G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

登って来た

こころよい 疲れ の 帰り の バス の 中  私 は 今 登って 来た 玉山 を 再び 追う

gg01IMG_3845.jpg

一番 目立つ 尖峰 は 玉山 西峰 だね その右 が 玉山 本峰  登ってきた こそ 分かる

gg02IMG_3844.jpg

今 思え ば 思ったより 楽に 登れた ね  事故 も なく 高山病 にも ならず

gg03IMG_3846.jpg

スタッフ の 張さん 馬ちゃん も パーフェクト ガイド 来る前 旅行社と 打合せ してた頃は 不安 だったが

gg04IMG_3847.jpg

いつも 単独行の 私 も 同行の メンバー の 方 と 気さく に 楽しめました

gg05IMG_3848.jpg
gg06IMG_3849.jpg
gg07IMG_3857.jpg


東甫 の ゼロ星ホテル に 戻り  入浴 そして 打ち上げ

せっかく 心から 親しくなった のに これで もう お別れするのは 本当に 残念

富山の 皆さん 来月は 筑波山に 登る そう 

「 もし 会えるなら 100 名山 達成 の お祝い してあげるよー 」

「 皆さん 山男 山女 どこかの 山の 上で きっと また 会える と 思いますよ ・ 」



gg08IMG_3862.jpggg09IMG_3861.jpg
gg10IMG_3864.jpggg11IMG_3868.jpg
gg12IMG_3867.jpggg13IMG_3863.jpg



今回 日本国内の 百名山達成 の ご褒美 として 企画 した 台湾 玉山 登山

百名山は もう一つ 残っている が ま 先に ご褒美 もらっても いいや

本当に 素晴らしい ご褒美 と なった 玉山 に 感 謝 !


富士山より 高い 山に 登ったので さらに 高い山を 目指したら ?  と 提案 頂いた

ボルネオ ( マレーシア ) の キナバル山 4095 m は 玉山より 楽に 登れる そう


しかし ね~  

山 は もう 数値 や 記録 に こだわらず  

気の 向くまま 足の 向くまま  

彷徨い歩き たい ね ・ ・


 ふるさと はなれて の に やま に

 ゆくて さだめ ぬ おれたち は

 ゆうべ の ほし みりゃ しみじみ おもう

 とおい むかしの ものがたり ものがたり



gg14IMG_0008.jpggg15IMG_0007.jpg
gg16IMG_3775.jpg


玉山の 登山 記事 は 終了します が その後 の 台湾滞在 記事 は まだまだ 続きます








帰って来た

玉山登頂 は 果たした が 山登り というのは ちゃんと 帰り着いて こそ 成功

今日は 朝 2 時 に 起きて 一山 登って 来た さらに これから 昨日 歩いた 8.5 km を 下らなくては ならぬ

先の 平ヶ岳登山 の事態に ならなければ よいが と 祈り ながら 

気持ち だけ は  " ファイトー いっぱ~つ ・ ! "



gf01IMG_3819.jpggf02IMG_3818.jpg
gf03IMG_3820.jpg
gf04IMG_3821.jpggf05IMG_3822.jpg


手前の スパッと 切れた 断崖  数百メートル は ありそう 黒々 として 仏像の 感が しなく も ない

きっと 名前 が 付いて 何らか の いわれ が ありそう  

私 だったら 摩利支天 あるいは 国姓爺 と 名付ける か ・



gf06IMG_3823.jpg


小南山 の するどい 鞍部 も なんか 名前を 付けたい ね

私 だったら  帰らずの キレット  剣 ( つるぎ ) の ウチコミ  三途の溝

ハート が 破れた 形 だから  失恋 峠   ナンチャッテ ・



gf07IMG_3824.jpg


登ってくる 登山者と すれ違う 時 は 日本と 同じように 挨拶 する

ニーハオ ! と 言うが これを 聞く と 地元の人は あ この人は 大陸からの人か 外国人 だな と 分かる みたい

馬ちゃん に 聞いたら 台湾語 では ニーハオ と いうより リーホゥー と 発音する という

以後 私は 台湾在住 に なりすまし リーホゥー ワン シャ ヅーペン  カーユ ! と 言う ことに した

北京語 で 言えば ニーハオ ウォー シー リゥーペンレン  チャーユー !

( こんにちは 私は 日本から です   がんばってね )



gf15IMG_3629.jpggf16IMG_3837.jpg
gf19IMG_3834.jpggf20IMG_3838.jpg


西峰 観景台 まで 戻ってきて 

玉山本峰 西峰 小南山 に あらためて お別れ

 ♪ やま よ さよなら ごきげん よろしゅ

    また くる とき には わらって おくれ



gf08IMG_3825.jpggf09IMG_3826.jpg
gf10IMG_3829.jpg
gf11IMG_3831.jpggf12IMG_3832.jpg


12 時 過ぎて 昼飯 も 食べず 飛ばして 下って 来たが

そろそろ 皆さん 脚に きている 模様  寡黙 に なった

私は 思ったよりも 元気  へぇ 昨日 こんなに よく 歩いたね ~


天気も 崩れそう に ないし 景色 も 楽しめる

向陽山 に 雲 が かかって きた



gf17IMG_3833.jpggf18IMG_3835.jpg
gf13IMG_3830.jpg
gf14IMG_3836.jpg


私も いいかげん イヤに なって きたが 山 は 少しでも 進めば 必ず 目的まで 着く ものだ

最後の 方 は なぜか 皆 歩く スピード が どんどん 速く なって

登山口 到着 ~ ! !


2014 年 10 月 20 日15 時 3 0分  玉山登山 の 完遂 ・

参加者 全員が 事故 も なく 目的 を 達して   

皆さん 笑 顔 !



gf21IMG_3841.jpg
gf22IMG_3839.jpggf23IMG_3840.jpg


ポーターの 葡萄さん とは ここで お別れ  

" お世話に なりましたー  イヤ ! お世話に なる ような 事態 に ならなくて よかった ですねー "


バスに 乗る 前 に ずいぶん 久しぶり の 食事   

美味かった ~



gf24IMG_3842.jpggf25IMG_3843.jpg










戻ってきた

排雲山荘 から 頂上 まで 2.4 km も あった のか !  

あっという 間に 登って 下りて きた ような 気が するが ・

森林帯 に 入って 隊列 も 整い ペースを 上げて



ge01IMG_3806.jpgge02IMG_3804.jpg
ge03IMG_3805.jpgge04IMG_3807.jpg
ge06IMG_3809.jpgge05IMG_3808.jpg


AM 8 時 頂上での ミルクコーヒー 一杯  の あとの 初めての 食事

と いっても 即席麺 だ が   

まー 美味い
 


ge07IMG_3811.jpgge08IMG_3810.jpg
ge09IMG_3812.jpgge10IMG_3813.jpg


この かぶりもの? を わざわざ 担いで 頂上まで 運び上げている 少年 に 遭遇

どういう いわれ が あるか 聞き逃した が とにかく 縁起物 らしい  

みんな 集まって 記念 撮影  祝 ! 玉山登山 達成



ge11IMG_3814.jpgge12MG_3815.jpg
ge13IMG_3817.jpg
ge14IMG_3816.jpg


排雲山荘 は 管理が 行き届いて いて 気持ちの いい 山荘 でした

また 来る ことは ない と 思います が お世話 に なりました ー











下山開始

頂上を きわめた 喜び を 満喫して いる が あまり ここで ゆっくり しては いられない

三浦雄一郎 は エベレスト頂上 に 30 分 も 居た ので 高山病で 危なく 死にそう に なった


一刻 も 早く 下り ねば 

昨日 寝てない し これから まだ 昨日分 以上の 行程を 歩かねば ならぬ ・


gc01IMG_3774.jpg

頂上から の 景色 は 目 に 焼き付け て おこう

gc02IMG_3786.jpg
gc03IMG_3785.jpggc04IMG_3788.jpg

寒く も なった ので 下り しゅっぱ~つ

gc05a2171.jpg
gc06IMG_3783.jpggc07IMG_3801.jpg

登る 時 は 真っ暗 で よく 分からなかった ので 下り は いっぱい 写真 撮ろう

gc08IMG_3784.jpg

えー こんなとこ 通ったのー ・

gc09a2151.jpg

恐い 恐い ・  慎重に 慎重に ・

gc10IMG_3787.jpg

昨日 真っ暗で 坑道 みたいな トンネル を くぐった が 落石防止 の 道 だったか

gc11IMG_3791.jpg

たしかに !  上から 落石が ありそう で 怖い  

gc19IMG_3798.jpg

少なくとも 自分 は 石 を 落とさない よう

gc12IMG_3802.jpggc13IMG_3765.jpg

ここで 滑って 転んだら 下まで イッキに 転がって 行くね

gc14IMG_3803.jpg

登る 時は 曙 の 薄明り の 空 を 眺めていた 所   今 は 足が すくむ

gc15IMG_3793.jpg

行き は 捕まり も しなかった が

gc16IMG_3797.jpggc17IMG_3796.jpg

ここで 不覚 にも カメラ を 落とす  キズだけで 機能に 影響 なし  下まで 落ちて 行かなくて よかったー

gc18IMG_3789.jpg

難所 を 過ぎたら みんな 走って 下りて 行くねー   そー 急がないで ・

gc20IMG_3795.jpg

せっかく だから 山の 景色も 楽しみ ましょー や

gc24IMG_3790.jpg

向陽山 も カッコ いーね

gc21IMG_3792.jpggc22IMG_3794.jpg

山並み の 向こう は 南シナ海 の 水平線

gc23IMG_3800.jpg










頂上にて

ここに 居る人は 全員 昨日 排雲山荘 に 泊まった 人  これ以上 混まない のは いいね

gb01IMG_3769.jpg

証拠 写真 は みんな の カメラ で

gb02IMG_3771.jpg

次 に 一人 ずつ

gb13IMG_3777.jpg
gb05IMG_3773.jpggb06IMG_3757.jpg
gb09IMG_3778.jpg

あと いろいろ

gb03IMG_3755.jpggb04IMG_3780.jpg

空 に 浮かぶ 馬 ちゃん

gb06IMG_3764.jpg

私 たち も 真似 し て

gb11IMG_3779.jpggb12IMG_3781.jpg

日の出 直後 玉山 の 影 が

gb14IMG_3766.jpg

玉山 より 南望  水平線 の ボチボチ は フィリピン の 島々 か

gb15MG_3782.jpg











玉山 3952 m

いよいよ 明朝 は 玉山 頂上を アタックする

山荘から 頂上まで 登る 標高差は 550 m 程度

天気も 良さそう だし よほどの 事故でも ない 限り 登頂は可能 と 思われるが

なんといっても 富士山より 200 m も 高い 山  何が 起こるか 分からない

慎重にも 慎重を 重ねて ・



ga01IMG_3743.jpg


いろいろ 思い ながら 横に なるが 

さっき 夕食 食べて 風呂にも 入らず 酒も 飲まず

7 時ごろ 寝ても そう 眠れる ものでは ない

昼間 8 時間も 歩いたのに 楽過ぎた のかな 

眠れなくても とにかく 横に なって いよう



ga03IMG_3744.jpg


11 時 過ぎて 少し ウトウト して きた が 今度は 暑くて 寝られない

外の 気温 は 3 ℃ くらい だが 室内 は10 ℃ くらい かな 

小屋配置の 立派な 寝袋 に 持参の 夏用 シュラフ を インナー に 加えている ので 足も 外に 出せない


ジタバタ している うちに  周りで  もう 起きて ガサゴソ やっている ヤツ が いる

ったく ! 2 時 起床 3 時 出発 の 予定 なのに まだ 1 時 だよー

結局 1時半ごろ 皆 起きて ワイワイ ガヤガヤ 

その時 横に なっていたのは 私だけ



ga02IMG_3742.jpg


真っ暗な 中で 皆 ヘッドランプ で ガサゴソ 準備中  

私は 寝る 前に 準備万端 だった から ボーっ と 座って ウトウト 待つ

結局 ほとんど 寝てない 状態 で  これから 未曾有 の 酸素状態 の 頂上を 目指す のか


満点の 星空 の もと  とにかく しゅっぱーつ !  

歩き 始めたら 脚 は なんとか 軽そう だ



ga05IMG_3745.jpg


ヘッドランプ で 見える のは 前の 人の 足 そして ゴロゴロ石 の 道

森林限界 を すぐに 抜け 岩稜 に 取り つく

所々 鎖 や ホールド も ある 急な 壁 を 時々 手を 使って 登る

かなり 危険な 所 みたい だが なにぶん 暗いので ・



ga04IMG_3746.jpg


必死 で 一時間 ぐらい 登った かな  

山の 端 が 明るく なって きた  

上弦の月 が 見える



ga06IMG_3747.jpg


おや ! あの山 の 端 に 大勢の 人が 居る  

たぶん あそこ が 頂上


あと 20 m   心臓が ドキドキ して きたが

これは 酸素が 薄い のが 原因 では なさそう



ga07aIMG_3748.jpg


さっき 見えた 人が 目の前に いる ! そして

もう 登るべき 坂 が ない !

ヤッタ ー ! 

2014 年 10 月 20 日 5 時 20 分  玉山頂上 到達



ga08IMG_3750.jpg


登頂 の 喜び を 爆発させる のは 後 にして まず は 東の 水平線を 眺める

すでに はるか 雲の 彼方 から 後光 が 見える

静か に 日の出 を 待 つ  神聖 な ひ と と き



ga09IMG_3751.jpg
ga10IMG_3752.jpg
ga11IMG_3753.jpg
ga13IMG_3758.jpg
ga12IMG_3759.jpg


雲 が 揺れた のか サーチライト の 点灯 みたいに あっという 間 に 日の出 と なった

出たら まぶしくて うまく 写真が 撮れない ( ここの写真は 同行の 先輩のもの )

台湾の 人は バンザーイ ! とは 言わない ようだ  パートナー と 各々 握手



ga14a1851.jpg
ga15IMG_3760.jpg
ga16IMG_3761.jpg
ga17IMG_3762.jpg


撮影技術 の 未熟さ を 嘆き ながら   しからば 

被写体 の 種類 と タイミング で 勝負 ・

 これは 台湾で 今日 一番 早い 日の光 の はず

 ミルク コーヒー を バック に 玉山頂上



ga18IMG_3767.jpg
ga21IMG_3763.jpg


日 が 出たら みんな 撮影 タイム

順番 に

ヤッタ ねー



ga19IMG_3768.jpg
ga20IMG_3770.jpg
gb10IMG_3776.jpg










高山病

fj21IMG_3731.jpg


防寒着 の おかげで こころゆく まで 排雲山荘の 日の入り を 楽しめた

携帯の 電波も 届く ようなので この景色を 日本の友人 に 送ろう と 思ったが

「 メールの 海外契約 が なされておりません 」  え ? 前回 台湾に 来た時は 送れた のに

知らない うち に ドコモ の 携帯に 関する サービス  どんどん 低下している 感じ

いまだ ガラケー だから しょーがない か



fj22IMG_3738.jpgfj23IMG_3730.jpg


気が付くと 夕食 の 締切り 間近か  あわてて 食堂へ 

山小屋 と しては 立派な 食事



fj24IMG_3741.jpgfj25IMG_3728.jpg


私が この 玉山登山 で 一番 心配している のは 高山病

これまで 富士山 3776 m に 登った時 お鉢回り で 頭痛 と 吐き気 が した ことを 覚えている

あの 時 は 30 才 の バリバリ 元気 だった ころ

ここの 山荘 は 3400 m だが 明日の 玉山 頂上 は 3952 m 

私 に とって  初めて 経験する 高さ


今日は 朝から 食事 ごとに 血中に 酸素を 取り入れる 錠剤 を 飲んで いる

また 明日 頂上あたり で 苦しく なった 時 の ために 酸素スプレー も 携行 している

はたして ・


夜 寝る 前に 全員の 血中酸素濃度 を 測定  

数値 は 伝えられ なかった が 私 は かなり 悪い らしい

私 は いつも 登りだす と すぐ 息が 上がる ので 酸素収集能力 は 低い と 自覚 は している が 



fj26IMG_3739.jpgfj27IMG_3740.jpg


明日は 2 時 起床 3 時 出発  

と いうことで 7 時 過ぎ には 就寝

いつも だったら 風呂に 入ったり パソコン やったり 

一番 頭 が ハッキリしている 時間帯


寝 れる か な ~ ・ ?












日没

ひとり 排雲山荘の テラスで 雲海 を 撮っていたら 近くの 丘の上から 人声 が

木 に 邪魔されない 見晴らし場 に みんな 集まって 日の入り を 撮って いる ようだ


しからば 私も 移動して 岩 の 上 へ  

スリッパ で ちょっと 不安定 だが 防寒着 も 準備 して



fj01IMG_3694.jpg
fj02IMG_3697.jpgfj03IMG_3696.jpg


カメラの 撮影モードを オート から マニュアル に 戻し いろいろ 設定して みる が

結局 オート で 撮った のが 一番 きれいに 撮れた みたい ・


台湾海峡 を 通して 大陸へ 沈む 太陽 は 

いかにも 南国 風 ・

出てくる 歌 は ヨハンシュトラウス " 南国の薔薇 "  と いきたい ところ だが

なぜか なつかしの メロディ  近江俊郎 の " 南のバラ "


そ れ で は ~  プ レ ー ゴ ~ ・ ・


fj04IMG_3698.jpgfj05IMG_3699.jpg
fj06IMG_3703.jpgfj07IMG_3704.jpg

  南 の バラ  そよ風 に  ほほ 笑む  君 の 姿

fj08IMG_3707.jpg
fj09IMG_3708.jpg
fj10IMG_3709.jpg

  胸 に 抱 き  くちづける  花 よ  バラ の 花

fj11IMG_3711.jpg
fj12IMG_3712.jpg
fj13IMG_3715.jpg

  うるわし の  月 の 宵  とも に  盃 あげ  

fj14IMG_3716.jpg
fj15IMG_3717.jpg
fj16IMG_3718.jpg

  君 よ 歌え  恋 の 歌 を  なやまし この 胸  燃え立つ 恋

fj17IMG_3719.jpg
fj18IMG_3720.jpg
fj19IMG_3721.jpg

  南 の 国  台 湾 の  君 は  やさし の 薔 薇

fj20IMG_3724.jpg













雲海

2014 年 10 月19 日 16 時 30 分 

塔塔加 から はるばる 8 時間 の トレッキング  

標高 3400 m の 排雲山荘 に 到着


リーダー の 張さん から 小屋 使用に あたっての 注意  明日の 予定 など

初めて 泊まる 外国の 山小屋  

どんなところ か  やや 心配 だった が

食事 寝処 トイレ 水状況 など ほぼ 日本の 普通の 山小屋と 遜色ない  

まず は ホッ



fi01IMG_3687.jpgfi02IMG_3688.jpg
fi03IMG_3684.jpg
fi04IMG_3683.jpgfi05IMG_3686.jpg


寝所 を 確定した 後 夕食まで まだ 2 時間 も あるので テラス で ひなたぼこ

気温は10℃ くらい だが 風 も なく 日差し を 浴びる と 暑い くらい

玉山主峰 から 南に 延びる 山稜 に 夕陽 が 当たって 美しい



fi06IMG_3690.jpg
fi07IMG_3691.jpg


張さん から  「 皆さーん 運が いいことに 今日は 雲海と 日の入り が 特にき れいに 見えます 」 との 情報

そーか 初めて 来て めったにない 好天気 だと したら うれしい ね  

これは 見なくては なるまい


カメラ 持って テラス の 隅 に 陣取る  

他の 皆さんは そう 関心は なさそう  チョイ 写真 だけ

私 は 最後 まで ・



fi08IMG_3685.jpg
fi09IMG_3693.jpg
fi10IMG_3695.jpg
fi11IMG_3700.jpg
fi12IMG_3701.jpg
fi13IMG_3705.jpg
fi14IMG_3706.jpg
fi15IMG_3710.jpg
fi16IMG_3713.jpg
fi17IMG_3714.jpg
fi18IMG_3722.jpg
fi19IMG_3723.jpg
fi20IMG_3725.jpg
fi21IMG_3726.jpg
fi22IMG_3727.jpg
fi23IMG_3732.jpg
fi24IMG_3733.jpg
fi25IMG_3735.jpg
fi26IMG_3737.jpg












山荘へ

さー 西峰観景台 で お腹も 満たした し たっぷり 休憩 も 取った ので 

向こうの ( 見えないが ) あの 手前の山の ふもとの 排雲山荘 まで   加油 ! !  加油 ! !

とは いっても まだ 行程は 半分  あらためて 気を 引き締めて



fh01IMG_3655.jpgfh02IMG_3657.jpg
fh03IMG_3658.jpgfh04IMG_3659.jpg
fd00map routeBB


スタート して すぐ 十三曲がり と 呼ばれる 急坂 に かかる 

コース全体が なだらかなので ここは 急坂に見える が 山登り と しては 普通の 坂

各人の 体力の差が 表れ始める が 皆さん 努力して 隊列を 乱さない よう 頑張ってる

私 は あいかわらず  余裕 ~ ・



fh05IMG_3660.jpg
fh06IMG_3663.jpg
fh07IMG_3662.jpg
fh08IMG_3666.jpg


台湾の 国土 は 日本と 同様 環太平洋 に 位置する  すなわち 

太平洋の プレートが 潜り込む ところで  山の上 の 褶曲する 地層 も 昔 は 海底  

当然 火山 温泉 地震 も 多い
 


fh09IMG_3667a.jpgfh10IMG_3661a.jpg
fh11IMG_3664a.jpgfh12IMG_3665a.jpg


私に 余裕がある 原因

この夏 に 飯豊山 平ヶ岳 を 登り 過酷な トレーニング が 出来たこと  その後の 休養も 十分

今回  一泊二日の 小屋泊まり 登山 だが 単独登山 と 異なり ガイド や ポーター も 居る ので

ルートファインディング や ペース配分 の 苦労 が ない  食料 や 調理道具 も 担ぐ 必要 が ない

いつもは 20 kg 程度 の リュックも 今回 重い のは 水1 ℓ くらい



fh13IMG_3668.jpg
fh14IMG_3671.jpg
fh15IMG_3669.jpg
fh16IMG_3672.jpg


かなり 登って きて もう 標高は 3200 m を 越えている ようだ

台湾 では 森林限界 は 3700 m くらい だそう

幸い 高山病 の 気配 は ない

楽しい 山歩き



fh17IMG_3674.jpg
fh18IMG_3670.jpg
fh19IMG_3673.jpg
fh20IMG_3676.jpg
fh21IMG_3675.jpgfh22IMG_3677.jpg


ふと 前を 見ると すぐそこ に 排雲山荘 が   ヤッタ ー ・ !

しかし とたん に 前を 歩いてた 先輩 が ダウン

少し 休めば 治る ということで 元気な人 は 先に 行ってて ー

82 番目 の 木橋 を 渡って ついに

排雲山荘 に とう ちゃ ー く  !



fh23IMG_3679.jpg
fh25IMG_3680.jpgfh24IMG_3678.jpg
fh26IMG_3681.jpg
fh27IMG_3682.jpg












西峰観景台

12時半頃 やっと ( いや! 順調に ) 大休憩 の 西峰観景台 に 到着

昼食の お弁当を 配って くれる   

やかん で 沸かした 熱々の ミルクコーヒー も


登山者で 一杯なので よっかかる所 が ない 

仕方なく 真ん中の 床に あぐらを かいて 座って いた が ・

若い 周り の 登 山者 が 壁際 の ベンチを ゆずって くれた  街 でも そうだが

台湾では 若者に 比べて 年寄り が まだ 少ない MRT などでも 率先して 譲ってくれる

日本では 年寄り ばかりで こうは いかない  老人博愛主義  気持ち いいね



fg01IMG_3643.jpg
fg02IMG_3641.jpgfg03IMG_3656.jpg
fg04IMG_3642.jpg


名前の 通り 玉山西峰 の 岩峰の 眺め が 素晴らしい

右の方 に 玉山本峰 が 見える が やや 主役感 は 薄い


とにかく 目的の 玉山が 目の前 に ある 

山 を バックに 記念撮影



fg05IMG_3644.jpg
fg06IMG_3646.jpgfg07IMG_3645.jpg
fg08IMG1181.jpg
fg09IMG_3647.jpgfg10IMG_3649.jpg
fg11IMG_3648.jpg
fg14IMG_3650.jpg


美味しい ミルクコーヒー と 

カワユイ 馬ちゃん も  

一緒 に



fg13IMG_3651.jpgfg12IMG_3652.jpg
fg15IMG_3654.jpg











淡々と

fd00map routeBB


孟禄亭休憩所 を 過ぎても まだまだ 排雲山荘 までは はるか かなた

30 分 歩いて 10 分 休憩 を 延々 と 繰り 返す

私は 飽きず に 写真 を 撮り 続ける ・



ff01IMG_3618.jpg
ff02IMG_3615.jpg
ff03IMG_3616.jpg
ff04IMG_3617.jpg
ff05IMG_3620.jpg
ff06IMG_3614.jpg
ff07IMG_3640.jpg
ff08IMG_3621.jpg
ff09IMG_3624.jpg
ff10IMG_3625.jpg
ff11IMG_3626.jpg
ff12IMG_3627.jpg
ff13IMG_3628.jpg
ff14IMG_3629.jpg
ff15IMG_3630.jpg
ff16IMG_3631.jpg
ff17IMG_3632.jpg
ff18IMG_3634.jpg
ff19IMG_3633.jpg
ff20IMG_3619.jpg
ff21IMG_3636.jpg
ff22IMG_3622.jpg
ff23IMG_3635.jpg
ff24IMG_3623.jpg
ff25IMG_3637.jpg
ff26IMG_3639.jpg











休憩

塔塔加 登山口 から 一時間半 くらい  

孟禄亭 という 簡単な あずま屋 が ある所で 休憩

給水 と トイレ だが 私には 必要なし



fe01IMG_3612.jpg
fe02IMG_3603.jpg


台湾小鷺 という 地元 独特の 鳥 が エサを ねだり に 近づいて くる

ガイド掲示板 の 受け売り だが

この鳥 日本で 言えば 保護鳥

森 が ちゃんと している 所 しか 生息 しない 

森林破壊 の 指標 と なってる ようだ



fe04IMG_3610.jpg
fe05IMG_3605.jpgfe06IMG_3607.jpg
fe07IMG_3604.jpgfe08IMG_3608.jpg
fe09IMG_3609.jpg
fe10IMG_3613.jpg


小鳥 より

もっと カワユイ 馬ちゃん も

パチリ !



fe03IMG_3611.jpg











登山 スタート

fd00map routeBB


これからの 歩き 行程 は 標高 2600 m の 塔塔加 登山口から 標高 3400 m の 排雲山荘 まで

距離 は 8.5 km だが 高低差 は 800 m くらい

ふだんの 百名山に 比べれば ほとんど なだらか トレッキング

ただ 日本の 夏山並み に 暑い の と 富士山 8 合目 レベル の 高さ

油断 は 禁物  慎重に 歩き 始める



fd01IMG_3584.jpg
fd02IMG_3583.jpg
fd03IMG_3575.jpg


ツアーコンダクタ の 馬ちゃん 登山リーダ の 張クン ポーター の 葡萄くん  の ガイド陣 の もと ・

いざ ! 今夜の 泊まり 排雲山荘 に 向け しゅっぱーつ !

思えば この しゅっぱーつ と 言う 言葉  これまで 何回 言った ことか

やっと 本当に しゅっぱつ しま~す



fd04IMG_3586.jpg
fd05IMG_3585.jpg
fd10IMG_3590.jpg
fd11IMG_3591.jpg


山道の 前を 向くと 玉山から続く 山稜 の 側面を たどって行く よう

振り返る と さっき いた 玉山登山口 が あっという間 に かなり 目の下 に

まだ 草花 を 愛でる 余裕 は ある

木の橋 が 多く 設けられて いる   番号が 付いている が 

これが 82 番 に なったら 排雲山荘に 到着する という



fd08IMG_3588.jpgfd09IMG_3592.jpg
fd06IMG_3587.jpgfd07IMG_3589.jpg
fd13IMG_3594.jpg


歩き 始めて 最初の 休憩  幸い 私も含め 全員の 体調に 問題 は ない

私は 歩きながら 写真を 撮りたい ので 隊列の 後の方 を 歩く ( 最後方 は ポータ の 葡萄さん )

撮る時 隊列の 間隔を 極力 乱さない ように ・  撮ったら 小走りに 追いつく

それが 苦にならない くらい 楽な トレッキング



fd12IMG_3593.jpg
fd14IMG_3595.jpg
fd15IMG_3596.jpg


天気 は 全く 安定している  雨の 気配は ないが 

これでも 昼を 過ぎる と 雲が 出てくる  と リーダー の 話

遠く に 見える 尖峰の 特徴ある 山 は 向陽山 3603 m か ・

ヤッホー ヤッホー と 歌でも 出そう



fd20IMG_3601.jpg
fd21IMG_3602.jpg
fd16IMG_3597.jpg


歩く に つれて 正面の ギザギザ峰 (小南山 ) が 迫ってくる

岩場の 道を ヒョイと 過ぎると ひときわ 高い 峰 が

ジグザグ 登山道 が 頂上に 繋がっている

あれは ・  絶対



fd17IMG_3598.jpg
fd18IMG_3600.jpg
fd19IMG_3599.jpg











やっと 登山口

バスは やっと 塔々加 の 鞍部に 到着  ここは 玉山から 続く 台湾の 背骨 みたいな 山脈

ここを 越える と 阿里山 方面 そして 嘉義の町 の方に 通じている

玉山の 玄関口 として 広い 駐車場が ある 

サイクル ロードレース も ここが ゴールのようだ



fc02IMG_3552.jpgfc03IMG_3551.jpg


ここから 阿里山 が 良く 見える  

私は 行ったことが ない ので " あ こんな とこか " と いう 感じ  

雲海 が 有名なよう だが これから もっと 素晴らしい 雲海 が 玉山 で 見える そう



fc01IMG_3554.jpg


さ ー リュック を 降ろして 最終 準備

スタッフ に ポーター の 葡萄さん が 加わる  万一の 事態 にも 心強い


私は 皆さん の 元気な 顔 を 撮る

全員 登頂 を 目指して ガンバロー !



fc04IMG_3553.jpg
fc05IMG_3557.jpgfc06IMG_3556.jpg
fc07IMG_3555.jpgfc08IMG_3558.jpg
fc09IMG_3559.jpg


しゅっぱーつ ! と 勇んで 歩き始めた が

10 分 ほど 歩いて すぐ 休憩  

玉山 国家管理事務所 にて パスポートチェック

そして 登山 ビジターセンター で 入山料 など 手続き



ここから さらに タクシーに乗って 正真正銘の 玉山登山口へ

歩けば 30 分ほど ということ だが 今日 は 8 時間 の 歩き と 行程 が 長い  少しでも 楽する
  


fc10IMG_3561.jpgfc11IMG_3560.jpg
fc12IMG_3562.jpgfc13IMG_3563.jpg
fc14IMG_3566.jpgfc15IMG_3565.jpg
fc16IMG_3564.jpgfc17IMG_3567.jpg
fc18IMG_3569.jpgfc19IMG_3571.jpg


やっと やっと 夢にまで 見た 玉山 の 登山口へ やって 来た

今 2014年 10月19日 午前10時 だから 台湾に 来て まだ 三日しか 経ってない が

ブログ読者 の方 から 「 この記事 去年の秋に始まって いつまで 引っ張るんだー ! 」  

と クレーム が 来そう


申しわけ ありません  

大変 お待たせ しました  

準備運動 後 これから 

本格的 山歩き が スタート します



fc20IMG_3570.jpg
fc21IMG_3572.jpgfc22IMG_3573.jpg
fc23IMG_3576.jpgfc24IMG_3578.jpg
fc25IMG_3577.jpgfc26IMG_3579.jpg
fc27IMG_3580.jpgfc28IMG_3582.jpg











玉山が見える

東甫 を 出発 して バス は まるで 雲の上まで 行くのか と 思う 程 登り に 登る

標高は 2500 m を とっく に 過ぎている と 思うが 真夏の 暑さ と 木々の 景色 から 全然 高度感 は ない


私 は 気分が 悪くなる 防止 に 必死 に 玉山 の 写真を 撮り 続ける

近づく に つれ " あぁ 明日は あの頂 に 立つ のだ ! " と 心 も ときめく
 


fb01IMG_3519.jpgfb02IMG_3520.jpg
fb03IMG_3521.jpgfb04IMG_3522.jpg
fb05IMG_3523a.jpg
fb06IMG_3524.jpgfb07IMG_3525.jpg
fb08IMG_3527.jpgfb09IMG_3528.jpg
fb10IMG_3530.jpgfb11IMG_3531.jpg
fb12IMG_3532a.jpg
fb13IMG_3534.jpgfb14IMG_3535.jpg
fb15IMG_3542a.jpg
fb16IMG_3544.jpgfb17IMG_3543.jpg
fb18IMG_3538a.jpg
fb19IMG_3546.jpg
fb20IMG_3547a.jpg


fb00IMG_0009AA.jpg










塔々加へ

東甫のホテルは 見かけは 豪華 だが 絶対に ☆ は付きそうも ない すなわち ゼロ☆ホテル が 私の 感想  

しょーがないか


今日は いよいよ 玉山へ 歩き出す 日   

服装を 整え リュックの 荷物を 何度も 確認する

しかし ここから 登山口 までは さらに バスで 一時間 以上 かかる そう



fa01IMG_3485.jpg


ホテル前では 朝市が 開かれている

fa02IMG_3488.jpgfa03IMG_3489.jpg


出発前に リュックを背負って 記念撮影   

さぁー やっと この日が やって来た ・



fa04IMG_3492.jpgfa05IMG_3491.jpg


バスの 中で 登山ガイドの 張さんから あらためて 登山における 注意  

通訳 の 馬ちゃん 真知子巻き で カワユイ ね



fa06IMG_3493.jpgfa07IMG_3495.jpg


みなさん バスでは リラックス  

みなさんが 構えないよう 私の 自撮り も 板に ついて きた でしょ !



fa08IMG_3509.jpg


四ヶ月前 来た時 全然 見えなかった 玉山 も 今日は 東甫から でも 良く 見える

説明 も ないので みんな 分からない みたい  

私だけ ひとり 感激 !



fa09IMG_3501.jpg
fa10IMG_3497.jpgfa11IMG_3502.jpg
fa12IMG_3499.jpg


ジグザグの 峠越え の道に 入ると 自転車の ツーリング レース を やっている  

千人以上 参加者 が いる みたい

交通整理 など 全然 やってない ので 車は 残り の 一車線を 強引に 走る  

対向車 も 多く ちょっと 怖い



fa13IMG_3511.jpg
fa14IMG_3506.jpgfa15IMG_3507.jpg
fa16IMG_3508.jpg


道は いよいよ 高みを 増して いく  


雨が 降ったら 土砂崩れ が 多発 しそう

帰り道が 不通に なったら 別ルートを 帰る と いうことで 荷物 は 全部 バスに 積み込ん で ある


遠くに 見える のは 台湾 第二の 高峰 雪山 か ?



fa17IMG_3514.jpgfa18IMG_3513.jpg
fa19IMG_3518.jpgfa20IMG_3512.jpgfa20IMG_3533.jpg
fa22IMG_3517.jpg










布農ダンス

夕食後 布農族 の ショー が ある という

前回 来た時 の ような 素晴らしい 音楽が また 聞ける かな ・ と 期待 して


 八声和音

 涙を越えて

 すばらしい


ロビー に 来て みると ここの 宿泊客 だけ では ないよう  

東甫の町 の人も 含めて たくさん 集まって いる ような 

指導している 人 は 哺里合唱団の 団長 陳さん に 似てるね



ef01IMG_3462.jpg
ef02IMG_3453.jpgef03IMG_3459.jpg


民族服 の 女の子たち は 若くて かわいい

5 年前 哺里中学校 で 歓迎の踊り を 見せてくれた 彼女たち も 今は これくらい ?


 哺里国民中学校で

♪  クーニャン 可愛いや 支那の夜 ・ ・  でなく 東甫の夜


ef04IMG_3474.jpgef05IMG_3457.jpg
ef06IMG_3461.jpg
ef10IMG_3456.jpgef11IMG_3458.jpg


今日の ショーは 布農族の 踊りを 見せる というより みんなで 楽しく 騒ぎましょー 

すなわち 日本で言えば 盆踊り  あの 八声和音 で 踊れるかな ? とも 思ったが

踊りの 曲は  アップテンポの 8 ビートの リズム 音階 も 特に 民族色がない 単純メジャー

" 輪になって 踊ろう " に ぴったり
 


ef07IMG_3476.jpg
ef08IMG_3480.jpgef09IMG_3454.jpg
ef12IMG_3477.jpg
ef13IMG_3472.jpgef14IMG_3473.jpg
ef15IMG_3475.jpg


すぐに 近くの オジさん オバさん たちが 一緒に 踊り 始めた  が みんな 上手すぎる !

動き が スムーズ で 拍手する ところ など ぴったり  これは サクラ ていうか 多分 常連 だね ~

でも 座っている人も ( 地元の人 か 宿泊者 か )  ジャスト タイミング の 合いの手  みんな ノリに ノッてる  

傍観者の 私も つい 腰が 動いてくる   パラパラ ダンス くらいで 参加 できそうだ



ef16IMG_3464.jpgef17IMG_3465.jpg
ef18IMG_3466.jpgef19IMG_3467.jpg
ef20IMG_3468.jpgef21IMG_3469.jpg
ef22IMG_3470.jpgef23IMG_3471.jpg


むかし キャンプファイヤー で 歌って 踊った マイムマイム の 気分

老い も 若き も 一緒に なって 楽しく 踊れる曲が ある というの は うらやましい


我が国 にも 古来から 豊作の 踊り 盆踊り 地方特有の 踊り が ある

また 最近の ディスコ ダンス AKBなどの 振付け ダンス など  

年配の方 には ソーシャル ダンス や フラ ダンス

ただ いずれも 見せる ダンス  庶民が 楽しい 心 を 発散させる ダンス では ない  


こういうものは 無理に 作り出すようなもの では ない と 思われるが 

例えば 沖縄の エイサー とか 大阪の 河内音頭 など 伝統的な ものを 基本 に して

若者も ノレる ように アイドルを 応援する ヲタダンス や よさこい踊り など を 組み合わせた みたいな 

みんなで ノーテンキに 楽しさを 発散させる 国民的ダンス は 出来ない ものか ・



ef24IMG_3478.jpg
ef25IMG_3463.jpg
ef26IMG_3481.jpgef27IMG_3482.jpg


 街角ZORVA

オリンピック で 金メダル とったら    サッカー の 試合に 勝ったら   

渋谷 の 交差点で  戎橋 の 橋の上で  みんなで 輪になって 踊ろう !


DJ ポリスは " 交通の邪魔しないで ! " なんて ヤボな ことは 言わないよ ね

ちゃんと 整然と 楽しく 踊ってる んだから ・

" ハイ では 次の曲 を ・  "  そう そう それでこそ DJ















彩虹滝は

台湾 でも 山の中に たくさん 花が 咲いている  ただ

日本で 見られる お花畑 の 風情 は ない ようだ



ed51IMG_3415.jpg
ed52IMG_3420.jpg


滝 を 目指し さらに 谷を 遡る

吊り橋 あたり は かなり の 高度

馬ちゃん 張くん に  私の 自撮り が 大うけ



ed53IMG_3416.jpg
ed54IMG_3418.jpged55IMG_3417.jpg
ed56IMG_3419.jpg


やっと せせらぎ の 音 が 聞こえ 始めた 頃 

行く手に 滝の 姿 が チラ と

しかし そこまで が なかなか 遠い


数多く の パイプが 通っている のは

おそらく この付近 が 東甫 の 上水 水源 と なってる から か ・



ed57IMG_3421.jpg
ed58IMG_3424.jpged59IMG_3423.jpg
ed60IMG_3422.jpg


展望所から ながめる 滝は 結構 大きくて 何段にも 分けて 落ちている

冷たい 空気 も 一緒に 落ちてくる  涼しくて 気持ち いい


全部 一度 には カメラ に 収まらない

自撮り で 私 と 一緒 には 収まる けど



ed61IMG_3425.jpged62IMG_3428.jpg
ed63IMG_3427.jpg
ed65IMG_3431.jpg


彩虹滝 という 名前の 通り

日が 当たる と 虹 が 見える

これは 素晴らしい !



ed64IMG_3430.jpg
ed66IMG_3432.jpged67IMG_3429.jpg


みなさん 滝には 大満足 で

ガイド の 張くん も  " 明日の 歩き で そう 手がかかる 人も いないようだ " と いうことが 分かって

よかった ね


いーい気分 で 夕食   当然 我々 は ビール  

周り の 従業員の オバさんたち は

" ま 日本人って どーして こんなに よく お酒を 飲むんでしょうね ・ "  

と 言ってる ような あきれ顔



ed68IMG_3433.jpged69IMG_3438.jpg
ed70IMG_3448.jpged71IMG_3449.jpged72IMG_3447.jpg
ed73IMG_3450.jpged74IMG_3452.jpged75IMG_3451.jpg


ガイドの 張くん より  

明日の 泊まり は 標高 3500 m の 排雲山荘  ここでは ビール 飲まない方が 良い 

との お達し













ウォーミングアップ

今日の 泊まり 東甫温泉の 帝綸ホテルに 着いたのが 午後 2 時半  

さて これから どうする

スケジュール表に 寄れば 彩虹滝 へ 散策 と ある  


早速 歩き始める が 結構な 急坂   

ハハー これは 明日の 玉山歩き の リハーサル か

ガイドが みんなの 脚力を 確認してる んだな  

どうりで 昼飯時 ビール飲んだ 時に イヤな顔 を していた はずだ


しかし ガイドの 心配も 無用  

ほとんど60 70代 なのに みんな 元気で 歩き出す

一番の 遅れ は 一番 若い 通訳 の 馬ちゃん



ed01IMG_3399.jpg
ed02IMG_3397.jpged03IMG_3398.jpg
ed04IMG_3400.jpged05IMG_3401.jpg


一時間ぐらい 歩いて ( = 登って) 高尾山くらい 登った 気分

10月の 昼間の 気温 は 25℃  日本で 言えば 真夏の 登山


これは 食べれるんだよ コーヒーの木 は この辺 多いよ  等 

植物 の ガイド も してくれる

ブーゲンビリア が きれい だね



ed06IMG_3402.jpg
ed07IMG_3406.jpged08IMG_3405.jpged09IMG_3440.jpg
ed18IMG_3408.jpg


かなり 登った所に お茶屋さんが    

台湾茶でなく 愛玉 という イチジクみたいな 果物が 名物 らしい

実を 冷たく 甘い ゼリー に したのを 頂いた が

食感 としては イクラ 

特に コメント なし
  


ed10IMG_3407.jpged11IMG_3404.jpg
ed12IMG_3439.jpged13IMG_3403.jpg
ed14IMG_3434.jpged15IMG_3435.jpg
ed16IMG_3436.jpged17IMG_3437.jpg


かなり 登った 所に 東甫温泉の 泉源 が ある

源泉温度 43℃ か   脱衣場 も あるし 

あの 帝綸ホテル の ぬるーい プールみたいな風呂 よりも

ここに 入った 方が いーんでは ないかい 

OKが 出たら 私なんか すぐ 服を 脱いで 入った のに ・



ed19IMG_3409.jpged24IMG_3413.jpg
ed20IMG_3411.jpged21IMG_3412.jpg
ed23IMG_3410.jpged22IMG_3414.jpg










東甫だ

なつかしい という程のこともない つい 四ヶ月前に来た 東甫のまち

あの時 なついていた ワンちゃん  私を 覚えてる かな ?   

あの時 即興演奏 で 盛り上がった 東光大飯店の 女将さん とも 再会



 東甫のまち

 一期一会


ec01IMG_3388.jpg
ec02IMG_3389.jpg
ec04IMG_3391.jpgec05IMG_3394.jpg
ec07IMG_3393.jpg
ec08IMG_3443.jpg
ec09IMG_3486.jpg
ec10IMG_3395.jpgec11IMG_3441.jpgec12IMG_3396.jpg
ec13IMG_3487.jpgec14IMG_3479.jpg
ec15IMG_3484.jpg












気分は高まる

水里にある 玉山 国家公園管理処

玉山の登山情報 が いっぱい

展示資料には なかったが 日本統治時代 標高が 3952 m も あったので 新高山 ( にいたかやま)  と呼ばれていた

そして ちょうど ハワイと 同じ緯度 に位置する ため " ニイタカヤマ ノボレ " は 真珠湾攻撃の 暗号として 使われた

他にも 布農族の風習などの映像が ・  ゆっくり 見ていたかったが そうもいかず ・


ea21IMG_3362.jpg
ea22IMG_3363.jpgea23IMG_3364.jpg
ea24IMG_3365.jpgea25IMG_3366.jpg
ea26IMG_3369.jpgea27IMG_3370.jpg
ea28IMG_3371.jpgea29IMG_3367.jpg
ea30IMG_3368.jpg


集集線 の 踏切 近くの レストラン スーパー で 昼飯 と お買い物

こんな 暑い日 には 食事の前に とりあえず ビール と いうのが 日本の 常識 だが

台湾の人は そういう 風習は ない みたい  馬さんも 張さんも イヤーな 顔

我々 としては 初対面 の 仲間  

この 三日間 どうぞ よろしーく  全員 登頂を 目指して ガンバロー !


台湾 では 飲みたい時に なかなか飲めない ということが 分かっている 私は 

当然 お店で お酒を ゲット

さすが 台湾 ドラゴンフルーツ や パッションフルーツ が  今 いっぱい



ea31IMG_3372.jpgea32IMG_3373.jpg
ea33IMG_3377.jpgea34IMG_3376.jpg
ea35IMG_3374.jpgea36IMG_3375.jpg
ea37IMG_3379.jpgea38IMG_3378.jpg


さて 水里を 過ぎると 沙里仙渓谷 の 林道 いや 酷道 に 入る  

道は 舗装で いい道 なんだ けどね ・


 沙里仙渓谷道

 沙里仙渓谷は長い

 沙里仙渓谷を下る


ea39IMG_3380.jpg
ea40IMG_3381.jpg
ea41IMG_3382.jpg
ea42IMG_3386.jpgea43IMG_3387.jpg
ea44IMG_3385.jpgea45IMG_3384.jpg












玉山へ出発

大変 長らく お待たせ しました  やっと 台湾 玉山登山 に 出発 でーす


想えば この日に 至る 苦労 は 大変 だった

申し込み は 今年 の 3 月ごろ  

現地集合 現地解散 登山申請 及び ガイド付き 外国人 専門 という ツアー企画 を ネットで 発見  

玉山登山 は 政府の 許可が 要り 頂上に 至る 定員も 一日 90人 と 決まっている  

申請者が オーバー したら 登山日の 1 ヶ月前に 抽選 というとに なる

ただ 外国人に 関しては 特別枠が あって 抽選に 受かりやすい ということは あるそう 

雨が 降ったら 明日に 延期 なんて 出来ない せっかく 日本から 来ても 中止  

それでも ツァー料金 は 返却 なし  再び 登るには また 最初から 申請の やり直し   

まさに 不平等 契約

従って 登山希望日 は 台湾で 最も 天気が 安定している 10月 第三週の 土日に :決定   


申し込み後 しばらく お待ちください という  Mail 返事の あと いろいろ 質問した が 返答なし

しばらくして " 登山ツァーが 開催されることが 決定しました " と Mail が あったが 

なんと その後 旅行会社 の HomePage が 無くなって しまった 

心配になって 6月 演奏会で 台湾を 訪れた時 台北の 会社に 行ってみたが 看板だけで 誰も居ない

せっかく 航空券や ホテルなど オプションを 依頼しよう と 思ったのに

9 月に なって やっと 予定通り 開催 の 案内 10日前 になって 詳細スケジュール が 届く


と いうわけで やっと 今日 2014年10月17日 朝 7 時 集合場所 に やって 来た

ツァー参加者 は 全員 日本人 9人 

富山の グループ 5 人 名古屋の 夫婦 単独の 若い? 女性 それと 私

スタッフ は 通訳 兼 ガイド の 馬さん  登山ガイド の 張さん

バスに 乗って とにかく しゅっぱ~つ

通る 道 は つい 4 ヶ月前 に 通った 道


 東甫への道


ea01IMG_3271.jpg
ea02IMG_3347.jpgea03IMG_3348.jpg
ea04IMG_3354.jpgea05IMG_3350.jpg
ea06IMG_3349.jpg
ea07IMG_3351.jpg
ea08IMG_3352.jpg
ea09IMG_3353.jpg
ea10IMG_3355.jpgea11IMG_3356.jpg
ea12IMG_3358.jpgea13IMG_3357.jpg
ea14IMG_3359.jpgea15IMG_3361.jpg
ea16IMG_3360.jpg












FC2Ad