fc2ブログ

G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

三民主義

36三民主義01

孫文が提唱した革命の基本理論 三民主義 ( さんみんしゅぎ ) とは

その 1 民族主義

当初は 満州民族の清朝を倒し 漢民族の国家を作る
後には 欧米列強の半植民地状態からの脱却と 他の民族との共和 を意味するようになった

その 2 民権主義

主権在民で 5権憲法 ( 司法 立法 行政 官吏の考試(採用) と 官吏の監査 ) による共和国設立
を意味する

その 3 民生主義

国家主導の近代化 と福祉の充実 地権平均の原則で 大土地所有や独占資本を 制限する


ところで

孫文の妻 宋慶齢 は 孫文の死後 中国本土に残り 中国共産党の大幹部に君臨した

また 蒋介石の妻である妹の 宋美齢 は一緒に台湾へ渡り 蒋介石の死後はアメリカに滞在し 反共運動を続けた

毛沢東が生んだ 中華人民共和国は 三民主義の意向に沿って  その後

一党独裁の強力な政府を作り 大資本を制限し チベット 新疆ウィグル地区の統合で民族の共和??

を 図ってきた


しかし いまだ 人権の軽視 自由の制限 が見られ 国際社会では 成熟国とはみなされていない

それに比べ 台湾では 一党独裁もなく アメリカ的自由も尊重されており 経済的実力もあることから 今後 台湾が本土に吸収されて 現政権が消滅することは ない と 私は 確信する

ところで

台湾の国歌は "三民主義" という タイトルである 

歌詞と 現状が 合っているか な ?









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gedano.blog92.fc2.com/tb.php/804-d4926096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)