fc2ブログ

G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

北九州 福岡 熊本の旅

今となっては 昔の話に なってしまったが
昨年 2022年 9月 20日~9月 30日 に 北九州、福岡、熊本 を 旅してきた

旅の 最大の目的は 博多で行われる 「九大マンドリンクラブ創立100周年記念演奏会」に 参加するため
この報告に 関しては 昨年 10月に 演奏会の分だけ すでに ブログ掲載を 完了 している

 100周年記念演奏会


さて この旅行 心臓手術以来 久しぶりの 九州遠征
どうせ行くなら 演奏ついでに どっかの観光地めぐり、それに 演奏終わったら 熊本に帰省 してこよう !

以前の 九州遠征は 熊本の実家や 弟の家に 一か月ほど 滞在し そこから 博多の 同窓会演奏 等 に 参加 していた
しかし 今 実家は 人の手に渡っているし 熊本は 現在 コロナの 真っ最中 看護師の 弟の家には 泊まれそうもない・
今回は ホテル宿泊 旅行だな 常宿は・
福岡は 雑餉隈の エルカーサ南福岡、熊本は バスターミナル前の クラウンヒルズ熊本

交通機関も これまでは 一か月分の滞在用具 (パソコン、自転車、車中泊用具など) 一式を 車に積んで 途中を 楽しみながら 移動したが リハビリ中の身としては 車で九州往復は 厳しい 今回は 楽器かついでの身軽な荷物 だけ だな ・

となると 移動は 格安の航空便にするか・ 成田からの ピーチエアだったら 8,000円くらいで 福岡まで 行けるだろう
ただ ピーチエアの 楽器運搬は 厳しいみたい
我が リュートモデルノ サイズでは 
「ハードケース又は 板囲いに して下さい」 「保険を かけてください」「100万円以上の楽器は 別途契約 してください」・・
まともにやったら 数万円では 済まない こりゃダメだ !
昔 台湾に行った時は そのままソフトケースで OK しかも 空港では 回転台に乗せず ハンドキャリーで 渡してくれたのに・

普通なら 楽器同伴で 新幹線移動だが 新幹線は 割引が ないので 高い ! それに
私は いちおう 撮り鉄と 呼ばれる 鉄道ファンだが 新幹線って いうのは 乗るには なんか 味気が無くてね~ ・
行き帰りは 私鉄を 多用 して 極力 新幹線を 短く 時間は たっぷり とれるので 大阪ー九州は フェリー泊だな


あれこれ考えた末 演奏会前後の スケジュールを 以下の通り 計画した

9/20 府中 ー 小田原 ー 新大阪 - 梅田 ー 御影ー フェリーターミナル ー 阪九フェリー 泊
    < 京王 小田急 新幹線 地下鉄 阪急電車 六甲ライナー 阪九フェリー >

9/21 門司港 ー 門司・下関観光 - 小倉 東横イン 泊
    < 路線バス 歩き観光 JR普通電車 >

9/22 小倉 ー 海老津 ー 博多 ー 天神 ー 雑餉隈 エルカーサ 泊
    < JR普通電車 地下鉄 西鉄電車 >

9/23 前原で 演奏会練習 雑餉隈 エルカーサ 泊
    < 西鉄電車 地下鉄 JR普通電車 >

9/24 前原で 演奏会練習 雑餉隈 エルカーサ 泊
    < 西鉄電車 地下鉄 JR普通電車 >

9/25 博多で 100周年記念演奏会 本番 雑餉隈 エルカーサ 泊
    < 特になし >

9/26 天神 ー 熊本バスターミナル クラウンホテル 泊
    < 西鉄電車 博多・熊本高速バス >

9/27 熊本滞在            クラウンホテル 泊
    < 熊本市電 JR普通電車 産交バス >

9/28 熊本滞在            クラウンホテル 泊
    < たぶん自転車 >

9/29 熊本バスターミナル ー 別府港 ー フェリー さんふらわあ 泊
    < 産交・九州横断バス フェリー さんふらわあ >

9/30 大阪南港 ー なんば ー 名古屋 ー 小田原 ー 府中
    < ニュートラム 大阪地下鉄 近鉄特急 JR普通電車 小田急 京王 >



西遊旅行風に この旅に タイトルを付ける とすれば

『 フェリーで行く 北九州 博多 熊本の旅 』 
100周年記念演奏会 出演と ワクワクする 交通機関の 体験


詳細は 10泊 11日間の旅行
 泊りは フェリー で 2泊 ホテルで 8泊
 行き帰りは なるべく 初めて乗る 交通機関を 利用
 滞在時は 旧友との 交流
 重点観光地 は 門司、下関


さて どういう旅に なりますでしょうか

今後の連載を お楽しみに ・










 

さあ 出発~ !

2022年 9月 20日

待ちに待ったというか 満を持して 準備した
「100周年記念演奏会」参加 九州遠征の旅 へ 出発 ー !

今日の行程は 府中から出て 18:30 に 神戸のポートアイランドから 出航する 阪九フェリーに 乗らなければならぬ
実は 少し 心配事が・ 
一昨日 史上最強の台風が 九州に上陸した 被害は それほど 甚大ではなかったようだが
昨日は まだ山陰近くの日本海に居て 西日本の 空路、航路は ほとんど 止まっていた 
今日現在 台風くずれの低気圧が 北海道付近にあるが 今の所 交通機関は 通常に 戻ったらしい

もし フェリーに間に合わなかったり 運休でも していたら大変 その後のスケジュールに 大 変更を 生じる
なるべく早く フェリー乗り場まで 到着できるように するため 私鉄利用で 小田原から 新幹線の予定だったが
いきなり 東京発ののぞみに乗って 新大阪まで行くよう 変更した これで 欠航でも いろいろ対処できる
もし 正常なら 4時間も前に フェリー乗り場に着くが その時は 食べ歩きや散歩など その付近の観光三昧
これで いいのだ !
 


何十年ぶりか 東京駅 新幹線 乗り場 のぞみ も 初めて乗る

3gaa01IMG_5178.jpg3gaa02IMG_5179.jpg
3gaa03IMG_5182.jpg3gaa04IMG_5181.jpg
3gaa05aIMG_5180.jpg


チコちゃん流に言うと " つまんねえなー " 
ダイヤは すべて順調で あっというまに 新大阪 到着


3gaa06IMG_5183.jpg


地下鉄 御堂筋線で 梅田 へ 
ここで 楽しみにしていたのは 阪急電車を 撮る事
阪急電車は 50年ほど前に 一度だけ 乗ったことがある
チョコレート色の車体、セレブ雰囲気の内装 
さすが 神戸の山の手ライン 好きだな・


3gaa07IMG_5185.jpg
3gaa08IMG_5184.jpg
3gaa09IMG_5186.jpg3gaa10IMG_5187.jpg
3gaa11IMG_5189.jpg3gaa12IMG_5190.jpg
3gaa13IMG_5191.jpg3gaa14IMG_5188.jpg


阪急 御影駅から フェリー乗り場への シャトルバスがある と聞いていた
ただ 着いた時間が 13時20分 フェリーの出航まで 5時間以上ある !
よし 食事処 探 しを 兼ねて 駅付近を 散策するか・
ところが 駅前あたり レストランや 食堂らしき店が 見当たらない
少し離れた所に 寿司の看板があったので 入ってみたら 「ウチは 会員制で 予約が必要です」
この街は どこまで お高く 留まっているんだ !
 

3gaa15IMG_5193.jpg


まだ早いだろうが いちおう フェリー行きの バス乗り場を 確認 しに行く
バス停の 張り紙 見て 驚いた なんと 本日は欠航 !  そんな馬鹿な !

慌てて 阪九フェリー神戸へ 電話確認  返事は
「昨日は 台風の影響で欠航しましたが 本日は 出航予定です」
「バス停の 貼り紙につきましては ただ今 除去中で ございます」

ま こんなに 早く来たんだから しょうがないかな・
行ったことがない 三ノ宮あたりに行って 明石焼きでも 食ってくるか・


3gaa16IMG_5192.jpg3gaa17北九州熊本11IMG_0026
3gaa18IMG_5196.jpg3gaa19IMG_5195.jpg
 3gaa20aIMG_5194.jpg









とにかく フェリーまで

2022年 9月 20日

今日は 府中を出発して 神戸 六甲アイランド フェリー乗り場まで行く予定だが
当初 お昼は 梅田の阪神デパート地下で たこ焼きか 肉うどん(関西風)を 食べる予定であった
しかし 台風による欠航が不安で すっとばして 阪急御影駅まで 来たものの 大衆食堂が ない !

時間もあるので 阪急電車で 三ノ宮まで来たが やはりここは大都会 洒落たオスマシの レストランばかり
ここに来たからには 何としても 明石焼き を 食べてみたいな~
ここから いろんな 交通機関を使って チビチビ フェリー乗り場まで近づいて 途中 適当な 食堂があれば 入ろうか・

ところで JR三ノ宮駅から ポートアイランド行きの電車が出ているが これは 神戸空港などに行く ポートライナー
フェリー乗り場は ポートアイランドでなく 六甲アイランドにある JR住吉駅から 六甲ライナー という 電車が 出ている

この二つの場所 どちらも 神戸市沖の 埋立地 似たような電車も 通っているので 地方の人は 間違えやすい
私も ずっと ポートライナー六甲ライナーの 違いが 分からなかった



3gab01IMG_5197.jpg3gab02IMG_5198.jpg
3gab03IMG_5199.jpg


ということで JR三ノ宮駅から 普通電車に 乗って JR住吉駅まで
この駅近く からも フェリー乗り場までの シャトルバスが 出ている

いちおう バス乗り場を 確認する 
欠航のお知らせは 剥がしてあったので 一安心
ただ まだ 3時間も バスを 待たなければならぬ

腹も 減ってきたので 駅前のラーメン屋に 飛び込む
博多の 長浜ラーメン風だったが 空腹には 美味い !



3gab04北九州熊本12IMG_0027
3gab05IMG_5202.jpg3gab06IMG_5200.jpg
3gab07IMG_5201.jpg3gab08IMG_5203.jpg



お昼のラーメン 食べても まだ 時間はある
JR住吉駅から 新交通の 六甲ライナー が あるので 乗ってみるか

駅は閑散 ま 短い線だし 先には フェリー乗り場か マリンランド しかないし・

この電車 東京の ゆりかもめ と同様 運転手がいない すなわち 自動運転
レールでなく タイヤ走行  給電も 側面の電気レールから



3gab09IMG_5205.jpg
3gab10IMG_5204.jpg3gab11IMG_5206.jpg
3gab12IMG_5207.jpg
3gab13IMG_5208.jpg3gab14IMG_5210.jpg



六甲ライナー の窓から いつか見た 景色
以前 姫路を 観光 して 関空まで 車で帰る 途中 あの橋は 渡ったね・

スマホの マップを 見ていたが フェリー乗り場に 直結 してないみたい
一番近い アイランド北口駅で下車



3gab15IMG_5209.jpg
3gab16IMG_5211.jpg
3gab17IMG_5212.jpg
3gab18北九州熊本13IMG_0028



運転士のいない 電車に乗って アイランド北口駅で 下りたが 駅にも 誰もいない 
前に 広い道路があるが 時々 フェリーに乗る? 大型トラックが 通るだけ
アパートみたいな 建物も あるが とにかく 人が居ない

ここにも フェリー乗り場行き のシャトルバス停がある ということで なんとか 探し出す
しかし バスが来るまで まだ 1時間半 
こんな淋しい所で 待ってたら おかしくなるよ !

ここから フェリー乗り場まで 調べたら 約 2km ええぃ ! 歩こう !
殺風景な 埋立地の 広い道路を てくてく 歩く 
足腰は大丈夫だが ぶら下げている マンドセロの ヒモが外れたり 大型 トランクの足車が 壊れたり ・

旅の初日から 大苦行



3gab19IMG_5213.jpg
3gab20IMG_5214.jpg
3gab21IMG_5215.jpg
3gab22IMG_5216.jpg
3gab23IMG_5217.jpg










やっと 乗船

2022年 9月 20日

いろいろ 苦労したが なんとか 六甲アイランド フェリー乗り場 に 到着 した
この船に 乗れば もう 九州に 着いたようなものだ ホッとする

阪九フェリー は 初めて乗るので ワクワク 楽しみ
いつものように 先ずは 船内のお風呂 そして 食事

やっと 落ち着いて 旅気分



3gac01IMG_5218.jpg3gac02IMG_5219.jpg
3gac03IMG_5221.jpg3gac04IMG_5222.jpg
3gac05IMG_5220.jpg
3gac06IMG_5224.jpg3gac07IMG_5223.jpg
3gac08IMG_5233.jpg3gac09IMG_5232.jpg
3gac10IMG_5234.jpg
3gac11IMG_5235.jpg3gac12IMG_5236.jpg










出航

2022年 9月 20日  

阪九フェリー 船上
風呂に入る 前 甲板に 上がって 夕日を 愛でる

この "旅情" いいね !

出来れば 映画主題歌の Mandolin が 聞こえて来れば 満点だが ・
 サマータイム・イン・ヴェニス

ちょっと 雰囲気が 合わないのは 一人旅 のせい か・
もちろん 納得 済み ! 
 

3gac52IMG_5228.jpg3gac51IMG_5227.jpg
3gac53IMG_5229.jpg
3gac54IMG_5230.jpg
3gac55IMG_5231.jpg


風呂から 上がったら 出航 していた

神戸の夜景 

いいね !


3gac56IMG_5241.jpg3gac57IMG_5242.jpg
3gac58IMG_5240.jpg


風呂上りで 冷えたので 船室に居たら
いつの間にか 明石大橋 通過

あわてて 甲板に出て 撮る  

いいね !  いいね !


3gac59IMG_5243.jpg
3gac60IMG_5244.jpg
3gac61IMG_5245.jpg
3gac62IMG_5246.jpg










航路は

阪九フェリー の ロビーには 現在 船が どこを走っているか 表示するパネルが ある

それで 明石海峡大橋を くぐる時 案内が なかったのか・

他の 本四架橋を くぐる時 を 狙っていたが うまく 出会わず

でも このパネルを 何時間かおきに 撮ると 

旅の記録 と しては

いいね ! 



3gad01IMG_5226.jpg
3gad02IMG_5225.jpg
3gad03IMG_5239.jpg
3gad04IMG_5238.jpg
3gad05IMG_5248.jpg
3gad06IMG_5247.jpg
3gad07IMG_5249.jpg
3gad08IMG_5253.jpg









新門司港から

2022年 9月 21日

阪九フェリーで 目が覚めたら すでに 新門司港に 接岸 していた
昨夜は 揺れもなく 快適な 船旅だった

新門司港ターミナルは 天気は うす曇り これから 晴れる 予報
この三日間 台風のため 欠航が 多かったようで 閑散 雰囲気

トラックの ドライバーを 除くと この大きな船に 船客は 2-30人程度
コロナ真っ最中 にしても 商売として 成り立つか 心配

フェリー便は なかなか 採算が取れなくて 最近は 短期間で 無くなってしまう 便が 多い
「みんな 旅に出よう ! 頑張れ~ 」 と 応援する しかない 



3gae01IMG_5249.jpg3gae02IMG_5253.jpg
3gae03IMG_5252.jpg
3gae04IMG_5250.jpg
3gae05IMG_5251.jpg
3gae06IMG_5255.jpg
3gae07IMG_5257.jpg



車でない フェリー乗客は ここから 門司 小倉まで 送迎バスがある

30分ほどで 小倉駅前着 
今夜の泊り 東横 I N N を捜す

駅付近には 3つの東横 I N N があったので 迷ったが 何とか 探し当てる
さあ 大荷物を 置いて これから 門司 下関 観光だ !



3gae08IMG_5256.jpg3gae09IMG_5258.jpg
3gae11IMG_5260.jpg
3gae10IMG_5259.jpg









門司港駅付近

2022年 9月 21日

小倉で 荷物を 預けた時 ロビーに有った 観光地図を 手に入れた
今日は 気ままに 歩き観光 
この地図の中で 適当な所に 行ってみよう・

まず いいな と思ったのは 門司駅と 門司港レトロ地区 だな・
和布刈 (めかり) 展望台から 関門海峡を 見るのは 歩きでは ムリか・
九州鉄道記念館 とトロッコ列車も 平日は 営業 していない みたいだ・



3gba00A北九州熊本03IMG_0018


JR小倉駅から 門司港 行き "鹿児島本線" に 乗る
ここで 並行して走っている 下関 行き "山陽本線" に 乗っては いけない !


3gba01IMG_5260.jpg3gba02IMG_5261.jpg



ほどなく 終点の "門司港駅"

ホームは 旧国鉄時代 そのもの 
数少ない 駅員の人も (おそらく) 戦前の 制服 ?

駅舎や 改札口は 駅としての機能を 残しながら 
昔の雰囲気を 醸し出すよう リニューアルされている

なるほど これが 門司港レトロ の入口か

いいね いいね ・



3gba03IMG_5263.jpg
3gba04IMG_5262.jpg
3gba05IMG_5265.jpg
3gba06IMG_5264.jpg


門司港は 戦前 大陸との往来、 石炭の積出港 など 栄華と 繁栄を 極めていた
これから巡る レトロな建物は みんな 当時の夢の 名残り


駅を出ると 門司港駅の 堂々とした建物が・


3gba07IMG_5266.jpg


ここから旧門司港方面へブラブラ

レンガ作りの 素敵な建物は ガイドに 載ってない
レストラン ? ラブホテル ?


3gba08IMG_5267.jpg


これは バリバリの名所
"旧大阪商船"  1階は ギャラリー


3gba09IMG_5268.jpg


すぐ近くに 高級ホテル "プレミアホテル門司港"
建築家 アルド・ロッシによる 設計
横浜港で 言えば ニューグランドホテル でんな


3gba10IMG_5269.jpg


さて 門司港レトロ の 核心へ 
まだまだ 続くよ


3gba00C北九州熊本06IMG_0021
3gba00B北九州熊本05IMG_0020








門司駅から

2022年 9月 21日

門司港レトロの 核心部を ブラブラ

見えるのは 海峡プラザ旧大阪商船プレミアホテル門司港はね橋 (ブルーウィング)
親水公園で 一休み 正面の 旧門司三井倶楽部は 工事中

それにしても 人が居ない 閑散・
こういう雰囲気 私は 好き !  



3gbb01IMG_5273.jpg3gbb02IMG_5271.jpg
3gbb03IMG_5274.jpg
3gbb04IMG_5277.jpg
3gbb05IMG_5275.jpg
3gbb06IMG_5279.jpg
3gbb07IMG_5282.jpg
3gbb08IMG_5284.jpg
3gbb09IMG_5278.jpg









門司港レトロ

2022年 9月 21日

門司港レトロ を ブラブラ中
親水公園で 一休み していたら むこうの はね橋 が 上がりそう

近くで 見てみよう !



3gbb51IMG_5283.jpg
3gbb52IMG_5291.jpg
3gbb53IMG_5290.jpg3gbb54IMG_5289.jpg
3gbb55IMG_5285.jpg3gbb56IMG_5286.jpg
3gbb57aIMG_5288.jpg


この付近 旧門司税関大連友好記念館門司港レトロ展望室 も ある

少し 歩いただけで お気に入りに なった この地域 
できるだけ 濃厚に 動き回りたい


3gbb58IMG_5270.jpg
3gbb59IMG_5272.jpg3gbb60IMG_5276.jpg
3gbb61IMG_5281.jpg3gbb62IMG_5280.jpg


さて どちらに 行こうか ・

やはり 一度は 高みに 登って 俯瞰すべきだな ・










門司港レトロ展望

2022年 9月 21日

31階の 門司港レトロ展望室 に上る

パンフによれば このビルの設計は 黒川紀章
上の階 以外は マンションに なっているそう


3gbd01IMG_5292.jpg3gbd02a北九州熊本14IMG_0029


先ほど 着いた 門司港駅
国鉄の 全盛時代が 偲ばれる


3gbd03IMG_5293.jpg
3gbd14IMG_5303.jpg
3gbd13IMG_5301.jpg


同じ方向 巌流島 右は 壇ノ浦

3gbd11IMG_5298.jpg3gbd11IMG_5302.jpg
3gbd04IMG_5294.jpg3gbd05IMG_5297.jpg


関門海峡関門橋 方面

3gbd06IMG_5299.jpg
3gbd08IMG_5304.jpg
3gbd07IMG_5300.jpg
3gbd09IMG_5295.jpg3gbd10IMG_5296.jpg


下関も 案外 近そうだな ・
すぐそばを 通っている 昔の鉄道に 沿って 歩いて いくか ・


3gbd15IMG_5305.jpg









門司港から東へ

2022年 9月 21日

門司港レトロ 地区を 闊歩中

門司港レトロ 展望台 を 楽しんだ 後

関門トンネル まで GO GO !


3gbe01北九州熊本04 IMG_0019


ミナトハウス の看板 
パンフには 観光物産館 とある


3gbe02IMG_5307.jpg


見た通り 
レンタサイクル路面電車 展示


3gbe03IMG_5308.jpg
3gbe04IMG_5309.jpg


門司港の 第二船だまり 
湾に 沿って 整備された 道を 歩く

向かう先は 関門橋 だが 歩けど なかなか 近づかない
途中 ノーフォーク広場 など お洒落 な 地名が



3gbe06IMG_5314.jpg
3gbe05IMG_5313.jpg
3gbe07IMG_5315.jpg


この鉄道は 九州鉄道記念館関門海峡 めかり駅を 結ぶ トロッコ列車
正式名は 北九州銀行 レトロライン 「潮風号」

平日は 運転 してない みたい


3gbe08IMG_5316.jpg
3gbe09IMG_5310.jpg3gbe10IMG_5311.jpg
3gbe11IMG_5317.jpg


湾に 沿って 古い 線路と 散歩道が 並行 している
快晴 微風 の 秋日和 

重い荷物 も ない し 人も いない
最高 ! さー行こう !


3gbe12IMG_5318.jpg3gbe13IMG_5686.jpg
3gbe14IMG_5319.jpg3gbe15IMG_5320.jpg









関門海峡を

2022年 9月 21日

門司港レトロ から 関門海峡に 向かって
ブラブラ 遊歩中

やっと 関門海峡 最狭部 に やって来た


3gbf01IMG_5321.jpg


ここは ノーフォーク広場

振り返れば 門司港の 建物群
正面には 大きい大きい 関門橋

港には ヨットも 並ぶ 


3gbf02IMG_5322.jpg
3gbf03IMG_5323.jpg
3gbf04IMG_5287.jpg
3gbf05IMG_5312.jpg


ここから 海岸沿いの狭い道が めかり観潮遊歩道
丁度 関門橋の 真下

波かぶり の道
いいね いいね !


3gbf06IMG_5325.jpg
3gbf07IMG_5324.jpg
3gbf08IMG_5326.jpg
3gbf09IMG_5327.jpg
3gbf10IMG_5328.jpg


関門橋 の下を くぐると 和布刈 (めかり) 神社

海洋散骨遥拝所 なんてのも ある
利用するかな ・


3gbf11IMG_5329.jpg3gbf12IMG_5330.jpg
3gbf13IMG_5332.jpg3gbf14IMG_5331.jpg
3gbf15IMG_5333.jpg3gbf16IMG_5334.jpg


和布刈神社 から 裏の国道に 出た所が 関門トンネル人道 入口

黌校時代 熊本から 四国、広島、北九州を サイクリングで 回った時 通ったね
先の 東京オリンピックの 頃だったから 55年ぶり か ・

人道内は 昔と 変わっていない
あの時 県境で デーンと 転んだっけ ・


3gbf17IMG_5335.jpg
3gbf18IMG_5336.jpg3gbf19IMG_5337.jpg
3gbf20IMG_5338.jpg3gbf21IMG_5339.jpg
3gbf22IMG_5340.jpg


さあ 本州まで 歩いて来た

さて これから ・









壇ノ浦で

2022年 9月 21日

門司港レトロ のみを 観光の 予定だったが
雰囲気の良さに つられて 関門海峡の 対岸まで 渡ってきた

下関は 初めて 訪れる街
前知識は 何も ないが

とにかく
足の向くまま ブラついて みよう ・ G3歩 (爺散歩)

関門トンネル人道から 上がると むこうは 門司
さっき登った 展望室 が 見える


3gca01IMG_5340.jpg
3gca02IMG_5343.jpg


公園にある 大砲は 長州が エゲレス(英国) と 戦った時の ものか ・

3gca03IMG_5342.jpg
3gca04IMG_5341.jpg


この付近は 壇ノ浦古戦場址

今回 博多の 演奏会で マンドリン曲 "都府楼" を やる
元寇壇ノ浦 では 中世の海戦 という意味で なんか 似ている

演奏のイメージを 吹き込まれるようで
これは いい !


3gca07IMG_5348.jpg
3gca05IMG_5344.jpg
3gca06IMG_5346.jpg
3gca08IMG_5347.jpg
3gca09IMG_5345.jpg


壇ノ浦の公園を 通って 関門橋 を くぐる

この先 唐戸の港から 門司港行きの 船も あるので
帰りの 交通手段 は 安心している

行ける所まで ずっと 歩こう !

門司港 も 良かったが
下関側 も  いいね !


3gca10IMG_5349.jpg
3gca11IMG_5350.jpg
3gca12IMG_5351.jpg
3gca13IMG_5354.jpg
3gca14IMG_5353.jpg3gca15IMG_5352.jpg









赤間神宮は

2022年 9月 21日

下関 関門海峡 付近

壇ノ浦古戦場公園 から 少し 歩いたところに 
源平合戦で 亡くなった 安徳天皇を 祀っている
赤間神宮

ここに 来れるとは 思わなかった !
行き当たりばっ旅 は ホント 楽しいね ! 


3gcb01IMG_5355.jpg
3gcb02IMG_5356.jpg3gcb03IMG_5357.jpg
3gcb04IMG_5358.jpg3gcb05IMG_5359.jpg
3gcb06IMG_5360.jpg
3gcb07IMG_5369.jpg
3gcb08IMG_5370.jpg3gcb09IMG_5366.jpg
3gcb10IMG_5367.jpg3gcb11IMG_5368.jpg


ここには 耳なし芳一 の お堂が ある
セロ弾きG3 と しては 当然 
琵琶名人の 芳一 に お参り

壇ノ浦古戦場で 中世の海戦の イメージは 頭に 挿入できたし
私の セロの腕も 発揮できるよう ここで お願い した

「都府楼」の 演奏は これで バッチリだな ・


3gcb12IMG_5361.jpg3gcb13IMG_5364.jpg
3gcb14IMG_5363.jpg
3gcb15IMG_5362.jpg3gcb16IMG_5365.jpg










唐戸市場付近

2022年 9月 21日

下関 関門海峡 付近を 散策中

パンフのガイドでは 唐戸市場 までは バスで行けとある
携帯のマップ見れば そう遠くではなさそう

気分も ノっているので 歩こう !

私の旅は 名所旧跡を 狙う わけでない
何もない 町はずれの 海の見える道 など 

こんな景色に 出会うのが 好き ! 


3gcc00aIMG_5353.jpg3gcc00bIMG_5354.jpg


そうこう しているうちに 唐戸市場 に 到着

フグで 有名な 市場は この時間(14時) 閑散

そうだ ! お昼 食べて なかった
寿司か 海鮮丼でも 食べようか・

閉まってる 店も 多く (一昨日の台風の影響 )
結局 "天丼"  美味い ! 安い ! 

ヒマな 店の主人と 一時間くらい 雑談


3gcc01IMG_5375.jpg
3gcc02IMG_5379.jpg
3gcc03IMG_5376.jpg
3gcc04IMG_5374.jpg3gcc05IMG_5373.jpg
3gcc06IMG_5372.jpg3gcc07IMG_5377.jpg


ここから 門司港へ 帰る船も あるが 
さっさと 帰るには もったいない

巌流島を 往復する船も あるので 島往復 しよう と思ったが
店の主人が 「行っても 銅像がある ただの公園だよ・」

自然のままだったら 行きたかったけど
ま 船着き場の写真で 納得


3gcc08IMG_5378.jpg
3gcc09IMG_5380.jpg3gcc10IMG_5381.jpg
3gcc11IMG_5371.jpg


このまま JR下関駅まで 歩こう !
海響館 とか 遊園地みたいのも あるね・
 

3gcc12IMG_5382.jpg
3gcc13IMG_5383.jpg
3gcc14IMG_5384.jpg










ゆめタワーで

2022年 9月 21日

下関市の 海岸べりを ブラブラ 歩いてきたら
突然の タワー !  なんじゃ これは・

ここは "海峡メッセ下関" と呼ばれる 市の総合施設
国際貿易ビル、アリーナ、コンベンションホール等が ある

シンボルの タワーは "海峡 ゆめタワー"
高さ150mの 展望室は 球形 総ガラス張り

これは 良いところに 来た !
とにかく 高い所に 上りたがる 私に ピッタリ !


3gcd01IMG_5385.jpg
3gcd02IMG_5386.jpg


さすが 標高150mの 総ガラス 展望台

これまで 歩いてきた道が 目の前に広がる
対岸の門司港 - 関門トンネル人道 - 壇ノ浦 - 赤間神宮 - 唐戸市場 - ・


3gcd03IMG_5387.jpg
3gcd04IMG_5388.jpg
3gcd05IMG_5389.jpg


右に 目を 移すと 
朝 通過した 門司市街

すぐ 眼の下に 巌流島 よく見える
いつか 大勝負でも する機会があったら 訪れよう ・


3gcd06IMG_5391.jpg
3gcd07IMG_5390.jpg


夕陽が 眩しい 西方向

彦島、 JR下関駅 遠くに 小倉市街
玄界灘の 島々も・


3gcd08IMG_5392.jpg
3gcd09IMG_5393.jpg3gcd10IMG_5395.jpg


海峡ゆめタワー を 下りたら
すぐ JR下関駅

列車を 線路ごと 船に乗せて 運んだ という
発祥地の 碑が・


3gcd12IMG_5396.jpg3gcd13IMG_5397.jpg
3gcd14IMG_5399.jpg3gcd15IMG_5398.jpg


明るいうちに 小倉駅に 帰ってきた

3gcd16IMG_5400.jpg


今日は ホント 盛りだくさん だった ・








海老津で

2022年 9月 21日 は まだ 終わっていない

ホテルに戻って シャワー浴びて
今日の "門司 下関 周遊歩き" の疲れ を リセット

夜の小倉で ひとり乾杯 のため
スマホで 呑み屋を 検索

苦労して 探した 甲斐あって
当たりの店 !

この日は 最後まで 大満足でした


3gda01IMG_5401.jpg3gda02IMG_5402.jpg
3gda03IMG_5403.jpg3gda04IMG_5404.jpg


明けて 2022年 9月 22日
今日の予定は 博多に 移動 して 泊まるだけ


3gda05IMG_5405.jpg


時間も あるので 海老津 で 下りて
親友の N中クンち に 寄っていこう !

彼は 大学の 原子核工学科で 同期 
マンドリンクラブにも 引き込んだ 仲

美味しい ラーメン店がある というので
一緒に 昼食 
横浜風の味で 満足・


3gda06IMG_5406.jpg
3gda07IMG_5407.jpg
3gda08IMG_5408.jpg3gda09IMG_5409.jpg


前回 来た時は 2017年 8月
宗像大社と 大島を 案内 して もらった

 46年ぶり 2017年熊本帰省

私と 同じような 大病を して やや 落ち込んでいる 様子
同類として 終活など 引き籠らず アグレッシブに 生きよう ね!

本音は 私に対する エール
お互い張り合って 長生きしよう ~ !


3gda10IMG_5413.jpg3gda11IMG_5419.jpg










博多で

今回の 2022年熊本帰省の旅 は

9月 20日に 府中を出発し
新幹線、神戸-門司の阪九フェリーを経て

9月 21日は 門司 下関 観光
9月 22日に 博多へ やって来た

9月23日~26日 の 博多 滞在中は
「九大マンクラ 創立100周年記念演奏会」 に 参加 した

その記事は すでに 発表済み

 100周年記念演奏会

今日のブログは 博多に居る期間の 演奏関連 以外の 記事を まとめたものである


やっぱ 博多に来たなら ここに 来んと・ 

 "天神交差点"
東京で言えば 銀座四丁目でんな

昔シンボルの 岩田屋デパートは 外観が リニューアルされて パルコに なっているが
チョコレート色の 天神ビルは 今も 同じ 佇まい

懐かしいね・


3gdc01IMG_5524.jpg
3gdc02IMG_5526.jpg3gdc03IMG_5525.jpg
3gdc04IMG_5523.jpg


55年前 大学の寮祭で ハダカで 樽みこしを 担いで この電車通りを 練り歩いた 想い出

 3gdc00cKMCIMG_0015aa.jpg 3gdc00a寮祭IMG_0004
 3gdc00b寮祭IMG_0007 3gdc00dKMCIMG_0016aa.jpg


天神は 西鉄大牟田線の 始発駅 
メインの 乗り降り口だった 旧岩田屋前 は 今は 閑散

ここで 54年前
昼間は 大学紛争デモ、板付基地撤去のハンガーストライキ
夕方は ♪改札口で~ 君を待つのが 好きでした~


3gdc12IMG_5424.jpg3gdc13IMG_5423.jpg
3gdc14IMG_5475.jpg3gdc15IMG_5476.jpg


現在は 繁華街の中心が 警固(けご)付近に 移動している

岩田屋デパートも 新しいビルに  
ソラリアとかレソラとかユニゾとか 訳の分からん名前が ・
西鉄の メイン入口も 警固公園付近から

東京で言えば 吉祥寺の繁華街の 雰囲気


3gdc18IMG_5636.jpg
3gdc05IMG_5637.jpg
3gdc17aIMG_5635.jpg3gdc16aIMG_5634.jpg


博多に来たからには 絶対 因幡うどん を 食べんと !
博多風 やわらか麺と カツオだし !  
コシなんて 要らんめーが !


3gdc06IMG_5473.jpg3gdc07IMG_5515.jpg


黌校の同級生と 三年ぶりに 会食
彼は まだ 溝口病院の 院長
早く引退して 一緒に 遊ぼうよ・

昔の面影が 残る 新天町を ブラブラ
♪チロリアン~ は まだ 健在


3gdc19IMG_5641.jpg3gdc20IMG_5638.jpg
3gdc21IMG_5639.jpg3gdc22IMG_5640.jpg


昔から この地は ミュージシャンの聖地
チューリップ、井上陽水、松田聖子、海援隊、甲斐バンド ・

ストリートでも 管理されて 安心して 演奏出来そう
さすが 屋台の街


3gdc23IMG_5517.jpg3gdc24IMG_5520.jpg


天神から 西鉄電車で 20分
雑餉隈(ざっしょのくま)駅 近くの ホテルが 私の常宿


3gdc08IMG_5474.jpg3gdc09IMG_5422.jpg
3gdc10IMG_5632.jpg3gdc11IMG_5633.jpg



連載中の 「2022年 北九州 福岡 熊本の旅」は
季節に合った リアルタイム記事 挿入のため 博多に来た 時点で 暫く 中断 します

続きの 熊本編は 4月末か 5月初め頃 出てきますので よろしく~








熊本だ !

今をさる 9ヶ月ほど前 「九大マンクラ創立100周年記念演奏会」 に 参加のため 九州を 旅行 していた
前半の 九州までの旅 及び 博多での 演奏会の様子は すでに ブログで 発表済み


 熊本帰省 2022年

今回は その旅行の 続き 
演奏会が終了して 熊本移動から 始まる



2022年 9月 26日

コロナとかあって 熊本帰省は 2年ぶり
博多から 高速バスで 夜の サクラマチバスターミナルに 到着
熊本で まずは 現状確認


サクラマチ は ショッピングモールとしては コロナで 青息吐息らしい
3gea01IMG_5643.jpg

ホテルに 荷物 置いて 夜の街散策 まずは 通町筋
3gea04IMG_5647.jpg

熊本城 を 見ると ホッとする
3gea02IMG_5645.jpg3gea03IMG_5646.jpg

大劇前 から 周見すると 上通り 下通り
3gea05IMG_5648.jpg3gea06IMG_5644.jpg

熊本の 看板通り も 地震から 完全復旧 きれいになった
3gea08IMG_5649.jpg

もちろん KKT の "テレビタミン" も 無くなって・
3gea07IMG_5651.jpg

私の好きな 栄通り 銀杏通り へ  ドンキ は 下通りに 移動 クマモン土産店 は 健在
3gea09IMG_5650.jpg3gea10IMG_5652.jpg

やっぱ 熊本に来たら 黒竜江 の 熊本ラーメンば 食べんと ・
3gea11IMG_5653.jpg3gea12IMG_5654.jpg

あんたがたどこさ の 洗馬橋 からの 熊本城は 妖艶
3gea13IMG_5656.jpg3gea14IMG_5657.jpg
3gea15IMG_5658.jpg3gea16IMG_5771.jpg









熊本市で

2022年 9月 27日 

私が泊まった ホテル 
別に 義理はないが 良心的な ホテルなんで 宣伝 してあげよう


3geb01北九州熊本07IMG_0022
3geb02北九州熊本14IMG_0029


朝 突然の 雷で 起こされた 
大気不安定で 九州地方は 突然の 集中豪雨

しょうがない ゆっくり 朝食でも・


3geb05IMG_5663.jpg3geb06IMG_5659.jpg
3geb03IMG_5661.jpg3geb04IMG_5662.jpg
3geb07IMG_5767.jpg3geb08IMG_5769.jpg
3geb09IMG_5660.jpg3geb10北九州熊本08IMG_0023


朝 10時過ぎると あの豪雨が あっという間に 晴れ
穏やかな 秋晴れにつき 熊本市散策 の 続き 

サクラマチ は 昨晩 行った


3geb11IMG_5664.jpg


雨上がりの 爽やかな 石畳を ブラブラ

3geb12IMG_5730.jpg


熊本城が 見える このあたり 
市民会館 (崇城会館?) あと NHK も あったんでは ?


3geb13IMG_5729.jpg


花畑公園 (はなばたこうえん) は その大楠と 共に 健在

3geb14IMG_5731.jpg3geb15IMG_5732.jpg


暫く 歩いて お腹が空いたので CoCo壱番屋へ 
日本人なら 昼 カレー 夜 ラーメン だな ・


3geb16IMG_5665.jpg3geb17IMG_5666.jpg









熊本の電車は

熊本 の 電車を 紹介する
いちおう 私は 撮り鉄


3gec01IMG_5667.jpg


私が子供のころ (60年以上も前) 市電のパンタグラフは 棒の先に 戸車みたいな 輪が着いて 集電 していた
そして 今見る 特徴ある 滑り式で集電する パンタグラフを 装備した 新型車両が その頃 登場した 記憶がある

従って これらの 電車は もう 60年以上も 働いていた ことになる
懐かしい というか 見てて 心 和む


3gec02IMG_5669.jpg
3gec05IMG_5924.jpg


私が 乗った 黄色い この電車
明らかに 欧州製の お下がり だな ・


3gec03IMG_5670.jpg
3gec04IMG_5671.jpg


2両編成の この新型?電車は ドイツ ハイデルベルグの 電車 (書いてある)
買ったのか 譲り受けたのか ドイツ語の 表示も そのまま

国外で 第二の人生を送る 車両に この兆候は 多いが 
それは いいんでは ないの・

信頼性も 宣伝できるし 一種の 旅情にもなる 
撮り鉄に とっては たまらんよ ・


3gec06IMG_5668.jpg3gec07IMG_5718.jpg
3gec08IMG_5719.jpg3gec09IMG_5720.jpg


やがて 市電は 終点の上熊本 へ 到着

3gec10IMG_5673.jpg
3gec11IMG_5672.jpg


旧国鉄 上熊本駅の 駅舎は 保存されてて そのまま 市電の 車庫に なっている

旧上熊本駅舎と 市電の車両プールが 並び その裏に JR鹿児島本線 
そして 九州新幹線が その上を 走る


3gec12IMG_5714.jpg
3gec13IMG_5715.jpg


市電で 上熊本 まで 来たので これも 子供の時以来かな 
JR 鹿児島本線の 普通電車に 乗ってみる

ホームから見たら 線路に ペンペン草が生えて 運行の少なさが 伺える
かなり待って 来た電車は 案外 きれい

JR九州の電車は 特急なども含め 黒が基調の デザイン 
好感が もてる

無人駅の 西里 まで 2駅 走破?


3gec14IMG_5674.jpg
3gec15IMG_5677.jpg3gec16IMG_5676.jpg
3gec17IMG_5678.jpg3gec18IMG_5679.jpg
3gec19IMG_5680.jpg3gec20IMG_5681.jpg
3gec23IMG_5683.jpg
3gec24IMG_5684.jpg


JR東日本の Suica スイカ に 対して
大阪の JR では ICOCA イコカ
九州の JR では SUGOCA スゴカ

やっぱ 地元の発音で 呼ぶべきだな
大阪は ノリで "行こか~" 「ほなら 行きまひょか ・」
九州は 驚きで "凄かー ! " 「ほんなこつ たまがったー ・」
 

3gec25IMG_5685.jpg3gec26IMG_5675.jpg


近くに来たので 弟の家に 元気報告

3gec21IMG_5849.jpg3gec22IMG_5682.jpg








熊本市 郊外を

さて JR 西里駅 を 降りて ひとり 田んぼ道 を 歩き出す 
自然の ヒガンバナ が 咲く この道は ホント 気持ちいい



3gec51IMG_5687.jpg
3gec52IMG_5688.jpg


実家近くの 西周りバイパスは たぶん この熊本環状道路 に 繋がるんだろうな

3gec53IMG_5689.jpg


この辺鄙な 田舎道を 歩いている 目的は 実は この家を 確認 しに来たため
以前 懇意に していた友達が ここに住んでて 今年 突然 亡くなった
引き取り手もいないので 出来れば この家を 私が購入して 第二別宅とすべく 検討 している

遺産の扱いで 揉めているみたいだが もし 安く 手に入る事が 出来れば
リフォームは 勝手知ったる家 自分でやって 熊本滞在の 拠点に できる
以前 親の介護に 通っていた時 みたいに 春夏秋冬 ひと月くらい ここに 住むのも いいね 


 3gec57IMG_5692.jpg  3gec58IMG_5693.jpg


この家が 素敵なのは 金峰山 三の岳 の 眺め 

3gec59IMG_5705.jpg
3gec60IMG_5706.jpg3gec61IMG_5710.jpg


コンビニや 弁当屋さん など 楽に 暮らして いけるよう

3gec54IMG_5690.jpg
3gec55IMG_5691.jpg3gec56IMG_5707.jpg


すぐそばの バス停から 便数は 少ないものの サクラマチ まで 一本で行ける
交通の便も ヨシ !  帰りは 試 しに 乗ってみる


3gec62IMG_5708.jpg3gec63IMG_5709.jpg
3gec64IMG_5711.jpg3gec65IMG_5712.jpg
3gec66IMG_5713.jpg3gec67IMG_5728.jpg









熊本市 通町筋で

2022年 9月 27日

電車に乗って 西里 くんだり まで ブラ散歩 してきたが
産交バスで 直行で サクラマチ に 帰って来た

まだ 陽も高いので あらためて 熊本中心街 を 散策
昨日も 来たが やはり また 通町筋

お昼の 熊本城 は 一段と 頼もしい



3gee01IMG_5739.jpg
3gee02IMG_5740.jpg
3gee03IMG_5742.jpg


鶴屋デパート も 営業中

久しぶりの "おめでとう垂れ幕" は 九州学院 出身の ヤクルト 村上宗隆 選手 三冠王だから 当然
それと 再春館製薬の バトミントン 山口茜 クン 世界ランク一位

10年前は たしか 下通り出身 ゴルフの上田桃子 選手 だった


3gee04IMG_5747.jpg
3gee05IMG_5743.jpg
3gee06IMG_5748.jpg
3gee07IMG_5744.jpg


籠町通り も きれいに なった 
ウチの 親戚の 加藤ビル も なんとか 健在
大劇会館下通り も あか抜けて きたね 
震災リニューアル か


3gee08IMG_5757.jpg3gee09IMG_5745.jpg
3gee10IMG_5746.jpg
3gee11IMG_5736.jpg


上通り にあった 蜂楽饅頭 本店は いつの間にか 鶴屋デパートの地下へ
平日の夕方なのに 相変わらず 繁盛 している

もちろん 私も 
"熊本に 来たなら 蜂楽饅頭ば 食べんと "


3gee12IMG_5758.jpg
3gee14IMG_5759.jpg3gee13IMG_5762.jpg
3gee15IMG_5760.jpg3gee16IMG_5761.jpg










熊本市 上通り

上通り は 下通り と並んで 昔から 熊本を 代表する 商店街
私の 子供のころから もう アーケードが あった

5年前の 熊本地震で 被害を 受けたが
その後の 復旧・リニューアルにより かえって あか抜けたよう



3gee51IMG_5741.jpg3gee52IMG_5756.jpg
3gee53IMG_5749.jpg


黌校時代 自転車で 黄な線帽子 を 被って この通りを 颯爽と 走っていた
その頃 よく 行った店は 今でも 健在 


3gee54IMG_5754.jpg3gee55IMG_5755.jpg
3gee56IMG_5751.jpg3gee57IMG_5752.jpg
3gee58IMG_5753.jpg


しかし 所々 空き店舗 も 多い 
やはり 地震の 影響か


ショックだったのは 4年前までは 営業 していた ネットカフェ が 廃業 している !
熊本に 来た時は いつも ここに居てインターネットを 楽しんでいたのに ・ 残念 !


3gee59IMG_5750.jpg3gee60IMG_5765.jpg
3gee61IMG_5737.jpg3gee62IMG_5738.jpg










熊本市 横手

2022年 9月 28日

お天気も まあまあ なので ホテルの 無料自転車を 借りて 出かける
行先は 我が 実家の近く 小中学校の 校区



3gef01IMG_5772.jpg


私の 中学校 (西山中) への 通学路
この道と 周りの田んぼ そして 金峰山の景色は 当時と ほとんど 同じ


3gef02IMG_5778.jpg


四方池橋 (よもちばし)手前の 石垣は おそらく 100年前から 変わりない と思う
熊本城 同様 地震で 石垣が やや膨れた 感はある


3gef03IMG_5779.jpg


私の実家は 地震で半壊し その後 人の手に渡り 新しい家が 建てられている
周りの景色は 頭に残っているのに そこの家だけ 切り貼り されている 感


3gef04IMG_5780.jpg
3gef05IMG_5782.jpg3gef06IMG_5781.jpg


それでも 家の前の 橋の上から 眺める景色は 私の脳裏に 焼き付いている
井芹川 の 向こうに 金峰山 の 山々

♪うさぎ 追いし かの山  こぶな 釣り し かの川


3gef07IMG_5783.jpg
3gef08IMG_5784.jpg3gef09IMG_5787.jpg
3gef10IMG_5790.jpg
3gef11IMG_5791.jpg3gef12IMG_5785.jpg
3gef13IMG_5777.jpg3gef14IMG_5786.jpg


振り返れば 熊本城 と 藤崎台野球場 の森

3gef15IMG_5789.jpg


南は 仏舎利塔が ある 花岡山

3gef16IMG_5850.jpg
3gef17IMG_5788.jpg








熊本 石神神社あたり

2022年 9月 28日

自転車に 乗って 我が実家 近くを 散策中

中学校の 通学路を 通って来たので 今度は 小学校 (城西小学校)へ
伝統ある 佇まいは 変わっていない 

しみじみ ・


3geg01IMG_5792.jpg


ちょっと 足を 延ばせば なつかしの 保育園 (白羊保育園)
さらに しみじみ ・


3geg02IMG_5793.jpg


保育園の 横から 石神山に 登る道が 続いている
何回 登ったかな~


3geg03IMG_5794.jpg


石神神社 (いしがみ じんじゃ) も 懐かしい
かくれんぼ したり 石に登って 遊んだり
今じゃ 危ない! と 止められる だろうね


3geg04IMG_5799.jpg
3geg05IMG_5800.jpg
3geg06IMG_5795.jpg
3geg07IMG_5797.jpg
3geg08IMG_5796.jpg
3geg09IMG_5798.jpg
3geg10IMG_5802.jpg3geg11IMG_5801.jpg


石神神社 の周囲 

跳馬坂 (ちようばざか)  高木石材 社屋  石神通り

変わってないね~


3geg12IMG_5804.jpg
3geg13IMG_5803.jpg
3geg14IMG_5805.jpg








熊本 石神山公園

石神神社から 昔の 採石場の方に 行ってみよう
この道は 三賢堂、岳林寺に 行く時の 近道

採石場だから 危険な道 昔は 通行禁止の柵も なかった
小学校の時 この道で 突然の発破で 大石が 降ってきた 怖い思い出が

採石場が 閉鎖された 後は クレー射撃場が 出来た
両端から 皿が飛び出し パン パーンと 撃ち落とすのを 驚きの目で 見ていた

かなり前に この地が 公園に整備された と聞いていたが まだ行ったことはない


自転車を押して 石神山の 中腹まで登ると 立田山方面の 眺めが 広がる


3geh01aIMG_5813.jpg3geh02aIMG_5806.jpg


左に 目を移すと 本妙寺の 山端 と 熊本城 藤崎台球場 が

3geh03aIMG_5820.jpg3geh04aIMG_5807.jpg


石神山公園に 到達
50m くらい 自転車を 押 しただけ だが
手術後 初めての 山登り ちょっと ドキドキする


3geh05IMG_5809.jpg3geh06IMG_5808.jpg


ここから 荒尾山 方面が 眺められる

3geh07IMG_5810.jpg
3geh08aIMG_5811.jpg3geh09aIMG_5819.jpg


昔の 採石場と クレー射撃場 の跡地が きれいさっぱり 公園に なっている
お年寄りの 方々が パターゴルフ を 楽しんでいる


3geh10IMG_5816.jpg
3geh11aIMG_5815.jpg3geh12aIMG_5814.jpg


公園に 座って 正面の崖を 見ると 思い出す ・

 サイレンが なる
 暫く して 崖の上方の ダイナマイトが 爆発する
 石の塊が どっと 崩れる
 三軒屋の 道筋には 見学者が いっぱい
 3 分の イベントが 終わると 皆 そそくさと 家に帰る


3geh13IMG_5823.jpg
3geh14IMG_5821.jpg
3geh15IMG_5818.jpg


金峰山の 頂上が ほんの少し 顔を出している

3geh16IMG_5812.jpg









熊本 岳林寺付近

石神山公園から 坂を 下って 岳林寺 に やって来た

明治のころ 五校の先生だった 夏目漱石 は ここから 右へ行って
この先の鎌研坂 (かまとぎざか) を 登りながら 名文を 考えついた

 智に 働けば 角が立つ
 情に 掉させば 流される
 意地を 通せば 窮屈だ
 とかくに 人の世は 住みにくい

凡人の私は 名文も 一句も 出ないので 左へ 道をとる

小学校の 同級生が この付近に 住んでいて 昔は 一緒に よく遊んだ
当時は この付近 雑木林か竹林 隠れ家作り なんか 楽 しかった

彼が まだ住んでいるのかな と尋ねたが 別の住所に 移っていた
ただ 彼の親戚とは 会えたので 65年ぶりの 想い出話を ・

今は 開発されて 大規模な 墓苑 となっている
今年 亡くなった Y本さんの 墓参りに 来たが ここで ないみたい

なんか 情報が チグハグ 
あの家も 手に入れるのは 無理かな ・

ニャンコ は "われ 関せず "



3gej01IMG_5822.jpg
3gej02IMG_5824.jpg
3gej03IMG_5827.jpg3gej04IMG_5826.jpg
3gej05IMG_5828.jpg3gej06IMG_5825.jpg
3gej07IMG_5829.jpg
3gej08IMG_5833.jpg
3gej09IMG_5830.jpg3gej10IMG_5834.jpg
3gej11IMG_5832.jpg3gej12IMG_5831.jpg









熊本市 島崎

岳林寺 近くに ある 三賢堂 (さんけんどう)
昭和11年 熊本出身の政治家 安達謙蔵により 建立された お堂

ちなみに 熊本ゆかりの 三賢人とは 菊地武時 加藤清正 細川重賢 
敷地には 安達賢蔵 の 住居や 庭園(釣耕園 ) もある



3gej51IMG_5835.jpg
3gej52IMG_5836.jpg3gej53IMG_5837.jpg


旧我が実家の 地名は 四方池(よもち) 隣は 池の上
花岡山 石神山も 含めた 金峰山の 周りには 湧き水が多い

ここは 延命水 
少し 離れた所には 長命水 がある

昔は 飲み水や 野菜洗いなどで ごった返 していた 記憶が ・
今は 名水百選 か ・


3gej54IMG_5839.jpg
3gej55IMG_5840.jpg3gej56IMG_5838.jpg

お友達の 今田クン ち
3gej57IMG_5841.jpg3gej58IMG_5842.jpg

親父が 店(魚屋)を 出していた 三軒屋  いとこが バイクで衝突した 痕跡が 今も残る
3gej59IMG_5843.jpg3gej60IMG_5844.jpg

聖母教会 
3gej61IMG_5846.jpg

赤ちゃんポストで 有名な 慈恵病院
3gej62IMG_5845.jpg3gej63IMG_5848.jpg
3gej64IMG_5847.jpg









熊本城 西から

リアルタイムの 季節は 2023年 8月 1日
この所 記録的 猛暑が 続いている 

暑さには 比較的強いので コロナも収束し どこか遊びに出かけようと思っていたが
先月末にかけて いろいろトラブル・事故など 続出

・ 相方が コロナ感染で入院
・ 当然 私は 濃厚接触者で 自宅謹慎?
・ 私が自転車で 走行中 意識を失って転倒
・ 肋骨骨折で 絶対安静 
・ 原因調査の脳神経病院 通い
・ 一昨年の心臓手術の 術後検査 
・ 昨年の白内障手術の 術後検査
・ 市の健康診断 その他 いろいろ

ブログでは 先日の "トリチウム放出の漁民対応" の記事は リキの入れすぎ !
そこで 息抜き 
中断していた 2022年の 熊本帰省旅行の 連載を 再開する

皆様 肩の力を抜いて リラックスして 涼しい所で お楽しみください


戻ったブログの記事の日は 2022年 11月 3日

熊本地震が 起きたのは 2016年 4月 14日
それから 何度も 熊本に 来ている

熊本城に ついては 毎度 同じコースで 歩き回って
被害状況、及び その後の 復旧状況を 報告している

前回 ここに 来たのは 手術前だった から 2019年 10月 20日
今回 3年ぶりに 地震後の 熊本城を 報告する


三の丸公園から 入り 刑部邸 まで
途中 左石垣が 膨らんでいる 部分は 手前に 石を 置いて そのままに するみたい
この付近 もともと 被害も 少なかったので ほぼ昔通りの 階段と広場に なった 



3geka01IMG_5914.jpg
3geka02IMG_5852.jpg
3geka03IMG_5851.jpg
3geka04IMG_5853.jpg
3geka05IMG_5854.jpg
3geka06IMG_5855.jpg3geka07IMG_5859.jpg



もっとも 被害が ひどかった 刑部邸 は 周りの塀が 半分ほど 復旧 石垣は なんとか 元通り
しかし 建物は 崩壊が ひどく 5年 経っても 敷地は 閉鎖中  入れない



3geka08IMG_5856.jpg
3geka09IMG_5858.jpg
3geka10IMG_5857.jpg
3geka11IMG_5860.jpg
3geka12IMG_5861.jpg
3geka13IMG_5862.jpg



熊本城の北面 石垣は 復旧 までには まだまだ 
百閒石垣 など 崩壊が ひどい所は たぶん このまま 残すのかな ・



3geka14IMG_5863.jpg
3geka15IMG_5865.jpg
3geka16IMG_5866.jpg


2016年 4月 29日 三の丸公園付近
 三の丸IMG_5514 三の丸IMG_5515 三の丸IMG_5516

2016年 4月2 9日 刑部邸付近
 刑部邸kkmcIMG_8919 刑部邸kkmcIMG_8918 刑部邸kkmcIMG_8920









熊本城 北から

2022年 9月 28日
久しぶりに 熊本城に 帰ってきたので 地震の復興状況を 報告する

三の丸公園から 上がって 刑部邸前まで 歩いてきた
今回 二の丸御門を 通って 二の丸公園方面に 行く

二の丸御門は 石垣の崩壊が 激しく 当初 どうやって 復旧させるのかな と心配 していたが
5年経って 観光客が 安全に通れるよう なんとか 通路を 確保 しただけ という感じ

地震で 崩れた石は 一つ一つ 番号を振って 昔の通りの 石垣を 再現する と聞いていたが
崩れた内部の玉石を 網に入れて 防護柵と して 置いてるだけ 

二の丸御門を 登ると 付近に 地震で崩れた 石が大量に 山積みされている
これを使って 二の丸御門の 雰囲気が 昔に戻るのは 100年後か ・



3gekb01IMG_5864.jpg
3gekb02IMG_5868.jpg
3gekb03IMG_5869.jpg
3gekb04IMG_5870.jpg
3gekb05IMG_5867.jpg
3gekb06IMG_5874.jpg3gekb07IMG_5871.jpg
3gekb08IMG_5872.jpg
3gekb09IMG_5875.jpg


二の丸御門の 先は 二の丸公園
ここは 地震の跡形も見れないよう 整備されている

ここから見る 熊本城、宇土櫓の 天守閣は
復旧が終わったのか それとも 宇土櫓みたいに 今の所 あきらめているのか
一見 普通

金峰山 も 昔の通りの姿で なつかしい
もう この後 熊本に来る機会も あるかどうか 
じっくり 眺めておこう



3gekb10IMG_5873.jpg
3gekb11IMG_5878.jpg
3gekb12IMG_5886.jpg
3gekb13IMG_5906.jpg
3gekb14IMG_5885.jpg
3gekb15IMG_5880.jpg3gekb16IMG_5881.jpg
3gekb17IMG_5905.jpg


2016年 8月 30日 二の丸御門付近
 二の丸御門kkmcIMG_8914 二の丸御門kkmcIMG_8913 二の丸御門kkmcIMG_8917
 二の丸御門kkmcIMG_8915 二の丸御門kkmcIMG_8912 二の丸御門kkmcIMG_8916







熊本城 戌亥櫓

戌亥櫓 (いぬいやぐら) は あの地震で足元が崩れ ほぼ一本足状態で 崩壊を免れていた
ただ 同様の一本足状態の櫓は 五階層の 飯田丸櫓 も あって こちらの方が マスコミで 注目された

飯田丸櫓の方が 熊本城中心部に あることもあって 飯田丸櫓 は 地震後 即 崩壊防止の支えが 建設された
飯田丸櫓櫓は 現在 櫓本体が撤去され土台の石垣の補修が進んでいる

それに比べ 北の辺地?にある戌亥櫓は 5年もそのまま ほったかされて (足が崩れなくてホントよかった)
やっと 最近 本格的な 補修が 始まった

復旧 頑張れー



3gekc01IMG_5884.jpg
3gekc02IMG_5879.jpg
3gekc3IMG_5876.jpg
3gekc04IMG_5877.jpg
3gekc05IMG_5888.jpg
3gekc06IMG_5891.jpg
3gekc07IMG_5903.jpg
3gekc08IMG_5902.jpg3gekc09IMG_5904.jpg


2016年 4月 28日 戌亥櫓 付近
戌亥櫓20160429 123551 戌亥櫓20160429 123248 戌亥櫓IMG_5547











熊本城 天守閣

熊本城 の 絶景ポイントは ?

子供のころから 二の丸公園付近で 遊び回っていた 私から 自信もって回答 します !
それは 何と言っても 加藤神社 境内の 駐車スペース裏から の 天守閣の ながめ !

疑う ことなかれ !
以下の 写真 を ご覧ください



3gekd01IMG_5892.jpg
3gekd02IMG_5893.jpg
3gekd03IMG_5894.jpg
3gekd04IMG_5895.jpg
3gekd05IMG_5896.jpg
3gekd06IMG_5897.jpg
3gekd07IMG_5898.jpg3gekd08IMG_5899.jpg
3gekd09IMG_5900.jpg
3gekd12IMG_5882.jpg
3gekd13IMG_5883.jpg



長塀は 熊本支庁の目の前 熊本城の顔と 言える場所だけに 復興も 早い 
ほとんど 完了

ただし 石垣の 所々に 孕み(膨れ) や 石のずれも 見かけられる 
しょうがないか ・



3gekd14IMG_5960.jpg



宇土櫓 (うとやぐら) は 第三の天守閣 と呼ばれ 築城時の 構造を 保っている
地震では 木材の粘りのせいか 崩壊するような ことは なかったが

内部構造には 危機的被害が発生し また 土台の石垣にも 孕み(膨れ) が 発生 している
外観などは 応急修理 し入場禁止に して なんとか 保全されているが 修復は 手付かず

2023年から 本格修理を 始めるため 素屋根で 囲まれる という
完成予定は 2037年 

当分は 宇土櫓の姿は見られないことになる



3gekd10IMG_5901.jpg




2016年 4月 28日 天守閣
 天守閣IMG_5553 天守閣IMG_5557 天守閣IMG_5554







熊本城 市役所から

熊本に 帰ってくると いつも 熊本市庁舎 (現 熊本市中央区区役所) の 12階 展望室に 上る
ここから 熊本城 全体が 見渡せる 復興状況も だいたい 確認できる

天守閣 本丸御殿 付近は ほぼ地震被害の 痕跡は 見えない
飯田丸櫓 は 土台の石垣を 一生懸命 修復中
長塀 も きれいになった



3gem01IMG_5939.jpg
3gem02IMG_5931.jpg
3gem03IMG_5928.jpg
3gem04IMG_5940.jpg
3gem05IMG_5937.jpg
3gem06IMG_5941.jpg
3gem07IMG_5927.jpg
3gem08IMG_5935.jpg

2016年 4月 28日 長塀付近
 長塀IMG_5432 長塀IMG_5436


足元の 熊本市街

地震後 6年
傷跡は 消えたよう

商売繁盛 熊本 ガンバ ! 


3gem16IMG_5926.jpg
3gem17IMG_5942.jpg
3gem18IMG_5943.jpg
3gem19IMG_5945.jpg



夕陽が 眩しい 西の山々は 私を はぐくんで くれた
金峰山 荒尾山 二の岳 三の岳 石神山 花岡山

確実に 死ぬと 言われていた 心臓手術から 生き返って 一年半
山々を 眺められる 幸せ  生きてて よかった !

また 熊本に来ることが あるだろうか
この景色 脳裏に 焼き付けて おこう



3gem09IMG_5930.jpg
3gem10IMG_5932.jpg
3gem11IMG_5933.jpg
3gem12IMG_5929.jpg
3gem13IMG_5934.jpg
3gem14IMG_5936.jpg
3gem15IMG_5938.jpg
3gem20IMG_5944.jpg









熊本市 新町

熊本城を 見廻ったあとは 護国神社前 を 通って 新町まで 戻る


3gen01IMG_5909.jpg



途中の 藤崎台野球場では 高校野球の 県予選が 行われている
去年夏 優勝 した九州学院は 村上も 卒業したし 今年は 注目すべき高校も 見当たらない
我が黌校も ベスト8まで 行ってるし 優勝したら ひょっとして 来年のセンバツ また出れるかも ・
(結果発表 : この時は 秀岳館高校が優勝したが 2023年のセンバツには 熊本勢は出場ならず)



3gen02IMG_5908.jpg3gen03IMG_5911.jpg
3gen04IMG_5913.jpg
3gen05IMG_5912.jpg3gen06IMG_5910.jpg



野球場を 下りた所
新幹線の 向こうに
金峰山 荒尾山



3gen07IMG_5915.jpg
3gen08IMG_5916.jpg



新町の 街中
肥後象嵌  からしレンコン  長崎次郎  𠮷田松花堂  明六橋  高麗門通り



3gen09IMG_5919.jpg3gen10IMG_5918.jpg
3gen11IMG_5727.jpg3gen12IMG_5726.jpg
3gen13IMG_5920.jpg3gen14IMG_5921.jpg
3gen15IMG_5773.jpg3gen16IMG_5774.jpg
3gen17MG_5775.jpg



2016年 4月 28日 新町付近
 新町IMG_5523 新町IMG_5526 新町IMG_5413
 新町IMG_5409 新町IMG_5410 新町IMG_5411






熊本 最後の夜

2021年 4月 急性大動脈解離 で 倒れた
99% 死ぬはずだったが 奇跡的に 生き返った
リハビリで 体力も 回復 し 旅行も できるようになった
諦めていた 九大マンクラ 100周年演奏会にも 出演できた

今回 2022年 9月 
演奏の 帰り道に 熊本に 来た
生きてる幸せ
また 熊本に 戻って来ることが あるだろうか

最後の 夜は
呑もう ! 歌おう !
 


3geo01IMG_5733.jpg3geo02IMG_5734.jpg
3geo03IMG_5766.jpg
3geo04IMG_5764.jpg3geo05IMG_5735.jpg
3geo06IMG_5946.jpg3geo07IMG_5949.jpg
3geo08IMG_5947.jpg3geo09IMG_5951.jpg3geo10IMG_5950.jpg
3geo11藤本中村IMG_00163geo12IMG_5954.jpg
3geo13IMG_5955.jpg3geo14IMG_5956.jpg3geo15IMG_5923.jpg









九州横断

もう 1 年以上 前の 話に なるが

2022年 9月 20日 
東京 (府中) を出発 して

新幹線、フェリーを 乗り継いで 北九州 門司 へ
門司、下関 観光の後 博多 へ
博多で 「九大マンドリンクラブ 100周年記念演奏会」 の 練習と 本番
その後 熊本へ移り 市内散策、旧友との親睦

ここまでは ブログで 適宜 紹介してきた

まだ 紹介 しきれてない ので 久しぶりに 再開する


2022年 9月 29日 
やっと 今回の旅行の メインが 終わり あとは 帰るだけ

例年の 帰省旅行では 帰りは 途中 観光しながら 山梨の 別宅経由で 帰る
今回は 車も ないし どう 帰るかな・ 

楽器 (リュートモデルノ) が あるので 飛行機には 乗りたくない し 
熊本から 東京まで 新幹線 というのも 高いし 面白く もない

時間は たっぷり あるので この際 安い交通機関を 選んで 旅 してみよう
まずは 九州横断 

昔 国際観光バス というのが あって やまなみハイウェイ (阿蘇経由) を 観光 していた
現在は ないが 産交バスが やまなみハイウェイを 路線バスとして 一日一便 運航 している

これが 夕刻 別府の フェリーに 連絡 している 
これだな !

まずは 路線バスの 旅


サクラマチ バスターミナル 発 11時 50分 
乗り合いバス に しては 豪華 
始発では 客は 私一人



3gfa01IMG_5963.jpg
3gfa02IMG_5957.jpg3gfa03IMG_5964.jpg
3gfa04IMG_5958.jpg3gfa05IMG_5959.jpg


JR 阿蘇駅で 休憩 
駅構内 に ななつ星列車 が 停止 している 
水害で 九大線、豊肥線が 不通になってるので 避難? それとも 立往生? 

そして 阿蘇の外輪山を登って 黒川温泉、瀬の本高原 へ



3gfa06IMG_5961.jpg
3gfa07IMG_5962.jpg
3gfa08IMG_5965.jpg
3gfa09IMG_5966.jpg
3gfa10IMG_5967.jpg
3gfa11IMG_5968.jpg
3gfa12IMG_5970.jpg
3gfa13IMG_5969.jpg
3gfa14IMG_5972.jpg
3gfa15IMG_5973.jpg
3gfa16IMG_5974.jpg



途中で 乗ってきた乗客は 私以外 黒川温泉で 下りる
そして 黒川温泉で 新たに 10人ほど乗車

瀬の本レストパークにて 大休憩

初めての 路線バスの旅 
いいね いいね



3gfa17IMG_5975.jpg
3gfa18IMG_5976.jpg3gfa19IMG_5977.jpg
3gfa20IMG_5978.jpg
3gfa21IMG_5982.jpg










大分県を

2022年 9月 29日
熊本帰省旅行の帰り 路線バスで 移動中

くじゅう 瀬の本高原は 天気は時々小雨でイマイチだが 涼しい

例年だったら 一生懸命 車の運転 
途中の大観峰で 絶景を見たり 涌蓋山近辺の 立ち寄り温泉に 寄ったり
いろいろ 苦労も 楽しいことも あるんだが

バスで 悠々 
疲れたら ひと眠り なんて いいね



瀬の本高原 レストハウス
3gfa51IMG_5981.jpg
久住山は雲の中
3gfa52IMG_5983.jpg
3gfa53IMG_5984.jpg
3gfa54IMG_5985.jpg
長者原 パーキング
3gfa55IMG_5986.jpg
3gfa56IMG_5988.jpg3gfa57IMG_5987.jpg
3gfa58IMG_5990.jpg
湯布院町
3gfa59IMG_5991.jpg
3gfa60IMG_5992.jpg
3gfa61IMG_5993.jpg
3gfa62IMG_5994.jpg
3gfa63IMG_5996.jpg
3gfa64IMG_5998.jpg
3gfa65IMG_5999.jpg
3gfa66IMG_5997.jpg
3gfa67IMG_6000.jpg
3gfa68IMG_6002.jpg
3gfa69IMG_6003.jpg
由布岳
3gfa70IMG_5995.jpg
3gfa71IMG_6004.jpg
3gfa72IMG_6006.jpg
3gfa73IMG_6007.jpg
別府 温泉街
3gfa74IMG_6008.jpg








別府から

2022年 9月 29日

熊本から 路線バスで 別府観光港 まで ・
途中 出航に 間に合うかな? と 心配だった が

出航 1時間前 に 乗船口前 に 到着
そうだ いつもは 車なので 出航 2時間前 に 来ていた

今日は 車無しなので ゆっくり ゆったり 
そして 安い !

別府の街並みの 向こうに 夕焼けが・
想い出ドッサリの 充実 した この旅を

デッキで のんびり 
振り返ろう 



3gga01IMG_6010.jpg
3gga02IMG_6012.jpg
3gga03IMG_6013.jpg3gga04IMG_6011.jpg
3gga5IMG_6014.jpg
3gga06IMG_6017.jpg
3gga07IMG_6016.jpg
3gga08IMG_6019.jpg
3gga09IMG_6018.jpg
3gga10IMG_6020.jpg
3gga11IMG_6026.jpg
3gga12IMG_6021.jpg
3gga13IMG_6025.jpg
3gga14IMG_6015.jpg
3gga15IMG_6022.jpg3gga16IMG_6023.jpg
3gga17IMG_6024.jpg










瀬戸内航路

熊本帰省は まだ 帰る途中

旅の 終わりの 船旅は センチメンタル

一人旅なら なおさら

夜空を 見ながら 妄想 ?

手術から 生き返って 初めての 旅

観光も 出来た し

演奏も なんとか 出来た

旧友にも 会えた し

昔の 元気な 自分の姿を 再現できたのは 嬉しい

ただ 時々 体調が 悪くなる 不安も 感じる

また 熊本に 来ることが あるだろうか

不安が いろいろ 増 して来た

手術で 奇跡的に 生き返ったけど 新しい人生も 長くはない だろうね

私が 生きてきた人生 これだけ だったのか ・・


 
3ggb01IMG_6027.jpg
3ggb02IMG_6028.jpg
3ggb03IMG_6029.jpg
3ggb04IMG_6030.jpg
3ggb05IMG_6031.jpg
3ggb06IMG_6032.jpg
3ggb07IMG_6034.jpg
3ggb08IMG_6033.jpg
3ggb09IMG_6035.jpg
3ggb10IMG_6037.jpg
3ggb11IMG_6038.jpg
3ggb13IMG_6041.jpg
3ggb14IMG_6042.jpg
3ggb15IMG_6045.jpg
3ggb16IMG_6046.jpg
3ggb17IMG_6047.jpg
3ggb18IMG_6050.jpg
3ggb19IMG_6051.jpg
3ggb20IMG_6052.jpg
3ggb12IMG_6039.jpg



しかし 次の日 夜が 明けて 朝日を 浴びる と 気分は 一変する

人間 いつ死ぬか なんて 誰も 分からない !

とにかく 今を 精一杯 生きようでは ないか !

エイ エイ オー !


こういう 単純な 性格は 得だな ・



3ggb21IMG_6055.jpg
3ggb22IMG_6054.jpg
3ggb23IMG_6053.jpg
3ggb24IMG_6056.jpg









大阪市内は

2022年 9月 30日

いつもの 車での帰省では 大阪南港から 高速で 奈良 方面
香芝 SAに 寄って 朝食の 肉うどんを 食べる

そして 奈良、京都、大阪地区の 私好みの 観光地を 車で 巡り 
夜になって 高速に乗り 深夜料金で 山梨の たかねに 帰る

今回は ひとり身で 車なし 
手荷物は 大トランクと リュートの楽器 
観光で 動き回るには 不適

泊まる所も 予約 してないので 今日中に
鉄道で 東京の 府中自宅に 帰る しかない 

ただ せっかくの 一人旅
まだ 通ったことが 無い 路線 、乗ったことが無い 電車 の旅 と しよう

まずは
大阪港から ニュートラム で 住之江公園 まで
この電車は ゆりかもめ と同 じ 自動運転 
行き 神戸にて 同様な 六甲アイランド線にも 乗った

住之江公園地下鉄 四ツ橋線 に 乗り換え なんば まで
これは 普通の 地下鉄 

名古屋までは 近鉄で 行く 予定



3gha00北九州熊本01IMG_0016
3gha01IMG_6057.jpg
3gha02IMG_6058.jpg
3gha03IMG_6059.jpg
3gha04IMG_6060.jpg
3gha05IMG_6061.jpg
3gha06IMG_6062.jpg
3gha07IMG_6063.jpg
3gha08IMG_6064.jpg
3gha09IMG_6065.jpg
3gha10IMG_6066.jpg
3gha11IMG_6067.jpg3gha12IMG_6070.jpg
3gha13IMG_6069.jpg









なんば駅で

ニュートラムや 地下鉄 四ツ橋線 も 初めてだが なんば 駅 も 初めて
ここは JR 、南海 、近鉄 阪神 の路線が集まり 地下鉄も 複数 まるで 新宿

接続する 地下街、通路を 通って 近鉄 の 大阪難波駅 まで なんとか 到達
大阪と 言えば くいだおれ 
有数の ターミナル駅 であれば  食い処 は たくさん あるのでは

しかし 朝 8時半 平日というのに 店が開いてない !
10時か 11時には 開く予定 という

2、3 軒 開いているが そば屋か 韓国料理 
私は 肉うどん が 食べたいのじゃ ~ !

しょうがなく 喫茶店で コーヒーと ホットドッグ

名古屋行き 近鉄特急を ホームで 待ってる間
近鉄 阪神 の 普通電車を 見学 

撮る



3ghb01IMG_6069.jpg3ghb02IMG_6068.jpg
3ghb03IMG_6070.jpg
3ghb04北九州熊本02IMG_0017
3ghb05IMG_6071.jpg3ghb06IMG_6072.jpg
3ghb07IMG_6073.jpg
3ghb08IMG_6077.jpg
3ghb09IMG_6079.jpg
3ghb10IMG_6082.jpg
3ghb11IMG_6076.jpg
3ghb12IMG_6080.jpg
3ghb13IMG_6078.jpg3ghb14IMG_6081.jpg









近鉄特急で

大阪と 名古屋を 最短時間で 走る 私鉄 
近鉄 名阪特急 ひのとり
以前から 撮りたい 乗りたい と 思っていた

運賃 4,450 円 は 高いと言えば 高いが 新幹線 のぞみ だと 6,680 円
2 時間 豪華な 電車旅を 楽 しめる となると まあ 安い

車窓は 田畑や 街並みなど 普通の景色
観光としては インパクトが 少ないので 乗客が 少ない のかな ?

私みたいな B級 好み、混雑 嫌い  そして 撮り鉄
目的の 旅の ついでに 観光する ような
旅のベテラン に 対 しては ピッタシ なんだが ・

途中 長谷寺 宇陀 名張 など 懐かしい 地名が ・ 
2 時間は ちょっと 短いね 

あっという間に 名古屋 到着 



3ghc01IMG_6075.jpg3ghc02IMG_6106.jpg
3ghc03IMG_6104.jpg
3ghc04IMG_6084.jpg3ghc05IMG_6085.jpg
3ghc06IMG_6103.jpg
3ghc07IMG_6088.jpg
3ghc08IMG_6086.jpg
3ghc09IMG_6089.jpg3ghc10IMG_6095.jpg
3ghc11IMG_6087.jpg
3ghc12IMG_6091.jpg
3ghc13IMG_6092.jpg
3ghc14IMG_6093.jpg
3ghc15IMG_6094.jpg3ghc16IMG_6096.jpg
3ghc17IMG_6097.jpg3ghc18IMG_6099.jpg
3ghc19IMG_6100.jpg
3ghc20IMG_6101.jpg
3ghc21IMG_6105.jpg3ghc22IMG_6102.jpg










名古屋駅で

さて 近鉄 特急 ひのとり で 名古屋に やって来た
あとは 新幹線でなく JR 普通電車で 小田原 経由 府中まで 帰ろう と 思っている

せっかく 名古屋に来て 下りたんだから ・ と 考えついたのが
そうだ ! 本場の ひつまぶし を 食べよう !

駅前の エスカ地下街 を うろうろ
一番 奥に 混んでない 店が あったので 入る

味は まあ 予想通り
おいしゅう ございました

名古屋駅 2 番線で 
上り 普通電車 を 待つ



3gja01IMG_6115.jpg
3gja02IMG_6114.jpg
3gja03IMG_6108.jpg3gja04IMG_6107.jpg
3gja05IMG_6109.jpg
3gja06IMG_6110.jpg
3gja07IMG_6111.jpg
3gja08IMG_6112.jpg
3gja09IMG_6113.jpg
3gja10IMG_6116.jpg


2022年 熊本帰省の旅 は まだ 終わりません
続き を お楽しみに ・














東海道本線①

さて またまた 一年前の 2022年 熊本帰省 のブログ登場

2022年 9月 30日

熊本 ー 別府 ー瀬戸内航路 ー 大阪 難波 ー 名古屋 までやって来た
あとは JR 東海道線 の普通電車で 小田原 経由で 帰るだけ

今回の 連載で やっと このシリーズ記事 終了する かな ?


名古屋 で 乗った 上り 普通電車 は 豊橋 行き

豊橋 と言えば 1980年ころ 
郊外に 神鋼電機 の 工場が あり
その敷地に 原子力環境整備センター(現 NUMO ) の 
高レベル放射性廃棄物 保管実証施設 が あったので
出向していた 虎ノ門から 仕事で しょっちゅう 通った  

車窓から 想い出が 甦る
周りの 景色 特に 山の端の 景色は 昔と 同じ ! 

観光で 近くの 葦毛(いもう)湿原 を 歩き回った ね
伊良湖 岬 や 西浦温泉 なんか も 行った ね

豊川、柳生川 を 渡る と すぐ 豊橋駅 



3gka01IMG_6116.jpg
3gka02IMG_6117.jpg
3gka03IMG_6129.jpg3gka04IMG_6118.jpg
3gka05IMG_6119.jpg
3gka06IMG_6120.jpg
3gka07IMG_6121.jpg
3gka08IMG_6122.jpg
3gka09IMG_6123.jpg
3gka10IMG_6124.jpg
3gka11IMG_6125.jpg
3gka12IMG_6126.jpg
3gka13IMG_6127.jpg
3gka14IMG_6128.jpg
3gka15IMG_6130.jpg









東海道本線②

豊橋 駅 で 上り 普通電車 を 乗り継ぐ

豊橋 を 発って すぐ 二川 駅
駅 付近 二川宿 の 街並み が 見える

この 近くに 昔の 神鋼電機 工場 が あったはず
今は シンフォニアテクノロジー と 名が 変わっているが
それらしい 製造 建屋が 見られる

岩屋観音 も 昔のまま !
あの 山の 中腹に あった 旅館は まだ やってる だろうか?

一生懸命 外を 見てるうちに 新所原 駅新居 駅 を 過ぎる

新所原 駅 から 出ている 天竜 浜名湖 鉄道 は 乗りたかったな~
今度 来たら 絶対 行って 三ケ日、森町、掛川 あたり 散策 しよう

やがて 浜名湖 の 水面が 見えてきた
浜名湖 付近 新幹線 と 並行 して 走る

水面が 近い ゆっくり 水面を 見れる


3gkb01IMG_6131.jpg3gkb02IMG_6133.jpg
3gkb03IMG_6134.jpg
3gkb04IMG_6132.jpg
3gkb05IMG_6135.jpg
3gkb06IMG_6136.jpg
3gkb07IMG_6138.jpg
3gkb08IMG_6139.jpg
3gkb09IMG_6140.jpg
3gkb10IMG_6142.jpg
3gkb11IMG_6143.jpg
3gkb12IMG_6137.jpg3gkb13IMG_6144.jpg










東海道本線③

豊橋 発の 普通電車は 舞阪 行き 

舞阪 駅は 浜名湖 を 渡り終えた あたりに ある
ここからの 電車は 浜松市の 都市圏 を カバーする

浜松市 を 過ぎると 行く手に 大河 
天竜川 だ !



3gkf01IMG_6145.jpg3gkf02IMG_6146.jpg
3gkf03IMG_6147.jpg
3gkf04IMG_6148.jpg
3gkf05IMG_6149.jpg
3gkf06IMG_6150.jpg
3gkf07IMG_6151.jpg
3gkf08IMG_6152.jpg
3gkf09IMG_6153.jpg
3gkf10IMG_6154.jpg
3gkf11IMG_6155.jpg










東海道本線④

東海道 本線 普通列車 の 旅 は
延々と 続く 静岡県
浜松 を 過ぎて 天竜川 を 越えると 車窓を 見るのも 少々 疲れてきた

磐田市 袋井市 掛川市 
聞いたことは ある 市 が 続く

観光地 として インパクトは ないが
私は 特に なんてこともない 町を 歩く のが 好き
いつか 機会が あったら ゆっくり 散策 してみよう

大井川 を 過ぎる と また 同じ様な 市が・
藤枝市 焼津市 静岡市 清水市 
この辺は 東京からも 近いので これまで 何度か 来たことはある

やがて この辺の 交通圏の終点 興津 駅 に 到着
ここで かなり 待って やっと 熱海 行き の 普通電車

ここから先 富士山 が 車窓から 見えるはず
由比 を 過ぎて 
富士川 を 渡り 富士駅 に 着くころ

富士山 が 雲の間 から 見えてきた
ふだん 山梨の 別宅で 秀麗な 富士を 見慣れてる 私にとって

それほど 感動は ない
ま 旅の帰り道 この程度でも 楽しめる



3gkj01IMG_6156.jpg
3gkj02IMG_6162.jpg
3gkj03IMG_6157.jpg
3gkj04IMG_6158.jpg
3gkj05IMG_6159.jpg
3gkj06IMG_6160.jpg
3gkj07MG_6161.jpg
3gkj08IMG_6164.jpg
3gkj09IMG_6163.jpg
3gkj10IMG_6165.jpg
3gkj11IMG_6166.jpg
3gkj12IMG_6167.jpg3gkj13IMG_6168.jpg
3gkj14IMG_6169.jpg
3gkj15IMG_6170.jpg
3gkj16IMG_6171.jpg









東海道本線⑤

富士 駅 付近 からは 富士山 が よく 見える
と 思っていたが ・

東海道線 普通電車 は 高架 の 新幹線 と 違って 0 m の 地面を 走る
沿線 は 昔からの 東海道 家並み が 続いている

車窓 は 家が 飛ぶ飛ぶ 

時々 橋を 渡ったり 家が 途切れて 畑に なった 瞬間 だけ
半分 雲に 隠れた 富士 が 見える

それでも 一生懸命 撮る
ブログ写真 としては 半分 以上が 失敗作 



3gkm01IMG_6173.jpg
3gkm02IMG_6172.jpg
3gkm03IMG_6174.jpg
3gkm04IMG_6175.jpg
3gkm05IMG_6176.jpg
3gkm06IMG_6177.jpg
3gkm07IMG_6178.jpg
3gkm08IMG_6180.jpg
3gkm09IMG_6181.jpg
3gkm10IMG_6182.jpg
3gkm11IMG_6183.jpg
3gkm12IMG_6184.jpg










次のページ