fc2ブログ

G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

中華民国

32国民党成立03 32国民党成立04

1912年1月1日 香港に居た孫文は 宮崎稲天 や 山田良政の弟 純三郎 に迎えられて 南京へ入った

そして 列国に向かって 中華民国の成立を高らかに宣言した

総統就任式には 犬養毅 頭山満ほか 多くの日本人同志も参加し 感激を分かち合った

1912年3月 孫文は 清朝が退位し政権を放棄するのを条件に 臨時大総統の座を 袁世凱に譲るが 袁世凱 は 孫文ら改革派を追放し 専制政治を敷き 自ら皇帝と名乗って中華帝国を作ってしまった

1921年 袁世凱が死んで無政府状態になった中国の状況を見て 孫文 は ロシアのコミンテルン さらに生まれたばかりの中国共産党とも 手を組んで 広州に 政府を 樹立した

しかし 右腕の蒋介石らの不満もあり この政府は失敗に終わった (第一次 国共合作)


32国民党成立01 32国民党成立02

1937年 日中戦争が始まる

このとき 蒋介石の中華民国政府は 本拠地を南京から重慶に移し 日本軍と戦った

南京には 日本軍の支援を受けた 汪兆銘 が政府組織を設立し 日本との和平画策を行っていた

1945年 日本の敗戦により 蒋介石の中華民国が 正式な国家として 戦後処理の会議等に参加した


32国民党成立05 32国民党成立06

1945年 日本の台湾領有放棄により 蒋介石は 南京にて 台湾の領有を 宣言し 台湾に 行政公署を 設置した

しかし 公署の要職を 本土の外省人が独占した ため 本省人(台湾人)の反発を招き 1947年2月 民衆が蜂起する暴動 が 発生した ( 2.28事件 )

これに対し 蒋介石の政府軍は 台湾の知識人 親日派 共産主義者を重点に 徹底的に弾圧した
この時の 処刑者は 数万人にも及んだという

以前から続いていた 中国共産党との内戦は 日本との戦いのあと 再発し ソ連が支持する共産軍と 米英が支持する国民党の 代理戦争の様相を 呈してきた

1949年 4月 共産党軍が南京を制圧し 1950年 蒋介石は 弾圧したばかりの台湾に逃れ ここで 中華民国の正当性を主張した


35中華民国01 35中華民国04
35中華民国02 35中華民国05

1978年 交通事故により政界を引退した 蒋介石にかわり 息子の 蒋経国 が総統になる 米ソ冷戦中のアメリカの指導等により 産業育成と政治の民主化を推進する

1988年 蒋経国のあとを次いだ 李登輝 は 一党独裁制を廃し議会の民主化を行った さらに
これまで 「我々が中国の唯一の政府である」 から 現実的な 台湾独立路線を主張した

そして 彼は日本の統治時代を評価し 日本を手本にして台湾内の 教育改革 産業育成 マスコミの自由化など 民主化 と 経済発展策 を 積極的に推進した

2000年 総統になった民進党の陳水扁 は 李登輝の あまりにも日本寄り を 是正したものの 台湾独立はすでにまぎれもない事実とし 中国本土と対立した また経済的には東南アジアとの経済交流を進めた

2008年 総統になった国民党の馬英九は 台湾独立より 実質的な経済発展に重きを置き 三通政策 ( 通商 通航 通郵 ) により 大陸との交流をさらに積極的に推進している


35中華民国06 35中華民国03

その国の歴史を調べると その国の国民感情がわかってくる

日本は50年にわたり 台湾を植民地とした そこで 台湾人のため インフラ整備 教育 産業の育成を行った しかし 差別もあり霧社事件など 反乱の弾圧も行った

日本は革命家 孫文を支援した 蒋介石とも当初友好関係にあったが 戦争で戦う結果となった

周恩来は日本に留学し 毛沢東も日本で発刊される情報誌を読んでいた その後 日本との戦争 東西冷戦 大陸の中華人民共和国は ソ連の影響を 受ける

一方 大陸から逃れて台湾に政権を作った外省人の国民党に対して 台湾の人は 2.28事件の恨みは忘れていない


現在 台湾での日本人への感情は 比較的良好であり 特に日本時代に育った人はその時代を懐かしむ者も少なくない

先人の努力に感謝し 明日から 台湾へ親善演奏会に出かける

日本の マンドリン音楽 を 楽しみにしている台湾の人々のために  ・・ !














コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/799-8681a1e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)