fc2ブログ

G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

十四 夜

今日は 2021 年 9 月 20 日

朝から 夏の 太平洋高気圧 でなく 北の 移動性高気圧に 覆われて
空気が 清々しい シャキッ とした 青空

雲も まったく 見られない 秋らしい 真の 日本晴れ
夕方に なって まぁるい まぁるい 明るい 月が 出てきた

暦に 寄れば 中秋の名月は 明日
しかし 今日の 透き通った空に 浮かぶ 月は 見逃せない

明日は ひょっとして 雲に 隠れて 見えない かも しれないし
とにかく 撮る

バカ〇ン カメラでも なかなか

いいね いいね !



rma01IMG_1341.jpg
rma02IMG_1338.jpg
rma03IMG_1339.jpg
rma04IMG_1340.jpg










十五夜

本日は 2021 年 9 月 21 日

昨日に 続いて 秋晴れ の いい天気
夕方 以降 少し 雲が 出ているが
雲間から 中秋の名月 が 顔を 出している

昨日に 比べ 大気中の水分が やや多く キリッ とした 絵では ないが
それでも 明るい !
やはり 月見る 月は この月の 月

以前 中秋の名月を たかね の 別宅で 眺めた ことがあるが
まず 夜の 明るさに 驚く 
そして 青白い 天中の月は 心を 突き刺すように 神秘的
ドラキュラ で なくても ワ~オ と 騒ぎたく なる

今日の 月を 撮って 昨日と 変わり映え の しない 絵に なったが
美しい 景色は 何度でも

これで いいのだ !
 


rma05IMG_4367.jpg
rma06IMG_1342.jpg
rma07IMG_1343.jpg
rma08IMG_1344.jpg
rma09IMG_1345.jpg










最近

2021 年 10 月 1 日

期の 変わり目 につき 最近の 我が国の 状況を 発信

① 本日 台風16号が 関東に 接近 している 
   東京は 朝から 暴風雨

② 自民党の 総裁に 岸田文雄氏が 就任 
   来週 4 日の 特別国会 で 首相 になる

③ コロナ禍の 第 5次 ピークが なんとか 治まり 緊急事態宣言が 解除
   酒類の 提供は 漸次 再開 
   海外渡航の 制限も 緩和される と 思われる



rrd01aa202110aa02Latest37.jpgrrd02aaIMG_1385.jpg
rrd03aa202110ab岸田FAciPOkVIAMfkMNrrd04aa202110acIMG_1381.jpg
rrd05aa202110adIMG_1382.jpgrrd06IMG_1383.jpg











リュートは

手術後の リハビリ の 第一目標は リュートモデルノ が 弾ける ように なること
これまで 家で そして たかね の 別宅で 恐る恐る 弾いて みたが ・

結論 として 手術前に 比べて 腕前が ガックリ 後退 している

具体的 には 
早い パッセージ に 右手の トレモロ動作は 問題ない が
左手の 薬指 小指 の 指板の 押さえ が ついて いけない
そして 左手全体の 痛み が その後 ずっと 続く

しばらく 弾いて いると 身体全体の 筋肉の 疲れ が どっと 出て 休まずを 得なく なる
練習後 風呂に 入ったり 2 時間 くらい 寝ると おおむね 回復する


さて どうする ?
11 月 28 日の 演奏会に 向かって ラピスラズリ の 練習は すでに 始まっている
このまま 練習に 出ても 全然 付いていけないか 途中で 倒れて しまう かも

ただ 私の 練習主義は とにかく 上手い人 と 一緒に 練習すれば 上手くなる ということ
大昔 全く の Guitar 素人が いきなり プロの Mandolin 楽団 に 入って なんとか 上手く なった
そんな 実績も ある 
手術後 死ぬはずだった 人生を もらって ぐずぐず しては いられない

ということで 「 弾けませんが リハビリで 練習 参加 させて 頂きまーす」 と 断って
滝野川 での ラピスラズリ の 合奏練習に 参加

ホンネの ところは コロナ禍で 演奏会 出演者 も 少ないので 
バリバリ 弾いて 応援 したい 魂胆
さすがに 歩けないので 駒込から 滝野川 までは タクシー

久しぶりの 練習に シラッとした 普通の 雰囲気で 参加

弾いてみて 自分でも 驚いた 
案外 弾けるんでは ないの
チャイコの 弦セレ四楽章 は 付いて いけない が
ま あと 10 回も 練習やれば ・

最低 私が 弾けない ことで 演奏全体を 乱すことは ない (得意技) ので
最悪 演奏会 には 出れるだろう

練習帰り は T塚氏 の 車で 駅まで 送ってもらった
滝野川 周辺の 路地  昔の 雰囲気で いいね 
ニャンコ も 居たし



roa01IMG_1258.jpgroa02IMG_4366.jpg
roa03IMG_1308.jpgroa04IMG_1309.jpgroa05IMG_1310.jpg
roa06IMG_4375.jpgroa07IMG_4380.jpg
roa08IMG_1348.jpg
roa09IMG_1346.jpgroa10IMG_1349.jpgroa11IMG_1347.jpg
roa11IMG_4376.jpg
roa12IMG_4377.jpgroa13IMG_4379.jpg










相撲の話

マイブログでは 初めて 登場するが
" 相撲 " の 話題

九月場所 では 奇跡の 復活の 新横綱 照ノ富士
期待 通りの 優勝を 遂げて 
ファン も 相撲関係者 も ホッと した ことと 思う

コロナ禍 や 不祥事など 相撲業界も 苦労 している と 思うが
巣ごもりの 相撲ファン は いい 相撲を 期待 している

照ノ富士 は 新横綱 と して 立派な 土俵で 拍手を 送りたいが
若手の 力士も これから 期待できる 面白い 相撲も 多く 見られた

ライブ や 定期演奏会 なんかも そうで あるが
こういった 興行事業は コロナ脱出の 希望の光

頑張って 欲しい



rp01IMG_1351.jpgrp02IMG_1355.jpg
rp03IMG_1350.jpgrp04IMG_1352.jpg
rp05IMG_1353.jpgrp06IMG_1354.jpg



ところで ここ16 年も 横綱を 張っていた 白鵬 が 引退を 表明した
照ノ富士 の 一人 横綱と なってしまったが 今後 少々の 不安 要素 有り

今の所 照ノ富士 の 相撲内容 は 安定 しているが
膝に ケガを 抱えた身 
今後 横綱 として 緊張する 取り組み いつまで 続けられる だろうか

横綱昇進 の インタビュー 時
「ケガが あるので 頑張れる のは 1 年 くらい かな? 」 と ポロリ 言ってたが 
私の 推測でも 恐らく 10 場所 くらいが 限界だな と 思う

と なると 2 年たらずのうちに 次の 横綱が 上がってこなくては ならないが
私の 毒断と 変見 で 2 年後 横綱になる 有望な 若手を 予想 して みる


番付で 一番 近いのは 大関 貴景勝 (たかけいしょう) と 正代 (しょうだい)
しかし 貴景勝 は カド番の 今場所でも 8 勝どまり 得意の 腹乗せ 押し も 通じなくなった
もう 一人の 正代 彼は 私の 同郷 (熊本) なので 本当は 熱烈応援を したいところ だが 今場所 8 勝
顔つき も ポケ-ッと した感じで 覇気がない 立ち合いの 手の付き方で 親方衆の 顰蹙を 買ってるし ・
ま この 二人 2年後 は 引退 しているか 幕内の 下の方で うろうろ しているか だろうね



rp07白鵬2012rp08IMG_1356.jpg



イチオシ の 2 年後 横綱候補 は 御嶽海 (みたけうみ)
しこ名は 御嶽山 (おんたけさん) の麓で 生まれたから 付けた と いうこと だが
噴火事故 に 配慮して 読み を " みたけ " と したそう 優しいね

私の 好きなのは なんと言っても その 鬼のような 面構え (つらがまえ)
最近 格闘家 らしい いかにも 怖い顔 少なく なった ね~
それでいて ちょっと笑うと ゆりあんレトリィバァ に そっくり に なったり して (笑)

ずっと 東の 関脇に 定着 し 優勝も しているので
今場所 10 勝 挙げれば 大関 当確 だったのに 残念 !  



rp09相撲01御嶽海2614rp10相撲02御嶽海DSC0rp11相撲03ゆりあんダウンロード



二番手は 同じく 関脇 常連 優勝も 経験している 大栄翔 (だいえいしょう)
今場所は 番付下位 ながらも 10 勝を 挙げ 優勝にも からんだ

この勢いを 持続すれば 3 場所 30 勝で すぐ 大関に なれる
大事なのは 大関で 低迷 しない こと
集中して 2 場所 連続 優勝すれば 必ず 横綱 に なれる


三番手は 今後 絶対 強くなる と 思わせられる 豊昇龍 (ほうしょうりゅう)
叔父の 朝青龍 ゆずり の 技の キレ味 足腰の ねばり は すごい !
ケガにも 強い 体形

一番手 二番手が ケガなどで 大関を ウロウロ していたら
一番早く 横綱 になる 可能性は 充分
 


rp12相撲04大栄翔1rp13相撲05豊昇龍20210912w



あと 若手で 探す となると 童顔の 明生 (めいせい)
彼の 特徴は 大勝ち 大負け も するが 7 勝 7 敗に なったら しぶとく 勝ち越す

従って 番付も 徐々に 上がっている
今場所は 西の関脇で 8 勝
その 勝負強さに 今後 期待


ところで 2 年後は 絶対 横綱 と 期待されている 最有力が 居る 朝乃山 (あさのやま)
今年の 初め コロナ禍の 最中に 隠れて 飲食を やっていた ということで 協会から 懲戒
6 場所の 出場停止 9 月で 2 場所 休場と なり 大関 陥落  来年の 7 月には 三段目まで 下がる 

出場 解禁されたら この地位から 相撲を 取る ことになる
ただ 照ノ富士 だって ケガで 序二段まで 下がって 奮起して 一年で 新横綱

ケガも 無く もともと 実力 ピカイチの 朝乃山 に とって 6 場所 連続優勝 なんて 屁のカッパ の はず
協会も 横綱 後釜と 照ノ富士 再来の 話題性を 期待して 引退届を 受け取らなかった みたいだが
朝乃山 クン !  これから 主役に なれるんだから クサらず 練習に 励んで ほしい
 


rp14相撲06明生meiseirp15相撲07朝乃山March









さろきんく゛

大動脈解離 手術後の リハビリの 一環 として 年末に 東北ハイキング を 計画している
西遊旅行に 対しては 4 月の 発症直前に 旅行キャンセルした 経緯も あって
今回 申し込み の際 健康診断書の 提出を 要求された

丁度 毎年 恒例の 府中市 健康診断の 時期でも あり 予約 して 病院へ 出かける
現在の リハビリ から 考えると 自転車で 病院 往復は 丁度よい リハビリ 運動

府中ケヤキ並木  東府中 航空自衛隊基地  桜並木公園  府中の森 芸術劇場 など 
久しぶりに 巡る

もちろん 健康診断 の 帰り 夜の 飲み屋街 も 探訪
非常事態宣言 終了したのに 未だ 酒を 自重している 店 多し




rra01IMG_1378.jpg
rra02IMG_1375.jpgrra03IMG_1374.jpg
rra04IMG_1377.jpgrra05IMG_1376.jpg
rra06IMG_1371.jpgrra07IMG_1370.jpg
rra08IMG_1367.jpg
rra09IMG_1369.jpg
rra10IMG_1373.jpgrra11IMG_1372.jpg
rra12IMG_1366.jpgrra13IMG_1365.jpg
rra14IMG_4381.jpgrra15IMG_4382.jpgrra16IMG_4383.jpg









ポトス と

これは ポトス である
もう 20 年来 府中の 我が家で 育っている
毎年 1 m 近く 伸びるので チョン切って 分鉢し 部屋中に 飾ってある
当然 たかね にも 持っていく
たかね の 別宅では 自動水遣り装置 なんぞ を 作り 苦労しながらも 楽しんでいる


rqa01IMG_1313.jpgrqa02IMG_1314.jpg
rqa03IMG_1311.jpgrqa04IMG_1315.jpg


府中の 我が家の ベランダに ずっと 以前から 吊り鉢で 育てている 植物がある
これは ツルニチソウ である
これも 毎年 伸びるので 分鉢 して たかね に 持っていく
たかね では 桜の下の 池の周りに 植えて いるが 勝手に 繁殖 している


rqa05IMG_1389.jpgrqa06IMG_1386.jpg
rqa07ツルニチソウ20070312012719rqa08ツルニチソウ20080726104243


もうひとつ 昔から 府中の 我が家の ベランダに 植えてて
毎年 しぶとく 冬を 越す 植物がある
これは ワイヤープランツ という
これも どんどん 増殖 して くるので 分鉢して たかね に 持って行く
たかね で 池の 近くに 植えたら ツルニチソウ と 張り合って
今の所 優勢勝ち だな


rqa09ワイヤー20100514121443736rqa10ワイヤーjjf06IMG_2235
rqa11ワイヤーeea02IMG_2511rqa12ワイヤー20090616205117ee4



これから 本題

実は 2021年 9 月 27 日の マイブログ記事  たかね で ポトスの 鉢を 手入れした 記事だが
植物名を ポトス でなく ツルニチソウ と 誤って 説明 している (manot 殿より ご指摘 )

本日の記事のごとく ポトス ツルニチソウ ワイヤープランツ については
もう 何十年も 身近に あって 育て 続けて いる

本来なら 絶対に 間違う はずは ない !  
あの時 なにか 慌てていた という ことも ない !

すなわち 記事を 書いていた 時に 確信的判断 の もとに 
「 これは ポトス でなく ツルニチソウ である 」 と 思い込んでいた のである
この状況 まことに 由々しきこと !

実は こういった ことは この歳に なって 度々 起きている 
多いのは 人の名前 話している時 山下さん を 山本さん と 思い込んで 何回も 間違って 言ってしまう

原因 は たぶん 加齢による 痴呆の 進行 か それとも 手術の 影響か 
一昨年 キリマンジャロに 登ったのち 一時的 記憶喪失症 に なった事も あったが この辺も 怪しい

しかし とにかく 怖い
運転中 ブレーキを 踏むところで " このペタルが 絶対ブレーキだ " と 確信し アクセルを 踏むような ものだ
幸い 運転中の 反射的行動 については 身体が 覚えているようで 手術後も 危ない場面は 見受けられないが ・

話の 途中や ブログ記事 で つじつまが 合わない くらいは 笑って 済ませられる が
人に 危害を 与える 恐れのある 行動は 真面目に 対応策を 考えておかなければ ならない

日常生活や この ブログで 事前に 少しでも 異常事象が 検出され 
重大事故への 抑止に 繋がる方向に 向かえれば いいが ・
と 思っている 











ゲームは

私の 常用パソコン は HP社の OMEN という デスクトップ
オンラインゲーム も サクサク 出来るよう グラフィック 機能が 多彩
付属している ゲームも たくさんあるが 
使う ゲームは 一つに 集中 している


それは スパイダーソリティア 
ずっと 昔 パソコンの 黎明期 
マウスの ドラッグ機能の 練習 と して  
ソリティア という ゲームが あったが
これの 進化系
 

rqb01IMG_1364.jpg



やり方は 簡単
並んでいる トランプを 山札から 供給し 1 から K まで ドラック して 並べ替える だけ
完成したら その列が 消滅する  8 列の ライン すべて 消滅したら こちらの 勝ち
途中で 行き詰まったら 手を 元に戻し そこから やり直す ことも できる
勝ったら 2000点 を 獲得 5000点 獲得したら リングが 一周 まわり レベル1 となる


rqb02IMG_1359.jpg rqb03IMG_1360.jpg
rqb04IMG_1361.jpg rqb05IMG_1362.jpg



記録に よれば これまで 私は 2,355 回 ゲームを行い 999 レベル と なっている
行き詰って 負け宣言 したのは 1 回だけ (元に戻す キーを 間違えて 押したため)
レベルが 増えるに 従って ファン、 達人、 名人、 マスター など  称号が 替わる
しかし 500レベル を 過ぎると グランドマスター という 称号に 固定 数字が 増える だけ


rqb06IMG_1357.jpg rqb07IMG_1358.jpg



今回 レベルが 1,000 を超える さすがに 新しい 称号に なるか 
少なくとも 表彰デザイン が 変わるのでは  と 思って やってみたが

相変わらず 数字が 一つ 増えただけ

5 年ぐらい ひたすら 続けてきた このゲーム
この際 別の ゲームに 乗り換える か ・


rqb08IMG_1363.jpg rqb09IMG_1379.jpg
rqb10IMG_1380.jpg









襖 張り

居間に 続く 六畳間 は 我々 夫婦の 寝室

片側は 襖(ふすま) 反対側には デカい タンスが あるので
二人分の マットレス を 敷くと 畳部 は 目一杯

当然 寝返り を 打つ と 襖 に 手が ぶつかり 穴あき に
襖側に 寝るのは 我が 相方 なので 敗れた 箇所は
本人が 一生懸命 パッチを 張って 修復 している

この際 襖 を 全部 張り替えようか と 思ったが
襖 は この他にも 4 枚あり 天袋用の 襖も 多数
全部 張り替える と D I Y では 厳しい し 金額も 張る

この際 傷ついている 4 枚の 襖の 下部のみ
D I Y にて 上張り する ことに 決定 ー



rna01IMG_1321.jpg
rna02IMG_1322.jpg



買ってきた 襖紙 
一巻で 襖 2 枚分なので 4 半面の 上張り が 1 巻で 可能

裏に 糊が ついて いるので 
カット して 糊を 水で 濡らして 張る だけ だが
これが 案外 難しい

まず 襖の 寸法に 合わせて カットだが 丸まって いるので
両手 両足 肘から 膝 すべて 使って 押さえつけ 寸法線 & カット

さらに 糊の面を 水で 濡らす 
これで 襖紙は 膨張し 破れやすくなる 



rna03IMG_1323.jpgrna04IMG_1324.jpg
rna05IMG_1325.jpgrna06IMG_1326.jpgrna07IMG_1327.jpg
rna08IMG_1329.jpgrna09IMG_1330.jpgrna10IMG_1331.jpg



手早く 張れば 上手く いった のだが 
一枚目の 最初は 慣れて なかった ので 時間が かかった

結果 水の 付け過ぎで 糊が 剝れ
うまく くっつかない部分が 出来たり 一部 破れたり

二枚目からは 要領を 得 
うまく きれいに 張れる ように なった 



rna11IMG_1332.jpgrna12IMG_1333.jpg
rna13IMG_1335.jpgrna14IMG_1334.jpg



張れてない 部分が 一部 残ったままだが 
補修は また 気が 向いたときに やろう

細かく 言えば 襖紙が 膨張した 部分が はみ出しており 
カット しなくては ならないが

これも あとで



rna15IMG_1336.jpg
襖張り前                               襖張り後
rna16IMG_1321aa.jpgrna17IMG_1337.jpg










ベランダ作業

台風一過の 日曜日
久しぶり の ベランダ作業

手術中の ブランク は 当然 相方に 花の 世話を 任していたが ・
昔から そうであるが 「 三日に 一度 水やれば いいんでしょ !」 と いう
花に 対する 淡白な 相方の 処遇に 私は 不満を 持っている

植物 と いうのは 常に その植物の 状況を 見ながら お世話 するものだ
ゼラニウム なんて 鉢上が 乾いたら 水遣り すべき なのに
冬など 休眠期に やたら 水遣りして 根腐れ させてしまう
ロベリア は 葉の 様子を 見てると 今 水が 欲しいか どうか 私には すぐ 分かる
 

ffa01IMG_1397.jpg


以前から ある ニチニチソウ
これは 何回も ベランダで 栽培 経験が ある
何といっても 丈夫で 育てやすい
いい加減な 水遣り でも OK
今回 特に 植え替え など 手入れする ことも 無い

昨年の 九州旅行で 多肉植物 と 一緒 に あった のは
水の やり過ぎ か 瀕死の 状態
 

ffa02IMG_1398.jpgffa03IMG_1393.jpg


この 赤い花は 名前を 忘れた
よく 聞く 名前の花 と 思ったが 最近 新種で いろいろ 新たな 名前が ついている ようだし
赤と 白の 2 鉢 を 買って コンポートに 植えたが 現在 赤は 元気 白は 跡形も 無く 枯れている

今回 枯れた 白に 似ている 花を 新しく 買ってきた
それと ロベリア も 枯れてしまったので 紫の 花を 新規に
 

ffa04IMG_1395.jpgffa05IMG_1394.jpg


この ベランダ での 植え替え 作業
手術後の 身体には 堪える
100m も 歩けない 状況 の 現在
汗びっしょり で  1 鉢 ごとに 
休みながら ・ 


ffa06IMG_1396.jpg


苦労 しながら 6 鉢の 植え替え 完成~
やっと 出来て 気分 スッキリ


ffa07IMG_1400.jpgffa08IMG_1401.jpg
ffa09IMG_1402.jpgffa10IMG_1399.jpg










長浜城へ

2020 年 10 月 30 日 ~ 11 月 10 日 の " 熊本帰省を 兼ねた お城巡り 一人旅 " を 再開する

これまで 記事にしたのは 10 月 30 日 と 11 月 1 日の午前中まで ( 岡垣城、彦根城と 安土城址 )
この先 旅は 九州に移動して 熊本滞在 さらに博多から 3 泊 4 日の 奄美大島 喜界島 旅行(パック) など
約 9 日間 写真にして 1,000 枚くらい 撮ったが ・
旅行から 帰って来てみたら 交換した メモリーカード が 見当たらない !
ホテルで ゴミ箱に 捨てたか どっかの 服のポケットに 入れっぱなしか カバンや トランクの 隅に 隠れてるか
ずっと 探しているが どうしても 見つからない

私の ブログは 大量の 写真を並べ 短い コメントを 挿入する 絵日記方式 
写真がない となると 紀行文を 長々と 書く 気力もない 
これから どうする ?
ネタ として 残っているのは 現地で 手に入れた パンフレット そして
インスタグラム用として マイ i-phone で 写した 代表的な 写真

今後(今回から) これらの 少ない資料と ググった 他人の写真 あたりを 使って 記事を 続ける
急に 中身が 空疎な 紀行文となって 皆様に 申し訳ないが 
絵日記 としての 記録 と 受け取って しばらくは 楽しんで ほしい


2020 年 11 月 1 日
安土城址 から 長浜城に 向かう 赤い橋を 渡った ショットが メモリの 最後の写真

JR長浜駅 の 前が 長浜城を 含む 広大な 公園に なっており 広い 駐車場も ある
長浜城 は これまで 訪れた 岡垣城、彦根城 の 鄙びた雰囲気に 比べ 賑やかで 繁盛 してる? よう

この城 には 豊臣秀吉 が 絡む 
国盗りの争いで 盟友の 浅井長政や 柴田勝家を 攻めて 自分が 城主に 納まる

天守閣 は 長浜城 歴史博物館 として 立派に 整備されている

秀吉も 眺めた 琵琶湖の日没 の 景色に 巡り合えた
すばらしい !



kna01IMG_7365.jpg
kna02IMG_7366.jpg
kna03帰省長浜城IMG_0012
kna04帰省長浜城IMG_0034
kna05帰省長浜城IMG_0036
kna06帰省長浜城IMG_0036aa
kna07帰省長浜城IMG_0034aa
kna08帰省長浜城IMG_0035
kna09IMG_4060.jpg
kna10帰省長浜城IMG_0037
kna11帰省長浜城IMG_0037aa
kna12IMG_4061.jpg
kna13IMG_4062.jpg
kna14IMG_4063.jpg
kna15IMG_4064.jpg










福知山城は

2020 年 11 月 2 日  

今日は 朝一番で 福知山 城 を 訪れる

なんといっても ここは 最初から 行きたい 行きたい と 思っていた 明智光秀 の城

天守から 眺める 福知山 の 街並み も 歴史が 感じられて

いいね いいね



knb01帰省福知山5136
knb02帰省福知山IMG_0032aa
knb03帰省福知山IMG_0030
knb04帰省福知山IMG_0031
knb05帰省福知山IMG_0032
knb06帰省福知山IMG_0033
knb07帰省福知山IMG_0033aa
knb08帰省福知山城2015_0420_77
knb09帰省福知山城fad20c8e
knb10帰省福知山城2015_0420_79
knb11帰省福知山城2015_0420_86
knb12帰省福知山城5143
knb13帰省福知山城5144
knb14帰省福知山IMG_0030aa
knb15帰省福知山城2015_0420_88
knb16帰省福知山城5074
knb17福知山IMG_4066
knb18帰省福知山城5145
knb19福知山IMG_4067knb20福知山IMG_4069
knb21福知山IMG_4065









天空の城へ

2020 年 11 月 2 日

播磨 但馬 丹波 あたりを一人旅しているが 
ここら辺の 名所 と いえば ・
最近 人気が とみに 上がってきた " 天空の城 竹田城跡 "

なんとしても 行きたい と思うが ここの ウリは 早朝の 雲海
そのためには 暗いうちから 山の上の 城跡に 登っておかなくてはならない
直前に 調べた 結果゛は 雲海が 発生する 確率は 5 % 程度 しかも 短時間

旅の途中の 早起きは 体調を 崩すのが 確実 なので  ここは
午前中に 福知山城 を 訪れ 
お昼の 明るい時に 竹田城跡 に 登り 眺めを 楽しむ ことに 決定 ー


kne01帰省竹田城址IMG_0012aa
kne02帰省竹田城址IMG_0016aa
kne03帰省竹田城址IMG_0016
kne05帰省竹田城址IMG_0018aa
kne06帰省竹田城址IMG_0017


竹田城跡 の 周りには 観光道路 があり 乗り合いバス も 運行されている
バスの 始発の 道の駅 山城の郷 (やまじろのさと) あたりに 車を 停めて 
バスか 徒歩で 行くか
 

kne07帰省竹田城址42tenkuubus02


お昼頃の 道の駅 山城の郷 は 駐車場が 満杯
取り付き 道路に 丁寧に 誘導されて 停める


kne08帰省山城の郷img_2


ここから 竹田城跡まで 歩けば 40 分 と いうことで 歩いても よいと 思ったが
時間的に すぐ 出る ようなので この 派手な 天空バス に 乗ってみる


kne09a帰省竹田城L3286960002929847kne10帰省竹田城址36483488790_bbcd3f80bd_c


15分 バスに 乗って 竹田城跡 バス停
ここは 竹田城跡 の 足元 あたり
当然 ここから 城跡 に 向かって 山登り
 

kne11IMG_4070.jpg
kne12帰省竹田城址36520693910_7330bf76b6_c


ほどなく 竹田城跡 の 石垣群に 到達する
眺めも 開けてきた
雲海は ないけれど 晴れて なかなか いい眺め

雲海を 聞いてみたら 今朝 ほんの 僅か 出たそう
でも この眺め 
雲海を 諦めて 正解だったね


kne13IMG_4072.jpg
kne14IMG_4074.jpg
kne15IMG_4076.jpg
kne16IMG_4077.jpg
kne17IMG_4081.jpg
kne18IMG_4078.jpg
kne19IMG_4080.jpg
kne20IMG_4073.jpg










竹田城跡は

竹田城の沿革 といえば あまり 歴史の 表舞台に 出てこないが 調べて みると
築城 は 1,440 年ごろ 関ケ原より 150 年 も 前

この地方の 豪族の 太田垣氏 が 住んでいた らしい
国盗り合戦の 最中に 豊臣秀吉に 攻められ 落城

その後 城主の 変遷が いろいろ あって
1,600 年 関ケ原で 西軍が敗れて 以降 廃城に なった という


kne04帰省竹田城址IMG_0018


使っている 写真の うち 私の i-phone で 写したのは 2、3 枚 だが
竹田城 で ググって ここで使った写真が すべて 見た通り !  
マチュピチュ に 似た 石垣群 そして 周囲の 山の 景色が すばらしい !


knf01帰省竹田城址36109010093_a9009951a1_cknf02IMG_4075.jpg
knf03帰省竹田城址36520716810_de644f000c_c
knf04帰省竹田城址36777372511_c36f4631f2_c
knf05帰省竹田城址36777376781_ec1cbe5d7b_c
knf06帰省竹田城址36777383021_928cd86f0e_c
knf07帰省竹田城址36520759030_4d79c1c7c4_c
knf08帰省竹田城址36917210525_29f23349f4_c
knf09帰省竹田城址D20B19CBD78D43C1B1B6A52CA962E9ED_LL
knf10帰省竹田城址36777398021_c303a1eaf9_c
knf11帰省竹田城址36777368191_0b0fe66208_c


穴太(あのう) 積み 算木積み など 石垣の 積み方も 勉強 になる

knf12帰省竹田城址36109028973_d280d7350a_c
knf13帰省竹田城址IMG_0012


もちろん 雲海を お目当てに やって来た 観光客 の ために

道の駅 には 数々の 顔ハメ 掲示板が 用意してある

すべて 満足させて くれる


knf14IMG_4083.jpgknf15IMG_4082.jpg
knf16帰省竹田城址10326BCC9EA14A759E7ADFC0D7A78754_LL
knf17帰省竹田城址3b6bef3c
knf18帰省竹田城址20210419003704










さんふらわあ で

2020 年 11 月 2 日 

この日の 予定は 当初
福知山城 竹田城跡 の ほか 
出石城址 見学 と 三田 (さんだ) 市 の お気に入り 立ち寄り湯 訪問
を 考えていた
そして それでも 時間が 余ったら In let (入江) 氏 の 自宅でも 遊びに 行こうか と

しかし 福知山城 と 竹田城跡 で あまりにも 充実した 時間を 過ごした ため
17 時 集合 の 大阪南港 さんふらわあ埠頭 まで 直行で 行かないと 間に合いそうにも ない
これまで 九州行きで なんども 利用している 航路だが いつも 時間ギリギリで 危険運転 を 繰り返している

余裕を もって 走ると 道を 間違えることは 少ない  なぜか スムースに 走れる ものだ
竹田城跡 から 三田市を 通り 六甲山 を 突き抜け 大阪南港の さんふらわあ埠頭 まで 余裕で 到着できた

フェリーに 乗ったら あとは 風呂に入って ベッドで 寝るだけ
明石海峡大橋 を くぐるので 久しぶりに 撮るか

翌日朝 一年ぶりの 九州は 雨模様 ( このグーグル写真では 晴れ ) 


kng01帰省さんふらわあoriginal
kng02帰省さんふらわあ20170929sunflower1
kng03IMG_4084.jpg
kng04IMG_4085.jpg
kng05IMG_4087.jpg

  

kng07帰省さんふらわあoriginal
kng08帰省さんふらわあIMG_20170905_175126
kng09帰省さんふらわあ5736168235_1dfc42d53c










原尻の滝は

2020 年 11 月 3 日

いつもの 帰省旅行 だったら フェリーで 別府に 朝 着いたら 
その日の うちに 熊本へ 到着する

ところが この コロナ禍 宿泊を 予定していた 熊本市の 弟の 家から 
「 東京の人を ウチに 泊めるわけには いかない 」 と 言ってきた
熊本 では コロナ感染者は  一日 2、3 人 なのに  

まぁ しかし 弟は 看護師だから しょうがない かな
実家 近くの ビジネスホテル を 4 泊ほど予約 した が 
どうせなら 熊本市に 滞留する のではなく 九州の 温泉地でも ゆっくり 巡ろう か

と いうことで 今日の 泊りは まだ行ったことがない 杖立温泉 に 決まり ー
ただ それにしても 近い 途中の 名所旧跡 に  いくつか 寄っていかねば

いつもの 九州帰省のコースは
別府  湯布院  水分峠  九重町  涌蓋温泉郷 ( 湯けむり茶屋で入浴)  小国道の駅  大観峰  熊本市

今回は 泊りが 杖立温泉 なので 途中 入浴の 必要は ない
されば ルートは 大分市 経由で 竹田市 瀬の本高原 小国町 を 通って 杖立温泉 まで 行こう

この道沿い で 観光地 を あわてて 探した 結果が 下記
 原尻の滝  東洋のナイアガラ という キャッチフレーズ
 
こんな 畑の 真ん中に 壮大な 滝が あるのかな ? と 半信半疑 だったが
来てみると 満足すべき 観光地

有名な 観光地でも 行ってみれば 期待外れ と いうことも あるが
ここは 無名な 観光地でも そこそこ 楽しめる と いった ところ



  原尻の滝 観光ビデオ

knj01帰省原尻の滝20012106(1)
knj02帰省原尻の滝20012110
knj03帰省原尻の滝20012103
knj04帰省原尻の滝ダウンロードknj05帰省原尻の滝20012104
knj06IMG_4088.jpg
knj07IMG_4091.jpg
knj08IMG_4092.jpg
knj09帰省原尻の滝20012102
knj10IMG_4089.jpg



knj12帰省原尻の滝20012105(1)
knj13帰省原尻の滝20012108









岡城址は

2020 年 11 月 3 日

原尻の滝 から 道なりに 進む と 竹田市 に 入ってくる
ここに来たら 滝廉太郎の 荒城の月 ゆかりの 岡城址 に 行かない わけには いかない

もう 3 回は 岡城址に 来ているので 道も すぐ分かる
これまで 来た時は すべて 土砂降り の雨 だったが 今日 も シトシト雨
しかし こういった 鄙びた ところは 晴れようが 降ろうが 何度 来ても いいもんだ

特に 音楽に 絡む 逸話が ある 観光地  私は 大好き
当然 荒城の月 を 口ずさみながら 城内を 彷徨う


ところで 荒城の月 はる こうろうの はな の えん
この 音程を ファ ファ ミ レ ミ でなく
ファ ファ ミ レ# ミ と 歌う人が 少なからず いる

私は レ# でなく  の方が 好きだが 念のため 真実を 調べてみた

結果 
滝廉太郎は ヨーロッパ留学の際 ボヘミア音楽が たいそう 気に入っていたので
オリジナルの 荒城の月は ボヘミア音階の レ# で あった らしい
しかし 滝の死後 そのころ 大御所であった 山田耕作 が
「 日本の 歌曲 としては が ふさわしい 」 と 編曲 (改作?) した ことから
長い間 で 歌われていた (私の時代も それが自然と 思っていた)
最近になって やはり 作曲家の オリジナルで 歌うべき という人が 現われ
現状では レ# で 歌う人が 優勢かな という 感じ
ギターコードで言えば レ# は B7 どう 聞いても 西洋音階
だったら Dm となり Am 調の サブドミナント コード
素朴な 日本の歌曲 だったら やはり が 正解でないかな 
と 私は しつこく 思っている



knk01帰省岡城址IMG_0008
knk02帰省岡城址IMG_0010
knk03帰省岡城址IMG_0011
knk04帰省岡城址IMG_0012
knk05IMG_4093.jpg
knk06IMG_4094.jpg
knk07IMG_4095.jpg
knk08IMG_4096.jpg
knk09帰省岡城址okajo301
knk10帰省岡城址okajo302
knk11帰省岡城址okajo303
knk12帰省岡城址okajo304
knk13帰省岡城址okajo305
knk14帰省岡城址okajo306
knk15帰省岡城址okajo307
knk16帰省岡城址okajo313
knk17帰省岡城址okajo311


  岡城址 絶景空撮









お気に入りの場所

2020 年 11 月 3 日

大分県竹田市から 杖立温泉に行くルート
途中に 帰省の時は 必ず寄る お気に入りの 場所が ある


その第一 涌蓋温泉郷 ( わいたおんせんきょう )

今回も来た 禿の湯 (はげのゆ) の 湯けむり茶屋
ところが コロナ禍 の 影響か 
レストラン 売店 は 休業中 温泉も 営業時間は 午後 2時から
残念だな~ ( 写真は 2012 年 訪れた時のもの )


 knm07湯けむり茶屋kkna14IMG_9012 knm08湯けむり茶屋kkna20IMG_9021


しからば 近くの 眺めのいい 露天風呂  豊礼の湯 に 行くか
しかし ここも 建屋の 前の道を 大規模改修工事中
豊礼の湯 も 休業中 この時間だけ かも しれなかったが
( 写真は 2014 年に訪れた時のもの )


 knm09豊礼の湯i11IMG_1935 knm10豊礼の湯i19IMG_1923



お気に入りの 第二は 大観峰 近くにある 名も無い 駐車スペース

ここから 久住山 阿蘇山 祖母山 傾山 を 眺められる と共に
眼前 いっぱいに 広がる 高原や カルデラを 鑑賞できる 
涅槃の 大仏の 阿蘇五嶽 は  いつもながら 見事
今日は 小噴火かな ?
へそで 茶を沸かしている 煙の 勢いが 良い



knm01IMG_4097.jpg
knm02IMG_4099.jpg
knm03IMG_4098.jpg
knm04IMG_4100.jpg
knm05IMG_4101.jpg
knm06IMG_4102.jpg










杖立温泉で

2020 年 11 月 3 日 

杖立温泉の 近くで 何度も 道に迷いながら やっと 今夜の 宿泊地の 旅館に 到着した
初めて来た 杖立温泉の 印象は 大規模な 温泉街なれど いかにも 鄙びて 歴史を 感じる
東京近辺の 豪勢な ビルの 温泉街でなく やや 古い 建物 先の 水害の 爪跡も 見られる
今は GO-TOキャンペーン で お客さんも なんとか 入ってる みたい だが
所々 電気が消えて 廃業している 旅館も 見られる
鬼怒川温泉 みたいに 大規模な 廃業旅館の 並びに ならない ことを 祈る
なお 今日の 画像は 全て パンフレット か ホームページ から の もの 
実際 目で見た景色は 水害の 被害が かなり ひどい



knn01帰省杖立温泉IMG_0013
knn02帰省杖立温泉43000896_2211_1
knn03帰省杖立温泉image-asset
knn04帰省杖立温泉img_29122
knn05帰省杖立温泉tsuetateonsen
knn09帰省杖立温泉img_2913
knn06帰省杖立温泉L1080352
knn07帰省杖立温泉IMG_0015
knn08帰省杖立温泉IMG_0014



泊まった 旅館は 古さでは 一二を 争う 葉隠館 ( はがくれかん )
文豪 日野葦平 ゆかりの宿 だそう だが 私は 日野葦平を よく 知らない
それよりも 何年か前 「寅さん」の 映画ロケが 杖立に 来た時 
渥美清 以下 キャスト スタッフ が この旅館に 泊った という
いいね 寅さんが 泊まった 旅館で 風呂に 入り 寝て みたいね



knn10帰省杖立温泉8125A041000000005knn11帰省杖立温泉f15c9e309b9ff4a9535f02eb40335bf23c
knn12帰省杖立温泉8125A041000000040knn13帰省杖立温泉imgjiman1
knn14帰省杖立温泉tuPvjb









熊本市で

2020 年 11 月 4 日

杖立温泉 から 午前中に 熊本市に 帰ってきた
車を フジモトクン の 駐車場に 置かせて もらって
荷物を 熊本での 泊り ホテルクラウンヒルズ熊本 に 置いて
熊本市 散策 に出発ー


まず 行くのは 昔の 熊本市役所 ( 今は 熊本市中央区区役所 ) の 14 階 展望所
ここは 目の前に 熊本城が そして 私の実家がある 熊本市の 西方 が 見渡せる
i-phone の カメラ機能 180 度 パノラマビュー で 撮って みる 


knp03IMG_4106.jpg


我が 実家は 取り壊されて 土地も 人の手に 渡っているが
ここから 今 見ている 景色は ほとんど 我が 城西小学校の 校区
私が 幼いころから 動き回っていた エリア 
いつも 見ていた 故郷の 山や 川 
脳裏に 今でも しっかり 焼き付いている

 うさぎ 追いし かの やま
 こぶな 釣りし かの かわ
 ゆめは 今も めぐりて
 忘れがたき ふるさと


金峰山  荒尾山  二の岳 三の岳  花岡山  石神山
熊本城  二の丸 三の丸公園  藤崎台野球場  国立病院 ・

熊本城の 地震修復 飯田丸 は 一旦 分解撤去 した上で 修理中 らしい 


knp00IMG_4107.jpg


ここからは 熊本城の 天守閣や 本丸御殿 も 良く見える

knp01IMG_4104.jpg
knp02IMG_4105.jpg


熊本市中央区区役所の 展望台から 二の丸公園 に移動し 地震 修復状況を 確認に 行った
石垣などは 地震から 5 年たっても 応急修理 状態だね


knp04IMG_4109.jpg
knp05IMG_4108.jpg


加藤神社 境内 からは 天守閣の 修復工事が 真近かに 見える
天守閣の 修復は ほぼ 完成 して いるように 見える


knp06IMG_4110.jpg
knp07IMG_4111.jpg


交通センターの跡地 以前から 再開発していたが 
昨年 総合ショッピングセンター "サクラマチクマモト"
として オープンした というので 別の日 (2020年11月9日) に 行ってみる 
GO-TO チケット も 使わにゃ いかんし ・
昨年以来 コロナ禍で 客の 来店も 少なく テナント運営に 苦労して いるよう
屋上は 緑のある 庭園と なっており 熊本城も 望む ことが 出来る


knp08IMG_4169.jpg
knp09帰省サクラマチIMG_0012
knp10帰省サクラマチIMG_0013









九州を離れる

熊本に 着いたのは 11 月 4 日 だった

熊本では  市街地散策 熊本城 復旧確認 実家の その後 確認など・ 
また 旧友との再会 宴会 会食や カラOKなど 親交も深め 
楽しい 時間を 過ごした
 
実は 11 月 5 日 ~ 11 月 9 日の 五日間 800 枚くらい の 写真を 撮ったが 
全て 紛失した メモリの中
特に このうち 博多から 出発した パック旅行 「奄美大島 喜界島の旅」 は
また 別の機会に 何とか 発表しよう と 思っている



ということで 2020 年 11 月 10 日
熊本市を 出発 ー

ここは 立野にある 昔の 阿蘇大橋
地震で崩壊したが 新しい 橋は 近くに 構築中 2021年 3 月 開通予定
国道から 地震の 震災遺構 として 被害を受けた そのままの 形が 見学できる

 
knq01IMG_4170.jpg


いつも 撮る  お気に入り ショット
大分県 九重町 庁舎前 からの 
万年山 (はねやま)


knq02IMG_4171.jpg
knq03IMG_4172.jpg


ここ も
湯布院の 街を 抜けて 峠の 登山口 から
由布岳 (ゆふだけ)


knq04IMG_4173.jpg


そして 別府
さんふらわあ の 帰りの 航路

いつも ながら 
出航時の 別府の 夜景は 癒される


knq10帰省さんふらわあP1020277beppu110109s
knq12IMG_4174.jpg
knq13IMG_4177.jpg
knq11IMG_4175.jpg



knq15帰省さんふらわあP1020468ferry1105
















東寺 にて

恒例の 大阪南港に 着いて 山梨の別宅へ 帰る 最終日
今年は どこを 観光する ? 

いつもは フジモトくん の アドバイスで 奈良県の 隠れた名所を 訪れるが
今回 聞いておくのを 忘れた 
というより 奈良県あたりの 名所は ほとんど 訪問 し尽した 感じ
昨年は 高野山 その前は 平等院 萬福寺 だったね 

もう 京都に 足を 延ばす しかない
京都は 高校時代 修学旅行で お寺さんなど 超有名な名所 しか 行ってないので
私好みの 静かな 観光地が いっぱい あるはず


ということで いちおう 目を付けたのが  
東寺  二条城   京都御所  平安神宮
どっかの 大型スーパーに 車止めて 自転車で 街中を 動き回ろう !

自転車での 観光は 途中で 思わぬ町中の 素晴らしい景色に 遭遇する 
期待 いっぱい
いつもながらの 今日 行先を 今日 決める 行き当たりばっ旅


京都駅 近くの イオンモールの 駐車場に 首尾よく 駐車
自転車で 東寺 目指して 昔たたずまいの 裏道を くねくねと ・

いかに 狭い 路地を 走ろうと 迷う ことはない
あの 有名な 五重塔は どこからでも 見える


実際 そばで 見学しても さすが
風格からして 抜きん でている

鄙びた 古い寺が 好きな 私だが
京都は 皆 どうだ ! と 豪勢で 瀟洒な寺

これも ま いいか 



knra01帰省東寺aaIMG_0025
knra02帰省東寺aaIMG_0025aa
knra03帰省東寺IMG_0028
knra04IMG_4178.jpg
knra05IMG_4179.jpg
knra06IMG_4180.jpg
knra07IMG_4181.jpg
knra08帰省東寺IMG_0029
knra09帰省東寺IMG_0029aa









二条城は

2020 年 11 月 11 日 熊本帰省の旅

今日は 朝 大阪南港に着いて 京都まで移動
午前中に 自転車にて 東寺 を 観光した

その後 昼食を食べ 次に 近いのは 二条城
自転車で 京都駅付近の ビル街の 裏道を 走る

京都の道は 碁盤の目 ウーバーイーツと並んで 
ナビなくても スイスイ目的地に



knrb01帰省二条城IMG_0020
knrb02帰省二条城IMG_0021
knrb03帰省二条城IMG_0021aa



そういえば 今回は お城 訪問の旅 ここでも
石垣に 囲まれた 掘割り を 一周して 大手門 から 登城 しよう



knrb10IMG_8626.jpg
knrb11IMG_4182.jpg

knrb04帰省二条城IMG_0022
knrb05IMG_8625.jpg
knrb06IMG_4183.jpg
knrb12IMG_8618.jpg
knrb13IMG_8619.jpg
knrb14IMG_8620.jpg
knrb15IMG_8621.jpg



二条城 は 天守閣は 跡 しか ないけれど 二の丸御殿 は すごいね
徳川将軍 のうち ここを 積極的に 使ったのは 家康 家光 家茂 慶喜 くらい だが
ふだんは 地方の大名から 徳川幕府に 贈り物をする 受け渡し場所 で 使われて いたらしい

なんと言っても エポック なのは ここの大広間で 1867年 大政奉還が行われたこと 
当時 そのままの 部屋に 行ってみると 
今でも 時間が 止まったよう



knrb07IMG_4184.jpg
knrb08帰省二条城IMG_0023
knrb09帰省二条城IMG_0023aa

knrb16IMG_8623.jpg
knrb17IMG_8624.jpg
knrb18IMG_8622.jpg

knrb19帰省二条城IMG_0024









京都の町を

一人旅の 観光地では 気に入ったら 隅々まで 見るし いつまでも 居る
素晴らしい 東寺二条城 を 訪れて 当然 日が暮れてきた
東寺二条城 では 足を 速めて 時間短縮に 努めたが 他にも あったからね

なんと いっても 素敵なのは 住宅地の 狭い 裏道 
自転車を 下りて 何度も 撮る
戦災の 無かった 京都の 古い 住宅地 は 
ニッポン人 が 感じる ニッポン の 街の 原風景

あと 大手の プラモデル会社の 本社ビル を 発見 !
大規模売店 や 展示場も あって 当然 入館
秋葉原支店 にある オスプレイの プラモ情報 を ゲット

そんな こんなで 本当に 暗く なり始めた
これでは 今後の予定 ( 御所、平安神宮 ) は 無理だな


でも 周りを 見ると 聞いたような 地名が 次々 現れる
薄暮の 京都市内 漫歩(チャリ) も  いいんでは ないかい
河原町 烏丸通り 京極 西大路 鴨川 南座 ・

BGM として 浮かんで くるのは 下記 2 曲

 ① 京都慕情
 歌 渚ゆう子 作曲 ベンチャーズ

 ② 今日のにわか雨
 歌 小柳ルミ子 作曲 平尾昌晃 作詞 なかにし礼

曲は どっちも 京都散策に ぴったし だけど  ビジュアル的 には ・
しょぼくれた G3 でなく 
恋に 破れて 京の街を 彷徨い歩く 妙齢(=年増) の 美人女性 だな
 


kns01IMG_8630.jpg
kns02IMG_8628.jpg
kns03IMG_8627.jpg
kns04IMG_8629.jpg
kns05IMG_8631.jpg
kns06IMG_8632.jpg
kns07IMG_8633.jpg
kns08IMG_8634.jpg
kns09IMG_8635.jpg
kns10IMG_8636.jpg
kns11IMG_8650.jpg
kns12IMG_8649.jpg
kns13IMG_8651.jpg
kns14IMG_8647.jpg
kns15IMG_8648.jpg
kns16IMG_8652.jpg
kns17IMG_8653.jpg
kns18IMG_8654.jpg
kns19IMG_8655.jpg










平安神宮は

夕暮れの 京都の 街を 自転車にて 漫遊中

気が付いて みると 今日 行く 予定だった 平安神宮 の そばを 走っている
今から 行っても 着くのは ちょうど 閉館時間 の 17 頃 に なるが
まあ 行って 門の外から でも 写真 撮って 来ようか

着いた のは 16 時 59 分
なんとか 大門は 開いてたので 中庭から 本殿を 撮る
静かで 荘厳な雰囲気
来て よかった



knt01IMG_8637.jpg
knt02IMG_4185.jpg
knt03IMG_8639.jpg
knt04IMG_8640.jpg
knt05IMG_8643.jpg
knt06IMG_8644.jpg
knt07IMG_8645.jpg
knt08IMG_8642.jpg
knt09IMG_8641.jpg
knt10IMG_8638.jpg
knt11帰省平安神宮650x_10665048
knt12IMG_8646.jpg
knt13帰省平安神宮heian_01










エピローグ

2020 年 11 月 11 日

京都市内を 自転車で 散策し 日が 暮れた
あとは 今日の 夜中までに たかね の 別宅に 帰るだけだ

京都南 I C を 19 時頃 入って 山梨の長坂 I C を 日付が変わる頃 出るのが 目標
すなわち 途中 ゆっくり 時間を調整して 高速の 深夜割引を 狙う 魂胆

途中は 極力 安全運転  
長かった 旅の思い出を 回想 しながら


knv00AIMG_8761.jpg knv00BIMG_8659.jpg knv00CIMG_8765.jpg knv00DIMG_8661.jpg



今回の旅の 第一目標は お城巡り

大垣城 (石田三成)  彦根城 (井伊直政)  安土城跡 (織田信長)  
長浜城 (豊臣秀吉)  福知山城 (明智光秀) 竹田城址 岡城址 二条城 (徳川家康)

NHK 大河ドラマ 「麒麟が来る」 が 放映中なれど 
織田信長の 国盗り合戦から 徳川家康の 天下平定 まで
歴史の詳細が 手に取るように 分かった 
本当に 有意義な 旅だった

途中 見える山 (中央アルプス、恵那山、伊吹山) も なつかしい
養老の滝 原尻の滝 も 予想を超える 好印象
熊本滞在中 の 「奄美大島 喜界島」 訪問でも アドベンチャートレッキング を 楽しんだ

コロナ禍で 家族や旧友との懇親は 充分とは 言えなかったが 自分なりに 飲んだり 歌ったり 楽しんだ
熊本城を 訪れ 地震からの 復興状況も 確認した

初めて つぶさに 徘徊した 京都の街 よかったね~ 
今後 虜に なりそう

とにかく 一人旅行 は 我が 人生の 糧 !
生きてる 限り 続けよう !
 


knv01ma01IMG_7109.jpg knv02akma03IMG_7113.jpg knv03kma17IMG_7125.jpg knv04kmb10IMG_7136.jpg knv05kmb14IMG_7140.jpg
knv06kmd06IMG_7147.jpg knv07kme05IMG_7167.jpg knv08kmh09IMG_7178.jpg knv09kmm08IMG_7207.jpg knv10akmn03IMG_7225.jpg
knv11kmn13IMG_7235.jpg knv12kmn12IMG_7232.jpg knv13kmp13IMG_7248.jpg knv14akmr11IMG_7263.jpg knv15akms09IMG_7276.jpg
knv16kmt08IMG_7297.jpg knv17kmu10IMG_7296.jpg knv18akmu14IMG_7292.jpg knv19kmv08IMG_7308.jpg knv20kmw06IMG_7320.jpg
knv21kmw14IMG_7329.jpg knv22kmw29aIMG_7346.jpg knv23kmw44bIMG_7359.jpg knv24a18kmw39dIMG_7353.jpg knv25kna12IMG_4061.jpg
knv26kna15IMG_4064.jpg knv27knb21福知山IMG_4065 knv28knb20福知山IMG_4069 knv29aknb17福知山IMG_4066 knv30aknf05帰省竹田城址36777376781_ec1cbe5d7b_c
knv31kne14IMG_4074.jpg knv32aknf07帰省竹田城址36520759030_4d79c1c7c4_c knv33knf15IMG_4082.jpg knv34kng04IMG_4085.jpg knv35akng09帰省さんふらわあ5736168235_1dfc42d53c
knv36knj08IMG_4092.jpg knv37knj07IMG_4091.jpg knv38knk06IMG_4094.jpg knv39knk08IMG_4096.jpg knv40knk15帰省岡城址okajo307
knv41knm01IMG_4097.jpg knv42knm03IMG_4098.jpg knv43aknn02帰省杖立温泉43000896_2211_1 knv44knn14帰省杖立温泉tuPvjb knv45knoIMG_4107.jpg
knv46knp04IMG_4111.jpg knv47aknq02IMG_4171.jpg knv48aknq12IMG_4174.jpg knv49knra07IMG_4181.jpg knv50knrb16IMG_8623.jpg
knv51knrb07IMG_4184.jpg knv52kns15IMG_8648.jpg knv53akns12IMG_8649.jpg knv54kns19IMG_8655.jpg knv55knt02IMG_4185.jpg









ラピスラズリ で

大動脈解離で 倒れた のは 今年(2021年) の 4 月 21 日
ラピスラズリの 演奏会に 向け 練習に 勤しんでいた 頃
その後 2ヶ月の入院 戻ってきたら 演奏会は コロナで 11 月に 延期されていた

ほとんど 助からなかった という 手術を 驚異の 悪運強さで 乗り切り 現世に 戻ってきた
生きている 喜びを 感じながら 障がい者なみの 身体能力を 嘆きながら それでも
頭脳の 働き と ともに その後の リハビリで 着実に 回復している 手ごたえが 嬉しい

今も昔も なんといっても 生きてる 拠り所は 音楽を 楽しむこと
できれば 病気以前 弾いていた リュートモデルノ を また 弾きたい
ただ 心臓疾患で 身体が まともに 動かない状態 弾けるだろうか

恐る恐る 弾いてみたら 指板を 抑える 左の 握力が かなり 低下している
無理 して 弾いてみると 1時間 くらいで 左手が 腱鞘炎状態
右手の トレモロ動作や 譜面に 付いていく 能力は 元に 戻った ようだ

しからば リハビリの 一環 として 本格的に 練習 しよう ではないか !
ラピスラズリ は 11月の演奏会に向け 合奏練習は 華僑
とにかく 弾けなくて 元々  うまくいけば 部分的エアで 演奏会 参加

「 リハビリ として 練習に 参加させて 頂きます 」
滝野川会館 まで 行き は JR 駒込 から タクシー 帰り は JR上中里 まで 歩き
練習も 途中で 息が上がってくる 
ただ 案外 弾けるね と 自己満足的 優越感 
 


  mmx01aforWeb.jpg

mmx02IMG_1718.jpgmmx03IMG_1391.jpg
mmx04IMG_1717.jpgmmx05IMG_1719.jpg
mmx06IMG_1392.jpgmmx07IMG_1720.jpg
mmx08IMG_1721.jpgmmx09IMG_1722.jpg
mmx10IMG_4385.jpgmmx11IMG_4387.jpg










ポトスを

府中の 我が家の 狭い部屋の 各所に ポトスの 鉢がある
やたら 伸びている ものも あれば 生育が 芳しくない ものも ある
この際 まとめて 整理整頓
 


oox01IMG_1708.jpg
oox02IMG_1714.jpgoox03IMG_1712.jpg
oox04IMG_1725.jpgoox05IMG_1713.jpg
oox06IMG_1715.jpgoox07IMG_1727.jpg
oox08IMG_1726.jpgoox09IMG_1728.jpg










新パソコン

3 年前まで 使っていた 先代の デスクトップパソコン( hp製)
測ったように 5 年 使ったら ハードディスクの 回転が 遅くなって ダウン
現在 使っている パソコン (hp製OMEN) は 正常に 働いているが
あと 2 年後を 見越して 

壊れている 先代パソコンを 修理しよう と PCデポに 持って行った が
修理するより PCデポで 自作物を 買った方が 安い と 丸め込まれ
結局 21万円の 手作りパソコンを 買うことに なった

もちろん プロセッサは 最新の 4 タスク 処理可能
プログラム用メモリは 500G SSD
データ用 として 2T の ハードディスク
充分な メモリ容量と SSDによる 寿命対策は バッチリ



kkx01IMG_1390.jpg


手作り用 キャビネット だけに デカい !  高さ 50 cm は ある
側板は 透明プラスチック 内臓が ガラガラ なので 自作の 拡張が 容易


kkx02IMG_1696.jpgkkx03IMG_1698.jpg


現在 使用中の hp-OMEN と 並べて 置くと 書斎の足元が 狭苦しい
しかし この次世代パソコンは 当分は たかねの 別宅で 使用する
たかね では 光回線を 申請中 11月には Wi-Fi 環境が 完成する
 

kkx04IMG_1707.jpg
kkx05IMG_1697.jpg


今回 迷ったのは ディスプレイの サイズ
これまで 24 インチ を 使っていたが 
一度 27 インチで 見てみると
やっぱ 大画面の方が いい !
特に 女性のグラビアなんか 大迫力

新パソコン本体 と これまでの 24 インチ ディスプレイ は
たかね に 持って 行く ことに し 
27 インチ ディスプレイ は 常用の 自宅の パソコン用 と しよう 


kkx06IMG_1701.jpg
kkx07IMG_1706.jpgkkx08IMG_1705.jpg
kkx009IMG_1700.jpgkkx10IMG_1702.jpg
kkx11IMG_1699.jpgkkx12IMG_1704.jpg










Dolce 演奏会 ①

15年前 石川さんから 「 ドルチェ・マンドリン合奏団を 立ち上げる 」 という ことで
いろいろ 演奏活動に 忙しい中 これまで 軸足を置いて 協力してきた

しかし 練習日が 水曜日の 午前中 練習場所が 我孫子の 片田舎
平日 早起きして 通勤地獄の中 大きい楽器を抱えて 3 時間も 通うのは 辛い !

ふだん 遅寝遅起き なので 練習が続くと 段々と 自律神経異常を 来たすようになった
幸い 弾く レベルは 私の手の届く範囲 しからば 賛助レベルで 練習回数を 控えるしかない
前回の 演奏会では 演奏会前 2 , 3 回 練習に 参加したのみ 

その後 コロナ禍で 演奏会の予定が伸びる中 練習参加は ずっと見送っていた
そんな中 大動脈解離の 大手術 これは もう 演奏会出演は 諦め だな ・

リハビリの最中 「 Dolce・Mandolino 第14 回定期演奏会 開催 」 の 連絡が 入ってきた
今となっては 弾くのは 無理だが せめて 観客席で 聴きたい (見たい)

秋葉原経由 つくばエクスプレスで おおたかの森まで 30分 
なんとか たどり着いた
 



da01daa00DolceIMG_0013.jpgda02daa00DolceIMG_0014.jpg
da03daaIMG_1549.jpgda04daaIMG_1550.jpg
da05daaIMG_1554.jpg
da06daa01IMG_1551.jpg
da07daa02IMG_1552.jpgda08daaIMG_1553.jpg
da09daa03IMG_1556.jpgda10daa04IMG_1559.jpg
da11daa05IMG_1558.jpg
da12dabIMG_1584.jpgda13dabIMG_1560.jpg
da14dabIMG_1562.jpgda15dabIMG_1561.jpg
da16dabIMG_1563.jpgda17dabIMG_1564.jpg
da18dabIMG_1587.jpgda19dabIMG_1586.jpg
da20dacIMG_1589.jpgda21dacIMG_1588.jpg
da22dacIMG_1692.jpgda23dacIMG_1606.jpgda24dacIMG_1605.jpg










Dolce 演奏会 ②

演奏会ってものは 観客席で 聴くより 舞台で 弾く方が 断然 楽しい !
これまで 何十年 器楽活動を 続けてきた 私の 金言

今日は 観客席から 鑑賞 
本当は 舞台で 弾くはずだったのに やむを得ず ここに居るのだ 
残念 !

しかし 本来なら 今年の 4月は 私の 命日だった 
ここに 居られるのは 奇跡 !

前回 一緒に 舞台て 演奏した 仲間が 2人も 亡くなられた と 聞いた
死んだ はずだった 人間が ここに こうして居て 音楽が 聴ける 
なんという 幸せ !

私に まとわりつく マンドリンの音が 天使の 歓迎の 音楽に 聞こえる
「 お帰りなさい 生きてて よかったね 」 
ひょっとして ここは 天国 ?

これまで 経験したことが ない エクスタシー の 中で ・
 



dc01daa00DolceIMG_0014.jpgdc02dbaIMG_1590.jpg
dc03dbaIMG_1598.jpg
dc04dbaIMG_1596.jpg
dc05dbaIMG_1599.jpg
dc06dbaIMG_1600.jpg
dc07dbaIMG_1592.jpgdc08dbaIMG_1593.jpg
dc09dbaIMG_1591.jpgdc10dbaIMG_1594.jpg
dc11dbbIMG_1614.jpgdc12dbbIMG_1618.jpg
dc13dcbIMG_1633.jpgdc14dbbIMG_1617.jpg
dc15dbbIMG_1613.jpgdc16dcbIMG_1650.jpg
dc17dbbIMG_1612.jpgdc18dbbIMG_1611.jpg
dc19dbbIMG_1610.jpgdc20dbbIMG_1609.jpg
dc21dbaIMG_1620.jpg
dc22dbaIMG_1602.jpg
dc23cdbaIMG_1621.jpg
dc24dbaIMG_1601.jpg
dc25dbaIMG_1603.jpg