G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

鹿谷演奏会 続き

次の 出演 は 二胡 が メイン の 楽団 

おそらく 劉さん の お教室の 生徒さん

低音 は 大型琵琶 と チェロ 各 一台

簫 ( 中国横笛 ) が ソロ楽器 として 活躍 する

右端の空席は 私のために用意してくれてたようだ

いきなり 上がって 一緒に 弾け ! と 言われても ね~


fc01a2日目鹿谷小学校pp
fc02a12434229pp.png
fc03IMG_0687.jpg
fc04a12421368pp.png
fc05IMG_0688.jpg
fc06a12434204pp.png
fc07IMG_0690.jpg
fc08IMG_0689.jpg
fc09IMG_0692.jpg
fc10IMG_0691.jpg
fc11a1930630pp.pngfc12a535167pp.pngfc13a1918289pp.png
fc14IMG_0686.jpg
fc15a1931307pp.pngfc16a10411854pp.png


三番目 出演は 合唱団  

台湾では どこの街でも コーラス団体 が 多い

原住民による 民謡  教会の 聖歌隊  自治会の ママさんコーラス ・

そういえば カラオケ大好き が 多い のも 日本の比 では ない

去年 お友達になった 林さんも 張さんも  おめかしすると きれいだね ・


fc17d01IMG_0694.jpg
fc18d02IMG_0693.jpg
fc19d03a2日目pp
fc20d04a12388077pp.png
fc21d05a12395399pp.png
fc22d06a10150733pp.png
fc23d07a12399051pp.png











鹿谷演奏会

歓迎式典 のあと 演奏会は 体育館で 行う 様 だ

保護者 なども 含め かなりの 観客


小学生 による 中国式合奏 は いいね

二胡  柳琴  琵琶  月琴  揚琴  洞簫 ・

私は みんな 弾いて みたい !



fa01IMG_0664.jpg
fa02IMG_0665.jpg
fa03IMG_0666.jpg
fa04IMG_0682.jpg
fa05IMG_0674.jpg
fa11a1655981pp.pngfa12a10268424pp.png
fa13a10339954pp.pngfa14a1662018pp.png
fa06aIMG_0685.jpg
fa07a1056869pp.png
fa08IMG_0667.jpg
fa09IMG_0683.jpgfa10a12399437pp.png
fa15a2日目鹿谷小学校pp
fa16IMG_0684.jpg










歓迎茶会

校門での 出迎え に 続いて 正面の 屋内スペース にて 歓迎 の 茶会

地元の 元郷長や 元校長 PTA会長 など 有力者が 参加

お茶の 合間 に 贈品の 交換や スピーチ など

撮影隊 も バッチリ



eb01IMG_1202.jpg
eb02IMG_1218.jpg
eb03IMG_1205.jpgeb04IMG_1207.jpg
eb05IMG_1208.jpgeb06IMG_1209.jpg
eb07IMG_1211.jpgeb08IMG_1212.jpg
eb09IMG_1219.jpgeb10IMG_1206.jpg
eb11a目鹿谷小茶芸迎賓ppeb12IMG_1216.jpg
eb13IMG_1228.jpgeb14IMG_1231.jpg
eb15IMG_1230.jpgeb16IMG_1229aa.jpg
eb17IMG_1215.jpgeb18IMG_1225.jpg
eb19IMG_1217.jpgeb20IMG_1222.jpg
eb21IMG_1224.jpgeb22IMG_1227.jpg
eb23IMG_1232.jpgeb24IMG_1226.jpg
eb25IMG_1234.jpgeb26IMG_1235.jpg
eb27IMG_1236.jpgeb28IMG_1237.jpg
eb29IMG_1238.jpgeb30IMG_1239.jpg
eb31a6蔡さんcpp










大歓迎

2015 年 12 月 15 日 演奏会場の 鹿谷小学校 に 到着

鼓笛隊バンド の 音 の 中

校長先生 以下 全生徒 が 校門 で お迎え

地元の 教育委員長 の 劉さん とも 再会  一年 ぶり

凱旋パレード なんか やったことは ないし ふだん 熱烈 歓迎 も されていない 我々 に とって ・

こんな 歓迎 は うれしー ! ! !



ea01IMG_1193.jpg
ea02IMG_1194.jpg
ea03IMG_1195.jpgea04IMG_1196.jpg
ea05IMG_1197.jpg
ea06IMG_1198.jpgea07IMG_1199.jpg
ea08a3蔡さんcpp
ea09a2蔡さんcpp
ea10IMG_1200pp.jpg
ea11a5蔡さんcpppp
ea12a鹿谷小校門熱烈歓迎pp
ea13IMG_1203pp.pngea14IMG_1201.jpg



7 年前 Dolce mandolino で 哺里中学校 に 演奏に 来た 時も 大歓迎 だった  感動 した ! !


  哺里中学校にて 1

  哺里中学公にて 2











野外食事

2015 年 12 月 15 日 

鹿谷 に 行く 途中 竹山 の 野外 バーベキュー場 で 昼食

脂っこい 台湾料理 は やや食傷気味 だが 外で 食べる 竹飯 ? 饅頭 ? みたいな それと 野菜スープ は 美味しい ! !

例によって 蔡さん の 配下の 地元の 先生たち が 一生懸命 準備して くれた もの

食べる 配分 が 分からず どんどん 出てくるので あとの方は もう 食べられない

美味しい のに 申し訳ない が  台湾の おもてなし は だいたい  こんな 風 ・



d01a1蔡さんcpp
d02a1454852pp.pngd03a923353pp.png
d04IMG_1160.jpg
d05IMG_1159.jpgd06IMG_1161.jpgd07IMG_1162.jpg
d08IMG_1165.jpgd09IMG_1163.jpgd10IMG_1164.jpg
d11IMG_1166.jpg
d12a2日目昼食野外ppad13IMG_1167.jpg
d14IMG_1158.jpgd15IMG_1169.jpg
d16a1909761.jpgd17IMG_1168.jpgd18a1001988pp.png
d19IMG_1170.jpgd20IMG_1172.jpgd21IMG_1174.jpg
d22IMG_1171.jpgd23IMG_1173.jpgd24IMG_1175.jpg
d25IMG_1184.jpgd26IMG_1183.jpgd27IMG_1185.jpg
d28IMG_1182.jpgd29IMG_1176.jpg
d30a942552pp.png











お茶とお菓子とバット

2015 年 12 月 15 日  

鹿谷 へ 行く 途中 

例によって 蔡さん の 教え子 の 事業所 ? で  お茶 の 接待 を 受ける


c01IMG_1139pp.png
c02IMG_1143.jpgc03IMG_1140.jpg
c04IMG_1142.jpgc05a2日目お菓子
c06IMG_1141.jpgc07IMG_1145.jpg


お茶 は 本場の 凍頂茶  上品で 美味しい !

ここで 製造・販売 している という お菓子 も 出てきたが これが また 美味しい !


c08IMG_1144.jpgc09a150315.jpg
c10IMG_菓子0005
c11IMG_菓子0004


おみやげ に くれた チーズ風味 の お菓子  

帰国して 家で 食べたが ウィスキー の おつまみ に Good !


c12IMG_2747.jpgc13IMG_2746.jpg



この 事業所 では お茶 お菓子 の ほか 野球の バット も 製造 している そう

工場 を 見学 させて もらう 

S S K ( 佐々木スポーツ ) の下請け も やっている よう

竹 の 集成材 による バット など 珍しい もの も ・


c14IMG_1148.jpg
c15a2日目お菓子バットもc16IMG_1147.jpg
c17IMG_1146.jpgc18IMG_1152.jpg
c19IMG_1149.jpgc20IMG_1150.jpg
c21IMG_1151.jpgc22a1937108a4.jpg
c24IMG_1153.jpgc25IMG_1154.jpg
c25IMG_1155.jpgc26IMG_1156.jpg











山越えずに

2015 年 12 月 15 日 これから 行く のは 台湾中部 の 鹿谷 ( しかだに ) という 所

哺里 から は 山を 越えて 直線的 に 行く方が 近い が 

一旦 西を走る 幹線の 高速道路に 出て そこ経由で 行く方が 時間的 には 短い
 

b01IMG_1132.jpg


途中 車窓から 見える 巨大な ダルマ ? の 坐像  インパクト ある が 詳細は 不明

b02anIMG_2215.jpg
b03IMG_1131.jpgb04aバス移動中
b05anIMG_2214.jpg


皆さん 気づかなかったが 私だけ は 知っている

向こうに 見える 傾いた 送電線の塔

1998 年 の 哺里大地震 を 忘れまい と そのまま 保存している


b06IMG_2008.jpg


途中 蔡さんの 教え子である 地元 世話人 を ピックアップ

b07IMG_1135.jpg
b08IMG_1133.jpgb09IMG_1134.jpg
b10IMG_1136.jpg


この高校も そうだが 付近の ビル は 上部が 尖った 特徴ある 建物

哺里地震 の 経験 から 耐震構造 だそう


b11IMG_1138.jpg
b12IMG_1137.jpg











台湾 3 日目

中断していた Q大 OB OG による 台湾演奏旅行 の 再連載

2015 年 12 月 15 日 宿泊した 牛耳芸術公園 の 朝 から 始まる


その前に 2009 年 3 月 Dolce mandolino 有志 で ここに 演奏に 来た時 の スナップ


    0a01レストランで演奏08pp
    0a02IMG_1147pp.png0a03IMG_1151pp.png0a04aレストランで演奏07ppp
    0a05IMG_1159pp.png0a06レストランで演奏03pp0a07aレストランで演奏04pp
    e02レストランで演奏01
    0a08ストランで演奏05pp



あれから 7 年 経って バックの 景色も 変わった  ただ ・

公園の オブジェの 前で やることは だいたい 同じ


a01IMG_1123.jpg
a02IMG_1126.jpga03IMG_1124.jpg


園内 の レストラン にて 朝食

a06IMG_1120.jpga07IMG_1119.jpga08IMG_1121.jpg
a09IMG_1122.jpga10IMG_1116.jpga11IMG_1118.jpg
a12IMG_1117.jpg


昨夜 は コテージで ゆっくり 寝たし 朝食も 食べて 元気 いっぱい

さて これから また 演奏の 旅 へ


a05IMG_1130.jpg
a13IMG_1129.jpga14IMG_1128.jpg










いすみから 夕暮れ

帰り の アクアライン

蜃気楼 のような ビル の シルエット

羽田に 飛び交う 旅客機 は カモメの 群れ にも 似て

真っ赤 な 夕陽 が お似合い



kc01IMG_3251.jpgkc02IMG_3252.jpg
kc03IMG_3255.jpg
kc04IMG_3256.jpgkc05IMG_3253.jpg
kc06IMG_3254.jpg
kc07IMG_3257.jpg
kc08IMG_3258.jpg
kc09IMG_3259.jpg
kc10IMG_3260.jpgkc11IMG_3262.jpg
kc12IMG_3263.jpg
kc13IMG_3265.jpg
kc14IMG_3271.jpg
kc15IMG_3268.jpg
kc16IMG_3261.jpg
kc17IMG_3267.jpgkc18IMG_3266.jpg
kc19IMG_3269.jpgkc20IMG_3270.jpg
kc21IMG_3273.jpgkc22IMG_3274.jpg
kc23IMG_3279.jpgkc24IMG_3280.jpg
kc25IMG_3277.jpgkc26IMG_3276.jpg
kc27IMG_3283a.jpg
kc28IMG_3272a.jpg
kc29IMG_3275a.jpgkc30aIMG_3284.jpg
kc31aIMG_3285.jpgkc32aIMG_3278.jpg











家の周り いすみ

いすみの海 も いいけど 基本的に ここは 田園地帯

幼い頃に 戻った ような 心地良さ

熊本弁 では " 田んなか " と 言った

夏の 青々 秋の 黄金の波 も いいけど ・

刈り穂 の 跡の 春を待つ 田んぼ の 風情

これも いと おかし


kbk01IMG_3205.jpg
kbk02IMG_3203.jpgkbk03IMG_3206.jpg
kbk04IMG_3204.jpg
kbk14IMG_3246.jpg


いすみ に 来る 目的 は " 別荘のメンテナンス " だが  ついでに 私なりに 楽しむ

生活物資 ( 酒 トイレットペーパー 調味料 ) 調達 のため いすみ の 市中 見回り


kbk05IMG_3207.jpgkbk06IMG_3238.jpg
kbk07IMG_3237.jpgkbk08IMG_3239.jpg


メンテナンス といっても 窓を 開けて 空気を 入れ替える くらい だから 

ゆったり のんびり

環境的 に 私は 絶対 相容れない " 畑に パネル " も 近所 に 増えてきた


kbk11IMG_3247.jpg
kbk12IMG_3243.jpgkbk13IMG_3241.jpg
kbk15IMG_3242.jpgkbk16IMG_3240.jpg
kbk09IMG_3248.jpgkbk10IMG_3250.jpg











癒しの海 いすみ

ここは 大原 向こう は 大東崎   水平線 に お舟 が 遠く 霞んでる

kb01IMG_3185.jpg
kb02IMG_3197.jpg
kb07IMG_3196.jpg
kb10IMG_3201.jpg
kb11IMG_3209.jpg


砂山 の 砂 に 砂 に はらばい 初恋 の 痛み を 遠く 思い いずる日

kb15IMG_3229.jpgkb16IMG_3230.jpg
kb17IMG_3236.jpg
kb05IMG_3199.jpg
kb18IMG_3210.jpg
kb06IMG_3198.jpg


うみ は おおなみ あおい なみ ゆれて どこまで 続く やら

kb12IMG_3202.jpg
kb13IMG_3211.jpg
kb14IMG_3231.jpg


荒磯に 波 ざっぱ~ん  東映 の 映画 が 懐かしい

kb08IMG_3200.jpg
kb09IMG_3186.jpg
kb04IMG_3195.jpg
kb03IMG_3194.jpg











いつもの いすみ

3 月も 半ばを 過ぎた というのに まだ 2 月 の イベントの 記事が 残っている

2016 年 2 月 25 日 ~ 27 日 いすみ 滞在

いつもの通り 行きの コース は ・ 

多摩川を 下って アクアライン 首都圏中央自動車連絡道 の 鶴舞 で 下りて いすみ市 へ


ka01IMGppp.jpg


いつも 撮る 多摩川べり の ビル群 は ニコタマ 付近

ka02IMG_3157.jpg
ka03IMG_3156.jpg
ka04IMG_3158.jpg
ka05IMG_3159.jpg
ka06IMG_3160.jpg
ka07IMG_3162.jpg
ka08IMG_3163.jpg


" 大地の子 "の ロケが 行われた 東芝 浜川崎工場

ka09IMG_3164.jpg


浮島から アクアライン トンネル へ

ka10IMG_3165.jpg
ka11IMG_3166.jpg
ka12IMG_3167.jpg
ka13IMG_3168.jpg
ka14IMG_3169.jpg


私の 好きな 眺め アクアライン 橋梁部

ka15IMG_3170.jpg
ka16IMG_3171.jpg
ka17IMG_3172.jpg
ka18IMG_3173.jpg
ka19IMG_3174.jpg
ka20IMG_3175.jpg
ka21IMG_3176.jpg
ka22IMG_3177.jpg


アクアライン トンネル の 通行料金 は 今でも 800 円

ka23IMG_3178.jpg
ka24IMG_3179.jpg


高滝湖 PA は 昔から ずっと 工事中  あの ピラミッド に いつか 登りたい

ka25IMG_3183.jpg


いすみ の 別荘 に 到着  異常ない ようで ホッ ・ ・

ka26IMG_3245.jpg












目的は

鎌倉 と 言えば やっぱ 小町通り でしょ

ub01IMG_3484.jpgub02IMG_3486.jpg
ub03IMG_3482.jpgub04IMG_3481.jpg
ub05IMG_3478.jpgub06IMG_3480.jpg
ub07IMG_3479.jpgub08IMG_3544.jpg

梅見 と お寺 散策 は ついで  ここで 定例の 宴会 に 参加する のが 本日の 目的

楽しかったー  でも 帰り は 最終電車 を 三本も 乗りついで やっと やっと 帰宅


ub09IMG_3500.jpgub10IMG_3502.jpgub11IMG_3501.jpg
ub12IMG_3503.jpgub13IMG_3505.jpgub14IMG_3515.jpgub15IMG_3510.jpg
ub16IMG_3516.jpgub17IMG_3519.jpgub18IMG_3517.jpgub19IMG_3506.jpgub20IMG_3507.jpg
ub21IMG_3508.jpgub22IMG_3509.jpgub23IMG_3511.jpgub24IMG_3518.jpgub25IMG_3526.jpgub26IMG_3528.jpg
ub27IMG_3504.jpgub28IMG_3513.jpgub29IMG_3514.jpgub30IMG_3520.jpgub31IMG_3521.jpgub32IMG_3512.jpg
ub33IMG_3523.jpgub34IMG_3524.jpgub35IMG_3525.jpgub36IMG_3527.jpgub37IMG_3529.jpgub38IMG_3530.jpg
ub139IMG_3531.jpgub140IMG_3532.jpgub141IMG_3533.jpgub142IMG_3534.jpgub143IMG_3535.jpgub144IMG_3536.jpgub145IMG_3537.jpgub146IMG_3538.jpg
ub147IMG_3540.jpgub148IMG_3541.jpgub150IMG_3543.jpgub155IMG_3549.jpgub156IMG_3550.jpgub151IMG_3545.jpgub152IMG_3546.jpgub153IMG_3547.jpgub154IMG_3548.jpg



町全体の かさ上げ や 巨大防潮堤 の 建設 など

26 兆円 も かけて 三陸地方 では 津波に 強い まちづくり を やっている

しかし いつだったか ・

空から 見たら 鎌倉 逗子 小田原 は 陸前高田市 南三陸町 名取市 にそっくり

こちらには 津波は来ない という 保証 は ない

首都 東京を 始め 日本全国 津波に 打ち勝つ 対策 を 行う のは 不可能

せめて ここ 鎌倉で 飲んでる 時 津波が 来たら どこへ 逃げる か ・

考えて おこう ・ 












八幡宮は

段蔓 ( だんかずら ) は まだ 工事中  

でも 桜の 苗も 植え替え 完了  もうすぐ 完成 しそう

鎌倉 梅見コース には 入ってない が ここに 来たから には 八幡宮 に お参り

八幡宮 には 和服と 女子高生が 良く 似合う

本来なら 顔 を ボカす べき だが 狙った わけでも ないし ・



ua01IMG_3485.jpg
ua02IMG_3461.jpgua03IMG_3471.jpg
ua04IMG_3488.jpg
ua05IMG_3473.jpg
ua07IMG_3472.jpg
ua08IMG_3475.jpg
ua09IMG_3489.jpg
ua10IMG_3490.jpg
ua11IMG_3491.jpg
ua12IMG_3492.jpg
ua13IMG_3493.jpgua14IMG_3494.jpg
ua15IMG_3495.jpg
ua16IMG_3496.jpg
ua17IMG_3498.jpg
ua18IMG_3487.jpg
ua19IMG_3499.jpg



3 月 8 日 は 岩手県 山田町

二年前 訪れた 時 私が 寄贈した 2 台 の Guitar は みんなで 使用されている ようだ

うれしい ね ・














あと二つ

tc00IMG鎌倉梅散策

海蔵寺 を 後に 再び 横須賀線 に 沿って

tc01IMG_3453.jpgtc02IMG_3449.jpg

雨あがり の 住宅街  梅 の 香り に ひときわ ジンチョウゲ の 香り が 混じって ・

tc03IMG_3447.jpg

古い コンクリート の 古い 作り の ビル 昔の 軍の 施設みたい だが 老人ホーム  なるほど

入所料金 1500 万円 使用料 30 万円  誰が 入る ?


tc04IMG_3450.jpgtc05IMG_3448.jpg

坂の 途中に 小さな お稲荷さん  立派な お寺が 並ぶ 中で ホッとする

tc06IMG_3452.jpgtc07IMG_3451.jpg

英勝寺 は これまでの 寺 と 少し 雰囲気 が 違う  尼寺 であり 水戸家 の 威光 も ある とか なるほど ・

tc08IMG_3454.jpg
tc09IMG_3457.jpg
tc10IMG_3455.jpg
tc11IMG_3456.jpg

英勝寺は 時間節約で ちょっと 端折り 八幡宮方面へ さろく と 川喜多映画記念館が   ここも 看板だけ

tc12IMG_3458.jpg
tc13IMG_3459.jpgtc14IMG_3477.jpg

いつのまにか 八幡宮交差点  この向こうに 梅見の寺 ラスト の 宝戒寺 が ある はずだ

八幡宮に 隣接している のに 人影は ない  玄関の 踏み石 が やたら 大きい  梅の方は 入口から チラ と ・


tc15IMG_3460.jpgtc16IMG_3463.jpg
tc17IMG_3464.jpg
tc18IMG_3465.jpg
tc19IMG_3466.jpg
tc20IMG_3467.jpg
tc21IMG_3469.jpg
tc22IMG_3470.jpg



3月10日 陸前高田市にて

街 という ものは ・

昔 為政者 が 城を 造り 家来を 住ませ そこへ 人が 集まった

古い寺社 が あって お参り する人が 集まって それ 目当て の 家が 建った

街道や 港が あって 往来する人 が 増え そのため の 家が 建った

ここ 陸前高田で ・

町全体 を かさ上げ して いったい どんな 街が 出来る だろう か

どじょっこ ふなっこ が いる 小川 や 池 は ある ?

小さな お地蔵さん を 祀った 祠 は ある ?


美しい日本 が 消えてしまう ・ ・












海蔵寺にて

tb01IMG_3429.jpg
tb02IMG_3430.jpg

この和歌 は  娘が 持ってた 手桶の底が 抜けて しまって 月も 水に 映らなくなった  すなわち

娘の 行動で 自分が 人に対して わだかまり を 持っていたのが すっかり 消えてしまった  よかった よかった


tb03IMG_3431.jpgtb04IMG_3432.jpg
tb05IMG_3434.jpg
tb06IMG_3433.jpg
tb07IMG_3435.jpg
tb08IMG_3437.jpg
tb09IMG_3440.jpg

この 仏像は 本堂でなく 入口わきに 安置して あった もの  同級生に こんな 顔が いたね

tb10IMG_3438.jpgtb11IMG_3439.jpg
tb12IMG_3436.jpg
tb13IMG_3442.jpg
tb14IMG_3443.jpg
tb15IMG_3444.jpg
tb16IMG_3445.jpg
tb17IMG_3446.jpg
tb18IMG_3441.jpg



3 月 11 日 楢葉町 にて

帰宅困難区域 から 避難している 人は 避難指示が 解除されて はたして 戻ってくる ?

原発関連 で 仕事を してた 人は 帰っても 仕事 は ない し

家族 4 人 は 都会の方が 住みやすい と 言ってる し

子供 は もう 避難先の 学校 に 馴染んでる し

病院 や 保育所 も 多い し

三陸の 人には 悪い けど

月 40 万円 の 慰謝料 も 当分は もらえる し

仕事を 求めて 引っ越し 定住する のは 普通 でしょ












亀ヶ谷を越えて

tc00IMG鎌倉梅散策


浄智寺 を 出て 国道 を さろきんぐ  踏切 は JR 横須賀線

ta01IMG_3376.jpg
ta02IMG_3414.jpg
ta03IMG_3415.jpg


やがて 亀ヶ谷 切り通し への 分岐  角に 長寿寺 庭を のぞく だけ 

ta04IMG_3416.jpg
ta05IMG_3417.jpg


亀ヶ谷坂 は けっこう 急  切り通し部分 は 車両 通行禁止 その理由 は 急過ぎる のか ? 脇の がけ崩れ なのか ?

ta06IMG_3418.jpg
ta07IMG_3419.jpg
ta08IMG_3420.jpg
ta09IMG_3422.jpg
ta10IMG_3421.jpg
ta11IMG_3423.jpg
ta12IMG_3424.jpg


亀ヶ谷坂を 下りたら 鎌倉の 奥座敷風 の お屋敷まち  風致地区 らしい

ta13IMG_3425.jpg
ta14IMG_3426.jpg


さて 次の 目的 は ?  角に 地蔵堂が あった 海蔵寺 ( かいぞう じ )

ta15IMG_3428.jpg
ta16IMG_3427.jpg



3 月11日夕方  帰宅困難区域 を 通過する

浪江町から 富岡町 間 の 6 号線 及び 常磐道 は 車の 通行が OK

福島 第一原発の すぐ近くで 放射線量を 一か所 測ってみた

地表面で 3 μSv/h ( 年間では 25 m Sv ) くらい

ま 高いことは 高いが 私にとって 危険 という レベル では ない 

通行中 わき道に 入らないよう 警備 が 厳重

映画 の セット みたいな 家並み の 中を

黙々 と 走る













浄智寺は

円覚寺 東慶寺 の そばに あるのに この寺 は ひっそり

素朴な 雰囲気 が いいね ・

でも 見どころ いっぱい で

楽しめました



sb01IMG_3377.jpg
sb02IMG_3378.jpg
sb03IMG_3380.jpg
sb04IMG_3381.jpg
sb05IMG_3382.jpg
sb06IMG_3413.jpg
sb07IMG_3383.jpg
sb08IMG_3387.jpg
sb09IMG_3384.jpg
sb10IMG_3385.jpgsb11IMG_3386.jpg
sb12IMG_3388.jpgsb13IMG_3390.jpg
sb14IMG_3391.jpg
sb15IMG_3389.jpg
sb16IMG_3392.jpg
sb17IMG_3393.jpg
sb18IMG_3394.jpg
sb19IMG_3395.jpg
sb20IMG_3398.jpg
sb21IMG_3396.jpg
sb22IMG_3397.jpg
sb23IMG_3399.jpg
sb24IMG_3400.jpgsb25IMG_3407.jpg
sb26IMG_3403.jpg
sb27IMG_3402.jpgsb28IMG_3406.jpg
sb29IMG_3404.jpgsb30IMG_3405.jpg
sb31IMG_3409.jpg
sb32IMG_3410.jpgsb33IMG_3411.jpg
sb34IMG_3408.jpg
sb35IMG_3412.jpg


3 月 8 日 の リアルタイム は 飯館村

放射線 を 測定した が 今だ 結構 高い

それより も ショックな 光景 は

田んぼ に 積まれた おびただしい 数の 除染廃棄物 の 袋

黒い がん細胞 が 美田 を 犯し続けている よう

美しい 日本 は どこへ 行った ・












東慶寺では

sa00IMG鎌倉梅散策


東慶寺 の 入口で 突然 バケツを ひっくり返した 豪雨  この時期に あるまじき

石畳に ハネる 雨しぶき  滝のように 石段を 流れる  じっと 雨に 耐える 梅の花

こんな シチュエーション も ・   ま いいか ・



sa01IMG_3366.jpg
sa02IMG_3375.jpg
sa03IMG_3367.jpg
sa04IMG_3368.jpg
sa05IMG_3369.jpg
sa06IMG_3371.jpg
sa07IMG_3370.jpg
sa08IMG_3372.jpg
sa09IMG_3373.jpg
sa10IMG_3374.jpg


3 月 9 日 の リアルタイム は 南三陸町

防災庁舎跡 には 報道陣が いっぱい

かさ上げの 土の山に 囲まれて

この町 は 

津波 に 続いて

今度は 土砂の下に 埋もれて しまいそう












円覚寺の庭

rb01IMG_3363.jpg
rb02IMG_3318.jpg
rb03IMG_3364.jpg
rb04IMG_3317.jpg
rb05IMG_3362.jpg
rb06IMG_3311.jpg
rb07IMG_3312.jpg
rb08IMG_3324.jpg
rb09IMG_3325.jpg
rb10IMG_3326.jpg
rb11IMG_3327.jpg
rb12IMG_3342.jpg
rb13IMG_3329.jpg
rb14IMG_3331.jpgrb15IMG_3330.jpg
rb16IMG_3328.jpg
rb17IMG_3334.jpg
rb18IMG_3332.jpg
rb19IMG_3340.jpg
rb20IMG_3345.jpg
rb21IMG_3346.jpgrb22IMG_3348.jpg
rb23IMG_3349.jpg
rb24IMG_3350.jpg
rb25IMG_3347.jpg
rb26IMG_3344.jpg
rb27IMG_3337.jpg


 リアルタイム記事

昨日は 陸前高田市 の 高台にある タイムマシン に 似た 建物 " みんなの家 " にて

地元の 被災者の 皆さん の 生々しい お話し を 聞くことが 出来ました

でも ちょっと 後悔 している  

家族を 亡くされた 被災者の方にとって あの時の 記憶は あまりにも 衝撃 

忘れたくても 忘れられない ましてや 人に その時の 状況を 話す なんて ・

大変 申し訳 ありませんでした

私の 出来る範囲で 今後 復興支援 に 協力したい と 思います












円覚寺は

小雨 が 降ったり やんだり は 狙い通り

観光客ゾロゾロ では お寺の 雰囲気 も ブチ壊し だからね

以下 余計な コメント は なし



r00IMG鎌倉梅散策
ra01IMG_3306.jpg
ra02IMG_3308.jpg
ra03IMG_3307.jpg
ra04IMG_3309.jpg
ra05IMG_3310.jpg
ra06IMG_3315.jpg
ra07IMG_3316.jpg
ra08IMG_3321.jpgra09IMG_3320.jpg
ra10IMG_3322.jpg
ra11IMG_3323.jpg
ra12IMG_3333.jpg
ra13IMG_3338.jpg
ra14IMG_3335.jpg
ra15IMG_3339.jpg
ra16IMG_3336.jpg
ra17IMG_3341.jpg
ra18IMG_3353.jpg
ra19IMG_3343.jpg
ra20IMG_3352.jpg
ra21IMG_3351.jpg
ra22IMG_3354.jpg
ra23IMG_3357.jpgra24IMG_3356.jpg
ra25IMG_3359.jpg
ra26IMG_3355.jpg
ra27IMG_3358.jpg
ra28IMG_3361.jpg
ra29IMG_3365.jpg
ra30IMG_3314.jpg

                    なお 写真撮影は すべて 許可を取っています



 " 余計なコメント "

タイムマシン に 乗って リアルタイム の 3 月11日 に 行ってみる

東日本大震災 から もう 5 年

ここは 南三陸町 10 トン ダンプ と コンクリートミキサー車 が 行きかう

見かけ は 復興 真っただ中  人の 心の 復興 は ? ?

津波で 亡くなられた 方 へ の 鎮魂 の 祈り

ここでも  そして

円覚寺 で ・ ・












こんな日は

2 月 29 日 は 余生 短い 我々に 神様が くれた ご褒美の 時間

鎌倉で 用事 も 出来た ことだし 

梅見 がてら お礼参り の お寺 散策 でも ・




q00IMG鎌倉梅散策


湘南新宿ライン で 新宿 から 直接 鎌倉へ

この線 私も 初めて  

JR も 一生懸命 宣伝している



q01IMG_3287.jpgq02IMG_3286.jpg
q03IMG_3288.jpg
q04IMG_3290.jpgq05IMG_3289.jpg
q06IMG_3292.jpg
q07IMG_3291.jpgq08IMG_3293.jpg
q09IMG_3297.jpgq10IMG_3294.jpg



たしかに ! 

新宿から 一時間 も せず 北鎌倉駅 に 到着

駅前の 街の たたずまい は さすが 鎌倉



q11IMG_3295.jpg
q12IMG_3304.jpg
q13IMG_3296.jpg
q14IMG_3303.jpg
q15IMG_3305.jpg
q16IMG_3298.jpg
q17IMG_3299.jpg
q18IMG_3300aa.jpg











たかね 電気は

太宰治 では ないが  

富士 には 発電パネル が 良く 似合う


o01DSCN1297aa.jpg
o00aIMG.jpg

1 月の 太陽光発電実績    12 月 に 続いて 発電量は 減少  使用量は 増加

売電の インカム は 10000 円 の 大台を 割りそう

発電量の減少 の 原因は   多分 1/18 の 40cm の 積雪 それと 温度特性 も

使用量の増加 の 原因は   20 日間も 家族が 滞在した ため それと エコキュートの 防寒ヒーター も



o02DSCN1241.jpgo03DSCN1273.jpg



最近の 原発の 話題

1 月 29 日 関西電力 高浜3号機 が 再稼働した  九州電力 川内1、 2 号機 に 続いて 2 カ所目 3 基目の 再稼働

プルサーマル燃料 を 使用している炉 としては 震災後の新基準では 初めて  順調に 再稼働が 行われ ホッ

ちなみに プルサーマル とは ウラン に プルトニゥム を 混ぜた 燃料 のこと

日本は 英仏に 核燃料 の 再処理 を 一部 依頼 しており 結果 生成した プルトニウム を 保管している

世界に " 核兵器に転用しない意思 " を 示す ためにも プルサーマル燃料 の使用を 推進して 欲しい


2 月 20 日 再稼働に向け 準備中だった 関西電力 高浜 4 号機 において 

原子炉を 冷却する 配管から 放射能を含む 水が 約 34 ℓ 漏れる トラブル が 発生した



マスコミ は すわ 事故だ ! 再稼働なんて ケシカラン ! 福島の 教訓を 忘れた のか !

機械 は 必ず 壊れる 取り返しの つかない事態に なる前に 原発は 廃絶せよ !



アンタ に 言われなくても 技術者は 機械 は 劣化するもの と 心得ている 

だから 保守、 点検、 整備 を やる のだ !

今回 も 何年も 休止して いたので 配管の モレが ないか 点検していた 

その結果 放射線モニタ などの 監視装置 により モレが 発見された 

モレた 汚染水も レベルが 低く 建屋内で 回収されて 外部への 漏えいも なかった

モレた原因は 付帯装置の 配管接続の ゆるみ で パッキン交換、 ボルト増し締め で 解決した


すなわち 点検・整備 が 普通に 行われた ということで トラブルでも 事故でも ない


自称 専門バカ が アホ マスコミ に対して 吠えてる だけだが

この話 私は 永遠に ディベート する ことができる

稼働 40 年を 越えた 高浜 1、 2 号機 の 新基準適合も 認められ 

我が国 全体としては 私の推す エネルギー政策を めざしているよう


いつもながら この話 なにかと物議を醸す 

そして キリなく 長く なりそう なので   

また 来月 の ココロ だ ー ・



o04DSCN1258.jpg












たかね 夕食は

私が 一人で 食事を 作る 時は スパゲティ が 多い ので 

我が相方 は 私が スパゲティ大好き と 多分 思っている

実際 は 簡単に 出来る ので よく 作る だけ だが 

相方が 作る たかね での お昼 も よく スパゲティ が 出る


  スパゲティ だったら 和風明太子か カルボナーラ でしょ ! 
  インスタントの ナポリタン は バターを 多く 加えないと 酸っぱくて 食べれない ! 
  私は アルデンテ は 嫌い なんだ うどん だって コシが無くなる まで 茹でる 
  5 年前 ? 粉チーズ 使う なら ちゃんと 賞味期限を 調べてから !
  チーズを 削る 道具を なんで たくさん 持ってる の !
  何十年も 一緒に居て まだ 私の好み が 分からないのかね

と いった こと は 一 切 言わない ・ ・ !



n01DSCN1322.jpg
n02DSCN1319.jpgn03DSCN1320.jpg
n04DSCN1321.jpgn05DSCN1323.jpg



夕食 に ついては 心の中から すなわち 心底 満足して おりまーす

出る 言葉 は お昼 と 同じ  " ん ~ おいしい ・ ・ ! " 



n06IMG_3082.jpgn07IMG_3083.jpg
n08IMG_3084.jpg











たかね ケーキ

私は 寒い時に 限って 外仕事  汗 かかない ので それは それで いーのだ

一方 我が 相方 は 一日中 お菓子作り  結構 一生懸命

夫婦円満 の 秘訣 は お互い 相手が やってることに 口出し しない こと

私 は 忠実に 実行 している つもり だが

しかし 食べて 美味しい くらいは 言った方が いーみたい



m00IMG_3137.jpgm01DSCN1246.jpg
m02DSCN1238.jpgm03DSCN1239.jpg
m04DSCN1240.jpgm05DSCN1276.jpg
m06DSCN1242.jpgm07DSCN1243.jpg
m08DSCN1247.jpgm09DSCN1248.jpg
m10DSCN1274.jpg
m11DSCN1244.jpgm12DSCN1275.jpg
m13DSCN1325.jpg
m14DSCN1324.jpgm15DSCN1245.jpg











たかね 梅に鳥

l01DSCN1272.jpg
l02DSCN1235.jpgl03DSCN1236.jpg
l04DSCN1234.jpgl05DSCN1237.jpg
l06DSCN1301.jpgl07DSCN1302.jpg
l08DSCN1227.jpgl09DSCN1231.jpg
l10DSCN1228aa.jpg
l11DSCN1229.jpg
l12DSCN1328aa.jpg
l13DSCN1232.jpg
l14DSCN1229aa.jpg
l15DSCN1230.jpgl16DSCN1326.jpg
l17DSCN1330.jpgl18DSCN1329.jpg
l19DSCN1336.jpg
l20DSCN1334.jpg
l21DSCN1335.jpg
l22DSCN1233.jpg
l23DSCN1332.jpgl24DSCN1333.jpg
l25DSCN1331.jpg











たかね やはり

いつも 何度でも  赤富士

kg02DSCN1300.jpg
kg01DSCN1277.jpg
kg03DSCN1278.jpg
kg04DSCN1295.jpg
kg05DSCN1294.jpg
kg06DSCN1279.jpg
kg07DSCN1280.jpg
kg08DSCN1281.jpg
kg09DSCN1282.jpg
kg10DSCN1296.jpg



この時期 の " 薄曇りの 富士 " " 春霞の富士 " も なかなか いい

kg11DSCN1257.jpg
kg12DSCN1316.jpg
kg13IMG_3106.jpg
kg14IMG_3107.jpg











たかね この山は?

kf01DSCN1303.jpg


いつも 眺める 甲斐駒 鳳凰三山 の 山並み  ところで

漫然と 見ていた時は 気付かなかった が 真ん中付近の 雪が 多く積っている 山稜 は どこ ?

やや 拡大する と 甲斐駒 の 左側 の 位置 に なるが



kf02DSCN1304.jpg


地図 を 並べて 検証 して みよう

たかね の 別宅 から 見て 当該 位置 にある 山 といえば

栗沢山 2714 m  アサヨ峰 2799 m  仙丈岳 3033 m  小仙丈 2855 m



kk00IMG_0001.jpg


標高 と 方角 を 勘案 しても 難しい な ・

栗沢山 と アサヨ か  仙丈グループ か

それとも すべて 重なった 状態 なの か

鳳凰三山 の 南 苺平 ( いちごだいら ) からの 写真 から アサヨ峰 仙丈岳 の 山の 形を 見てみる



kk01aimg_0アサヨ


仙丈岳 は 登ったことがあるので 知ってる が 頂上付近 は 割と なだらか

この 写真から アサヨ峰 も 似たよう  甲斐駒 みたいな 尖峰 では ない


よく 分からない ので  アップの 写真を 見てみよう



ka16DSCN1264.jpg
ka19DSCN1269.jpg


難しい が 現在の所の 結論

馬の背 の 岩稜は アサヨ峰 (左) と 栗沢山 (右)

真ん中あたり ( アサヨ峰の右 ) に 仙丈岳の 一部 が ほんの少し 顔を 出している かも?




ところで もう ひとつ  最初の 絵で さらに 気になる 山群 ( 矢印 ) が ある



kk004ka01DSCN1256.jpg
kk06kf13DSCN1314kkk.jpg


どうも 鳳凰三山 の 地蔵岳 よりも 高そう だ

再び 地図を 見ると  対象の 山 は

高嶺 (たかみね ) 2779 m  小太郎山 2725 m  北岳 3193 m

もし 日本第二 の 高峰 北岳 が 見えた としたら ワクワク

アップ して みる



kk006kc11DSCN1289.jpg
kk006kc11DSCN1289aaa.jpg
kk005kc06DSCN1285.jpg


地蔵岳 と 土続き なら 高嶺  谷を 隔てて 向こう なら 小太郎山 北岳 なんだが

ここも 重なっている ように 見える が ・

地蔵岳 から 高嶺 を 見た 別の 写真



kk02a583_raw高嶺


結論 !  わかりません ・












たかね 甲斐駒 夕

ここ たかね は 東に 八ヶ岳 西に 鳳凰三山 甲斐駒連峰 が ある  

すなわち 日の出 は 遅く 日の入り は 早い

日中 外仕事の 合間に 山を 眺めると 甲斐駒 は すでに 逆光  

そして あっという 間に 日が 沈む


kc01DSCN1317.jpg
kc02DSCN1270.jpg
kc03DSCN1271.jpg
kc04DSCN1299.jpg


逆光の 無くなった 日没直後の 甲斐駒 は 別の 顔

kc05DSCN1283.jpg


鳳凰三山 も 夜の 顔

kc11DSCN1289.jpg


地蔵岳 頂上 アップ

kc06DSCN1285.jpg


観音岳 頂上 アップ

kc10DSCN1286.jpg


薬師岳 頂上 アップ

kc09DSCN1287.jpg


観音岳 薬師岳 の 稜線

kc08DSCN1288.jpg



見る間 に 暮れて 行く 暮れて 行く ・

kc12DSCN1290.jpg
kc13DSCN1291.jpg
kc14DSCN1292.jpg
kc15DSCN1293.jpg
kc16IMG_3108.jpg
kc17IMG_3111.jpg











たかね 甲斐駒 昼

甲斐駒 の 昼の 景色


風で 雪が 飛ばされていて 

まるで エベレスト みたい



ka01DSCN1256.jpg
ka02DSCN1266.jpg
ka03DSCN1250.jpg
ka04DSCN1267.jpg
ka05DSCN1260.jpg
ka06DSCN1263.jpg
ka07DSCN1259.jpg
ka08DSCN1251.jpg
ka09DSCN1252.jpg
ka10DSCN1249.jpg
ka11DSCN1261.jpg
ka12DSCN1262.jpg



鳳凰三山は 遠目には 穏やかに 見えるが ・

ka13DSCN1253.jpg


最高峰の観音岳

ka14DSCN1254.jpg



地蔵岳オベリスク

ka15DSCN1255.jpg












たかね 甲斐駒 朝

たかね の 冬の 楽しみ 


甲斐駒 の朝 ( と言っても 10 時頃 ) の 景色 を  

40 倍ズーム を 使って 


kf01DSCN1303.jpg
kf02DSCN1304.jpg
kf03DSCN1307.jpg
kf04DSCN1305.jpg
kf05DSCN1306.jpg
kf06DSCN1308.jpg
kf07DSCN1310.jpg
kf08DSCN1311.jpg
kf09DSCN1313.jpg
kf10DSCN1309.jpg
kf11DSCN1312.jpg


すぐ 隣の 鳳凰三山 は こんな 感じ

kf12DSCN1315.jpg
kf13DSCN1314.jpg











FC2Ad