G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

中国楽器店

アンサンブル・ラピスラズリ の 合奏練習 に 行く 途中

JR 十条駅前 に 中国楽器店 が ある ので 

いつも 覗き に 行く

二胡 ( にこ ) を はじめ 月琴 ( げっきん ) 阮咸 ( げんかん ) 柳琴 ( りゅうきん ) 琵琶 ( びわ ) など 

見るだけで 楽しい


  TV 中国楽

  私の 中国楽器


eee01cid_EE157079-C3B9-4997-B658-3C5ABA464AE6.jpgeee02cid_62863C55-F19A-4BAA-B0DA-5BB9C8E8ED13.jpg
eee03cid_92CCA9B6-9E10-4C27-840F-62A3EA623000.jpgeee04cid_7A8F32F0-716E-4315-9252-27943319C666.jpg



本当の 狙い は 中胡 ( ちゅうこ ) 大胡 ( だいこ ) 角胡 (かくこ ) など 低音二胡 が 手に入らないか ・

合奏する 場合 何としても 低音楽器 は 魅力が ある

二胡 は もう 何年も 経験が ある ので 演奏技術的 にも すぐ 入り込める

中胡 は 何台か 売り物 が あった が それより 大型 は 展示用 と いうこと で 残念 !


撥弦(はつげん) 楽器 系統 でいえば  月琴 より 竿 の 長い 阮咸 ( げんかん ) は 売り物 が あった しかも 安い !

Guitar と Mando cello が 両方 弾ける 私に とって 阮咸 を 弾く のは 楽々

しかし この楽器 合奏では ほとんど 重宝されない というか 活躍しない のが 今の 中国情勢 ?  らしい

フレット が 高い ため 厳密な 音程を 確保する のも 難 しい 

やはり 楽器 が 隆盛 となる には 名器 名曲 名演奏家 が 必要 !

自分が パイオニア に なる ?  それは 無理 無理 ! ・



eee05cid_F9C7C2D0-C1C0-4891-AF99-C3F5A114C280.jpgeee06IMG_1796.jpg
eee07IMG_1797.jpgeee08IMG_1795.jpg
eee09cid_40CE90FF-6A4E-4275-95FC-02D52AB1739A.jpgeee10cid_FBB5D87F-E3E8-413E-8D2A-8A7DB6739B9B.jpg



馬頭琴 ( ばとうきん ) を 薦められた ので 弾いてみる

弦 は ガット 2 本 だが 弓 は バイオリン用  二胡 みたい に 弦の 間に 挟まってる わけでも ない

押さえ方 も 上から 押さえる のではなく 弦 と 指板 の 間 に 指 を 差し込む

すなわち 指の 外側 で 弦 を 持ち上げる ように して 音程 を 決める という なんとも ユニークな やり方

二胡 の 奏法技術 は 全く 応用 できない !



eee11!cid_E87D1409-3D47-4D4D-A9FC-C0BE2EF446D9.jpgeee12cid_AEF18146-83D7-40C1-8140-0154F3FD65FA.jpg


と いうこと で

馬頭琴は あきらめ

中胡 を 買う べき か 迷っている ところ













コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/3747-b22fd662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad