G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

田端 青砥 あたり

これも アンサンブル・ラピスラズリ 合奏練習 の 折

JR 田端駅 の 近く なので 当然 ついで の さろきんぐ

途中  赤紙 仁王尊 で 有名な 東覚寺

願い事 は もちろん  

「 Guitar が もっと 上手く なりますように ・ 」



aaac01cid_A4C4E7DB-8136-41E0-8DEE-27D3AD34254B.jpg
aaac02cid_83128AD0-86E7-40DD-B1A3-07939996E2AF.jpg
aaac03cid_543D0E4B-783D-42F5-8106-C3F2E907857D.jpg
aaac04cid_154B6C93-7488-4D7D-9277-17673AD2F7BF.jpgaaac05cid_152C024B-E7FE-4010-9B35-1ABA0F9A3379.jpg



別の日  合奏練習 では ない が 

アンサンブル・ラピスラズリ の 姉妹楽団 である " 未完成 " の 演奏会 を 聴き に

青砥 駅 近く の かつしか シンフォニーヒルズ は 最近 何かと よく 来る

私は いつも 舞台上 に 居る ので エネルギー を 使う 立場 で ある が

客席から だと リラックス できて  いいね ~

マンドリン を 楽しめる し 

自分たちに 照らして の 反省点 も 見えてくる



aaac06bbIMG_1572.jpgaaac07bbIMG_1574.jpg
aaac08bbIMG_1571.jpgaaac09bbIMG_1573.jpg
aaac10IMG_1562.jpgaaac11IMG_1565.jpg
aaac12IMG_1564.jpgaaac13IMG_1566.jpg
aaac14IMG_1567.jpg
aaac16IMG_1568.jpgaaac17IMG_1569.jpg
aaac18IMG_1570.jpg












武蔵浦和 付近

今年の 一月から アンサンブル・ラピスラズリ の 合奏練習 に Guitar で 参加 している が

みんな 難曲で 苦労 している ということで 希望者 による 自主練習 に 参加

場所 は 武蔵野線 が 埼京線 と 交わる あたり JR 武蔵浦和 駅前 の コミュニティセンター


出てくる人は 私を除 いて ほとんど 追加練習 の 必要の ない 人

せっかく 一緒に 合わせてくれる ので ありがたく 練習させて 頂 きました

他人の音が よく 聞こえる ので 収穫

終わって 飲み会は 必須


   さいたま市  2015 年 4 月 20 日 も


aaab00IMG_7548.jpg
aaab01cid_1FC76D5D-8B7D-4143-9E63-3381B00E48E2.jpg
aaab02cid_273613D2-2F08-450B-9C5E-8935D88291FA.jpg
aaab03cid_F4C3E9AA-999E-452E-A279-0D787FBA1925.jpgaaab04cid_AF81ECCC-7704-499D-B404-89C776945E3E.jpg
aaab05cid_1B0EBC0F-7858-4E8A-B84E-83A4D84764DF.jpg
aaab06cid_8C6CAEE3-B7DA-48EF-8E46-3F25FE17B7B1.jpg
aaab07cid_485454F1-C39E-43E7-979F-881CB60C9875.jpgaaab08cid_0CD7D002-FB4A-4F0D-BDA6-DA715D6CA434.jpgaaab09cid_29AC7897-DCC2-4DB2-BAE8-26F4A1D6E81E.jpg
aaab10IMGラピス第7回定演











地元近く

ここは 中央線 と 武蔵野線 が 交わる ところ 西国分寺 駅

武蔵野線 が 開通した時 ( 昭和48年 ) に できた 比較的 新しい 駅


なんで 東国立 ( ひがし くにたち ) 駅 でなく  ダサい 西国分寺 駅 に 命名 したか と 言うと

当時 国分寺 駅前 に 鉄道 研究所 が あって 国鉄の 本拠地で あった こと

それと 国立駅 自身が 分寺 と 川 の 間に 出来て 国立 と 名前を 付けた 合成名 の 駅

今回 さらに 立駅 と 分寺駅 の 間 に 新駅 が 割り込む ことに なった 

そうすると 国 国 駅 となるが 

今と なっては それも 面白いかな ・ と 思う



cvc01IMG_1680.jpg



西国分寺 駅前  

一見 廃墟みたいな デザイン の いずみホール と 区画整理後 の アパート

この辺 住宅地 なので 近未来的な デザイン より こんな 重厚な デザイン が 好まれる のかな ?



cvc02IMG_1679.jpg



今日の さろきんぐ は 武蔵台 を 通って 行こう

府中の この付近 何十年 も 住んでいたが この通り は 初めて



cvc03IMG_1678.jpg



史跡通り と 名称 が  古代土器 でも 出た のかな ?

普通の 団地内 の 並木道 だが 気持ち 良い



cvc04IMG_1682.jpg
cvc05IMG_1683.jpg



いちおう 目的 は 病院 を 訪問 する こと

以前 は 都立 府中病院 と 馴染んで いた が 今は 府中メディカルプラザ と いう らしい



cvc06IMG_1677.jpg



以前 は この 建物 が 病院 の 本館 だった ような

今 は がん検診センター と なっている

今後 お世話になる かも しれない



cvc07IMG_1668.jpg



がん検診センター の 横 に 巨大な 建物 が できていた

広大な 駐車場 12 階 建て の 高層 ビル 官庁街 みたいな 建物群

バスや 車が ひっきりなしに 行き来する ずいぶん にぎやかー

中に 入ると まるで ショッピングモール

これが 病 院 ?



cvc08IMG_1674.jpg
cvc09IMG_1675.jpg
cvc10IMG_1676.jpg
cvc11IMG_1669.jpg
cvc12IMG_1670.jpg
cvc13IMG_1673.jpg
cvc14IMG_1671.jpg
cvc15IMG_1672.jpg












日本橋にて

ooa01IMG_1643.jpg
ooa02IMG_1639.jpg
ooa03IMG_1640.jpg
ooa04IMG_1644.jpg
ooa05IMG_1642.jpg




東京駅 の八重洲口 から 徒歩で 数分

こじんまり とした ギャラリー で 個 展 を 見る

マンドリン教室 で 懇意に なった 元 会社社長 の S さん

80 才 の 米寿記念 に 趣味 の 絵画 を 披露する という

60 才 の とき 始めて 数々の 病歴 と とも に ここまで 大成 した

仕事に 趣味に 奔放に 生きる 人生観 は 素晴らしい !  そして うらやましい !


ooa15IMG佐野展
ooa06IMG_1645.jpg
ooa07IMG_1646.jpg
ooa08IMG_1648.jpg
ooa09IMG_1650.jpg
ooa10IMG_1651.jpg
ooa11IMG_1647.jpg
ooa12IMG_1649.jpg
ooa13IMG_1652.jpg
ooa14IMG_1653.jpg












ここは 日比谷

oo51IMG_1606.jpg


皇居前 広場 を さろきんぐ中

巨大ビル に 囲まれた 空間 は 狭く 見える が

歩く と なかなか 広い

かなり 歩いた と 思った が 景色 は 全然 変化していない !



oo52IMG_1607.jpg
oo53IMG_1609.jpg
oo54IMG_1611.jpg


またぞろ 巨大ビル が 建設中  も あれば

明治生命館 ( 重要文化財 ) みたい に 

前を 残し 後ろの 敷地 に 巨大ビル が 建つ ところ も



oo55IMG_1612.jpg
oo56IMG_1610.jpg


日比谷堀 沿い は 建物 を 眺めてる だけでも 飽きない

帝国劇場  第一生命 ( 元GHQ )  帝国ホテル ・

向こうは 日比谷公園

以前 TO芝 の 本社が あった 日比谷 電電ビル ( 現 NTTビル ) が なつかしい !



oo57IMG_1615.jpg
oo61IMG_1614.jpgoo62IMG_1630.jpg
oo63IMG_1618.jpg
oo64IMG_1621.jpg
oo65IMG_1623.jpg


ここの 濠 の 白鳥

なぜか 通る人を 一生懸命 追いかけてくる

せっかく だから 撮って あげる



oo58IMG_1619.jpg
oo59IMG_1620.jpgoo60IMG_1617.jpg


日比谷 から 有楽町 方面 へ

昔から あって なぜか 鮮明に 覚えている 富士電機 の 看板

航空写真 で 見たら エアコン の 熱交換器 だった

10 階 全部 が カラオケ なんて 最近 出来たんだな

有楽町駅 付近 の ガード下  いつまでも 古いままで いて 欲しい


♪  あなた を まてば あめ が ふる  ゆうらくちょう で あいましょう ・

♪  エィー ビー シー X Y ズィ~  これが おいら の くちぐせ さ  にしぎんざ えきまえ ・



oo66IMG_1624.jpgoo67IMG_1625.jpg
oo68IMG_1627.jpgoo69IMG_1628.jpg
oo70IMG_1632.jpgoo71IMG_1629.jpg
oo72IMG_1631.jpgoo73IMG_1635.jpg
oo74IMG_1633.jpg
oo75IMG_1634.jpg
oo76IMG_1636.jpg


バブル崩壊 で 消えた 日債銀 の ビル か ?

こんな 不安定 な つくり だから 倒産 して 当然か

いつの 間にか いや ! 

やっと やっと 東京駅 に 戻って来た



oo77IMG_1637.jpgoo78IMG_1638.jpg
oo79IMG_1641.jpg












ここは 東京駅

2017 年 3 月 1 日  久しぶり の 東京駅 

駅舎の 改修も 終わっている ので 中を 見学

ドームの 中は アムステルダム風 で いいね

初期の 古い レンガ壁 も 一部 残して ある



oo01IMG_1580.jpg
oo02IMG_1583.jpg
oo03IMG_1584.jpgoo04IMG_1581.jpg
oo05IMG_1579.jpgoo06IMG_1578.jpg



丸の内 側 から 外に 出て 東京駅 を 見てみる

前は まだ 工事中で なかなか ナイスショット の 場所 が 見つからない

遠 く から 全体が 撮れる が 後ろ の 巨大ビル群 は  なんとなく 駅 と 相性が よくない ね

昔 の 東京駅 プラス 丸ビル は ぴったりで まさに " ニッポンの 名景色 " と 思っていたが

現在 は ちょっと 中途半端 で  あまり 撮る 甲斐 が ない

 

oo07IMG_1586.jpg
oo08IMG_1588.jpgoo09IMG_1589.jpg
oo10IMG_1592.jpg
oo11IMG_1593.jpg
oo12IMG_1596.jpg
oo13IMG_1597.jpg
oo14IMG_1598.jpg



それにしても 一つ一つの ビル が 50 階 以上 も あって 迫力 は 満点

名だたる 日本 の 有名企業 の 本社 が 並ぶ

未練たらしく 丸ビル の 外壁 だけ など 残さず さっぱり 近代 ビル ばか り に した方が

東京駅 との バランス には いい ような 気が する



oo15IMG_1585.jpgoo16IMG_1590.jpg
oo17IMG_1587.jpg
oo18IMG_1591.jpg
oo20IMG_1600.jpg
oo19IMG_1595.jpg



今日の ヤボ用 は 夕方から だから まだ 1 時間 以上 時間が ある

皇居 の お堀 あたり を さろきんぐ して みよう

和田倉濠 ( わだくら ぼり ) には 鳥 たち が いっぱい

水面に 映る ビル の 絵 を 壊しまくっている よう ・

鳥 を 撮る 人  散歩する 人  どっかの 観光客 ・

そして それら を 眺めている 私





oo21IMG_1601.jpg
oo23IMG_1604.jpg
oo22IMG_1603.jpg
oo24aIMG_1605.jpgoo25IMG_1602.jpg











たかね 電気は

nnh01IMG_1477.jpg nnh02IMG_1420.jpg
nnh03IMG_1421.jpg
nnh04IMG発電2017年1月


1 月 の 太陽光発電 売電量 は  503 kW  18,626 円

1 月 は 好天 続き で 発電量 は 増えた が 

滞在日が 多かった 事 凍結防止 ヒーター が 働いた ことで 電力 使用量 も 増えた ので

こんな ところ か ・



エネルギー 評論

アラブの 王様たち が 1000 人 の 親族を 従えて 日本に 遊びに 来る という ( 3 月 12 日 に 来た )

もちろん 首脳会談 等 も 行い 研修旅行的 意味 も ある だろうが  とにかく 超 豪遊  

ホテル は 四つ星 以上 移動 は すべて 高級ハイヤー 

飛行機 の タラップ用 エスカレータ まで 持ち込む という


石油 で 潤ってる国 だから しょーがない か とも 思う が よく 考える と

大手 メジャー 経由 で 石油 を 大量に 買ってる のは 我が国

我々 が 汗水 たらして 稼いだ お金 で 彼ら は 遊び 放題 ~ なのだ

やっかみ 半分 うらやましさ 半分 とにかく 資源の ある 国 は い~ね~


ま いくら 嘆いて みた とて 日本 に 石油 が 噴出する はずは ない 

エネルギー関連 で いえば 我が国 は せっかく 稼いだ お金 を どんどん 気前よく 外国へ 供出 している

先月 の ブログ でも 言った が 原発 が 停止 して それを 補完 するのに

これまで 20 兆円 以上 の 燃料費 が 海外へ 流出 している


さて ・   では どうする ?  を 提案する のが 私 の 評論 !

なんだ ! また 原発 再稼働 に 話を もっていく つもり だな と 勘ぐられそう だが  そう では ない !


いろんな 国が ある 中で 石油が 出る のは その国 の 国力 が 強い と いうこと で ある

" 我が国 は 天然資源 に 乏しい という 弱点 を 持っている " という こと を まず 自覚 しなければ ならない

その上 で では 我が国 の 強い ところ は 何 か ? を 考えよう 


誰も が 考える のは 科学技術力 、 芸術文化における 先進性 、 勤勉な 国民性 、 近代的 政治体制  ・

要 は 人的 資源   

江戸の 昔から 人々の 教育に 力を 注ぎ 国民 全部が 努力してきた 結果 である

では この 人的資源 を 武器に 世界に対して どう向かっていくか 日本の 繁栄に どう 結び付けていくか 

具体的に 考えて みよう


ひとまず 我が国 の 第一次産業 で 考えてみる 

エネルギー と 同様 資源 の 奪い合い となっているのが 水産業

これに対して 方向は ひとつ !  我が国は 養殖技術 を 駆使して 資源保護 水産業 に 徹する !

少なくとも マグロ、 うなぎ、 エビ、 カニ、 くらいは 完全養殖 で 賄える ように したい

貝類 海藻類 なども 狭い 日本で 大量の 養殖が 可能  

瀬戸内海、 富山湾、 若狭湾、 むつ湾 ・ みんな 日本の 食料蔵 になり得る


規模と 値段で 海外に対して 競争力 のない 農業

いつも 外国へ 行くと 思う が リンゴ イチゴ ブドウ などは 日本産 が 絶対 美味い

高級品種 を 作る 技術 は 持っている これを 大規模化 すれば 武器 になる

ビニールハウス を 発展させて 施肥 温度管理 など 育成の ノウハウ を 自動化した 農工場 を 推進 したら どうか

省力化 大規模化 による 価格競争力 が 増大する と 思われる


花き の 分野 でも 技術の 発揮どころ は たくさん  交配による 新種 品種改良 など

胡蝶蘭 の鉢 など 今でも 魅力的 なものは ある が 

わが国で植える チューリップ の 球根 くらい オランダ に 負けないもの を 作って 欲しいね


加工技術 で いえば 醸造業   発泡酒 第三のビール など 諸外国 では 絶対 見かけない 

この際 世界中の 人が もろ手を 挙げて 喜ぶ お酒 の 開発 を ! ( 個人的にも 望む )

味噌 醤油 乳酸飲料 など バイオ食品 の 開発も 期待 したい

特保製品 など 身体に いい 食べ物 も   突き詰めれば 薬品 !

世界に 蔓延する 病気 を 撲滅する 薬 を 開発して 欲しい


ここまで 言う と ひ弱 な 日本の 第一次産業 も 頑張れば 大丈夫では ないか と 思えてくる

ただ " すんなりとは いかないかな " とも 思われる

何事 も やり始めは 失敗が つきもの 失敗は成功の基 で 改善しながら より良いものに 近づける 努力 が 大事

そして 周囲 は 失敗したから 止めろ ! 撤退せよ !  と 足を 引っ張る のでは なく 

温かい目で 見守る すなわち 新規技術に 対する チャレンジ に 対して 寛容 で あって 欲しい


例えば 

遺伝子 を 組み替えてまで 品種改良 する のは けしからん !

放射線 を 照射して 発芽抑制 したり 突然変異 を 促す のは けしからん !

もちろん 新技術 に 伴う 副次的な 危険性 の 可能性が ある場合 は 極力 排除 しなくては ならないが

多くの 場合 理解 不能 な もの は 不安 だ ! だから やめろ !  と 自己中心

感情に 結び付ける のでなく 技術 と して 冷静に 受け止めて 欲しい


肥料の 三要素 である カリ肥料  実は 放射能 を 含んでいる 

だから 日本 とは言わず 世界中の 化学肥料を 使っている 畑 は 放射能 だらけ と いえる

ただ 自然にある 放射能に 比べて 少ない ので その 影響は ほとんど 感知 できない

冷えても 美味しい アルファ米は 放射線を 照射して 品種改良した 結果 出来たものである


水産業 農業だけで 長くなったので ひとまず 話を切り上げるが  言いたいことは


頭 を 使って 技術的な 改良、 開発 に チャレンジ する ことが 我が国の 生きる 道 !

周囲 は 応援してくれ とは 言わないが せめて 寛容 で あって 欲しい !














  

たかね 灌漑設備

nnga01IMG_1526.jpg


外仕事 の 続き は お花 の ための 自動 灌漑 設備

目的 は 居間 南 の 花壇 のうち ひさし の 下の 乾燥地域 に 雨水 を 導 く それと

私の 部屋 に 置く 植木鉢 に 雨水 を 導く  ため

方法 は 屋根 に 雨樋 を 置き そこから 細い チューブ で 

南斜面の 乾燥地域 および 室内の 植木鉢 に 雨水を 導く


分かりにくい ので 概略図 を 示す


  nnga00IMG_0001.jpg



作業 は まず テラス で
nnga02IMG_1469.jpg

屋根 に 雨樋 の 取り付け
nnga03IMG_1470.jpgnnga04IMG_1473.jpg

細い 透明チューブ を 接続する
nnga05IMG_1474.jpgnnga06IMG_1475.jpg

ポカポカ 陽気 で 甲斐駒 を 眺めながら
nnga07IMG_1476.jpg

ここが 花壇 の 軒下 水不足 地域
nnga08IMG_1511.jpg

雨樋 の 水 は チューブで 下の タメ桝 へ ここから 穴あき ホース で 地中 給水
nnga09IMG_1513.jpgnnga10IMG_1512.jpg

室内 植木鉢 の 台 つくり  ついでに パーゴラ 補強用 の 支柱 の 塗装
nnga11IMG_1478.jpg
nnga12IMG_1509.jpgnnga13IMG_1510.jpg

植木鉢 に 給水  受け皿 に 溜まった 水 は ポリタン に 排水される
nnga14IMG_1523.jpg











たかね 補修など

nngb01IMG_1525.jpg


天気が 良いと 外仕事

屋上テラス の 床材 が 腐って 一部 ベコベコ してきた ので 交換 修理

角状パネル板 を 2 枚 交換する だけ だが

その前に 端材 で 強度 追加 そして 塗装 で 耐 腐食 強化

交換 後 安心して 飛び乗れる テラス が 心地 よい



nngb02IMG_1422.jpg
nngb03IMG_1435.jpg
nngb04IMG_1423.jpgnngb05IMG_1424.jpg
nngb06IMG_1433.jpgnngb07IMG_1434.jpg
nngb08IMG_1425.jpg
nngb09IMG_1436.jpg
nngb10IMG_1437.jpg



なかなか 仕事を 始める のが 遅い 私 だが 

一旦 やりだしたら あれも これも やりたくなって 止まらない

冬は スペースが 空いて 目立つ ところ に ヤマブキを 移植

掘る 穴が 異常に 大きい のは 底の 部分に これまで 溜まっている 草木灰 を 捨てる ため

やがて レンギョウ ユキヤナギ と ともに この付近 白と 黄色で 覆われる



nngb11IMG_1441.jpg
nngb12IMG_1442.jpgnngb13IMG_1444.jpg
nngb14IMG_1443.jpg












たかね 味噌作り

ゴールドクレスト は ゴジラクレスト に なるまで 7 年の 年月 が かかった

我が家で 作る 味噌 も 3 年 寝かせる 必要が ある  

私は 製作 に 一切 かかわってない が ( すなわち 撮影だけ ) 

今回 の 仕込み に 際 し

皆さん に 味噌 の 作り方 を 伝授する



nnfb00aIMG_1524.jpgnnfb00bIMG_1514.jpg


良質な 大豆 (2 kg) を 一晩 水に 漬け その後 柔らかくなるまで 約 2 時間 40 分 煮る

nnfb01IMG_1448.jpgnnfb02IMG_1447.jpg


煮上がった 豆を 取り出し 水を 切る

nnfb03IMG_1452.jpgnnfb04IMG_1451.jpgnnfb05IMG_1482.jpg


米麹 1 kg  麦麴 1 kg  精製されてない塩 1 kg  を 用意  

nnfb06IMG_1479.jpgnnfb07IMG_1480.jpgnnfb08IMG_1481.jpg


3 種類 を よーく かき混ぜる

nnfb09IMG_1485.jpgnnfb10IMG_1488.jpgnnfb11IMG_1489.jpg
nnfb12IMG_1487.jpgnnfb13IMG_1486.jpgnnfb14IMG_1491.jpg


水を 切った 大豆 は 少しずつ ミキサー で 砕く  食感を 残すため あまり 細かく やらない !

nnfb15IMG_1496.jpgnnfb16IMG_1497.jpgnnfb17IMG_1498.jpg
nnfb18IMG_1484.jpgnnfb19IMG_1483.jpgnnfb20IMG_1490.jpg


ペースト状の 大豆 に さっき 混ぜた 米麹、麦麴 と 塩 を ふりかけ よーく こねながら 味噌ダンゴ を 作る

nnfb21IMG_1492.jpgnnfb22IMG_1493.jpgnnfb23IMG_1494.jpg
nnfb24IMG_1495.jpgnnfb25IMG_1500.jpgnnfb26IMG_1501.jpg


漬けダル に 味噌ダンゴ を 並べ 積み重ねて いく  この時 さらに 米麹、麦麹 と 塩 を ふりかける

nnfb27IMG_1502.jpgnnfb28IMG_1503.jpgnnfb29IMG_1504.jpg


全体を 混ぜながら 極力 空気が 含まれないよう 味噌 を 漬けダル に 満たす

nnfb30IMG_1505.jpgnnfb31IMG_1506.jpgnnfb31IMG_1507.jpg


漬けダル の 内側 を 焼酎 で 消毒する  表面を 平らに ならし ラップ で 密封する

nnfb32IMG_1508.jpgnnfb33DSCN1807.jpgnnfb34DSCN1808.jpg


1 kg の重しを載せ 蓋をしたら ほぼ かんせーい  製造日など の ラベルを 張る のを 忘れない ように 

nnfb35DSCN1809.jpgnnfb37DSCN1811.jpgnnfb38DSCN1812.jpg


3 年 も 貯蔵する ので 保管場所 は 床下 が 適当

nnfb39DSCN1814.jpgnnfb40DSCN1815.jpgnnfb41DSCN1816.jpg


忘れていた いろんな ものが 出てくる  3 年 経った 自作味噌 の 味は もちろん 絶品 !

nnfb42DSCN1817.jpgnnfb43DSCN1818.jpgnnfb44IMG_1499.jpg












たかね 食事は

たかね での 食事

豪華に 見える が たまに 人を 呼んだ時 だけ

普段 は 普通 の 食事



nnfa01IMG_1459.jpg
nnfa02IMG_1432.jpg
nnfa03IMG_1446.jpg
nnfa04IMG_1515.jpg
nnfa05IMG_1517.jpg
nnfa06IMG_1516.jpgnnfa07IMG_1518.jpg
nnfa08IMG_1519.jpg
nnfa09IMG_1520.jpg
nnfa10IMG_1521.jpg
nnfa11IMG_1522.jpg
nnfa12IMG_1445.jpg
nnfa13IMG_0998.jpgnnfa14IMG_0999.jpg











たかね 鳥を

梅の木に 刺した リンゴ の 餌を 食べている のは キビタキ の 仲間 か ?

こちらは 居間 で 座って 見学 している

見られて いるので 心配 だが 餌 の 誘惑 には 負ける

こちらを 見ながら 周りを 見ながら

あわてて 食べてる 様子 は おもしろい

飽きずに 日長 撮る



nnda01DSCN1778.jpgnnda02DSCN1775.jpg
nnda03DSCN1779.jpgnnda04DSCN1780.jpg
nnda05DSCN1781.jpgnnda06DSCN1782.jpg
nnda07DSCN1785.jpgnnda08DSCN1787.jpg
nnda09DSCN1788.jpgnnda10DSCN1789.jpg
nnda11DSCN1793.jpgnnda12DSCN1792.jpg
nnda13DSCN1790.jpgnnda14DSCN1795.jpg
nnda15DSCN1794.jpgnnda16DSCN1796.jpg
nnda17DSCN1797.jpgnnda18DSCN1798.jpg
nnda19DSCN1799.jpgnnda20DSCN1801.jpg
nnda21DSCN1802.jpgnnda22DSCN1803.jpg
nnda23DSCN1804.jpgnnda24DSCN1805.jpg
nnda25DSCN1806.jpgnnda26DSCN1819.jpg
nnda27DSCN1821.jpgnnda28DSCN1824.jpg
nnda29DSCN1825.jpgnnda30DSCN1827.jpg












たかね 梅に

どんなに 寒くても 紅梅 が 咲けば 春の 訪れ を 感じる

" 梅 に ウグイス " と いうが 餌 を 置くと 弱肉 強食

図体 (ずうたい) の 大きい なんかの 鳥 が 場所 を 占領する



nnd01IMG_1464.jpg
nnd02IMG_1463.jpg
nnd03DSCN1755.jpg
nnd04DSCN1758.jpg
nnd05DSCN1756.jpg
nnd06DSCN1757.jpg
nnd07DSCN1776.jpg
nnd08DSCN1771.jpg
nnd09DSCN1820.jpg
nnd10DSCN1828.jpg











たかね この山も

心優しい 私 は あまり 目立たない 山々も 紹介する のだ


五丈岩 を いただく 金峰山 ( きんぷ ざん )
nncg01IMG_1528.jpg
nncg02IMG_1543.jpg

ゴツゴツ岩 の 瑞牆山( みずがき やま ) かな ?
nncg03IMG_1529.jpg

不遇な 山 茅ガ岳 ( かやがだけ )
nncg04IMG_1527.jpg
nncg05IMG_1557.jpgnncg06IMG_1558.jpg

甘利山 ( あまり さん ) と 櫛形山 ( くしがた やま ) の 裾野 部分
nncg07IMG_1555.jpg











たかね 富士は

富士 は 甲斐駒 と 並んで いつも 別宅 から 見えている

たまには

別宅 から で ない ( 途中の道から 等 ) 富士 を お送りする



nnce01IMG_1548.jpg
nnce02IMG_1549.jpg
nnce03IMG_1550.jpg
nnce04IMG_1551.jpg
nnce05IMG_1552.jpg
nnce06IMG_1553.jpg
nnce07IMG_1554.jpg
nnce08IMG_1556.jpg
nnce09IMG_1560.jpg











たかね 八ヶ岳は

周囲の 山で 八ヶ岳 は 最も 近い 位置 に あるが

別宅 は 八ヶ岳 に 背を向けて 建っている ので 少し 家を 離れないと 望めない

今日 は 買い物 ついで   この 名峰 を たっぷり

編笠山  権現岳  阿弥陀岳  赤岳 ・

あ ! 赤岳小屋 も 見える !



nncd01IMG_1530.jpg
nncd02IMG_1532.jpg
nncd03IMG_1531.jpg
nncd04IMG_1533.jpg
nncd05IMG_1534.jpg
nncd06IMG_1535.jpg
nncd07IMG_1536.jpg
nncd08IMG_1537.jpg
nncd09IMG_1538.jpg
nncd10IMG_1539.jpg
nncd11IMG_1540.jpg
nncd12IMG_1541.jpg
nncd13IMG_1546.jpg
nncd14IMG_1544.jpg
nncd15IMG_1542.jpg
nncd16IMG_1545.jpg











たかね 甲斐駒は

たかね の 別宅の そばで いつも 当たり前 の ように そびえている 甲斐駒

この 時期 カメラ を 通して 見る と あらためて 素晴らしい !



nnc01DSCN1760.jpg
nnc02DSCN1763.jpg

これは 甲斐駒 の 引き立て役  左に 連なる 鳳凰三山
nnc03DSCN1761.jpg
nnc04DSCN1762.jpg
nnc05DSCN1764.jpg
nnc06DSCN1765.jpg
nnc07DSCN1767.jpg
nnc08DSCN1768.jpg
nnc09DSCN1766.jpg
nnc10IMG_1471.jpg
nnc11IMG_1472.jpg
nnc12IMG_1430.jpg
nnc13IMG_1431.jpg
nnc14IMG_1453.jpg
nnc15IMG_1454.jpg
nnc16IMG_1455.jpg
nnc17IMG_1457.jpg
nnc18IMG_1456.jpg
nnc19IMG_1458.jpg
nnc20IMG_1547.jpg











たかね 冬の庭

二月の 後半 で 日射 の力 は 強くなった と 感じる けれど

今朝の 気温 は - 7 ℃  霜柱 が いっぱい

まだ 庭仕事 を する 時期 では ない


雑草のない さっぱりとした 我が庭 の 見 回り

今 や 名前 も " ゴジラ クレスト " と なった 巨大 御神木 は 眺め がい が ある ね

畑 には 寒くて も ほっておいて も 育つ ニンニク が 順調 に 生育



nnb01IMG_1440.jpg
nnb02IMG_1460.jpg
nnb03IMG_1461.jpg
nnb04IMG_1462.jpg
nnb05IMG_1419.jpg
nnb06IMG_1450.jpg
nnb07IMG_1449.jpg
nnb08IMG_1429.jpg
nnb09IMG_1426.jpg
nnb10IMG_1427.jpg
nnb11IMG_1468.jpg
nnb12IMG_1438.jpg
nnb13IMG_1428.jpg













たかね 冬なのに

2017 年 2 月 21 日  たかねに出発

この 時期 空気 が 澄んで 山 の 眺め が よい

いつもの 行きがけ の 道  やはり 撮る



ビール工場 と 競馬場
nna01IMG_1384.jpg
nna02IMG_1385.jpg

今日は 奥多摩の 大岳山 が 特に 目立つ
nna03IMG_1386.jpg
nna04IMG_1388.jpg

ヤクルト丸ビル の 向こう 強風による 土埃り が 舞う
nna05IMG_1387.jpg

この時期 だから こそ 日野橋 付近 から 富士 が 正面 に
nna06IMG_1389.jpg

珍しく 高速で モノレール に 遭遇
nna07IMG_1391.jpg

富士 と モノレール セットで 撮りたかった が 邪魔が 多く うまく 撮れない
nna08IMG_1390.jpg

石川 SA 手前で 大岳山 とは お別れ
nna09IMG_1392.jpg

扇山は 高速から 見ると 二重に 重なっている
nna10IMG_1393.jpg

正式な 頂上 は 向こう の 方
nna11IMG_1394.jpg

談合坂 SA 手前で 前衛の 山に 隠れてしまう
nna12IMG_1395.jpg

これまで ここを 扇山 と 何度も 紹介して 失礼 しました
nna13IMG_1396.jpg

そこを 過ぎて 一瞬 扇山 が 真横に 見える 所が ある これを 撮る のは 至難の業
nna14IMG_1398.jpg

百蔵山 は 落ち着いて 撮れる ホッと するね
nna15IMG_1397.jpg

岩殿山 あたり は 高速の 分岐点 周囲の 車に 気を 配りながら 撮る
nna16IMG_1399.jpg

大月トンネル を 抜けた ところで 一瞬 ( 2秒くらい ) 見える 富士山  撮れる 確率は10 回 に1 回 か
nna17IMG_1400.jpg

笹子トンネル を 抜けて 真横に 秩父連山  今日は 妙義山 まで 見える
nna18IMG_1405.jpg



甲府盆地 に 入ったら 甘利山 櫛形山 を 前衛 に 南アルプス が 見 放題

甲斐駒 北岳 間の岳 を 堪能 したら 次は 八ヶ岳
 

nna19IMG_1404.jpg
nna20IMG_1408.jpg
nna21IMG_1409.jpg
nna22IMG_1412.jpg
nna23IMG_1411.jpg
nna24IMG_1413.jpg
nna25IMG_1416.jpg
nna26IMG_1415.jpg
nna27IMG_1417.jpg
nna28MG_1410.jpg
nna29IMG_1414.jpg


時間 は かかってる と思う が あっという 間 に 別宅 へ 着 く

nna30bDSCN1769.jpg











MCK弾き初め会 後半

演奏 の 方は タイトな 時間管理 で なんとか 切り上げて 

同じ 場所で 同窓会 の 総会

今年から 幹事も 変わり 気分 一新  

幹事 の 一人 として これから が 大変 だが ・



kka01IMG_1328a.jpgkka02IMG_1327.jpgkka03IMG_1329.jpg
kka04IMG_1330.jpgkka05IMG_1331.jpgkka06IMG_1332.jpg



総会 も また かなり の タイトな 時間管理 で 切り上げ 

一同 懇親会 会場 へ 移動

場所 は 去年の "華の舞" と 同じところに 別の 店が リニューアル オープン していた

広い 天井桟敷 みたいな ところ は 団体の 宴会 には 適



kkb02IMG_1333.jpgkkb03IMG_1334.jpgkkb04IMG_1335.jpg
kkb05IMG_1337.jpgkkb06IMG_1338.jpgkkb07IMG_1369.jpg



分別 ある人たちの 飲み会 だから 

世話する 幹事 としては 楽


これから 組織 としての 求心力 を いか に保つ か が 

これから の 課題



kkb08IMG_1341.jpgkkb09IMG_1339.jpgkkb10IMG_1342a.jpg
kkb11IMG_1340.jpgkkb12IMG_1343.jpgkkb13IMG_1355.jpg
kkb15IMG_1365a.jpgkkb16IMG_1366.jpgkkb17IMG_1367.jpg
kkb18IMG_1352.jpgkkb19IMG_1380.jpgkkb20IMG_1379.jpgkkb21IMG_1377.jpg
kkb22IMG_1375.jpgkkb23IMG_1378.jpgkkb24IMG_1344.jpgkkb25IMG_1350.jpg
kkb26IMG_1351.jpgkkb27IMG_1354.jpgkkb28IMG_1356.jpgkkb29IMG_1358.jpg
kkb30IMG_1360.jpgkkb31IMG_1359.jpgkkb32IMG_1357.jpgkkb33IMG_1349.jpg
kkb34IMG_1364.jpgkkb36IMG_1361.jpgkkb37IMG_1362.jpgkkb38IMG_1370.jpg
kkb39IMG_1371.jpgkkb40IMG_1348.jpgkkb41IMG_1345.jpgkkb42IMG_1346.jpg
kkb43IMG_1374.jpgkkb44IMG_1373.jpgkkb45IMG_1368.jpg












MCK 弾き初め会 前半

久しぶり の リュート を 置いた ホームの 前に 

KQ ブルースカイ トレイン が いる

ここは 浅草線 の 蔵前 駅  

構内 に アパホテル の 広告 が ある  ( 応援している がんばれー ! )  


スカイツリー を 見ながら 少し 歩く と  やがて

墨田区 コミュニティセンター BIG SHIP 



kk00p09IMG_1425.jpgkk01cid_2D99989E-9174.jpgkk02cid_5574D299.jpg
kk03IMG_1276.jpg
kk04IMG_1275.jpgkk05IMG_1277.jpg


2 月も 半ば 過ぎて 弾き初め会 というのも おかしいが ・  ( 少しは 楽器 触れ よ ! )

毎年 恒例 の Q大マンクラ 同窓会 関東支部 の イベント


比較的 やさしい 曲を 10 曲 初見 で 弾く  

昔 部室 で 憑かれたように 弾いてた ノスタルジー

この 歳 に なると 持久力 が 続かない ね ・


そして サマーコンサート用 やや 大変な 曲の お披露目

さらに ギターアンサンブル 五重奏 など  ぎっしり


計画 では みんな 余裕 で 楽しみながら 弾きましょう !

しかし なかなか 余裕を 持つ のは 難 しい ー



kk06IMG_1278.jpgkk07IMG_1279a.jpg
kk08IMG_1280.jpgkk09IMG_1282.jpg
kk10IMG_1281.jpgkk11IMG_1283.jpg
kk12IMG_1284.jpgkk13IMG_1286a.jpg
kk14IMG_1285.jpgkk15IMG_1287.jpg
kk16IMG_1288.jpgkk17IMG_1289.jpgkk18IMG_1291.jpg
kk19IMG_1290.jpgkk20IMG_1292.jpgkk21IMG_1293.jpg
kk22IMG_1294.jpgkk23IMG_1295.jpgkk24IMG_1296.jpg
kk25IMG_1297.jpgkk26IMG_1298.jpgkk27IMG_1299.jpg
kk28IMG_1300.jpgkk29IMG_1302.jpgkk30IMG_1303.jpg
kk31IMG_1304.jpgkk32IMG_1305.jpgkk33IMG_1306.jpg
kk34IMG_1310a.jpgkk35IMG_1311.jpg
kk36IMG_1315.jpgkk37IMG_1316.jpg
kk38IMG_1308.jpgkk39IMG_1309.jpg
kk40IMG_1317.jpgkk41IMG_1314.jpg
kk42IMG_1319.jpgkk43IMG_1318.jpgkk44IMG_1320.jpgkk45IMG_1321.jpg
kk46IMG_1307.jpgkk47IMG_1325.jpg
kk48IMG_1312.jpgkk49IMG_1324.jpgkk51IMG_1323.jpgkk50IMG_1322.jpg











A友 つながりは

今年 の 一月 半ば   突然 咳が 止まらない

私は 普段 風邪 くらい では 薬 も 飲まない が  ひょっとして インフルエンザ かも ? 

と いうことで  久しぶり の I 王 病院 へ

当初 " 別の 部屋へ ! " と いうことで 隔離 された が

" 熱 が ないので ふつーの 風邪です " と 無罪 放免



aaaa01tttx!cid859.jpgaaaa02tttx!cid.jpg
aaaa03tttx!cid5418C.jpgaaaa04tttIMG_0997.jpgaaaa05tttIMG_0996.jpg


しかし この期間 リリー先生の 演奏 お手伝い を 何回 か 予定していた のに

すべて キャンセル ! 

私 としては " 演奏 できない ほどのことでは ないですよ " と 言った ものの

「 風邪 を うつされても 困る ! 」 又 は 「 弁当の数を 準備してない 」 ( なんじゃ これは? )

ということで   リリー先生 には 大変 ご迷惑 を おかけしました


ただし  風邪を ひいていても 飲食 すなわち 宴会 には 絶対 参加する !

いろいろ 取り混ぜて 以下に 紹介 



aaaa06sssIMG_0865.jpg aaaa08sssIMG_0864.jpgaaaa07sssIMG_0863.jpg
aaaa09qqqIMG_1007.jpgaaaa11qqqIMG_1003.jpgaaaa10qqqIMG_1002.jpg
aaaa12qqqx!cid_04.jpgaaaa13qqqx!ci.jpgaaaa14qqqx!cid_170F.jpgaaaa15qqqIMG_1014.jpg
aaaa16qqqIMG_1019.jpgaaaa17qqqIMG_1018.jpgaaaa18qqqx!cid.jpgaaaa19qqqx!cid_D7FE7515.jpg
aaaa20qqqx!cid_65.jpgaaaa22IMG_1655.jpgaaaa23IMG_1657.jpgaaaa24IMG_1654.jpg
aaaa25IMG_1656.jpgaaaa26IMG_1658.jpgaaaa27IMG_1659.jpgaaaa28IMG_1660.jpg
aaaa29IMG_1662.jpgaaaa30IMG_1663.jpgaaaa31IMG_1665.jpgaaaa32IMG_1666.jpg
aaaa33qqqIMG_1021.jpgaaaa34qqqIMG_1022.jpg











保育園は

わかば保育園 での 演奏会 の 続き

スタッフ の 方 が たくさん 写真を 撮って くれた ので

結果的 に いい 写真 が たくさん 撮れている

紹介 しないと もったいない


演奏 は ?

子供たち も 楽しんでくれた と 思う

私たち も 楽しく 演奏 が できました



mmfstp00IMG_1207.jpg
mmfstp01IMG_1187.jpg
mmfstp02IMG_1221aba.jpgmmfstp03IMG_1135.jpg
mmfstp04IMG_1220aa.jpgmmfstp05IMG_1130.jpg
mmfstp06IMG_1193bb.jpgmmfstp07IMG_1132aa.jpg
mmfstp08IMG_1129aba.jpgmmfstp09IMG_1137aaaba.jpg
mmfstp10IMG_1188.jpgmmfstp11aaaIMG_1217.jpgmmfstp12IMG_1185.jpg
mmfstp13IMG_1204.jpgmmfstp14IMG_1202.jpg
mmfstp15IMG_1206.jpgmmfstp16IMG_1203.jpgmmfstp17IMG_1186.jpg
mmfstp18IMG_1222.jpg
mmfstp19IMG_1190.jpgmmfstp20IMG_1189.jpg
mmfstp21IMG_1215.jpg



演奏 が 終わって 園長先生 が 施設内を 案内して くれました

ずいぶん 立派な 施設  私の 保育園時代 とは 雲泥の差

世の中 には 恵まれた 子供 も いるもんだ

こんなところで 働ける メンバー の エリー先生 は 楽しい だろうな



mmfstp22IMG_1231.jpgmmfstp23IMG_1230.jpg
mmfstp24IMG_1232.jpgmmfstp25IMG_1102.jpg
mmfstp26IMG_1103.jpgmmfstp27IMG_1234.jpgmmfstp28EB9BAaba.jpg
mmfstp29IMG_1235.jpgmmfstp30IMG_1233.jpg



園長先生 が なにか 子供たち に 指示  サプライズ ?

子供たち から みんなで お絵描きした 写真入りの お手紙 を いただきました

" わー ありがとー "   一同 大感激 !

それにしても 子供たち お絵描き 上手いね ー ・



mmfstp31aaaaaIMG_1246.jpgmmfstp32aaa55IMG_1251.jpg
mmfstp34aaaIMG_1247.jpgmmfstp35aaIMG_1257.jpg
mmfstp39IMG_1252aba.jpgmmfstp40IMG_わかば03mmfstp41IMG_わかば02
mmfstp42IMGわかば01mmfstp43IMG_1256.jpgmmfstp44IMG_1254.jpgmmfstp45IMG_1255.jpg
mmfstp46IMG_1259.jpgmmfstp38IMG_1260.jpg
mmfstp47aIMG_1249.jpgmmfstp48IMG_1248aba.jpg
mmfstp49IMG_1242aba.jpgmmfstp50aaIMG_1244.jpg



こんな子が 私の 孫 だったら 本当に メロメロ に なってしまう だろう ね

子供たちの 表情 は 子供がいない ( 欲しかった ) 私 に とっては ちょっと 酷

あれ ? なぜか 今日の メンバー  孫 は もちろん 子供 が いる人 ( ほとんど ) いない  

みなさん どう 思ってる か ・    

でも でも  しかし しかし   今回 の 結論 !

子供たち の 前で 演奏する のは 本当に 楽しい !

来年 も オファー よろしく~



mmfstp51IMG_1265.jpgmmfstp52IMG_1264.jpgmmfstp53IMG_1266.jpg
mmfstp54IMG_1236aba.jpgmmfstp32IMG_1251aba.jpgmmfstp56IMG_1237.jpgmmfstp57IMG_1261.jpg
mmfstp58IMG_1268.jpgmmfstp59IMG_1270.jpgmmfstp60IMG_1271.jpg











保育園で

フィェスタ の お手伝い で 行った ところ は この あたり

家から 直線距離 は 近い が 電車で 行く と かなり 遠い



mmfst01IMG_1074.jpgmmfst02IMG_1075.jpg



駅 付近 は 広大な 団地群   

大通り を 野際陽子 ばりに 颯爽と 歩く メンバー 達 と  

後ろ から とぼとぼ 付いてくる 人



mmfst03IMG_1082.jpg
mmfst04IMG_1086.jpgmmfst05IMG_1091.jpg



そろそろ 冬の 気配 も 緩みだして 紅梅 咲く ( 句 に ならない か ) 

演奏会場 は 保育園  

広い 講堂 みたいな ところは 準備 万端
 


mmfst06IMG_1092.jpgmmfst07IMG_1267.jpg
mmfst08IMG_1099.jpgmmfst09IMG_1098aba.jpg
mmfst10IMG_1112.jpgmmfst11IMG_1111.jpg



合わせ は 三日前 に 30 分 ほど やった だけ

細かな 音楽性 は ともかく 雰囲気 を 盛り上げる 演奏 に 努める 

目の前 の 子供たち と 対峙して ・



mmfst12IMG_1142.jpg
mmfst13IMG_1139aba.jpgmmfst14IMG_1141.jpg
mmfst15IMG_1138.jpg
mmfst16IMG_1128.jpgmmfst17IMG_1127.jpg



撮影 は 保育園 の スタッフ の 人に 頼 む

うまく 撮って くれた ねー

もちろん 素材 が いい から ?  

余裕 の 演奏 が 美人 に つながってる ( と 思う )



mmfst18IMG_1126.jpgmmfst19IMG_1152.jpgmmfst20IMG_1153.jpg
mmfst21IMG_1124.jpgmmfst22IMG_1148.jpgmmfst23IMG_1181.jpg
mmfst24IMG_1146.jpgmmfst25IMG_1179.jpgmmfst26IMG_1211.jpg
mmfst27IMG_1125.jpgmmfst28IMG_1180.jpgmmfst29IMG_1147aba.jpg
mmfst30IMG_1167.jpgmmfst31IMG_1178.jpgmmfst32IMG_1145.jpg
mmfst33IMG_1213.jpgmmfst34IMG_1144.jpgmmfst35IMG_1122.jpg
mmfst36IMG_1121.jpgmmfst37IMG_1143.jpgmmfst38IMG_1169.jpg



子供たち は 純真  反応 は 正直

ビクビク 弾いては いられない !

「 こっち の 演奏 を 聞けー 」 と 自信 を もって

自分たち も ノリノリ で 楽しみ ながら ・



mmfst39icdB0E6E9B64.jpgmmfst40IMG_1196.jpg
mmfst41IMG_1193aa.jpgmmfst42IMG_1161aaaba.jpg
mmfst43IMG_1113aaaba.jpgmmfst44IMG_1151.jpg
mmfst45IMG_1150.jpgmmfst46IMG_1132.jpg
mmfst47IMG_1156aba.jpgmmfst48IMG_1195.jpg
mmfst49IMG_1158.jpgmmfst50IMG_1157.jpg
mmfst51IMG_1120.jpgmmfst52IMG_1134.jpgmmfst53IMG_1133.jpg
mmfst54IMG_1172.jpgmmfst55IMG_1173.jpg












新宿と シューマン

今年 は ずっと 台湾旅行 の ブログ記事 が 続いていた

気が 付けば もう 3 月  

たまりに たまった 記事 を 消化 しないと 季節 に 合わなく なって しまう ー


1 月下旬 新宿 を 散歩する 

隣の国からの 観光客 に 紛れて ビル の 写真を 撮る  

よく 見れば 観光 として 味 が ある ね ・



rrr01IMG_1025.jpg
rrr02IMG_1024.jpg
rrr03IMG_1575.jpg
rrr04IMG_1026.jpg
rrr06IMG_1028.jpgrrr05IMG_1027.jpg
rrr07IMG_1029.jpg
rrr08IMG_1030.jpg
rrr09IMG_1031.jpg


まだ 陽 が 高い のに ビール ?

二つ グラス が ある と いうことは ・

ま 雰囲気 も よい テラス席 だ し ・



rrr10IMG_1033.jpgrrr11IMG_1032.jpg
rrr12IMG_1039.jpgrrr13IMG_1040.jpg



火曜日の 安住さん では ないが  " さて 新宿から 地下鉄で 15 分 ここは ・ 荻窪 "

春木屋 に 来たのは 30 年ぶり かな

二人 は 気軽に ラーメン も 食べれる 間柄 


rrr14IMG_1041.jpgrrr15IMG_1042.jpg



ラーメン も 好き だが ピアノの先生 でも ある 彼女 の ために

リサイタル に 誘う   実は これが 今日の さろきんぐ の 目的

シューマン に 心頭 している 彼女  満足して いただけた のでは ・



rrr16ピアノリサイタル!cid_0B5BD1A8-730F-4BC1-B383-1CB0E28458D8rrr17IMG_1046.jpg
rrr18IMG_1056.jpgrrr19IMG_1049.jpg












エピローグ

2015 年 12 月 13 日~12 月 23 日 の 台湾 演奏旅行 は 

81 件 の ブログを 書いて やっと 報告 が 終了する

旅行中 は あわただしく 時間が 過ぎていた が 帰ってきて 写真を 眺める と 

また じわり と 楽しさ なつかしさ が こみあげてくる




tvtvw01b20IMG_1071.jpg tvtvw02d02a01a.jpg tvtvw03axIMG台湾スケジュール

tvtvw04c24a1蔡さんbb tvtvw05fa0bDSCF1534a.jpg

tvtvw06gff14aCDB0C1D6.jpg tvtvw07e03a3蔡さん

tvtvw08a05IMG_1130.jpg tvtvw12d04IMG_1160.jpg tvtvw13ea01IMG_1193.jpg

tvtvw14ea10IMG_1200.jpg tvtvw15eb31a6蔡さんc

tvtvw16eb28IMG_1237.jpg tvtvw17eb21IMG_1224.jpg tvtvw18c02IMG_1143.jpg

tvtvw19fe05a8蔡さんcpp tvtvw20fe02a7蔡さんcpp tvtvw21fe07f02IMG_0698.jpg

tvtvw22k03IMG_1279.jpg tvtvw23cdc14IMG_1317.jpg

tvtvw24faf05IMG_1339.jpg tvtvw25a15IMG_0713.jpg tvtvw26bb10a1655888.jpg

tvtvw27ggc11IMG_1368.jpg tvtvw28ggd14MG_1374.jpg tvtvw29ggd10a4蔡さんa

tvtvw30dda02IMG_1478.jpg tvtvw31a01a3日目⑪青井澤 tvtvw32a00c16IMG_1625.jpg

tvtvw33hah06IMG_1393.jpg tvtvw34dda28IMG_1507.jpg

tvtvw35ee12IMG_1519.jpg tvtvw36aaa04f00a04IMG_1556.jpg

tvtvw37ff01a徳光曼陀林楽團 tvtvw38ff18IMG_1546.jpg

tvtvw39bbb09bc07an.jpg tvtvw40aaa25bb09IMG_1584.jpg

tvtvw41ccc09db04IMG_1561.jpg tvtvw42ccc17d09aIMG_1566.jpg

tvtvw43fff09g12IMG_0735.jpg tvtvw44fff28h08IMG_0763.jpg tvtvw45fff34h15IMG_0768.jpg

tvtvw51tta10IMG_1600.jpg tvtvw52tta18IMG_1092.jpg tvtvw53ttb18IMG_1618.jpg

tvtvw54ttea02IMG_1740.jpg tvtvw55tteb09IMG_1751aa.jpg tvtvw56ttec01IMG_1762.jpg

tvtvw57ttc07IMG_1629.jpg tvtvw58ttd18IMG_1670.jpg tvtvw59ttd27IMG_1681.jpg

tvtvw60tuda07fabIMG_1810.jpg tvtvw61tufff14acIMG_1857.jpg

tvtvw62tufff17acIMG_1862.jpg tvtvw63tufff58fIMG_1832.jpg

tvtvw64tufff74afabIMG_6219山内03 tvtvw65tugg14IMG_1941.jpg

tvtvw66tujj15IMG_2018.jpg tvtvw67tujj10aIMG_2012.jpg tvtvw68tukk09IMG_2043.jpg

tvtvw69tull69IMG_2097.jpg tvtvw70tull89IMG_2118.jpg tvtvw71tull74IMG_2103.jpg

tvtvw72tumm04IMG_2135.jpg tvtvw73tumm11IMG_2143.jpg

tvtvw81tvo07IMG_2352.jpg tvtvw82tvq01IMG_2333.jpg

tvtvw83tvra16IMG_2405.jpg tvtvw84tvrc09IMG_2383.jpg tvtvw85tvs04IMG_2410.jpg

tvtvw86tvo68IMG_0839.jpg tvtvw87tvp25IMG_0826.jpg tvtvw88tvtuIMG_2422.jpg

tvtvw89tvp04IMG_0875.jpg tvtvw90tvp06IMG_0877.jpg tvtvw90tvp53IMG_0573.jpg



ほとんど が 頂いた お土産

5 年分 くらい の お茶 どうしようか

今回 絵画 と 音楽 で 収穫 だった ね


最も 大きな お土産は

素晴らしい 台湾 !   我 愛 台湾 !



tvtvwaatvtu03IMG_2445.jpg

tvtvwabtvtuIMG_0919.jpg tvtvwactvwtu05IMG_2446.jpg tvtvwadtvtu06IMG_2448.jpg tvtvwaetvtu07IMG_2449.jpg

tvtvwaftvtu08IMG_2442.jpg


           ( 2015 年12月 の 台湾演奏旅行 シリーズ は ひとまず 終了します )











45 年前 その2

さて 1971 年 3 月 15 日~3 月 26 日 に

22 才の 私が 九州から 東京に 出てくる 直前に 敢行した  

" 台湾 一人 ある記 "

45 年ぶり に 大公開 ー !


当時の 台湾の地図

もちろん 新幹線 も 高速道路 も ない 

台北郊外 の 桃園 に 新空港 が 計画中 だった



tvtvc01IMG_10002.jpg



到着した 松山空港 で 外貨交換  50 USドル が 2,000 台湾元 くらい 

これで 一週間 過ごす つもり



tvtvc02IMG_0000aaaa.jpg



空港から 交通の 拠点 台北駅 へ 

ここの 案内所で 今日の 泊まり の 安宿 を 探し出す

鉄道 の 時刻表 確認  

台北ー高雄 は 特急 急行 が ある その他 は 超 ローカル色 の ディーゼル車



tvtvc03IMG_0000aaa.jpg
tvtvc04IMG_10003.jpg



宿 に 荷物を 置いて 市内 散策   

駅 から 総統府 を 目指して 歩く   

まず 介壽公園



tvtvc05IMG_0000aa.jpg



総統府 は やはり 感動する  

日本の 建築 の 誇 り   

車 は ほとんど 見かけない ので 道の 真ん中で 撮る



tvtvc06IMG_0001aa.jpg


いちおう 観光地 なので 写真を 頼む 人は 周りに いくらか 居る

tvtvc07IMG_0000a.jpgtvtvc08IMG_0001aaa.jpg


現地の 人 だったら こんな 写真は 絶対 撮らない !  即 逮捕 される

tvtvc09IMG_0001a.jpg



一人旅 を する者 の 傾向 として 都会 よりも 田舎 を 狙う  

東海岸 は 素朴な 観光魅力 が 味わえる はずだ



tvtvc10IMG_0032aa.jpg



それにしても とんでもない ひどい道  

兵士 運搬用 としか 思えない バス  

こんなところを 望んで 来た のだから  

しょうがない か



tvtvc11IMG_0032a.jpgtvtvc12IMG_0016aa.jpg



太魯閣 の 自然 は 満喫 できた ねー !  

アミ族 の 踊り も 楽しかった

花蓮 の 街 も 素朴 で 一人旅 の 若者 に 優しい



tvtvc13IMG_0016a.jpgtvtvc14IMG_0017aa.jpg
tvtvc15IMG_0017aaa.jpg
tvtvc16IMG_0016aaa.jpgtvtvc17IMG_0017a.jpg
tvtvc17IMG_0018aa.jpgtvtvc18IMG_0018aaa.jpg
tvtvc20IMG_0018a.jpg



花蓮 から 台中 に 抜ける 東西横貫公路 は 怖かったー  

未舗装 1.5 車線  ガードレール 無し  土止め工事 跡 無し  

海岸から 3,000 m の 標高まで イッキに 道が 上がる  天国への道

窓の 下は 数百メートル の 断崖  端 ギリギリ を すっ飛ばす

ガラガラ の 音に 後ろ を 振り返る  え ? 土砂崩れ ?

さっき 通った ところ では ないの !   

汗が 引く  血の気 も ・



tvtvc21IMG_0004a.jpg
tvtvc22IMG_0005a.jpg
tvtvc23IMG_0004aaa.jpgtvtvc24IMG_0005aaa.jpgtvtvc25IMG_0005aa.jpg
tvtvc26IMG_0004aa.jpg



台中 の 駅 も 素晴らしい  日本の 建築美  

中山公園 を 散策  日本の皇族が 泊まられた 宿 も


  台中公園 湖心亭  2011 年 3 月 訪問


tvtvc27IMG_0003a.jpgtvtvc28IMG_0003aa.jpg



ものすごく 時間が かかる 各停の ディーゼル に 乗って 台南 へ 移動

ここは 親父が 兵隊時代 駐留していた ところ 

駅裏 すぐ ということで お土産用 の 写真を 撮る

確かに 日本軍 が 居た 跡 が  

今は 大学の 寮 みたいなのが ある らしい

これが 成功大学 と 知った のは 42 年後

シンボルの ガジュマル も 並木道路 も みんな レトロ だった


  成功大学は  2013 年 3 月 訪問


tvtvc29IMG_0006a.jpg
tvtvc30IMG_0006aa.jpgtvtvc31IMG_0006aaa.jpg
tvtvc32IMG_0006aaaa.jpgtvtvc33IMG_0006aaaaa.jpg



さらに 各停 で 高雄 まで  

それにしても ローカル色 豊かな 列車

入口扉 や 窓 は 開けっぱなし スピード は 遅い し 風が 涼しくて 快適 ( 冷房なんか あるわけない )

列車の 床で 車座  駅に 停まっていると 天秤棒 担いだ オジさんが 物売り に 車内 に 入って きたり ・


  高雄駅  2011 年 3 月 訪問


tvtvc34IMG_0019aa.jpg



いつもの 定番  街を 望む 高台 に 登る

台湾 第二 の 都会  港 も あって 活気 を 感じる


  旗津 砲台跡  2012 年 6 月 訪問


tvtvc35IMG_0019aaa.jpgtvtvc36IMG_0003aaa.jpg
tvtvc37IMG_0019a.jpg



高雄駅 から 歩いて ここまで 来る 人は ほとんど いなかった  澄清湖

花 と 緑 の 健康的 な いかにも 台湾らしい 公 園



tvtvc38IMG_0021a.jpgtvtvc39IMG_0021aaaa.jpg
tvtvc40IMG_0021aaa.jpgtvtvc41IMG_0021aa.jpg



さらに 列車と バスを 乗り継いで  台湾の 最南端  墾丁森林公園

ここは 観光客 で いっぱい  私は 勝手な コース を 一人 歩き

銀葉板根 など 面白い 南方の 植物 が いっぱい  海岸 に 出て ひとり 貝 集め

あまり 楽しかった ので ゆっくり していたら 

帰り の 交通手段 が なくなり  見知らぬ 荒野 で 路頭 に迷う 羽目 に

 ( 長くなるので 中略 )

地元の人の 親切を 受けたり  日治時代 の 隠れ温泉 に 入ったり  

これこそ 一人旅 の 醍醐味  忘れえない 貴重な体験



tvtvc42IMG_0022aa.jpg
tvtvc43IMG_0022abbb.jpg
tvtvc44IMG_0022a.jpg
tvtvc45IMG_0023a.jpgtvtvc46IMG_0023aaa.jpg



台北 に 帰ってきて 危惧していた 沖縄への トランジットビザ の手配 など 大変な 苦労を したが

楽しくない ことは みんな 忘れて しまった

ここでも 陽明山 公園 に 行ったり  龍山寺  孔子廟 など ・



tvtvc47IMG_0025aaaa.jpg
tvtvc48IMG_0025aaa.jpg
tvtvc49IMG_0025aa.jpgtvtvc50IMG_0025a.jpg
tvtvc51IMG_0026a.jpgtvtvc52IMG_0026aa.jpg
tvtvc53IMG_0026aaa.jpgtvtvc54IMG_0025aaaaa.jpg


  台北市内  2010 年 3 月 訪問









45 年前 その1

ブログ用 に 台湾の 資料を 探していたら 

45 年前 初めて台湾を 旅行した 時の 写真が 出てきた

なつかしい 当時の 様子を 紹介する


前編 は 台湾に 行く までの 話  とにかく 手作り 旅行 のため 準備 が 大変だった のだ

計画 した のは 大学 在学中 

卒業 して 会社に入る までの 貴重な 時間 に なんとしても 海外 一人旅 を やりたい !


赤貧 の 学生 に とって 予算 は 限られている

旅行会社 は 使わない  

必要書類 は 自分で そろえる

交通費 は なるべく 安く 

現地では リュック 背負って 安宿 泊まり


福岡から だから 往復 は 沖縄 経由 の 船便 だな 

ところが 鹿児島ー沖縄 航路 は 頻繁 に あるが  沖縄ー台湾 航路 は 月 4 便 それも 二泊三日 かかる

仕方なく 沖縄ー台湾 間 は 航空便 を 使う


当時 沖縄 は まだ 返還前  日本国 では ない !

パスポート に あたる 身分証明書 が 要る 

福岡県庁 に 行って 発行申請 一月後 総理府 の 身分証明書 が かんせーい


さらに ビザ に あたる 米軍沖縄管理庁 の 沖縄入域許可証 が 要る 

沖縄 の 米軍 あて 許可証 の 申請を 行う が 沖縄在住 の 身元引受人 が 必要 

通常は 現地の 旅行会社 が なってくれる が すべて 手作り 旅行 なので 困った ! 

結局  前に 沖縄に 行った 友達に 頼んで 現地に 住む 友達 の 友達 を 紹介 して もらった

この 沖縄入域許可証 が 返ってきたのが 2 ヶ月 後 

年末から 準備して やっと 間に合った 状況



tvtvb01IMG_1000a.jpg  tvtvb02IMG_1000c.jpg

tvtvb03IMGmibun.jpg  tvtvb04IMG_1000e.jpg



沖縄 は 一時的 に 上陸する だけ そこから すぐ 台湾 に 行く  となると パスポート も 必要

これは 福岡県庁 に 行って 申請  発行まで 三週間 くらい かかった かな ・

ただ 台湾 ( 中華民国 ) に 入国 する には さらに ビザ が 必要  これも ふつう は 旅行会社 が やるもの 

しかし 何事も 勉強だ と 一人で 中華民国 在福岡領事館 へ 出かけ なんとか 申請 

申請 時 " 台湾 という 国 " と 言ったら 怒鳴られた 大陸と 台湾 みんな含めた のが 中華民国 なのだ 


これで 必要書類 は 揃った と 思った が まだ あった  

台湾 に 行く には コレラ ? の 予防注射 を 受けなければ ならない !

いろいろ 調査の上 福岡の 化血研 で なんとか 予防注射 を 受け 予防注射 証明書 を もらう


それから 出発前 に パスポート に " 渡航費用に関する 証明 " の 記載 が 必要

所持金 は 8 万円 だったが 鹿児島 港 の 銀行窓口 で ドル変換 (1 US$ = 360 円 ) し  

なんとか 承認 を もらう


あー しんど !



tvtvb05IMG_1000b.jpg  tvtvb06IMG_1000f.jpg



桜島 を バック に 沖縄へ 出発 したが 実は まだ 心残り が あった

大学の 所属した 学部 は 必修科目 が 多く 4 年生の 後半まで 授業 が 続いていた

一つだけ 試験の 点が悪く 出発 の 三日前 に 追試 を 受けていた

もし 追試の 点が 悪ければ 留年 !   4 月 からの 入社 も パー に なる !

博多 の 友人に 「 台湾から帰ったら 聞くから 確認 しておいて くれー 」

「 もし 追試 OK だったら 俺の 卒業証書 もらっといて くれー 」



tvtvb07IMG_0014a.jpg  tvtvb08IMG_10001c.jpg



鹿児島ー那覇 の 船旅 は 外洋 の ため 揺れ が ハンパでは ない ! 

とにかく 縦 揺れ の 周期 が 長い ! 苦しかったー

船内 で 沖縄 の 若者と 話す  時々 かごっま弁 のところは わかる が ほとんど 理解 できず

那覇 港 に 着いて すぐ 隣が 那覇 空港   

うまく チェックインタイム は 確保されていたので すんなり 初 の 国際線 に 乗る

機種 は その頃 最新鋭 の DC-8



tvtvb09IMG_0014aa.jpg
tvtvb10IMG_0014aaa.jpg  tvtvb11IMG_10001a.jpg



しかし 素人の 旅行企画 は なにかと ボロ が 出る

JAL の 美人スッチャデスさん が 「 帰り の 手続き は お済み ですか ? 」

そう ! あれだけ 苦労して とった 身分証明書 と 沖縄入域許可証 は 一回 きり !

今 沖縄 を 出ていくと また 入る には 新たな 許可証 が 必要 なのだ

台湾から 直接 日本に 帰れば 書類の 問題 はない が そんな 飛行機代 は ない ! 

( 当時 カード など 持ってる 学生なんか いない )

" どうしようか " と 聞いたら 台湾の 日本領事館 で 沖縄 への トランジットビザ が 取れる そう

また ややこしそう だけど  しょーがない やる しか ない !



tvtvb12IMG_10001aa.jpg


あとで 考えた

留年 するかも しれない 試験 の 結果も 見ずに  旅行 に 行ってしまう なんて ・

ずいぶん アブナイ ことを したもんだ

幸い 帰って 確認したら なんとか C で とおっていた ので 一安心

熊本 の 実家 には 一日だけ 居て すぐ 入社式 のため 上京


それと よく 考えてみれば

苦労して 沖縄入域 の 書類 を 作らなくても 往復の トランジットビザ を 取っておけば よかった のだ

ま いろいろ 経験 して 旅行業務 が かなり 自分で できるように なった のは いいことだ !











台北の顔

台湾に 来て 一番 イメージが 強い 総統府

最後 に この 景色 を 目 に 焼き付けて おこう !



tvra01IMG_2389.jpg
tvra02IMG_2390.jpg
tvra04IMG_2380.jpg
tvra05IMG_2397.jpg
tvra06IMG_2394.jpg
tvra07IMG_2398.jpg
tvra08IMG_2399.jpg
tvra09IMG_2401.jpg
tvra10IMG_0904.jpg
tvra11IMG_0899.jpg
tvra12IMG_0900.jpg
tvra13IMG_0901.jpgtvra14IMG_0902.jpgtvra15IMG_0903aaa.jpg
tvra16IMG_2405.jpg
tvra19IMG_2402.jpg



総統府 の 右横に ある 通用門

4 年前 も 総統選挙 直前で 当時の 馬政権 の 住民サービス ( 選挙運動? ) として 一階が 解放されていた

その時 セキュリティチェック を 受けて 見学したが 

中は 博物館になっていて 建設時の 写真や 建屋の 設計図 など 日本国民 として 興味深い 内容

今回 「 中に入れるか ? 」 と 聞いたが " とんでもない ! " と 自動小銃を 持った 警護兵 から 追い返された

選挙情勢 が 不利な 状況  現政権 も 余裕が ない らしい



tvra17IMG_2403.jpg
tvtva01IMG_1667.jpg  その時 記念に くれた ボールペン



" 総統府 の 撮影は ここから " と なっている らしい

東南アジア の 観光客 が 警備の 車の 写真 を 撮って 大音響 で 怒られていた

ピリピリ している



tvra18IMG_2400.jpg
tvtva02IMG_2393.jpg  クリアな 絵 なら 逮捕される



1971 年 台湾 に 初めて 来た とき ここで 写真を 撮った

当時 は あの 総統府 の 2 階に は 蒋介石 が 居た

ひょっとして 蒋介石 から 見られていた かも ・?

しかし ・ よく 銃殺 されなかった ね ー
 


tvra03IMG_2392.jpg
tvtva03IMG_0001aa.jpg  22 才の私 若いね~











台北 介壽公園と工芸館

今日 日本に 帰る 予定 だが 

まだ 時間が ある ので しばらく 台北駅 あたり を 散策


駅 の すぐ 西 に ある のが 北 門  

そして 駅 から 東南に 少し 歩く と 東 門

エキゾチック で 素晴らしい と 思う が 観光案内 には ほとんど 出てこない



tvs04IMG_2410.jpg
tvrc01IMG_2379.jpg



介壽公園 

1971 年 初めて台湾に来た時 ここから 総統府 を 眺めた

インパクト は 今でも 強く 残っている



tvrc02IMG_2391.jpg
tvrc03IMG_2396.jpg
tvrc04IMG_2387.jpgtvrc05IMG_2388.jpg
tvrc06IMG_2395.jpg



介壽公園 の 対面  二・.二八 紀念館 

台湾 に 来て 初めて 知った  

「 なぜ 台湾 が 親日的 なのか ・」

日本の 観光客 は 絶対 訪れて欲しい ところ

  二・.二八 事件   2010 年 6 月 訪問



tvrc07IMG_2381.jpg
tvrc08IMG_2382.jpg
tvrc09IMG_2383.jpg
tvrc10IMG_2384.jpgtvrc11IMG_2385.jpg



駅 に 近い 立法院 の 裏の ビル  

昔 は " 中華工芸館 " と 呼んで いたが 今は  " 国家 文創 禮 品 館 "

台湾の  絵画  工芸品  名産品 が お土産 レベル から 博物館 レベル まで 豊富に 展示 即売 されている

私も 以前 台湾の お土産 と して  金箔絵画  蝶の標本  仏像レプリカ など 買った ことが ある

今回 は 特に 買うものは ないが ・   



tvrc12IMG_2364.jpgtvrc13IMG_2365.jpg
tvrc14IMG_2366.jpg
tvrc15IMG_2367.jpg
tvrc16IMG_2369.jpg
tvrc17IMG_2374.jpg
tvrc18IMG_2371.jpgtvrc19IMG_2376.jpg



( たぶん ) 有名な 画家の 特別展示が 行われている

値段 を 調べてみた  

哺里 で 買った 黄老師 の 絵 は リーズナブル だったか ナ ?   

いまさら 比較 ・



tvrc20IMG_2375.jpgtvrc21IMG_2370.jpg
tvrc22IMG_2372.jpgtvrc23IMG_2373.jpg
tvrc24IMG_2368.jpg











台北 逸仙邸

孫文の 記念館は 別に 国父記念館 として 立派なものが 台北市にある

ここは中華民国 建国後 混乱を 収める ために 台湾で 一時的に 泊まった 宿

日本人 が 経営していた 「梅屋敷」 という 旅館 に 資料を 集め 公園 として 保存 している

純和風 の 建築 と 日本式庭園 は ホッとする

パンフ で 撮影禁止 と 知って 申し訳なかったが 誰も いなかった ので 中も 撮影

もっとも 展示物 は これまで 私が 調べて すべて 知ってる もの ばかり

  台湾の歴史

せっかく 念願 の 清朝を 滅ぼして 新政府を 樹立したのに 部下の 袁世凱に 奪われてしまった

失意の 滞在 で 孫文は 何を 思って いた だろう ・



tvq01IMG_2333.jpg
tvq02IMG_2323.jpg
tvq03IMG_2324.jpg
tvq04IMG_2321.jpg
tvq05IMG_2322.jpg
tvq06IMG_2328.jpg
tvq07IMG_2329.jpg
tvq08IMG_2330.jpgtvq09IMG_2332.jpg
tvq10IMG_2331a.jpg
tvq11IMG_2348.jpg
tvq12IMG_2334.jpgtvq13IMG_2346.jpg
tvq14IMG_2342.jpg
tvq15IMG_2335.jpg
tvq16IMG_2337.jpg
tvq17IMG_2336.jpg
tvq18IMG_2340.jpg
tvq19IMG_2341.jpg
tvq20IMG_2339.jpg
tvq21IMG_2338.jpgtvq22IMG_2343.jpg
tvq23IMG_2344.jpg
tvq24IMG_2345.jpg
tvq25IMG_2347.jpg
tvq26IMG_2326.jpgtvq27IMG_2327.jpg
tvq28IMG_2349.jpg
tvq29IMG_逸山公園0002
tvq30IMG_逸山公園0003










FC2Ad