G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

エネルギーミックス

1973 年 第一次石油危機 勃発  当時 我が国は エネルギーの 8 割 を 石油 に 頼っていた

トイレットペーパーに 象徴される 日本経済の 混乱 での 反省 から 脱石油政策 が 検討された が

その中心 となった のは 原子力の導入 と 石油から LNG ・石炭 への 転換

官民一体 と なって 努力を 重ねた 結果 その後の 第二次石油ショック に 耐え 経済成長 を 保ちながら 

40 年後 には ベストの エネルギーミックス を 作り上げた


そして 2011 年の 東日本大震災  ほとんどの 原発が 止まった 2012 年 の 発電状況 は  

原発分は LNG 石炭 火力 の増加 で 補ったが 1000万 kW 程度 前年より 発電量 は 減った 

省電力で 乗り切った 面も あるが 電力余裕度は 下がり エネルギー危機 の リスク は 増大した



lafIMGabbc.jpg


原発事故 の 後  原発 廃絶 再稼働 反対 再生可能エネルギー 推進 が 叫ばれた が  

これまで 私の ブログで 批判した ように 現実を 見ない イデオロギー論 では なんの 成果も 生みだされない  


最近 2030 年度 の エネルギーミックス が 示された が

やはり 具体的な 目標を 定め  それが 出来るのか  やるためには 何が必要か  他に やることはないか

実際 " なにか やろう ! " と 決めても それが 効果する には 5 年 10 年 の 月日を 要する

とにかく 常に 検討し 地道に 対策を 実施すべく 全国民 一致して 努力 する !

正面突破 の方策 が 必要 なのだ ! 


強引に 原発廃絶 を 叫ぶ 人 へ !  

このような エネルギーミックス に 対して 具体的 な 意見 提案 を 言えば

広範囲な 皆さんの 支持 を 得て 原発廃絶 が 可能になる 現実的 な 道 も 開かれる と 思う ・




laeIMGaabb.jpg



上記 の 2030 年度 エネルギーミックス から 言える こと

  原発 は 継続 し 国内エネルギー の 20 % 程度を まかなう

  再生可能 エネルギー を 増大し エネルギー の 20 % 程度を まかなう

  石炭火力 と LNG 火力 は 2014 年度 と 同等 程度で 継続する


これから エネルギー問題に 頭を 突っ込みたい という 人 に 対して  エネルギーミックス に 必要な 条件

● 電力需要を満たす

電力は基本的に溜めることが出来ないので 最大需要を満たす設備容量を備えて置く必要がある  

需要は エアコン暖房器具など季節によって変動しまた一日の内でも人の活動状況により変動する

これらの需要は正確には予想できない また 一瞬でも需要が供給能力を上回れば停電に繋がる

従って ある程度の余剰設備能力 また 近隣からの融通システムを整えておくことも必要

● セキュリティーに優れている

国際情勢によって 突然 価格が暴騰したり 輸入がストップしたら困る 可能な限り 自前の資源でありたい

ただ 国際情勢も 時々刻々 変動する  戦争などの紛争 環境問題に対する 国際的圧力など も いろいろ 変化する

エネルギー確保 という 長期的展望 の もとでは 発電方法 を ある程度 分散する など 

万一の 場合でも リスク対応 できる 構成 に しておく 必要 が ある

● 発電価格が安い

原発は 初期の 建設費用 は 大きい が 運転費用 は 安い  

石油 LNG は 全て 輸入なので 国外へ 資金が 流出する

再生エネルギー は 発電量 当たり の 価格 は 高い 

水力 は 運転費用は ほとんど かからないが 水の使用 には 制限が ある 

需要を満たす セキュリティに優れている 環境に優しい など 発電方式 の特徴を 考慮した 上で 

最大限 安く 発電できるよう  設備構成 運転方法など 考慮しなくてはならない




lacIMG_0001abab.jpg


ladIMG_0002abacz.jpglbbIMG_5909z.jpg



2030 年度の エネルギーミックス に 対する 私の意見

現在の 国際情勢 国内の世論 を 総合すると ベストミックス に 近い と 思う


ただし この案を 達成する ためには 政府 国民 一丸 となって 気の遠くなるような 努力 が 必要

 ★ 15年後の 総発電量が 現在と そう変わりない となれば

   産業構造 や 生活様式 の変化 あるいは ゼロ成長 など よほどの 身を切る 省エネ 努力 が 必要

 ★ 再生エネルギー で 20 % まかなう には

   小規模の 地熱発電所 水力発電所 バイオ発電所 などを 個人 自治体 会社 レベル で 普及させなければ ならない

 ★ LNG 火力 は 今でも 世界 の LNG資源 の三分の一 を 日本が 独占している

   今後 国家間の エネルギー 覇権紛争 に 巻き込まれないよう 常に 対策を 準備して おかなければ ならない

 ★ 石炭火力 は セキュリティや 資源確保から 問題は 少ないが LNG と ともに CO2 排出が 増える

   環境に 負荷を与え いずれ 国際的規制 も なされる 対応を 考慮して おかねば ならない

 ★ 原子力 は 15 年後で 20 % まかなう とすれば 現在の 原発の 8 割くらいは 稼働させる 必要が ある

   再稼働を 極力 早く 開始させる と ともに 廃炉に 伴う 原発の 新設を すぐにでも 計画 しなければ ならない


以上 の 他 特に 私が 提案する 今後の 努力事項 は 以下の通り

 ☆ 危機管理対応の 強化

   電力使用量が 一時的に ピークに 達しそうな時 調整する 電力受給 管理システム

   テロ 災害 故障 などで 電力供給 が 妨げられた時 早期に 復旧できる システム

 ☆ バックエンド分野の 技術革新

   放射能の 消滅処理技術 および 放射性廃棄物の 合理的処分方法

   排出 CO2 の 回収 処分 技術



しかし 疲れる ねー  

エネルギー を 喋る には ホント エネルギー が 要る


たかね の 我が 太陽光発電装置 も  微々たる ながら

我が国の エネルギー危機 対応 に 貢献 している ?  の で は ないか ・ ?

と 思う ことに しよう ・ ・












コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/3103-63a90d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad