fc2ブログ

G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

明治天皇は?

孝明天皇が毒殺されたか?というのは いまだにミステリーだが 実は明治天皇が二人いた という説が 現代においても まことしやかに 囁かれている

03明治天皇01 03明治天皇02

そのスジ書きとは・・

孝明天皇の典侍 中山慶子が生んだ皇子は 5歳まで中山家で育てられたが 他に皇子が居なかったため その後 睦仁親王として跡継ぎになった

孝明天皇が崩御し 明治天皇として即位する時 何者かが画策して 当時 木戸孝允のもとにいた 南朝の流れをくむと自称する 大室寅之祐 (おおむろとらのすけ) を新しい天皇にすりかえた

睦仁親王は病死したか暗殺されたか あるいは即位後追放された


その理由とは・・

孝明天皇が攘夷派だったので周囲から反感をかっていたが 息子も父の方針を継承すると明言していた

長州の騎兵隊に南朝の末裔がいる ということで 南朝の再興を望む西郷隆盛も 寅之祐 をじきじきに世話をし 気をかけていた

睦仁親王は 愚鈍で女々しく 天皇としての裁量が不足していた


その手段とは・・

中山家当主の中山忠能は 岩倉具視と通じていた 睦仁が 幼くして(たぶん)亡くなったので 天皇の生母家の栄誉をそのままに 開国派に都合の良い天皇の擁立に 協力した

朝廷側は 鳥羽伏見の戦いなどの際 居場所を移動したり 宮中の女官削減などで幼い頃の睦仁親王を知ってる人を追放した すりかわりに気付く人はほとんどいなかった

明治天皇は写真きらいということで 幼い頃と比較する写真を取らせなかった 崇拝用に国民に配ったのも キヨソネによる肖像画であった


真相かもの理由とは・・

睦仁親王が亡くなったとしたら 天皇の直系の跡継ぎが居ない これは一大事 そして当時の薩長の実力者たち全ては 開国派の天皇を望んでいた 南朝の流れを汲む天皇家の再興を望む人も少なからず居た すなはち すり替わったとしても 喜ぶ人は居れ 誰も困る人は 居なかった 

明治天皇の正室は 昭憲皇太后と呼ばれている 本来なら昭憲皇后だが 宮内庁の皇統譜は訂正されていない

前半の睦仁/明治天皇の正室が昭憲皇太后であり すりかわった明治天皇の正室(典侍の柳原愛子)が皇后である と仮定すれば 宮内庁の論理も成り立つ   大正天皇の生母が 柳原愛子であるというのは 事実である

明治天皇は 体格頑健で天然痘の跡アザもない しかも左利きである 幼い頃の睦仁親王の描写とは まるで異なる



これらの憶測記事は インターネットに数限りなくある 参考になるのは

 「大室寅之祐→明治天皇 考 」
 http://www.gameou.com/~rendaico/mikiron/nakayamamiki kenkyu_40_1_meigitennoco.htm

いろいろ読むと なるほど真実かも と思うが

だから 史実を書き直せ とか 途切れた今の天皇家は廃絶すべき とか 大騒ぎするつもりは 全くない

今の天皇家は 一生懸命国民のために 尽くしておられる 変わらず ずっと 敬いたい

で その 中山家 の話だが ・・・















コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/769-0f5376f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)