G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

電気はね~

g02DSCN1297bb.jpg

g01IMG_4237.jpg

g03IMGaa.jpg



2 月の 太陽光発電の 売電額 は 19,743 円

雪などの 影響で このところ 売電が 低調だった が やっと いつも並みに 回復した


たかね に 行ったのは 3 月の 初め 

東日本大震災から 5 周年 ということで マスコミでも 特集番組が 組まれたり で 大ブーミング

私も ここ たかねから " 震災被害からの 復興確認 " で 東北行脚 に 旅立った が

その話は また 別の機会に シリーズで たっぷり 掲載する として・




最近 の 原発に 関する 話題


2016 年 3 月 9 日 滋賀県 大津地裁 にて 

福井県にある " 関電 大飯3号・4号機 および 高浜3号・4号機 の 運転差し止め 仮処分 " が 決定され

運転中だった 高浜3号機 が 停止した 

我が国で 司法の手により 原発の運転が 止められた 初めての 事例


世間では クソバカ阿部政権 とか カネまみれの 議員だ など 政治家に対しては 気楽に 非難 中傷する

しかし 裁判官など 司法の世界を 非難したり 中傷する というのは あまり 聞かない

三権分立の 基本機関 なのに 国民から 批判されない というのは おかしい !


そこで 物議をかもす ことを 覚悟して 上記事例を もとに 裁判官に 一言 物申す


今回 裁判所の 判決内容は 以下の通り


 大飯原発運転差止請求事件判決要旨



☆ これの 私なりの 受け取り は 以下の通り


・ 福島の 事故で 我が国 史上 最大の 環境汚染 が発生し 多くの 避難 によって 何十人も 人的被害が 出た

・ チェルノブイリ事故 で ウクライナや ベラルーシ では 20年も 避難区域を 設けている 現実 から

 放射能 による 生命への 脅威は 払拭 できる ものでは ない

・ 原発は 耐震性が十分でなく運転 により 重大事故が 発生する 可能性が ある  これは 生命の安全 を 脅かす 結果となる

・ 経済活動 の自由 は 生命の安全 を 含む 人格権 に 著しい 脅威 を 持たせる べきでは ない 

・ 科学的 知見 により 今後 事故を 防止する ための 施策が 合理的であるかを 検証しなくてはならない



☆ これの 私なりの ホンネのギモン は 以下の通り


● チェルノブイリ事故を 正確に 把握していない

当時の ソ連が 情報管制 していたため 正確な被害状況は IAEA(国際原子力機関) を通しての 情報しか 分からない

特に 環境汚染による 人的被害は 定量的な 放射能データが ほとんど ないため 疫学的 調査 が 不可能

以前は 近くに 核実験場や 放射性廃棄物置き場が あったり その後 国家形態も 変わって 恣意的な 情報操作が 横行している

放射能の脅威 については チェルノブイリは 全く 参考にならない ! 事故後も 隣の 原子炉 は 稼働 していた し ・


● 福島の事故の とらえ方が 世俗的 (合理的でない)

実際 事故による 直接的な 人的被害はゼロ 首都圏など 数百万人に被害が 及ぶ 恐れが あった ? それは 仮定の話

避難する過程で 何十人もの 死者が出た 大被害 ? 三陸では 避難できなくて 何万人の 死者が出た のに ・

我が国 最大の 放射能による 環境汚染は 福島事故でなく 広島 長崎の 原爆 又は ビキニの 核実験 による もの

これらの 環境汚染が どんな結果を もたらしているか 又は もたらしていないか 確認 してくれ !

 
● 天災や 戦争は 裁判官の 範疇 では ない ?

政府は 国民の命を 守る 義務が ある 役にも 立たない 防潮堤 不適切な情報 ( 警報は3 mの津波 ) これの 責任は ?

生命の安全 を 脅かす 事象はたくさん ある 津波で 死んだ人は 知らないなど 言わずに 原発なみに 全て に目を 向けて !

法と正義 に基づく のが 裁判官  原子力基本法 により 安全性を確保しながら 原発の推進 が 歌われている

安全性 に 不安がある という判定 のためには 技術者が納得する 知見 を 持って さらに 法令の 問題点を 指摘すべき

原発を 稼働したら 危険  では 稼働しなかったら 安全 です か ?



言いたいことの 羅列 に 終わったが  所詮 

判決文 の 武装された 文章 には ナシのつぶて

いくらでも 反撃は 帰ってくる


皆さん は 私の ブログ カテゴリー 「 原子力と放射線 」 を 参照 ください

私 は

上級審 の 判定に 期 待 ・











コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/3392-425c1f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad