G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

一年たって・・

このブログを書き始めて そろそろ一年になる 当初訪れる人もいないだろうと気楽に書いていたが 最近は一日のアクセスが100件を越える日もあって その責任の重さをヒシヒシと感じている 書いているうちに 自分の性格も ああ俺ってこんな人間だったのか ! と再発見する事もある つっこまれてオチを言いたがる どっちかというと楽天家か? でも地味に努力して少しでも成長しようと自分を磨き続ける気持ちもあるんだけどね 男だから人並みに女性が好きだ でも モテる要素には乏しい 音楽や山登りが好きで 夢とロマンは持ってると思うが 金や名誉にはあまり縁が無い 単独行も多く そうだ! あの寅さんみたいな人間かね~ あんなに人をひきつける魅力は無いけど とりえは いつも何かをやってないと気が済まない事か 退職して悠々自適なんてそんなのカンケーない! 毎日が日曜日だが これまでだって日曜日が一番忙しかったのだ 毎日 時間刻み(分刻み程ではない)のスケジュールが一杯 これからも絶対に立ち止まらない 明日から熊本へ車で出発 91歳になる母の介護を一ヶ月分担する 行き帰りも 旅行だと思うと楽しめる ブログは一ヶ月分仕込んでいるが途中で途切れるかも ライブでなくて申し訳ないが 3月になったら熊本の話 介護の話などまた新鮮な記事を送り込む予定 請うご期待 ・・

高根の里雪景色

東京にも雪が積もったそうだが ここでも 今日(1/24)は 一日中 雪が 降りてくる・・

11雪景色01
11雪景色02
11雪景色03
11雪景色04
11雪景色05
11雪景色06
11雪景色07


森も林も 雪の中
家も車も 雪の中
さざんかも田んぼも みんな 雪の中
もちろん富士山も 雪のずっとずっと向こうに ・・




ベランダ厳冬

この前の冬が やたら暖冬だったので 昨今の冷え込みは ヒジョーに厳しく身にしみる

01ベランダ厳冬01

しかし しかし  この寒いのに 我家のベランダは花盛り

01ベランダ厳冬04

愛嬌のある ヒゲの"3バカおじさん" も健在

01ベランダ厳冬02

寒さに強いパンジーなら分かるが 隣の折鶴ランやアマリリスも元気いっぱい

01ベランダ厳冬03

ゼラニュームなんか 暑さ寒さ そんなのカンケーない という感じで咲いてる 
のべつまくなし ・・ (この言葉だれか解説して下さ-い) 


最近は 別宅通いで 水も ろくろく与えてないのにね 本当によくできた子供たちだ~

そ   ・・・・









合カン

♪村の渡しの船頭さんは
  ことし60のお爺さん
  歳はとってもお舟をこぐ時は
  元気いっぱい櫓がしなる
  それギッチラギッチラギッチラコ ♪


この童謡の題名は忘れたが なんといってもショックなのは 60歳はお爺さん! と言い切ってること

このブログのタイトルで 自分の事を G3(爺さん)と呼んでいるが これは本当はうんと若いつもりの自分が 笑いを取る目的で言っているのだー 

しかし ほんとーに60歳になったら どーする ? 洒落にならないよー
あー 60になりたくなーい  でも どんどん近づいてくる

こんな不安をよそに 我が同世代は "60になったら みんなで合同還暦お祝い会をやろう"なんて言っている

略して "合カン " ??    そんなのイヤだー   合コンも ほとんど縁が無かったのに ・・・・



新宿駅南口

京王線沿線に住んでいるので新宿はよく通る なんの目的で行ったか覚えてないが なんかの帰り

98新宿南口01

久しぶりに 南口をさろく 

98新宿南口02
 
昨年からの クリスマスイルミネーションが ・・

98新宿南口03

これだけあると きれいだから ま いいっか ・・

98新宿南口04

ホントの目的は ここ  別宅の用度品に こだわると 足繁く 百均かハンズに行くことになる

98新宿南口05

途中 人だかりが・・ こんな夜中に

98新宿南口06

これが有名な あのドーナツ屋さんか ・・ 私は冷めた横目で そそくさと通り過ぎたのでした







ガソリン税

今国会ではガソリンの暫定税を廃止するかどうかが 焦点であるという

今のガソリン価格が 25円/ℓ 安くなると私もうれしいし 景気対策にもなる しかし 問題は 税収が減るので 地方の交付税や道路建設なども停滞し 地方が困る ということだ そこで ・・ 

私の意見としては ガソリンの暫定税廃止に 賛成 である その理由は

企業にとって必要経費を削減でき 景気浮揚策になる
物価に与える影響が大きいので 上昇しなければ可処分所得が増える
家庭でも 行動範囲を狭くしたり節約する傾向に走らず不景気感がなくなる

困るのは 地方の公共工事の予算が減るため それに係わる人々であるが ・・
地方の公共工事は 地元の失業対策 また首長の人気取り的色合いが強く 効率が低く価格も高い と私は思っている
こういうところに金をばらまいても 結局は一時の繁盛か一部の土建屋が儲けるだけで  自立はできない
地方であっても 技術力向上とか地域性を生かした取り組みとかそれなりに努力しなければ 当然 成長や繁栄は得られない

国レベルでももちろん必要だが 地方においてもムダをなくし自立の道を確実とするための 構造改革 が絶対必要である

予算が来なければ 節約し本当に必要なところのみに予算を使う ・・ !
自身ではなかなか構造改革ができないところには 予算カットの荒療治により ある程度 効果が期待できる

はっきり言って 構造改革のためには痛みも発生する それを克服していくうちに将来につながる明日が見えてくる のだ !! 

こんど 衆議院選挙でもでるか ナ ・・・・



ホスクリン

川口技研の ホスクリン とは 室内用物干し金具である 別宅でも和室(寝室)の近くに 布団干しが欲しかった

94ホスクリン02

別宅では これを縁側の内側に取り付けた 下から 1.2m の高さである

94ホスクリン01

近くで楽に干せる 日が当る 窓を閉めたままでも干せる /span>

94ホスクリン03

干してみた なかなか好い  使わない時は 物干し棒は抜いて窓の上に置いている

94ホスクリン04


カーテンを中に入れても干せるので 家を空けるときの室内物干しにもなる

干したふとんの感触ってのは 本当にシアワセーという感じ ・・ 晴れれば毎日でも干そう ・・ !


 



二胡奏者

女子十二楽坊でも分かるように 二胡を弾く人は美人が多い いや 美人は二胡を弾く人が多い と言うべきか

95新年会06


95新年会07


95新年会03


95新年会04


95新年会05


美しい人を 美しく撮る  これだから 写真はやめられない





デジカメ異常

デジカメのレンズカバーは 通常は 電源を入れてレンズが飛び出すと すぐ開くが・・

97カメラ02

こんな感じで 中途半端に開くようになった これはこれでいかにも 隠し撮りという雰囲気が出るが ・・

97カメラ01


このくらいしか 開かないときもある

このブログなんかで 3年近く酷使しているので そろそろ故障があっても しょーもない気はするが
手でたたけば ちゃんと開くので しばらくは だましだまし使っていこう






移動看板

大きなマンドローネは 運搬が大変 駅の階段なんかいつも苦労する 
近くの武蔵野台駅のホームには エレベータもエスカレータもないし・・


96移動看板01

しかし 電車の中で "それ 何の楽器ですか? "と聞かれる事がよくある
マンドローネといっても分からないので "低い音が出る大きなマンドリンです"と応える
こーいうのは マンドリン音楽の宣伝に かなりなっている と思う


96移動看板02


同じ 宣伝になるなら 演奏会のビラでも貼って 練習に通ったら どーだろうか 車中では かなり目立つので効果は抜群と思うが ・・ 

ちなみに 東京マンドリンアンサンブルの今年の演奏会は 6月1日(日)日本青年館  です

ヨロヒーク ・・・



  

不覚

二胡の新年会は楽しかった 宴会後 先生の家で二次会のお茶を飲んで 午後8時ころ帰宅のため 北松戸駅から千代田線の上り電車に乗った 途中 松戸でJRに乗り換える 乗った電車は 特急の通過待ちで しばらく停車していた

92不覚01


ここまでは よーく 覚えている しかし 今日は特別寒い そのため オーバーコートにダウンベストを組み合わせられる上着を着ていた これが電車の中では まるで布団の中に入ってるように心地よい さっき飲んだお酒は ビール2本 日本酒1.5合 先生のうちで焼酎1杯 まあ宴会としてはふつう つぶれるほどではない ・・     しかし・・

92不覚02


ふと 目が覚めたら なんか行先が違う ここはどこだ と外を見ると まだ 松戸駅 ずいぶん時間がたったように思うが まだ動いてなかったのか それにしては やたら乗客が増えてるなー しばらくたって "取手行き 発車しまーす" で 下り電車であることをを理解 あわてて降りる 時間をみると9時半 ということは ぐっすり寝てて 上野まで往復したのか・・?

ひょっとしたら 2往復したかも・・ まあ その後 普通に帰宅できて 一安心











排水工事

外の水栓は ワンタッチ水抜き付きの立派なものだが 受けるシンクも無ければ 排水の行先も無い

91排水口01

またもや 隣に捨ててあった シンクと水道メータ枠があったので これを利用する

91排水口02

まず 穴を掘る 次に 砂利を置く 幸い砂利も 売るほどある

91排水口03

底の砂利の上に 水道メータ枠を置く これが 排水枡 となる

91排水口04

排水枡を置いたところ 近くに家の排水管があったので 壊さぬよう慎重に

91排水口05

排水枡の周りと中半分に砂利を埋める

91排水口06

上にシンクを乗せる 少し傾けて うまく排水口から流れ出るように

91排水口07


屋外水栓の排水設備の 完成でーす  ☆ みっつ ・・ !!


アンサンブル宅配便

一昨年 九大マンクラOB演奏会に参加された先輩が 脳溢血で倒れ 現在リハビリ中である と聞いた 

あの美しい音色で奏でる先輩がGuitarを弾けない と自分に映して考えると どんなに悔しいだろう
と心情察してありあまる気分 (なんか全然 文章がメタメタ!)

そんな中 みんなで音楽を聞かせて励まそう ! という別の先輩の誘い
こういうのに 協力しない訳には 絶対 いかない ・・・ !
 
出かけたのは OB 5人 関東一円から集まった


93アンサンブル宅配01
 
出かけた場所  駅に着くまで なんて読むか 分からなかった

93アンサンブル宅配02

天気晴朗 しかし この冬一番の寒さ 富士山はよく見えた

93アンサンブル宅配03

名前からして 日大があるのは分かるが しばらく うろうろ

93アンサンブル宅配04

大先輩も協力いただいた マンドリンの3人

93アンサンブル宅配05

低音部の2人

93アンサンブル宅配06

先輩は とても元気そうで 皆 一安心 時々フォローもされ ひたすら演奏

93アンサンブル宅配07


最後に 記念撮影  あわただしい1時間半 こちらも楽しい時間を過ごさせて頂きました






掘りコタツを使う

出来上がった堀コタツ ・・ 正確には塗装もしてないし 正規の天板もないので未完成だが まあ見切り使用で コタツ布団を掛けてみる

89掘りコタツ02

足元の堀コタツヒーターを入れ テーブルクロスらしきものをおくと ・・ いーねー ニッポンのコタツってのは

89掘りコタツ03

最初の使用は 美味いと思ったインスタントコーヒー"香味焙煎"  お茶請けは 頂いた臼杵名産のお菓子"ザビエル"

89掘りコタツ04


やっと 少し新築気分が出てきたかなーと思ったが テーブルの高さが高い 節がある つるつるしてない 布団にささくれが刺さるなど 不満をいう人も 若干名

まあ 野生味とか侘び寂び とか説明しても 分かんねーだろうしね  バカな オ ・・ っと!

正規の天板が入って 座卓など決定した時点で 足を切って最適な高さに調整する予定







掘りコタツ

別宅では 居間に堀コタツを作ったが 作ったのは床に穴が開いてるだけなので それから先はこちらで完成させねばならない そのための工具と材料はいちおー揃っている

88掘りコタツ01

設計図面は すでに昨年のうちから 完成していた そして ・・・  

88掘りコタツ02

出来上がってみると なかなか良さそーな気がするんでありますが ここまで長い苦しい道のりがあったんでスよ

88掘りコタツ03

近くでみても なかなか良さそーな気がするんでありますが コタツ穴に 足を突っ込む構造のため 現物あわせで調整するのが大変だったんでスよ

88掘りコタツ04

本来なら この上にコタツ天板が乗るので こんなに立派に作る必要はないんでスが デカイ天板(150×90)が見つからないので 当面はこの板を固定せず天板として使うことになったんでスよ

89掘りコタツ01

ああそれなのに 天板がグラグラする とか 板が不ぞろいだ とかケチつける人もいるんでスよ 
板をわざと不ぞろいにしてカントリー的雰囲気をだしているのにね・・ 


88掘りコタツ05


実は このあと TV台、書斎机、ダイニングテーブル、書斎本棚 など 作るものがまだまだ沢山あるんでスよ


 

その時は思ってもみなかった②

東京オリンピックが終わって何年か経った頃 私は受験生だったので いちおう夜遅くまで机に座っていた

受験勉強というのではなく 楽しみは深夜放送 ・・ 糸井吾朗 カメ&アンコウ 落合恵子(レモンたん) 土井まさる みのもんた など多士済々

そのころ夜中の3:00に"ミノルフォンレコード"のCMが毎日流れ 美川憲一の"柳ヶ瀬ブルース"と山本リンダの"困っちゃうな"がこれまた毎日しつこくかかっていた

遠藤実が作ったレコード会社の新人売り出しだったようだが その後の美川憲一と山本リンダの活躍は みなさんご承知の通り

その時は 思ってもみなかった





労働始め

別宅は完成したが 正月早々 土方仕事が始まる ・・ これは?

87雨落ち01

一輪車 いわゆる ネコ車のタイヤである となりの家に捨ててあったネコ車を持ってきたが 空気が入ってない どうしても空気が入らず 車ごと交換

87雨落ち02

スコップと砂利も揃っている  さて これから

87雨落ち03

当然 砂利を運ぶことになる  大昔 大学の頃アルバイトでこんなことやったな~ なつかしい

87雨落ち04

よっこらしょ っと ・・  腰にくるなー

87雨落ち05

このあと15回往復でやっと 砂利のラインが完成

我家の屋根には雨樋がないので 雨だれで地面が掘れる  朝の霜が解けて落ちるだけでも すでにもう かなり削れている

本格的な雨が降る前に雨だれ吸収帯を作らねば 地面が流出してしまうこととなる


87雨落ち06


そばの甲斐駒も 早くしろ! と脅しているような 形相 







その時は思ってもみなかった①

昨年の4月15日 熊本に介護で帰った時 地元の女子プロゴルファーの応援の横断幕を見かけた 

86上田


この時は たまたま実家がこの商店街だというだけで これまで優勝したという話も聞かないし 名前も初めて聞いた まあ地元の若手として がんばれよ~ ていう感じだった

それが なんとこの時 初優勝 その後も破竹の勢いで 2007年賞金女王になり さらにNHK紅白の審査委員までなってしまった のだ

その時は 思ってもみなかった




清水寺

京都の清水寺(きよみずでら)でなく 千葉県いすみ市の清水寺(しみずでら)である

いすみ川の河口近く 乙羽橋の近くに乙羽山という小高い丘陵があり そこに建っている

今年は何かとあわただしく 初詣に行ってなかった 友人の別荘近くで間に合わせる


85清水寺01
85清水寺02
85清水寺03
85清水寺04
85清水寺05
85清水寺06


なかなか由緒あるすばらしいお寺さんでした のんびりした初詣もヨイね~





多芸多才

カラオケで 私が好きな曲 よく歌う曲 ベスト6

1 風たちぬ     松田聖子
2 春なのに     柏原芳恵
3 けんかを止めて  河合奈保子
4 秋桜(コスモス)    山口百恵
5 赤いスイトピー  松田聖子
6 恋に落ちて    小林明子

すべて女性でアイドルの曲が多いが 特徴的なのは作曲者がすべて自分も歌う歌手であること

ユーミン(松任谷由美こと呉田軽穂) 竹内まりや 大滝泳一 中島みゆき 徳永英明 さだまさし

誰がどの曲かわかりますか ?

ほかにも そんな曲  森進一の襟裳岬  バンバンのいちご白書をもう一度 

でも みんな本当にいい曲  多才ですよね





お正月は相方の実家(所沢)で過ごす 一年に一度ぐらい親兄弟・親戚が集まって親交を深めるのはヨイことだ
元気でいるか? 仕事はどうした? 子供は学校へ入ったか? ふだんご無沙汰しているツケをいっきに払う 

宴の楽しみは おばあちゃんをはじめ各々の家庭料理 自分の実家との味の違い 地域特有の料理など楽しめる しかし主役はなんといっても 生まれたばかりの子供 注目を独占する

私の年代はそろそろ孫が生まれる世代 人の孫でも 文句なしにかわいい 自分の孫だったらどんなにかわいいだろうか・ まぁだいたい想像はできる

♪だけど~私にーは 孫はいーなーい♪ 子供もいなーい この分野では完全な負け組
はたして いずれ歳をとった時 精神的に安寧でいられるだろうか・

一応努力はした 人工授精については専門家以上の知識もある   しかし現在に至る
まあ妻を得ただけでも良し と考えるべきか・・

子供がいなかったからこそ 出来た事もある よけいな苦労をしなくて済んだこともある(本当は苦労をしたかったが)
金も時間も余裕が生まれた 仕事に余暇にマイペースで打ち込むこともできた

しかし すべてを総決算しても 負け組側のマイナス感は残る
こういうところにも"孫が生まれました"と嬉々とした年賀状がやってくる 

"少しはこちらの子供がいない心情も察してよ"なんていう気はさらさらない こちらも"別荘ができました"と送ってあげる 

どうだ うらやましいだろう・・ 私だって孫がいる人がうらやましい のだ・・・・


84孫01
84孫02
84孫03
84孫04



まったく 勝負には ならないけどね ・・












女はバカだ !

女ってやつは どうしてこうバカなのか つくづく頭にくる

山が見える そして山に登ることが どんなにすばらしいか なんで分からないの

里山に囲まれて スローな田舎暮らしをすることが どんなにいいものか なんで分からないの

まあ 説明するのもあまり上手くはないが 夢とかロマンとか ないのかね~

対する相手のほうも 男ってやつは どうしてこう どうしょーもないのか と頭にきているらしい

確かに 家で食事をまってるのに 毎日毎日縄のれんに通っているし

一緒に出かけても 前に若くてカワユイ娘が通ったら つい眼が追ってしまうし

まあ いくら良妻賢母をつくしても 不倫は文化だと のたまう人もいるし ね~


さて どーしよー ?

所詮 この世の中 バカな女と しょーもない男 しか いないのだ  

そうなれば このなかで うまくやっていくしかない

あいての言い分を極力認め こちらの要求を極力実現させる

それができれば ガネは横さんにゃ歩かん ! (とても不可能な意の熊本弁)

しかし 簡単にできないからこそ 世の中の機微というか面白さがある

こういう葛藤から 歌が生まれ さまざまな文学や芸術が勇払する

なんとか穏便な結論に落ち着きそうだ ホッ 






冬のリビエラ

ごめーん ・・ リビエラというのは嘘 ここは 千葉県の外房 大原港

83冬の大原港01

まあ でも 正月のバカンスとしては のどかで本当にいい所

83冬の大原港02

今日は 天気晴朗で港内は波も低い これこそ新春の海 のたりのたり かな

83冬の大原港03

お正月なんで 出漁もお休みらしい 停泊船がいっぱい

83冬の大原港04

ここは 漁船というよりレジャー船(釣り船)が多い リビエラに似てないかな~

83冬の大原港05

すばらしい 大漁旗 やはり ここはニッポンの正月だねー

83冬の大原港06

ちょっと カッコ付けてみる  縞のジャケツにマドロスパイプだったら・・?

ま どうみても "お笑い" の範疇 でんな ・・


これはうまい !

インスタントコーヒーと思って期待してなかったが このコーヒーはうまい

75香味焙煎01


名前から 確かに香りがよい もらい物なので 値段は不明

この記事は アフリエイトではありません  飲んだ正直な私の感想です


それほどではないが もうひとつ

75香味焙煎02

年末にシールを送って応募した景品として当ったビール

これも発泡酒としてはなかなかのもの コクがあってやや黒ビールに近い味 確かに長期熟成の感じ


非売品と書いてあるが たぶん開発品なのでじき売り出されるだろう

請う ご期待






マンドローネ

本職のマンドローネを練習しなくてはいけない ・・ と思うのはだいたい合奏練習の前の日

というのも 練習を始めるには 体力も必要だが さーやろう ! という気力がもっとも必要


82マンドローネ07

弾きだすとすぐ疲れるのでよく休む そこで うんちく を少々
マンドリンの合奏を聞かれた方はご存知だが 大編成の演奏では 低音部の補助的?に このマンドリンのお化けみたいなのがよく使われる

82マンドローネ02

私のマンドローネ(当然所有者は楽団だが) は カラーチェで ずうたいはやや小さく いわゆる高調マンドローネと呼ばれるものである 以前はベースと同じ弦調整をする低調マンドローネまたはマンドバスと呼ばれるものもあったそうだが 今はほとんど活躍していない

マンドリン合奏の低音楽器の開放弦の音程は およそ以下の通りである
高調マンドローネの音域としては リュートモデルノとベースの間を受け持っていると思われる


82マンドローネ03

マンドリン楽団でよく使われるマンドセロという楽器があるが 我が楽団ではマンドセロのかわりにさらに高いE弦を加えたリュートモデルノを使用している
このリュート軍団はその広い音域と重戦車的機動力を生かして 低音部はもとよりDolaの領域を超えてMandolinの領域までも縦横無尽に侵しまくっている
    気がします・

さて 音としては完全にリュートに埋没している 影の薄いMand Lone に話を戻すと・・
にわか参加者で低音譜面に弱いため A B♭・・ などのヨミガナ? を付している

それと この楽器の性格で高い弦が厳しいので 1弦をCでなくBに調弦している これでGuitarの2,3,4,5 弦と同じになるので 以前Guitarを弾いていた私としてはフレットが抑えやすい 


82マンドローネ04

当面の難関 ブランデンブルグ協奏曲No.3
苦労するのは 先に述べた音域のため なかなか譜面どおりに弾けないこと
ベースの譜面だと A♭音から下は オクターブ上げて弾かなければならない


82マンドローネ05

しかし この譜面を見よ! アレグロで16分音符が続く 下のG音もある こんなの弾けるかな・・?

82マンドローネ06

それでも まあ必死に練習すれば なんとか演奏会までには弾けるようになるだろう という安易で楽観的な見通しだけは立ちそうだと思っているんでありますがニャ ・・ ^0^;)

リュートモデルノの広い音域とコントラバスの迫力に挟まれて なんとか存在感を誇示すべく がんばっている私です

全国のマンドローネ奏者の皆さん 団結しよう! 地位向上に努力しよう! 

こんなうんちくばかり書いているので なかなか練習が進まない  ッタク・・











ペチカ

♪雪の降る夜は 楽しいペチカ 
 ペチカ燃えろよ お話しましょ
 むかしむかしよ もえろよペチカ

 雪の降る夜は 楽しいペチカ
 ペチカ燃えろよ 表は寒い
 栗や栗やと 呼びますペチカ

 雪の降る夜は 楽しいペチカ
 ペチカ燃えろよ じき春きます
 今にやなぎも 萌えますペチカ ♪


北原白秋 作詞 山田耕作 作曲 


メルヘンタッチの素敵な曲だが なぜ日本にはないペチカなのか ?
ペチカ がどんなものか私も知らないが どうもロシア風の暖炉みたいらしい

さらに調べると 白秋が満州へ行った時の思い出として作詞した とある 苦労している満蒙開拓団の歌としてはちょと不自然 ペチカ の替わりに いろり にして国内版にしたら 歌詞としては しっくりいったかも ・・


現代のペチカは 薪ストーブ  冬はかなり寒い我が別宅でも設置すべく計画していたが 予算不足のため導入延期

81ペチカ1

これはいつもお邪魔している友人の別荘にあるもの 導入はこのモデルを予定

81ペチカ2


すぐ設置できるよう 私の別宅の屋根(屋上)は加工済み


拝啓 エリカ様

沢尻エリカ といえば 昨年いわゆるふてくされ会見で有名になったが 以前から気になる女優ではあった

"パッチギ"では初々しい女子高生だったが 最近のTVドラマでは独自の雰囲気も出て 本格女優の片鱗が見えてきたように思う

日仏ハーフだが伝統的日本美人で 若いのに物怖じしないところがよい しかしスタッフや対マスコミとの細かい気配りにやや欠けていたのか その辺がちょっと反感をかったようだ

これまで私がファンになったスターは なぜか周りから叩かれることが多い 古くは"ちあきなおみ"すこし古い"森高千里"かなり古いが現役の"松田聖子" みんな 絶対に叩いた周りのマスコミやプロダクションが悪い・! と思っている

私はどんなことがあっても応援している ♪負けないで・・♪ 

でも "クローズドノート"で マンドリンの宣伝も 少しは やってね~





紅白歌合戦

昨年のNHK紅白では 1/3 が私にはついていけない歌となった 中には 初めて見る歌手、Grなどもいた 音楽家を自負するNGとしては やや焦り気味

最近のNHK紅白は 面白くない また 年々視聴率の低下とか 紅白廃止論が 言われるが 私はそんなことは気にせず 今年も来年も 未来永劫ずっとやって欲しいと思っている

昔 視聴率50%オーバーだったというのがそもそも異常であって 余暇の楽しみや音楽の様式が多様化した現在にあっては 全ての視聴者を満足させることは無理であり 意味もない

少し 違った角度でNHK紅白を見ると 実に面白くなる  音楽公演は 出演歌手、歌だけでなくいろんな要素が組み合わされている 司会進行 伴奏楽器 編曲 舞台構成 進行 照明 音声 作詞作曲
最近は 照明効果を駆使した舞台演出がすばらしいと思ったし 生の器楽伴奏もここならでは (マンドリンもがんばれー!)

歌手の髪型 メイク 衣装なども デザイナーによる十分練りに練ったもので 即席評論家で楽しめる 若者による訳の分からない歌も コード進行や歌詞の内容など 最近の流行りの勉強をさせてもらっている

我々の世代にも配慮している 寺尾総 米米クラブ さだまさし なんか本当に音楽を楽しんでいるようで見てるこちらも楽しくなる Guitar弾きとしては石川鷹彦ぐらい紹介して欲しかった  負けないで 待つわ 夜桜お七 愛燦々 千の風・ 恋に落ちて なんぞはカラオケ定番 つい一緒に歌ってしまった

でもイチオー自称音楽家として 少しは物言いを・・ 
序盤の演出がちょと雑でなんかノっていない 若いからある程度しょうがないが盛りたてるバックも舞台の広さに合わず多すぎ 大規模にするならガクトみたいに外ロケが適当 舞台の上でバックに映像を組み合わせるのはまだしっくりいってない バーチャルの世界と融合させるには工夫が必要 大塚愛クンなんか生がバーチャルらしくて好かったんだけどね 最後の演出ははだいたいいつも吹雪 これもアップだといかにも紙 もうすこしリアルに出来ないかね~ スキー場の造雪マシンで本物を降らせたら?・・びしょ濡れぐらい覚悟しなくちゃ

とにかく 一流の歌手 演出 構成家 音楽奏者が総出で 金と労力を惜しみなくつぎ込んで製作している番組である 見所が無いはずはない








ブログ 300回 記念

読者の皆様

このブログを始めたのが 昨年の2月3日で 本日のブログで300回目の記事となります

10月 熊本に介護に行っておりました時に 少しお休みしたことがありましたが その他はほとんど毎日更新するよう努力してしております

もっとも 実際は ため書きで 以前の思い出し記事なんかも含めて 1日1記事にばらまいているのですが ため記事が少なくなってくると 締め切りに追われる作家みたいな気分になってきます

途中からビジターのカウントを取っていますが すでに累計が6500を超えています ということは 毎日20人以上の人が 私のブログを読んでいることになります

たまたま迷い込んだり ビジネス目的が1/3 いたとしても いつも読んでくれる常連が 少なくとも10人以上はいる ・・ これは 本当に身が引き締まります

当初は 別に誰も読んでくれなくてもいい自分だけの日記 世間の流行りに後れを取らぬよう始めたのですが 今は貴重な外の社会とのつながり と思っています

今後とも 努力して楽しい記事を書こうと思っておりますので 常連の皆様 温かい目で時には厳しい指摘も含めて よろしくご愛読の程 お願いいたします

簡単ですが 300回記念の ごあいさつとさせて頂きます





謹賀新年

FC2Ad