fc2ブログ

G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

水に流そう

広島に 原爆が 落ちた時

この地には 今後 少なくとも 75年間は 草木も 生えないだろう

と言われていた


確かに その時は 膨大な量の 放射能が 撒き散らされた

代表的な 汚染物質の セシウム 137 ストロンチウム 90 の半減期は 各々 30年 29年である

その時から まだ 65年しか 経っていないが 現在の 広島の 放射能量は どうだろう ?


少なくとも 空間線量率や グラウンドの放射能が高い 等 の話は 聞かない

今だったら 広島県全部が 強制避難区域に指定され しばらくは 立ち入れない と思うが

当時 被爆後 一週間も経たないうちに 人が入り 復興に着手 数年後には 街が復活している


もちろん その時 放射線被ばく に対する 身体の影響 も 調査されたが

それは 比較的 高いレベルの 被ばくによるもの が 主で 放射線被ばく量 の測定も 厳密なもので なかった


信頼できるデータが 少ないので 大きな声で言えないが 広島 長崎の 被爆後 これまでの 状況を 見ると

 ・放射能による汚染は そう長く続くものでは ない

 ・比較的 低い線量の被ばくで その後に 身体に異常が出る確率は あまり 高くない


と 誰も 直感的に 感じるのでは なかろうか ・


放射能汚染で言えば

日本は 広島 長崎だけでなく その後 ビキニ環礁 新疆実験場 から 大量の 放射能汚染を 被っている

それにもかかわらず 今 国土の汚染が 比較的 低いのは " 雨が多い " ことが 一番の原因では なかろうか


すなわち 広島 長崎の 放射能は 雨が降って 短期間のうちに 洗い流された

旧ソ連のセミパラチンスク実験場や 中国の新疆地域は 雨が少ないので なかなか 放射能が 減っていない

セミパラチンスクに近い チェルノブイリも 雨は少ないが それでも 放射能は 徐々に 地中に 移行していく



地中のCs137a



大型の 台風が 近づいている

中央道 上野原付近は バケツを ひっくり返したような 猛烈な 雨


福島県に もっと 降れば いいのに 

放射能を 洗い流す 程度に ・・



00Latest87.jpg00Latest88.jpg
00Latest89.jpg00Latest90.jpg
大雨01大雨02



地下水が 汚染していいのか !  広島 長崎も 汚染が 海に 流れ出た だけだ !  海を 汚すな !


そう 叫んでいる 貴兄のために ・・    

まだ 続く













コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/1629-f27e5949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)