G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

悪人 とは

神代植物公園 の 帰り 久しぶり 府中の 学園通り を 通る

左 は 刑務所の 塀  右 は 高田J次 や F施 明 が 在学していた F中 西高

皆さんに とっては どっかで 見たような 景色

そう !  三億円強奪事件 の 現場



la04IMG_2709.jpg


三億円強奪事件 とは 

1968 年12 月10 日 府中市 栄町 において 東芝府中工場 の ボーナス 約三億円 を 運んでいた 現金輸送車 が 

オートバイに 乗った 犯人に 車ごと 盗まれた 事件

遺留品 も 多く 当初 はすぐ 解決する と 予想されたが その後の 大捜査にも かかわらず 1988 年 時効 成立

三億円 という 当時 破格の 高額盗難 ということで 話題を 集めた が 

犯行が 誰も 傷つけてない 保険により 誰も 金銭的 被害を 受けてない  ということで 

映画 みたいに 人々の 心に 痛快感を 与えた ような 不思議な事件 でも ある



la02IMG_2707.jpgla03IMG_2708.jpg


ちなみに 私 は

★ 当時 示された 犯人の モンタージュ写真に 似ている

★ 東芝府中工場 に 勤めていた ので ボーナス情報 も 知っている

★ オートバイ にも 乗れる し 犯行現場付近 の 土地勘 は 万全 


しかし 安心して下さい 私は犯人ではありません !

実を 言う と 事件が 起きた時 私は まだ 九州に居て 大学生

就職して 府中に 来た のも バイク免許を 取った のも 事件後

もし 3 年くらい 後に 事件が 起こっていたら 

私は 捜査対象に 挙げられ 

事件に 直接 関わり合う 緊張感 ?  を 

味わえた かも しれなかった のに ~ ・



la01IMG_2706.jpg



三億円強奪事件 と 書いた が 先にも 言ったように 特に 脅し や 暴力を 使った わけでは ない

犯人 は 現場で 「 危ないですから 離れてください ! 」 と 言ったのみ

事件の 種類 としては 詐欺 あるいは 窃盗事件 である


昔から 悪人 には " 良い 悪人 "" 悪い 悪人 " が いる ? ? ?

" 悪い 悪人 " は 忘れ去られる が " 良い 悪人 " は 後世では もてはやされる

怪盗ルパン  鼠小僧  石川五右衛門  アリババと盗賊  ・ ・

映画 でも フランス では " 自転車泥棒 "  " おしゃれ泥棒 " など 泥棒 が 主役

アメリカ でも " 明日に向かって撃て " の P. ニューマン と R. レッドフォード は 銀行強盗

" 犯人が 正義の味方 ? それじゃ 困る " と 思われる 最近の 刑事もの の TVドラマ

この場合も だいたい 悪人は 主役の 捜査を 邪魔する 同僚の 刑事   犯人は 充分 情状酌量 できる 

いつも 崖のそばで 最後に 犯人が 全部 白状する " 温泉 殺人事件 " は ?  

この犯人も 必ず 社会の ひずみの 犠牲者  決して 悪人ではない !


いつの 時代も 社会の 鬱積した 不満 は 存在する  

そんな時 超 法規的 手段 で 人々を イヤな気分にさせず スカッ と 解決する ( すなわち犯罪を 犯す )

これは 大きい声では 言えないが 痛快な気分 に なるし 少々 うらやましい

水戸黄門 なんか 見方を 変えれば 絶対的 権力者 が 強力な 用心棒 を 使って 好き勝手な ことを やってる

悪人を 懲らしめる ので みんな 拍手喝采 だが どう見ても 手段は 犯罪行為  


権力者が 何でも できる 体制 は  " 悪い社会 " !

そして 権力を持たない者が 勝手に 実力行使する 社会 も  " 悪い社会 " !

民主主義 と 基本的人権 を 守りながら 世の中の 不条理 を 是正していく のは 本当に 難しい

つい 問答無用 の 直接手段 に 訴えたく なる が ・ 

そんな 犯罪行為 は ドラマの中 だけに して 欲しい ・  ! 



誰 か 言ってた が ・

  浜の 真砂 は 尽くる とも 世に 盗人の 種は 尽く まじ













コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/3317-ea17a723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad