G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

塩見岳から

塩見小屋の夜明け 農鳥岳の上に三日月が ぽっかり

83塩見岳3-01

すでに陽は登っている

83塩見岳3-02

山蔭の暗やみから サーチライトのような 光線と影 コントラストを楽しむ

83塩見岳3-04

昨夜のうちから 晴れたらもう一度 塩見岳に登りなおそう と思っていた

その理由は 

この景色 ・・ 雲海に浮か富士山 ・・ を 見るため 


83塩見岳3-0583塩見岳3-0683塩見岳3-07

もちろん他の山も  仙丈ヶ岳 甲斐駒ヶ岳 北岳 間の岳 農鳥岳 ・・ あの日登った山

83塩見岳3-08

来年登る予定の荒川三山も  悪沢岳 明石岳 聖岳 兎岳 ・・

83塩見岳3-09

これは 奥多摩 雲取山 秩父連山 方面

83塩見岳3-10

キリマンジャロ似の 恵那山 も 雲の上

83塩見岳3-11

でも やはり イチは 富士山 

83塩見岳3-1283塩見岳3-1383塩見岳3-14


  あたまを 雲の上に出し
  四方の山を 見下ろして
  かみなりさまを 下に聞く
  富士は 日本一の山

  青空たかく そびえたち
  からだに 雪の着物きて
  かすみの裾を 遠くひく
  富士は 日本一の山





塩見岳へ

私が来る前の日は 大雨と雷がひどかったそうだが 今日はこの天気 晴れ男の面目躍如

82塩見岳2-01

北アルプス 乗鞍岳 後立山連峰 もすべて 快晴

82塩見岳2-02

当然 近くの 中央アルプスも くっきり ・・ 木曾駒ヶ岳 宝剣岳 空木岳

82塩見岳2-03

本谷山に登る途中 少しだけ 富士山が見える しかし この日見えたのはこの時だけ

82塩見岳2-04

尾根歩きと 気持ちの良い樹林の中を 三時間半 塩見小屋に到着する まだ11時 

今日のうちに塩見岳へ登ってみよう 往復三時間  明日の天気はどうなるか分からないし ・・ 

82塩見岳2-05

すぐに天狗岩への急登 両手を使うようになる 足場も悪い

82塩見岳2-06

ここが 昨日見た 西面の岩場か 一歩一歩慎重に登るしかない

82塩見岳2-07

岩にしがみついている目の前に高山植物 応援してくれてるの ?  

82塩見岳2-08

下を見ると恐いので ひたすら上ばかり見て登る だんだん空が大きくなってきた 

頂上直下は いつもワクワクする この時が一番好きだ


82塩見岳2-09

7月30日 12:30 ついに 3052m塩見岳頂上に 到達

82塩見岳2-10

頂上は狭いので すぐ次の人に交代

82塩見岳2-14

頂上より北望  甲斐駒ヶ岳 北岳 間の岳 農鳥岳  それと間の岳から続く稜線

82塩見岳2-11

比較的広い西峰で 休憩 食事  本当なら 富士山がすぐそこに見えるはずだが ・

82塩見岳2-13

すぐに 雲が上がってきた 遠くで雷鳴も聞こえる  そそくさと下山にかかる

82塩見岳2-12

塩見小屋では トイレ汚物はすべて袋に入れてヘリで降ろすそうだ これは納得 !

82塩見岳2-15

夕方(といっても午後3時頃) 雲が消えてきたので 小屋の裏山で 日光浴 兼 山岳浴

82塩見岳2-16

夕食の4時半まで 気の済むまで 山を眺めていました





塩見岳 3057m

塩見岳は南アルプスのど真ん中 縦走ならいざ知らず単独で登るにも 2泊3日はかかる 

81塩見岳1-01

行った日 2008年7月29日~31日 まずは車で中央高速を松川ICまで さらに大鹿村から鳥倉林道へ

81塩見岳1-02

駐車場から 登山口まで さらに林道を約40分歩く 登山口に着いたらちょうどバスが着いた AM8:30

81塩見岳1-03

いきなり 三伏峠小屋に着いたが ここまでの登り5時間は厳しかったー !

81塩見岳1-04

あえぎあえぎ登る 途中から 鳥帽子岳 が見える あそこでも相当高いねー

81塩見岳1-05

途中のお花畑 つい咲き始めたばかり という感じ

81塩見岳1-06

三伏峠小屋に 13:30 に着いたので 途中で見た鳥帽子岳へ登ることにした ここから一時間弱で登れる 

81塩見岳1-07

幸い 夕方なのに雲もかからず 甲斐駒 北岳 間の岳が良く見える そして 明日登る 塩見岳も

81塩見岳1-08

初めて 目前に見る 塩見岳 さすが 百名山の風格

81塩見岳1-09

良く見ると 西側がパックリ切れ落ちている あんなところはたして 登れるのかしらん 

81塩見岳1-10

反対側は 荒川三山へ続く 縦走路  小河内岳の避難小屋が ポッチりかわいく 見える

81塩見岳1-11

昔に比べて 最近の山小屋は快適になったねー 一泊二食で 8000円 は高いけど ・

81塩見岳1-12


 
まぁ とにかく 今日は疲れた 明日だ 明日だ


お盆の頃

8月のお盆のころは 暑いし混むし だいたい毎年 友人の "房総いすみ別荘" へ出かける

85蜂にさされる05

誕生日でもあるので 豪華なご馳走でもてなしてくれる 当然 草刈りなどのお返しも

85蜂にさされる03

ところが 今年は相棒が蜂に刺されてしまった

85蜂にさされる01

この蜂かなー?

85蜂にさされる11

そばにいた 鳥たちも 心配顔

85蜂にさされる02

ということで 海水浴もせず 早々に帰途

85蜂にさされる06

いつもながら寄る 茂原街道の ながら道の駅

85蜂にさされる04

レインボーブリッジ付近のいつもの景色を お楽しみください

85蜂にさされる0785蜂にさされる0985蜂にさされる10


いすみ の海は また 秋に ・・





マンドリンを楽しむ

Q大のOB,OG で構成される演奏会 

84MCK演奏会0

例年なら演奏に参加するが 今年は 当日熊本から帰ってきた状態だったので 観客

84MCK演奏会0184MCK演奏会02

元 全マン連会長の 指揮者 S氏は 丁寧に曲目を説明してくれる

84MCK演奏会03

毎年見る顔 久しぶりに見る顔 クラブの同窓会的雰囲気

84MCK演奏会0584MCK演奏会06


84MCK演奏会04 なお 指揮者は 横田めぐみさんのお父さんとは 関係ありません

84MCK演奏会07

ずうずうしくも 懇親会の余興に 突然参加

トライアングルは 私がQ大マンクラ時代 "スペイン組曲" で初舞台を踏んだ 思い出の楽器である







オリムピック

北京オリンピックがやっと終了した 

マスコミではいろいろ総括しているようであるが 我々としては素直に すばらしい祭典であった と

中国の人々や世界中の選手達に拍手を送ろうではないか

我が家の近くの 東京オリムピック遺構? の絵を見ながら オリンピック談義


86オリンピック02

ひとなみに 日本の選手たちが活躍すると 嬉しいし 感動する

アテネに続いて絶対金メダルを取る と公言してそのとおり勝った北島クンや伊調クン は本当に立派

86オリンピック01

私が選ぶ 感動のメダルは これ !  たぶん全国の皆さんも同感と思う

  金メダル  女子ソフトボールチーム
  銀メダル  フェンシングの太田クン
  銅メダル  男子陸上400mリレーメンバー


86オリンピック03

期待通りの活躍が出来なかった人にも 暖かい拍手を送ろう みんなよくがんばった

86オリンピック04

しかし 開会式などを見るとなんとなく ヒトラーのベルリン大会って感じ

国の威信を掛けているので まぁあの中国としてはしょうがないけど

オリンピックは 大きな勉強 これを機会に

今後は統制ではなく 人々の間から自由に楽しめる国を作っていって欲しいね




瀬戸の朝

別府から大阪南港への船旅  今回は 夜明け前に起きた

78夜明け01

神戸市のほうから 朝日が昇る

78夜明け02

デッキで 誰も見ていないのを確認し  ひとりラジオ体操  イッチ・ニー イッチ・ニー

78夜明け03

やがて 明石大橋を抜ける

78夜明け04

あわてて写真をとるのではなく まず悠々と 橋を 見送る

78夜明け05

でも 少しは 撮るよね ・

78夜明け06

ま なんてことも ないけど ・ ・

78夜明け07

誰もいない  よし !


♪ 海ーの男だ 艦隊勤務

  月月火水木金金 ・・・ ♪
 





やまなみのやまなみ

一ヶ月間の介護を終えての熊本からの帰り道は いつもながら楽しい

今回は 旧57号線を通ってきた JR豊肥線の電車と 大津の杉並木 が なつかしい


76やまなみ01

阿蘇谷を経て正規のやまなみハイウェイを進む 休憩は城山展望所  昭和天皇も眺めた阿蘇五嶽

76やまなみ02

今回 大分県側にちょい寄り道して あざみ台展望所 という所による

76やまなみ03

阿蘇の展望がなかなか素敵なところ 雰囲気もいいし 近くに くじゅう花公園 もある

76やまなみ04

大分県にあるのに熊本県の阿蘇山を借景にしている 事に 気が引けるのか 大々的看板はない

でも 反対側の 大分県久住山のながめも 私は気に入ってる 本日はガスってたけど


76やまなみ05

さて やまなみハイウェイに戻ると 代表景色の 長者原(ちょうじゃばる) 付近

76やまなみ06

初夏の やまなみ を満喫しながら ユックリドライブ

76やまなみ07

そうだ 九重夢の大吊橋 なんてとこ 行った事がなかった な 

76やまなみ08

いちおう行ってみたが 入場料が要るので中には入らず  向こうの 湧蓋山(わいたさん)を入れてパチリ 

吊橋なんてもっとすごい(怖い)のをいっぱい経験してるし レインボーブリッジやベイブリッジと比べてもねー


76やまなみ09

ここは いつも休憩するところ 由布岳と由布院盆地のながめがよい 蛇越峠(へびこしとうげ)展望所

76やまなみ10

由布岳は 湯布院の町から よく 見えました

76やまなみ11

今回は 湯布院の 金鱗湖 を車で一周  狭い道を 裏にまわると 素敵な場所が ・

76やまなみ12

別府港のフェリーから ロープウェーのある 鶴見岳 を望む

76やまなみ13

やがて 出航  海から見る 高崎山 は 山としてとても素敵な形をしています

76やまなみ14

私の旅は どうしても ・ 

山 に 目が行ってしまいます ね






佐賀へ

車で 佐賀市へ行くことになった 金峰山をぐるっと廻り 有明海沿いを進む

ここは みかんで有名な河内(かわち)町  漱石が草枕でこのみかん畑を描いている


75佐賀へ01

うだるような暑さだが 天気は良し 海沿いを快調に進む

75佐賀へ02

熊本の古くからの港 百貫港(ひゃっかんこう)  今日は祝日(海の日)なので 大漁旗を掲げている

75佐賀へ03

やがて 玉名を過ぎて 典型的な田園地帯を走る

75佐賀へ04

たんたんとした 田舎道 それにしても じりじりと暑い ・ !   村人見あたらず

75佐賀へ04a

街中に入っても人影が見えない !  三連休の昼間というのに ・  大丈夫か? 大牟田市  !!

75佐賀へ05

人も車も ほとんど居ないのに 高速道路を作っているようだ

75佐賀へ06

出来ても ぜったい 脇の一般道路を走るよ ね

75佐賀へ07

有明海沿岸道路 ??  長崎 佐賀 熊本 鹿児島を 結ぶのか?

75佐賀へ08

こんな大工事もやって ・・  絶対ムダだ !

75佐賀へ09

大牟田市に負けずとも劣らず 柳川市も ・

75佐賀へ10

大川市も ・ 街に活気がない  

75佐賀へ11

車の量に対して 道路設備は 十分だよ 予算を使うのは別のところにしたら

75佐賀へ12

カッカしてたら ほどなく 佐賀市に到着した



ぞうきんがけ

介護の息抜きに"さろきんぐ" もよいが 最近は 必ず雷を伴った集中豪雨的夕立 に出会う

71ふきそうじ01

運動不足解消 を兼ねて 家の中の 掃除 をすることにした

71ふきそうじ02

掃除機で軽く一周した後   小学校 中学校 でやっていた 伝統的 ぞうきんがけ 

71ふきそうじ03

階段なんかも 声をかけてリズミックに  これは以前TVで見た永平寺の掃除スタイル

71ふきそうじ04

一階二階の 縁側 板の間 階段 脱衣室 ・・ 全部やったら汗びっしょり 

相当の運動量   

でも ・・

ちょっぴり ノスタルジック










うみ

ここは みなみあらお の海  幼い頃 海水浴に来た 想い出が かすかに ある

73みなみあらお01

雲仙の普賢岳は こんなに 高くなかったような ・・

73みなみあらお02

この木の前で みんなで スイカ割り をしたような ・・

73みなみあらお03

潟の海は 今も昔も まったく こんなふうだったような ・・

73みなみあらお04

旅情をそそる 夕焼けも そのころは なんとなく恐かったような ・・

73みなみあらお05

50年前の 想い出が 浮かんでは消え 消えては浮かぶ  あれは ・・ まぼろし か ・・

73みなみあらお06


♪ 松原遠く 消ゆるところ
   白帆の影は 浮かぶ
   干し網浜に 高くして
   かもめは低く 波に飛ぶ
   見よ昼の海 見よ昼の海

♪ 島山闇に 著きあたり
   漁火光 淡し
   寄る波 岸に緩くして
   浦風軽く いさご吹く
   見よ夜の海 見よ夜の海






同窓会

中学校の同窓会に出席した 

72同窓会01

もともと一年前から話があったので 幹事のお手伝いも少しは やった

72同窓会02

なにしろ 45年ぶりに会う人がほとんど

72同窓会03

百人以上の卒業生が集まった

72同窓会04

名前は おぼろげながら覚えているが 現在の顔とマッチしない

72同窓会05

この歳になると 取締役社長や 政党幹部 経営者も多い 

72同窓会06

あの頃は 心ときめかせていた人 もいた が ・

72同窓会07

45年ぶりに歌う 校歌 皆さんよく覚えていますね 

72同窓会08

終わったら 当然 夜の 栄通り へ

72同窓会09

ママが同窓生で すんなり二次会の場所へ

72同窓会10

さらに 日付けが変わって 三次会へ 

72同窓会11


はてしなく 宴は 続く ・・


熊本の女性

新市街から 下通り、上通り を さろきながら つい すれちがう若い娘の評定を してしまう

  んー 熊本の女性もなかなか捨てたもんではなかナー ・・  

  福岡の 新天町から天神、渡辺通り の女の娘には チョトかなわんばってんが

  ま 九州の他の県には 勝っとるな ・・

熊本女性のイメージと聞いてまず浮かぶのは 水前寺清子 八代亜紀 石川さゆり の 演歌三人娘(元)

最近は 森高千里 スザンヌ 夏川結衣 などの美形タイプも イメージアップに貢献している

私に比較的 歳が近い 宮崎美子 荻野目慶子 茂森あゆみ なんかも かわいいよねー

中山千夏 島田陽子 あたりは 美人というより 熊本的 芯の強さ が現れているか

ゴルフ界では 実力の不動悠里 上田桃子 に続いて ローラボー似(古いね~)の古閑美保クンが出てきたし

もともと美人が多いバドミントンでは 陣内貴美子につづいて 北京で スエマエ が活躍したし

まぁ 郷土の自慢をし始めたらキリがないので ここでは 冷静に 熊本の女性の分析をしてみる

 ・ 見かけたところでは 背が高い娘は少ない 横に太っている娘も少ない
 ・ 顔は面長タイプが多い 眼は大きくてややキレ長 髪はストレートていうかワンレンていうのか
 ・ 痩せ型で小さいけれど 話している時は やたら元気一杯 存在感を感じる

こういう代表的な人が いないかな? と思い巡らしていたら ・・ いた!

元マラソンランナーの 松野明美

それと 目の前に まだいた !! 


70熊本の女性01




真夏の富士山

今日は めずらしく涼しい朝  いつもの時間 (=高速の通勤割引タイム) に別宅へ出発  

高尾山や奥多摩の山が こんなにきれいに見えるのは 夏としては珍しい  これは期待できる


80真夏の富士山01

予想通り 別宅から 雪のない夏の富士山 が バッチリ

80真夏の富士山02

脇の 甲斐駒ヶ岳 も ・・

80真夏の富士山03

ひまわり と一緒に 日長 眺めている 本当は 雑草対策をしなければいけないが ・・

80真夏の富士山04

なんと 夕方になっても 雲に隠れない !!  本日 草取り中止

80真夏の富士山05

脇の 甲斐駒ヶ岳 も ・

80真夏の富士山06

かぶとむし と一緒に 夕方まで 眺めている  こういう日も あっていい

80真夏の富士山07

富士山の 西面の山も たまには ・  毛無山 長者ヶ岳 七面山 あたりか

80真夏の富士山08


ひねもす のたり のたり ~  ・・




ひまわり

咲いた 咲いた ひまわりの花が 

69ひまわり01

並んだ 並んだ まるで壁のように

69ひまわり02

ひまわりは 暑いのが 好きなんだろうね

69ひまわり03

汗をふいているのか 恥ずかしがっているのか

69ひまわり04

木陰で よりかかっているのも 愛嬌

69ひまわり05

大輪の花火のように 奔放

69ひまわり06

我が家を 守ってくれるのか

69ひまわり07

カブトムシやアマガエルを 従えて

69ひまわり08

高根の里 は  ・・・   盛夏


天使湯閣

これで "てんしゅかく" と読む 都市型立ち寄り湯 上通りを抜けると 熊本電鉄ビルがある

68天使湯閣01

下にパチンコ屋の自転車駐車場 いちおう 駅もあるが あまり人影は見かけない

68天使湯閣02

ここの 10階11階に 総合アミューズメント型立ち寄り湯がある 上から藤崎宮前のクランク道が見える

68天使湯閣03

介護の気分転換に この風呂にはよく行く

68天使湯閣05

なってったって 露天風呂からの眺めが良い

68天使湯閣04

目の前の熊本城 天守閣 本丸御殿 宇土櫓 すべて体裁よく 見える

68天使湯閣10

山は 花岡山 金峰山 荒尾山 三の岳 本妙寺などの大パノラマ

68天使湯閣07

ここで 日なが一日 フル○○で  サウナに入ったり 椅子で日光浴したり

68天使湯閣06

さらに 階下には レストラン ビデオ・インターネットカフェ 家族湯 岩盤浴 マッサージなどが 

68天使湯閣08

ここで身体が落ち着くまで 風呂上りインターネットを楽しむ

68天使湯閣09

阿蘇のながめを楽しみながら アイスコーヒー なんぞも いい

68天使湯閣11

一日 楽しめて 1000円以内にだいたい納まる

熊本にくる人が居たら ・・

絶対 お薦め







大本営発表

臨時ニュウス ! 臨時ニュウス ! ヲ 申シアゲマス

本日未明 ワガ機動部隊ハ 高根町ニ於イテ 宿敵カヤツリグサ・スギナ軍団 ト 戦闘状態ニ入レリ


67大本営発表01

壁面占領ヲ目指ス 我ガ イワダレソウ軍ハ 圧倒的ナ物量の 敵ニ囲マレ 危機的状態デアッタ

67大本営発表02

コレヲ 打開スルタメ 我ガ軍ハ マズ敵トノ境ヲ広ゲ  補給路ヲ絶ツ作戦ニ 出タ

67大本営発表03

次ニ 我ガ勢力内ニ深ク入リ込ンデイル カヤツリグサ ノ集中掃討ヲ実施シ 制空権ヲ回復シタ

67大本営発表04


日照ヲ得タ 我ガ イワダレソウ軍団ハ ソノ後 破竹ノ進撃ヲ 開始シタ

作戦ハ大成功ヲ 納メ 敵主力部隊ヲ カンプ無キマデ 撃滅セリ 

ナヲ 我ガ軍ノ損耗ハ 微小ナリ





まだ 吉野ヶ里

いつの時代か 背振山のふもとに 集落があった 

私は今 そこを ひとり もくもくと歩いている

  
66吉野ヶ里遺跡その②01
66吉野ヶ里遺跡その②02
66吉野ヶ里遺跡その②03
66吉野ヶ里遺跡その②04
66吉野ヶ里遺跡その②05
66吉野ヶ里遺跡その②06
66吉野ヶ里遺跡その②07
66吉野ヶ里遺跡その②08
66吉野ヶ里遺跡その②09
66吉野ヶ里遺跡その②10

電柱がない 自動販売機もない  

このやすらぎは いったい ・・ ?


66吉野ヶ里遺跡その②11
66吉野ヶ里遺跡その②12
66吉野ヶ里遺跡その②13
66吉野ヶ里遺跡その②14
66吉野ヶ里遺跡その②15
66吉野ヶ里遺跡その②16
66吉野ヶ里遺跡その②17
66吉野ヶ里遺跡その②18
66吉野ヶ里遺跡その②19


弥生人の声が 聞こえる !  

私は いま弥生人になった !




吉野ヶ里

佐賀市の近くにある 吉野ヶ里(よしのがり) 遺跡は いつか訪れたいと思っていた

65吉野ヶ里遺跡その①01

遺跡の入り口は万博風 ここは正式には 吉野ヶ里歴史公園 という

65吉野ヶ里遺跡その①02

立派な展示館や売店もある 広大な公園はなんとなく立川の昭和記念公園に似ている

65吉野ヶ里遺跡その①03

働いている人は 学生アルバイトと思われる人も含めて古代衣装 言葉は今どきの佐賀弁だが・

65吉野ヶ里遺跡その①13

遺跡は当時の集落全体を再現している 町の防御柵から入る 

熱中症防止のため水は必ずお持ち下さい とある 

一周回るだけでも 2~3時間はかかるようだ


65吉野ヶ里遺跡その①04

まずは 南集落 見張り台 村長の住居 集会所 食糧倉庫 など

65吉野ヶ里遺跡その①05

最近オープンした北集落の方へ歩くと 掘割や厳重な柵に囲まれて

65吉野ヶ里遺跡その①05a

ここは 祭りごとを行なっていたらしい 瀟洒な建物

65吉野ヶ里遺跡その①06

中に入ると 一瞬ドキッとする 評定会が行なわれていたところ

65吉野ヶ里遺跡その①07

最上階では 重要な案件を裁定する 占い師と巫女たちが

65吉野ヶ里遺跡その①08

今 私が参加しても あまり違和感がない ??

65吉野ヶ里遺跡その①09

外は 背振山をバックに 都府楼 & 古戦場の秋 状態

65吉野ヶ里遺跡その①10

古代の土器作りや火起こし体験 など 参加型のイベントも多く開催されている

65吉野ヶ里遺跡その①11

なでしこ は その時代も 咲いていただろうか ・・?

65吉野ヶ里遺跡その①12

まだまだ広い 古代人の気分になって 歩き回るか ・・            つづく









DOYO組

KKT(熊本県民テレビ)で "メクってー ! " と叫んでいる ミカたん も好きだけど ・・ 

今回は NHK熊本 で活躍している DOYO組 のお姉さん方を紹介しまーす


64DOYO組01

いつも ニュース番組の後などに 童謡 唱歌 抒情曲などを スポットで歌っています

64DOYO組02

二人組の さわやかお姉さんタイプの方は やべせいこ クン  

64DOYO組03

もうひとりの 愛くるしい妹にしたいタイプは そがみまこ クン

64DOYO組04

歌声もハーモニーも 楚々として 唱歌的

64DOYO組05

ルックスはオグシオ風 で清純  振りも単純で 童謡にぴったり

64DOYO組06

誰でも知ってる歌を 熊本のいろんなところで 歌っています

64DOYO組07

阿蘇の ヒゴタイ公園は 本当に いいところ

64DOYO組08

特に 初秋の頃

64DOYO組09

やまなみハイウェイからミルキーロードは ぜひ訪れて下さーい  ・・ アンタは県の観光大使か  

64DOYO組10

白川水源 などがある 南阿蘇村も いいですよ -

64DOYO組11

ここは 白川水源に近い 一心行の大桜 

64DOYO組12

西里(にしざと)の菜の花畑で 金峰山をバックに "朧月夜" を聞くと 私としては 不覚にも つい ホロリと ・・

64DOYO組13

いつまでも 歌い続けていて 欲しい

64DOYO組14

もっと メジャーになって欲しい気もするけど

64DOYO組15

熊本の自然を いつまでも 紹介していてほしい ・・ ね





雨の藤崎台

歌謡曲のタイトル ではありません 

我が母校も 今年はひょっとして甲子園かも という風のうわさ

県予選の準々決勝まで楽々と来たからには 応援せずにはいられまい

今年は 我が母校が 甲子園で優勝して50年目にあたる 

熊本県は 後にも先にも それ以外 甲子園優勝はない

実は球場の歓声が聞こえるほど 我家は近い


55甲子園

徒歩で藤崎台球場に着く しかし 突然の夕立に なかなか始まらない

55甲子園02

前の試合は延長15回の熱戦  観客もかなり多いのに

55甲子園03

土砂降りの中 両校の応援合戦がはじまる 若者たちのこの熱気に 拍手 !

55甲子園04

久しぶりに聞く 我が母校の校歌  胸にジーン とくるね ・・

55甲子園05

結局 明日に順延 でも 私は 十分楽しめました

55甲子園06

特に 女子高生の濡れたブラ ・・ ブラウスは ・・・ ね !   





さらば屋久島

屋久島からの帰途は 安房(あぼう)の港から

63雲水峡11

行きに乗れなかった トッピー に乗る

63雲水峡12

一眠りしたら 大隈半島の佐多岬がみえた

63雲水峡14


思えば たった3泊4日の旅で 

目標としていた宮之浦岳 そして大感動の縄文杉 また白谷雲水峡にも 行けたし

森と水 様々な生き物たち そして私の大好きな もののけ達に 出会えたし

すばらしい自然の風景に感動 また 素敵な人との出会いも あったし

天気も抜群に良くて 体力にも精神力にも自信が 持てるようになったし ・・


63雲水峡13

本当に充実した旅だったナー   と 左手でカメラを構えている私 でした  <周囲は笑>







白谷雲水峡

宮之浦岳や縄文杉へ行くには 本格的な登山ができる体力が必要である

屋久島に来て シュノーケルや釣りで海を楽しむ また海中温泉やフラワーガーデン等も まあ楽しめる

しかし やはりここに着たからには 島の森と水 特に屋久杉 を見て欲しいと思う

半日のハイキング的コースで 屋久島のエキスが楽しめるのが ここ 白谷雲水峡 である


63雲水峡01

宮之浦からバスで40分

63雲水峡03

雰囲気は 西沢渓谷 みたい でんな

63雲水峡02

奥秩父の山にも匹敵する コケ岩群

63雲水峡04

屋久杉と呼ばれる大杉も 何本か 見れる

63雲水峡05

楽々と 人がくぐれる くらいの

63雲水峡05a

オバケというか もののけ的 雰囲気も 

63雲水峡06

ここの看板景色 もののけの森  一時間弱で到着

63雲水峡07

しばし もののけの世界に 浸ろう 

63雲水峡08

もののけ いや! 鹿 もうろうろ

63雲水峡09

これはー? どーみても  もののけジジイ




縄文杉に関する考察

縄文杉の樹齢は 2600年~7800年 といわれている  かなり幅がある

幹の直径から推測すると 樹齢は7000年以上となり 観光スローガンどおり 世界一長寿の植物である

しかし 年輪などが確認できないため 学会では 最長寿の植物とは まだ認められていない


60縄文杉の考察01

私なりに推測してみる

・見た感じ樹勢もあり若々しい

・樹形は根元がそうどっしりとしてなく全体としてややメタボ形である

・大杉の周りに良くある ひこばえ や 古い株跡 が見られない

・夫婦杉とか二代杉 みたいに 屋久島の杉は 重なり合い くっつきあうことがある

・現在 確実に最も長寿と考えられるウィルソン杉の株跡は 以下の形状である


60縄文杉の考察02

以上から 推測するに

まず最初に樹齢2000年くらいの大杉があった 

それが朽ちて その周りに5~6本の若い杉が生えだした

成長するにつれて そのうちの何本かが合体し 現在に至った

従って 私としては縄文杉の樹齢は 3000年程度ではないかと 思う

世界一のスローガンに反して 申し訳ないが 

それはそれで ・・

縄文杉には 人に感動を与えるすばらしいオーラ が備わっている

これは  絶対 まちがい ない !!












 



手を出すべきか ・

宮之浦岳登頂後は シーサイドホテルの露天風呂で汗を流す 旅情満点の夕日が沈む~・・

61夕方01

民宿のオヤジさんが 屋上でバーベQパーティを開いてくれた 

屋久島名物の鹿の肉 と さっき釣ったばかりのアイナメ 酒は持参のビールと 焼酎 島美人 

本当の美人も約2人 いた


61夕方04

ほどなく酔いが廻るころ 星を見よう! ということで 明かりを消し 皆ゴローンと横になる

北海道から一人で来たという O-miさん似の彼女に ぽつぽつと説明してあげる この辺は得意分野


61夕方03

ほら 天の川を羽ばたいているのが白鳥座だよ 尻尾の☆が明るいよね それと三角形をなしている他の二つの明るい☆が織姫☆と牽牛☆だね そういえば今日は七夕 一年に一度のデートを楽しんでるよ 向こうにはさそり座が良く見える あ 流れ星! んー願い事は間に合わずか あの動いている星はたぶん人工衛星だね ・・ え どこ~? (手をとって) ほら あそこだよ キミの手 案外冷たいね・

61夕方02

いつのまにか側に近づいていた彼女の髪が
私の二の腕に ふっとかかる
だんだん 寡黙になってきた

こんな最高の雰囲気の中で 
今 なんらかのアプローチを 発すれば
絶対 彼女は拒絶しないだろう

しかし ここで一夜のアパンチュールを楽しんだとして
カレ氏見つけ旅の彼女にとって よかったと思えることだろうか?
ふたりが結婚できる可能性はない

深みにはまって行く所まで行けば彼女を不幸にするだけだ
ここはいさぎよく 自重するのが今の私の責務だ !

あー モッタイナイ モッタイナイ ・・ モッタイナイオバケが歌う  私も


♪  こよいこそは 君を 抱きしめんと~
   岩陰によれば ピリカが笑う ・・   ♪



川上杉と紀元杉

ウォーキングシューズでも50歩以上歩くのはイヤ でも屋久島で大きな杉は見たい という人のために

淀川登山口の手前の林道沿いに スックと立っている 川上杉

62紀元杉01

通る車を威圧する 圧倒的な 迫力

62紀元杉02

続いて その近くの 紀元杉

62紀元杉06

名前の通り 樹齢2700年は越えているそうだ しかし すでに樹勢はない

62紀元杉03

遊歩道があり車を降りて 35歩で一周できる

62紀元杉04

幹に触ってオーラを貰おう

62紀元杉05


元気いっぱいの壮年の川上杉 と すでに老年期の紀元杉 


対比して 見ると おもしろい




屋久島のもののけ

私は 以前から 山には全能の山の神が居て森にはいたずら好きのオバケどもが居る と思っている

"もののけ"の本場 屋久島で はたして どんなオバケにめぐり合うことが出来るだろうか とワクワク・・


59屋久島のもののけ01

オバケたちは 豊かな森と水に恵まれ 住環境は申し分ないようだ

59屋久島のもののけ02

サルに形を変えている妖精たちも そこらここらに 見かける

59屋久島のもののけ0359屋久島のもののけ04

役目を終えたはずの木も 妖気を感じる

59屋久島のもののけ05

あ 足元に 蛇が !  マムシか ?

59屋久島のもののけ06

良く見れば 木  しかし これはオバケ界の斥候 ではないか ?

59屋久島のもののけ07

これも ただの木 とは思えない  

59屋久島のもののけ08

この~木 何の木 気になる木 ~ ♪

59屋久島のもののけ09

あんた 海に住んでる木 ?  ちょっと 眼が恐いよ

59屋久島のもののけ10

どろどろした ヒトの胎内 だね

59屋久島のもののけ11

これはちょっと表現しようがない ? まさに胎児が出んとする ?

59屋久島のもののけ12

縄文杉のそばにいた 御用番

59屋久島のもののけ13

すわった目の前の地面が なんか波打っている ?

59屋久島のもののけ14

ついに 動き出した  ガマガエルタイプのもののけ それにしてもデカーい

59屋久島のもののけ15

鹿タイプのもののけも多い  近くに来てなんか話したさそうな ・・ おいで! 私はオバケ界にはシンパだよ

59屋久島のもののけ16

水の中にはおたまじゃくしタイプの ジジ が

59屋久島のもののけ17

草たちも ただものではない 虫を食べてしまう モウセンゴケ 

59屋久島のもののけ1859屋久島のもののけ19

ゲームに出てくるバーチャルなオバケも最近増えたようだ   

59屋久島のもののけ20 


ここは いたるところ もののけ の世界   また楽しからずや




縄文杉

屋久島一番の観光ポイントは 縄文杉 である 出発点の荒川登山口までバスがある

ここから 一泊で宮之浦岳経由で縦走すれば 効率よく 縄文杉と宮之浦岳を踏破できるのだが

宮之浦岳を下ってきた淀川登山口からのバスの便がない

しかたなく 縄文杉へは あらためて往復10時間の山登り挑戦となった


58縄文杉01

今日はバスで荒川登山口までやってきた

58縄文杉02

ここから 3時間半の軌道歩き  昨日 宮之浦岳まで12時間歩いた後遺症もあり 足取りは重い

58縄文杉03

軌道が終わると本格的な山道 売りの名物杉が次から次へ現れる

58縄文杉04

これは 翁杉(おきなすぎ)  という

58縄文杉05

有名なウィルソン杉は 株跡が空洞になっている

58縄文杉06

中は祠や湧き水もあり結構広い  上をのぞく?  と古代の景色が見える

58縄文杉07

カップルに大人気の枝が繋がっている 夫婦杉  ここで写真撮るときには 必ず手をつなぐこと

58縄文杉07a

樹齢1000年以下は 屋久杉 とはいわないそうだ 名前が付くようになるには3000年はかかるようだ

58縄文杉08

歩き始めて5時間  待望の 縄文杉 に到着 思わず息をつめる ・・  この風格 ・・ 声も出ない

58縄文杉0958縄文杉1058縄文杉1158縄文杉12

しばし その威厳の前に 魂を奪われる というか オーラを受けて固まる というか 表現不可能

帰り道は 疲れているのに まるで 洗脳されたみたいに ・ 誰かが乗り移ったみたいに ・

58縄文杉13

森の精や もののけや 山のオバケ達も まわりで騒いでいるようだ ・・

58縄文杉14

普通ならビビる高い鉄橋も こころ落ち着いて 渡れる

58縄文杉15

終点にあった軌道車は まだ現役みたい

58縄文杉16

屋久島へ来たのは 百名山踏破が目的だったが 

縄文杉を見て 本当に心を打たれた ・・ 

本当に 良かった ・・   2008年7月8日













屋久島 石劇場

前回の宮之浦岳登山で紹介した 高盤岳の ゲンコツ石  
57屋久島の石01
杉が終わった 投石平(なげしだいら) あたりから いろんな石役者が登場する
57屋久島の石02
これは 玉子石 と呼ばれているメジャーな役者 そのあとは 独断と偏見で 私が名前を付ける  
57屋久島の石03

イワンのばかと鯛と追う亀
57屋久島の石04
ハローウィンの熊ちゃん
57屋久島の石05
ワレメ岩に苦しむレーニン
57屋久島の石06
サル山
57屋久島の石07
甲冑のドンキホーテ と あきれる王
57屋久島の石08
ベレー帽のトマト と 元野菜たち
57屋久島の石09
大黒様のわすれもの
57屋久島の石10
小象のお遊び
57屋久島の石11
揺れる~想い~♪ 重い~ ?
57屋久島の石12
スッポンに噛まれて逃げ出す浦島太郎
57屋久島の石13
力尽きた爺さん
57屋久島の石14
顔ナシその後
57屋久島の石15
高尾山カラス天狗の末裔
57屋久島の石16

おばあさんたちの楽園
57屋久島の石17
おひけぇなすって くりお岳 でござんす
57屋久島の石18



ここは 石だけ見ていても ずっと飽きない






宮之浦岳 1935 m

2008年7月7日 西日本で唯一の 百名山未踏峰 宮之浦岳を目指す  天気ヨシ ! 体調ヨシ !

56宮之浦岳01

淀川登山口までは軽のレンタカー(5000円)にて 宮之浦より約50km 1時間   朝5:00 に到着

56宮之浦岳02

30分ほどウォーミングアップで一山超えたところが 淀川小屋

56宮之浦岳03

道はそれほど険しくはない  屋久島名物の杉がぞくぞく現れる  この程度でも 特に名前がついてない

56宮之浦岳04

やがて 特徴ある石がある 高盤岳が望める

56宮之浦岳05

この石は ゲンコツ岩 と呼ばれるそうだが いろんな石があって飽きない 石特集は別掲

56宮之浦岳06

そろそろ やや疲れてきた頃 小花之江河 いかにも日本庭園の湿原

56宮之浦岳07

つづいて 規模が大きい 花之江河  大休憩で朝食

56宮之浦岳08

このころになると かなり高度も上がり 隣によりそう 種子島 の形も はっきり

56宮之浦岳09

いくつ山を越えたか・・ いいかげん飽きた頃 前方に 目指す 宮之浦岳が現れる

56宮之浦岳10

水は豊富 あまり透明すぎて 写真に写らない

56宮之浦岳11

6時間半かけて AM11:30 ようやく頂上  この時間で雲がないのは珍しい とのこと  

56宮之浦岳12

永田岳と硫黄島 をバックに 頂上で愛を叫ぶ  この美しい島の森と水と 全ての自然に愛を・・~ !!

56宮之浦岳13

開聞岳は すぐそばに 大隈半島や霧島連峰も  それにしても周りには 島がいっぱい 

56宮之浦岳14

種子島の ロケット発射台も はっきり望める

56宮之浦岳15

帰りは また 6時間近くかけて 同じ道を戻る  登山口へ着いたら 車2台だけ

56宮之浦岳16


シーズン最初の登山で 脚にはこたえたが 天気も良く途中の景色もなかなか味がある素敵な山でした

屋久島での感動は とても 1度では紹介しきれないので しばらく続きますよ -












屋久島へ着いた

鹿児島港を発って 2時間足らずで もう 屋久島が目の前

54屋久島へ着いた07

山はガスってて宮之浦岳は見えず  今日 梅雨が明けたそうで 明日から期待は持てそう

54屋久島へ着いた01

乗ってきた 水中翼船ロケット ま とにかく民宿まで歩き始めるか

54屋久島へ着いた08

宮之浦港 全景 大荷物を持って 歩いてる人は いない

54屋久島へ着いた09

離島でも 人気の観光地 道も良いし案内等も親切

54屋久島へ着いた10

民宿へ荷物を置いて 宮之浦の街中を散策  この辺が繁華街の中心かな ?

54屋久島へ着いた02

よく分からないまま 宮之浦川の河口あたりにたどり着く ここ なんとなく雰囲気いいね~

54屋久島へ着いた03

明日は あの雲の中の宮之浦岳に 登る !!  静かな決意を心に押し込めて ひとりよがり的 感慨

54屋久島へ着いた04

まずは 体力をつけて ビールと地さかなのさしみ

54屋久島へ着いた05

当然 ご当地の焼酎も

54屋久島へ着いた06

明日は 4時起き  早く寝よう


FC2Ad