fc2ブログ

G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

自衛隊を

150日間の 国会が 開会 した
当面の議論は 政治資金収支報告書 不記載の 責任追及

ただ 能登半島地震も発生し 緊急予算対応も 迫られるので 早急に 国会本来の 審議を 進めて欲しい
政治資金パーティで 得られた資金を 記載しなかったから 派閥を解散する なんて話は 国会で審議する必要はない !
地震では 救援活動の最中に スタンドプレーを やったアホな議員が居たが
議員でなければ 出来ない仕事は たくさんある !  野党も 議員立法を 提案 しなさい !

国の 防災行政は 国交省を中心に 全国の 防災対応を 管轄 している  防災担当大臣も 存在する
実際 災害が発生した時は 自治体中心で 対応に当たるが
激甚で 広範囲な地震 などでは 自衛隊の活動が 今回も 強力な支援に なっている

いつも 国会で 「国防予算よりも 生活予算を ! 」 と 言ってる 野党も 今回は 
「なぜ自衛隊を もっと 早く 積極的に 派遣しないのか」 と追及 している (カッコ付けてる)

それなら 法律的、予算的に もっと自衛隊が働きやすい雰囲気を 作ったらどうか !
言い換えれば 自衛隊の 災害における 効果的活動を 法的、資金的に バックアップ 出来ないか
( キックバック 改め バックアップ )

ただ 国会議員なら 当然 ご存知と 思うが
「自衛隊は 我が国を守る 軍隊である」 ということを 忘れてはいけない
ただ そこに 都合のいい組織があるから 災害救助に 役立てればいいと 考えるだけでは 浅はか!

「自衛隊は 軍隊だから 憲法違反である」 自衛隊を 認めない 雰囲気も ある
自衛隊の在り方については 憲法改正、解釈で運用するなど 以前から議論されており、
基本的な 問題でもあるので 今後も 憲法議論は慎重に 進めて頂きたい


現状では 法律 (自衛隊法) で 自衛隊の 具体的任務が 決められている 

法律の中で "自衛隊の存在自体が憲法違反" の疑義に 対しては 
 「独立した主権国としての自衛権は 世界中で認められており、
 憲法で もっとも重きを置いている 生存権や財産の保有を 冒されないよう
 防衛のための武力を持つことは 国民の容認を 得ている」
と 説明されている
憲法と自衛隊の話は 別の機会に 戦争に絡めて タップリ議論するので これまで !


災害時 自衛隊が 災害派遣を より円滑に行い 積極的に 任務を全う してもらう には どんな法改正が適当か
提案する


自衛隊の任務

自衛隊法では 国の安全を守るため 我が国を 防衛する事が 主たる任務 であり 
災害派遣については 従たる任務 と 規定されている
従たる任務とは "主たる任務に支障を与えない程度に 必要に応じ 公共の秩序の維持にあたる " とある

災害派遣 = 公共の秩序の維持 とは やや 違和感がある !  
隣の国では 公共の秩序の維持 というのは 反政府デモの 鎮圧である (226事件か・)

そもそも 法律の最初に "憲法の生存権 財産所有権を 他国から冒されないよう 武力を所有している " と言っている
生存権や財産を 冒されるのは 他国から ばかりでない !
最も 頻度が多いのが 災害 ! 
自衛隊には 災害に対応する装備も 備えなければならないし 率先して行動すべき義務がある
すなわち 災害対策は 従たる任務でなく 国の防衛と同等のレベル として 行われるべき 

自衛隊の任務は 他国からの攻撃、災害などから 国民の命を守ること !
自衛隊員も 誇りを持って 任務に 当たってもらいたい !


組織の強化 予算増加

任務の法令改正が終わったら それに従い 災害時の 自衛隊の体制、予算措置を行う
「防衛予算より 生活予算を」 とアホな政治家は行ってたが 自衛隊は 国民の命を守る組織なのだ !

今年の防衛費は 7兆円 これに 災害対策強化予算を 1兆円くらい 加えて欲しい
幸い? 自衛隊の装備は 他国からの有事対応と 災害対応と 共用できるものも 多い

武力対応の予算も 使い方を見直す必要がある と思っているが
災害にも共用できる装備は 新装備の開発も含めて 大幅に増強 して 欲しい

我が国の 災害救助部隊が 世界一の優秀なレベルと 名声が轟けば 海外からも 派遣要請が 多数 
世界から 称賛される 
「あんな優秀な部隊がいる 日本を攻めても ダメだな・」  国防としても 侵略される 抑止力になるかも? 

防災装備の 1 兆円くらい 安い安い
実害のない原発避難民へのバラマキ補償で もう 15兆円も 使っているのだ これに比べれば・

能登半島地震では 自衛隊の支援活動に 拍手を 送りたい 
特に 交通網が遮断された時の 移動や輸送手段 ヘリコプターや 海からの 上陸など
その他 孤立した住民のため 海上にフェリーを 調達し 避難場所に 充てるなど・
海上保安庁の支援物資も 自衛隊に 運搬依頼 していたら 空港の衝突事故も 避けられたかも・


自衛隊の乗り物

乗り物 オタクの私が 選んだ 車両、機器など 「災害時 これがあれば いいな」 を 紹介する
(写真は 自衛隊のホームページから )

地震発生したら 被害状況の確認が最優先 
真っ先に 偵察用ドローンを 飛ばし 被害の概略を確認する 
交通手段が途絶えても 連絡手段が途絶えても 数千人の自衛隊斥候が 被害地域に 到着 し 状況調査する

自衛隊A01車両2022自衛隊A02車両01自衛隊A03車両0e自衛隊A04車両99自衛隊A05車両92


被害状況を 確認 したら 現地対策本部の トリアージにより 緊急救助の機材運搬 人的応援 を 空から海から 支援する


自衛隊F01航空機輸送ヘリ01自衛隊F02航空機スリングベルト02自衛隊F03航空機要人03自衛隊F04航空機救助04自衛隊F05航空機Osprey05
自衛隊G01船舶支援01自衛隊G02船舶上陸02自衛隊G03船舶上陸03自衛隊G04船舶上陸04自衛隊G05船舶支援05


道路に 地割れや障害物があろうが 崖崩れがあろうが ローダー、ブルトーザ、レッカーなど 応急復旧設備はたくさん 
クレーン車やパワーショベルなども  橋が落ちても 一瞬で 戦車が通れる橋を 作ってしまう
倒壊した家から 救助するのに こんな機材が 間に合ったら 能登半島地震の 死者は 半分になってたかも
生活のための 病院対応も出来る 衛生設備や 食料、水タンクも ・ 
自衛隊は 完結した組織なのだ


自衛隊B01車両Bバケットローダ02自衛隊B02車両バケットローダ03自衛隊B03車両中型ドーザ01自衛隊B04車両クレーン自衛隊B05車両レッカー
自衛隊B06車両自衛隊B07車両自衛隊B08パワーショベル自衛隊C01仮橋梁01自衛隊C02仮橋梁02
自衛隊C03仮橋梁03自衛隊C04仮橋梁04自衛隊C05仮橋梁05自衛隊D01車両通信01自衛隊D02生活02
自衛隊D03Water03自衛隊D03生活衛生0a自衛隊D04車両運搬01自衛隊D05車両運搬02自衛隊D06車両運搬03









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/6281-211d2d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)