fc2ブログ

G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

放送禁止 回顧録

昔ラジオの羽振りが良かった頃、放送禁止の唄が多かったような気がする
60年北島三郎の"ブンガチャ節"、70年フォークルの"イムジン川"など・

著作権の問題もあったが、多くは歌詞に卑猥な言葉や差別用語を使ったものが多かった

卑猥といえば、

さわやかな男性コーラスで歌う"オー○○○○"
「あの○○○○ヨー どこいった・・」 とハッキリ !
久里洋二のアニメがぴったりの感じだし
雪の上に字を書くなんて絵画的でいいんじゃないの・?

ツボイノリオの"金太の冒険"もおもしろい
歌詞で「金太!負けるなー」「金太、マカオに行く」「金太、待つ神田」
と言ってるだけなんだけどね
貯金溜まってうれしいな・ の類い

フォーク界では大御所のなぎら健壱が70年に歌っていた"悲惨な戦い"は
当然放送禁止と思っていたが、この間FM世田谷でかかっていた
内容は、大相撲で若秩父のまわしが取れ、NHKのアルバイトが全国放送して さらに弟子の朝潮が・・相撲協会からよく訴えられなかったね~

卑猥ではないが、海援隊の"母に捧げるバラード"
中学の頃から煙草を吸って・・の歌詞は問題になるだろうなと思っていたが
最近聞いた曲では改編されていてこの部分は無くなっていた
未成年喫煙は法律違反だからね
どうせなら できちゃった婚 の話に替えれば ウケたのに・・

尾崎豊の"卒業"では、・・夜中に教室のガラスを壊して廻った・・と
堂々といってるが、完全に器物損壊罪だよ
亡くなったからって許されるのかな

私の好きな美空ひばりの"波止場だよお父っぁん"も最近聞かれなくなった
たぶん歌詞に目の不自由な人への差別用語が含まれる故と思われる
差別用語も時代とともに変わってきた
以前は職場で普通に使っていたが、途中から「目の不自由なパネル」とか
「目の不自由な制御」と言わざるを得なくなった



最近 年のせいか・・
手の不自由な演奏事故 イヤ! 演奏不具合が目立って多くなってきた







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/127-fff5a8ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)