G3は今日も元気

典型的な団塊オジさんの自己満足的日記・・早期退職して悠々自適なのだ・・内容は・音楽雑論、マンドリン、二胡、百名山行、花と菜園、旅あるき、原子力と放射線、別荘暮らし、熊本で介護、猫の石松など・<府中市在住> リンクフリー

やっとエピローグ

運よく 萬福寺 も 訪れる ことが 出来た 

充実 した 今回の 旅行 は すべて 大満足 !

もう あとは 一刻 も 早く 帰って 休みたい
 

今日は 朝から すでに 500 km 以上 走っている

この 時間から 東京に 帰ると 徹夜運転 となり これは 危険 !

山梨の たかね まで だったら 休み休み なんとか 行けそう

直近の 長坂 I C で 0 時過ぎに 出たら 高速料金が 30% 深夜割引 に なる のも 狙い



akw01IMG_6443.jpg
akw02IMG_6442.jpg
akw03IMG_6444.jpg
akw04IMG_6445.jpg
akw05IMG_6446.jpgakw06IMG_6447.jpg
akw07IMG_6453.jpg
akw08IMG_6454.jpgakw09IMG_6455.jpg
akw10IMG_6457.jpgakw11IMG_6458.jpg
akw12IMG_6459.jpg



予定通り 12 時 05 分 に 中央高速 長坂 I C を 降りて 深夜割引 を ゲット

たかね に 5 日間 居て ゆっくり 旅の 疲れを 癒そう   


と 思った が

相変わらず ベッド組立て や 農作業 など あわただしい 別宅生活


出発から 22 日 後 やっと 府中 に 帰還

3,000 km の 「 2017 年 熊本大旅行 」 も やっと やっと 終了 ! 



akw13IMG_6522.jpg
akw14IMG_6523.jpg
akw15IMG_6524.jpg
akw16IMG_6528.jpgakw17IMG_6529.jpg



今回の 旅は  

熊本帰省  地震復興 確認  博多での MCK演奏会 出演  途中の観光 ( 宗像神社 萩市 石見銀山 など )


往復時 の たかね滞在 も 含めて 約 100 件の ブログ記事 を 書く ことが 出来た

旅行から 9 ヶ月 かかって 飛び飛びに 紹介して やっと 掲載 を 終了する が 

この間 " 蔡さん 山陰旅行案内 " など また 新たな 数十件の ブログ記事 が 溜まっている

これを 掲載 終了 すると その頃 また 今年 予定 している 「 2018 年 熊本旅行 」 へ 出発する


昔 は 毎日更新 の 記事ネタ を 探すのに 苦労 して いたが 

最近 は どれを 掲載するか 選ぶ のに 苦労する ほど

おそらく これから ずっと 毎日更新 は 続く


もし 更新 が 途絶えて いたら ・

私 が 亡くなった

と 思って 下さーい  












萬福寺で

ナビ の おかげ で すんなり と 萬福寺 の 門の 前に 到着する ことが 出来た

しかし 時間 を 見たら 16 時 50 分  そして 閉門 時間 は 17 時 とある

駐車場 に 置く ヒマ は ないので ハザードで 門の 前に 停車 して あわてて 門 だけでも と 写真 を 撮る 


門 を 閉めに 来た お坊さん に ダメ元 で お願い

「 東京から やってきたのですが 今から 10分ほど で ご本堂 を 拝観 したい のですが ・ 」

すると 快く 「 どうぞ どうぞ 門は 開けて おきます から 」


と いうことで ・

雨の中 境内 を 走り回り ながら 

撮り まくる


 萩 東光寺
  萩 毛利家の墓


akv01IMG_6378.jpg
akv02IMG_6423.jpg
akv03IMG_6422.jpgakv04IMG_6421.jpg
akv05IMG_6424.jpg
akv06IMG_6386.jpgakv07IMG_6380.jpg
akv08IMG_6379.jpg
akv09IMG_6420.jpgakv10IMG_6419.jpg
akv11IMG_6387.jpg
akv12IMG_6416.jpgakv13IMG_6382.jpg
akv14IMG_6414.jpg
akv15IMG_6413.jpg
akv16IMG_6390.jpgakv17IMG_6392.jpg
akv18IMG_6393.jpgakv19IMG_6395.jpg
akv20IMG_6426.jpg
akv21IMG_6406.jpg
akv22IMG_6398.jpgakv23IMG_6399.jpg
akv24IMG_6400.jpg
akv25IMG_6433.jpgakv26IMG_6402.jpgakv27IMG_6403.jpg
akv28IMG_6428.jpg
akv29IMG_6429.jpg
akv30IMG_6432.jpg
akv31IMG_6431.jpg
akv32IMG_6435.jpg
akv33IMG_6434.jpg
akv34IMG_6401.jpgakv35IMG_6436.jpg
akv36IMG_6437.jpgakv37IMG_6411.jpg
akv38IMG_6415.jpg










中国道を走るが・

akub00中国地方地図aaIMG_0001akub00中国地方地図bbIMG



三次 (みよし) I C から 中国 自動車道 に 乗って

さあ あとは 家まで 帰るだけだ


しかし これが しんどい !

速度 を 100km/h に 保って 延々と 走り続ける が ほとんど 景色が 変わらない

確かに 地図 を 見る と 中国 自動車道 は 長いねー !



akub01IMG_6350.jpg
akub02IMG_6348.jpg
akub03IMG_6351.jpg
akub04IMG_6352.jpgakub05IMG_6353.jpg
akub06IMG_6355.jpgakub07IMG_6354.jpg



いくつか S A を すっ飛ばした が 

さすが 朝から ずっと 運転 しっぱなし で 疲れたー


大佐 (おおさ) S A にて 休憩 ガソリン補給  

そして 食べたかった 関西風 肉うどん



akub08IMG_6356.jpg
akub09IMG_6357.jpgakub10IMG_2265.jpg
akub12IMG_2264.jpgakub13IMG_2266.jpg
akub14IMG_6359.jpgakub15IMG_6358.jpgakub16IMG_6360.jpg



この調子で いくと 神戸 あたり で 風呂 に 入って 

あと 友人の I 江クン の家に 泊る 行程 が いいかな ・

と 思って S A で 電話 した が 

残念ながら I 江クン の 都合が つかず 

この 先の 予定 は 未定のまま 



akub17IMG_6361.jpg
akub18IMG_6362.jpgakub19IMG_6363.jpg
akub20IMG_6364.jpgakub21IMG_6367.jpg
akub22IMG_6368.jpg



吹田 あたり まで 来て 突然 ひらめいた !

そうだ 萬福寺 へ 寄って いこう !


ずっと 昔 宇治 の 平等院 に 行った時 フジモト君から 

「 そこまで 行くなら その 近くの 萬福寺 が いい所 だよ 」 と 薦められた


一昨日 萩 の 東光寺 でも 「 ここは 萬福寺 の系列 ? です 」 と いうことで 

帰り 絶対 行こう ! と 思っていた



akub23IMG_6369.jpg
akub24IMG_01.jpg
akub25IMG_6372.jpgakub26IMG_6373.jpg
akub27IMG_6374.jpgakub28IMG_6377.jpg









三江線に沿って

2017 年 9 月 7 日  

潮 温泉 に 泊った 翌日  

さて これから どの ルートで 東京まで 帰るか ・

近く を 通る 松江自動車道 に 乗る のが 時間的 に 早そう だが 

せっかく 来た 中国地方 の 内陸 

山間 の 田舎道 を のんびり 行くか ・



akua01aIMG.jpg



しかし 強い雨 も 降っているし 細い 峠道 より しっかりした 国道を 行きたい

しばらく 三江線 沿い に 戻り 三瓶山 方面 を 廻る 

少ない数の 国道 ( R54号線 ) の方が 多分 立派な 道 だろう ・



akua02IMG_6325.jpg
akua03IMG_6324.jpgakua04IMG_6327.jpg
akua05IMG_6326.jpg



寂しい 国道 を 延々と 行く  

人家が あると ホッと する 

道の駅 が あれば もちろん 立ち寄る

赤来高原 ( あかぎこうげん ) は ボタン園 と リンゴ狩り が お薦め みたい

雨 は いよいよ 激しく なる



akua06IMG_6328.jpgakua07IMG_6331.jpg
akua08IMG_6329.jpgakua09IMG_6330.jpg
akua10IMG_6332.jpg
akua11IMG_6333.jpg
akua12IMG_6335.jpgakua13IMG_6334.jpg



道の駅 ゆめランド 布野 で 休憩

地元出身 の 歌人 中村憲吉 の 短歌 より

くもりつつ  やまは しずみぬ くさの なかに  ひとかみに えがく  ただ ペンのおと

" 紙に描く ペンの音 " でなく " 車の エンジンの音 " だったら  

今の 私に ピッタシ !
 


akua14IMG_6337.jpg
akua15IMG_6338.jpgakua16IMG_6339.jpg
akua17IMG_6336.jpg
akua18IMG_6340.jpg



やがて 江の川 が 合流する所 大きな 市街地  

三次市 ( みよし し )  みつぎ し と 読んでは いけない !

中国自動車道 三次 I C も 近い

これに 乗れば もう 東京まで 一直線

旅の 終わり も 近い



akua19aaMiyoshi.jpgakua20IMG_6342.jpg
akua21IMG_6343.jpgakua22IMG_6345.jpg
akua23IMG_6346.jpg










潮温泉 ラッキー !

石見銀山に じっくり 居過ぎた ので 近くで 泊る所 を 探さなくては ならなく なった

いざとなったら 道の駅 で 車中泊 も 覚悟 している が 出来れば 名もない 温泉を 訪れたい

三瓶山 周り は 温泉も ポツポツ あるが 飛び込みで 泊れる 宿 が なかなか 無い


スマホ で 探し回って やっと 見つけた 潮 温泉 ( うしお おんせん )

内陸の 辺鄙な 山の中  歴史が ありそうな 小さな 温泉 

思っていた 通りの 宿に 泊れて ラッキー !


予約が 遅かったので 夕食は 無し 車で 40分 かけて 町の コンビニ まで 買い出し

でも ゆっくり お風呂に 入れたし 窓から 青い月 も 望めた し

旅の宿 の 風情 を 満喫  ♪ ゆかた の きみ は すすき の かんざし ~ ・  

一人 だけど ・



akt01IMG_6308.jpg
akt02IMG_6306.jpgakt03IMG_6305.jpg
akt04IMG_6304.jpgakt05IMG_6303.jpg
akt06IMG_2263.jpgakt07IMG_6302.jpg



昨晩 風呂に 入ってたら すぐ そばを ディーゼル電車 が 通っていた

近く に ローカル線 の 駅 が ある というので もちろん ! 見学に 行く


三江線 (さんこうせん) 潮 駅 (うしおえき) は 川沿い に ひっそり と ある

列車が 来ないかな と 待っていたが 時刻表 見ると 次は なんと 10 時間 後 ! 


つい 最近 「 三江線 は 来年 3月 を もって 廃線 となる 」 との 発表が あったらしい

三次 (みよし) から 江津 (ごうつ) まで 100km 以上 の 風光明媚な 山間を 走る 三江線  

観光列車 を 走らせれば 世界中で 受ける と 思うのに ・ 本当に もったいない !  


でも 廃線前に 訪れることが 出来た 私 は ラッキー !



akt08IMG_6309.jpgakt09IMG_6307.jpg
akt10IMG_6311.jpgakt11IMG_6310.jpg
akt12IMG_6321.jpgakt13IMG_6318.jpg
akt15IMG_6315.jpg
akt16IMG_6312.jpg
akt17IMG_6313.jpg
akt18IMG_6317.jpg
akt19IMG_6316.jpg
akt20IMG_6320.jpg
akt21IMG_6322.jpgakt22IMG_6319.jpg
akt23IMG_6323.jpg










石見銀山 街中は

石見銀山 を もう 3 時間 近く 歩いて 足が 棒に なったが 

ここは 街並み地区


ん ! この 建物 群 は ? 

いつの 時代に  タイム スリップ したの だろう ?


 行きかう 大勢の 人は いかにも 間歩で 働いている 鉱夫 風

 向こうから 銀山 を 管理している 代官 も 家来を 連れて 歩いて くる

 連なる 旅籠 (はたご) の 中では 鉱夫たち の 飲めや 歌え の 大饗宴

 相手をする 女 の 奇声 も 混じって 街じゅう 大賑わい 
 



目を 開けると すべての 喧噪 が スパッ と 消える !

いつまで 歩いても 誰ひとり 会わない !


夢 の 空 間  



aksj01IMG_6191.jpg
aksj02jIMG_6292.jpg
aksj04IMG_2255.jpg
aksj05IMG_2256.jpg
aksj07aIMG_6288.jpg
aksj06IMG_6290.jpg
aksj08IMG_6300.jpg
aksj09IMG_6291.jpg
aksj10IMG_6299.jpg
aksj11IMG_6289.jpg
aksj12IMG_6294.jpg
aksj13IMG_2258.jpg
aksj14IMG_6293.jpgaksj15IMG_6295.jpg
aksj16aIMG_6296.jpg
aksj17aIMG_2261.jpgaksj18aIMG_2262.jpg
aksj21石見屋敷01IMG_0019
aksj22IMG_6192.jpgaksj23IMG_6297.jpg
aksj24IMG_6298.jpgaksj25IMG_6301.jpg










石見銀山 百羅漢

龍源寺 間歩 から ブラブラ 歩いて 約 1 時間

民家も 増えてきて 小高い丘の ふもとに ある 羅漢寺


罪深い 旅人は こういう所 に 来ると お参り したくなる

洞窟に 居る 罪深い 仲間 と 一緒 に ひたすら 懺悔 !



aksh01IMG_6283.jpg
aksh02IMG_6273.jpg
aksh03石見羅漢寺01IMG_0016
aksh04石見羅漢寺02IMG_0017
aksh05IMG_6277.jpg
aksh06IMG_6274.jpgaksh07IMG_6276.jpg
aksh08IMG_6272.jpg
aksh09IMG_6278.jpg
aksh10IMG_6282.jpgaksh11IMG_6284.jpg
aksh12IMG_6281.jpg
aksh13IMG_6279.jpg
aksh14IMG_6280.jpg
aksh15IMG_6285.jpg
aksh16IMG_6286.jpg
aksh17IMG_6287.jpg











石見銀山 間歩近辺

龍源寺 間歩 を 出たところ 佐毘売山 神社 ( さひめやま じんじゃ ) 

調べたら 銀山 よりも ずっと 古く 室町時代 足利義教 の 命により この地に 鎮座 された という


杉林の 急な 階段越しに 見える 本堂 は さすが 威厳 がある 

正確な 印象 は なんだか おどろおどろしい !


ふだん 野放図な 生活を 送っている 私は 神様から 見れば 罪人 

参拝に 行ったら 「 懺悔しろ ! 」 と たぶん 怒られる


今日の ところ は 階段下 から 一 礼 のみ

なお 佐毘売 山 ( さひめやま ) とは 三瓶山 ( さんべさん ) の 古名



akse01IMG_6254.jpg
akse02IMG_6255.jpg



さらに すぐ近く 川の ほとりに オッシャレー な 丸太小屋 の 別荘 ? が

おとぎ話に 出てきそうな お婆さん が 川 で 洗濯 して いました


付き添い の ニャンコたち が 寄って きたので   当然 ・

( なぜか 私は 猫に 好かれる )

撮影 ご協力 ありがとう !



akse03IMG_6258.jpgakse04IMG_6259.jpg
akse05IMG_6256.jpgakse06IMG_6257.jpgakse07IMG_6260.jpg



石見銀山 古道 を ブラブラ 歩いている


石州瓦 (せきしゅうがわら) が 立派な お寺さん

景観 保存地区 に 居ても なぜか 風景に 溶け込む 黒ネコ 宅急便

民芸館 ? お土産店 ? 民宿 ? それとも ただの 空き家 ?



akse11IMG_6262.jpgakse12IMG_6261.jpg
akse08IMG_6270.jpg
akse09IMG_6271.jpgakse10IMG_6263.jpg



精錬所跡 がある ということで 急な 脇道を 上る 

そろそろ 疲れて きた


清水谷 精錬所 は 明治 28 年 完成 

金 銀 銅 の 精錬 で 我が国の 富国強兵 政策 に 大いに 貢献 した


昔は 隆盛を 極めた 工場 など 風化した 建物 跡 を 見るのは 虚しい ・  

 夢の跡 奈良ドリームランド 2010 年 3 月


特に 鉱山や 精錬所 など 

今でも 鉱毒 で 空気 も 足元の 土も 廻りの 植物 も 汚染 されて いるよう

こんなところは 早く 立ち去りたい ・
  


akse13IMG_6264.jpgakse14IMG_6265.jpg
akse15IMG_6266.jpg
akse16IMG_6268.jpg
akse17IMG_6267.jpg
akse18IMG_6269.jpg











石見銀山 間歩は

坑道 の ことを 間歩 (まぶ) という

江戸の 昔から 太平洋戦争 の 最中まで 必死 に  を 求めて 掘り続けた

先人 の 努力 の 跡


今 も 昔 も 資源 と エネルギー は 

国に とって 我々に とって 

大事な 関心事
 


aksc01いろいろ01IMG_0018
aksc02IMG_6221.jpg
aksc03IMG_6222.jpg
aksc04IMG_6223.jpg
aksc05IMG_6226.jpg
aksc06IMG_6228.jpg
aksc07IMG_6230.jpg
aksc08IMG_6225.jpgaksc09IMG_6227.jpg
aksc10IMG_6231.jpgaksc11IMG_6232.jpg
aksc12IMG_6233.jpg
aksc13IMG_6229.jpgaksc14IMG_6235.jpg
aksc15IMG_6234.jpgaksc16IMG_6237.jpg
aksc17IMG_6236.jpg
aksc18IMG_6238.jpgaksc19IMG_6239.jpg
aksc20IMG_6240.jpg
aksc21IMG_6241.jpgaksc22IMG_6242.jpg
aksc23IMG_6246.jpg
aksc24IMG_6244.jpgaksc25IMG_6245.jpg
aksc26IMG_6248.jpgaksc27IMG_6249.jpgaksc28IMG_6250.jpg
aksc29IMG_6247.jpgaksc30IMG_6252.jpg


2018 年 4 月 9 日 島根県西部地震 被害状況  石見銀山通信







石見銀山へ

昨年 (2016 年) は 熊本地震 が あった ので 

5 月 と 8 月 2 回に 亘って 山陰を 経由して 熊本 を 往復 した

山陽 山陰 そして 真ん中 あたり 中国地方の 名所を 数々 訪れたが

石見銀山 ( いわみぎんざん ) は 残っていた

の 観光を 終えた 今  残る 石見銀山 へ いざ !


先ずは 情報を 得る ため 「 石見銀山 世界遺産センター 」 へ

写真や 資料 で ここの 概要 を 知る

街並み地区 銀山地区 など かなり 広いエリアが 保存地区 に なっている

車 が 乗り入れ禁止 で 歩き回る と 2、 3 時間 掛かる みたい しかも 坂道


こういう 軟弱な 観光客が 来るのに 苦労する ような 観光地  私は 大好き ! 

自転車で 回る という 方法 も あるが 雨が 降ったり やんだり してるなー

循環バス も あるよう だが ここは " 歩いてやろう ではないか ! " 



aksa01IMG_6182.jpg
aksa02IMG_6184.jpgaksa03IMG_6183.jpg
aksa04IMG_6185.jpg
aksa05石見銀山巡り02IMG_0015aksa06石見銀山めぐり01IMG_0014



石見銀山 の 見どころ は " 坑道跡の 龍源寺 間歩 ( りゅうげんじ まぶ ) " および "鉱山時代の 街並み "

先ずは 一番 遠く そして 一番 高い所にある 坑道跡 まで 行く

そのあと ゆっくり 下りながら 街並み を 見学する コースに しよう !



aksa07IMG_6187.jpg
aksa08IMG_6186.jpgaksa09IMG_6188.jpg
aksa10IMG_6189.jpgaksa11IMG_6190.jpg



お気に入り の 誰も 居ない 静かな 観光地

雨が 降ってるのか 降ってない のか 分からない ような ・


傘を 差す ほどでは ないが 汗 と 低い雲 の 露 ? で しっとり 眼鏡 が 曇る ワイパー が 欲しい

山間 の 冷 (ひんや) り した 空気 が 身体の間を 通り抜け 蒸し暑さ は ない


道端の 景色は 歴史遺産 に ピッタシ  

この先の 期待が 高まる ・



aksa12IMG_6193.jpgaksa13IMG_6196.jpg
aksa14IMG_6194.jpg
aksa15IMG_6195.jpgaksa16IMG_6201.jpg
aksa17IMG_6200.jpg
aksa18IMG_6202.jpgaksa19IMG_6203.jpg
aksa20IMG_6204.jpg










山陰路 は

akr01中国地方MAP0IMG


2017 年 9 月 6 日

ホルンフェルス を 見学 して 愛車 CRV は 山陰路 を 一路 東 へ

風光明媚な 日本海の 眺め も 利休鼠の 雨 で あまり 冴えない

今日の メインの 目的 は 石見銀山 あたり かな ・


akr02IMG_6120.jpg
akr03IMG_6122.jpg
akr04IMG_6123.jpg
akr05IMG_6169.jpg


道の駅 は 必ず 寄るように している   

地元の 特異な 文化や 農産品の 見学も 楽しい !

ここ ゆとりパーク たまがわ は  温泉 も ある 広大な 道の駅

温泉 には まだ早い (AM) し 建物 は ほとんど 改装工事中

残念ながら トイレ休憩 のみ


akr06IMG_6170.jpgakr07IMG_6171.jpg
akr08IMG_6172.jpg
akr09IMG_6173.jpg


川を 渡る所 益田市の 街並み が 望める

この付近 バイパス の 高速道路 が つぎはぎ に 現れる

もちろん 我が 古い ナビには 載ってなく 車 が 空 を 飛ぶ


akr10IMG_6175.jpg
akr11IMG_6174.jpgakr12IMG_6177.jpg
akr13IMG_6176.jpg



道の駅 夕日パーク 浜田 で 昼食 休憩

ここで 突然 ! キャピキャピの 女の子 二人 

「 出雲 まで 乗せてって くださ ~ い ! 」

「 もちろん ! 喜んで ! 」 と 言いたい ところ だが 

残念ながら 私の車の 後ろは 座席を 取り外し ベッド と 自転車が


こんな カワユイ子 に 声を 掛けられる なんて 一生に 何度 ある か ・  

せめて 写真 だけでも 撮らせてね ~


akr14IMG_6179.jpg
akr15IMG_6178.jpg


失意の 旅 は 再び 山陰路

昨年 訪れた 温泉津 (ゆのつ) 温泉 に 寄ろうか とも 思ったが

(  ゆのつ温泉は  いい湯だね  )

今日は なんとなく ツイてない 感 じ が して  

まー 先を 急ごう !


akr16IMG_6180.jpg
akr17IMG_6181.jpg











ホルンフェルス にて


先ほど 眺めた ホルンフェルス の 断崖の上に 来ている

もし 私を 見ている 人が いた なら

「 あのバカ ! なんて 危険な所に 居るんだ ! 」

警察 だったら

「 そこの人ー 早まるなー 戻って 来~い 」



akqa14aIMG_6133.jpg



実際 来てみると 何とか 立っていられる し

切れ落ちた 足元の 底の方が 見えない ので そう 怖くは ない


岩の テラス から 眺める 日本海 は 絶景 !

♪ 利休鼠 の 雨 が 降る ~ ・ ・

余裕 の 歌 も



akqb07IMG_6142.jpgakqb08IMG_6152.jpg
akqb09IMG_6143.jpg
akqb06IMG_6149.jpg
akqb01IMG_6150.jpg



しかし ちょっと 動くと どこから 落ちて来たのか 岩の塊 が

今 地震でも 来たら それこそ 一貫の終わり だな

( 実際 半年後 (2018年 4月9日) 震度 5強 の 島根県西部 地震 が 発生 )

" あ~ なんで こんな 危険な所へ 来てしまった のだー " 



akqb04IMG_6145.jpgakqb03IMG_6147.jpg
akqb02IMG_6144.jpgakqb05IMG_6146.jpg
akqb10IMG_6155.jpg



人が通った 痕跡 を 辿って 注意深 く 一歩一歩 歩いて

なんとか 崖下の 波打ち際 まで 到達

ここから ホルンフェルス の地層 を 身近に 見る ことが できる



akqb11IMG_6156.jpgakqb12IMG_6157.jpg
akqb13IMG_6153.jpg
akqb14IMG_6159.jpg
akqb15IMG_6154.jpg



ホルンフェルス とは 堆積岩が マグマの影響を 受けて 固い 変成岩に 変化したもの

須佐ホルンフェルス は 砂岩と 泥岩から 変わった 縞模様 が 特に 美しく 見ごたえがある

優雅 で 迫力ある 15m の 断崖 は 自然の偉大さ を 感 じさせる   との 記述



akqb16IMG_6158.jpg
akqb17IMG_6161.jpg
akqb18IMG_6160.jpg



旅先で 偶然 見つけた 私好み の マイナー 観光名所

ホント 来て よかった !

先週 泊った 地層好き の N中クン に 見せて やりたかった ね



akqb19IMG_6166.jpgakqb20IMG_6134.jpg
akqb21IMG_6164.jpg
akqb22IMG_6162.jpgakqb23IMG_6163.jpg
akqb24IMG_6165.jpg











ホルンフェルス とは

何回 中断したか 忘れた " 2017 年 8 月 熊本大旅行 "

現在 帰り道で 萩 の 観光を 終えた ところ だが 

今回こそ 最後まで 記事を お送り 出来るよう 頑張りたい ・


2017 年 9 月 6 日

場所は 日本海 側  山口県 と 島根県 の 境目 あたり

東京あたりから 見れば 最 も さいはて に 感じる 場所

" ホルンフェルス "  なんじゃ これは ?

大断崖 と あるから 行ってみる 価値は ありそうだ



akqa01IMG_6127.jpg
akqa02IMG_6126.jpg
akqa03IMG_6125.jpg



道案内 に 従って 着いた ところ 須佐湾 を 望める 高台に 小さな 駐車場

お店 も 締まって いるし 車は もちろん 人も 見かけない

淋しいなー 帰ろかなー



akqa04IMG_6124.jpgakqa05IMG_6128.jpg
akqa08IMG_6168.jpg
akqa06IMG_6167.jpgakqa07IMG_6138.jpg



空 が 暗く なって 雨 が ポツポツ 降り出した

ここから 1 km くらい 歩いたところに ホルンフェルス が あるらしい

せっかく ここまで 来たのだから とにかく ホルンフェルス が 見える ところ まで 歩いてみよう !



akqa09IMG_6129.jpg
akqa10IMG_6130.jpgakqa11IMG_6131.jpg



途中まで 歩いて きて すぐ 近くに 特徴のある 縞々の 崖 を 発見 !

大断崖 と 呼ぶ には 小さい が ・

望遠 で 見ると 面白そう

足場が 悪い との 注意 が あるが 行ける ところまで 行って みよう !



akqa12IMG_6132.jpg
akqa13IMG_6135.jpg



整備された 道 は 大断崖 の 手前 まで

この 先は 足場 を 確認 しながら ・


雨に 濡れた 岩場 は 滑りやすい

比較的 平ら だが 傾いた 地層

すぐ 先は スパっと 切れて 下が 見えない


この場所 

〇〇殺人事件 の TV ドラマ で 最後に 犯人が 白状 するのに ピッタシ でないかい ?

ね ! 船越 君 ?  



akqa14IMG_6133.jpg
akqa15IMG_6136.jpg



このまま 軽率に 動き 回ったら

これは ホント 危ない !

落ちたら 一貫の 終わり !

ここは 落ち着いて 慎重に 行動 しよう !


これまで 来た道を 振り返って みる

あんなに やって来た のか 誰も 居ない ね

滑って 海に 落ちて 死んでも 発見は 一月後 か



akqa16IMG_6137.jpg
akqa17IMG_6139.jpg
akqa18IMG_6140.jpg
akqa19IMG_6141.jpgakqa20IMG_6148.jpg
akqa21aIMG_6151.jpg










みなさ~ん JT です

ジャパネットたかだ に とって 私は いいお客さん だ と 思う

今回 買ったのは 3 点で 19,800 円 の サービス品 

買いたかった のは 一つだけ だった が まとめると 安い ので  この際

まんまと 相手の 商魂 に ひっかかる



ppp01IMG_0604.jpgppp02IMG_0605.jpg



ミズノ の ウォーキングシューズ は あっても いいかな という 程度

以前 サイズが 合わなくて 失敗した ので 1 ランク 大きいもの に したが 

それでも 私 の 足幅が 広い のか 3E でも やや 窮屈  

ま 履いてる うちに 何とか なるだろう



ppp03IMG_0607.jpgppp04IMG_0611.jpg
ppp05IMG_0610.jpgppp06IMG_0619.jpg



これが 一番 欲しかった 血圧測定計

最近  市の 健康相談システム に 参加して いるので 

定期的に ( ホントは毎日 ) 体重 腹囲 血圧 などを 報告 しなくては いけない

本格的 医療機器 なので 注意深く 取説を 読む

でも そう 難しくなく 測定が 出来た 

記録も 残る ので これから 役に立ちそう



ppp07IMG_0606.jpgppp08IMG_0612.jpg
ppp09IMG_0618.jpgppp10IMG_0613.jpgppp11IMG_0614.jpg
ppp12IMG_0615.jpgppp13IMG_0616.jpgppp14IMG_0617.jpg

 

ハンガーに 掛けたまま シワ取りが 出来る と いうので これは 使う 機会 が あるな  

ハンデイスチーマー

丁寧な マニュアルを じっくり 読んでも 実際 使ってみると なかなか難しい これは 熟練が 必要 !

ただ エイヤ ! と やったら ズボン や シャツ の シワが 何とか 改善 している

ハンガーに 掛けたまま きちんと シワ取り を やるには まだまだ

台所用ミトン みたい なので 後ろを 抑える と いいんでは ないかな ・

これから 工夫しだいで 使いで が ありそう
 


ppp15IMG_0608.jpgppp16IMG_0622.jpgppp17IMG_0624.jpg
ppp18IMG_0620.jpgppp19IMG_0627.jpgppp20IMG_0626.jpg
ppp21IMG_0629.jpgppp22IMG_0628.jpgppp23IMG_0630.jpg












ラーメンを

ブログ用 写真倉庫の 蔵ざらえ というか 棚卸し というか 
とにかく クリアランスセール !

人生 70年 近く 生きてきて これまで もっとも 多く 食べた料理 といえば
たぶん " ラーメン " ではないか


私は 九州育ち なので 好み は 幼いころから 馴染んだ とんこつ味
東京へ 出てきて いろいろな 味の ラーメンを 試して いるが 
結局 落ちついた のは 府中に ある 長浜ラーメン
 
 uu01zIMG_2627.jpg


たかね に行く 途中 甲府の 元祖とんこつ の 店で  
元祖 というより まだ 幼稚な スープ味 だね コク不足 !

 uu03zIMG_2652.jpg


駒込駅前 横浜もちもちラーメン  
もちもちの 太麺 は 私にとって とんこつ と やや 違和感
醤油味スープ だったら 合うかも しれない
 
 uu02zIMG_2734.jpg


海外でも 名の通った 横浜の名店 で  
横浜ラーメン の とんこつスープは 煮干しダシ? を 加えて 味 を まろやかに し かつ コク を 出している
関東の 人には 好評 だろうが 私に とっては パンチがない ! おとなし 過ぎる ! 
" もっと 勝負せい~や ! "
 
 uu04zIMG_2555.jpg


その点 九州のラーメン ( 熊本ラーメン 久留米ラーメン ) は 野性的 攻撃的  
背脂 ギトギト  ニンニク ギラギラ  ドブ板 とんこつ臭
細麺ストレート を バリ固で 食べると これぞ 真剣勝負 ! 
" 替え玉 一丁 ! イェ~ィ ! " 
 
 uu05a2016aa.jpg uu06akoa04IMG_5810.jpg


田端 の 裏通りで " 背脂 キチュキチュ ラーメン ! " と 堂々勝負 している 店を 発見 !
確かに 背脂 は 看板通り ただ スープの 塩味を 強くして 背脂 の しつこさ を 抑え込んで いる
関東では この付近が 挑戦の限界か ま よくやった ! と 褒めておこう
 
 uu07aIMG_2760.jpg


最近 コンビニで 見かけた 絶対おいしいカップ麺 を 試し に 
スープは 横浜ラーメン似 で 絶品 ! カップ麺で この味は すごい !
もちもち麺 は 私の好みでない のが 残念

 uu07zDSCN2563.jpg uu08zDSCN2564.jpg


それにしても カップヌードル チキンラーメン は 今でも しつこく 愛用 ( 愛食? ) している
私の料理法 「 水に 残り物野菜を入れて ボイル し 最後に チキンラーメン を 入れる 」 
タンメン風の 味で  これが 美味いんだな ・
学生時代 インスタントラーメンで 命をつないだ 我々にとって
日清食品の 味は 身体に 染みついている
人工調味料は 長生きしない と言われているが 
団塊世代は 早く亡くなった方が 日本のためになる と思う ので 
これで いいのだ !

 uu09zIMG_9435.jpg uu10IMG_0609.jpg










ではまた

楽しい 楽しい Dolce mandolino の 親睦旅行 は あっと いう間に 終わる

名物の 海鮮料理 を 食べて 伊豆高原 駅 で お別れ


行き は 私 一人 遅れて 来たが 帰り も また 私 一人 別

皆さん は スーパー踊り子号 で 

見送った 後 私は 普通電車 で


ほとんど 貸し切り  そして

踊り子号 や 金目鯛号 など 撮り栄えの 電車にも 会えた し

今回 10 件 も ブログ記事 が 書けて 

ウレシー



mmt01IMG_0350.jpg
mmt02IMG_0594.jpgmmt03IMG_0590.jpgmmt04IMG_0591.jpg
mmt05IMG_0593.jpgmmt06IMG_0592.jpgmmt07IMG_0595.jpg
mmt08IMG_0597.jpg
mmt009IMG_0598.jpgmmt10IMG_0599.jpgmmt11IMG_0600.jpg
mmt12IMG_0596.jpgmmt13IMG_0601.jpg
mmt14IMG_0427.jpgmmt15IMG_0428.jpg
mmt16IMG_0603.jpgmmt17IMG_0602.jpg










ホテルでは

Dolce mandolino の 一泊 親睦旅行は  豪華な 会員制ホテル で

温泉に 入って 美味しいものを 食べて 夜通し ダべリング して ・

大いに 親睦 を 深める

ふだん 言えない 演奏が上手くなる方法 や 曲目の希望 など 楽団運営の 改革 進言 も


私 と しては 伊東の 温泉に 入れる だけで 充分 満足 ! ( お風呂の絵は 公式ホームページより借用 )

ブログ記事 も 稼げる し ・   素敵な 女性とも お話 できるし ・

セクハラ や プライバシー侵害 に ならないよう 充分 気を 付けよう !



mms01aoHcaVr1A.jpg
mms02IMG_0477.jpgmms03IMG_0478.jpgmms04IMG_0479.jpg
mms08photo01_01.jpgmms09IMG_0480.jpg
mms10IMG_0482.jpgmms11IMG_0481.jpgmms12IMG_0484.jpgmms13IMG_0483.jpg
mms14aIMG_0485.jpgmms15IMG_0486.jpgmms16IMG_0488.jpgmms17IMG_0489.jpg
mms18IMG_0490.jpgmms19IMG_0491.jpgmms20IMG_0500.jpg
mms05spa01.jpgmms06spa02.jpgmms07spa05.jpg
mms21IMG_0496.jpgmms22IMG_0498.jpgmms23IMG_0495.jpgmms24IMG_0501.jpg










大室山は

昨日の 小室山 にも 増して 大室山 からの 眺めは 素晴らしい !

天気が 良すぎて 遠くの 富士山 は 白く なって しまった が 近くの 火口跡 は はっきり 

一周 巡る と 昔 登った 天城山 が ・ 

目の下 には 伊豆高原 別荘地帯 が ・

川奈ホテル ゴルフコース では 今日 フジサンケイ レディズクラシック (LPGA) を やっている そう

気温は 初夏みたいに 暑い が 爽やかな風  もちろん ・ !

強烈 な 紫外線 も



mmq01IMG_0572.jpg
mmq02IMG_0554.jpg
mmq03IMG_0549.jpgmmq04IMG_0573.jpg
mmq05IMG_0548.jpg
mmq06IMG_0551.jpg
mmq07IMG_0557a.jpg
mmq08IMG_0556a.jpg
mmq09IMG_0553.jpgmmq10IMG_0552.jpg
mmq11IMG_0546.jpgmmq12IMG_0561.jpgmmq13IMG_0550.jpg
mmq14IMG_0563.jpgmmq15IMG_0560.jpg
mmq16IMG_0562.jpgmmq17IMG_0558.jpgmmq18IMG_0555.jpgmmq19IMG_0559.jpg
mmq20IMG_0565.jpg
mmq21IMG_0566.jpg
mmq22IMG_0564.jpg
mmq23IMG_0567.jpgmmq24IMG_0547.jpg
mmq25IMG_0568.jpg
mmq26aIMG_0571.jpgmmq27aaIMG_0576.jpg
mmq28IMG_0570.jpgmmq29IMG_0575.jpgmmq30IMG_0574.jpg










大室山へ

近くで 見る 大室山 は 堂々として 美しい !

山登り 大好き の 私と しては 歩いて 登りたい ところ だが 自然保護 のため 登山道は ない という

自然保護 というより リフト設備の儲け のため という 感じ が するが これは 仕方がない !

私も リフトに 乗って ・  撮る のも リフトに 乗って ・



mmp01IMG_0532.jpgmmp02IMG_0534.jpg
mmp03IMG_0583.jpgmmp04IMG_0533.jpg
mmp05IMG_0586.jpgmmp06IMG_0536.jpg
mmp07IMG_0537.jpgmmp08IMG_0540.jpg
mmp09IMG_0539.jpgmmp10IMG_0538.jpg
mmp13IMG_0543.jpgmmp14IMG_0545.jpg
mmp11IMG_0542.jpgmmp12IMG_0541.jpg
mmp15IMG_0577.jpgmmp16IMG_0580.jpg
mmp17IMG_0578.jpgmmp18IMG_0579.jpg
mmp19IMG_0581.jpgmmp20IMG_0572.jpg










今日も天気

昨日は 小室山公園 を 楽しんだ Dolce mandolino の 皆さん

今日は 大室山 を 目指す  

天気 も 絶好の ハイキング日和

ホテル から 再び 市街地 を 通って 伊東駅 へ



mmo03IMG_0508.jpg
mmo01IMG_0511.jpg
mmo02IMG_0512.jpg
mmo04IMG_0513.jpgmmo05IMG_0514.jpg
mmo06IMG_0518.jpgmmo07IMG_0516.jpgmmo08IMG_0517.jpg
mmo09IMG_0519.jpgmmo10IMG_0515.jpg



伊東駅 から バス

これ また 倶利伽羅紋々 バス だな ・

テーマが 何か ? 

私には 理解できない が ・



mmo11IMG_0524.jpgmmo12IMG_0520.jpg
mmo13IMG_0525.jpgmmo14IMG_0521.jpg
mmo15IMG_0523.jpgmmo16IMG_0522.jpg
mmo17IMG_0587.jpgmmo18IMG_0527.jpg



一碧湖 ( いっぺきこ ) の 脇を 通って 

バス は シャボテン公園 近くの 大室山リフト



mmo20IMG_0528.jpgmmo21IMG_0529.jpgmmo19IMG_0526.jpg
mmo22IMG_0530.jpgmmo23IMG_0532.jpg










前のページ 次のページ

FC2Ad