G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

たかね 定例

晴れても 曇っても 太陽光発電装置 は 好 調 !

8 月 の 積算発電量 は 716 kW  

8 月 の 売電額 は 627 kW  23,206 円

今年に なって たかね に 滞在する日が 増えた ので 使用量も やや 増えて きた

でも 月 2 万円 以上 の 収入 は 立派   設備 に 感 謝 !



kkag01IMG_9161.jpgkkag02IMG_1591.jpg
kkag03IMG_9191.jpg
kkag04IMG_9194.jpg
kkag05IMG_9171.jpg


kkag06IMG電気使用量20168月


 恒例の エネルギー評論


福井県 敦賀市 にある 高速増殖炉 もんじゅ が 廃炉 の 検討 を 行なっている という ニュース

廃炉 の 理由は 事故 続き や 点検 漏れ 運営能力 不足  ということ だが ・

マスコミ は 原発廃絶 へ の 第一歩 当面 の 再稼働 阻止 " それみたことか " という 論調

現役時代 もんじゅ の 計装設備 設計に 関わった 私 と しては 最近の 原子力に 対する 逆風 を 感じる


そもそも の 話 ・

高速増殖炉 というのは 原子力の 新技術 なので これまで 段階を追って 開発が 進められてきた

1977 年 茨城県大洗町の 原子力研究所内 に 実験炉 常陽 および ナトリウムループ 実験施設 が 作られた

それを 受け 発電レベル の 出力 で 運転 確認 実験 を 行うために 原型炉 もんじゅ が 作られた


従って ・

事故 が 起きた とか 点検が 不十分 と 言っても 所詮 実験レベル での 話 

設備運営 に しても 商用 レベル でなく 研究レベル ( 文科省担当 ) なので それほど 厳しい状況 も ない


これまで ・

もんじゅ は 1994 年 臨界 を 達成し 200 日間 以上 の 発電 (稼働) 実績 を 挙げている

ナトリウム漏れ事故 等が 発生し 地元対応など 事故の 終息手段には 問題が あった

事故の 対処法 など 技術的には 原型炉 として の 機能 は もう 十分 果たした と いえる


これから ・

せっかく 大金をかけて 作った設備  廃炉 の方向 でなく 実験 設備 として 継続して 使用 したら どうか

研究課題は " 原子炉停止中の 経済的維持法 " " ナトリウムの取り扱い " " 事故時対応 " など 山ほど ある

広く 考えれば " 原発と地元の 付き合い方研究 " とか " 原発と 周囲環境の関係 " なども


とにかく ・

我が国 の エネルギー事情 の 安定 に " 原子力の発展 " は 欠かせない と 私は 思っている

それを 妨げているのは 科学技術 に対する 偏見 と 地域 の エゴ

原発の事故 は 科学技術を 駆使して 克服すべき だし 公共施設 を 地域の 金ヅル にしては ならない


早急 に ・

六ヶ所村の 再処理工場の 稼働 開始  

高レベル放射性廃棄物 の 処分場 建設  

商用の 高速増殖炉 の 建設

そして 現在 停止している 原発を 再稼働する


すなわち ・ ・ 

原子燃料サイクル を 完成 に 持って 行って 欲しいー












 









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/3555-d6a23162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad