G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

楽しいマンドリンの合宿

このあいだからの あの 軍団は


20071129002405.jpg
あいかわらず 精力的に 街中を歩いております


   20071129002527.jpg  20071129002550.jpg
  食べたり ・・


   20071129002638.jpg  20071129002658.jpg
  飲んだり ・・  


      20071129002800.jpg         20071129002818.jpg
  塗り物の お買い物も ・・


20071129002913.jpg
会津若松市内を 疾風のように つき進む  恐るべき 還暦軍団 ? 


20071129003129.jpg
あっというまに 駅に戻ってきました  駅には いろんな電車がいて 私は うれしい ~ ! 
20071129003332.jpg20071129003414.jpg

20071129003509.jpg20071129003434.jpg
20071129003453.jpg
20071129005537.jpg
一両だけの 電車は 地元の人の迷惑にならないようにしましょう


20071129005757.jpg 20071129005837.jpg
運転しているみたいに 前が 見えて 楽しいです      占領するのは ほどほどに


20071129010057.jpg  20071129010121.jpg
紅葉は 終わっているけど いい景色です       つり橋 渓谷 崖塔 雪を頂いた普通の山 ・・・


20071129010824.jpg  20071129010912.jpg
でも 少しは まわりの 冷たい視線も 意識しましょう   孫たちだったら 許せる けど


20071129011112.jpg  でも たのしい  旅行でした


20071129011154.jpg


マンドリン合奏のため お互いの親睦を図り 足腰と持久力を鍛えた 有意義な 合宿でした


 


 


 





わけわか軍団の続き


泊まっている所は なかなか リッチな感じ が します


 20071128173538.jpg  20071128173559.jpg


 20071128173618.jpg  20071128173634.jpg


あいかわらず 買出しスタイル で 精力的に 歩いております


20071128173653.jpg


20071128173709.jpg


ガイド も やっているようです   いきあたりばっ旅も あいかわらず


20071128173726.jpg


検討のかいあって ちょっと よさそうな所へ やって来ました


20071128173743.jpg


この急坂を すごい速さで 登っています


20071128173809.jpg


20071128173857.jpg


    20071128175429.jpg       20071128175634.jpg


会津鶴が城 です        今の季節 紅葉 です    以後は 紅葉の写真 です        コメントは 禁止 です


20071128175242.jpg    


20071128175148.jpg   20071128175213.jpg

20071128175301.jpg          20071128175406.jpg


20071128175322.jpg

20071128175447.jpg     20071128175523.jpg
20071128175505.jpg


 さて これから ・・・

       20071128175539.jpg          20071128175617.jpg
20071128175556.jpg


たびは テンポが早いまま まだまだ続く ようです


                                      つづく











 

マンドリン楽団の合宿

 ・ というタイトルで 書こうとした 本日のブログ


20071128022201.jpg
それにしては 楽器持ってない


20071128022332.jpg
なんか "行き当たりばっ旅"  という感じ


20071128022524.jpg
ふつーの 田舎道を歩いておりますが  ひょっとして 新興宗教の勧誘部隊?   アナタハ イマ シアワセデスカ~


20071128022904.jpg
これはちょっと 雰囲気のある楽しそうな道ですね 童謡のメロディが聞こえてきそうです


20071128023112.jpg
後の 磐梯山 は素敵です  セリでも摘むんでしょうか?  皆さん ・・  失礼 皆さんも 素敵です


20071128023642.jpg
とつぜん スキー場みたいなところに 現われましたが ・・ 


20071128023918.jpg20071128023939.jpg      


スキーも 履いてないので 歩くのに 苦労しているようです


20071128023957.jpg 


それにしても 酷寒のなか 何を目的に 労働しているのでしょうか


20071128024705.jpg20071128024723.jpg 


ここは シベリアの大地  ?                ナナカマドの実    



20071128024644.jpg20071128024740.jpg

いちおう ホテルらしきところに 居るみたいですね


20071128025634.jpg20071128025617.jpg


ホテルには あまり似合わない 卓球 還暦世代はなぜか皆うまい   お酒もみんな好きなようです


はたして この集団は いったい 何なんでしょうか ・・ ?


                                                つづく


 


 


 


                                         





回転コード

Guitar伴奏で 初めて歌った曲 ・・ "この広い野原いっぱい"
♪ このひろい のはらいっぱい さくはな を・・♪
   C      Em        F     G7

同じコード進行で 次に歌った曲 ・・ ” 風 ”
♪ ひとはだれも ただひとり たびにで て ・・ ♪
   C      Em        F     G7

そのころ 流行っていた曲 ・・”君といつまでも”
♪ ふたりを ゆうやみが つつむ このまどべで ・・ ♪
   C      Em       F      G7

少ない知ってるコードで いろいろ弾けるのが好かった

クラシックでも 有名な回転コードの曲がある  パッヘルベルの”カノン”
 D   A   Bm   F#m   G   D   G   A
同じ繰り返しが 28回続いて 終わる  Guitar伴奏は本当に疲れる

昔 弾いた曲で 今でも好きな曲  イーグルスの"ホテルカリフォルニア"
Am   E7  G   D   F   C    Dm   E7

サビの一部を除いて ほとんど このコードの繰り返し

イントロは 何回弾いても泣ける 
後半 延々と繰り返すセッションは 本当に音楽好きな仲間が 嬉々としてやっているよう・・







山のながめ

別宅建設も 外壁塗りの黒い下地が張られている 紅葉の林をバックに 住宅カタログ状態

20071114142721.jpg

いざ 生活したら どう山が見えるか 検証する

1階 寝室で朝起きて 縁側のカーテンを 開けると・・
20071114142959.jpg
ん 今日の富士山は ヨシ !

次に 中2階の居間で 食事、寛ぎながら・・
20071114143227.jpg
前の家がやや邪魔だが 山もマアマア 庭も眺められるし

大部分の時間 居る 書斎は ・・ 
20071114143416.jpg
当然 幅2.6mの窓からの大パノラマで 大満足

西側の 窓からは ・・
20071114143928.jpg
甲斐駒頂上が うまく電線の隙間で よかった 家が案外邪魔してるが・・

こだわった 風呂からのながめは ・・
20071114144135.jpg
富士見風呂の名に恥じない Good Job !    窓を大きく取ったので前を通る人と ヤアヤアとなるかも

さらに 上のロフト階に続く 屋上からは ・・
20071114144526.jpg
これは 以前も確認しているが 文句なし

西側ビューは・・
20071114144643.jpg
電線が やや邪魔だが 甲斐駒が 大迫力で迫る

日没の ころ は ・・
20071114144838.jpg
魔利支天 にかかる夕日は 神々しい

山のながめは おおむね 設計時の想定どおり これさえあれば ・・

まあ 他の別宅に対する要求は たいした問題ではない




熊本弁

熊本に帰って親と話すと 即 純粋な熊本弁に戻ってしまう

熊本弁の特徴
1. 武士の言葉、身分上の丁寧語からの転化が多い
  はいよ(下さい) あとぜき(後閉め) うらかいさま(裏返し) かくさん(奥さん) 
  むしゃんよか(カッコいい) ひざぼんさん(ひざ坊主)

2. 接頭語 が多い
  きゃーめぐる(巡る) きゃーしゅー(する) おっとる(盗る) うっちぬ(死ぬ)

3. 語尾の変化活用
  そぎゃん・ ・のごたる ・だけん ・ばいた ・すっど? ・たい よかと? そるばってん・

4. 由来がよく分からんのも
  とつけむにゃ(とんでもない) うーばんぎゃー(???) うすとろか(はずかしい) 
  えしれん(えたいのしれない)

5. 江戸語と反対で "し"を"ひ"と発音しやすい
  1.2.3.4.5.6.ひち よざくらおひち ひちや

6. 同音異義語のアクセントの違いがほとんどない
  橋と箸と端  柿と垣と牡蠣  雲と蜘蛛  紙と髪  洗濯と選択  

東京に居てもなかなか 熊本弁が抜けない まあ18年も居たんだからしょうがないか・・



酉の市

府中市の けやき並木通り もうクリスマスイルミネーションですね・
20071112202849.jpg
20071112202906.jpg

むこうの 大国魂神社も やたら にぎやかです
20071112203005.jpg

そうか 酉の市
20071112203126.jpg

くらやみ祭り すもも祭り とも違う この 飾りの雰囲気
20071112203020.jpg

特徴は 縁起物の くまで
20071112203036.jpg

大国魂神社も 特大版を 飾っています
20071112203054.jpg

買うと 手拍子でしめてくれます 周りも一緒になって・・チャンチャンチャン、チャンチャンチャン、・・
20071112203110.jpg

全景を写したかったが ・・ 三脚、手振防止機能も無い  夜の写真は この程度が 目一杯ですね
20071112203141.jpg

神殿の隣では お神楽が奉納されていました
20071112203159.jpg

なかなか見事です 私は伴奏の篠笛に聞き入っていました
20071112203216.jpg

菊の展示もありました
20071112203232.jpg

結婚式も やっていました
20071112203248.jpg

やきそば おでん たこやき わたあめ べっこう細工 お好み焼き ・・ 食料品部は 人も大勢
20071112203303.jpg

いつも居酒屋で一緒になる Mr.L と偶然会いました
20071112203317.jpg


以前会ったときは ベッカムそっくりで格好よかったのですが、・・
久しぶりにあったら 007の諜報員みたいで やっぱり格好よかった です

 




真白き富士の嶺

20071121013506.jpg


真白き富士の嶺 緑の江ノ島
仰ぎ見るも 今は涙
帰らぬ十二の 雄々しき御魂に
捧げまつらん 胸とこころ



20071121013531.jpg


ボートは沈みぬ ちひろの海原
風も波も 小さきかいなに
力も尽き果て 呼ぶ名は父母
恨みは深し 七里ガ浜


20071121013547.jpg


み雪はむせびぬ 風さえ騒ぎて
月も星も 影をひそめ
御魂よ何処に 迷いておわすか
帰れ早く 母の胸に


20071121013603.jpg


20071121013622.jpg


砂まじりの強風の中で 想う・・

20071121013640.jpg






ひらけひらけゴマ

我がパソコンで 知人の Mail を開いたとたん 画面のマウスポインタ(矢印)が 勝手に動き出した
近くにあった"ソリティア"のアイコンを 何度も 開け開けと押している

またたく間に ウインドウがいくつも出来て行き 126個ウインドウを造ったところで 停止した
てゆーか 固まった
はぁ こいつは 手当たりしだいプログラムを開けて パソコンのメモリを一杯にして停止させる "ひらけひらけゴマ ウィルス" だな・・

インターネットでいろんな分野 ^0^;) を渡り歩いたり Mail の交際範囲 ^0^;) も増えてくると ウィルスに出会うことも多い

その時 私は少しもあわてず
アンダーバーの現進行ウインドウ表示を右クリック
"グループを閉じる"ですべてのプログラムを閉じる
その後 Antivirusプログラムにて Virus Scan し 削除完了

コツは 固まってもまずなんとかポインタをマウスで動かせられるようにもって行くこと プログラムが途中だった時は"終了しますか"等のウインドで応えないと閉じることが出来ないので なんとかここを処置する

Mail や ブログを見ようとしてこのVirusが働くと 何度もMail送ったり 自分や相手のブログカウンタが異常に増加したり することもある


心当たりのある方 ご注意のほどを ・・ 





誰もいない海

20071121004753.jpg


今はもう秋 誰もいない海
知らん顔して 人がゆき過ぎても
私は忘れない 海に約束したから
つらくても つらくても
死には しないと



20071121004813.jpg


健康には自信を持っていたのに 急に病気になると なんだか気がしぼむ・・
作曲の内藤法美氏や越路吹雪さんのことも知っているので ますます

20071121004829.jpg


でも ・・ 

まぁ  死ぬほどのことではない ・・




困るね~

介護中のひととき 家の前を さろきんぐ

20071101203307.jpg


この旗 なんて読む・・?

ッタク・・我家をバックにね 

あてつけに 私の自転車を鍵なしで置いておく

ブレーキ甘いので盗んだらかなり危険

この看板のせいで? いまだ盗まれてない 

でも ・・

ちょっと困る










山の音楽

ひとりで山道を歩いていると ハエがまとわり付くみたいに
頭の中に同じメロディが 何度も何度も浮かんで 離れないことがある

その時の体調もよるが だいたい登りの時は
先月カラオケで歌った曲・・登りで苦しいのでテンポをとって歩調を整える
二胡レッスンでの教則本の曲・・つらい登りも努力だ! ということか
20071106212139.jpg
20071106212155.jpg

下りの時は 疲れておセンチになっているので スローとなる
・マンドリン曲"山嶽詩" の最初と最後のテーマ・・夕暮れの山を見るとぴったり
"シンプルシンフォニー" の中間のトランクィーロのメロディ・・アルペジオ伴奏が下りのリズムに合う
20071106212209.jpg
20071106212226.jpg


鈴木静一の"山の印象" という曲があるが、なぜかこれは出てこない
彼はたぶん自分の足で歩いて山に登ったことは無かったのでは・・

それとも 私の方の理由で・・
二楽章のフルートがトラウマになって・・ あまり思い出したくない





やまなみハイウェイのやまなみ

2007年10月1日 秋 真っ只中の 阿蘇路を一人旅
20071106163617.jpg

ここは ミルキーロード 阿蘇の展望みち  ひと月の介護を終えての帰路は 心も軽い
20071106163645.jpg

ハイライトは 大観峯(だいかんぼう)
20071106163752.jpg

まさに ふとん着て寝たるすがたの・・・ 朝霧の涅槃(ねはん)姿はいつか見てみたい
20071106163858.jpg

手を組んでいるところが最高峰の高岳(1592m ヒゴクニ) 肥後の国の百名山 1969年に単独登山済み
20071106164033.jpg

すこし走ると道路の最高点 牧の戸峠 ここは久住山の登山口
20071106164337.jpg

三俣山が美しい
20071106164517.jpg

牧の戸峠を越えたところが長者原 久住山(1791m)近くの噴気孔が見える 
20071106164542.jpg

九重山系を空から見ると・・手前が久住山、噴気孔の上右が三俣山、さらに坊がつる 
20071106164557.jpg

阿蘇山は 南の南郷谷からみると お釈迦様でなく ピノキオになる  へそ付近の中岳から噴煙が・・
20071106164612.jpg

高森町は 隣の南阿蘇村と違って 典型的な田舎町
20071106164630.jpg

南阿蘇鉄道の電車が行く 温泉、白川水源など最近は観光化された 
"南阿蘇水の生まれる里白水高原駅" なんて日本一長い名の駅もある  
20071106164653.jpg

さて、大分県側に進む 蛇越峠から由布岳の眺めがよい  頂上は 待てども晴れず 
20071106164709.jpg

あれ! 山の上プラザ とあるが、あれはまさしく 湯布院国立青年の家・・
20071106164726.jpg
40年前、我がマンドリン楽団にとって歴史的事件が発生した場所だが ・・ ♪ い-ま-は-もう-誰も~・・♪

20071106164742.jpg


由布岳のながめは その時も 現在も 変わっていない・・・




菜園・・末期的

介護で帰省やら腰痛、結石などで かなりしばらく菜園をほったらかしにしていた
心配で 久しぶりに見に行ったところ ・・ 私の区画のみ 荒れ方が目立つ

ちょっと ひどい
20071112195129.jpg

他はちゃんと手入れしているのにね~  周囲の鼻つまみ顔が目に浮かぶ  これでは田舎暮らしも失格だね
20071112195151.jpg

大葉の枯れ木林  以前シソの実をあつめて佃煮にしたのがせめての救い 
20071112195208.jpg

一ヶ月も成っていたナス 当初10本ぐらいは収穫していた 
20071112195226.jpg

陶器みたいなナス 
20071112195246.jpg

むなしいキュウリ柵  キュウリは早めに収穫して正解 その後のゴーヤは1個だけ
20071112195304.jpg

むかし堀り残したじゃがいもが 生えてきている 
20071112195325.jpg

山椒の木もよくぞ元気で・・ 別宅にお連れしよう
20071112195342.jpg

帰りの遊歩道は とてもきれいにお花が手入れされていました 
20071112195358.jpg

この花の名前 知っている人 教えてくださーい
20071112195417.jpg


来年1月で家庭菜園の契約切れだが 継続はちょっと難しいな 別宅も出来るし・・

とにかく 府中市生活文化部産業経済課の担当の方 せっかくのご厚意を大変申し訳ありませーん




 



富士 三景

建設中の別宅で打合せ   寒くなってくると周囲のながめも好くなる

屋上からのながめ   文句なし
20071113234035.jpg


縁側前の駐車場予定の敷地端から   一番構図は好いが 家と林の隙間からのながめ となる
20071113234055.jpg


日が沈むと赤富士となる    今は遅くまで居れないので 帰り道の韮崎付近から
20071113234112.jpg



完成したら 一日中 見ていよう


瀬戸内の船旅

四国の大洲で楽しみ、伊方原発でいろいろ考えた 車の1人旅は 九州へ向かう

愛媛県の三崎港から大分県の佐賀関港まで 海のハイウェイ国道九四フェリー
20071103172658.jpg


佐多岬 ~ 関アジ関サバで有名な 豊予海峡 ~ 佐賀関精錬所 ・・ どうぞ 眺めをお楽しみください 
20071103172257.jpg
20071103172315.jpg
20071103172336.jpg
20071103172356.jpg
20071103172412.jpg
20071103172431.jpg
20071103172448.jpg
20071103172504.jpg
20071103172520.jpg
20071103172536.jpg
20071103172553.jpg
20071103172609.jpg
20071103172714.jpg
20071103172623.jpg

所要時間 70分 シャトル運行なので待ち時間なし 片道7030円(CRV+運転者)
20071103172639.jpg


さて これから かって知ったる 九州の旅









伊方原発

四国の西に延びる佐田岬半島を 車で走ると 伊方原子力発電所が 見える

20071026165250.jpg


これまで 原発に係わってきた者 としては 当然ながら ビジターハウスを 訪れる

20071026165311.jpg


展望台からの 眺めは・爽快・  外は暑いけれど 中は涼しい・・ 

20071026165337.jpg


近くには 風力発電センターも ある

20071026165402.jpg



今日 浜岡原発の 運転差し止め訴訟 の判決 が 出たが、

原発が どれだけ役に立っているか 皆 知っているのだろうか



反対派の人は 「原発なんか なくても、夏の一時期の数日だけ 省エネすれば やっていける」 という

しかし、数日 とはいえ 不確定な 制約を 社会は 受け入れて くれるだろうか

石油が ずっと 今の状態のままで 使える保障は ないし、今後 リスクが 増大するのは 必至


原発の 発電容量は、設備としては 国内の 全発電容量の 約三分の一 だが、稼働している割合は 高い

すなわち、

電気の消費量が 少ない時は、火力発電を 止め、原子力を 優先的に動かす ことにより 石油 を節約する

以前 ある電力会社圏では、12月の ある時期、電力消費の 95%以上 を 原発で まかなった事も あるという


伊方原発の出力は 約 200万kW、柏崎原発の出力は 約 800万kW ・・莫大な量の石油が 節約されている

水力発電の 黒四ダム 32万kW 井川ダム 6万kW ・・環境を破壊する割りに 発電量は少ない

我が別宅に 予定している 太陽光発電 3kW ・・300万円も かけて 我家一軒分が まかなえない


風力にしても、太陽光にしても 風や 日光が なければ 止まってしまうし、

騒音、景観、廃棄物(特にパネルの重金属)など 新たな 公害の発生も 予想される


エネルギーを供給できる体制を構築するには、少なくとも10年以上の時間がかかる

我々の次の世代の繁栄のために、あるべき姿を議論するのは当然のことだが


今は・・

知恵を 出し合って 原子力を うまく 使っていこう よ














結石の顛末

夕食後 突然 お腹が痛くなった 熱はないが嘔吐が激しい 水を無理に飲んで全部吐けば やや楽になった 初めて食べたドラゴンフルーツにあたったのか?  まあ吐いたからいいやと思いながら寝る 夜中 また下腹部が痛くなった どうにも寝ていられない 119に救急病院を聞いてタクシーで府中市の病院へ X線撮影一枚撮ったところで当直の医師がニコニコしながら言うことニャ あ、これは"尿管結石"ですねー すなわち典型的な症状なので医師の判断も容易だったらしい ッタク こっちは七転八倒しているのに まあ変な病気でなくて少しは安心 でもとにかくこの痛みを何とかして欲しいー 座薬を突っ込んだら少しは楽になった さらに検査をするという 点滴を接続し造影剤の適応確認 尿採取して血液反応検査 血液を採取してイロイロの検査 その後X線室にてナンかの物質を投入して石が動くかどうかの検査 どうも動いたらしくまたもや七転八倒の痛み 時間をおいての何回かの撮影なので3時間くらいかかる 終わってトイレで排尿したら少し痛みは治まった しばらくして先生から検査結果の説明 X線写真をみながら ほら腎臓出口の尿管が太くなっているでしょ 最後にはここまで石が動きましたよ はぁそうですか で原因は? 食べすぎだねそれもゼータクなものばかり 水分をうんと採って野菜を多く食べ毎日運動しなさい 石を排出し易い薬を出すのであとは自宅でがんばってね ということで入院はせず追い出される まだなんとなく腹が痛いし身体がだるい そうだ昨晩は一睡もしていない とにかく帰って寝よ それから24時間ぐらい寝たみたい 起きたらまだ気分はすぐれない でも予定していた明日の演奏会がある 結石で欠席でーすなんてギャグっていてはいられない ドタキャンで穴をあけたら私の演奏家生命にかかわる 出演はなんとかできそうだ 連絡する でも優しい仲間のおかげで代役を立ててくれました 感謝!! このうえは一刻も早く完治させねば そういえば以前から腰痛があったが今はない ひょっとしてあれは腎臓の痛みだったかも そうだったらしつこい腰痛から逃れられて不幸中でも幸いというか でも前からほったらかしている高脂血症が症状として顕在化したのかも 結石、腰痛、高脂血症みんな予防策は似ている 低コレステロール食事、水分補給、毎日の運動 分かってはいるがこれまでややサボリぎみ これからちょっと真面目にやろ 医者嫌い薬嫌いの私だが今回は医者と薬に感謝 病気すると人が丸くなると言われるが周りの人が一生懸命助けてくれる 自分は1人では生きていないことを実感する 周りの人すべてに ありがとう ・・・

      

まだ 大洲

さらに大洲市をさろいている
20071025164738.jpg

レトロなものを集めた広場 ただ置いてあるだけだが楽しい
20071025164800.jpg
20071025164819.jpg
20071025164842.jpg
20071025164902.jpg

ところで 商店街を歩いてみる  日曜の昼間なのに 閑散~
20071025164920.jpg

しばらく待って様子をみる シャッターは閉まっていないが・・とにかく誰も通らない
20071025164937.jpg

期待をこめて もうひとつのメイン通り  東芝の看板が虚しい・・
20071025164959.jpg

その夜 一杯飲み屋で地元の人と話す 町興しには やっぱ政治の助けが必要かねー
20071025165022.jpg
20071025165042.jpg
20071025165101.jpg


地元の人も地域振興に腐心しているみたいだ
観光にしても みんな何を望んで旅に出るのかよーく考えて 
それに応えられるようなイベントなり町の整備を要望したいね
私は 今の大洲の雰囲気は本当に好きだが ・・・

とびこみの居酒屋で遅くまで大激論

20071025165122.jpg


大洲の町がますます発展し いつまでも魅力ある町であることを願いつつ・・

さらば四国よ  また来る日まで





大洲にて

四国の2座(剣山、石鎚山)を踏破して 今回の百名山登山の旅はひとまず目的を達した
留まるとすれば 昔訪れて好感が残っている 大洲市 と決めていた

まずは観光さろきんぐ 泊まったビジネスホテルの近くは 昔の町並み
20071025160716.jpg

むこうにお城が見えるので・・
20071025160736.jpg

40年前サイクリングで来た時は 城跡公園だったが りっはなのができている
20071025160801.jpg
20071025160819.jpg

城から見ると なるほど ここは大きな州の上の城
20071025160836.jpg

東側は 最近開けてきた新市街
20071025160902.jpg

城内は博物館になっているが 入館料が要るので入らない
20071025160921.jpg

川に沿って 臥龍山荘に行く  古い別荘
20071025160944.jpg

ここも外から見るだけ  川があって背景の山と・・嵐山の雰囲気だね
20071025161014.jpg

特に名も無い通りが好きなので さろく・・
20071025161033.jpg

多分 町並み保存地区になってるんだろうね  いいね~
20071025161054.jpg

案内に "おはなはん通り" とある  あのドラマのロケもここで行ったらしい
20071025161113.jpg


そうだ いま車にマンドリンを積んでる ここで 路上ライブ "おはなはんのテーマ" でもやるか・・
しかし 皆知っているかなー 寅さんシリーズのほうが 大洲 有名かも

それにしても 誰も通らない ・・  やめた!










四国の道

剣山(つるぎさん)を下りて 悪名高き国道439号線を西に進む
当然 前の車がいつ来るかのハラハラ道なので眺めを楽しむ余裕もなし 山中を突き進む

一息ついた所 "かずらばし"  看板だけ見て先へ進む まだ先は長い 今日は石鎚山まで行かねばならぬ

20071025181814.jpg

R439を離れ県道に入る 途中道路不通で、林道を迂回 やっと祖谷かずら橋に着く
20071025182015.jpg
ここは観光客で一杯
20071025182422.jpg
あまりにも人が多かったので 遠くから見るのみ 早々に立ち去る
20071025182445.jpg

道は格段によくなったが 山はまだ深い 大歩危 小歩危である
20071025182513.jpg

悪路を苦労して走ってきた反動か 止まって見物する気にならず イッキに飛ばす
20071025182531.jpg
20071025182547.jpg

黒沢と書いて "くろぞ" と読むようだ
20071025182605.jpg

陽も傾いた 川之江から松山自動車道にのる
20071025182625.jpg

一風呂あびた古~い温泉 昔は羽振が良かったが今は地元のお年寄りが集まる民宿兼風呂屋 
20071025182644.jpg
20071025182701.jpg
20071025182717.jpg
こんな所スキ

石鎚山に登った帰り、最悪の国道 黒森峠越え494号線を避け 御三戸(みみど)交差点に出る
20071025185838.jpg

地方の町でも 元気があるな~ と感じる所もある
20071025190016.jpg


道の駅"小田の里せせらぎ" のある内子町

はじめて通ったが この町 がんばっている・・




バックミュージック

以前、中国を旅行した際、女性騎馬隊の栄誉礼を受け 模範馬術を見せてくれた
20071106203012.jpg
20071106203027.jpg
ご厚意にいたく感激したが、バックミュージックが 西部劇の"荒野の7人" では ちょと? 空気が違う !

レストランなんかのBGMでも 知ってる曲が流れてくると 気になって食事がどっかへ行ってしまう
最近 TVシーンで二胡が使われるが、習って知ってる曲が聞こえると なんとなく違和感が漂う場面も多い

むかし(ウンと若い頃) 自分の結婚式のBGMを考えたことがあった

1. 交響的前奏曲 「ボッタキアーリ」

教会に皆集まってワイワイ云ってる時から何となく始まる
中間の盛り上がるところでは 二人のスライド等を映す
だんだん照明を暗くしていき、最後は祭壇へのスポットライトのみとする
20071106201010.jpg
20071106201026.jpg


2. 華燭の祭典 第二楽章  「マネンテ」

Dolaの2重奏とともに花嫁が親とともにバージンロードを歩いてくる そして花婿のもとに
終わりのカンパーナは 教会の鐘とダブらせ 式の中間の盛り上がりを創る
20071106201042.jpg
(ここで間違っても第一楽章を流してはいけない、チャンチャン ! でズッこける)
(さらに第三楽章に入ってもいけない、映画"卒業"の略奪婚シーンの雰囲気となる)

3. 主よ人の恵みと喜びを 「バッハ」

ひととおり流したら弱くして牧師の話が始まる
時間が空くようであれば "G線上のアリア" を小さく流しても良い
20071106201114.jpg
ここで賛美歌を歌うことが多いが まあしょうがない

4. 明日にかける橋 「サイモン&ガンファンクル」

新郎新婦の退場でスタート 教会の扉を出るとき CODAの最高潮となるタイミングで音量アップする
20071106201059.jpg
最後 この曲の後奏にあわせて教会の鐘の音が いつまでもいつまでも鳴り響く・・

我ながらよく出来ていると思う  (画面出演は今年4月 私の姪の時の)

音楽の方は残念ながら未だ日の目は見ていない











家の中でも

熊本の実家で・・ ヤモリ がいた !!
20071101174720.jpg

昔はよく見かけたが 今でもいたか
20071101174807.jpg

足のブツブツも 見方によれば かわいい
20071101175123.jpg

ヤモリは"家守" ということで家にいると好まれる そうだが・・
20071101174929.jpg
おそらく ギャーと逃げ惑う不幸な人もいるでしょ

つづいて 現住所の家には カマキリが・・!!
20071101175356.jpg

小ぶりで茶色なので コカマキリ と言うそうだ
20071101175447.jpg

メスに食べられないようにね
20071101175610.jpg

これは あまり好きな人はいない  ・・  私も・
20071101175633.jpg

丁寧に お引取り願った
20071101175650.jpg


最近 家の中では ゴキブリ、蚊、ダニ くらいしか 見てないので 

  ・・新鮮・・ !!






特別擁護 老人ホーム

すがすがしい手賀沼ほとりの道を 車は行く
20071105013848.jpg

ほどなく いかにもそれらしい建物が
20071105013952.jpg

今日は 老人ホームの文化祭のお手伝い出演の伴奏のお手伝い
20071105014245.jpg

すでに始まっていました なかなかレベルは高い
20071105014343.jpg


我々四人はといえば 気楽な演奏・・
20071105014547.jpg
20071105014607.jpg
20071105014623.jpg
20071105014638.jpg


20分で あっと言う間に終了 ・・・・・・  しかし 

このところ、演奏ばかりでなく 実際の介護でもいろいろな施設を訪れている

最近は ロビーに入って廊下を歩くだけでも そこの施設の程度が分かるようになってきた
入居者の表情、スタッフの動き、部屋の状況、おむつと消毒のにおい ・・・

20071105014807.jpg

外で手入れが行き届いているお花なんか見るとホッとする




瀬戸大橋

初めて瀬戸大橋を走る 中間の与島PAからの眺めはすばらしい
20071022222257.jpg


早朝だが割引にはならない時間帯 車からの景色をお楽しみください
20071022222528.jpg
20071022222544.jpg
20071022222559.jpg
20071022222617.jpg
20071022222634.jpg
20071022222700.jpg
20071022222718.jpg
20071022222736.jpg
20071022222754.jpg
20071022222809.jpg
青いのは青空でなく車のフロントガラスのブルーシェード

20071022222827.jpg
ゆっくり走って眺めを堪能しました 

山の自然も良いが たまには 人工的な物も・・

さて いよいよ四国


中国道

気ままな車の一人旅は 六甲山を眺めながら中国道を西に向かう
20071021130023.jpg

姫路を過ぎると人家もまばら ♪ 思えば遠くへ来たもんだ・・♪
20071021130312.jpg

米子街道 メルヘンの里新庄 道の駅 周りはメルヘン雰囲気ではないが、近くに後鳥羽上皇旧居跡がある
20071021130407.jpg

真庭(まにわ)市 湯原温泉ひまわりの湯 強烈な夏の太陽で露天風呂か日光浴か・
20071021130752.jpg

ここは ワンちゃんも温泉に入れる 後から失礼 ワンちゃん大満足
20071021131203.jpg

これは? ごりやくのありそうな神社だ・・バス停も同じってことは この付近の地名らしい
20071021131226.jpg
国道表示板のローマ字から、 "かもち"と呼ぶそうだ
蒜山高原道の駅で食べたボリューム満点の"カレー付きラーメン" 山登り中なので食欲は旺盛
20071021131827.jpg

岡山自動車道へ分岐し 四国へ向かう
20071021131622.jpg


今夜の泊まりは 瀬戸大橋あたりか・

旅はまだまだ続く・・






大山寺

鳥取県の大山(ダイセン)を登山後、麓の大山寺を訪ねた ここは本院だが あえてこの先の奥宮を目指す
20071021174349.jpg

延々と石の道が続く 自然石の道としては日本一長いそうだ
20071021174411.jpg

石段も有り いま大山を登ってきてサンダルに履き替えた足がつらい
20071021174435.jpg

それでもイッキに登る  ・・着いたところが 奥宮(おくのみや)
20071021174457.jpg
20071021174642.jpg

ここからは 見上げるように 大山がせまる
20071021174516.jpg

ここの狛犬はリアル ・・ 少しおしゃれな雰囲気
20071021174538.jpg

本殿の裏に離れがあるが この狛犬はどうみても狐
20071021174601.jpg

大山頂上付近にもあったタイセンキャラボクが境内に
20071021174622.jpg

すべて文化財なので当時の建物がそのまま この阿弥陀堂の木材は鎌倉時代のものという
20071021174703.jpg


江戸の頃は 大山詣で で繁栄していたが、明治の廃仏毀釈から徐々に衰退していった
所々に当時の栄華の面影や宿坊の名残りが見かけられる

昨日行った壺坂寺に比べ 清貧なところが好感が持てる・・







絵を観る

国立新美術館では 独立展 を観に・・  独立展はもう十年来 きている  

20071101160927.jpg

キッカケは・ 飲み屋で隣に座るやや先輩が ここの審査委員で 実は大変有名な画家 
20071101161052.jpg

いつもは上野でやるが今年からここ 隣のフェルメール展に比べれば閑散
20071101161118.jpg

落ち着いてゆっくり観れるのでイイ
20071101161138.jpg

権威に頼らない新進気鋭の画家の作品が多いので 気持ちがビンビン伝わってくる
20071101161203.jpg

画家が伝えたいもの・・奥深いもの、深遠なもの、空想と現実、希望と失望、批判と賞賛 ・・ 
20071101161231.jpg

必然的に人間の本能を描く・・ 生と死、性愛、権威欲、虚無感、自然回帰、恐怖、歓喜、夢 ・・
20071101161253.jpg

おや、どこかで見た様な・・いつも山で後から付いて来る オバケのリリ子ではないの
20071101161313.jpg
モデルのアルバイトしていたのか・・


絵については知識はないが、素直に向き合って感じるままを楽しんでいる
楽しむというより自身を内側から考え直すことが出来る・・何 言ってんだか・?

印象派みたいな・部屋に飾って癒されるような絵は 見当たらない
とにかく ここには フェロモンとかオーラみたいなものが あふれている

どっと 疲れた






国立新美術館

二胡のイベント帰り ポカリ暇となったので六本木方面へ

20071101153906.jpg

折からの台風で大荒れ 建物が風でゆがんでいるよう
20071101154049.jpg

設計者は先日亡くなったご存知 黒川紀章 氏
20071101154251.jpg

展示館前のロビーから吹き抜けのエントランスが望める
20071101154403.jpg

ここは関西空港か・・ という感じ
20071101154427.jpg

思っていたよりも素敵なところ 
20071101154449.jpg

カフェテリアもあって欧米風 
20071101154507.jpg

デートに最適だな・・ いま需要は無いけど
20071101154528.jpg

帰りは風雨を避け地下鉄で  国会議事堂前駅ではホーム用ゲートが出来ていました
20071101154546.jpg


もちろん建物ばかりでなく展覧会も堪能しましたよ ・・・  つづく




高取城址

城跡といえばその地方の観光の中心になっている所も多いが、この城はまったく忘れ去られた雰囲気
これはこれで趣はあるが・・

20071016224228.jpg

大台ヶ原山を登ったあと鳥取の大山に行く途中、時間ができたので近くのマイナーな観光地を巡ろうとしたが・・
はからずもこの城跡に引き込まれるように着いてしまった  2007年8月23日

20071016224251.jpg

一昨日 訪れた関が原の亡霊が仕組んだ業か・・ まあ城址は好きだからいいけど
20071016224315.jpg

鎧兜の武者がふいに目の前に出てきても まったくおかしくない
20071016224341.jpg

入口はまあまあの道だったが だんだん雑草が生い茂ってきた
20071016224404.jpg

ほとんど 人は来ていない様子
20071016224424.jpg

石垣も数百年の時間を感じる
20071016224445.jpg

本丸があったと思われるところがこんな具合
昼間の明るい時だが 霊感みたいなものを感じる 耳なしほういちの世界か・
20071016224508.jpg

天守閣の看板もまさかその時代からじゃなかろうね
20071016224534.jpg

いくさの城はその性格上眺めが良いはずだ 草露でびっしょりだが一周して眺望を楽しむ
明日香村の様子が手に取るように見える
20071016224556.jpg

紀伊山地もよく見える  苦労してまわって正解
20071016224614.jpg
20071016224632.jpg

城に似合う大木も少しはある 歴史的情報はあえて仕入れず、この雰囲気で十分
20071016224652.jpg

本当は ここの壺坂寺に行く予定だったが、駐車場代がかかるので先に止めようとそのまま進んだら城跡にたどり着いた
20071016224711.jpg


瀟洒なこの寺は金銭的余裕を感じる 昔は高取城下の一介の菩提寺だったのに・・
少しは 昔上司だった城址の手入れもせんかーい・・!


FC2Ad