレール だ !
aba04IMG_0416.jpg

高尾山陣馬山 の 山稜  そして 三頭山 (みとうさん) や 御前山 (ごぜんやま) も
aba05IMG_0417.jpg

いつも 左に 富士が 見える ので 目立たない が 道志の 檜洞丸 (ひのきぼらまる) も いいね
aba06IMG_0418.jpg

12 月 の 扇 山 (おうぎやま)
aba07IMG_0420.jpg
aba08IMG_0421.jpg

12 月 の 百蔵山 (ももくらやま)
aba09IMG_0422.jpg

12 月 の 岩殿山 (いわどのさん)
aba10IMG_0423.jpg
aba11IMG_0424.jpg

甲府盆地 に 入って 白根三山 の 北岳 間の岳 (あいのたけ) 農鳥岳 (のうとりだけ)
aba13IMG_0426.jpg
aba14IMG_0430.jpg

前に ひかえる 櫛形山 (くしがたやま) 甘利山 (あまりさん) は 露払い 太刀持ち でんな
aba12IMG_0428.jpg

正面に 茅ヶ岳 (かやがたけ) だが うしろの 八ヶ岳 (やつがたけ) の方が 目立つ
aba15IMG_0431.jpg
aba16IMG_0429.jpg

しからば 家の 近くで じっくり 撮る  赤岳 (あかだけ) が 素晴らしい !
aba17IMG_0432.jpg
aba18IMG_0435.jpg
aba19IMG_0433.jpg
aba20IMG_0434.jpg

別宅 は 何事も ない ようで ホッ !   さて これから ・
aba21DSCN1722.jpg








たかね 気になる電気

ppg01IMG_9780.jpgppg02IMG_9764.jpg
ppg03IMG太陽光発電10月


10 月の太陽光発電の 売電は 463 kW 17,113 円

9 月の 長雨による 大幅 落ち込み は わずかに 回復 した が 去年に 比較すると 低水準

ま ロシア との 交渉 同様 気長に 見守ろう ・




 エネルギー評論


福島第一原発 の 廃炉 など 今後 かかる 費用 が 21. 5 兆 円 にも なる との 報道

内訳 は  廃炉費用 8 兆 円   賠償費用 7. 5 兆 円   除染費用 6 兆 円   計 21. 5 兆 円

最近 オリンピック の 費用が 400 億 円 削減 とか 言って 大金 の 横行 には 少しは 慣れている が

この 大金には 驚いた 人も 多い と思う


「 この金 いったい だれが 払うんだ ! 東電 じゃ 無理 だろう 電気代 に 上乗せ する ? 」

「 政府が 補助する とか 送電代で 稼ぐ とか 言うけど 最終的には 税金 だろう ! 」

「 ったく ! 原発なんて どこまで 金が かかるんだ ! この先 もう 原発と は 決別 だな ・ 」

:
まー ・ お金が 自分の 財布から 出ていく となると カッカする 人が 多い が 

この 21. 5 兆 円 を ここで 検証 して みよう



廃炉費用について


事故でない 原発の 廃炉費用 は 一基 1 兆 円 以下 で 可能 

わが国 では これまで 浜岡一号機 など 3 基 の 原発の 廃炉経験 が あるが 総計 3 兆 円 以下 で 収まっている 

今回 4 基の 廃炉 だと 4 兆円 になるが 事故のため 溶融燃料 の 取り出し など 遠隔作業が 必要と なるため 当然 増える

私の 判断 では 燃料の 取り出し などは 技術的 には そう 困難 なく 可能 で 費用 も 事故無し の 5 割増し くらい と 思う


ただ 問題は 大量の 放射性廃棄物 の 行先 が 決まっていない ということ 

高レベル放射性廃棄物 の 処分場 は もう 何十年も 検討されているが まったく 進展 は ない

中間貯蔵施設 も しかり  放射性物質を 移動する だけでも  「 自分の町を 通るな ! 」 と 反対運動

処分場 建設の 費用 は 地下に埋めるだけ だから ほとんど かからない が 処分場が 決まる までに 大モメ する 

結局 は カネメ なので 最後 は 膨大な 金 が かかる

周囲の 道路整備   公民館 プール 体育館の 新設   周囲の 市町村 すべてに 交付金  など ・


電源特会 の 事情も 苦しい し この先 コストアップ要因 も ある 

廃炉費用 を 2 倍 くらいに しとく か ・

本来なら 廃炉 の あと 新しい 原発 を 同じ場所に 建設する のが シナリオ 

そうなれば 新規立地 の予算が 大幅に 削減され トータルとしての 原発の コストダウン に 貢献するんだが ・



賠償金について


阪神大震災での 復興 総額 が 7 兆 円くらいだ から 原発事故に 関わる 賠償金としての 7. 5 兆 円 は いかにも 多い

今後 賠償金の 裁判 が 次々に 起こされる 

なんでも 事故関連 と言えば 認められる 風潮   その分 用意して おかなくては ・

私が 病気になったのは 原発事故の せいだー  子供が 大学に落ちたのは 放射能 被ばくの 影響 だー


埼玉 に 避難している 人に よれば 

失業手当 も 出てる し 慰謝料 が 家族五人で月 50万円  住んでる 家賃 も 補助 が ある し 税金 も 優遇されている

ヒマだから 少しは 働いて いるので 収入 は 月 100 万円 て とこかな  実 は こちらに 家 を 新築中

もともと 妻 は 都会に 住みたがって いたし 子供 も こちらの 学校 に 行かせたい  福島から 出たかった ラッキー !

いちおう " 放射能の 被ばく に よる 後遺症 に 怯えている "  と 言っておこう


私 は こういう人に 妬み は ないし 賠償金を下げろ なんて 言う 気は 全く ない ! 

ましてや 避難 してきた 子供たち を いじめる なんて もってのほか !  周り の 偏見 と 無知 が ケシカラン !

しかし ほんの少し 離れた ところで 津波 で 家 と 家族 すべてを 失った 人も いる 

いかに 天災 とは いえ 原発避難 の 人と 比べて 償われる 待遇 が あまりにも 違いすぎる  なんとも 不公平 !


熊本地震で 被災者に なりながらも 私 は 東北の人々 を 一生懸命 応援 している

今 感じて いる こと は  

人災 でも 天災 でも 被害を 受ける のは 同じ

天災 から 我々の 生命を 守る のは 政府 の責任  

天災 でも 充分な 賠償を してくれる 政府主導 の システム構築 を 望 む



除染費用について


福島に 何度か 行って 現地の 除染作業 を 一部 見てきた が 放射線専門家 の 私から 見たら なんとも もどかしい

そもそも 私 は 除染 は 気休め で やる必要 は ない ! と ブログで 叫んでいる

その 気休め も 年間 50 m Sv の 被ばく を 超える 地域 は 帰宅困難区域 と し 

目標 20 m Sv/y で 土 を 入れ替える などの 除染作業 ・

このくらいの 数値 だったら 放射能被害 の裁判 にも 勝てる との 算段 だろう

農地の 除染 ( 土入れ替え ) は 風評 防止 土壌改良 に つながれば いい し 

友人で 除染作業を やってきた という ヤツも いるし 公共事業 で 景気対策 と 思えば いいか



まとめる と


21. 5 兆 円 という 数字 は 日本全国 電気を 作っている サイズ を 考えると 

それほど 膨大な 金額 では ない !

事故 以来 ほとんどの 原発 が 止まって あわてて 火力発電の 稼働を 増加 させた が 

その 追加分の 燃料費 は これまで 約 20 兆 円 掛かっている  我が国の 貿易収支も 赤字 に なった

廃炉費用 の 21.5 兆 円 は 払われるのは 会社や 個人にしろ 国内で 使われ 最終的には 景気対策 になる

しかし 燃料費 増加分 20 兆 円 は 外国に 出ていく 全て 我が国の " 国富の消滅 " である


" 原発を 停めずに 稼働させて いたら この 20 兆 円 は 節約 できた "  なんてことは 言わない !

カネが かかっても 事故原因を 解明 し 安全な 原発を 追究するために 当面の 停止 は 当然

ただ 「 廃炉費用 が 21.5 兆 円 ! そんな ら 原発 NO ! 」  で なく 

廃炉費用 は 経費  事故 対策費 は 投資 と みて これから 安全で 稼げる 原発を 追究したら どう だろう か

うまく いって 原発が 稼働 したら 数十兆 円 なんか あっという 間


それと 原発の 経済性 について 地元対策費 が 膨大になる のは 改善 して ほしい

放射能 は 怖い  原発 は 事故を 起こす  こんな危ない 施設 を 引き受ける のに カネもらう のは 当然 !

私 は この考えを 是正する ブログ記事 を ずっと 続けて きたが 全国 大きな 流れに なるのは まだまだ


最近 OPEC が 原油の 生産削減 を 表明 し 今後 原油の 値上がり が 予想される

最近 COP21 で 地球温暖化 防止のため アメリカ 中国 も 加わり 新たな CO2 削減対策 が 検討 され始めた 

結局 狙いは 日本の 大量の 天然ガス 使用 への ちょっかい   火力発電 コスト は 将来 確実に 上がる


トイレットペーパー を 奪い合った 日本が 大混乱に 陥った 石油危機 は 今後も 必ず 起きる

あの 石油危機 の 対策 として 開発導入 が 決まった 原発 は 

50 年 の 地道な努力 と 膨大な 資金 を つぎ込み やっと 電気の 三分の一 を 賄えるまで 成長 した

津波 により 事故が 起きた とは いえ これまでの " 全て の 努力と 資産 " を ただ NO.! と言って 廃却 する ?

代案となる 方向性 を 示さないと 今後 起きる エネルギー危機 に 直面する 将来の 子供たちに 対して なんとも 無責任 !



最後に スローガン


放射線 や 原発 に対する 偏見と 無知 を 無くし 地域エゴ を 是正する ことで 原発の 経済性 は 向上する !

事故の 反省の 上に より安全な 原発 に 改善 し 稼働率 を 上げよう !

火力 水力 原子力 再生可能 など 各々の分野で 技術革新 を 進め 最適な エネルギーミックス を 堅持しよう ! 
  

( 長かった 割には また 舌ったらず になった ・  また来月 ~ )




ppg07e6027057-s.png
ppg05IMG_9856.jpgppg06IMG_9857.jpg
ppg04IMG_9855.jpg









たかね 灌漑設備

ppd01IMG_9810.jpg



D I Y について  

何にも しないで 家で ゴロゴロ して いても 別荘生活 に 別段 支障はない  

しかし 常に 自身の 研鑽に 努めている 私としては 

漫然 と 家 に 居る 時でも 改善する 内容 が 次から 次に 見えてくる

それは まるで 若き モーツアルトの 頭の中に 素晴らしい 楽曲フレーズ が 次々に 湧き出ている よう に ・

と いうことで ・


今回 は 灌漑 (かんがい) 設備  

どうしても 別宅 を 2 、3 週間 空ける ことがある 

室内 や 軒下の 植物 に なんとしても 自動 で 水やり を したい

そこで  屋根の 上に 雨樋 を 置き ビニールチューブ で 溜まった 雨水 を 下に 導く  という 装置を 考案


前から 室内の ポトス に 対して 実験的に 行っており 効果は 確認している

今回 は その追加   短い のを 室内の 植木鉢用  長い のを 南花壇 の 庇の下 灌漑用

南花壇 の 庇の下 は 北の 雨水収集マス から ホースで 地中 分岐 して さらに 灌漑力 を 強化


筆舌に 尽くしがたい 努力 の のち ・  ( 経緯を 書くのが 面倒になった のが ホンネ ) 

絵 では分かりにくいが 空中に 透明パイプ が 地中に ホース が 走り回り 水事情 は 大改善 された

来年 の 今頃  南花壇 は ラベンダー サルビア その他ハーブ など 

見事な 花園 に なる 予定



ppd02IMG_9768.jpg
ppd03IMG_9773.jpgppd04IMG_9772.jpg
ppd05IMG_9781.jpg
ppd06IMG_9783.jpgppd07IMG_9782.jpg
ppd08IMG_9779.jpgppd09IMG_9784.jpg
ppd10IMG_9785.jpg
ppd11IMG_9774.jpg
ppd12IMG_9775.jpgppd13IMG_9776.jpg
ppd14IMG_9777.jpgppd15IMG_9778.jpg
ppd16IMG_9806.jpg
ppd17IMG_9789.jpg
ppd18IMG_9788.jpg
ppd19IMG_9790.jpgppd20IMG_9793.jpg
ppd21IMG_9799.jpgppd22IMG_9800.jpg
ppd23IMG_9794.jpg











たかね 干柿と

ppc01IMG_9812.jpg



毎年 この時期 は 干し柿づくり

我が 相方 は この 干し柿づくり に まるで 命 を 懸けて いる よう

先月 50 個 皮 むいて 軒 に 吊るした ばかり

今月 は さらに 100 個 追加

しかし 雨 の 当たらない 干場 に 苦労している


そこで 私 の 出番

キャンプ用 の 大型テント を

骨 だけ 部分的 に 組み立てて 上に タープ を 置く

簡単 に 理想的 な 干し柿 干し場 が かんせーい ・



ppc02IMG_9767.jpg
ppc03IMG_9791.jpg
ppc04IMG_9792.jpg
ppc05IMG_9807.jpg
ppc06IMG_9808.jpg



先月 干した 干し柿 は 食べごろ

ただ 今 弟と 母も 含めて 4 人 居る ので

一人 一日一個ずつ デザートで 食べてる と

す ぐ 無くなって しまう

ま お正月 には 次の 100 個 が ある !



ppc07DSCN1594.jpg
ppc08IMG_9770.jpgppc09IMG_9766.jpg
ppc10IMG_9804.jpg
ppc11IMG_9769.jpgppc12IMG_9803.jpg
ppc13IMG_9802.jpg



食料 を 自給自足 しよう ! と すれば

常に 生産 して いなくては ならない !

当たり前 の こと だけど ・


正確に 言うと 自給自足 でなく 

自給率 を 上げる だけ

この 別宅で 自足 なんて ハナから あきらめている



実 が たくさん 落ちている カリン を 使って

カリン酒 の 準備

それと 畑 の ニンニク に

防寒 ワラ を ・



ppc14IMG_9814.jpg
ppc15IMG_9798.jpg












たかね 月夜

たかね に 出発した 昨日は 87 年ぶり の ウルトラ ・スーパームーン

しかし 関東地方 は 雲 に 覆われて 見えず  


翌日の スーパー 十六夜 は 天気が 好転

雨 で 空気中 の 塵埃 が 落とされ 

ここ たかね でも 絶好 の 観測 日和


煌煌 と 月の光 に 照らされた 我が家 の 屋上   

どてら を 羽織って 撮影 開始

前の スーパームーン (10月15 日) を 撮って Face book に 発表し 好評だった

実績 が ある ので 撮影 には 自信満々
  


ppb51IMG_9508aa.jpgppb52DSCN1509aaa.jpg



十六夜 なのに ほとんど 満マル !

さすが ウルトラ ・ スーパー ムーン ! !


手持ち で 38 倍 ズーム で 撮った のに ボケて ない !

さすが ニコン の 手ブレ防止 機能 !


BGM は もちろん ドビュッシー  月の光  

さすが 名曲 辻井クン も 弾いて 欲しい !



ppb01DSCN1580.jpg
ppb02DSCN1581.jpg
ppb03DSCN1565.jpg
ppb04DCN1568.jpg
ppb05DSCN1582.jpg
ppb06DSCN1571.jpg
ppb07DSCN1572.jpg
ppb08DSCN1573.jpg
ppb09DSCN1583.jpg
ppb10DSCN1574.jpg



段々 目が 慣れてくると  

驚いたことに 山々が くっきり 見える !


月 明かり に 浮かぶ 富士 の 姿  

恐ろしい ほど 幻想的


侘び 寂び の 世界 では ない !  

幽玄 ? でも ない !


この世の もの とは 思われない !  

ここは 黄泉 (よみ) の 国 か ・



ppb11DSCN1575.jpg
ppb12DSCN1593.jpg
ppb13DSCN1586.jpg
ppb14DSCN1585.jpg
ppb15DSCN1584.jpg
ppb16DSCN1579.jpg
ppb17DSCN1592.jpg
ppb18DSCN1577.jpg
ppb19DSCN1578.jpg











次のページ

FC2Ad