G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

友来る

台湾の 蔡さん が 日本に やってきた 今回は 静岡地方を 重点に 観光 したい らしい

昨年12月の Q大OB 台湾演奏旅行 では 何から 何まで 大変 お世話に なった ので ・

本来なら OB会 組織を 上げて 大歓迎 の 接待を やるべき である が ・

しかし これまでの 連絡の状況 から 今回 は 気ままな 撮影旅行 みたい 静岡に 別の 案内人も 居る ようだし ・

そうなれば 私の 得意な テキトー案内 が 最適  名付けて 行き当たりばっ旅  

きっちり 予定を 決めず その場 その時に 行きたい所 みたい所 やりたい事 を 聞き いき当たりばったり 案内する

私も 忙しい ので 初日の 出迎え は OB のメンバー に おまかせ  最後の 二日間だけ 付き添い 案内する



2016 年 4 月 11 日 蔡さん一行 ( 弟さんと二人 ) は 御殿場の ホテルに 泊まっている ということで ・

私は 当日 車で 府中を 出発

府中の 我が家 近くに 最近 出来た 中央高速 の 府中バス停 スマート入口 を 初めて 使う 

八王子JCT から 東名の 厚木に通じる 圏央道 も 初めて 通る

本来の 目的に プラスして 楽しんだり 調査・確認したり するのも  私の 旅行スタイル



q00xIMG_4656.jpg
q01IMG_4676.jpg



御殿場 は 桜 が 五分 散り ?  

今日 は 富士山 が 撮れる !  と 蔡さん 意欲満々 だ が ・



q02IMG_4678.jpgq03IMG_4679.jpg
q04IMG_4677.jpgq05IMG_4680.jpg



要望 を 受けて まず 案内 した のは 富士山 の 絶景ポイント で 有名な  

乙女峠 の " ふじみ茶屋 "

しかし ・  富士山 は 春霞 の 中 
 


q06IMG_4682.jpg
q08IMG_4681.jpg
q07IMG_4683.jpg



「 天気は いいんだ けれど ・ 春 は だいたい こんな 感じ なんでね ー 」

では 箱根名所 の 大涌谷 へ ・  

「 ありゃ ! まだ 通行止め ? 」

「 ロープウェイ が 動いているよう 上から 大涌谷が 望める かな ? 」

「 え ? 姥子 まで の 一駅 しか 動いてない ? 」  

ということで  大涌谷 は あきらめ ! 


( なお 2016年 4 月 24 日 ロープウェイ は もう一駅 先の 大涌谷 まで 動く ことに なった )


q09IMG_4684.jpg
q10IMG_4686.jpgq11IMG_4685.jpg



では 絶対 間違いない所  " 箱根 関所 "

短時間 で 見れる ところ だが じっくり 観光

蔡さん 物見台へ の 急な 石 段 が 大変そう

でも 私が 案内する 時 は だいたい 高いところに 登る の が 定石

私が 台湾に行って お世話になる 時も 同様 

お互い あまり 細かい 心配り は やらない ! 自分が良い と 思うこと を 勧める !

きっちり セットされた よそ行き 顔の 接待でなく 友達 感覚 が いーのだ !  イヤなら 遠慮せず 断ればいい し ・


「 あそこまで 登れば ひょっとして 雲の上に 顔を出した 富士山が 見える かも しれませんよ ・ 」

「 残念 ながら 今日は ちょっと まだ 顔を 出していません でしたね ・ 」

「 でも いい ながめ でしょ ・ 」
 


q12IMG_4695.jpgq13IMG_4687.jpg
q14IMG_4694.jpg
q15IMG_4698.jpgq16IMG_4697.jpg
q17IMG_4699.jpgq18IMG_4696.jpg
q18IMG_4702.jpg
q19IMG_4705.jpgq20a2016-04-11 12.14.29
q21IMG_4700.jpg
q22a2016-04-11 12.15.24
q23IMG_4692.jpgq24IMG_4691.jpg










メトロポリス

新宿 は 私 の シマ

日本一 の バスターミナル " バスタ " が 開場 した ので 見学も 兼ねて ・

この街は 常に 変化 している


e01n2016-04-09 17.42.29
e02n2016-04-09 17.42.39
e03n2016-04-09 17.44.57
e04n2016-04-09 17.47.48
e05n2016-04-09 17.47.56
e06n2016-04-09 17.52.35


ここに 来るのは KO 線 JR 線 地下鉄 の 乗り換え が ほとんど

お昼 に ハナマルうどん か たつ屋の カツ丼 を 食べる ため にも

それと いろんな 道具や 材料 探し で TQ ハンズ

陸橋から 眺めると 昔の 鉄道病院 ビル とか すごいねー


e07oIMG_0952.jpg
e08oIMG_0953.jpg
e09oIMG_0956.jpg
e10oIMG_0957.jpg
e11oIMG_0958.jpg


帰って 府中 D I Y 店 の 屋上

日没後の お気に入りの 富士山を ながめる

神々しい というか ・ 

心霊写真 みたいのが 写って しまった


e12nIMG_0939.jpg
e13nIMG_0940.jpg
e14nIMG_0948.jpg
e15nIMG_0941.jpg
e16nIMG_0943.jpg
e17nIMG_0944.jpg
e18nIMG_0946.jpg










オダマキ

同じ 鉢 です  ずっと 見守って いました

ca01DSCN1467.jpg
ca02DSCN1468.jpg
ca03DSCN1469.jpg
ca04DSCN1470.jpg
ca05IMG_4673.jpg
ca06IMG_4674.jpg
ca07IMG_4675.jpg













電気は ・

    rh01DSCN1460.jpg
rh08abcIMG.jpg

3 月の 太陽光発電 の 売電額 は 23,484 円  

5 ヶ月ぶり に 2 万円台 を 回復

暖かくなって 太陽光発電の 苦手期間も 抜け出した  

株価 じゃない ! 電力収支 は 安定路線 に 戻ってきた



今回の 話題 は  発電パネル公害

北杜市 は 日照時間 が 日本一 風光明媚 で 温暖気候 首都圏 からも 近い ということで

別荘人気 は No.1

それなのに ああ それなのに

山林 を 切り開き 畑 を つぶして 無機質な パネルの 津波が どんどん 迫っている

我が 別宅の 周り も ちょっと見 では 目立たない が

散歩すると あちらにも こちらにも ・

パネル畑 の 向こうに 見える 八ヶ岳 や 甲斐駒 は 実に 味気ない

いずれ 富士山 の すそ野 も パネルに 囲まれて しまうんじゃないの ・


このままでは  北杜市も 住みたくない街 No.1 になっちゃうよー


環境保護条例 など 市の 行政指導 に 期待したい が

北杜市長 は 親族一同 太陽光 発電事業 に 一生懸命 だから ねー

以前 市役所 に 行って 職場を ながめたが 一見して 活気ある まともな 勤務 雰囲気 は 感じられなかった

これまでも ・ 

・ 市議の 別荘開発に 関する 収賄 汚職 

・ 別荘 所有者 に対して 住民税 を 新設  そして 別荘に 法外な 水道料金 を 課す ( 住民からの提訴で 敗訴 ) 

・ 山林税 みたいな 不透明な ( 住民から 金を巻き上げて 木を切ってしまう ) 条例 の 新設

私が 思う に ろくなことは やっていない !

閉鎖的な 地元意識の住人 と 移り住んできた住人 との 融和 も うまくいってる とは 思われない


地方の 政治に 高尚な 行政理念を 期待しても 無理な 話 かも しれないが 

これから は 地方 が 活性化する 時代 

北杜市が 太陽光発電 を 勧める のは おおいに 結構 !  私も 屋根の上に 所有している

ただ 大規模事業 に 対しては 景観 や 環境保護 も 考慮 して !

行政手腕 により すべての 住民が 満足するような 先進的 行政事例 を 望む



rh02IMG_4589.jpg
rh03IMG_4590.jpg
rh04IMG_4591.jpg
rh05IMG_4592.jpg
rh06IMG_4593.jpg
rh07kIMG_4551.jpg

神代桜 の 実相寺 も 太陽光に 熱心










桃色 もものはな

山梨県 笛吹市 一ノ宮町  ここは 日本一の 桃の里

桃 は 桜 と ほぼ 同時期 に 咲く 

花 は いさぎよくない ( = しぶとい ) ので すぐ 散らない 従って 花の 時期 も 長い

桜 と 違って ゆっくり 落ち着いて 花見を 楽しむ ことが 出来る

たかね の 帰り  贅沢な ひとり お花見


rj01IMG_4603.jpgrj02IMG_4602.jpg
rj03IMG_4606.jpg
rj04IMG_4610.jpgrj05IMG_4609.jpg
rj06IMG_4605.jpg
rj07IMG_4607.jpg
rj08IMG_4630.jpg
rj09IMG_4629.jpgrj10IMG_4612.jpg
rj11IMG_4613.jpgrj12IMG_4615.jpg
rj13IMG_4616.jpg
rj14IMG_4617.jpg
rj15IMG_4614.jpgrj16IMG_4621.jpg
rj17IMG_4620.jpg
rj18IMG_4619.jpg
rj19IMG_4641.jpgrj20IMG_4642.jpg
rj21IMG_4627.jpg
rj22IMG_4624.jpgrj23IMG_4626.jpg
rj24IMG_4628.jpg
rj25IMG_4631.jpg
rj26IMG_4632.jpgrj27IMG_4633.jpg
rj28IMG_4637.jpg
rj29IMG_4638.jpg
rj30IMG_4639.jpgrj31IMG_4644.jpg
rj32IMG_4643.jpg
rj33IMG_4647.jpgrj34IMG_4636.jpg
rj35IMG_4635.jpg
rj36IMG_4634.jpg
rj37IMG_4646.jpg
rj38IMG_4649.jpg
rj39IMG_4650.jpg











やはり 働く

先月 2 m ほどで Give-up した 石垣 補修

元気の あるうちに 再度 トライ

約 1 m ほど 延長して 今回 も これまで だー !

途中 でなく 「 これで かんせーい (完成) 」  と しよう !


rg01IMG_4441.jpg
rg02IMG_4442.jpgrg03IMG_4443.jpg
rg04IMG_4485.jpg


これも 途中だった 敷地の東側  土留め

SPF材を 防腐処理 して 柵 みたいに 杭で 固定する 算段  しかし

地面が 堅くて 杭が なかなか 入って いかない   誤算 ! 

しかたない !  あとは 頭を 切りそろえる


rg05IMG_4427.jpgrg06IMG_4439.jpg
rg07IMG_4444.jpgrg08IMG_4447.jpg
rg09IMG_4448.jpgrg10IMG_4454.jpg


SPF材で 7 m 程 土留め の後  その上部の 約 8 m の 土留め は 既成の 連杭を 射ち込む ことに した

手抜き の つもり だった が これも 叩いても 沈んで くれない 

結局  深く 掘り直して 固定する さらに 手間が かかる ことに なった

D I Y なるもの 何事も そう 思った通り には いかない !  

失敗 しながら ・ 工夫 しながら ・


rg11IMG_4428.jpgrg12IMG_4478.jpg
rg13IMG_4479.jpg


さらに また 中途工事 もの

先月 南縁の 土留め は デカい石 を 四つ 並べた ところで 終了していた

四つでは 縁起が 悪い ので もう 一つ 追加する ことに した

この石 が 巨大 ! 上から 少しずつ 斜面を 滑らして 据え付け位置 へ 導く ( チョー危険作業 !! )

これって この間 やってた 御柱祭 ( おんばしらさい ) の 木落 ( きおとし ) だね  石落とし だけど ・

土留めが強化されて 上部に土入れ  難工事 が やっと 終わった ー


  rg14IMG_3129aa.jpg
rg15IMG_4449.jpgrg16IMG_4451.jpg
rg17IMG_4452.jpgrg18IMG_4453.jpg
rg19IMG_4482.jpg
rg20IMG_4481.jpg


これも 追加工事  工事 という程の ものでは ないが

ビオトープに 入ってる ホース が むき出しで 風情がない

竹を 割って 見える所だけ カバー として 取り付ける

ちょっとしたことで  

ここは 兼六園 か ・ 京都の 名庭園 か ・


   rg21IMG_4440.jpg
rg22a2016-04-07 12.57.12rg23IMG_4445.jpg
rg24IMG_4500.jpg
rg25IMG_4495.jpg
rg26IMG_4498.jpg










華やかに彩る

この時期 毎年 きれいに 咲いてくれる 花 々 たち

私 は 慣れた いつもの 景色 だが 

初めて 訪れる 人は すごい ! と 感嘆する

たしかに  

そう 言われれば そう ・



rbc01IMG_4475.jpg
rbc02IMG_4434.jpgrbc03IMG_4467.jpg
rbc04IMG_4483.jpg
rbc05IMG_4438.jpg
rbc06aIMG_4435.jpg
rbc07a2016-04-04 13.57.21
rbc08IMG_4436.jpgrbc09IMG_4497.jpg
rbc10IMG_4466.jpg
rbc11IMG_4429.jpg
rbc12IMG_4430.jpg
rbc13bIMG_4491.jpg
rbc14IMG_4490.jpg
rbc15IMG_4489.jpgrbc16IMG_4488.jpg
rbc17IMG_4486.jpg
rbc18IMG_4600.jpg











富士とコブシ

別宅の 居間から 眺める " 富士山 " と " コブシの大木 " が 美しい

なんとか 両方 組み合わせて ゲージュツ的 写真 を 撮ろう !  と 思うが

天気が 悪くて 山が 隠れたり、 光が 足りなくて 暗く なったり、 位置関係 が うまく 入らなかったり、 ・ ・

FaceBook に 載せられる ような 満足のいく ショット が 撮れない

最大の 原因 は カメラの マニュアル操作 に 習熟 していない こと !  すなわち 腕が 悪い ノ ダ  !

とにかく 数多く 撮って ・  今後の 反省材料



rba01DSCN1458.jpg
rba02DSCN1457.jpg
rba03a2016-04-04 16.32.58
rba04a2016-04-04 17.26.29
rba05aDSCN1459.jpg
rba06IMG_4437.jpg
rba07IMG_4450.jpg
rba08IMG_4455.jpg
rba09IMG_4474.jpg
rba10IMG_4471.jpg
rba11IMG_4472.jpg
rba12IMG_4499.jpg
rba13IMG_4473.jpg












雨でも

この頃の 雨 は うんと 冷たい雨 と 梅雨みたいな 暖かい雨 の 二種類 ある

冷たい時 は 薪ストーブを 焚いて Guitar でも 弾きながら ( = 練習 ) 外を 眺めてる

暖かい時 は 傘を さして 長靴 はいて 庭を 歩き回る  

なにが 生えて きてる かな ?  ビオトープ に なにか いない かな ?

暖かく ても 冷たく ても 植物にとっては 恵みの 雨  みんな 生き生き している


雨 が 上がったら 畑 仕事  

収穫 したり 種を 植えたり ・


晴 耕 雨 読  いや !  晴 耕 雨 楽



rbb01IMG_4492.jpg
rbb14a2016-04-07 12.57.25
rbb02IMG_4493.jpg
rbb03IMG_4598.jpg
rbb04IMG_4433.jpg
rbb05IMG_4496.jpg
rbb06IMG_4431.jpg
rbb07IMG_4468.jpg
rbb08IMG_4465.jpg
rbb09IMG_4464.jpgrbb10IMG_4477.jpg
rbb11IMG_4463.jpgrbb12IMG_4487.jpg
rbb13IMG_4461.jpg












たかね しだれ桜

2016 年 4 月 3 日 

東京の 桜 は そろそろ 散り 始め

たかね の 別宅の 桜 を 確認 に ・


例によって 行き の 運だめし  

モノレール も 石川町踏切 も バッチリ !  

これから なにか ハッピーな 事が 起こる だろう ・


ra01IMG_4417.jpgra02IMG_4418.jpg
ra03IMG_4419.jpgra04IMG_4420.jpg


定点観測 の 中央フリーウェイ の I C 入口 、滑走路 及び 扇山 

夕やみ 迫る中 淡々と 通り過ぎる
 

ra05IMG_4421.jpgra06IMG_4422.jpg
ra07IMG_4423.jpgra08IMG_4424.jpg


我が家の シダレ桜 は  植えて 七年目

着いた 時 は 三分咲き  

帰る 頃 ほぼ 満開


ra12IMG_4432.jpg
ra09IMG_4476.jpg
ra11IMG_4470.jpg
ra13IMG_4484.jpg
ra17IMG_4601.jpg
ra18b2016-04-07 12.57.25 HDR
ra10IMG_4469.jpg
ra14IMG_4599.jpg
ra15IMG_4597.jpg
ra16IMG_4594.jpg











新緑は

うば桜 " と 言われて " けなされた " と 受け取る 女性が 多い が 

真の 意味 は 「 年を 重ねても いつまでも 美しい 」 という 褒め言葉 である

漢字で 書く と 老いた女 の でなく 葉が ある 有葉 である

東郷寺 の 有葉桜 は 本当に 惚れ惚れする


b06IMG_4660.jpg
b07IMG_4665.jpg



花 が 完全に 散って 若葉の 桜 も 清々しくて 美しい

東郷寺 大門 は 映画 " 羅生門 " の ロケ地  " つわものたち " の 絵 が 似合う


b01IMG_4659.jpg
b02IMG_4658.jpg
b03IMG_4662.jpg
b04IMG_4657.jpg
b05IMG_4661.jpg
b08IMG_4663.jpg
b09IMG_4664.jpg



若葉 といえば 府中の ケヤキ並木

心が 洗われる 場所 に 似合わない 政治家 の 街宣

いつも ここで 落ちて 比例で 救われる 元大物 !

まー がんばって ね ・


b10IMG_4666.jpg
b14IMG_4670.jpg
b11IMG_4667.jpgb12IMG_4668.jpgb13IMG_4669.jpg
b15IMG_4671.jpg
b17a2016-04-13 12.02.31
b16a2016-04-13 12.01.22
"












神代の昔から

 お待たせ しました 

樹齢 二千年 " 神代桜 " の 雄姿 を たっぷり ご堪能 下さい


rk51IMG_4530.jpg
rk52IMG_4511.jpg
rk53IMG_4515.jpg
rk54IMG_4512.jpg
rk55IMG_4519.jpg
rk56IMG_4520.jpg
rk57IMG_4521.jpg
rk58IMG_4522.jpg
rk59IMG_4523.jpg
rk60IMG_4524.jpg
rk61IMG_4525.jpg
rk62IMG_4527.jpg
rk63IMG_4528.jpg


日本三大桜 の 残り 二つ 

" 薄墨桜 " と " 滝桜 " の 子供たち も そばに 控えています


rk64IMG_4531.jpg
rk65IMG_4529.jpg


境内で 主役の 神代桜 に 劣らぬ あでやかさ  

身延山 久遠寺 しだれ桜 の 子供


rk66IMG_4552.jpg
rk67IMG_4548.jpg
rk68IMG_4547.jpgrk69IMG_4542.jpg
rk70IMG_4549.jpgrk71IMG_4545.jpg
rk72IMG_4558.jpg
rk73IMG_4556.jpg


宇宙ステーション から 若田さんが 持ち帰った 桜の種が 育っている

六弁の花 も 見られる という " 宇宙桜 "


rk74IMG_4554.jpg
rk75IMG_4553.jpg
rk76IMG_4555.jpg


いろんな 由緒ある 桜 が 並んで いるが

いずれが アヤメ か カキツバタ  ( 比喩 としては ちょっと ?? )


rk77IMG_4550.jpg
rk78IMG_4508.jpg
rk79IMG_4557.jpg
rk80IMG_4546.jpg


帰る 途中も 見事な 桜が いっぱい

誰も 見て くれなくて かわいそー

私 が 眺めている ので

寂 しがらないで ー ・


rk81IMG_4582.jpg
rk82IMG_4580.jpg
rk83IMG_4502.jpg













たかね から 桜

2016 年 4 月 8 日 せっかく たかね に 居る ので 近くの 名所 "神代桜 " を 見に ・

今が 見ごろ なので 混む前の 午前中に 訪れよう  

別宅 付近の 甲斐駒 の 眺め 普段と ちょっと 変わって なかなか

途中の 田園風景 も 桜が いっぱい


rk01IMG_4501.jpg
rk02IMG_4504.jpg
rk04IMG_4506.jpgrk03IMG_4505.jpg


着いたら 結構 人が いっぱい 

でも 大型バスの 団体が まだ 来てない ので 駐車は 一番 近い ところに

桜 の 中心 は 実相寺 の 境内

塀 の 外から 境内を のぞいてる 人 が ズラリ

こちらも のぞきたく なる
 

rk26IMG_4575.jpgrk27IMG_4513.jpg
rk05IMG_4569.jpg
rk06IMG_4570.jpg


のぞいた 景色 は こんな もの

山 と 桜 と お花畑 

美し 過ぎる !


rk07IMG_4566.jpg
rk08IMG_4567.jpg
rk09IMG_4568.jpg
rk10IMG_4571.jpg
rk11IMG_4562.jpg
rk12IMG_4563.jpgrk13IMG_4564.jpg


実相寺 の 境内を 散策

感謝を こめて お寺さん に お参り

今日は お釈迦様 の 生誕記念日 ( 花まつり )


上を 向いて 歩こう

桜 に 囲まれて ・


rk18IMG_4544.jpg
rk14IMG_4535.jpg
rk16IMG_4538.jpg
rk15IMG_4536.jpg
rk20IMG_4537.jpgrk21IMG_4540.jpg
rk22IMG_4543.jpg
rk19IMG_4541.jpg
rk17IMG_4539.jpg
rk23IMG_4561.jpg
rk24IMG_4559.jpgrk25IMG_4510.jpg


" 神代桜 " は ?   スミマセン !  明日 に 続 く ・ ・











さくら さくら

リアルタイム 一週間 遅れ だが 忘れないよう 桜 の 絵 を ・

世の中 ビッグニュースが 飛び込んで くると 過去の 記憶 は すぐに 飛んでしまう

ホントの所 今 熊本地震 で 兄弟や 友人の 被害が 甚大で てんやわんや なのだ ・ ・



府中の 我が 団地内
a01IMG_4411.jpg


隣の 白糸台小学校 にて
a02IMG_4410.jpg


東八道路 20号線接続から 東芝工場西 付近
a03IMG_4412.jpg
a04IMG_4413.jpg
a05IMG_4415.jpg
a06IMG_4416.jpg
a07IMG_4414.jpg


北区 中央公園
a08lIMG_4354.jpg
a09lIMG_4355.jpg
a10lIMG_4356.jpg


北区 滝野川 近くの 石神井川
a11lIMG_4374.jpg
a12lIMG_4368.jpg
a13lIMG_4369a.jpg
a14lIMG_4371.jpg
a15lIMG_4375.jpg
a16lIMG_4377.jpg
a17lIMG_4379.jpg
a18lIMG_4380.jpg


駒込 駅前 の ソメイヨシノ 標準木  開花前 と 散った後
a19l01IMG_0992.jpg
a20l02IMG_0994.jpg
a21l2016-04-09 12.54.51



よのなか に たえて さくらの なかりせば はるの こころは のどけ からまし  在原業平


  以 上










電気はね~

g02DSCN1297bb.jpg

g01IMG_4237.jpg

g03IMGaa.jpg



2 月の 太陽光発電の 売電額 は 19,743 円

雪などの 影響で このところ 売電が 低調だった が やっと いつも並みに 回復した


たかね に 行ったのは 3 月の 初め 

東日本大震災から 5 周年 ということで マスコミでも 特集番組が 組まれたり で 大ブーミング

私も ここ たかねから " 震災被害からの 復興確認 " で 東北行脚 に 旅立った が

その話は また 別の機会に シリーズで たっぷり 掲載する として・




最近 の 原発に 関する 話題


2016 年 3 月 9 日 滋賀県 大津地裁 にて 

福井県にある " 関電 大飯3号・4号機 および 高浜3号・4号機 の 運転差し止め 仮処分 " が 決定され

運転中だった 高浜3号機 が 停止した 

我が国で 司法の手により 原発の運転が 止められた 初めての 事例


世間では クソバカ阿部政権 とか カネまみれの 議員だ など 政治家に対しては 気楽に 非難 中傷する

しかし 裁判官など 司法の世界を 非難したり 中傷する というのは あまり 聞かない

三権分立の 基本機関 なのに 国民から 批判されない というのは おかしい !


そこで 物議をかもす ことを 覚悟して 上記事例を もとに 裁判官に 一言 物申す


今回 裁判所の 判決内容は 以下の通り


 大飯原発運転差止請求事件判決要旨



☆ これの 私なりの 受け取り は 以下の通り


・ 福島の 事故で 我が国 史上 最大の 環境汚染 が発生し 多くの 避難 によって 何十人も 人的被害が 出た

・ チェルノブイリ事故 で ウクライナや ベラルーシ では 20年も 避難区域を 設けている 現実 から

 放射能 による 生命への 脅威は 払拭 できる ものでは ない

・ 原発は 耐震性が十分でなく運転 により 重大事故が 発生する 可能性が ある  これは 生命の安全 を 脅かす 結果となる

・ 経済活動 の自由 は 生命の安全 を 含む 人格権 に 著しい 脅威 を 持たせる べきでは ない 

・ 科学的 知見 により 今後 事故を 防止する ための 施策が 合理的であるかを 検証しなくてはならない



☆ これの 私なりの ホンネのギモン は 以下の通り


● チェルノブイリ事故を 正確に 把握していない

当時の ソ連が 情報管制 していたため 正確な被害状況は IAEA(国際原子力機関) を通しての 情報しか 分からない

特に 環境汚染による 人的被害は 定量的な 放射能データが ほとんど ないため 疫学的 調査 が 不可能

以前は 近くに 核実験場や 放射性廃棄物置き場が あったり その後 国家形態も 変わって 恣意的な 情報操作が 横行している

放射能の脅威 については チェルノブイリは 全く 参考にならない ! 事故後も 隣の 原子炉 は 稼働 していた し ・


● 福島の事故の とらえ方が 世俗的 (合理的でない)

実際 事故による 直接的な 人的被害はゼロ 首都圏など 数百万人に被害が 及ぶ 恐れが あった ? それは 仮定の話

避難する過程で 何十人もの 死者が出た 大被害 ? 三陸では 避難できなくて 何万人の 死者が出た のに ・

我が国 最大の 放射能による 環境汚染は 福島事故でなく 広島 長崎の 原爆 又は ビキニの 核実験 による もの

これらの 環境汚染が どんな結果を もたらしているか 又は もたらしていないか 確認 してくれ !

 
● 天災や 戦争は 裁判官の 範疇 では ない ?

政府は 国民の命を 守る 義務が ある 役にも 立たない 防潮堤 不適切な情報 ( 警報は3 mの津波 ) これの 責任は ?

生命の安全 を 脅かす 事象はたくさん ある 津波で 死んだ人は 知らないなど 言わずに 原発なみに 全て に目を 向けて !

法と正義 に基づく のが 裁判官  原子力基本法 により 安全性を確保しながら 原発の推進 が 歌われている

安全性 に 不安がある という判定 のためには 技術者が納得する 知見 を 持って さらに 法令の 問題点を 指摘すべき

原発を 稼働したら 危険  では 稼働しなかったら 安全 です か ?



言いたいことの 羅列 に 終わったが  所詮 

判決文 の 武装された 文章 には ナシのつぶて

いくらでも 反撃は 帰ってくる


皆さん は 私の ブログ カテゴリー 「 原子力と放射線 」 を 参照 ください

私 は

上級審 の 判定に 期 待 ・











やることは

私だって もう そんなに 余生は 長くない  しかし ・

山を 眺め 花を 愛で 達観 した かの ように

毎日を 暮している わけでは ない

人間 必ず 死ぬ運命 に ある けれど

明日 死ぬかも しれない し あと 20 ~ 30 年 生きながらえる かも しれない

とにかく 今を 一生懸命 生きる ため に 

やること は たくさん ある !



ずっと前から やろう やろう と 思っていた こと  

石垣の 補修

石 は 半年前 に 購入していた

意を決して やり始めた が

重機 も ない 一人の 手作業

誤って 指でも 挟んだら 楽器演奏 生命 が 絶たれる し

腰を 痛めて 動けなくなっても 大変

二日間 目いっぱい やって 2 m くらい  

ここで Give up  また 来月だー



f01IMG_4247.jpg
f02IMG_4317.jpgf03IMG_4251.jpg
f04IMG_4316.jpg



もう ひとつ やりたいと 思っていた のは 庭の 西側の 水路 建設

敷地の 北半分の 雨水は 一ヶ所 に 垂れ流していたが 20 m 程の 水路で 玄関 の ビオトープ に 導きたい

これまでの 排水口を 掘り起し 

三分一用水 を 真似た 分岐溜桝 を 追加 し 

ホースを 埋設 した

入念な 立案調査の おかげで 作業を始 めたら 案外 スムーズに 工事 が 完了 した

今後 は ビオトープ周り  

水車 に するか 獅子脅し に するか



f05IMG_4258.jpg
f06IMG_4256.jpgf07IMG_4257.jpg
f08IMG_4259.jpgf09IMG_4260.jpg
f10IMG_4263.jpgf11IMG_4264.jpg
f12IMG_4261.jpgf13IMG_4262.jpg
f14IMG_4265.jpgf15IMG_4267.jpg
f16IMG_4266.jpgf17IMG_4268.jpg
f18IMG_4270.jpgf19IMG_4269.jpg
f20IMG_4272.jpgf21IMG_4292.jpg
f22IMG_4311.jpgf23IMG_4312.jpg
f24IMG_4271.jpgf25IMG_4314.jpg
f26IMG_4315.jpg











家の中で外で

積雪期 を 乗り越え ますます たくましく なった ジャイアント クレスト

青年期 を 過ぎて 壮年期 の 風貌 ナリ


e01IMG_4307.jpg


山茶花 ( サザンカ ) って こんなに 優雅な 花 だった かな ?  

びっくり ぽん !


e02IMG_3591.jpge03IMG_3592.jpg


話 に 脈絡 が ない が

明るい うちに 風呂 に 入って " 富士見風呂 " に なった 事例


e04DSCN1416.jpg


農閑期 の 畑

昨年は ジャガイモ と 各種 トウガラシ が 大正解 だった


e05IMG_4308.jpg


昨年 秋に 植えた ダイコン は あの 寒い冬 を 経て 今だ 食卓を 飾って くれている

ニンニク も 暖かくなって 元気に なってきた


e06IMG_4238.jpg


この ふきのとう は なにも 手を かけてない

その辺から 摘んで きた


e07IMG_4236.jpg


三年前 仕込んだ 味噌 が 今 大活躍

この 味噌汁 一味 違う !


e08IMG_3578.jpg


ふきのとう と 手作り味噌 の 組み合わせ   

いいねー


e09IMG_3593.jpg


海の幸 山の幸 手作り品   たかね では 本当に 豊かな 食生活

ただ 私の 寄与 は 少ない


e10DSCN1346.jpg
e11DSCN1345.jpg


酒 方面 は 私が メインの プロデュース

いすみ に 生っていた 酸っぱい ミカン の サワー

最近の お気に入り


e12IMG_3577.jpg
e13IMG_4255.jpg











やはり この山

df01DSCN1430.jpg


たかねの春 では 甲斐駒 鳳凰三山 の 画像が 多量に 出てくるが

ここの 別宅は 富士山を 正面に 見るために ある

実際 富士山 も しょっちゅう 眺めている

ただ 南の位置 にある ため 昼間 は 逆光 に なる

絵葉書 みたいな 秀麗な 富士山を 撮る のは 難しい

でも 朝 や夕間暮れ の 風情ある 富士山 は 見れる

撮る 技量に 限界が ある ので 

" 数 撮る だけ " だが ・



df03IMG_0978.jpg
df04IMG_4313.jpg
df05IMG_4303.jpg
df06IMG_4241.jpg
df07DSCN1378.jpg
df08DSCN1379.jpg
df09DSCN1425.jpg
df10DSCN1426.jpg
df11DSCN1427.jpg
df12IMG_4252.jpg
df13DSCN1409.jpg
df14DSCN1408.jpg
df15DSCN1406.jpg
df16DSCN1410.jpg
df17DSCN1407.jpg
df18DSCN1413.jpg
df19DSCN1414.jpg
df21IMG_4254.jpg
df22IMG_4253.jpg
df23DSCN1411.jpg
df24DSCN1412.jpg
df20DSCN1415.jpg



この歳に なると 亡くなる 知人も 多い

いまのところ 私に その 気配 は 無い が

自分 の " 死に様 " も 時々 考える

願わくば 花の下にて 春 死なん も いい が 

やっぱり 私 は

山々に 囲まれて 終焉 を 迎えたい

その時 窓から 

山が 見える だけでも 

いい



df02IMG_4273.jpg











山の上は

飽きず に 山を 眺めて いる と 

晴れたり 時には 曇ったり


うららかな 下界から 頂上を アップで 見る と

烈風の中 雪が 吹き上がる 大嵐


昔 春山に 登った 時  

ピクニック天気 から いきなり 一寸先も 見えない 吹雪に なって

遭難 しそうに なった 経験が ある が


その 様子を ぬくぬく と

家の ソファーに 座って 眺めて いる



dc01DSCN1347.jpg
dc02DSCN1362.jpg
dc03DSCN1349.jpg
dc04DSCN1363.jpg
dc05DSCN1376.jpg
dc06DSCN1351.jpg
dc07DSCN1377.jpg
dc08DSCN1353.jpg
dc09DSCN1352.jpg
dc10DSCN1348.jpg
dc11DSCN1350.jpg
dc12DSCN1354.jpg
dc13DSCN1355.jpg
dc14DSCN1357.jpg
dc15DSCN1358.jpg
dc16DSCN1359.jpg
dc17DSCN1360.jpg
dc18DSCN1361.jpg
dc19DSCN1365.jpg
ka12DSCN1262.jpg
dc20IMG_3585.jpgdc21IMG_3586.jpg
dc22DSCN1364.jpg
dc23DSCN1356.jpg











鳳凰三山と甲斐駒

たかねの春 に 浸りながら 花や鳥を 飽きずに 眺めている

しかし 正直 言うと 何時間も 見てると 少々 飽きる

そんな時には 向こうの 鳳凰三山 甲斐駒 を 眺める

これは 絶対 飽きる ことは ない

そもそも 飽きっぽい というのは 感動を 受け入れなくなった 証拠 

すなわち ボケ の 兆候


ブログに 同じような画像を しつこく 載せる うちは 

まだ 感動 が ある !

脳内 の 活動 は 大丈夫 だー !



dab01IMG_4293.jpg
dab02IMG_4294.jpg
dab03IMG_4276.jpg
dab04IMG_4277.jpg
dab05IMG_4295.jpg
dab06DSCN1420.jpg
dab07IMG_4300.jpg
dab08IMG_4301.jpg
dab09DSCN1421.jpg
dab10DSCN1423.jpg
dab11IMG_4278.jpg
dab12IMG_4299.jpg
dab13IMG_4296.jpg
dab14IMG_4297.jpg
dab15IMG_4279.jpg
dab16IMG_4280.jpg
dab17IMG_4281.jpg
dab18IMG_4298.jpg
dab19IMG_4282.jpg
dab20IMG_4283.jpg
dab21IMG_4284.jpg











たかね 花に鳥

たかね の春 の 中に 紅梅 が ある

よく 見ると

紅梅 の 中に 鳥 が いる

撮ろう と するが

ピント が 鳥 でなく 紅梅 に 合って しまう

ビデオモード では上手く いくのに ね

それでも いいっか ・



bd01IMG_4240.jpg
bd02DSCN1375.jpg
bd03DSCN1369.jpgbd04DSCN1368.jpgbd05DSCN1372.jpg
bd06DSCN1373.jpgbd07DSCN1374.jpgbd08DSCN1371.jpg
bd09DSCN1370.jpg
bd10DSCN1384.jpgbd11DSCN1381.jpg
bd12DSCN1386.jpgbd13DSCN1387.jpgbd14DSCN1388.jpg
bd15DSCN1390.jpgbd16DSCN1392.jpgbd17DSCN1393.jpg
bd18DSCN1394a.jpgbd19DSCN1396a.jpg
bd20DSCN1397.jpgbd21DSCN1400.jpgbd22DSCN1401.jpg
bd23DSCN1402.jpgbd24DSCN1405.jpgbd25DSCN1404.jpg
bd26DSCN1399a.jpgbd27DSCN1403a.jpg



  ビデオ  " たかね 花 に 鳥 "












競う 紅梅

2016 年 3 月 16 日

たかね の 春 に 浸っている

花 で 目立つ のは 紅梅

隣 と ウチの で 張り合って いる


あい変らず 飽きずに ながめてる

晴れたら テラス から

雨 が 降ったら ウチの 窓 から



bc01IMG_4239.jpg
bc02IMG_4246.jpg
bc03IMG_4242.jpg
bc04IMG_3583.jpg
bc05DSCN1342.jpg
bc06IMG_4243.jpg
bc07IMG_4244.jpg
bc08IMG_3584.jpg
bc09IMG_3580.jpg
bc10IMG_3581.jpg
bc11IMG_3590.jpg
bc12IMG_3589.jpg
bc13IMG_3579.jpg
bc14DSCN1338.jpg
bc15DSCN1341.jpg
bc16DSCN1339.jpg
bc17DSCN1340.jpg
bc18DSCN1366.jpg
bc19DSCN1367.jpg



 願わく ば 花の下にて 春 死なん その 如月の もちづきの ころ    西行法師












春 真っ盛り

2016 年 3 月 15 日

遠く に 雪を 被った 山々 が 見えて

近く には 花 が 咲き乱れて いる

これこそ ニッポン の ・ 

たかね の 春


屋上の " 哲学のテラス " から

飽きず に ひねもす 

ながめて いる ・



daa01DSCN1417.jpg
daa02DSCN1418.jpg
daa03DSCN1424.jpg
daa04DSCN1428.jpg
daa05DSCN1432.jpg
daa06DSCN1435.jpg
daa07DSCN1434.jpgdaa08DSCN1433.jpg
daa09IMG_4275.jpg
daa10IMG_4274.jpg
daa11IMG_4285.jpg
daa12IMG_4287.jpg
daa13IMG_4288.jpg
daa14IMG_4289.jpg
daa15IMG_4290.jpg


デジカメ の ビデオモード で 初めて 撮って みた 

動き が 早すぎる !  まだ 初心者 !

ただ FC2動画会員 でないと 見れない のかな ?


 たかね の 山々












たかね やっと春

2016 年 3 月 15 日

昨日は 薄ら 寒かった のに ・ 

太陽 が 照る と  

あっという間に 春 が 来た ー


bb01IMG_4302.jpg
bb02DSCN1419.jpg
bb03IMG_4305.jpg


白梅 は満開  

今年も また スイセン が 顔を 出した  

畑 の ニンニク も 青 が 濃く


bb04IMG_4309.jpg
bb05IMG_4304.jpg
bb06IMG_4245.jpg
bb07IMG_0979.jpg
bb08IMG_3574.jpg
bb09IMG_4310.jpg


盆栽風に 育てる 予定の ナントカ柘植? も 葉を 出した  

桜 の 蕾 は 日一日 大きく なっている

ジャイアントクレスト は いつもながら マイペース ・


bb10IMG_4291.jpg
bb11IMG_4306.jpg
bb12IMG_4249.jpg
bb13IMG_4250.jpg
bb14IMG_4248.jpg












3月の たかね へ

私は あまり 幸せな運命 ではない ようで 

横浜方面に 行っても KQ の " ハッピー イエロー トレイン " に なかなか 出会わない

しかし たかね に 行く 途中 ここ 日野バイパス で モノレール が 通る のには よく 出会う

そんなに 頻繁に 運行してる わけでも ないのに ねー

勝手 に " ハッピー モノレール " と 名付けよう !


a01IMG_3554.jpg
a02IMG_3555.jpga03IMG_3556.jpg
a04IMG_4224.jpga05IMG_4225.jpg


八王子の 石川町 で JR 八高線 の 踏切を 渡る

ここも ほとんど 電車が 通るのを 見たこと が ない が

今回 バッタリ !  

この分で 行くと 宝くじ も 当たる かな ?

でも 交通事故 にも 注意 しよう


a06IMG_3557.jpga07IMG_4226.jpg


定点の 八王子インター 入口 の 打越 交差点

昼の景色 と 夜の景色 が ある のは 3 月 6 日 と 3 月 13 日 の 二回分

実 は たかね に 出かけ 途中から 東北へ 震災見舞いで 遠征  

その後 自宅へ戻り 再び たかね に 出かけた ため


a08IMG_3560.jpga09IMG_4227.jpg


2016 年 3 月 6 日 の 中央フリーウェイ の 滑走路 から  今日は 霞か 雲か 奥多摩の 山々が 見えない

a10IMG_3561.jpg


小仏トンネル 手前  もやって いる のは 霞 でも 雲 でも なく スギ花粉 ! 

a11IMG_3562.jpg


いつもの たかね三山 ( 扇山 百蔵山 岩殿山 )

a12IMG_3567.jpg
a13IMG_3570.jpg
a14IMG_3568.jpg
a15IMG_3571.jpg


そろそろ " たかね 四山 " として 加わる か  鶴ヶ鳥屋山

a16IMG_3572.jpg


日本一の桃の里 から 南アルプス が 見える はず だが  いつも そうとは 限らない

a17IMG_3573.jpg


今日の たかね は 朝 は -3℃ くらい に なった らしい  隣の ウメ は 咲いてる が 桜 の 蕾 は まだ 堅い

a18DSCN1343.jpg
a19IMG_3575.jpga20IMG_3576.jpg
a21DSCN1344.jpga22IMG_3587.jpg
a23IMG_3582.jpg










芽吹き

暖かく なって 府中の 我が家の 花の 手入れ も しなくては ・

manot氏 みたいに ひとつひとつ 紹介していては いつまでも 終わらないので 

まとめて ・



ベランダから のぞくと 枯草が いつのまにか 緑の 絨毯
m01DSCN1455.jpg


ケヤキ は 一日にして 若草色の 花が 咲いたよう
m02DSCN1456aa.jpg


冬中 ゼラニューム が 頑張ってた 北窓
m03DSCN1448.jpg

南ベランダ は 土の 入れ替え とか 久しぶりの 手入れ
m04DSCN1440.jpg
m05DSCN1439.jpg

みんな 昨年から ほっといて 冬越 し エライ !
m06DSCN1438.jpg

アブチロン なんか 真冬でも ずっと 花を 付けていた
m07DSCN1442.jpg

スーパーアリッサム は 一年草 じゃ なかったっけ ?  でも 今も 青々
m08DSCN1441.jpg

ベコニア も 寒さに 弱い と 聞いていた 赤 は 枯れたが 白 は 元気
m09DSCN1443.jpg

若い ゼラニューム は 季節に 関係なく ずっと 咲き誇っている  さすが " のべつまくなし "
m10DSCN1446.jpg

ゼラニューム の " こぼれ種 " から 芽が 出ていた ので 確保 !
m11DSCN1449.jpg

先日 いただいた オキザリス 私の所で うまく 育つ か ・
m12DSCN1450.jpg

アオイ は ここでは 窮屈そう たかね で 地植え して のびのび 大きくなって もらおう
m13DSCN1454.jpg

もともと " こぼれ枝 "から こんなに 大きくなってしまった 金の成る木
m14DSCN1445.jpg

アマリリス は 増えて 10 鉢 くらいに なった すべて 土替え
m15DSCN1437.jpg
m16DSCN1451.jpg

夏は日差し を 遮ってくれる フウセンカズラ の 種 植え
m17DSCN1452.jpg

家の中の ポトス は 季節に 関係ない 伸びたら また 誰かに あげよう
m18DSCN1453.jpg



さて 花の手入れも 終わった ので 桜を 見に 行こう

神代植物公園 の ソメイヨシノ は まだ 一分咲き

東郷神社 の シダレザクラ は 五分咲き

2016 年 3 月 29 日


m19IMG_4339.jpg
m20IMG_4340.jpg
m21IMG_4342.jpg
m22IMG_4345.jpg
m23IMG_4344.jpg












鹿谷の夜は

小学校での 演奏会 打上げ も 含めて 本日の スケジュール は 終了した が

Q大マンクラ の 血を 引く 我々 としては このまま 終わらない


夜も 更けた が みんな 楽器を 持って 三々五々 ロビーに 集まる

学生時代 昼休み に 部室で 憑かれる ように 弾いていた

自分たち で 弾いて 楽しむ ・

Mandolin 野郎 たち ・

夜の 更ける のも ・

忘れて ・



k01IMG_1284.jpg
k02IMG_1278.jpg
k03IMG_1279.jpg
k04IMG_1280.jpg
k05a1450770pp.png
k06IMG_1281.jpg
k07IMG_1285.jpg
k08IMG_1286.jpg
k09IMG_1287.jpg
k10IMG_1289.jpg
k11a1蔡さんbpp
k12a2蔡さんbpp
k13IMG_1282.jpg
k14IMG_1288.jpg
k15IMG_1283.jpg


台湾演奏旅行 は まだ 3 日目  

しばらく リアルタイム記事の 後 続き を 連載します  

乞う ご期待 !













鹿谷 歓迎晩餐会

部屋で 落ち着く 間も なく 招集が かかる

昼間 歓迎を 受けた 先生たち PTA 役員 地元の有力者 

みんな 交えて 近くの 餐庁 (レストラン) にて 大歓迎会

さすが 台湾でも 地方 (田舎) の 人々

飲みっぷり 騒ぎっぷり が 豪快



i01IMG_1248.jpg
i02IMG_1249.jpgi03IMG_1247.jpg
i04IMG_1276.jpgi05IMG_1250.jpg
i06IMG_1252.jpgi07IMG_1255.jpg
i08IMG_1253.jpgi09IMG_1254.jpg
i10IMG_1259.jpgi11IMG_1263.jpg
i12IMG_1257.jpgi13IMG_1260.jpgi14a10584068pp.png
i15IMG_1262.jpgi16IMG_1261.jpg
i16IMG_1266.jpgi17IMG_1267.jpgi18IMG_1268.jpg
i19IMG_1270.jpgi20IMG_1271.jpgi21IMG_1272.jpg
i22IMG_1264.jpgi23IMG_1273.jpgi24IMG_1269.jpg
i25a1914762pp.pngi26IMG_1274.jpg











泊まりは

鹿谷小学校 での 演奏も 終了 し 

心よい 疲れ の中で 今夜の 宿 へ

途中 の 鹿谷 の 街並み は 割と にぎやか


g01IMG_1192.jpgg02IMG_0710.jpg
g03IMG_1191.jpg
g04IMG_1188.jpgg05IMG_1190.jpg
g06a947023pp.png


宿に 到着して 部屋で 一休み

窓から 見る 異国 の 夕暮れ

シングル ルーム は 侘しい ね ・


g07IMG_1240.jpgg08IMG_1241.jpg
g09IMG_1242.jpg
g10iIMG_1244.jpgg11iIMG_1243.jpg
g12IMG_1246.jpg
g13IMG_0711.jpg
g14iIMG_1245.jpg











鹿谷演奏会 我々は

さて トリ は ・

日本の マンドリン音楽の 威光魔人 と なるべく


演奏曲 は 

1. シシリーの牧歌  2. ビバルディのアンダンテ  3. ひまわり  4. 百万本のバラ

5. 望春風  6. 花若離技  7. 時の流れに身をまかせ  8. 浜辺の歌  9. ミレーナ

アンコール ペンシルバニアポルカ


体育館の 反響が 悪く 観客が 満足できた か どうか ?? だが

たぶん この 鹿谷 で 子供たち が マンドリン を 聞くのは 初めて

子供たち に 記憶の 足跡 が 残れば いいか 



fe01a12367095pp.png
fe02a7蔡さんcpp
fe03a12421643pp.png
fe04a12404279pp.png
fe05a8蔡さんcpp
fe06f01IMG_0695.jpgfe07f02IMG_0698.jpg
fe08f05IMG_0702.jpg
fe09f03IMG_0701.jpgfe10f06IMG_0706.jpgfe11f04IMG_0705.jpg
fe12f07IMG_0708.jpg












FC2Ad