G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

たかね しっかりと

たかね での 我が 思秋期 は 決して うらぶれては いない

短い人生 やりたいことは すべて やる 実践 の 場所

想い出 に 浸る だけ でなく 常 に 創造 と 発展


xb01IMG_2461.jpg


以前 強風で 傾いた メタボクレストの 恒久対策

建築足場 に 使う Φ48 mm の パイプを 使用して メタボクレストの 幹の 周り に 鉄塔を 立て 補強する

この メタボクレスト は 表面の 葉 が 密生している ので 鉄塔を 内側に 組めば 外から 目立たない はずだ



xb15IMG.jpg


しかし 枝 の 間 に パイプ を 通したり  接続金物 の 組立て  基礎杭 うち など 案外 大変な 工事

幸い 相方の 弟 が 遊び に 来て いる   手伝って もらおう  

彼も 泊めて もらって その方が 気が楽 だろう  と 勝手に 判断




xb02IMG_2435.jpgxb03IMG_2436.jpg
xb04IMG_2430a.jpgxb05IMG_2431a.jpg
xb13IMG_2439a.jpgxb14IMG_2441a.jpg
xb11IMG_2440.jpgxb12IMG_2442.jpg
xb07IMG_2433.jpgxb08IMG_2432.jpg
xb06IMG_2438.jpg
xb09IMG_2437.jpgxb10IMG_2434.jpg













鳳凰堂

お待たせ しました  

やっと 人ごみ も 去りました ので  

平等院 鳳凰堂 の 姿 を 

じっくり ご鑑賞 ください



w01IMG_2337.jpg
w02IMG_2338.jpg
w03IMG_2339.jpg
w04IMG_2340.jpg
w05IMG_2341.jpg
w06IMG_2312.jpg
w07IMG_2314.jpg
w08IMG_2315.jpg
w09IMG_2316.jpg
w10IMG_2319.jpg
w11IMG_2320.jpg
w12IMG_2322.jpg
w13IMG_2323.jpg
w14IMG_2324.jpg
w15IMG_2325.jpg
w16IMG_2329.jpg
w17IMG_2330.jpg
w18IMG_2331.jpg
w19IMG_2328.jpgw20IMG_2332.jpg
w21IMG_2333.jpg
w22IMG_2318.jpg
w23IMG_2335.jpgw24IMG_2334.jpg
w25IMG_2317.jpg
w26IMG_2343.jpg
w27IMG_2354.jpg











平等院 の

お目当ての 平等院 鳳凰堂 の 写真 は 後回 し に して  

宝物殿 や 付帯する 伽藍を 先に 訪れて みよう


鳳翔館 ( ほうしょうかん ) は 平等院 に 伝わる 様々な 宝物類 を 保存 展示する ための 博物館

モダンな 和  建物の 雰囲気 が いいね

まずは 建築デザイン に 感動 



v51IMG_2345.jpg
v52IMG_2346.jpg
v55IMG_2347.jpg
v56IMG_2348.jpg


鳳翔館 の 中は もちろん 撮影禁止

雲中供養菩薩 26体 ( 国宝 ) などは 見ごたえ が ある

これまでの 鳳凰堂 修理の 模様 ( VTR ) なども 面白い

カタログを 購入し それを 遠くから 撮影した もの を 一部 以下に 示す



v57IMG_107.jpg
v53IMG_105.jpg
v54IMG_106.jpg





鳳翔館 から   大書院   浄土院   羅漢堂   最勝院 ・

水森かおり の ご当地 演歌 の 歌詞 が 出て きそう だが


甍 ( いらか ) 模様   サルスベリ の 花   玉砂利 を 踏む 音 ・

" よこはま たそがれ " みたいに 名詞 を 並べる 作文 も いいね 



v58IMG_2351.jpg
v59IMG_2353.jpgv60IMG_2352.jpg
v61IMG_2360.jpg
v62IMG_2355.jpg
v63IMG_2358.jpgv64IMG_2359.jpg
v65IMG_2349.jpgv66IMG_2350.jpg
v67IMG_2342.jpgv68IMG_2313.jpg
v69IMG_2356.jpgv70IMG_2357.jpg
v71IMG_2344.jpgv72IMG_2336.jpg










宇治は

奈良から 京都 に 向かって 車で 北上 している が  もともと 京都 まで 行く 気 は さらさら ない

今日の 観光 は あと 一か所 のみ  そうなると 宇治 平等院 あたり だな


この付近 街が 古い ので 道 も 狭い  

もちろん バイパス も ある が 

我が バカナビ は  こんな所 通れるか ! と 思われる 混雑道 を 選んで 誘導する


ま でも 桃山 御陵 とか JR 宇治駅  あがた通り  など 

行こう と 思っても 絶対 行けない 所 を 通る ことが 出来た



v01IMG_2368.jpgv02IMG_2296.jpg
v03IMG_2362.jpgv04IMG_2300.jpg
v05IMG_2363.jpgv06IMG_2364.jpg
v07IMG_2365.jpgv08IMG_2366.jpg


平等院 裏 の 駐車場 に 車を 停めて  参道を ぶらり

宇治茶 が 名物 の様だ  おなかも すいた ので 昼食 所 を さがす

結局 参道裏 の 夜は一杯飲み屋 の 定食屋さん で ・

お新香 食べ放題   茶そば定食 は 美味い 安い で 大満足 !



v09IMG_2301.jpg
v10IMG_2303.jpg


で は 平等院 へ 参ろう か ・

赤門 で 拝観料 を 払って



v11IMG_108.jpg
v12IMG_2305.jpgv13IMG_2304.jpg


源頼政 が 宇治川の 戦い で 平家の 軍 に 敗れた 地  と ある

私 も 死ぬ時 は 遺言書 など 書かず 辞世の句 だけ を 残して おこう



v14IMG_2306.jpgv15IMG_2307.jpg
v16IMG_2308.jpg


これ は トイレ の 目隠し だが  木と 竹で 作る 垣根 は いいね ~

なんとか たかね の 別宅 に 作りたい



v17IMG_2309.jpg


さて 有名 な 平等院 鳳凰堂 は 目前 だが

平日の 昼過ぎ なのに やけに 人が 多い 

鳳凰堂 内の 見学 待ち と 外国人 団体 が 来た のが 理由の ようだ が

やはり 人が 多い と 興ざめ


どー しよう か   ね



v18IMG_2310.jpgv19IMG_2311.jpg
v20IMG_2361.jpgv21IMG_2321.jpg











地名 は

古墳群 を 堪能した 後 は ・  まだ 帰る のに 時間は ある

そうだ 京都 へ 行こう !   ま 京都 は ちょと 遠い ので その途中 あたり か 


と いうことで 奈良から 北上

初めて 通る 道  行先 表示板 も なんだか 読みにくい

そういえば さっき 仁徳天皇陵 に 行こう とした 時  

百舌鳥 (もず) が 読めなくて  結局 行く のを あきらめた ・



ug01IMG_2369.jpgug02IMG_2370.jpg



おおさか  やお  やまとたかだ     この位は 普通に読める

きょうと  やわた  エート くずは  ナニ ? ながお かぐちょう    ま なんとか 読める

たかつき  ひがしおおさか  やまもと えき  おんじ えき     おー 大丈夫 じゃ ないの


ug03IMG_2258.jpgug04IMG_2291.jpgug05IMG_2286.jpg



さて 次は ・

とかり びょういん で なく  ひがし こうり びょういん  だ そうだ

ん ? そのまま 読めば いいか なす さぎょう でなくて なす づくり ひがし

これは かたの し と 読むのか ローマ字 見て   この先の ひらかた し は分かるんだが ・


ug06IMG_2288a.jpgug07IMG_2289a.jpgug08IMG_2290a.jpg



車で 初めて 通る 街 では いろんな 名前 が 出てくる

運転しながら たまに  " 何て 読むのかな ? "  という 地名 が 出てきても

" 歴史ある 風情が あって いいね " と 余裕 だが

次 から 次 に ぜんぜん 読めない 地名 が 出てくると

" ワー なんじゃ これはー "

と 混乱する ( パニクる ) ね


一見 難しい 地名 でも 名が 知れてる のは ホッとする

あ ここが そうだった のか ・



ug09IMG_2373.jpgug10IMG_2294.jpgug11IMG_2257.jpg
ug12IMG_2287.jpgug13IMG_2295.jpgug14IMG_2297.jpg










岡 ミサンザイ 古墳

応神天皇陵 が ある付近 住宅で 埋め尽くされて いるが

古市 古墳群 と 呼ばれ いたるところに 古墳 が ある


岡 ミサンザイ という 名前の 珍しさ に ひかれて 近くの 古墳 を 訪れて みる

ここも なかなか 立派 な 前方後円墳


仲哀天皇 ( ちゅうあいてんのう ) の 陵 らしいが 詳しい こと は 不明 との こと

日本武尊 ( ヤマトタケルノミコト ) の 第二子で さっき 訪れた 応神天皇 の 父親  と いうこと なので 

この辺 の 時代   まー あまり はっきり 分からない 方が よいかも ・


名前の 由来 も さっぱり 分からない

いちおう 陵 に 向かって  二礼 二拍 一礼



ud01IMG_2282.jpg
ud02IMG_2256.jpg
ud03IMG_2259.jpgud04IMG_2260.jpg
ud05IMG_2285.jpgud06IMG_2284.jpg
ud07IMG_2281.jpg
ud08IMG_2278.jpg
ud09IMG_2275.jpgud10IMG_2279.jpg
ud11IMG_2276.jpg
ud12IMG_2277.jpg
ud13IMG_2280.jpg






>


応神天皇陵

熊本帰省 の 帰り は いつも 奈良 探訪 今回 は どこへ いこうか ・

行きがけ 唐子 鍵 遺跡 に 遭遇 した ので 帰り も 古墳 を 訪れよう

古墳 といえば これまで  高松塚 古墳  キトラ 古墳  石舞台  他に 博物館 も ・  

この付近 ほとんど 行った


そうだ  あと 前方後円墳 が 残っている  

教科書に 載ってた 仁徳天皇陵 には 以前から 行きたいと 思ってた

地図で 調べると 堺 市 百舌鳥(もず) あたり  んー ちょっと 遠い な
  


uc00IMG141006a.jpg


ここの 香芝 I C から 比較的 近い 天皇陵 を 探す    

あった あった !

地図 には たくさん 出てくる ね 

仁徳天皇陵 に 次いで 二番目に大きい 応神天皇陵 へ



uc00xIMG_141006b.jpg
uc01IMG_2283.jpguc02IMG_2274.jpg


天皇陵の 堀 に なかなか たどり着けない が 宮内庁 の 管理事務所 みたいな ところに 行きついた

近くの 人に 尋ねたら ここから 歩けば 応神天皇陵 を 拝観する ことが 出来る という

しからば この きれいに 手入れされた 庭 に 入らせてもらう

出ていけ ! と 追い出される こと はなかろう  



uc03IMG_2264.jpg
uc04IMG_2266.jpguc05IMG_2267.jpg
uc06IMG_2265.jpg
uc07IMG_2272.jpg


玉砂利 の 参道 ? を 歩く   誰も 居ない  

手水舎 で 手 を 清め 鳥居 の 前 へ 

ここから 先は 行けない が  前方後円墳 が 目の前

丁寧に  二礼 二拍 一礼

清々しい 気持ち に なりました



uc08IMG_2268.jpg
uc09IMG_2271.jpg
uc10IMG_2269.jpg
uc11IMG_2270.jpg
uc12IMG_2263.jpg


応神天皇陵 の 前 にも 小さな 前方後円墳 が あります

特に 立入り の 制限 は なく 公園 みたいに なっていました

応神天皇 の ご親戚 か と 思います が



uc13IMG_2273.jpg
uc14IMG_2261.jpguc15IMG_2262.jpg











唐子・鍵 遺跡

名阪道路 から 大阪南港に 行く のに  ちょっと 節約 のため 

天理北 で 下り  天理市内 から 奈良市 の 南部 を 通って 香芝 I C  まで 行く


ここの エリア で いつもは 当麻寺 とか 新薬師寺 あたり を 観光する のだが 

行きがけの 時間 が ない時 は そのまま 突っ切ることが 多い


今回は その途中に 唐子 鍵 遺跡 ( からこ かぎ いせき ) という 看板 を 発見 ・   

マイナー な 観光地 が 好きな 私 と しては  見逃す わけには いかない



ub01IMG_1817.jpg
ub02IMG_1818.jpgub03IMG_1816.jpg
ub04IMG_1819.jpg
ub05IMG_1821.jpg
ub06IMG_1820.jpg


弥生時代 と 言えば キリストが 生まれた 年 の 前後 200 年 あたり

そんな 時代 に ここで 農耕を 営む 集団が 居て 青銅器 など も 使って いた ・


太古 の 歴史 を 馳せ ながら 池の 周り を 巡る と

なんだか すがすがしく 爽 快 ・



ub07IMG_1833.jpg
ub08IMG_1823.jpgub09IMG_1824.jpg
ub10IMG_1822.jpg
ub11IMG_1825.jpg
ub12IMG_1826.jpg
ub13IMG_1827.jpg
ub14IMG_1832.jpgub15IMG_1830.jpg
ub16IMG_1828.jpg









奈良は

名阪国道を 利用する のは なんといっても 経済的 理由

府中から 車で 帰省するのに たかね 経由 途中 瀬戸内海フェリー を 使ったとしても 高速代 が ねー


中央高速 は 可能な限り 下を走る にしても 名古屋付近 は どうしても 高速  

名古屋ー大阪を 自動車専用道路 の 名阪国道で 行けば 高速料金が かからない


但し 一般国道 だから 制限速度は 60km/h  以前は 覆面パトに 必ず 捕まっている 車が いたが

最近 やっと 制限が 70km に 変更された  実質 80 km/h で 走れるので ありがたい

  名阪国道


亀山から 走ってくると 奈良の 手前で 盆地の 市街が 見渡せる この眺め 大好き


ua01IMG_1813.jpgua02IMG_1815.jpg
ua03IMG_1810.jpg


奈良盆地に入ると また この山々の景色が いーんだなー  

葛城山 ( かつらぎさん ) と 二上山 ( ふたがみやま )

別に 私は 奈良出身 ではない が この山の 景色 は 心が 和む


ua04IMG_1838.jpg
ua05IMG_1839.jpgua06IMG_1836.jpg
ua07IMG_1835.jpg


それと もう 常連 に なった 香芝 S A  

行き は フェリーに 積み込む 夕食 を 買う

帰り は 大阪南港 から 来て 一休み   朝食 の 大阪うどん を 食べる


ua08IMG_2255.jpgua09IMG_2254.jpg
ua10IMG_2251.jpgua11IMG_2253.jpg


奈良 という町 は 不思議 な 街


太古の遺跡 が ある と 思えば 

5 世紀の 建物 が 現存する


遺跡 の 合い間に 民家 が 建ち 

高架 の 道路が 隙間 を 縫う


ua13IMG_1834.jpg
ua12IMG_1841.jpg











郷土芸能

t34IMG_2173.jpg


TVが まだ ほとんど の 家に なかった 頃  

我々 子供の 楽しみ は 神社 での 縁日 盆踊り 

木枠と 布で 舞台が 造られ 地元の オバサンたちが 踊る 熊本民謡   

詩吟 や 演武 など も


今は TV や 劇場 で 様々な 分野 の 一流の 芸能 を 気軽に 鑑賞する ことが 出来る

しかし どんなに 新しい 刺激 が 加わって も

幼い頃 周りから 聞こえてきた 音楽 など は ずっと 身に 付いて 離れない もの なんだ


成人に なって 新しい 音楽 に 触れ  今 一生懸命 その世界 に 狂って いる のも よし ・   

でも やがて 落ち着いて きたら

歴史ある 郷土芸能 に 触れてみよう   

また 新しい 感動 が 生まれる


  牛深ハイヤ節 は 一昨日 聞いた  他にも ・


  肥後五十四万石

  ぽんぽこにゃ

  キンキラキン

  東雲節


t04IMG_101.jpgt05IMG_102.jpg
t30IMG_2205.jpgt31IMG_2206.jpg


地元 芸能を 苦労しながら 一生懸命 支えている  風太郎 さん   

がんばって ~


そういえば ・



あのころ 肥後 にわか も よく 見た ね 

ばってん荒川 の オヨネ 婆さん ヤーイ ・  ガネマサどーん ・  おても ー ・  チョーロク ー ・  

みな どこへ 行った ・



t23IMG_2197.jpg











お月見の宴

t01IMG_2163.jpgt02IMG_2164.jpg
t02IMG_2165.jpg


月々 に 月 見る 月 は 多けれ ど 月 見る 月 は この月 の 月


今日 の 月 は  山の端 の 上 でも  小さい窓を 通して も  マンション の 隙間 でも  

とにかく  美しい


ここ は 熊 本  新 町   

明八橋 の 上 で 優雅 に お月見の宴 を している 人たちが ・



t03IMG_2166.jpg
t06IMG_2202.jpg
t07IMG_2195.jpgt08IMG_2203.jpg
t32IMG_2198.jpg



歌っているのは 西村直子さん

以前 NHK " 民謡を あなたに " で 原田直之 金沢明子 と 共に アシスタント として 出演 していた メジャー 人

最近 は 熊本を 根拠地 として  歌 司会 また 料理の指導 など マルチタレント として 活躍 している

民謡 は 若い頃 全国コンクール で 入賞した 実力派 だが 美空ひばり などの 歌謡曲 も 上手い


昔 は トップの 芸能界で 活躍した人が こんな 町内会の 場末の 宴会 にも 気軽に 出演してくれる

こんな人 好きだな -   


東日本大震災 で 苦しんでる 人 を 励ます ため に

芸能人 は  東北の 場末の 一杯 飲み屋 に みんな 訪れて 欲しい  と 思って いるが

エ セ 一流 に こだわって カッコ ばかし つけている 芸ノー人 が なんと 多い ことか


彼女 は 地元 の 草の根活動 など 一生懸命 応援 して くれて いる

ぜひ 市会議員 に 立候補 して 欲しい ね



t09IMG_2176.jpgt10IMG_2184.jpg
t11IMG_2177.jpgt12IMG_2181.jpgt13IMG_2182.jpgt14IMG_2185.jpg
t19IMG_2178.jpgt20IMG_2190.jpgt21IMG_2180.jpgt22IMG_2191.jpg
t15IMG_2186a.jpgt16IMG_2189a.jpg
t17IMG_2187a.jpg
t18IMG_2192.jpg



もう一人 市会議員 に したい人  今年 94歳 になる マサオちゃん

いつも カラオケ屋で お話しする ので 親しみを 込めて こう 呼ばさせて 頂いて いる が 実 は たいそうな人


まず 我が 黌校 の 大先輩  全国 5 万人の 同窓会 に おいても 最年長の 来賓 と して 挨拶 している

それと 私の父 と 同じ 若い頃 軍隊 で 熊本の第六師団 に 属 し ノモンハン ブーゲンビルを 転戦 生き残った

今 ブーゲンビル遺族会 会長  慰霊碑 の 建立 など 様々 活動 を されている


私の 父 は ノモンハン で 被弾 し 死体の山から 奇跡的に 拾われ 台湾で 療養後 帰国した という

当時 の 上官が 私の 母の 父で 自分の 一人娘の 婿 に ということで 養子入り した と 聞く

今 私が 生きて いる のは 父と 母の あざなえる 運命 の ちょっとした かけ具合 の 結果 なのだ

きみまろ の 親父さん も 同じ 軍隊に居たらしい 以前 NHK の ファミリーヒストリー で 紹介 されてた

   マサオちゃん

軍隊時代 の いろいろ お話を 伺って 父の 想い出 に 触れる ことが できた


その まさおちゃん が ハーモニカ に 合わせて 突然 歌い出した

 は る こ う ろ う  の  は な の え ん ・ ・

堂々 と して  上手い ね ー



t24IMG_2196.jpgt25IMG_2199.jpg
t26IMG_2170.jpgt27IMG_2204.jpg
t28IMG_2201.jpgt29IMG_2200.jpg
t33IMG_2174.jpg










歌う

この時期 に 熊本へ 帰って来た のは 

蔡さん が 博多に 遊びに 来た ので その 歓迎 の ため


昨年も この時期 熊本 だったが その時は 母の 三回忌 が 第一の 理由 

それと ボシタ 祭り ( 藤崎宮 秋の例大祭 ) 見学

今回 ボシタ祭り の 随兵 (ずいびょう) は 9月21日 と なったので 残念ながら そこまでは 居れない


祭り が 近づき  街は なんとなく お祭り 気分  

私も カラオケ で 乗る か ・



r01IMG_2140.jpgr02IMG_2141.jpg
r03IMG_2218aa.jpgr05IMG_2142a.jpgr05IMG_2143a.jpg


熊本へ 帰って きて 最大 の 楽しみ

去年も 来たが せき くん の ライブ には かならず 顔を 出す

一年に 一回 くらい 顔を 見せると たぶん 彼 も ウレシー だろう

もちろん 前もって 連絡せず サプライズ で 客席 に 登場



r06IMG_2225.jpg
r07IMG_2224.jpgr08IMG_2226.jpg
r09IMG_2231.jpg


ナカムラ君 と フジモト君 が 邪魔して いるが 窓の外に スーパームーンの満月が 見える

せき くん は いつも スライドなど 併用して 歌う こと が 多い が

今回 は 天然の 月が バック   お月見 コンサート だったんだ

この時間 に この位置 で ・  予期して 設定した と したら すごい !

それとも 偶然の 結果 ?



r11IMG_2228a.jpgr10IMG_2230.jpg
r15IMG_2229.jpg


  つき が でた でた  つき が でた

  みいけ たんこう の  うえ に でた

  あんまり えんとつ が  たかい ので

  さぞ や おつき さん  けむたかろ

  サノ  ヨイヨイ




サイゴに 盛り上がる の は

なんてったって

 牛深 ハイヤ 節

  サーサ ヨイ ヨイ  サーサ ヨイ ヨイ 

  ハ ヨイ サー  ヨイ サー  ・ ・


この 牛深ハイヤ節 歴史が 古く 全国の いわゆる ブギウギ民謡 の 草分け

そういえば 佐渡おけさ 阿波踊り に 似ている  踊りの 足の動き は かっぽれ だな ・

そのまま よさこい踊り にも なるし AKB が 歌って 踊って も ピッタシ

歌を ラップ調 に 編曲 し 合いの手 は 台湾 の 八声 に 似せれば また おもしろい かも ・


とにかく 乗る ね ー



r12IMG_2227.jpg
r13IMG_2233.jpgr14IMG_2232.jpg


  歌 う バカ タ レ に 歌わ ぬ バカ タ レ

  同じ バカ なら 歌わ にゃ ソン ソン 












スーパームーン

熊本 では いつもの 実家 では なく 中学 同窓生 の Yさん の 家 に 泊っている ( 泊めてもらっている )

彼女 は 以前 脳 の 手術を して 長く 施設で リハビリしていたが 最近 やっと 自宅に 戻れた そうだ


まだ 歩行困難 判断力 も やや難 と いうことで ヘルパー ・ デイサービス を 利用しているが 一応 ひとり 暮らし

大丈夫 かなー という 心配 と 何か お手伝い すること が あれば という 気持ち で この際 押しかけて きた



s01IMG_2158.jpg
s02IMG_2146.jpgs03IMG_2153.jpg


わざわざ 東京くんだり から 熊本まで 来て 世話をする なんて 彼女と どんな ご 関係 ?


6 年前 中学の 同窓会で 初めて お話 し  お互い 親の介護 の話で 盛り上がった 

苦労している 仲間 で 音楽をやろう ということ になって 連絡を し合った のが おつきあいの 始まり 

その後 彼女が 病気になり 親たちも 各々 亡くなって なにかと 疎遠に なっていた

現在 天涯孤独の 彼女だけ が 不安の中で 生きている


地元の 同級生・友人たち も 何かと 彼女を 支えている が

私が しゃしゃり出て 彼女の世話をする 義理 理由 根拠 は 何も ない

あるのは 昔 私が Guitar を 弾いて 彼女が 歌ってくれた 楽しい 思い出  


音楽 が 好き という だけで こころ は つながる

今 恵まれない 境遇の 彼女に 対して なんとしても 精神的 支援 を やって あげたい

離れた 東京に 居て ずっと 想い続けていた
  


s04IMG_2159.jpgs05IMG_2152.jpg
s06IMG_1960.jpg


持参した 刈払機で 一年ぶりの 庭の草刈り   蚊 が 多くて 大変 ・

車で スーパーに 食材の 買い物   行きつけの 美容室へ 送迎

いろいろ やって あげたが ・      ( このあと うまく 表現 できない ・ )    


彼女 は  嬉しがっている と 思う が  なんとしても 喜怒哀楽 の 不足  

私 は  どうしても 母を 介護していた 自分 に 戻ってしまう


「 あなた 起きて 朝食 できた わよ 」  「 そうか ありがと おいしいね 」  

「 今日は 博多出張だ  行ってくるよ 」  「 いってらっしゃい 気をつけてね 」

そんな 新婚ゲーム を 期待して いた が ・ 


母を 介護していた 約 5 年間  いろいろ 思い悩んで 結局 たどりついた 結論 は

  真面目に 矯正させよう と 頑張っては ダメ 介護する方 が 参ってしまう

  介護する 人の ケア を ちゃんと しないと その介護 は 破たんする



s07IMG_2145.jpg
s08IMG_2157.jpgs09IMG_2144.jpg


ひとり ゆうか道路 を サイクリング  

今夜 は スーパームーン  お月見サイクリング だ

月 は きれい だけど センチメンタル

介護 の 気晴らし には 逆効果


ま 気晴らし は このあと カラオケ やるから いーんだ けど

いろいろ 思いを 馳せる には ピッタシ の 雰囲気


この歳 に なると 病 (やまい) を 背負って 生きている 知人が 何 と 多い ことか

幸い 私 は 明日へも知らぬ 命 では ない

あの人 と あの人 それに あの人 も !   

みんな の 健康 を 満月 に 祈 る ・


  で た で た  つ き が

  まる い まる い まん まる い

  ぼ ん の よう な つ き が



s10IMG_2154.jpg
s11IMG_2147.jpg
s12IMG_2148.jpg
s13IMG_2150.jpg
s14IMG_2151.jpg
s15IMG_2155.jpg
s16IMG_2161.jpg
s17IMG_2160.jpg









花火は

福岡タワー から F井さん の 車 で 東区の ホテル まで 7人 一緒に 一旦 移動

ホテル で N村さん が 下りて 自分の車 を 回収  その後 他 6人 は 花火大会 の 会場 を 目指す

予想どうり 車は 大渋滞 だが 会場 直前で 私 と 蔡さんたち 計 5人 が 下車して 徒歩で 花火会場 へ 向かう


この三日間  F井さん と N村さん の 二台の 車 を うまく 使って 効率的 に 蔡さんの 観光案内 を している

そうでも なければ この 混雑 の 花火大会  とても 身動き が 取れない  


また 私 が 加わる ことで さらに 効率的 に なった かな ?

少しは 役に立てて よかった ・



p01IMG_2079.jpgp02IMG_2080.jpg
p03IMG_2081.jpg


とは いうものの  私 も この付近 に 来る のは 50 年 ぶり  

あそこの 福岡女子大 校舎 だけ は なぜか 覚え が ある が  あと は まるで 浦島太郎

F井さん  N村さん が 居ないと 右も 左も 分からない


事前に 調べている 蔡さん が 会場 は あっちだ !  と いうことで ついて 行く

強引に 特等席に 割り込む が  昨日から 場所 取り している 周り から は 非難 ゴウゴウ  

私だけ は 理解できる ので ひとり 離れて 後ろに 下がる ・


どこに 居ても 打ち上げ場 に 近い ので 花火の 迫力 は 十分

そういえば 今年 は 花火大会 なんて 一度も 行かなかった な -


で は 楽しみ ましょ ・ ・

みなさんも  ご一緒 に 



p04IMG_2082.jpgp05IMG_2083.jpg
p06IMG_2084.jpgp07IMG_2085.jpg
p08IMG_2086.jpg
p09IMG_2087.jpgp10IMG_2088.jpg
p12IMG_2090.jpgp13IMG_2091.jpg
p11IMG_2089.jpg
p14IMG_2092.jpg
p15IMG_2094.jpg
p16IMG_2093.jpgp17IMG_2096.jpg
p18IMG_2095.jpg
p19IMG_2097.jpgp20IMG_2098.jpg
p21IMG_2099.jpgp22IMG_2100.jpg
p23IMG_2101.jpgp24IMG_2102.jpg
p25IMG_2103.jpgp26IMG_2104.jpg
p27IMG_2105.jpg
p28IMG_2106.jpgp29IMG_2109.jpg
p30IMG_2107.jpg
p31IMG_2110.jpgp32IMG_2111.jpg
p33IMG_2112.jpg
p34IMG_2114.jpgp35IMG_2115.jpg
p36IMG_2131.jpgp37IMG_2132.jpg
p38IMG_2133.jpgp39IMG_2134.jpg
p40IMG_2128.jpgp41IMG_2117.jpg
p42IMG_2120.jpgp43IMG_2121.jpg
p44IMG_2122.jpgp45IMG_2127.jpg
p46IMG_2119.jpg
p47IMG_2116.jpgp48IMG_2113.jpg
p49IMG_2124.jpgp50IMG_2126.jpg
p51IMG_2125.jpg
p52IMG_2135.jpg
p53IMG_2136.jpgp54IMG_2137.jpg
p55IMG_2138.jpg










博多タワー は

夕食後 明るい うちに F井さん の ワゴン車 で 福岡タワー を 案内

私も 訪れる のは 初めて です

充分 楽しめました

以上 ・
  


o01IMG_2040.jpg
o02IMG_2042.jpgo03IMG_2044.jpg
o04IMG_103.jpg
o05IMG_2046.jpg
o06IMG_2072.jpgo07IMG_2048.jpg
o08IMG_104.jpg
o09IMG_2049.jpgo10IMG_2050.jpg
o11IMG_2047.jpg
o12IMG_2068.jpgo13IMG_2059.jpg
o14IMG_2051.jpg
o15IMG_2052.jpg
o16IMG_2053.jpg
o17IMG_2056.jpg
o18IMG_2058.jpg
o19IMG_2054.jpg
o20IMG_2055.jpg
o21IMG_2057.jpg
o22IMG_2066.jpg
o23IMG_2061.jpgo24IMG_2067.jpg
o25IMG_2064.jpgo26IMG_2063.jpgo27IMG_2065.jpg
o28IMG_2069.jpgo29IMG_2045.jpg
o30IMG_2073.jpgo31IMG_2075.jpg












昼は

蔡さん 歓迎 の 二日目  

午前中は 福岡城 付近 を F井さん N村さん で 案内  昼食から 私 が 加わる

12時に 岩田屋 新館 で 待ち合わせ



n01IMG_2018.jpg
n02aIMG_1995.jpg


お昼 は 銀座 天一 (福岡支店) の 天ぷら

和食 と しては 最高 の おもてなし

結構な 値段 だが その価値 分かって くれた か どうか ・



n02IMG_2019.jpg
n03IMG_2021.jpgn04IMG_2020.jpg
n04IMG_2022.jpgn05IMG_2023.jpgn06IMG_2024a.jpg


今回 は 自分からの お礼 の つもり だから 当然 自分の金 での 接待 

相手に 喜んで もらえる と 同時に 自分 も 楽しまなくては ・


久しぶり の 博多の街 を  私も 楽しんでいる し 

ふだんなら 絶対 行かない  天一 の 天ぷら も 食べたり ・


次 は お買いもの ?    私 も なじみ が 少ない 天神地下街 に 行ってみたい ね ・

え ? おみやげ ?    それなら ひよこ が 良いよ・  私 も 大好き だから 



n07IMG_2025.jpgn08IMG_2029a.jpg
n12IMG_2030a.jpg
n13IMG_2031.jpgn14IMG_2032.jpg
n09IMG_2026a.jpgn10IMG_2027.jpgn11IMG_2028.jpg


天神地下街 は 楽しい ね ~  

ピチピチ 博多ギャル が 短い 下着 スカート ? で 闊歩 している し ・  

見せ イヤ ! 店 も シャレているし ・


おっと ・ いや その ・   アイアン を 多用した 落ち着いた 地下街の 作り が いいね

蔡さん の ご家族 も いろいろ お買いもの したそう 



n15IMG_2034.jpgn16IMG_2033.jpg
n17IMG_2035.jpgn18IMG_2036.jpg
n19IMG_2039.jpgn20IMG_2037.jpg
n21IMG_2038.jpg


いろいろ 細かく ご案内 は したい が

女性 の お買いもの は ほっておく のが 一番


こっち は 楽 だ し ね 


普通 の 中華料理屋 さん で 夕食

こんなとこが 楽しそう でした



n22IMG_2076.jpgn23IMG_2078.jpg











再会

蔡さん の 歓迎 宴会 は Q大関係者 7人も 加 わって 盛大 に 執り 行われました


蔡さん が 連れてきた 三人の ご家族 とは 私は 2012年 春 高雄にて お会いした 以来 です

あの時 は 高雄 郊外 の お宅に 伺って 月世界 とか 泥火山 とか 珍しい観光 を 経験させて いただきました


日本は 初めて だそうで あまり 旅慣れてない よう ・ 

しからば 地に 足を付けさせぬ 積極的 接待を して あげましょう !



m01IMG_2015.jpg
m02IMG_2000.jpg
m03IMG_2002.jpgm04IMG_2001.jpg
m05IMG_2005.jpg
m06IMG_2003.jpgm07IMG_2010.jpg
m08IMG_2009.jpg
m09IMG_2004.jpgm10IMG_2006.jpg
m11IMG_2011.jpg


途中で N村さんが カナルシティ に 写真 撮り に ・ と 引率 案内 のため 退出   

あとは Q大マンドリンクラブ の 同窓会 ・・



m16IMG_2012.jpg
m13IMG_2014a.jpgm12IMG_2007.jpgm14IMG_2008.jpgm15IMG_2013a.jpg
m17IMG_1988.jpgm18IMG_1987.jpg










博多へ

l03bIMG.jpg


熊本から 博多に 行く のは 本当 に 便利    

新幹線 だと 熊本ー博多 50 分 で 行ける が ・

熊本バスセンター から 天神 ・博多駅 まで 高速バスが 頻繁に 出ている   

産交バスの ドル箱路線


料金 は 4枚の 回数券を 買うと 一回 当り 片道 1645 円  自宅から バスセンターまでは 自転車なので 0円

時間 は バス が 1時間 55分  自転車 は 5分くらい 


すなわち  二時間 足らず 1645 円 で 熊本の自宅 から 福岡の天神 へ 行ける 


ということは  府中から Dolce の練習で 我孫子に 行く よりも 安い 早い !

ということは  Dolce の 練習 は 熊本から 福岡まで 毎週 通う より も 大変 って こと ・ ?



l01IMG_2217.jpgl02aIMG_0001.jpgl02bIMG_1969.jpg
l03aIMG_1954.jpg


今日の 場合 熊本から 博多に 行く 便利さ を 享受 しよう

台湾で お世話になった 蔡さんが 博多に 遊びに 来る ので Q大 OB OG有志で 歓迎会


私 も 博多に 行く のは ずいぶん 久しぶり  

昔は なかった 都市高速道路 を 通って 天神 バスセンター へ

以前 は 西鉄ライオンズ の 試合で 平和台球場 行き の バスが 

今は ソフトバンク ヤフ オク ドーム ・ ・



l04IMG_1972.jpgl05IMG_1971.jpg
l06IMG_1997.jpgl07IMG_1996.jpg


福岡と 言えば 天神交差点  学生時代 この付近 デモ で 練り歩いた ね

しかし 見慣れた ビルは ある ものの なんとなく 普通の 交差点 に 成り下がっている 感 が する

風格ある 岩田屋デパート と 西鉄電車 の 入口が 移動 し さらに 地下街 が できた ので 

地上の 賑わいが 消えて しまった ようだ



l08IMG_1980.jpgl09IMG_1982.jpg
l10IMG_1999.jpgl11IMG_1981.jpg
l19IMG_1984.jpgl20IMG_1983.jpg


現在 にぎやかな 所 を 追って 歩いて みよう  

一番 人が 多そうな 西鉄の 降り口を 過ぎると 警護 (けご) 公園

ここは 以前 住宅裏の 静かな 公園だった が 今は 繁華街 の 中心 

ストリートミュージシャン の 溜まり場 に なっている  ・



l15IMG_1973.jpg
l16IMG_1976.jpg
l17IMG_1974.jpgl18IMG_1975.jpg


更に 進む と あった あった 岩田屋 が  ここに 新しく 出来ている   

デパート として は 立派な 外観


この付近 昔は 新天町 の 裏通り だった  

卑猥な 店 や 一杯 飲み屋 駐車場 など 雑多な 町並み だったが ・ 

きれいに 都市開発 された


肝心の 新天町 は どうだ ?  

45年前 と ほとんど 変わってない ね  なんとなく ホッと する


人の流れ に つられて たどりついた のが 天神 地下街

地下鉄の 駅 も あって 通り や 店舗 も かなり 大規模 


今 福岡 で 一番 賑やかな 所 は  ここ だな ・ !



l12IMG_1994.jpgl13IMG_1993.jpg
l21IMG_1985.jpgl22IMG_1986.jpg
l23IMG_1979.jpg


熊本からの 便利な バス便の おかげで 目的の 宴会の 前に たっぷり 時間が ある

想い出 掘り起こし の さろきんぐ は 続く


博多 に 来て 絶対 外せない と 思っていた 因幡うどん !  

理由 は 言い出したら 止まらない (長くなる) ので 省略


それと 須崎公園  

大学時代 Mandolin の演奏会 が 終わって 感動しながら 歩いた道 ・  

彼女 と 初 デート 初 〇〇 の 想い出 ・


近く の 病院 で 幼な馴染み が 病院長 を している  

会えなかったが 45年ぶり に お話し できた ・



l24IMG_1978.jpgl25IMG_1977.jpg
l26IMG_1990.jpgl27IMG_1991.jpg










我は熊の子

熊本に 帰って きました !  一年ぶり

とにかく 熊本だ !  という 写真を まず 撮ろう ・


上通り と 下通り が 出会う 通町 ( とおりちょう )   市電 と 熊本城 も セット


k01IMG_2222.jpg
k02IMG_2221.jpgk03IMG_2223.jpg


市役所 前 の 熊本城 長塀   電車は 通町から 花畑町 新市街 辛島町 さらに 上熊本方面へ

k04IMG_1967.jpgk05IMG_1968.jpg
k08IMG_1970.jpgk07IMG_2220.jpg
k09IMG_2219.jpgk06IMG_1952.jpg


山 川 は 金峰山 ( きんぼうざん ) 荒尾山  花岡山 や 井芹川 も 私の 一部

k10IMG_1966.jpg
k11IMG_1965.jpgk12IMG_1964.jpg
k13IMG_1959.jpgk14IMG_1963.jpg


昔 熊本工大 と 言ってた 崇城大学  撮りたかった のは 手前の 九州新幹線  その下を 貨物列車 が 通る

k15IMG_2016.jpg
k16IMG_2017.jpg
k17IMG_1961.jpg
k18IMG_1962.jpg


熊本で 人気抜群 の 甲山 市長  それと 熊本県民TV の テレビタミン  久美タン も 相変わらず キレイ

k20IMG_1956.jpgk21IMG_2210.jpg
k22IMG_1958.jpgk23IMG_1957.jpg


最近は 栄枯盛衰 の 熊本ラーメン  切磋琢磨して ますます 美味くなっている

k24IMG_2216.jpgk25IMG_2215.jpg
k26IMG_2213.jpgk27IMG_2214.jpg


夜の 熊本  私は 大好き   飲んで 歌って  ♪ 遠回り して かーえろー

k28IMG_2208.jpgk29IMG_2209.jpg
k30IMG_2218.jpgk31IMG_2207.jpg










七色温泉

湧蓋山 ( わいたやま ) を 望む 豊礼の湯 ( ほうれいのゆ )

朝夕 湯の 色が 変わる ので 七色温泉 とも 呼ばれる


ここは カップルで イチャイチャできる コイン式 家族風呂 が ウリ だが 

今日の 私の 狙いは 共同 の 大露天風呂

今の 時間 誰も 入ってない 

一人 貸切 状態  

写真 も 撮り 放題  


水面に 波を 立てないよう 静かに 移動 

足を 延ばして っと ・

さまざまな 構図 と 

ウルトラ C の 体位 ?  で ・ ・



i01IMG_2234a.jpg
i02IMG_1916.jpgi03IMG_1941.jpg
i04IMG_1918.jpg
i05IMG_1926.jpg
i06IMG_1920.jpgi07IMG_1921.jpg
i08IMG_1919.jpg
i16IMG_1929.jpg
i17IMG_1927.jpgi18IMG_1928.jpg
i09IMG_1936.jpgi10IMG_1937.jpg
i11IMG_1935.jpg
i12IMG_1931.jpgi13IMG_1932.jpg
i14IMG_1933.jpg
i15IMG_1934.jpg
i19IMG_1923.jpg
i20IMG_1940.jpgi21IMG_1938.jpg
i22IMG_1930.jpg











由布岳 ほか

小雨 に 煙る 由布岳

ん ?  この絵 ボケても いる か ・


薄墨 の 由布 も オツな もの

なぜ 100 名山に ならなかった のかな ・



h01IMG_1911.jpg
h02IMG_1908.jpgh03IMG_1909.jpg
h04IMG_1910.jpg


帰り の 晴れた 由布岳

夏 の 終わり の 草原 の 輝き



h05IMG_2242.jpg
h06IMG_2243.jpgh07IMG_2246.jpg
h08IMG_2244.jpg


蛇越峠 ( へびこしとうげ ) からの 由布岳 

湯布院町 が まるで 箱庭



h09IMG_2235.jpg
h10IMG_2236.jpgh11IMG_2237.jpg
h12IMG_2238.jpg


ゆふいん 道の駅 から 由布岳

ここでは 花より 団子



h13IMG_2239.jpg
h14IMG_2240.jpgh15IMG_2241.jpg


由布岳 を 超える と 九重町

ここで 紹介 したい のは 航空母艦 みたいな 

万年山 ( はねやま )



h16IMG_1913.jpg
h17IMG_1914.jpgh18IMG_1915.jpg


やってきました マイ フェイバリット ポイント

大観峰 近く  

でも 山は 見えず  阿蘇 の カルデラ が やっと



h19IMG_1950.jpg
h20IMG_1948.jpgh21IMG_1946.jpg
h22IMG_1949.jpgh23IMG_1947.jpg
h24IMG_1951.jpg


熊本 と 大分 の 県境 付近

どこの 温泉 に 入ろうか ・

廃線 探訪 も まだ 全部 行ってないし ・

ま 蕎麦 でも 食って 考えよう ・ ・



h25IMG_1942.jpg
h26IMG_110.jpg
h27IMG_1943.jpg
h28IMG_109.jpg
h29IMG_1945.jpg










船で 別府に

さあ 今から 明石大橋 の 下を くぐります

みなさま 自動 スクロール機能 の 準備は よろしい で しょう か



g21IMG_1872.jpg
g22IMG_1873.jpg
g23IMG_1874.jpg
g24IMG_1875.jpg
g25IMG_1876.jpg
g26IMG_1877.jpg
g27IMG_1878.jpg
g28IMG_1879.jpg
g29IMG_1880.jpg
g30IMG_1881.jpg
g31IMG_1882.jpg
g32IMG_1883.jpg
g33IMG_1884.jpg
g34IMG_1885.jpg
g35IMG_1886.jpg
g36IMG_1887.jpg
g37IMG_1888.jpg
g38IMG_1889.jpg
g39IMG_1890.jpg
g40IMG_1891.jpg
g41IMG_1892.jpg
g42IMG_1895.jpg
g43IMG_1899.jpg


大部屋の 雑魚寝 で エンジンの 振動も かなり 伝わって くるが  

なんとか 寝れる もんなんだ


明るく なって 外を 見たら  もう 別府港 に 着いている

高崎山  鶴見岳  温泉街の 湯の煙 ・    

久しぶり だな ~



g44IMG_1902.jpg
g45IMG_1906.jpg
g46IMG_1903.jpg
g47IMG_1905.jpg
g48IMG_1904.jpg
g49IMG_1907.jpg


  別府 湯の街 ヨサコリャ サイサイ

  別府 湯の街 湯川に 湯滝 アリャ サ

  一夜 千両 の ヨサコリャ サイサイ

  一夜 千両 の お湯が 湧く

  ハイノ ハイノ ハイノ ヨイショ ヨイショナ

  ヨイショ ヨイショ ヨイショ ハイノ ハイノ ハイ


    別府音頭



早く 車が 積み込まれた ので  出る のは 最も 遅い

でも ・   

さぁ 九州に 上陸したぞ ー



g50IMG_2247.jpgg51IMG_2249.jpg
g52IMG_2250.jpg











南港から船に

f01IMG_1846.jpg


ここは 大阪南港    

九州へ 帰省 の 途中 だが 

今日は 早めに たかね を 出発した ので 出航 2 時間 前 に 楽々 到着



f02IMG_1844.jpg
f03IMG_1848.jpg
f04IMG_1851.jpgf05IMG_1854.jpg
f06IMG_1852.jpg
f07IMG_1853.jpg


いつものことだが 大型トレーラーが いっぱい  

普通乗用車 は 二階への スロープ に 停車させられて いる

ヒト の 乗船者 も K 学院大学 の 団体が ドッカと 乗っているので にぎやか  



この船に 慣れている 私は バカ高い レストランは 利用しない 

生ビール だけ 買って 食事 は 持ち込み  

刈谷ハイウェイオアシス で 買った 老舗の 牛めし   

豪華さ を 周りに 見せびらかす



f08IMG_1855.jpgf09IMG_1849.jpg
f10IMG_1901.jpg
f11IMG_1856.jpgf12IMG_2248.jpg


7 時 5 分 出航だから ちょうど 夜景 が 美しい

夕食 食べながら 神戸 須磨 明石 の 景色 を 楽しむ

やがて 最大の ハイライト 明石大橋 が 近づいてくる 


もう 習熟 しました ね ・ !   

以下  自動スクロール で お楽しみ ください



f13IMG_1857.jpg
f15IMG_1859.jpg
f14IMG_1858.jpg
f16IMG_1860.jpg
f21IMG_1865.jpg
f17IMG_1861.jpg
f18IMG_1862.jpg
f19IMG_1863.jpg
f20IMG_1864.jpg
f22IMG_1866.jpg
f23IMG_1867.jpg
f24IMG_1868.jpg
f25IMG_1869.jpg
f26IMG_1870.jpg
f27IMG_1871.jpg


もう すぐ 大橋 を くぐる イイところ なのに   なんで 終わる の ?

世の中 そんなに 甘いモンでは おまへん や !

TV だって せっかく 盛り上がる 直前 に 必ず コマーシャル が 入る !


この 続き は また 明日 ・ ・











刈谷オアシス にて

また 帰り の 名古屋付近 の お話し

天空を 駆ける 道路 伊勢湾岸道路 が 名古屋港に かかる 高~い 橋 を 抜ける と 少し 休憩したくなる

ちょうど そこにあるのが 刈谷ハイウェイオアシス  

観覧車 が 一番 目立つ が  レストラン 売店 が 充実している

ヒトだけは エリアから 外に 出られるように なっており そこには ショッピングセンター から 立ち寄り湯 まで ・・


一番の目的 は この 立ち寄り湯  

疲れ を ほぐす だけでなく ゆっくり 時間 を つぶせる  

え ?  時間 を つぶす とは ・


実 は この先も 延々と 高速を 使い 下りるのは 我が 別宅 近く 山梨県の 長坂 I C  

そこで 0 時を 過ぎていれば 高速料金 が 深夜料金 となる

以前 は 半額 だった が この7 月から 3 割引きに 変更された  

ったく !   ま それでも 数千円 節約 できる から ね



e01IMG_2403.jpg
e02IMG_1779.jpg
e03IMG_2407.jpge04IMG_2410.jpg
e05IMG_2408.jpg
e06IMG_2409.jpg
e07IMG_2406.jpge08IMG_2411.jpg
e09IMG_2412.jpg
e10IMG_2414.jpge11IMG_2418.jpg
e12IMG_1780.jpge13IMG_2416.jpge14IMG_2417.jpg
e15IMG_2413.jpg
e16IMG_2415.jpg
e17IMG_2419.jpg










帰りの湾岸

db00IMG100a.jpg


熊本 での 記事は 今後も 続く が 先に 帰りの 湾岸道路 を 紹介

帰り は 名神高速の 京都南 I C から 入り 新名神を 経て ふたたび 伊勢湾岸道路 を 東進

前々回 の 記事 の ように また 自動スクロール で お楽しみ ください



db01IMG_2371.jpg
db02IMG_2374.jpgdb03IMG_2375.jpg
db04IMG_2376.jpgdb05IMG_2377.jpg
db06IMG_2379.jpg
db07IMG_2380.jpg
db08IMG_2381.jpg
db09IMG_2383.jpg
db10IMG_2384.jpg
db11IMG_2385.jpg
db12IMG_2386.jpg
db13IMG_2387.jpg
db14IMG_2389.jpg
db15IMG_2390.jpg
db16IMG_2392.jpg
db17IMG_2393.jpg
db18IMG_2396.jpg
db19IMG_2394.jpg
db20IMG_2397.jpg
db21IMG_2395.jpg
db22IMG_2398.jpg
db23IMG_2399.jpg
db24IMG_2400.jpg
db25IMG_2401.jpg
db26IMG_2402.jpg










なみだ目 考

最近 正統派 の なみだ目トラック に なかなか 遭遇 しない

え ? 正統派 とは 何か って ?

もちろん 顔が 整って 憂い を 持って 涙 を 流している ように 見えれば ・ ・

ただ 全国の なみだ目トラック 研究会による 独自の 評価基準が あるかも しれない



c01IMG_0487.jpg
この辺が いちおー 標準的な なみだ目トラック だな ・


c02IMG_1773.jpgc03IMG_1812.jpg
目 が 小さくて 口 が ない  少し 悲しそうな 気分 には 見える が ・


c04IMG_1771.jpgc05IMG_1774.jpg
口 が あっても 目 が なければ 表情に 乏しい  イレズミ みたいに やたら 書き込んである のも ね ・


c06IMG_1754.jpgc07IMG_1842.jpg
そもそも 口 に なるのは 危険防止 の 注意表示  下の方じゃ 見えん だろう !


c08IMG_2378.jpgc09IMG_1992.jpg
なみだライン が はっきり し過ぎている のも 気に 食わない   どっかの 号泣議員 みたい で ・


c10IMG_2465.jpgc11IMG_2405.jpg
なみだ顔 も 最近 装着 が 増え バラェティ に 富んで きた  オチョボ口 の は いいね


c12IMG_2404.jpg
こんなのが 前に 居たら 心も なごむ   安全運転 にも 期待できる ね


c13IMG_1912.jpg
最後に 理想的な なみだ目トラック   " なみだ目トラック大賞 " を あげたい ・











伊勢湾岸道路は

伊勢湾岸道路 の 天空を 駆ける ブリッジ群 は もう 何度 も 紹介している


ここで 自動スクロール 機能 を 使って スライドショウ的 に 楽しんで みませんか ・

やり方は 簡単

  スクロールボタン (マウスの上の真ん中にある) が 付いている マウス を 接続 し

  写真の 近くの すぐ外に カーソルを 持って 行って スクロールボタン を クリック !

  上下矢印が 付いた マークが 現れる ので そのまま マウスの カーソル を マークの すぐ 下に 動かす

  すると 自動的に 絵が 動き出す ので 手放し で そのまま 楽しめる

  動く スピードは マークの すぐ下だったら ゆっくり    マークから 離れたら 早くなる

  マークより 上に 置くと 逆方向 に 動く     左クリックで この機能は 終了する


まるで 車に乗って 動いてる みたい   でしょ !



da01IMG_1781.jpg
da02IMG_1782.jpg
da03IMG_1783.jpg
da04IMG_1784.jpg
da05IMG_1785.jpg
da06IMG_1786.jpg
da07IMG_1787.jpg
da08IMG_1788.jpg
da09IMG_1790.jpg
da10IMG_1789.jpg
da11IMG_1791.jpg
da12IMG_1792.jpg
da13IMG_1793.jpg
da14IMG_1794.jpg
da15IMG_1795.jpg
da16IMG_1796.jpg
da17IMG_1797.jpg
da18IMG_1799.jpg
da19IMG_1798.jpg
da20IMG_1800.jpg
da21IMG_1801.jpg
da22IMG_1804.jpg
da23IMG_1805.jpg
da24IMG_1807.jpg
da25IMG_1808.jpg
da26IMG_1802.jpg
da27IMG_1803.jpg
da28IMG_1806.jpg
da29IMG_1809.jpg











また九州へ

この記事の 時間 は  9 月 2 日

  台湾で お世話になった 蔡さんが 博多に 遊びに 来る

  熊本の家 で ヤボ用が 出来た

  ひとりで 療養している Y さんの 様子も 確認したい

とにかく 何か 理由が あれば いいんだ  向こうでは 旧友と 楽しく 飲める し


熊本帰省 に 出発~  いつものとおり 車に 自転車 積んで

今回 は 他に 草刈り機 とか Guitar とか 布団乾燥機 とか も 積んで ・

ルート は たかね の 別宅 経由 瀬戸内海航路 を 利用して


まず は プロローグの 景色を お楽しみください



日野 付近の  多摩モノレール
a01IMG_1752.jpg
a02IMG_1753.jpg


ご存じ  扇山
a03IMG_1758.jpg
a04IMG_1755.jpga05IMG_1756.jpg


お馴染み  百蔵山
a06IMG_1757.jpg
a07IMG_1759.jpg


有名な  岩殿山
a08IMG_1760.jpg
a09IMG_1761.jpg


夏雲 湧く  金峰 甲武信 秩父連峰
a10IMG_1762.jpg


中津川あたり から 望む  恵那山の 反対側に ある 笠置山 ?
a11IMG_1772.jpg


制限時速 が 100 km/h  東海自動車道 土岐JCT 付近
a12IMG_1775.jpg


その道が 矢作川 を 渡る  秀麗な 吊り橋
a13IMG_1776.jpg
a14IMG_1777.jpga15IMG_1778.jpg


私の お気に入り の 山 なので 帰り も 撮りました   扇山 夕まぐれ
a16IMG_2466.jpg
a17IMG_2467.jpg











FC2Ad