G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

変わる中国 大連

中国の大連に駆け足旅行で行ってきた

20070530002337.jpg


街は雑然とした高層ビルと緑地・・

20070530002514.jpg


郊外の海辺は巨大な公園というか・・・

20070530002655.jpg


以前もだが ここかしこに 開発の嵐・・・

20070530002948.jpg


上は昨年3月行った時の大商市場前の野外マーケット

20070530003408.jpg


一年後の今回同じ場所 プラズマパネルが出来ている


オジさんとしては 裏通りの長屋みたいな
歴史を感じるが 権威を感じない

古い建物が

スキなんだけど~  ね !






別府の裏山

竹田市の歴史・文化に浸ったあとは、山と温泉を訪れる

ここは別府 鶴見岳の裏、伽藍岳(がらんだけ)

20070529215206.jpg

 
別府市内から車で30分足らずだが 塚原温泉という鄙びた湯治場がある

ここからさろく・・いや!歩く!・・・いや! 登る!の方がふさわしい

20070529215236.jpg


内山のふもとには 噴気孔が口をあける 

20070529215303.jpg


大噴気孔の直径は数十米くらい 

写し方によっては阿蘇の噴火口みたいに出来ないことも無い

20070529215328.jpg


噴気はあちこちから上がっている

20070529220345.jpg


すぐ近くの まったく素朴な無料の露天風呂で・・

日光浴も同時にできる

20070529220546.jpg


これまた近くの明礬温泉のレストハウスで 名物のプリンを・・

美味い・・!! これはお薦め

20070529220751.jpg


少し下ったところは 由布岳を北から見る 気持ちの良い高原

20070529220913.jpg


一人気ままな列車の旅は  熊本へもどる豊肥本線~ ♪

車窓から 百名山の祖母岳 傾山  この秋には絶対登るぞ・・

20070529221214.jpg


阿蘇山をこんなにゆっくり眺めたのは久しぶり

貴重な2日間だけの介護休み

20070529221407.jpg


小学校の修学旅行以来 立野のスイッチバックを通る

これ まだ教科書に載ってるかな・・?


竹田市を訪れる Ⅲ

なんとしても "荒城の月" の現場検証をせねば・・・

20070524130647.jpg

難攻不落の城として知られる "岡城" をめざしてさろく・というよりは歩く歩く

20070524130719.jpg

手前にある広大な駐車場
しめしめ 観光客はほとんどいない

20070524130745.jpg

入城料をはらうと 登城手形と巻物(パンフレット)をくれる

20070524130813.jpg

さて いざ登城せん すっかり武士の気分になりきっている

20070524130842.jpg

"古戦場の秋"のチャンバラ場面がなぜか頭から離れない
口ずさみながら城内の石段を進む

20070524130907.jpg

本丸跡は 鈴木静一の "都府楼" の世界

20070524130929.jpg

本丸から 祖母山 傾山 が良く見える
手前が深い川で囲まれているので天然の要塞としては理想

20070524130951.jpg

本丸を見渡すところに 廉太郎先生の銅像が鎮座ましまして・・

20070524131040.jpg

先生の傍に しばらく居て・・

  ・・・・・・・・ 

荒城の月 のイメージが浮かんでこない
月も出てないし・・

20070524131016.jpg

岡城はもみじの城・・
紅葉の頃はまた別の風情があると思われる

20070524131101.jpg


なぜか ここにもノラ君がいた

めずらしく毅然としていた
オレが城の番人だ と言ってる・・・



竹田市を訪れる Ⅱ

新緑が一杯の街を 元気にさろく

20070524125828.jpg

高台の見晴らしのよいところに
南画の巨匠 "田能村 竹田"(たのむらちくでん)の住宅がある

20070524125900.jpg

そういえば お宝鑑定団 ではよく出てくる

20070524125923.jpg

近くの神社前に 広瀬中佐の銅像があった
旅順攻撃の際 「杉野はいずこ~」で・・古い人は皆知っている

20070524125947.jpg

今度行く大連には 記念碑はないだろうな・・

20070524124915.jpg

ひょっこりリュートの演奏会のポスターが
こんな街では いいね いいね~

20070524130115.jpg

しっくりした街全体が 芸術を引き立てる

20070524130044.jpg


しかし 疲れたので 駅前の足湯でひとやすみ

       まだまだ つづく・・












竹田市を訪れる Ⅰ

音楽を志す者として 滝廉太郎の故郷 竹田市は一度は行きたいと思っていた

20070524124752.jpg

駅舎はよくある凝ったつくり
しかし、裏山から滝が落ちていて ホームから見える

20070524124814.jpg

駅前バス停には 足湯がある 温泉も豊富なのだ

20070524124847.jpg

旧城下町の雰囲気が 実にここちよい

20070524124945.jpg

滝廉太郎の実家 
メモリアルが展示してあるが、今でも親戚の方が居住している

20070524125011.jpg

廉太郎トンネル なんてものがある
中に入ると オリジナル荒城の月が流れると 書いてある

20070524125038.jpg

ミミラシドシラ ファファミ#レミ~
確かにわずかにちがう

20070524125307.jpg

この街には 花、箱根八里など素直な曲が生まれる雰囲気がある

実感・・!

20070524125105.jpg

街の商店街にカリヨンがある
滝廉太郎や 童謡作詞家 佐藤義美の曲が流れる

20070524125130.jpg


だんだん それなりの気分になってきた

さろく足も 軽い・・・


             つづく

菜園もいそがしい

忙しさにかまけて菜園をサボっていたが
2ケ月ぶりに来たらじゃがいもがのびのびと育っていた

20070524021903.jpg

これが2ヶ月前に植えた状態

20070325005547.jpg

さすがに となりの菜の花は枯れていたが 鋤きこむほど堆肥にはならず撤去

20070524022029.jpg

じゃがいもの花も よく見れば可憐で美しい

20070524022126.jpg

夏のメイン野菜 ナスとキュウリを植える

20070524022059.jpg

ナスは 千両2号を2苗 あとで支柱立てと誘引、摘心が必要
なんか言葉が農業専門家になってきた

20070524022227.jpg

キュウリは 58円の駄苗を6苗 質より量でいく

20070524022155.jpg



演奏会が終わったら 
じゃがいもの収穫、支柱たて、草取り、虫対策・・・

はたけ~が まってるよ~ ♪



カウンターコンサート

早いものでこのコンサートも はや16回目になる

20070524014313.jpg

今回 初めての聴衆は ベッカムそっくりの色男 Mr.L さん
彼はどっかの組織でかなり偉い地位でもあるらしいが詳細は不明  
今回は聴衆も含めて女性が多かった

20070524014327.jpg

いつものとおり 始まりは 二胡

20070524014351.jpg

S氏の篠笛 その後 武州語りや せりふ入り艶歌で大活躍
本職?は武蔵府中太鼓の名人

20070524014413.jpg

今回 尺八が急用で出られなかったので ミニ十三弦が登場

20070524014436.jpg

このとおり カウンターで お琴が演奏できるのだ
譜面はどうみても卒業証書みたい・・

20070524014507.jpg

今回 見学に来たミズちゃんは トーテも可愛いのでボカシ無し
皆さん賛成でしょ?

20070524014529.jpg


もちろん この後 ピッコロあり 私の二胡演奏あり・・ 
さらにGuitar伴奏と飛び入りの歌で おお盛り上がり

初夏の夜の出来事は 遅くまでつづくのでした・・・


空から山

飛行機から撮った山の写真特集

20070522153713.jpg
私のブログによく出てくる
金峰山、二ノ岳三ノ岳、有明海のむこうに雲仙普賢岳 左は天草の山 

20070522153730.jpg
九州本土の最高峰 久住山、硫黄岳、大船山 その間に坊がつる

20070522153747.jpg
左から由布岳、鶴見岳 そこから別府温泉街を経て別府湾へ 手前は高崎山

20070522153801.jpg
中央アルプスの木曾駒ヶ岳、宝剣岳、空木岳と思われる

20070522153818.jpg
ごぞんじ南アルプス 仙丈岳、甲斐駒 手前は北岳、間の岳、農鳥岳

20070522153839.jpg
私の百名山未踏峰 南アルプス南の塩見岳と荒川三山

ちょっと手ごわいな・・






草枕紀行 後編

小説「草枕」で名高いのは " 峠の茶屋 " である

20070522134124.jpg

当時の建物が移築保存され 付近は公園風に名所化されている

20070522134329.jpg

看板や備品は当時のもので 気楽に誰でも入れるところが良い 無料

20070522134418.jpg

草枕の名場面 「おい、 と声をかけたが返事がない・・ 」 の通り
ここでは入ったとたん 漱石が 「 おい ! 」と呼ぶ

20070522134735.jpg

お休みどころも風情がある 粉引き臼はなつかしいが少々場違い

20070522135239.jpg

ここに座ると風が心地よく、荒尾山の眺めも良い

20070522135135.jpg

近くが実際に茶屋があった場所  井戸と旧道跡

20070522135118.jpg

これも近くにあったなんでもない普通の家 あの頃もあったのだろう

20070522135151.jpg


ところで 漱石が旅したのは
小天温泉の小説仲間の家に遊びに行くのが目的であった
しかし本音はその友人の娘にいたく興味があったらしい

と書いてある ま 良くある話じゃナイカ・・

20070522134710.jpg


漱石の晩年の小説には、女性が欠かせない
"三四郎"のstray sheep 美禰子さんは私の理想の女性
"こころ"では全編がラブレターというか恨みの手紙というか・・

"草枕"での那美子さんは、その友人の娘さんがモデル 写真もあった

そういえば中学のカワユい同級生 那美ちゃんはどうしているかなー・

ナーミチャンタラギッチョンチョンデ パイノパイノパーイ
パーイプトバーナナデ フライフライフラーイ ~♪


こんな歌 今だれか知ってるかしらん ?



だご汁

金峰山に登った帰り、今は " 熊本名物 " になったらしい
だご汁を食する

20070522125810.jpg


昔は代用食(お米を節約するため他の穀類を主食として使う)として
まずいものの代名詞の記憶がある

家ではしょっちゅう食べていた(食べさせられれていた)が
売り物としてのだご汁を食べるのは初めてである

20070522125827.jpg


予想通り 昔と違って うまい !

味は お雑煮とほうとうをMIXした様な感じである




草枕紀行 前編

小説「草枕」は夏目漱石が五高の教師として熊本に赴任していた時
金峰山を経て小天(おあま)温泉まで歩いたときの紀行文を基にしている

私も同じ道を歩いてみようと思った

20070521000556.jpg

漱石は何度も引越ししているがそのひとつ熊本城近くの下宿先は
今は記念館が併設されている

20070521000756.jpg

ここは昔の武家屋敷町で今でも閑静な高級住宅地である

20070521001203.jpg

この熊本城に繋がる"いわね橋"の下を通って西へ歩き出す

20070521001354.jpg

井芹川を渡ったのは おそらく"はなぞの橋"と思われる

20070521001555.jpg

ここは 島崎町三軒屋 今もじめじめしているので泥んこで通ったに違いない

20070521001823.jpg

名所の"三賢堂"も ちらっとは見ていっただろう

20070521002045.jpg

岳林寺からは 現在観光で売り出している「草枕の道」が始まる

20070521002335.jpg


智に働けば角が立つ 情に掉させば流される
意地を通せば窮屈だ とかくこの世は住みにくい


鎌砥坂(かまとぎざか)をぶつぶつ言いながら登って

やがて金峰山に近い峠の茶屋へ出る

20070521002923.jpg

ここから見る金峰山はこの通り 当然その頃TV塔はなかった

20070521003110.jpg

漱石も見た 秀麗な雲仙 中央の普賢岳はその頃そんなに高くなかったかも・・

20070521003421.jpg

峠の茶屋を越えて小天温泉まではみかん畑が続く
この景色の描写は「草枕」によくでてくる


               つづく

マンドローネを運ぶ

マンドローネを練習しなくてはいけないが
最近は Guitar弾いたり二胡弾いたりばっかり・・

しかし このたび 他の人はじっくり練習した曲だが
私にとっては初見すぐ本番になる と言う事態が発生した

IMG_1384b.jpg


とにかくこれを手動で家まで運んで自主練習をしなくてはならない

20070519121047.jpg


本体にましてケースがデカく重い

20070519121209.jpg


そこで準備したキャリー 50kg仕様の頑丈なヤツ

20070519121342.jpg


ちなみに質量は 合計 12. 5 kg
ローネ本体  2. 5 kg
ケース 6. 5 kg
キャリー 3. 5 kg

20070519121929.jpg


突然の雨にも 万全の用意



二胡三昧四苦八苦

介護で3食準備したりすると一日があっと言う間に過ぎていく

切れ切れのヒマはよく出来るので 持参した二胡を練習する

20070518204438.jpg


いまチャレンジ中の曲がこれ
別に巡査が辻斬りする曲ではない
外来語を中国語の音読みにした当て字である

20070518204502.jpg


作曲者はこれでモンティと読ませるみたい

必死にやってもおそらく聞けるようになるのは一年後

20070518204518.jpg


でも「賽馬」を練習し始めて一年経ったが 最初のハルウララのスピードからやっと中央競馬会のレベルまで 出来るようになった

とにかく始めることが大事なのだ

20070518204534.jpg


メトロノームで3倍遅速度でやっていると情けなくなってくるので
BGMに中国語会話を流す

これがなかなか良い

来年の桜が咲く頃までには なんとかしよう・・・^0^)/







金峰山のながめ

家からも見えた 頂上直下のTVアンテナ群
20070517115253.jpg

頂上ではまず御参り 5000回以上御参りした人もいるようだ
20070517115346.jpg

東方のながめ 熊本市全域、九州山地  晴れすぎて景色が白っぽい
20070517115624.jpg

少しアップにしてみる  熊本城 立田山 熊本空港 阿蘇山 雪の久住山
20070517115558.jpg

南方の眺め  坪井川 白川 緑川 市房山 八代海 はるかに霧島連山
20070517120036.jpg

南南西には有明海が   熊本港 三角半島 天草の山々
20070517120116.jpg

西にどっしりと 島原の雲仙
20070517120158.jpg

NHKはここでも一等地を占めている
20070517120224.jpg

アップにすると普賢岳の噴火跡が荒々しい
20070517120248.jpg

山に対峙しておにぎりをほうばる  ん~ ぜーたく・・
20070517120311.jpg
"お~いお茶" がおいしいんだ また・・


いつまで見ていても飽きない・・・・

 

金峰山へ登る

熊本市に居るからには ほとんど市民の義務として
金峰山には登らなくてはならないのだ・・!

20070516205309.jpg

自宅から はるかに遠い  標高666m
しかし 昔登った道を探して登ることにした

20070516205326.jpg

10分で登山口の"めがね橋" 数年前にリニューアルしたようだ
古い橋の橋脚には空間があって 小学生の頃そこに入ってよく遊んでいた 
今みると20m近く高さがあって怖い よくやったものだ

20070516205342.jpg

登山口あたりはずいぶん開けていた 
昔はうっそうとした森に覆われ 
昭和30年にあの電柱の所の木で首吊り自殺があったのを
古い人なら誰でも知っている

20070516205402.jpg

以前の広大なみかん畑はすべて墓地になっていた

20070516205416.jpg

昔通った道の雰囲気が残っているとほっとする

20070516205443.jpg

この付近全山が竹林
独特の空気が漂っている
筍はいくら採っても採りきれないと思われる

20070516205504.jpg

一時間歩いてやっと金峰山の本峰が近くなってきた

20070516205529.jpg

この石は、昔は登山道の横からドンと突き出していて"カバ石" と呼ばれていた
道を広げるために取り除こうとしたが、多分なにか"たたり" でもあったのではなかろうか 脇に置かれていた
近くに小さな祠が建てられていた

20070516205546.jpg

2時間歩いて振り返ると、もう標高は花岡山よりも高い
あの麓からずーっと歩いてきたのだ

20070516205604.jpg

ほどなく金峰山本峰の脇の"大将陣" に着く
ここにある農家
これは40年前と全く変わっていない


ここまで登山というより"さろきんぐ" に近い
今日は頂上からの景色も良さそうだ


                 つづく









本妙寺

熊本市の礎を築いた 加藤清正 の菩提寺である本妙寺を訪れる

20070515111711.jpg

慈恵病院の裏あたりから歩きはじめる
本妙寺下のささやかな商店街を過ぎ、階段を登ると立派な門がある

20070515111955.jpg

本堂の門かと思いきや、ここから参道が始まる 両側はお寺さん風建物が・

20070515112111.jpg

これが延々と続く 坂も急になる 振り返ると眺めが良い こりゃ完全に山登りだ

20070515112345.jpg

大汗かいてやっと本堂らしきところに着く

20070515112532.jpg

この廊が加藤清正のお墓らしい  合掌・・!

20070515112704.jpg

しかし本堂の裏からさらに階段が続く 上には銅像があるそうだが サンダルでは もうGive-up

20070515112937.jpg

"熊本城と対峙する場所に"という清正の遺言どおり 本堂から熊本市の眺めが良い 

20070515113043.jpg

後の藩主である細川家の菩提寺がある立田山も良く見える

20070515113202.jpg

巨人軍の川上哲治と一緒に捕手をやっていた吉原選手もここに眠る

感想
お城の規模も大きいがお墓の規模もとてつもなく大きい・・!!




車椅子

母の日には、本人が喜ぶいろいろな贈り物などを 子として人並に考える

しかし、現在の介護という事態を鑑みるに やはり物より手間を贈るほうが良いのでは と考えた

結果 "付近をさろく" 手間をプレゼントすることとした

そこで借りたこの車椅子 

20070514010933.jpg

玄関のたたきにもぴったり入る 介護保険適用で借り賃 一日100円  

20070514010951.jpg

折りたためるので普通車のトランクにも楽に入るそうだ

20070514011013.jpg

欠点はブレーキが甘いこと 
ハンドもフットも結局は金具でタイヤを触っているのみ
せめて自転車並みのドラム式かリム式にしてくれればねー

20070514011031.jpg

さっそく母を乗せて町内の"さろきんぐ"開始
坂道を降りる時は、ほんの緩やかな所でも後ろ向きに進まなければならないし、登りの押す力は、マンドローネを運ぶ比ではない

苦労はしたが、本人にとっては何十年ぶりかのセンチメンタルジャーニーになって満足してもらえたのでは と思っている




卵かけご飯と冷奴が好きな方へ

町内に小さな醤油醸造所がある
そこの売りが 卵かけご飯専用の醤油

20070512194605.jpg

場所は鹿児島本線島崎町の踏み切り近く 宣伝の旗がたなびいている

20070512194622.jpg

製品は こんなもの 昆布だしが入ってて冷奴などにも美味しいそうだ

ちなみに G3流おいしい冷奴の作り方
豆腐は絹でも木綿でもお好みだが よく冷やす
ごま油を一滴たらし すり生姜少々、粉かつおぶし少々
薬味としては きざみおおば 小ねぎ 山椒の葉などどれかを少々
食べる直前にこの卵ごはん醤油を上品にかける


この醤油は東京でも地方特産品売り場で見かけるので 興味のある方は一度お試しください





大連を少々

近々 中国 大連での アカシア祭りのイベント(Mandolin演奏会) に参加することになった

昨年の3月 大連を 個人的に訪れたので、行く前に 思い出しながら旅行記を書くことにする

20070329204652.jpg


大連駅前、どこでもそうだが 東京のオリンピック前という感じで何かと工事中

20070329204826.jpg


高層ビルの脇には お祭りみたいな露店が集合

20070329204940.jpg


その時は 二胡を求めて楽器店めぐりを・・


情報誌の 大連WHENEVERの編集長カズ氏にはいろいろお世話になりました

人気の 蜜蜜 は そのころスマートでしたね・・・

20070329205314.jpg


大連のことなら 彼のブログ「大連は今日もいい天気」を参照下さい





こえたご

20070512135220.jpg

"こえつぼ" と言うところもある
「こえ」とは 人糞を肥料とする すなわち下肥(しもごえ)のことである

50年前はこの付近一面 田んぼ[たんなか]と畑だったので 下肥を蓄えているところがあちこちにあった
今や保存文化財になってもおかしくないこの"こえたご跡"が残っているのを近くで発見した

そこは 地下水がじわじわ滲みだしていた所で 水溜り[じゅったんぼ]も多かったが 現在はアスファルトの道路で車も頻繁に通っている
                         [ ] は熊本弁
20070512135235.jpg

今は土で埋もれているが 外観は現役の頃とほとんど変わっていない
水洗でない昔の人糞は 粘度が高く しばらく溜めておくと表面にゴワゴワの層が出来て 子供くらいが乗っても大丈夫だった 

ただ 車とすれ違う時の自転車の人が止まって足を着いた時 ズボッとはまったのを見たことはある
あれは小学校2年のころであったかな・・

最後に想い出の童謡あたりで締めくくりたかったが
ふさわしい曲名がでてこない・・・・


               

「赤ちゃんポスト」への行き方

5月10日から熊本の慈恵病院の「赤ちゃんポスト」の運用が始まる
しかし、マスコミにこれだけ取り上げられると はたしてポストを利用する人がいるだろうか なんて余計な心配をしたくなる
写真を撮られて週刊誌やワイドショーの記事になったり、逆に目立ちたがり屋が、売名に利用したりとか・・

そこで、近所に住んでいるというよしみで 真面目に利用したいという人のために、慈恵病院への行き方を教授したい
(利用することがはたして真面目にあたるかは別途議論するとして)

周囲の状況
20070313182002.jpg

仏舎利塔のある花岡山から見た写真で 中央にある高校より右上へ200m位いった所が病院 この付近は住宅地と商業地が閑散と混じった地域

行く時間
人目を避けるには夜中が良いと思われるが、現場の雰囲気から夜はかえって目立ち、パパラッチの餌食になる 産婦人科もある総合病院なので昼間大勢の人が出入りしている時間帯のほうが良い

熊本駅、交通センターからだと まず 市電またはタクシーで段山(だにやま)電停あたりまで行くIMG_2269a.jpg
この付近の電柱にはほとんど行き方が表示してあるのでこれに従って歩いていく
20070302014447.jpg
やがてよく見る建物に行き着く ポストは玄関正面を右の方へまわった所にある20070301135321.jpg



こういった記事を書くこと自体が不謹慎だとクレームがつくかもしれない
しかし、切羽詰った状況の人には少しでも手を伸ばしてあげたい・・

現場の表示にもあるように、本来 育児放棄の解決にはいろいろ方法がある
マスコミにもてはやされない地味な方法である



ギタロン

この楽器の名前です

20070320021100.jpg


弦は太いのが6本、フレットはありません

20070320021240.jpg


コントラバスと比べてこの大きさ、かなり大きいです

20070320021223.jpg


この楽器は 通称 「よしみちゃん」 と呼ばれています  ホワイ ??

ぽちょ~ん とした形から すぐ分かりますよね・・

ほら 美空ひばりの歌がうまい・・某有名演歌歌手

20070320021657.jpg


弾くときはこんな感じ

6/3のMandolin演奏会で披露します ぜひ音を聞きに来てください




FC2Ad