G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

パソコンが

毎日 毎晩 ブログ作成 に 打ち込んでいる 快適な 我が 机

しかし ハードユース の ためか Hp製 の デスクトップパソコン 最近 スタート時 ガー と 音が するように なった

中枢の HDD が 寿命 らしい なんとか 立ち上がる が それぞれの 動作が 恐ろしく 遅い !


ハタリ と 停止して しまったら 一大事 !  

これまでの 画像データ など とにかく 外付け HDD に 保存 している



hpp01IMG_1803.jpg
hpp02IMG_1802.jpg



仕方なく 後継機 を 購入 同じ Hp 製 " OMEN "

ウィルスバスター と オフィス が 入ってない ので 別購入

あと キーボード マウス 配線用品 など 含める と 総額 30 万円 を 超える


とにかく 開梱 して 机付近 に 置いて みる

電源 を 接続する だけ で 一日 がかり


これから  Mail の設定 、 インターネット環境整備 、 ブログ ホームページ の 立ち上げ ・ ・

データ や プログラム 移設 が うまく いくか 分からない ので

私の ネット環境 しばらく 中断する かも ・



hpp03IMG_1804.jpg
hpp06IMG_1806.jpghpp07IMG_1807.jpg
hpp04IMG_1805.jpghpp05IMG_1811.jpg



悪戦苦闘 を 重ねて 一週間

やっと 新 PC の 画面が 出る

しかし 初期設定 と 以前の プログラムを 取り入れる のが 大変

前の PC を 時々 動かしながら なんとか ・



hpp08IMG_1808.jpg
hpp09IMG_1809aa.jpghpp10IMG_1815.jpg
hpp11IMG_1817.jpghpp12IMG_1813.jpg
hpp13IMG_1814.jpg











中国楽器店

アンサンブル・ラピスラズリ の 合奏練習 に 行く 途中

JR 十条駅前 に 中国楽器店 が ある ので 

いつも 覗き に 行く

二胡 ( にこ ) を はじめ 月琴 ( げっきん ) 阮咸 ( げんかん ) 柳琴 ( りゅうきん ) 琵琶 ( びわ ) など 

見るだけで 楽しい


  TV 中国楽

  私の 中国楽器


eee01cid_EE157079-C3B9-4997-B658-3C5ABA464AE6.jpgeee02cid_62863C55-F19A-4BAA-B0DA-5BB9C8E8ED13.jpg
eee03cid_92CCA9B6-9E10-4C27-840F-62A3EA623000.jpgeee04cid_7A8F32F0-716E-4315-9252-27943319C666.jpg



本当の 狙い は 中胡 ( ちゅうこ ) 大胡 ( だいこ ) 角胡 (かくこ ) など 低音二胡 が 手に入らないか ・

合奏する 場合 何としても 低音楽器 は 魅力が ある

二胡 は もう 何年も 経験が ある ので 演奏技術的 にも すぐ 入り込める

中胡 は 何台か 売り物 が あった が それより 大型 は 展示用 と いうこと で 残念 !


撥弦(はつげん) 楽器 系統 でいえば  月琴 より 竿 の 長い 阮咸 ( げんかん ) は 売り物 が あった しかも 安い !

Guitar と Mando cello が 両方 弾ける 私に とって 阮咸 を 弾く のは 楽々

しかし この楽器 合奏では ほとんど 重宝されない というか 活躍しない のが 今の 中国情勢 ?  らしい

フレット が 高い ため 厳密な 音程を 確保する のも 難 しい 

やはり 楽器 が 隆盛 となる には 名器 名曲 名演奏家 が 必要 !

自分が パイオニア に なる ?  それは 無理 無理 ! ・



eee05cid_F9C7C2D0-C1C0-4891-AF99-C3F5A114C280.jpgeee06IMG_1796.jpg
eee07IMG_1797.jpgeee08IMG_1795.jpg
eee09cid_40CE90FF-6A4E-4275-95FC-02D52AB1739A.jpgeee10cid_FBB5D87F-E3E8-413E-8D2A-8A7DB6739B9B.jpg



馬頭琴 ( ばとうきん ) を 薦められた ので 弾いてみる

弦 は ガット 2 本 だが 弓 は バイオリン用  二胡 みたい に 弦の 間に 挟まってる わけでも ない

押さえ方 も 上から 押さえる のではなく 弦 と 指板 の 間 に 指 を 差し込む

すなわち 指の 外側 で 弦 を 持ち上げる ように して 音程 を 決める という なんとも ユニークな やり方

二胡 の 奏法技術 は 全く 応用 できない !



eee11!cid_E87D1409-3D47-4D4D-A9FC-C0BE2EF446D9.jpgeee12cid_AEF18146-83D7-40C1-8140-0154F3FD65FA.jpg


と いうこと で

馬頭琴は あきらめ

中胡 を 買う べき か 迷っている ところ













中央公園の中で

毎週 土曜日  アンサンブル・ラピスラズリ の 合奏練習 の 場所 を 集中的 に

今回 の 練習場所 は 中央公園 の 中に ある 北区 中央公園 文化センター

公園の 森は 古く 鳥たち も いっぱい

建物 は もと 帝国陸軍 の 東京第一造兵廠 すなわち 大砲・銃器 の 工場 だった  

散歩の ニャン公 も 威厳 が ある

撮り 甲斐 が ある ね



aaad01cid_F9B80EC0-F3B8-4FD6-B0DE-EF2A5B78B826.jpg
aaad02cid_612E8AC5-B3E8-4AAE-A5BD-068890E8C94E.jpg
aaad03cid_C0EF04E3-6F5B-4682-BE92-4E0804FF2AAF.jpg
aaad04cid_36357551-091A-440F-B561-5057C747C71B.jpgaaad05image1はなニラ
aaad06IMG_1798.jpg



プロコイエフ の " 古典交響曲 第一番 ニ長調 "

なかなか Guitar で 付いて いけない

ゆっくり だと 楽に 弾けるん だけど ね ~

まー 5 月 の 初め まで には なんとか ・



aaad07cid_C8B66343-EA4B-41FE-B465-CB754138CF73.jpgaaad08IMG_1799.jpg
aaad09cid_45CF6308-982F-4098-BAAC-013FA693E88A.jpgaaad10IMG_1810.jpg
aaad11IMG_1685.jpgaaad12IMG_1684.jpgaaad13IMG_1686.jpg











田端 青砥 あたり

これも アンサンブル・ラピスラズリ 合奏練習 の 折

JR 田端駅 の 近く なので 当然 ついで の さろきんぐ

途中  赤紙 仁王尊 で 有名な 東覚寺

願い事 は もちろん  

「 Guitar が もっと 上手く なりますように ・ 」



aaac01cid_A4C4E7DB-8136-41E0-8DEE-27D3AD34254B.jpg
aaac02cid_83128AD0-86E7-40DD-B1A3-07939996E2AF.jpg
aaac03cid_543D0E4B-783D-42F5-8106-C3F2E907857D.jpg
aaac04cid_154B6C93-7488-4D7D-9277-17673AD2F7BF.jpgaaac05cid_152C024B-E7FE-4010-9B35-1ABA0F9A3379.jpg



別の日  合奏練習 では ない が 

アンサンブル・ラピスラズリ の 姉妹楽団 である " 未完成 " の 演奏会 を 聴き に

青砥 駅 近く の かつしか シンフォニーヒルズ は 最近 何かと よく 来る

私は いつも 舞台上 に 居る ので エネルギー を 使う 立場 で ある が

客席から だと リラックス できて  いいね ~

マンドリン を 楽しめる し 

自分たちに 照らして の 反省点 も 見えてくる



aaac06bbIMG_1572.jpgaaac07bbIMG_1574.jpg
aaac08bbIMG_1571.jpgaaac09bbIMG_1573.jpg
aaac10IMG_1562.jpgaaac11IMG_1565.jpg
aaac12IMG_1564.jpgaaac13IMG_1566.jpg
aaac14IMG_1567.jpg
aaac16IMG_1568.jpgaaac17IMG_1569.jpg
aaac18IMG_1570.jpg












武蔵浦和 付近

今年の 一月から アンサンブル・ラピスラズリ の 合奏練習 に Guitar で 参加 している が

みんな 難曲で 苦労 している ということで 希望者 による 自主練習 に 参加

場所 は 武蔵野線 が 埼京線 と 交わる あたり JR 武蔵浦和 駅前 の コミュニティセンター


出てくる人は 私を除 いて ほとんど 追加練習 の 必要の ない 人

せっかく 一緒に 合わせてくれる ので ありがたく 練習させて 頂 きました

他人の音が よく 聞こえる ので 収穫

終わって 飲み会は 必須


   さいたま市  2015 年 4 月 20 日 も


aaab00IMG_7548.jpg
aaab01cid_1FC76D5D-8B7D-4143-9E63-3381B00E48E2.jpg
aaab02cid_273613D2-2F08-450B-9C5E-8935D88291FA.jpg
aaab03cid_F4C3E9AA-999E-452E-A279-0D787FBA1925.jpgaaab04cid_AF81ECCC-7704-499D-B404-89C776945E3E.jpg
aaab05cid_1B0EBC0F-7858-4E8A-B84E-83A4D84764DF.jpg
aaab06cid_8C6CAEE3-B7DA-48EF-8E46-3F25FE17B7B1.jpg
aaab07cid_485454F1-C39E-43E7-979F-881CB60C9875.jpgaaab08cid_0CD7D002-FB4A-4F0D-BDA6-DA715D6CA434.jpgaaab09cid_29AC7897-DCC2-4DB2-BAE8-26F4A1D6E81E.jpg
aaab10IMGラピス第7回定演











地元近く

ここは 中央線 と 武蔵野線 が 交わる ところ 西国分寺 駅

武蔵野線 が 開通した時 ( 昭和48年 ) に できた 比較的 新しい 駅


なんで 東国立 ( ひがし くにたち ) 駅 でなく  ダサい 西国分寺 駅 に 命名 したか と 言うと

当時 国分寺 駅前 に 鉄道 研究所 が あって 国鉄の 本拠地で あった こと

それと 国立駅 自身が 分寺 と 川 の 間に 出来て 国立 と 名前を 付けた 合成名 の 駅

今回 さらに 立駅 と 分寺駅 の 間 に 新駅 が 割り込む ことに なった 

そうすると 国 国 駅 となるが 

今と なっては それも 面白いかな ・ と 思う



cvc01IMG_1680.jpg



西国分寺 駅前  

一見 廃墟みたいな デザイン の いずみホール と 区画整理後 の アパート

この辺 住宅地 なので 近未来的な デザイン より こんな 重厚な デザイン が 好まれる のかな ?



cvc02IMG_1679.jpg



今日の さろきんぐ は 武蔵台 を 通って 行こう

府中の この付近 何十年 も 住んでいたが この通り は 初めて



cvc03IMG_1678.jpg



史跡通り と 名称 が  古代土器 でも 出た のかな ?

普通の 団地内 の 並木道 だが 気持ち 良い



cvc04IMG_1682.jpg
cvc05IMG_1683.jpg



いちおう 目的 は 病院 を 訪問 する こと

以前 は 都立 府中病院 と 馴染んで いた が 今は 府中メディカルプラザ と いう らしい



cvc06IMG_1677.jpg



以前 は この 建物 が 病院 の 本館 だった ような

今 は がん検診センター と なっている

今後 お世話になる かも しれない



cvc07IMG_1668.jpg



がん検診センター の 横 に 巨大な 建物 が できていた

広大な 駐車場 12 階 建て の 高層 ビル 官庁街 みたいな 建物群

バスや 車が ひっきりなしに 行き来する ずいぶん にぎやかー

中に 入ると まるで ショッピングモール

これが 病 院 ?



cvc08IMG_1674.jpg
cvc09IMG_1675.jpg
cvc10IMG_1676.jpg
cvc11IMG_1669.jpg
cvc12IMG_1670.jpg
cvc13IMG_1673.jpg
cvc14IMG_1671.jpg
cvc15IMG_1672.jpg












日本橋にて

ooa01IMG_1643.jpg
ooa02IMG_1639.jpg
ooa03IMG_1640.jpg
ooa04IMG_1644.jpg
ooa05IMG_1642.jpg




東京駅 の八重洲口 から 徒歩で 数分

こじんまり とした ギャラリー で 個 展 を 見る

マンドリン教室 で 懇意に なった 元 会社社長 の S さん

80 才 の 米寿記念 に 趣味 の 絵画 を 披露する という

60 才 の とき 始めて 数々の 病歴 と とも に ここまで 大成 した

仕事に 趣味に 奔放に 生きる 人生観 は 素晴らしい !  そして うらやましい !


ooa15IMG佐野展
ooa06IMG_1645.jpg
ooa07IMG_1646.jpg
ooa08IMG_1648.jpg
ooa09IMG_1650.jpg
ooa10IMG_1651.jpg
ooa11IMG_1647.jpg
ooa12IMG_1649.jpg
ooa13IMG_1652.jpg
ooa14IMG_1653.jpg












ここは 日比谷

oo51IMG_1606.jpg


皇居前 広場 を さろきんぐ中

巨大ビル に 囲まれた 空間 は 狭く 見える が

歩く と なかなか 広い

かなり 歩いた と 思った が 景色 は 全然 変化していない !



oo52IMG_1607.jpg
oo53IMG_1609.jpg
oo54IMG_1611.jpg


またぞろ 巨大ビル が 建設中  も あれば

明治生命館 ( 重要文化財 ) みたい に 

前を 残し 後ろの 敷地 に 巨大ビル が 建つ ところ も



oo55IMG_1612.jpg
oo56IMG_1610.jpg


日比谷堀 沿い は 建物 を 眺めてる だけでも 飽きない

帝国劇場  第一生命 ( 元GHQ )  帝国ホテル ・

向こうは 日比谷公園

以前 TO芝 の 本社が あった 日比谷 電電ビル ( 現 NTTビル ) が なつかしい !



oo57IMG_1615.jpg
oo61IMG_1614.jpgoo62IMG_1630.jpg
oo63IMG_1618.jpg
oo64IMG_1621.jpg
oo65IMG_1623.jpg


ここの 濠 の 白鳥

なぜか 通る人を 一生懸命 追いかけてくる

せっかく だから 撮って あげる



oo58IMG_1619.jpg
oo59IMG_1620.jpgoo60IMG_1617.jpg


日比谷 から 有楽町 方面 へ

昔から あって なぜか 鮮明に 覚えている 富士電機 の 看板

航空写真 で 見たら エアコン の 熱交換器 だった

10 階 全部 が カラオケ なんて 最近 出来たんだな

有楽町駅 付近 の ガード下  いつまでも 古いままで いて 欲しい


♪  あなた を まてば あめ が ふる  ゆうらくちょう で あいましょう ・

♪  エィー ビー シー X Y ズィ~  これが おいら の くちぐせ さ  にしぎんざ えきまえ ・



oo66IMG_1624.jpgoo67IMG_1625.jpg
oo68IMG_1627.jpgoo69IMG_1628.jpg
oo70IMG_1632.jpgoo71IMG_1629.jpg
oo72IMG_1631.jpgoo73IMG_1635.jpg
oo74IMG_1633.jpg
oo75IMG_1634.jpg
oo76IMG_1636.jpg


バブル崩壊 で 消えた 日債銀 の ビル か ?

こんな 不安定 な つくり だから 倒産 して 当然か

いつの 間にか いや ! 

やっと やっと 東京駅 に 戻って来た



oo77IMG_1637.jpgoo78IMG_1638.jpg
oo79IMG_1641.jpg












ここは 東京駅

2017 年 3 月 1 日  久しぶり の 東京駅 

駅舎の 改修も 終わっている ので 中を 見学

ドームの 中は アムステルダム風 で いいね

初期の 古い レンガ壁 も 一部 残して ある



oo01IMG_1580.jpg
oo02IMG_1583.jpg
oo03IMG_1584.jpgoo04IMG_1581.jpg
oo05IMG_1579.jpgoo06IMG_1578.jpg



丸の内 側 から 外に 出て 東京駅 を 見てみる

前は まだ 工事中で なかなか ナイスショット の 場所 が 見つからない

遠 く から 全体が 撮れる が 後ろ の 巨大ビル群 は  なんとなく 駅 と 相性が よくない ね

昔 の 東京駅 プラス 丸ビル は ぴったりで まさに " ニッポンの 名景色 " と 思っていたが

現在 は ちょっと 中途半端 で  あまり 撮る 甲斐 が ない

 

oo07IMG_1586.jpg
oo08IMG_1588.jpgoo09IMG_1589.jpg
oo10IMG_1592.jpg
oo11IMG_1593.jpg
oo12IMG_1596.jpg
oo13IMG_1597.jpg
oo14IMG_1598.jpg



それにしても 一つ一つの ビル が 50 階 以上 も あって 迫力 は 満点

名だたる 日本 の 有名企業 の 本社 が 並ぶ

未練たらしく 丸ビル の 外壁 だけ など 残さず さっぱり 近代 ビル ばか り に した方が

東京駅 との バランス には いい ような 気が する



oo15IMG_1585.jpgoo16IMG_1590.jpg
oo17IMG_1587.jpg
oo18IMG_1591.jpg
oo20IMG_1600.jpg
oo19IMG_1595.jpg



今日の ヤボ用 は 夕方から だから まだ 1 時間 以上 時間が ある

皇居 の お堀 あたり を さろきんぐ して みよう

和田倉濠 ( わだくら ぼり ) には 鳥 たち が いっぱい

水面に 映る ビル の 絵 を 壊しまくっている よう ・

鳥 を 撮る 人  散歩する 人  どっかの 観光客 ・

そして それら を 眺めている 私





oo21IMG_1601.jpg
oo23IMG_1604.jpg
oo22IMG_1603.jpg
oo24aIMG_1605.jpgoo25IMG_1602.jpg











たかね 電気は

nnh01IMG_1477.jpg nnh02IMG_1420.jpg
nnh03IMG_1421.jpg
nnh04IMG発電2017年1月


1 月 の 太陽光発電 売電量 は  503 kW  18,626 円

1 月 は 好天 続き で 発電量 は 増えた が 

滞在日が 多かった 事 凍結防止 ヒーター が 働いた ことで 電力 使用量 も 増えた ので

こんな ところ か ・



エネルギー 評論

アラブの 王様たち が 1000 人 の 親族を 従えて 日本に 遊びに 来る という ( 3 月 12 日 に 来た )

もちろん 首脳会談 等 も 行い 研修旅行的 意味 も ある だろうが  とにかく 超 豪遊  

ホテル は 四つ星 以上 移動 は すべて 高級ハイヤー 

飛行機 の タラップ用 エスカレータ まで 持ち込む という


石油 で 潤ってる国 だから しょーがない か とも 思う が よく 考える と

大手 メジャー 経由 で 石油 を 大量に 買ってる のは 我が国

我々 が 汗水 たらして 稼いだ お金 で 彼ら は 遊び 放題 ~ なのだ

やっかみ 半分 うらやましさ 半分 とにかく 資源の ある 国 は い~ね~


ま いくら 嘆いて みた とて 日本 に 石油 が 噴出する はずは ない 

エネルギー関連 で いえば 我が国 は せっかく 稼いだ お金 を どんどん 気前よく 外国へ 供出 している

先月 の ブログ でも 言った が 原発 が 停止 して それを 補完 するのに

これまで 20 兆円 以上 の 燃料費 が 海外へ 流出 している


さて ・   では どうする ?  を 提案する のが 私 の 評論 !

なんだ ! また 原発 再稼働 に 話を もっていく つもり だな と 勘ぐられそう だが  そう では ない !


いろんな 国が ある 中で 石油が 出る のは その国 の 国力 が 強い と いうこと で ある

" 我が国 は 天然資源 に 乏しい という 弱点 を 持っている " という こと を まず 自覚 しなければ ならない

その上 で では 我が国 の 強い ところ は 何 か ? を 考えよう 


誰も が 考える のは 科学技術力 、 芸術文化における 先進性 、 勤勉な 国民性 、 近代的 政治体制  ・

要 は 人的 資源   

江戸の 昔から 人々の 教育に 力を 注ぎ 国民 全部が 努力してきた 結果 である

では この 人的資源 を 武器に 世界に対して どう向かっていくか 日本の 繁栄に どう 結び付けていくか 

具体的に 考えて みよう


ひとまず 我が国 の 第一次産業 で 考えてみる 

エネルギー と 同様 資源 の 奪い合い となっているのが 水産業

これに対して 方向は ひとつ !  我が国は 養殖技術 を 駆使して 資源保護 水産業 に 徹する !

少なくとも マグロ、 うなぎ、 エビ、 カニ、 くらいは 完全養殖 で 賄える ように したい

貝類 海藻類 なども 狭い 日本で 大量の 養殖が 可能  

瀬戸内海、 富山湾、 若狭湾、 むつ湾 ・ みんな 日本の 食料蔵 になり得る


規模と 値段で 海外に対して 競争力 のない 農業

いつも 外国へ 行くと 思う が リンゴ イチゴ ブドウ などは 日本産 が 絶対 美味い

高級品種 を 作る 技術 は 持っている これを 大規模化 すれば 武器 になる

ビニールハウス を 発展させて 施肥 温度管理 など 育成の ノウハウ を 自動化した 農工場 を 推進 したら どうか

省力化 大規模化 による 価格競争力 が 増大する と 思われる


花き の 分野 でも 技術の 発揮どころ は たくさん  交配による 新種 品種改良 など

胡蝶蘭 の鉢 など 今でも 魅力的 なものは ある が 

わが国で植える チューリップ の 球根 くらい オランダ に 負けないもの を 作って 欲しいね


加工技術 で いえば 醸造業   発泡酒 第三のビール など 諸外国 では 絶対 見かけない 

この際 世界中の 人が もろ手を 挙げて 喜ぶ お酒 の 開発 を ! ( 個人的にも 望む )

味噌 醤油 乳酸飲料 など バイオ食品 の 開発も 期待 したい

特保製品 など 身体に いい 食べ物 も   突き詰めれば 薬品 !

世界に 蔓延する 病気 を 撲滅する 薬 を 開発して 欲しい


ここまで 言う と ひ弱 な 日本の 第一次産業 も 頑張れば 大丈夫では ないか と 思えてくる

ただ " すんなりとは いかないかな " とも 思われる

何事 も やり始めは 失敗が つきもの 失敗は成功の基 で 改善しながら より良いものに 近づける 努力 が 大事

そして 周囲 は 失敗したから 止めろ ! 撤退せよ !  と 足を 引っ張る のでは なく 

温かい目で 見守る すなわち 新規技術に 対する チャレンジ に 対して 寛容 で あって 欲しい


例えば 

遺伝子 を 組み替えてまで 品種改良 する のは けしからん !

放射線 を 照射して 発芽抑制 したり 突然変異 を 促す のは けしからん !

もちろん 新技術 に 伴う 副次的な 危険性 の 可能性が ある場合 は 極力 排除 しなくては ならないが

多くの 場合 理解 不能 な もの は 不安 だ ! だから やめろ !  と 自己中心

感情に 結び付ける のでなく 技術 と して 冷静に 受け止めて 欲しい


肥料の 三要素 である カリ肥料  実は 放射能 を 含んでいる 

だから 日本 とは言わず 世界中の 化学肥料を 使っている 畑 は 放射能 だらけ と いえる

ただ 自然にある 放射能に 比べて 少ない ので その 影響は ほとんど 感知 できない

冷えても 美味しい アルファ米は 放射線を 照射して 品種改良した 結果 出来たものである


水産業 農業だけで 長くなったので ひとまず 話を切り上げるが  言いたいことは


頭 を 使って 技術的な 改良、 開発 に チャレンジ する ことが 我が国の 生きる 道 !

周囲 は 応援してくれ とは 言わないが せめて 寛容 で あって 欲しい !














  

たかね 灌漑設備

nnga01IMG_1526.jpg


外仕事 の 続き は お花 の ための 自動 灌漑 設備

目的 は 居間 南 の 花壇 のうち ひさし の 下の 乾燥地域 に 雨水 を 導 く それと

私の 部屋 に 置く 植木鉢 に 雨水 を 導く  ため

方法 は 屋根 に 雨樋 を 置き そこから 細い チューブ で 

南斜面の 乾燥地域 および 室内の 植木鉢 に 雨水を 導く


分かりにくい ので 概略図 を 示す


  nnga00IMG_0001.jpg



作業 は まず テラス で
nnga02IMG_1469.jpg

屋根 に 雨樋 の 取り付け
nnga03IMG_1470.jpgnnga04IMG_1473.jpg

細い 透明チューブ を 接続する
nnga05IMG_1474.jpgnnga06IMG_1475.jpg

ポカポカ 陽気 で 甲斐駒 を 眺めながら
nnga07IMG_1476.jpg

ここが 花壇 の 軒下 水不足 地域
nnga08IMG_1511.jpg

雨樋 の 水 は チューブで 下の タメ桝 へ ここから 穴あき ホース で 地中 給水
nnga09IMG_1513.jpgnnga10IMG_1512.jpg

室内 植木鉢 の 台 つくり  ついでに パーゴラ 補強用 の 支柱 の 塗装
nnga11IMG_1478.jpg
nnga12IMG_1509.jpgnnga13IMG_1510.jpg

植木鉢 に 給水  受け皿 に 溜まった 水 は ポリタン に 排水される
nnga14IMG_1523.jpg











たかね 補修など

nngb01IMG_1525.jpg


天気が 良いと 外仕事

屋上テラス の 床材 が 腐って 一部 ベコベコ してきた ので 交換 修理

角状パネル板 を 2 枚 交換する だけ だが

その前に 端材 で 強度 追加 そして 塗装 で 耐 腐食 強化

交換 後 安心して 飛び乗れる テラス が 心地 よい



nngb02IMG_1422.jpg
nngb03IMG_1435.jpg
nngb04IMG_1423.jpgnngb05IMG_1424.jpg
nngb06IMG_1433.jpgnngb07IMG_1434.jpg
nngb08IMG_1425.jpg
nngb09IMG_1436.jpg
nngb10IMG_1437.jpg



なかなか 仕事を 始める のが 遅い 私 だが 

一旦 やりだしたら あれも これも やりたくなって 止まらない

冬は スペースが 空いて 目立つ ところ に ヤマブキを 移植

掘る 穴が 異常に 大きい のは 底の 部分に これまで 溜まっている 草木灰 を 捨てる ため

やがて レンギョウ ユキヤナギ と ともに この付近 白と 黄色で 覆われる



nngb11IMG_1441.jpg
nngb12IMG_1442.jpgnngb13IMG_1444.jpg
nngb14IMG_1443.jpg












たかね 味噌作り

ゴールドクレスト は ゴジラクレスト に なるまで 7 年の 年月 が かかった

我が家で 作る 味噌 も 3 年 寝かせる 必要が ある  

私は 製作 に 一切 かかわってない が ( すなわち 撮影だけ ) 

今回 の 仕込み に 際 し

皆さん に 味噌 の 作り方 を 伝授する



nnfb00aIMG_1524.jpgnnfb00bIMG_1514.jpg


良質な 大豆 (2 kg) を 一晩 水に 漬け その後 柔らかくなるまで 約 2 時間 40 分 煮る

nnfb01IMG_1448.jpgnnfb02IMG_1447.jpg


煮上がった 豆を 取り出し 水を 切る

nnfb03IMG_1452.jpgnnfb04IMG_1451.jpgnnfb05IMG_1482.jpg


米麹 1 kg  麦麴 1 kg  精製されてない塩 1 kg  を 用意  

nnfb06IMG_1479.jpgnnfb07IMG_1480.jpgnnfb08IMG_1481.jpg


3 種類 を よーく かき混ぜる

nnfb09IMG_1485.jpgnnfb10IMG_1488.jpgnnfb11IMG_1489.jpg
nnfb12IMG_1487.jpgnnfb13IMG_1486.jpgnnfb14IMG_1491.jpg


水を 切った 大豆 は 少しずつ ミキサー で 砕く  食感を 残すため あまり 細かく やらない !

nnfb15IMG_1496.jpgnnfb16IMG_1497.jpgnnfb17IMG_1498.jpg
nnfb18IMG_1484.jpgnnfb19IMG_1483.jpgnnfb20IMG_1490.jpg


ペースト状の 大豆 に さっき 混ぜた 米麹、麦麴 と 塩 を ふりかけ よーく こねながら 味噌ダンゴ を 作る

nnfb21IMG_1492.jpgnnfb22IMG_1493.jpgnnfb23IMG_1494.jpg
nnfb24IMG_1495.jpgnnfb25IMG_1500.jpgnnfb26IMG_1501.jpg


漬けダル に 味噌ダンゴ を 並べ 積み重ねて いく  この時 さらに 米麹、麦麹 と 塩 を ふりかける

nnfb27IMG_1502.jpgnnfb28IMG_1503.jpgnnfb29IMG_1504.jpg


全体を 混ぜながら 極力 空気が 含まれないよう 味噌 を 漬けダル に 満たす

nnfb30IMG_1505.jpgnnfb31IMG_1506.jpgnnfb31IMG_1507.jpg


漬けダル の 内側 を 焼酎 で 消毒する  表面を 平らに ならし ラップ で 密封する

nnfb32IMG_1508.jpgnnfb33DSCN1807.jpgnnfb34DSCN1808.jpg


1 kg の重しを載せ 蓋をしたら ほぼ かんせーい  製造日など の ラベルを 張る のを 忘れない ように 

nnfb35DSCN1809.jpgnnfb37DSCN1811.jpgnnfb38DSCN1812.jpg


3 年 も 貯蔵する ので 保管場所 は 床下 が 適当

nnfb39DSCN1814.jpgnnfb40DSCN1815.jpgnnfb41DSCN1816.jpg


忘れていた いろんな ものが 出てくる  3 年 経った 自作味噌 の 味は もちろん 絶品 !

nnfb42DSCN1817.jpgnnfb43DSCN1818.jpgnnfb44IMG_1499.jpg












たかね 食事は

たかね での 食事

豪華に 見える が たまに 人を 呼んだ時 だけ

普段 は 普通 の 食事



nnfa01IMG_1459.jpg
nnfa02IMG_1432.jpg
nnfa03IMG_1446.jpg
nnfa04IMG_1515.jpg
nnfa05IMG_1517.jpg
nnfa06IMG_1516.jpgnnfa07IMG_1518.jpg
nnfa08IMG_1519.jpg
nnfa09IMG_1520.jpg
nnfa10IMG_1521.jpg
nnfa11IMG_1522.jpg
nnfa12IMG_1445.jpg
nnfa13IMG_0998.jpgnnfa14IMG_0999.jpg











たかね 鳥を

梅の木に 刺した リンゴ の 餌を 食べている のは キビタキ の 仲間 か ?

こちらは 居間 で 座って 見学 している

見られて いるので 心配 だが 餌 の 誘惑 には 負ける

こちらを 見ながら 周りを 見ながら

あわてて 食べてる 様子 は おもしろい

飽きずに 日長 撮る



nnda01DSCN1778.jpgnnda02DSCN1775.jpg
nnda03DSCN1779.jpgnnda04DSCN1780.jpg
nnda05DSCN1781.jpgnnda06DSCN1782.jpg
nnda07DSCN1785.jpgnnda08DSCN1787.jpg
nnda09DSCN1788.jpgnnda10DSCN1789.jpg
nnda11DSCN1793.jpgnnda12DSCN1792.jpg
nnda13DSCN1790.jpgnnda14DSCN1795.jpg
nnda15DSCN1794.jpgnnda16DSCN1796.jpg
nnda17DSCN1797.jpgnnda18DSCN1798.jpg
nnda19DSCN1799.jpgnnda20DSCN1801.jpg
nnda21DSCN1802.jpgnnda22DSCN1803.jpg
nnda23DSCN1804.jpgnnda24DSCN1805.jpg
nnda25DSCN1806.jpgnnda26DSCN1819.jpg
nnda27DSCN1821.jpgnnda28DSCN1824.jpg
nnda29DSCN1825.jpgnnda30DSCN1827.jpg












たかね 梅に

どんなに 寒くても 紅梅 が 咲けば 春の 訪れ を 感じる

" 梅 に ウグイス " と いうが 餌 を 置くと 弱肉 強食

図体 (ずうたい) の 大きい なんかの 鳥 が 場所 を 占領する



nnd01IMG_1464.jpg
nnd02IMG_1463.jpg
nnd03DSCN1755.jpg
nnd04DSCN1758.jpg
nnd05DSCN1756.jpg
nnd06DSCN1757.jpg
nnd07DSCN1776.jpg
nnd08DSCN1771.jpg
nnd09DSCN1820.jpg
nnd10DSCN1828.jpg











たかね この山も

心優しい 私 は あまり 目立たない 山々も 紹介する のだ


五丈岩 を いただく 金峰山 ( きんぷ ざん )
nncg01IMG_1528.jpg
nncg02IMG_1543.jpg

ゴツゴツ岩 の 瑞牆山( みずがき やま ) かな ?
nncg03IMG_1529.jpg

不遇な 山 茅ガ岳 ( かやがだけ )
nncg04IMG_1527.jpg
nncg05IMG_1557.jpgnncg06IMG_1558.jpg

甘利山 ( あまり さん ) と 櫛形山 ( くしがた やま ) の 裾野 部分
nncg07IMG_1555.jpg











たかね 富士は

富士 は 甲斐駒 と 並んで いつも 別宅 から 見えている

たまには

別宅 から で ない ( 途中の道から 等 ) 富士 を お送りする



nnce01IMG_1548.jpg
nnce02IMG_1549.jpg
nnce03IMG_1550.jpg
nnce04IMG_1551.jpg
nnce05IMG_1552.jpg
nnce06IMG_1553.jpg
nnce07IMG_1554.jpg
nnce08IMG_1556.jpg
nnce09IMG_1560.jpg











たかね 八ヶ岳は

周囲の 山で 八ヶ岳 は 最も 近い 位置 に あるが

別宅 は 八ヶ岳 に 背を向けて 建っている ので 少し 家を 離れないと 望めない

今日 は 買い物 ついで   この 名峰 を たっぷり

編笠山  権現岳  阿弥陀岳  赤岳 ・

あ ! 赤岳小屋 も 見える !



nncd01IMG_1530.jpg
nncd02IMG_1532.jpg
nncd03IMG_1531.jpg
nncd04IMG_1533.jpg
nncd05IMG_1534.jpg
nncd06IMG_1535.jpg
nncd07IMG_1536.jpg
nncd08IMG_1537.jpg
nncd09IMG_1538.jpg
nncd10IMG_1539.jpg
nncd11IMG_1540.jpg
nncd12IMG_1541.jpg
nncd13IMG_1546.jpg
nncd14IMG_1544.jpg
nncd15IMG_1542.jpg
nncd16IMG_1545.jpg











たかね 甲斐駒は

たかね の 別宅の そばで いつも 当たり前 の ように そびえている 甲斐駒

この 時期 カメラ を 通して 見る と あらためて 素晴らしい !



nnc01DSCN1760.jpg
nnc02DSCN1763.jpg

これは 甲斐駒 の 引き立て役  左に 連なる 鳳凰三山
nnc03DSCN1761.jpg
nnc04DSCN1762.jpg
nnc05DSCN1764.jpg
nnc06DSCN1765.jpg
nnc07DSCN1767.jpg
nnc08DSCN1768.jpg
nnc09DSCN1766.jpg
nnc10IMG_1471.jpg
nnc11IMG_1472.jpg
nnc12IMG_1430.jpg
nnc13IMG_1431.jpg
nnc14IMG_1453.jpg
nnc15IMG_1454.jpg
nnc16IMG_1455.jpg
nnc17IMG_1457.jpg
nnc18IMG_1456.jpg
nnc19IMG_1458.jpg
nnc20IMG_1547.jpg











前のページ 次のページ

FC2Ad