G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

マンドリン演奏 (オーストリア旅行記No.31)

ここは オーストリアの グラーツ 豪華なオペラハウスで いよいよ 我々の マンドリン演奏が 始まる

弾き始めると 案外 自分の音や 周りの音が 聞こえるのに 驚いた というか 安心した

ホールの音響は 人の肉声でも うまく響くようになってるみたいで 音の小さい楽器でも 安心して弾けるようだ

私自身 このような海外での演奏会は 何度か経験済みで 特に難易度が高い 目立つフレーズも なかったので

この何年間で めずらしく 落ち着いて弾くことが できました 



我々の目的は 日本文化の紹介

前後に出演した 小倉太鼓 盆踊り ドジョウすくい・・ みんな 本当に 楽しそうにやっていましたね

演奏する時に ベートーベンみたいに しかめっ面して 弾くことは ないんです !

笑顔で 楽しく演奏しましょう !   それが 日本の やり方



それでも・ 終わったら みんな 感激の 涙・涙

緊張が解けたせい ?  それとも?


だって女の子だもん ! ・・ (ややビミョーな反応 : 私)





32演奏01
32演奏0232演奏0332演奏04
32演奏0532演奏0632演奏07
32演奏0832演奏0932演奏10










演奏会場 (オーストリア旅行記No.30)

一ヶ月近く観光の話が続いたが 今回の旅行のメインの目的は 演奏会のお手伝いである


NHK文化センターが中心になって 毎年世界各地で開いている日本文化祭は 今年はオーストリアのグラーツで開催

音楽 踊りだけでなく 書画 彫像 刺繍 染色工芸 など 日本独自の文化を 当地で紹介する 当然 地元との交流も


会場は さすが歴史の街 貴賓席と豪華なシャンデリア そして高い天井が威圧する 絢爛たるオペラ劇場

せめて和服か マイフェアレディの衣装だったら ぴったりなんだが・・ あくまで罪作りな この黄色いヤッケ


しかし 我々は日本を代表して はるばるやって来た これぞ日本のマンドリン! と言わせる演奏をしなければ・・




31演奏前00
31演奏前0131演奏前02
31演奏前0331演奏前04
31演奏前0531演奏前06
31演奏前0731演奏前08










観覧車 (オーストリア旅行記No.29)

ウィーンの観覧車といえば 真っ先に思うのは 映画 第三の男 

私は この映画はまだ見てないので どんな場面でこれが出てくるのか 知らない


なんといっても アントンカラスのチターによる主題歌が 有名なので

いちおう Guitar弾きとしては 一度は ここに来たいと 思っていた


しかし オーストリアでは この映画は ( 主義主張の違いか? ) なぜか不評ということなので

第三の男 は 演奏会でも ボツになった



今から百年以上も前に作られた この大観覧車は 思ったより大型で

なんと ひとつの吊り箱で 三十人位は 乗れそう

上からの夜景は 落ち着いた街だけに きらびやかさ には やや欠ける


でも 大人の雰囲気・・




30ウィーン観覧01
30ウィーン観覧02
30ウィーン観覧0330ウィーン観覧04
30ウィーン観覧05










シェーンブルン宮殿 (オーストリア旅行記No.28)

シェーンブルン宮殿は 歴代ハプスブルク家の離宮 18世紀中ころ マリアテレジア時代の時 ほぼ完成した 

建物は当初 金箔で埋める予定だったが 賢明な王妃は 財政を考えて 金に似た黄色(テレジアイエロー) にしたという


オーストリア第一級の観光地で 当然 世界文化遺産 一つの街に匹敵する敷地に 部屋数は 1400室以上もあるという  

公開しているのは 二階の40室のみ 残りの部屋は 賃貸住宅として一般人が住んでいる というのが おもしろい


豪華な 寝室 大広間など 往時のオーストリアの繁栄が 実感できる



ある日 マリアテレジアの前で 12歳の娘 アントワネットと 友達の 6歳のモーツアルトが 部屋で遊んでいた
モーツアルトが転びそうになって アントワネットが 思わず 彼の腕を 摑んだとき・
モーツアルトは アントワネットに向かって "僕と結婚して下さい! " と言った・・そして・・


その後のストーリーは 歌劇? 映画? 漫画? どれでもいいが・ "ベルサイユの薔薇" を ご参照下さい




29ウィーンシェーンブルン01
29ウィーンシェーンブルン02
29ウィーンシェーンブルン03
29ウィーンシェーンブルン0429ウィーンシェーンブルン05
29ウィーンシェーンブルン06
29ウィーンシェーンブルン07

るるぶ (オーストリア旅行記No.27)

11月初旬の ウィーンさろきんぐ 晴れたと思ったら 雪がちらついたり・・

通りは にぎやかで H.M や MAC など 見慣れた看板も

ウィーン名物は なんてったって シュニッツェル と ウィンナーコーヒー

どちらも 有名なお店で おいしく いただきました
 


27ウィーン石畳0227ウィーン石畳03

28ウィーン食べる0128ウィーン食べる02
28ウィーン食べる0328ウィーン食べる04
28ウィーン食べる0528ウィーン食べる06









石畳 (オーストリア旅行記No.26)

ハプスブルク家が 隆盛を極め オーストリア帝国が 広大な領土を持っていた

モーツァルトや ベートーベンが 活躍し ルイ王朝の 華やかな 宮廷文化が 花開いた

 あのころ・・


緻密な石畳に 往時の繁栄が しの~ば~るる・・ ♪

黙って歩けば よーく わかります




27ウィーン石畳01
27ウィーン石畳04
27ウィーン石畳05

27ウィーン石畳06










音楽の都 (オーストリア旅行記No.25)

ウィーンと言ったら 誰もが 音楽の都を 思い浮かべます

まず 第一は New Year's Dance Party で有名な 楽友協会ホール ここは 前を通っただけ


街角には 音楽家のモニュメントが たくさん 見られます 分かっただけでも

ヨハンシュトラウス シューベルト ベートーベン ブラームス ビバルディ



日本文化祭の参加メンバーのため ウィーン少年合唱隊が わざわざコンサートを開いてくれました

場所は ウィーンで もっとも古い劇場(名前は忘れたが) といわれる所の クアサロン


すぐ近くで マイクを通さない 生コーラス・・ 予想していたのと 別の感動が ありました・・




26ウィーン音楽01
26ウィーン音楽0226ウィーン音楽04
26ウィーン音楽0526ウィーン音楽06
26ウィーン音楽07











美術館 (オーストリア旅行記No.24)

ウィーンで絵画を鑑賞するなら ここ 美術史博物館 KUNSTHISTORISHES MUSEUM

もっとも 全く同じ外観の博物館が 並んで目の前にある これは 自然史博物館 NATURHISTORISCHES MUSEUM


昔 美術の教科書に出ていた 見覚えのある 絵画 彫刻 が ズラーり ン~ m m m

こういった所は ざっと見るのは失礼である 少数を選び じっくりと鑑賞する


ま 脚が疲れているせい かも・

しかし 休憩しながらも 窓や天井は すばらしい ・・



25ウィーン美術01
25ウィーン美術0225ウィーン美術03
25ウィーン美術0425ウィーン美術0525ウィーン美術06
25ウィーン美術0725ウィーン美術08
25ウィーン美術0925ウィーン美術10









教会 (オーストリア旅行記No.23)

オペラ座から ウィーン一の目抜き通り ケルントナー通りを突き抜けると シュテファン広場に出る

ここにあるのが シュテファン大聖堂 首都ウィーンの中心 すなはち オーストリアの中心 である


日本で言えば 城下町のお城 毅然と周囲を見下している

外観もすごいが 中に入ると 権勢を極めた 教会芸術

ゴシック様式の はるかに高い天井は 荘厳な雰囲気を強調する 


この聖なる雰囲気の中で・

殉教者が祭られている祭壇と・ 景観を犯している罪深い人々ども・   似てる・!

懺悔しよう! タイホ程度では 済まされない かも
 



24ウィーン教会01
24ウィーン教会0224ウィーン教会03
24ウィーン教会0424ウィーン教会0524ウィーン教会06
24ウィーン教会0724ウィーン教会0824ウィーン教会09
24ウィーン教会1024ウィーン教会11










ウィーン市庁舎 (オーストリア旅行記No.22)

いよいよ我々は オーストリアの首都 ウィーンの中心にやって来た

昼食は 市庁舎のレストランで しかし この市庁舎 ただものではない

1860年から15年もかけて建設された 世界のゴシック建築の 秀宝

パンフによれば 高塔が並ぶ外観と 隣の催事ホールが有名だが

ここの付属レストランでも 曲面天井やステンドグラスなど

往時のきらびやかな雰囲気を 十分味わえる 本当にすばらしい



たしかに・ ここで黄色のヤッケは 景観侮辱罪 に 値する




23ウィーン市庁舎0123ウィーン市庁舎02
23ウィーン市庁舎0323ウィーン市庁舎04
23ウィーン市庁舎0523ウィーン市庁舎06
23ウィーン市庁舎0723ウィーン市庁舎08












峠越え (オーストリア旅行記No.21)

グラーツやザルツブルク ウィーンなど 旧市街の歴史的建造物もいいが 私は 田舎のふつうの家が 素敵と思う

別宅を設計中だが この雰囲気をぜひ取り込みたい しかし 家だけではどうしようもない 周りの景色がね・

イクステリアデザインの参考にと 不動産パンフレットをドライブインで収集してきた 変な日本人と思われたか・



20bザルツの01
20bザルツの0220bザルツの03
20bザルツの0420bザルツの05










サウンドオブミュージック  (オーストリア旅行記No.20)

ザルツブルクからグラーツへ帰る途中 アルプスの山をバックに 湖と牧場 点々と存在するチロル風の家が美しい

なんという地名か忘れたが ここの教会で サウンドオブミュージックのロケが 行われたそうだ

こんなところに 一ヶ月ぐらい何にもしないで ただ滞在していたい これが私の 旅の究極



20aザルツ途中01
20aザルツ途中0220aザルツ途中0320aザルツ途中04
20aザルツ途中0520aザルツ途中06









似てる?  (オーストリア旅行記No.19)

ベートーベンは ウィーンの自宅から見える教会の鐘が 揺れているのに聞こえないことで 耳が悪いことを知ったという

ホントかな?

ふだんの音楽の練習とか 夫婦の会話とかで すぐ分かるんじゃないの  私は 今の所 ここで よーく聞こえます


胸像のベートーベンは 私に似てる? との問いに みんなシラー

髪がね~ 髪のないデスマスクだったら 少しは 似てるじゃん


モーツアルトもそうだったが ベートーベンの妻も 彼の音楽には 全く理解を 示さなかった らしい

この辺は 私も同感 !  私も 一流の音楽家と 同類に入れた



22ベートーベン顔0122ベートーベン顔02
22ベートーベン顔0322ベートーベン顔04
22ベートーベン顔0522ベートーベン顔06












 

田園 (オーストリア旅行記No.18)

♪ ミ ファ ラ ソ ファ ミ レ ソ  ド レ  ミ  ファ ミ  レ ー・・ poco rit

この道を さろきながら ベートーベンは 交響曲第6番 田園 を作曲したという 私もその気分になって 出だしを歌う

♪ ミードーソ ミードー ソドーミ ソーミ ファーー ・・  これは 終楽章の部分


雨が降っても 落葉や 木々の緑は いっそう あざやか

せっかく 私は ベートーベンの境地に 浸っているのに

連中は ただの散歩 の感じ・・ ッタク!






21ベートーベン庭01

21ベートーベン庭02
21ベートーベン庭0321ベートーベン庭04












ベートーベン (オーストリア旅行記No.17)

モーツアルトが出てきたからには ベートーベンを出さないわけにはいくまい ここは ウィーン郊外

ベートーベンは 何度も住所を変えており ベートーベンハウスも沢山ある ここは 終の棲家となった所

住宅地のふつうの家が 博物館 ザルツブルクでは 町全体がモーツアルト一色であるが ここは地味~・・

オーストリアでは なんてったってモーツアルト 日本とは少し違ってベートーベンは 旗色が悪い




20ベートーベン家0120ベートーベン家02
20ベートーベン家03










モーツァルト (オーストリア旅行記No.16)

レジデンスのすぐ裏 ザルツブルクで一番にぎあうという ゲトライデ通りに モーツアルトの生家がある

ウィーンにも モーツアルトハウスがある そこでは 彼は 晩年(といっても30代)の 2年間を 過ごしている



彼が愛用したピアノ 直筆の楽譜など を見ると 私も モーツアルトになったような気分 になる

しかし・

私は 神童でもないので ここで 音楽のモチーフが ふつふつと沸いてくる ようなことは 無かった




19モーツアルト01
19モーツアルト0219モーツアルト03
19モーツアルト0419モーツアルト05








庭園 (オーストリア旅行記No.15)

ここは ザルツブルク旧市街の対岸にある ミラベル宮殿 庭園が美しい

大司教の別荘だったそうで ザルツァッハ川越しに 大聖堂のドーム ホーエンザルツブルク城塞が望める

庭園奥の階段は ドレミの階段と呼ばれる 音階の上に立って ♪ドーは ドーナツのド~・・




17ザルツ公園0117ザルツ公園02
17ザルツ公園0317ザルツ公園04
17ザルツ公園0517ザルツ公園06










城塞 (オーストリア旅行記No.14)

ザルツブルクのシンボル ホーエンザルツブルク城塞へ登る

大聖堂の裏からケーブルカーで すぐに到着 丘であるので 当然 眺めがよい

西の山は もうドイツ バイエルン州 眼下の街並みは カレンダーを見ているよう・



16ザルツ城山01
16ザルツ城山0216ザルツ城山03
16ザルツ城山04
16ザルツ城山0516ザルツ城山06










街は (オーストリア旅行記No.13)

モーツアルトが 洗礼を受け カラヤンの告別が 行われた ザルツブルクの大聖堂

彼らの 上品で華麗な音楽は この バロック/ローマ混合の 建築様式に 影響されたのか

カラヤンが住んでいたお家は 何の変哲も無い質実剛健の作り 近くには物理学者ドップラーの生家も



15ザルツ町0115ザルツ町02
15ザルツ町0315ザルツ町04
15ザルツ町05
15ザルツ町0615ザルツ町07











ケーキ驚き (オーストリア旅行記No.12)

ザルツブルクのレジデンス近く レストランで 食事

メインディッシュは 忘れたが ザッハトルテ の味は よーく覚えている さすが 本場


窓 が好きな筆者は 窓枠ごしに 写真を 撮ってもらう

なんと! ウィーンの美術館に そっくりの 絵画が あった





12ザルツケーキ01

12ザルツケーキ0212ザルツケーキ03

12ザルツケーキ0412ザルツケーキ05












さろきザルツ (オーストリア旅行記No.11)

ザルツブルクの旧市街は ホーエンザルツブルク城塞から 麓へ 降りたところ

狭い地域に集中している 当然 さろきまわる

レジデンツ広場では 屋外チェスに興じてる人も・



13ザルツ街01
13ザルツ街0313ザルツ街04
13ザルツ街02











宮殿の中庭 (オーストリア旅行記No.10)

ただ今 ザルツブルクを さろきんぐ中

フランチスカーナ教会の尖塔と 特徴ある角屋根が 見える

ここは 歴代大司教の宮殿 レジデンス  (正確にはレジデンス近くの事務棟かも?)

幼少の モーツアルトも ここで ライブ? をやってた という

もちろん 屋外でなく 部屋の中で 豪華なインテリアに 囲まれて・・



11ザルツ塔01
11ザルツ塔0211ザルツ塔03
11ザルツ塔04









ザルツブルク (オーストリア旅行記No.9)

グラーツ市からバスで4時間 峠を越えたところが ザルツブルク

世界で一番美しい都市 とのキャッチフレーズだが・ どれどれ

ザルツァッハ川の流れは 絶えずして ・・ 丘に登れば ホーエンザルツブルクの古城が そびえる ・・ 



10ザルツ01
10ザルツ02
10ザルツ03
10ザルツ04
10ザルツ05
10ザルツ06







グラーツの夜 (オーストリア旅行記No.8)

シュロスベルグ山の 時計台や 旧市街の州庁舎の ライトアップが 幻想的です

ここは

新婚旅行にも 適   ・と 思います



08グラーツ夜01
08グラーツ夜02
08グラーツ夜03
08グラーツ夜04













美しい街 (オーストリア旅行記No.7)

とにかく ヨーロッパの他の街にも言えるが どうして こんなに 街が 美しい のだろう ・・

電柱 電線が見えない つぎはぎだらけの道路がない 広告看板がどぎつくない ゴミが見えない

それだけでなく なんか 根本的に 違う ・・





07グラーツ美しい町01
07グラーツ美しい町02
07グラーツ美しい町03
07グラーツ美しい町04
07グラーツ美しい町05
07グラーツ美しい町06
07グラーツ美しい町07









新市街  (オーストリア旅行記No.6)

さろきんぐに疲れたら トラムに乗ることも出来る

前衛的な建物は 新グラーツ芸術館 (KunstHaus)

シュロスベルク山も 降りるときは エレベーターで  降りたところが 旧市街

近代的な 一面も ある 街




06グラーツ町歩き01
06グラーツ町歩き0206グラーツ町歩き03
06グラーツ町歩き04
06グラーツ町歩き05






窓 (オーストリア旅行記No.5)

05グラーツ窓01

05グラーツ窓0205グラーツ窓03

05グラーツ窓04

05グラーツ窓0605グラーツ窓05


ヨーロピアンスタイルの 窓 には なぜか 惹かれる


神秘的なモデルも 窓 を 引き立てている ・・??











さろきんぐラーツ (オーストリア旅行記No.4)

その土地 その街の良さは 歩いてこそ分かる 特に道が狭い旧市街や丘 など

しかし 昨日は 成田から12時間もかけて ウィーン着 さらに 高速バスで 1時間半

足は ふだん鍛えているので 痛くは無いが なんとなく 身体全体が だるい



04グラーツ町01
04グラーツ町02
04グラーツ町03
04グラーツ町0404グラーツ町05








FC2Ad