G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

旅の終わりに

6日間に及んだ山行きの帰り 満足感に浸りながら 大井川沿いを 車で下る

75大井川を01

川根町や島田方面は 道が良い 自然を生かした観光にも 力が入ってる様だ

75大井川を02

川根町の洒落た道の駅 この付近 お茶の本場 おいしい川根茶を頂いて お土産に

75大井川を03 75大井川を04

蒸気機関車が走る大井川鉄道 千頭の駅で 構内の列車を撮る 古いのばかりで Good !

75大井川を05
75大井川を06 75大井川を07
75大井川を08

登山の帰りは なんてったって 温泉 今回は事前に調べていた 川根温泉

ここは 道の駅と立ち寄り温泉 それと ロッジなどの宿泊施設がある 村の総合レジャーセンターだね


75大井川を09
75大井川を10 75大井川を11

露天風呂に入っていたら 突然 目の前を ボォー という汽笛の音で 蒸気機関車が 走り抜ける

75大井川を12

私は唖然 ! 子供たちは走り寄る その時の風景は このパンフレットから 想像して もらおう

75大井川を13

確かに風呂の目の前を 鉄道が走っている 電車も レトロでいいね これは外から撮ったものですよ!

75大井川を14

大井川は 下るにつれて幅が広く やがて国道一号線で お別れ

75大井川を15



今回の 南アルプス山行きは 本当に苦しかった そして 本当に楽しかった

しかし 苦しかったことは 今の時点で もう ほとんど 忘れている


私は おそらく 死ぬまでずっと 山登りを 続けるだろう

ひょっとして 山登りで 死ぬかも しれないが ・


それは それで ・・


同じこと だ !












千枚岳

死んでもいい! と感激した景色に出会っても ・・ 凡人は いちおー俗世間の下界に戻らなくちゃ

丸山 で 昼寝のあと 千枚岳を通過して 下山コースへ


73千丈岳へ01
73千丈岳へ02
73千丈岳へ03
73千丈岳へ04
73千丈岳へ06
73千丈岳へ08

今日 登った 悪沢岳を振り返る そして私を見送るように これまで登った 聖岳 明石岳 が

73千丈岳へ09
73千丈岳へ10

また一日掛けて あの谷間のダムの近くまで 下山する 山並に浸る余韻も ここで 最後

73千丈岳へ11

千枚小屋は 6月に焼失したが 現在 登山者の宿泊に特に問題ない ほど 再建されている

73千丈岳へ12 73千丈岳へ13
73千丈岳へ14 73千丈岳へ15


6 時間のコースを 5 時間で下ってきたところが "さわら島"

まだ 車のある駐車場までは バス一時間の場所だが ここが 縦走の終点

これまで お友達になった山人 と談笑

お互いの健闘を たたえあう



















千枚岳お花畑

悪沢岳に登って この山行も終わり と思っていたが 最後に 思いもかけぬ 素敵な景色が待っていた

74千丈お花畑01
74千丈お花畑02
74千丈お花畑03
74千丈お花畑04
74千丈お花畑05
74千丈お花畑06 74千丈お花畑07
74千丈お花畑08 74千丈お花畑09
74千丈お花畑10 74千丈お花畑11
74千丈お花畑12 74千丈お花畑13
74千丈お花畑14
74千丈お花畑15 74千丈お花畑16
74千丈お花畑17


この お花畑は これまで私が経験した お花畑の中で 最も 素晴らしい !

聖岳のあたりから ぽつぽつ お花畑は見かけたが ここに来て 全てが勢揃い という感じ

ちょうど 花火大会で 最後に スターマインや大玉の連発で 盛り上がるように

周りみんなが よくやった! と 私を祝福してくれるよう ・・ 


ずっと ここに居たい ・・

このまま ミイラになって 人知れず 永遠に 眠ってしまっても いい ・・














千枚小屋から

千枚小屋からの 富士山の眺めは 噂には聞いていた 笠雲があったが この絵は なかなか趣がある

69千丈小屋からの01
69千丈小屋からの02
69千丈小屋からの03
69千丈小屋からの04
69千丈小屋からの05
69千丈小屋からの06
69千丈小屋からの08


山で 苦労した分 自然は ちゃんと ご褒美を くれる  感謝 !












悪沢岳 3141 m

中岳から悪沢岳へ向かう 逆光の悪沢岳は 近づくに連れて 日が当たりだんだん明るくなる

72悪沢岳01
72悪沢岳02
72悪沢岳03
72悪沢岳04
72悪沢岳06
72悪沢岳07

三角形の山容だけに 上の方は かなり険しい 岩登りは高山植物に励まされながら ・ やがて ・

72悪沢岳05
72悪沢岳08
72悪沢岳09
72悪沢岳10
72悪沢岳11

ついに 悪沢岳 (荒川東岳) 3141m 頂上に到達 2009年 8月26日 AM10:00

72悪沢岳12
72悪沢岳13
72悪沢岳14
72悪沢岳15
72悪沢岳16
72悪沢岳19
72悪沢岳20


悪沢岳は 標高で 日本第 6位の山

ちなみに 標高ベスト5 は ・ 1 富士山 2 北岳 3 奥穂高岳 4 間の岳 5 槍ヶ岳

私の 単独百名山も 今回の 3座で 81座を 完了 3000m超の百名山も すべて踏破完了した

良好な天気の中で 今 一応 今回の山行き目標は 達成

あとは 安全に帰途に着くだけ ・・ か ?












中岳

荒川三山の一つ 中岳は 百名山にしたいほど 本当にすばらしい山である

山容も立派だし 広大なお花畑もある  ながめは 360度の大パノラマ


70中岳へ02

お花畑を踏み分け 登るほどに 楽しくなってくる

70中岳へ01
70中岳へ05

振り返れば 出発した 荒川小屋と 後にそびえる 明石岳 

70中岳へ03

遠くには おととい苦労した 兎岳と中盛丸山の縦走路

70中岳へ06

前には これからチャレンジする 悪沢岳 が だんだん大きくなる

70中岳へ07

お花畑を登りつめたら 中岳の頂上は 近い

70中岳へ08

予定通り 荒川小屋から 2時間で 3083mの中岳頂上に 到達

70中岳へ09

時間が早いと まだ雲も上がってこない 北望は 北アルプス 乗鞍 御岳 白山 まで見える

70中岳へ10

東望は 中岳ヒナン小屋の向こうに 逆光の 悪沢岳 今回の山行の最大の目標が すぐそこにある

70中岳へ11

あれは 去年登った 塩見岳 両脇に 仙丈岳 と 間の岳を従えて

70中岳へ12

左に続く尾根は 広河内岳 その隣りが 山伏峠

昨年は あそこで こちらの山並を見ながら 来年は 絶対 登るぞ ! と宣言した


70中岳へ13

悪沢岳への鞍部から 中岳を 振り返る あらためて 素晴らしい山 と 思う

70中岳へ14


さて いざ ! 悪沢岳に登らん ・・ 












中岳のお花畑

荒川小屋を出発して 中岳に登る途中 すばらしい お花畑に出会った

71中岳お花畑01
71中岳お花畑02
71中岳お花畑03

青い空に岩稜 緑のなかに 白と黄色の花々たち 色のコントラストがいい 紫外線もハンパではないが

71中岳お花畑04 71中岳お花畑05
71中岳お花畑06 71中岳お花畑07
71中岳お花畑08 71中岳お花畑09
71中岳お花畑10 71中岳お花畑11

花をながめながら 登ると 辛さも 忘れる いつのまにか 高度を かせいでいる

71中岳お花畑12
71中岳お花畑13


明石岳 や 中岳 も 花をバックに撮ると 本当に 引き立つ





中岳から

荒川小屋を出発して まず目指すは 中岳 朝 ながめた富士山が ずっと見守ってくれる

68中岳からの02
68中岳からの01

三年前だったか 水晶岳でヘリコプターを撮ったら それが 冬に墜落事故を起こした 今回は・・?

68中岳からの03
68中岳からの04

この機体ではなかったものの 奥穂高で またヘリの墜落事故が発生した イヤなジンクス

68中岳からの07
68中岳からの06

とにかく 富士山は 神々しい 頭を雲の上へ出し なかなか 衣は取ってくれない

68中岳からの05
68中岳からの08


しかし 自然に対して 人間は なんと小さいものか ・・










荒川小屋から

3000m近い稜線下に建つ 荒川小屋は 絶対眺めが良いはずだ 昨日はガスだったけど

67荒川小屋からの01

朝 山の上は曇っているが 日の出は見れそう そうだ しばらく見てない富士山も・

67荒川小屋からの02
67荒川小屋からの04
67荒川小屋からの05
67荒川小屋からの06


この時の富士山は 昨年の塩見岳からの眺め 程は感動しなかったが

いつでも何度でも ・ なんてったって ・ 腐っても鯛 ・ ??

表現しにくいが ・・

とにかく 別格 !











大聖寺平にて

明石岳付近で 2時間ほど停滞していても まだ12時 今日の泊まり荒川小屋までは 2時間で着く

66荒川小屋へ01
66荒川小屋へ02

大聖寺平でまた滞留しよう ここは 明日登る 荒川三山のながめが良いはずだ

66荒川小屋へ03

荒川三山とは 前岳 中岳 東岳 を指す このうち百名山は 荒川東岳こと 別名 悪沢岳(わるさわだけ)

66荒川小屋へ07
66荒川小屋へ04

待つこと一時間 ガスに隠れていた荒川三山 が顔を出した

66荒川小屋へ08
66荒川小屋へ06

お目当ての 悪沢岳は 名前に似合わず 端正なピラミダル形状  下方を よくよく 見ると

66荒川小屋へ10
66荒川小屋へ11

麓に ペコちゃんが Vサインを している これは 驚き ! ひょっとして オバケの リリ子 ?

66荒川小屋へ09
66荒川小屋へ12


さんざん遊んで 荒川小屋に着いた

今日は 昨日に比べて なんという ダラダラ縦走 だったのだろう ・・

これぞ ひとり登山の 醍醐味












小明石岳にて

明石岳から15分ほどで行ける 小明石岳 ここでも 3081m ある

65小明石岳にて12
65小明石岳にて02
65小明石岳にて03 65小明石岳にて04

少し ガスも晴れてきたので ここで ゆっくり 山のながめを 楽しもう

65小明石岳にて01
65小明石岳にて06
65小明石岳にて07
65<br />小明石岳にて09

♪ アルプス一万尺 小明石の上で アルペン踊りを さあ踊りましょ ランラランラ ・・ ♪ 


65小明石岳にて10
65小明石岳にて11


南アルプスの山々の真っ只中  ひねもす のんべんだらり










ライチョウ

小明石岳の手前で ライチョウ に遭遇 二匹の子連れであったが カメラ慣れしているようだ

63ライチョウ01
63ライチョウ02 63ライチョウ03
63ライチョウ04
63ライチョウ05
63ライチョウ06
63ライチョウ07
63ライチョウ08
63ライチョウ09


そばに居ても 全然 逃げる気配もない エサでも欲しかったのかな ?








明石岳 3120 m

豪華な食事と タップリの睡眠で 朝は再び 元気マンマン

今日は あの明石岳を目指すぞ !


64明石岳01

小屋から いきなり40分の急登だが イッキに登りつめる ここは 百間平

64明石岳03
64明石岳04

しばらく 月の砂漠 状態であったが 行く手に 明石岳本峰の岩壁がせまる

64明石岳05

今日の行程は割と短いので ゆっくりゆっくり 岩の急坂を踏みしめながら登る

64明石岳06

ガスの中を我慢の 2時間 小さな峰を越えると ヒナン小屋がみえる あそこが頂上だ

64明石岳07

2009年 8月25日 AM10時 明石岳頂上 到達 単独百名山 80座目

64明石岳08

眺めを楽しみたいが 昨日と違って ガスが 次から次へと襲ってくる

64明石岳09

ガスの切れ目をねらって カメラを撮る 今日は時間はたっぷりある

64明石岳10

しかし 風が冷たい 気温は 2, 3 ℃ではなかろうか 岩陰で日に当たると暖かい

64明石岳11

昼食には早いが 豊富な非常食を ちびちび食べる 飲み物もたっぷりある

64明石岳12

携帯でMail しようにも とぎれとぎれにしかアンテナが立たない そのうち電池切れ

64明石岳14

一時間も頂上に居て そろそろ飽きてきた ながめも なかなか好転しないし

64明石岳15

頂上から ちょっと下がったところで 日なたぼこ 

64明石岳16

ここから 上をながめる景色も 好いんじゃないかい

64明石岳17

雲湧く頂上 と 登山者が ・・ 絵になる

64明石岳18


いつもと変わった 頂上での 過ごしかた ・・ でした










聖岳付近の花

聖岳に登る聖沢沿いは 湿地植物の トリカブト イタドリ などが ぽつぽつ と

62花その101
62花その108
62花その102
62花その103
62花その104
62花その111
62花その105
62花その106 62花その107
62花その109
62花その110


聖岳 兎岳 の縦走路では ほとんど花は見かけない

山小屋に下ってくると マツムシソウ フウロ などが 顔を出してくる







兎岳から百間洞

兎岳頂上で大休止 道程はまだ半分だが もう ほとんど体力を使い果たした感じ

61聖からの縦走14a

目の前に続く 縦走路  小兎岳 中盛丸山 大沢岳 と地図で確認する

61聖からの縦走15

小兎岳までは ほとんど下り 惰性で なんとなくたどり着く

61聖からの縦走16

しかし この先 尾根道であるけれど まだまだ下るようだ

61聖からの縦走17

急峻な 中盛丸山 が そびえ立つように高くなって 目の前に迫る 

61聖からの縦走18

巻道はない イヤでも 頂上を 越していかねばならぬ

61聖からの縦走19

兎岳に劣らぬ苦労の末 バテバテながら なんとか頂上到達

61聖からの縦走20 61聖からの縦走21

越して振り返っても スゴい山だった そういえば 昨年 塩見岳から岩塔のように見えた山は これか

61聖からの縦走22

この頃は バテバテを通り過ぎて まるで夢遊病者の歩き方 まだ目の前に 大沢岳があるが・

61聖からの縦走23

大沢岳 2819m は 日本標高順位 100番目の山 ここからだと 15分の登りで到達できる

61聖からの縦走24

しかし 百間洞小屋までの近道もある 節目の山に登るのと 現在の体力を鑑みると・・ あきらめ !

61聖からの縦走25 61聖からの縦走26


百間洞(ひゃっけんぼら)山の家は 2日以上歩かないとたどり着かない  "絶海の孤島" の山版

夕食には ボリュームたっぷりの揚げたてトンカツなど 豪華

雰囲気も家庭的で 好ましい山小屋でした










明石岳遠望

聖岳から兎岳を経て 百間洞まで この縦走路からの明石岳のながめは 本当にすばらしい

60明石岳遠望01
60明石岳遠望02
60明石岳遠望03
60明石岳遠望04
60明石岳遠望05
60明石岳遠望06
60明石岳遠望08
60明石岳遠望07
60明石岳遠望09
60明石岳遠望10
60明石岳遠望11
60明石岳遠望12
60明石岳遠望13
60明石岳遠望14
60明石岳遠望15


明石岳の真南から 真西までを  ぐるっと 1/4周

明石岳の素顔を コメント少なく お送りしました










聖岳から兎岳

聖岳で 登頂の感慨に浸る 筆者

61聖からの縦走01
61聖からの縦走03

しかし 縦走の旅は始まったばかり 今回は これから荒川三山を目指す 超健脚コース

61聖からの縦走02
61聖からの縦走05

明日 登る予定の 明石岳は はるか先に悠然とそびえている そしてその前には 厳しい 峰々が

61聖からの縦走06
61聖からの縦走10

一番手前にあるのが 兎岳(うさぎだけ)  まず 聖岳を 朝から登ってきた分 下りる

61聖からの縦走04
61聖からの縦走07

そして 厳しい登り 頂上間際の非難小屋跡付近は 岩を掴んでよじ登る

61聖からの縦走09a
61聖からの縦走09
61聖からの縦走08

聖岳から 2時間で やっと頂上 2799m にしては 手ごわかった

61聖からの縦走11
61聖からの縦走14

兎岳から 山また山の眺め この先も厳しい 今日中に着くかな・?

61聖からの縦走13
61聖からの縦走12


今日の泊まりは 百間洞の予定だが 

とにかく 先を急ごう ・











聖岳 3013 m

聖岳 ( ひじりだけ ) は南アルプス最南の3000m峰 風格と威厳がある山である 登った日 2009年8月24日

59聖岳01

聖平小屋まで二日もかけてアプローチして来たのに 聖岳は まだまだ上にある 南アルプスは深い

59聖岳02
59聖岳03

小屋から少し歩くと 聖平 わりと小規模の湿原とお花畑 倒木が林立する

59聖岳04 59聖岳05
59聖岳06 59聖岳07

5時過ぎて ここで日の出を迎える 今日も天気は良さそうだ

59聖岳08

南望は 茶臼山と光岳 来年登る光岳への稜線を目で追う かなり大変そう

59聖岳09

西望は いわずと知れた 恵那山 遠くから見て実に目立つ さすが百名山 

59聖岳10

小聖岳は 聖岳の絶好の展望台 

59聖岳11

近づくにつれて 岩肌の迫力が迫る

59聖岳12
59聖岳13

岩峰をしがみつくように登りながらも カメラは離さず 

59聖岳14 59聖岳15

厳しそうに見えるが 巻道があるのでそれ程でもない さぁ ! 頂上は近い

59聖岳16

聖平小屋から 2時間半で 頂上に到達  単独百名山 79座目 踏破

59聖岳17
59聖岳18
59聖岳19
59聖岳20


3日かけて 頂上に着いた この気持ちは どうにも 表現の しようがない

とてつもなくうれしい時 また 大きな仕事を成し遂げた時

不思議なことに 感激でなく 放心状態になる

これは 私だけだろうか ・・ ?

















聖岳へ

朝の白樺荘駐車場 天気は良し

7時の通行止解除まで ゆっくり 朝食と 準備運動の散歩

これからの山行に 心も ワクワクと 騒ぐ


58南アルプスへ01

すぐ着いたところが 登山者用駐車場 ここから先は マイカー進入禁止

ここから (株)東海フォレスト の 専用バス に 乗り換える必要がある

 
58南アルプスへ02

バス運賃は 3000円

この三千円は 東海フォレストが運営している山小屋で使えるので 実質は無料の送迎バス

とにかく このバスを使わないと 荒川三山には登れない


58南アルプスへ03

バスは予定時間より結構早く出発する 追加便もありそうだ

約一時間 揺られ揺られて ・・
 

58南アルプスへ04 58南アルプスへ05

聖岳登山口に降りたのは 7人 これから4日間 大体同じコースを歩く人たち

8時40分 いよいよ 縦走の 出発~ !


58南アルプスへ06
58南アルプスへ07
58南アルプスへ08
58南アルプスへ09
58南アルプスへ10
58南アルプスへ1158南アルプスへ12

聖沢沿いの登山道 急登あり 吊橋あり 渓流や滝を見ながら 7時間の道のり

初日で気力が漲っていたせいか 同行者とお話しながらとかで 割と楽に約2000mを登りきることが出来た


58南アルプスへ13
58南アルプスへ14
58南アルプスへ15 58南アルプスへ16
58南アルプスへ17 58南アルプスへ18
58南アルプスへ19


県営 聖平小屋は 聖岳の山懐に抱かれて ひっそりと建つ

  ♪ 山小屋の ともしび は ほのかに灯りて ・・










南アルプスへ

8/22から8/28にかけて 南アルプス登山 を 敢行した

これから 20回に亘って その行状を 報告する

目的は 百名山で難関で知られる 荒川三山 それと聖岳

本来なら光岳も 一度に登りたいが この山は相当大変なので 来年とした


57南アルプスへ00
57南アルプスへ01

計画では 聖岳に登り 百間洞経由で 明石岳 悪沢岳を縦走する

山小屋4泊は 初体験 大丈夫かな・・

全て3000m超 体力も心配だが 一週間も晴天が続くかな? 台風は?

先月の山行は大嵐に苦労したが


57南アルプスへ02
57南アルプスへ08

まず 登山口に行くのが大変 とにかく 高速半額の土曜日 東名に乗る

目指すは 静岡県の畑薙ダム

昔 寸又峡に行った時 静岡 IC から 県道三峰落合線 を通ったが ひどい道だった

川でカニを捕まえたり 夕日の山の景色など 自然は楽しめたが・


57南アルプスへ03
57南アルプスへ04 57南アルプスへ05

今回は 静岡から千頭に抜ける 国道362号 を選択

しかし 結果として "酷道 " にそう変わりはなかった

大井川沿いに入ると 川根本町 接阻峡温泉 長島ダム 井川ダム 等があり 道が良い


57南アルプスへ06
57南アルプスへ07
57南アルプスへ09

東京から畑薙ダムまで行くのに もっとも安くて早くて楽に行ける方法は <帰りに確認したが>

東名の焼津ICで国道一号線に下りる 藤枝バイパスを通り   ICで下り 県道島田川根線で大井川を遡る


来年の光岳登山で活用しよう

てなわけで 酷道を苦労して 大井川上流地方を行く

しかし 渓谷美はすばらしい 天気も良さそうだ


57南アルプスへ10
57南アルプスへ11


日がとっぷり暮れた頃 目的地近く  突然 通行止め !

これからの 前途多難を暗示しているよう

夜間のみ通行止 といことで 近くの 白樺荘駐車場に引き返す

今夜は ここで 車中泊














ここは どこでしょう ?

ロココ調の大理石造りの玄関 なかなかしゃれた建物です

55ここは病院01

玄関を入ると すぐ 明るくて広いロビーがあります ここで 寛いでいる人もいます

55ここは病院02

すぐ横には なんと コンビニがあります 快適で便利な所みたいです

55ここは病院03

通路の奥には 文化イベントの看板が・ どこかの地下街ではありません

55ここは病院04

コーヒーショップでは 出来立てのコーヒーの香りがいっぱい スイーツやサンドイッチ類も・

55ここは病院05

天井が高いコーナーには ゆったりとしたソファー 正面にステンドグラス 横にATMコーナー

55ここは病院09
55ここは病院06 55ここは病院07

外には 本格的な お花屋さんがあります 根付きの鉢植えも売っています

55ここは病院08

この看板で もうお分かりですね ・・  そう ! ここは 病院

55ここは病院10

最近の病院は ホテルみたいに豪華です 自動受付 自動支払い など I T 化も進んでいました

55ここは病院11
55ここは病院12


たまたま 付添いで 来たが・

こんな所だと 一日中居ても飽きないな・・ 

看護士さんも若くて美人が多いし・・ 制服姿も魅力的だし・・


久しぶりに訪れた 大病院 にて





















政権交代

石松オヤブーン ・・ !  大変だ 大変だ ~ 

76時事論評01

おーぅ なんだ ハマの小政 じゃネーか

ワシも このブログ登場 ずいぶん久しぶりだが ニャ

その 大変だ 大変だ っても なかなか なつかしくて いーんじゃネーか

で 、なにがドーしたって ?


76時事論評02

イエイエ オヤブンさん 実は たまには これを言って見たかっただけなんですニャ

最近 我々も なんも 変わった事がなくて 世間じゃ 死んでしまったんじゃネーか とかね・・

人間の世界では 政権交代など ずいぶん変革が起きているよーですが ・


76時事論評05

そーじゃな・ 民主党政権も わけの分らない議員をいっぱい抱えて これから大変じゃのー

"皆さんのために この国を良くします " なんて 野党慣れしている 空虚な言葉 まさに 画中の餅

官僚をコントロールする と言ってるが

強権でも発動しない限り 官僚の役職とディベートしても 負けるに決まっている

平議員を 官庁に送り込んだとしても 局長どころか 課長クラスに 軽く あしらわれるだろうね


76時事論評04

まー 今回は そー期待はしてないけども 一度はやらせてみよーじゃないか政権 ですニャ

今は 大災害や国際的紛争など わが国の危機管理が切羽詰ってないので 安心と言えば安心だが

失政すれば すぐに政権がとって変わる いわゆる二大政党になるのなら いーんじゃネーかな・・


76時事論評03

たしかに はじめて政権を担う民主党には 期待よりも 不安のほうが 先にたちますニャ

しかし 案ずるより生むが易し というように やってみてまた判断したら どーですかネ

チェンジ ! チャレンジ ! これがなくてはダメ これこそ 国が発展する チャンス !  


76時事論評06


オヤビーン ・・ 石松オヤビーン ・・  

我々は 喰いっぱぐれは 無さそーだし

ま 気楽に いきましょーや ・ !












バーベQ 大会

Tokyo Mandolin Ensanble 恒例の 屋上バーベQ大会 今回は 雨のため 宴会は 室内で開催

56ことしのバーベQ01

花束の看板用板も 使い様があります 長さが規格化されてて いいですね



外では軒下で 焼肉用の炭火起こし キムヨンジャのうちわで煽ぐと よく焼ける とか・ 

56ことしのバーベQ03 56ことしのバーベQ04

強力な助っ人は 三バカ イヤ 三賢人 イヤイヤ 三黒子 のいつものメンバー チームワークは 抜群 ! 

56ことしのバーベQ05

私は今回は焼肉修行 焼おにぎりは素手で焼具合の感触を確認すべし と ピアノの先生から御教授

56ことしのバーベQ06

室内の宴会では 新人の演奏など 盛り上がっているようだ

56ことしのバーベQ07

昨年に続いて Tシャツシリーズ 私も 参加しています

56ことしのバーベQ08 56ことしのバーベQ09
56ことしのバーベQ10 56ことしのバーベQ11

よく食べ よく飲み よく喋った ようです ひとり カメラを意識してる人がいますが・

56ことしのバーベQ12



最近 なかなか写真を撮るのが 厳しくなりました
















夏の終わり

今年は カーっと暑い日は 2 3 日だけで このところ ここ高根の里は 完全に 秋

54夏の終わり01

ナントカ?セージの花は 元気です

54夏の終わり02

青いギボウシの花が咲いています 白いギボウシの花はもう種になっています

54夏の終わり03 54夏の終わり04
54夏の終わり05

この花はなんでしょうか? 植えた覚えのないのが 次から次へ咲いてきます

54夏の終わり06

畑は覚えてるつもりでしたが・ 千にひとつのムダがないナス ほっといてもたくましく育つサツマイモ

54夏の終わり07 54夏の終わり08

しかし サツマイモの中に 突然 キュウリが芽を出しました 去年植えたのの再生でしょうか??

54夏の終わり09

ハナミズキの幹はカミキリムシに食われて瀕死の重傷 誤ってチョン切った紅葉から側芽が出ました

54夏の終わり10 54夏の終わり11

モッコウバラが伸び放題 早急にバラ棚の製作を検討しなければ・・ 出来るだけ安く スマートな

54夏の終わり12

フウセンカズラ と キンレンカ それに 折鶴ランは 我家の定番植物  元気で頑張ってくれ~

54夏の終わり13
54夏の終わり14


この 高根の里に

絶えて 花と菜園が なかりせば

秋の心は のどけからまし ・・















知人の別荘へ

ここは ディズニーランドではありません JR小海線の野辺山駅 日本で一番標高が高い駅です

53似鳥宅01

その近く キャベツ畑が広がる高原の真っ只中に 素敵な別荘があります 私の別宅から車で15分

53似鳥宅02

三角形の明るい建屋は 典型的な避暑地の別荘 お邪魔する手土産代わりに 臆面もなく二胡演奏
 
53似鳥宅03 53似鳥宅04

後の 広~い窓から 小海線の鉄道を通して 八ヶ岳が 隅から隅まで 見渡せます

53似鳥宅05


山の眺望や屋根の上の星空観測所など 別荘へのこだわり

夏の草取りと近隣との付き合いでの 苦労 など

共通の話題が 沢山

そして 音楽の話

いつまで話しても 話はつきません














雨水再利用システム

別宅が完成したときから 造ろう造ろう と思っていた 雨水再利用システム

しかし 森の中の別荘仕様のため 家の屋根には雨樋がない


52雨樋01

まず 雨樋作り

縦の樋は 通常 壁面に金物を打ち込んで 固定するが

真新しい壁に傷をつける気にならず 沓石(くついし)を埋め込み 縦樋の固定柱を 作る

52雨樋02 52雨樋03

その後 雨水排水路を掘削し 排水管の埋設工事を開始

埋設深さと 排水管の傾きの 調和 を 取らねばならぬ


52雨樋04 52雨樋05

横方向の雨樋取り付けは 高所作業の上 屋根の雨水を うまく受け止め

さらに 傾斜をつけて 集水樋に集めるように しなければならない

補助取り付け板を追加したりして 失敗と苦労の連続


52雨樋06 52雨樋07

雨樋の上部と下部を接続する組み立てが 最後になるが

この位置合わせ 及び 雨水の流れ力確保 が最も難しい

全てがうまく行かないと ずっと前まで 後戻り作業となる


52雨樋08 52雨樋09
52雨樋10 52雨樋11

雨樋の工事に比べれば 雨水再利用システムの組み立ては いとも簡単

雨水タンクの脚には あのベンチの脚がぴったしなので ここで利用

シンクは 前後に可動できるよう フレキシブル排水パイプを 接続


52雨樋12
52雨樋13 52雨樋14

排水管の埋設を終えて 雨水再利用システムの かんせーい ! 

本工事は 途中で投げ出したいほど苦労したが いろいろ コツも 習得した

一人でやってみると 本職の大工さんは 本当に エラい ! と思う


52雨樋15


エコ住宅の計画は このあと

太陽光発電システム 薪ストーブ タイマー節電システム  など

実施予定は未定だが 

予算の伴う 大工事が 予定されている























ガーデンベンチ

以前 熊本の小国村で頂いた材木で 作成した ガーデンベンチ

51庭ベンチ07

勝手口前に置くのは もったいないので ここは 組み立て式ベンチを置くことにした

51庭ベンチ04

実用的なこのベンチは ある時は農作業準備 屋外大工の作業台 またある時は お客様の喫煙所

51庭ベンチ03

で もとあったガーデンベンチは ・・ 一番目立つ 浄化槽の上が 淋しいので

51庭ベンチ01

脚をブロックに変えて ここに ベンチを作ることにした 置くだけですぐ完成

51庭ベンチ06

ブロックの向きを変えて ・・  んー なかなか 風情があって いいじゃん ・・

51庭ベンチ02

脚は ? 実は 雨水再利用システムに流用  セミの抜け殻 も一緒に

51庭ベンチ05


この詳細は 次回








介護ケア

サクラみたいに 花が終わったたら パッと散ってしまうと いさぎよい ということで 好まれる ・・

50ひまわり01

しかし 種や実を付けるために いつまでも醜態を晒していると 嫌がられ 悪くすると チョン切られる

50ひまわり02 50ひまわり03

せっかく 夏中 素敵な花を咲かせて みんなを楽しませたのに 植物だって子孫を残す権利くらい あるよね!

50ひまわり04

ウチでは 花や葉が枯れても 心ゆくまで 種を熟成してもいいよ・ 倒れないように 支えてあげるから

50ひまわり05


介護の基本は ・・  " おもいやり " 











戯れ

みなさ~ん こんにちはー チワワの マサコ で~す 今日は 久しぶりの外出で ウレシー な~

49ちわわ01

自分で言うのもナンですが カワイイでしょ ! みんな " マサコさま~ " と呼んでくれるんでしゅよ

49ちわわ03 49ちわわ02

人見知りは 全然しないんでしゅ ヒザの上に抱かれて 髪なんか撫でられたら サイコー

49ちわわ04 49ちわわ05

しかし 今 気になっているのは 一緒に ここ千葉に来た 文ちゃん お友だちになりたいなー 

49ちわわ06

ホーラ あたくし カワユイでしょ ?  頭ナデナデ してあげる

49ちわわ08 49ちわわ07

ちょっとー  なれなれしすぎるんじゃない ?

49ちわわ09 49ちわわ13

黒いふさふさ髪は あんまり好みじゃないんだけど ・・ (カゲの声 ソーダソーダ ! ヨク言ッタ )

49ちわわ10 49ちわわ11

せっかく ピー子ちゃんと楽しくお話してるんだから 邪魔しないで ・ !

49ちわわ12


♪ あきらめました あなたのことは もう話も かけない

  あなたのそばに 誰がいても うらやむだけ 悲しい

  チワワ は チワワ ひとりで 砂浜を走るのが お似合い ・・
 


小さな恋は 終わりました












その千葉で

台風が近づいているようで 雨模様  いすみ川には いつもの 水上バイクの姿は ない

48いすみ市01

大東崎近くの砂浜  晴れていれば 夏の終わり 最後の海水浴客やサーファーで賑あう所だが

48いすみ市02

この暴風雨の中 ビーチバレーをやっている若者がいる ヤケ ? 意地 ? でも その気持ちはワカる !

48いすみ市03

さて 私たちは 何をしましょう ・・ アマガエルは 涼しくて 気分良さそう

48いすみ市04

いやでも お部屋であそびましょ ・・ ピー子 と 文チャン と 一緒に

48いすみ市05


夏も 終わり ・・  今年は " 雨 " のイメージ でしたね










FC2Ad