G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

物理学は・

P51rof_Kajita.jpgp52梶田氏ノーベル賞01


大村智さん に 続いて 梶田隆章氏 が ノーベル物理学賞に 輝いた

日本の 底力 を 世界に 発信した ようで 本当に 誇らしい


その功績 は 「 ニュートリノ に 質量がある のを 発見した 」 と いうことだが ・

普通の、 一般の、 平凡な、 人民 に とっては

  " へー それで どーなるの ? "  

  " 宇宙の起源 や 生命の神秘 でも わかるの ? "

  " 大村さんの 発明 みたいに 世界中の 人の 役に立つ のか ね~ "


実は 物理学が 専門 の 私 から 見ても はたして ノーベル賞に 値する 功績 か どの部分なのか 

理解する のに 苦労 している 状態


そこで 先に 登場した もっと 理解できない " 善良な人民 " に 対して 

理解するのに 苦労している 私から 

なんとか 分かり易く 説明 しよう とゆー 

バーカな こと を 始める


p53nebula.jpgP54bottom-yoko-1-wmj.jpg


物質の基本 である 原子の構造 は 中心に 原子核 が あり -電子 が 周り に 存在する

さらに 原子核 の 構造 は +電気を 持つ 陽子 と 電気を 持たない 中性子 から 構成される

陽子の数 と 中性子の数 の 組み合わせ で 物質の特性 が 決まる 陽子1 個 と中性子1 個 だと 水素 (H) となる

陽子と 中性子の 数が 多い 物質 では 原子核内 の まとまり が 不安定 と なっており

自発的 あるいは 他からの力 により 原子核の 内部変換 (核反応) が起き それにより エネルギー (放射線 熱 光) を 排出する


例えば ウラン238 は 陽子 92 個 中性子 142 個 を 持っているが 中性子が 3 個 少ない ウラン235 も わずかに 存在する

ウラン235 は まとまり が 弱い 原子核 なので これを 集めて (濃縮) 外から 中性子を ぶつければ 破壊される (核分裂)

さらに 分裂した ウラン235 から 中性子が 飛出し 別の ウラン235 に ぶつかり 次々に 核分裂の連鎖反応が起きる (臨界)

この時 膨大な エネルギー(熱)が 放出される さらに 分裂した 陽子の数 によって 様々な 物質 及び 放射線が 発生する

この原理 を 応用したのが 原子爆弾 であり 安全性を 加味したのが 原子力発電 である ・  ( ニュートリノは どーした ! )


すなわち 陽子 中性子 電子レベルの 素粒子 は もう 実用化の 段階 で 原理的な もの は およそ 解明されている

最近は 素粒子物理学 も さらに 小さい クォーク レプトン等 で 物質を 解明 しよう という 研究が 進んでいる

これまでの 原子核物理の 検証にも つながっているが どうしても 説明がつかない 現象も 多々 発見されている


話は戻って ずっと昔 (1930年頃) ドイツの ある 科学者 が ベータ線 という 放射線の エネルギーを 調査していた所

どうも なにかの物質も 一緒に 放出されて エネルギーを 分かち合ってる ようだ という 仮説 を 提唱

この 物質は 中性子 と 同様 電気を 持ってなく また 非常に 小さい物質 には 間違いなかった ので 

中性子 ( ニュートロン ) より 小さい という 意味 で ニュートリノ という 名前を 付けた


ちなみに

マンドリン も アーモンド (アマンドラ) に 似ている マンドラ より 小さい ということで マンドリーノ という 名前が 付いた とか

ゆうこりん が 居る コリン星 の 由来 も 小っちゃくて カワユイ 雰囲気 から    これは ユルせる  しかし ・

カワユイ ( Dolce ) という 名前を 冠した マンドリン楽団が あるが その 整合性は ?  ( コラコラ !  寄り道が 過ぎる ! )


難しい話 が 長く なる と 皆さん モたなくなる と 思って ウケ話 を 挿入している ワケ 

ここまでで 分かって欲しい こと は ・   このブログで 昔から 言ってる こと だが ・

原子力発電 に ついては これまでの 研究の 積み重ね で 確立された 実用化に 十分な 技術 が あり 

いわゆる " 人間が手に負えない技術 " では ない !  ということ !


しかし ・

これだけ 長くなると 私も 疲れた ので 

ニュートリノ の 話 の 続き は  また 明日 -













コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/3215-5e394748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad