G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

ニュートリノ で

昨日の ブログ で ニュートロン (中性子) より 小さい 物質 を " ニュートリノ " と 名付けた のは

イタリアの エンリコ・フェルミ という 物理学者 である  こと を 付け加えて おく

私 が 昔 原子核物理学 を 勉強した 時に お世話に なった 教科書 の 著者 で ある


さて 物理学 とは 世の中の 物理現象 を 現在の理論で 解明 し 証拠を 得て その理論を 確証 しよう とするもの

1930 年に リュートリノ の 存在 が 予言された が 余りにも 小さい物質 ということで その証拠 は 長い間 得られて なかった  

全ての 学問に 言える こと だが いくら 理論を 考えても その証拠 を示さなければ 信用して もらえない 


言う は 易く 行う は 難し ? ( ちょっと 違うか )

逆に 考えると 物事を 研究しよう とする 時  まずは 様々な 可能性のある 理論を 提唱する ことが 大事

我が国 の 素粒子物理学 は 中間子論 の 湯川秀樹 氏  振り込み論 の 朝永振一郎 氏 など

理論 の 面 では  昔から 優秀で 先進的

革新的 理論 に 対して 自分が その 証拠 を 見つけられなくても  誰か 他の 科学者が 実証 して くれる かも しれない

さらに 別の 実証 により 提唱 した 理論 が 引き継がれ 充実 拡大 する かも しれない


科学の 発展 は まさに この 歴史 

例え 後世で 判明した 誤った 理論 を 唱えた としても それは 非難される べき でなく 意義ある 功績

オボカタ さん も データ差し替え など 恣意的ミス が なければ 成功につながる 失敗例を 示した 素晴らしい 研究者

大悪人 として みんなから 非難を 受ける 理由 は 絶対 ない !


この 半世紀の 物理学の トピックス は なんといっても 観測による ニュートリノ の 解明

宇宙からの 放射線 ( 宇宙線 ) が 地球の大気と 核反応 して ニュートリノ が 大量に 発生する  という 予測 の もと

我が国 でも 研究者が 総力を挙げて ニュートリノ の 実証 に 取り組んで きた

1983 年 岐阜県の 神岡鉱山 跡 の 地中に 巨大水槽を 設置し 宇宙線を 観測する 設備 ( カミオカンデ ) を 作った

1996 年 カミオカンデ を リニューアル し 世界一の 観測精度を 持つ 宇宙線 観測設備 ( スーパーカミオカンデ ) が 完成


( 世界二位 でなく ) 世界一 の 観測設備 を 得たことで 日本は ニュートリノ 研究 の トップランナー に 躍り出る

以後 積み重ねた 宇宙線 測定データ より ニュートリノ に関する 様々な 物性を 検証

これらの 功績 で 2002 年 小柴昌俊氏 が ノーベル物理学賞 を 得た



  ニュートリノとスーパーカミオカンデ


さて やっと 梶田隆章氏 が ノーベル物理学賞を 得た 受賞理由 の 話 に なるが

最近の 素粒子物理学 では クォーク・レプトン レベル で 論じる ように なった

これによれば ニュートリノ には 3 種類 の 性質が ( 質量も ) 違う もの が ある と いう

そして 各々の ニュートリノは 別 の ニュートリノ に 成り替わる すなわち 変動する ことが 出来る

3 種類 の ニュートリノ が 常に 変動 ( 振動 ) する ことを 1968 年 に 坂田昌一氏ら が 発表 している

         ポンテコルポ・牧・中川・坂田 行列 

この 振動 理論 は " ニュートリノ に 質量がある " という 前提 で あり  従って

振動が 発生している 事実 を 観測 できれば " ニュートリノ には 質量がある " ということが 実証 される


スーパー カミオカンデ では  はるか彼方の 超新星 からの ニュートリノ 、 筑波の 加速器 からの ニュートリノ 

また 太陽 からの ニュートリノ 、 宇宙 からの ニュートリノ の データ など を 蓄積 してきた 

梶田氏 の 功績 は " これら 一連の 実験結果 から ニュートリノ の 振動 を 確証した " というもの 

これにより これまでの " ニュートリノ の 質量 は ゼロ " という 仮定 での 素粒子物理論 は 全て 再考を 余儀なくされる

最近の 物理学 世界 では 画期的 な 功績 か    しかし ・

振動理論 を 提唱した 坂田氏を 始め カミオカンデ に 関わった 全ての 人に ノーベル賞を 送りたい 気がする



ところで カミオカンデ には 私 も ほんの少し 関わり が ある

あの 測定装置 は 巨大水槽 の中で 発生する 宇宙線による 微弱な光 を

周囲に 張りめぐらされた 数万本の 光電子増倍管 により 捉え 増幅し 電子回路 を 通して データ処理 するもの

20 年 前 くらい だったから スーパー カミオカンデ に 改修 している 時 だったか

務めていた 会社の 部署 で これらの 電子回路の 設計を 行なっていた


カミオカンデ は 私の担当 で なかったが  担当の 放射線検出器 では 部品として 光電子増倍管 を 使っているので

日本で 唯一 の 光電子増倍管 メーカー である 浜松電子 ( 現 浜松フォトニクス ) と 付き合い は あった

私が 開発した 放射線検出器 は 光電子増倍管 の DC電流を 使って 広帯域を 得る方式 だった が

光電子増倍管 自体 の 電流 直線性 が 悪く  製品化の時は 何個 も 買って 選別 使用 する 状態  で 困っていた

" なんとか 直線性の良い 光電子増倍管 を 作ってもらえないか " と 要望 を 言ったら

「 本製品 は パルス増幅 が 主目的 で そういう 使い方は 想定 していません 」 と スゲない 態度

ユーザー の 大会社に 対して こんな 失礼な 対応が 出来た のも カミオカンデ で 大儲け した 時代 だったから ?

カミオカンデ の おかげで 浜松フォトニクス は 優秀な会社 の 評判 が 一段と 高くなる だろう が

驕り は 禁物  常に ユーザーの ニーズに 目を 向けて ないと いずれ 落ちぶれる よ !  

ま こんなこと 言うのは 私くらい だろう が ・ ・



p53nebula.jpgP54bottom-yoko-1-wmj.jpg












コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/3216-ed9407d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad